MENU
皆様疲れていませんか?障害者本人として日々で悩んでいる皆様の精神疲労を解決するメディアです。

【アスペルガー 仕事続かない?】向いている仕事は?知恵袋!

当ページのリンクには広告が含まれています。

発達障害(ADHD)でを抱えながらお仕事をするのは大変すよね。

アスペルガーでをお持ちの方々は働く上でどのような悩みがあるのでしょうか?また向いている職場環境はどのようなものでしょうか?

シバッタマン

今回の記事では【アスペルガー 仕事続かない?】発達障害!知恵袋!についてお伝えします。

シバッタマンの紹介
シバッターマン
シバッターマン
  • シバッタマン
  • 精神障害者保健福祉手帳 保持者
  • 退職代行で40歳で会社を退職し就労移行支援へ
  • 氏名:柴田義彦
  • 退職代行&就労移行支援、ITの執筆
  • 妻と4歳の子供がいて住宅ローン・教育費に必死
  • うつ病で休職経験多数
  • WEB業界を辞め、障害と闘いなら自営に転身
  • 経歴・連絡先情報はプロフィールに表示


目次

【アスペルガー 仕事続かない?】とは?発達障害!知恵袋!

発達障害とは?(ADHDやアスペルガー)仕事が続かない

発達障害は大きく分けて3つに分類されています。それぞれに特性が違っているので、発達障害に向いている仕事と言っても人によって異なる事は覚えておかなくてはいけません。

発達障害は

発達障害とは?

ASD(自閉症スペクトラム)

ADHD(注意欠陥・多動性障害)

LD(学習障害)

の3つに分類されています。

シバッタマン

ASDは、昔は「自閉症」、「広汎性発達障害」「不特定型広汎性発達障害」、「アスペルガー症候群」とそれぞれの名前で呼ばれていましたが現在はASDという名前で纏められています。

人によって症状の違いもありますが、発達障害の人全般に向いているのはマニュアルがしっかりとある仕事だと言われていますルールや指示がきっちりとしている方が働きやすいのです。

例えば、「〇〇をしたら次に〇〇をする」、「〇〇時までにこの仕事をやり終えて、終わったら〇〇さんに報告する」と具体的な手順、時間、場所、をしっかりと伝えて貰えると仕事がやりやすくなります。

発達障害を周囲に知ってもらい、仕事をする時にはこの事を会社や上司、同僚に伝えていると仕事がスムーズにできます。

また、会社に配慮してもらうだけではなく、メモの取り方などを自分でも工夫する事も大切です。

①発達障害グレーゾーンだと必要な支援を受けられない

発達障害と診断されなかったからといって、日常生活に支障をきたす症状があることに変わりはありません。そのため、グレーゾーンの方も治療や就職支援など何らかのサポートが必要になります。

サービスを提供している発達障害支援施設はいくつかありますが、その多くが利用に際して医師の診断書や障害者手帳が必要になります。ですが、グレーゾーンの場合は確定診断が下されていないため、いずれも取得は困難です。

症状があるにも関わらず必要な支援を受けられないのは、グレーゾーンが抱える大きな問題点のひとつでしょう。

②発達障害のも二次障害を引き起こす可能性がある

シバッタマン

障害の診断が下りなかった場合、家族や同僚から「障害でないのなら単なる甘えや怠けだろう」と見なされがちです。配慮すべき事情がないと当然のことながら、周囲と同じやり方で結果を出すことを求められますし、結果が出なければ本人の努力不足とされてしまいます。

グレーゾーンは、二次障害を引き起こす可能性もあります。

先に述べたように、診断がつかない=症状が軽い、ではありません。

発達障害の基準は満たしていなくても、同じ先天的な原因から起こる症状であれば、本人がいかに努力しても結果につながりにくいことに変わりはありません。そうした事情を無視して周囲からさらなる努力を強いられると、過剰なストレスによりうつ病や不安障害などの精神病を発症してしまうことがあるのです。

③発達障害(アスペルガー)で仕事が続かない症状は軽いのか?

シバッタマン

個人の調子や状態には幅があり、受診した時の状態や精神科医師の問診によって結果は変わることがあります。本当に調子が悪い時はそもそも外出することが困難なこともあります。

診断がないことによって、周囲から理解されなかったり、自分を責めてしまうことが続くと、「うつ病」や「適応障害」といった別の状態も発生してしまうことがあります。これを「二次障害」と言います。

自分の状態がわかり、必要な支援や治療やサポートを受けられることが大切です。

幼少期の状況について、当事者や家族の記憶が曖昧な場合、診断に必要な情報が得られず、発達障害と判断できないケースもあります。

発達障害は仕事が続かないの?大人!知恵袋?アスペルガーはADHDも
発達障害のグレーゾーンとは?ADHDやアスペルガー

ほかにも受診日の体調によって症状が左右されたり、医師によって見解が分かれたりといったこともあるので、日を改めて受診したりセカンドオピニオンを求めたりすることも必要となってきま

【アスペルガー 仕事続かない?】理由は?

発達障害は仕事が続かないの?大人!知恵袋?アスペルガーはADHDも
で仕事で抱える悩み!苦手とする場面

①不安や緊張感のコントロールは社会不安の傾向も

シバッタマン

子どもの頃や学生のうちは「すぐ顔が赤くなる子」「口下手な子」などと思われるにとどまり、困ることはなかったケースも少なくありません。

しかし、社会人となってはたらく中で、不安や緊張感のコントロールを難しく感じ始めることもありえます。

  • 緊張を感じる仕事が苦手
  • 大勢の中にいることが苦手
  • 電話対応に恐怖があり苦手
  • 電車などの特定の空間が苦手

②緊張を感じる仕事が苦手

シバッタマン

学生時代まではご自身で選ばない限り、人前に出る機会は頻繁にはありません。しかし社会人になると自己紹介や挨拶、業務におけるプレゼンテーションなど、人前に出て話す機会が付き物です。

のような場面で緊張によって話せなくなってしまったり、その何日も前から不安で何も手につかなかったりするなどで、悩みを深めてしまう場合もあるでしょう。

③大勢の中にいることが苦手

シバッタマン

オフィスでは、一室に多くの人が集まって業務を行っています。対人恐怖によって室内の人たちの視線が気になってしまう可能性があります。

不安さえなければ集中して取り組めるはずの業務も手につかなくなり、仕事がはかどらず悩みを抱えてしまうかもしれません。

④電話対応に恐怖があり苦手

シバッタマン

電話への苦手意識という形でも現れることがあります。かかってきた電話への対応や、ご自身が電話する用件のたびに強い緊張を感じ、ひどく疲れてしまうこともあるでしょう。

また実際に通話する際に声が震えたり、言葉に詰まったりするなどの失敗体験から、より悩みが深くなる場合もあります。

⑤電車などの特定の空間が苦手

シバッタマン

対人不安が強くなると、人前に出る機会の有無にかかわらず、周りに多くの人がいる状況自体を避けたくなってしまいます。

会議など人が集まる機会があるたびに体調を崩してしまうことや、通勤電車や駅の人混みに恐怖を感じて出勤が困難になる可能性もあるでしょう。

【アスペルガー 仕事続かない】続けていく方法?

発達障害は仕事が続かないの?大人!知恵袋?アスペルガーはADHDも
が仕事を続けていく方法

治療を受けている方や症状に心当たりを感じている方は「不安がある中で仕事を続けられるだろうか」と、将来に心配を抱えているかもしれません。

困りごとを減らして仕事を続けるためのポイントをご紹介します。

方法①医師や上司へ相談

症状に心当たりがある場合、早めに心療内科や精神科を受診してみることをおすすめします。「この程度で受診しても良いのだろうか」「医師の診察を受けるほどの状態なのか分からない」と遠慮を感じるかもしれませんが、不安が生活に支障をきたしているなら現状を医師に相談してみましょう。治療が必要かどうかを判断してもらえるはずです。

また、理解があって信頼できる上司や同僚がいる場合は、正直に困りごとを相談する方法もあります。隠せば隠すほどご自身の悩みも深まりますし、誰かに話すだけでご自身の不安を少し軽くできるかもしれません。
上司や同僚へいきなり話すことが不安なら、産業医や企業内カウンセラーにまず相談するという手もあります。

方法②生活リズムを整えるため休む

食生活や睡眠時間などのライフスタイルが乱れていると、心身のバランスを崩しやすくなります。睡眠時間をしっかり取ることや食習慣の改善、適度に運動する機会を設けるなど生活リズムの見直しを図ってみましょう。

方法③リラックスする

緊張する機会ばかりが増え、それを和らげる機会がないと疲れやストレスがどんどん積み重なってしまいます。感じた緊張を緩和する機会をご自身で設けることも、心身のバランスを整える助けになるでしょう。ゆっくり入浴やストレッチをしたり、深呼吸する習慣を作ったりするだけでも適度なリラクゼーションになります。

  • 息を吐く時間を長くした深呼吸をする
  • 10分程度のストレッチをする
  • いつもより長くお風呂に浸かる
  • 瞑想やマインドフルネスを実践する

方法④通勤ストレスの減少

通勤時の混雑がストレスとなっている可能性もあります。電車に乗る時間帯や通勤手段を変える、自宅やサテライトオフィスで仕事をするなど、通勤や仕事の仕方を見直すことも1つの方法です。

時差出勤やフレックスタイム制、テレワークなどの制度があるかどうか、勤務先へ相談してみてはいかがでしょうか。

方法⑤不安の分析をしない

コツの2点目は、「不安を分析しない」です。

不安障害の人の中には、不安の原因探しをしたり、分析したりしようとする人がいます。

しかし、不安の根本原因を見つけようとしても、明確な答えが見つからず、頭が疲れてしまったり、余計落ち込んだりすることも多いです

大切なのは、原因を探すことではなく、不安を受け入れて対処することです。

もし、自分がどういう状況で不安になるのかを知りたいということなら、それを紙にさっと書き出すだけにして、分析に徹しないことをオススメします。

それよりも、「その状況に陥ったら、何をするとよいのか」など、症状とうまく付き合うための工夫を考えることに時間を充てるようにしましょう

方法⑥焦らない

「すぐに治るはずだと焦らない」ことです。

不安や恐怖を払拭するには、ある程度の時間をかけて、薬物療法や精神療法が効果を発揮するのを待つ必要があります

不安障害を抱える人に対して、「気の持ちようだ」と言う人もいるかもしれませんが、意識次第ですぐに解決するのであれば、誰も悩むことはないはずです。

不安や恐怖に徐々に慣れていく過程と、その時間の積み重ねが、あなたの自信につながり、不安障害を軽減していきます

治療に専念している方も、治療しながら仕事をしている方も、「すぐに治るはずだと焦らない」ことが大切です

【アスペルガー 仕事続かない】向いている仕事を探すには?

発達障害は仕事が続かないの?大人!知恵袋?アスペルガーはADHDも
の方の仕事や向いている適職は?

発達障害(ADHD)の方にとって、適職といわれる仕事にはどんなものがあるのでしょうか。

ここでは、一般的に適しているとされる仕事をご紹介します。
ただし、向き不向きには個人差があります。記載内容がご自身にあてはまるかどうかを考えながら、ご参考にしていただくことをおすすめします。

①対人関係が少ない仕事

シバッタマン

常に人と接する機会があると、そのたび不安を覚えてしまうことになります。

人との接触機会の少ない業務であれば、対人ストレスを感じる機会自体を減らすことにつながるでしょう。

②定型業務が多い仕事

シバッタマン

強い不安を感じている状態で、都度変化する状況へ臨機応変に対応するのは難しいことです。

可能であれば、日々の業務量や環境が一定で、コツコツこなせる仕事を選ぶことで不安を和らげられる可能性があります。

③在宅仕事

シバッタマン

人の視線や評価が気になったり、人の輪の中にいるだけで緊張や不安を覚えたりする方は、在宅でも勤務がしやすい仕事を選ぶことで、不安を減らせるかもしれません。

近年はさまざまな分野でデジタル化が進み、テレワークしやすい環境が整っています。

④アスペルガー向いている仕事を紹介

シバッタマン

アスペルガー症候群のある人に向いている仕事の一覧です。

仕事の種類仕事の例
テクニカルな職種プログラマー、データ分析者、エンジニアなど
研究職科学者、研究者、学者など
クリエイティブな職種芸術家、作家、デザイナーなど
専門的な知識やスキルを活かす仕事コンピューターサイエンス、数学、科学、歴史などの分野での仕事など

アスペルガー症候群のある人に向いている仕事は、個人の特性や興味によって異なるため、一概には言えません。

ただし、論理的思考や詳細な作業に優れていることが多いため、テクニカルな職種や研究職、クリエイティブな職種、専門的な知識やスキルを活かす仕事に向いている場合があります。適切なサポートや環境の整備も重要です。

プログラマ―も向いていると言われています。アスペルガーのプログラマ―の記事は下記で記載しています。

【アスペルガー 仕事続かない】向いている仕事の相談は?

発達障害は仕事が続かないの?大人!知恵袋?アスペルガーはADHDも
の方が向かない場合には?

就職・転職活動は、面接の際に対話が必要となることなどから、大きなストレスや負担を感じることでしょう。就職・転職活動をすること自体が大きなハードルとなり、今の職場に不満があり転職をしたい気持ちがあるのに、なかなか踏み切れないという方も多いかもしれません。しかし、探し方次第で今以上にはたらきやすい仕事を見つけることも可能です。

①就労支援機関に協力を求める

シバッタマン

支援機関や転職エージェントによっては、発達障害不安障害などの精神疾患を持つ方の就職をサポートした実績を豊富に持つところがあります

そうした支援機関であれば、あなたの抱えている悩みや障害特性を理解した上で、適切なアドバイスを得られるかもしれません。

一例をあげると、先述した「就労移行支援事業所」では、あなたに合った就職先やインターン先の紹介まで、幅広くサービスを提供しています。

就職後に、職場定着をサポートする「就労定着支援」を行っているところもありますので、興味のある方はお近くの就労移行支援事業所に無料相談してみてください

1位:リタリコワークス

シバッタマン

LITALICO(リタリコ)は、「障害のない社会をつくる」をビジョンに掲げ、障害に関するに事業をメインに行っている会社です。

LITALICOワークスは「就労移行支援事業所」であることに対して、 LITALICO仕事ナビは「全国の就労移行支援事業所や就労継続支援事業所を 大量掲載している就職支援サイト」になります。

LITALICOワークスでは入社後定着率を高めるための工夫として、採用選考の前に雇用前実習や企業インターンシップを積極的に行い、入社後のミスマッチを防いでいます

エリア全国(転職支援は一都三県中心)
対象年齢20代~40代
得意業種全業種
求人数1.8万件以上 ※就労支援所事業所数含む

2021年に東証プライムに上場しており、会社としての経営の安全

 LITALICOワークスでは長年の就労支援で培われたノウハウが詰まった、独自のプログラムは200種以上あります。

 キャリアチェンジにも対応したLITALICOワークス独自のオリジナルテキストもございます。

  ビジネスマナー、ストレスマネジメント、コミュニケーションスキルなど、働くための幅広い知識を身につけることができます

シバッタマン

LITALICOワークスから就職したは定着率がく、就業開始から6ヶ後の定着率は88%と、多くのが離職せずに働いています。

LITALICOワークスが提供している就労援の定着率がい理由として、定期的に就職者と企業の双にヒアリングを実施していることが挙げられます。

業務内容や勤務時間を調整し、継続的に働く環境作りをサポートすることで、LITALICOワークスの利用者は短期間で退職することなく働いているが多い模様です。


「企業に就職し、定着するまでがサポート」という理念を持ってスタッフがサポートしてくれるため、安心して利用することができるでしょう

ウェルビー

障害のある方のための就労支援事業所ウェルビーです。

シバッタマン

ウェルビーとは? 「障害のある方の就職支援」を行うプロフェッショナルセンターです。 精神障害・発達障害・身体障害・知的障害・難病などを抱える方の「働きたい」という想いを叶える事業を展開しています。

障害のある方の特性と個性を捉え、本当の意味で自立し、自己実現ができるように支援していく仕事です。

項目補足
運営会社ウェルビー株式会社
対象地域北海道 宮城県 栃木県 群馬県 埼玉県 東京都 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 長野県静岡県 愛知県 三重県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 滋賀県 岡山県 広島県 愛媛県 香川県 福岡県 熊本県 長崎県 鹿児島県
事業所数(2022年/4月)101事業所
対象精神・発達・知的・身体・難病
就職実績累計 5731人 (2023年 1月)
就職実績(全体/2021年度)975人
半年定着率(2023年2月)90.5%
シバッタマン

就労移行支援welbe(ウェルビー)は業界のなかでは3本の手に入ります。

上場企業であり、東証マザーズにも上場しています。下記のように上場企業です。

シバッタマン

半年定着支援率が高い89.3%と非常に高いです。コロナで一時期通所が減ったものの、下記の図のように定着する人が増えています。

ウェルビーは就職先を包み隠さず公表していますが、下記の通り大手企業ばかりです。

【就労移行支援ウェルビーの口コミ・評価】障害者の実態はやめたい?最悪?落ちた?2ch?株式会社ウェルビー
 welbe(ウェルビー)の就職までの流れは?

株式会社ソフマップ  株式会社東京デリカ  日本年金機構 アマゾンジャパン株式会社  ANA
エンジンテクニクス株式会社  株式会社ニチイ学館 国立国際医療研究センター  日立建機株式
会社 シャネル  バナナリパブリック  内閣府   GAP  株式会社CBS 株式会社赤ちゃん本舗
株式会社KDDI エボルバ 株式会社島忠 東建コーポレーション 株式会社DTSパレット

就労支援だけあり、体調が悪かったり、生活リズムを整えたり、就職活動に備えたりなど、なかなか栄養バランスのとれた食事がとれない方も中にはいると思います。

シバッタマン

ウェルビーでは、訓練や就職活動に集中していただくために、ご希望される皆さまに、カロリー計算されていてヘルシーで栄養バランスのとれたお昼を提供いたします。

ミラトレ

パーソルダイバースが提供する就労移行支援のサービスブランド名となります。

シバッタマン

ミラトレを運営するパーソルダイバースは、パーソルグループの特例子会社です。

障害のある方一人ひとりが「はたらく未来」を実現するために、 職業準備性を高めるためのトレーニングを提供する。就職した先の定着までを見据えた就労移行支援を行う、という想いを込めて名付けられました。

なんと1,000名超の障害のある社員が事務アウトソーシング事業領域で活躍しています。

項目内容
社名パーソルダイバース株式会社
本社〒108-0014 東京都港区芝5-33-1 森永プラザビル本館19F
資本金45百万円(単体)
※パーソルホールディングス100%出資
事業内容障害者雇用に関わる有料職業紹介事業・コンサルティング事業、就労移行支援事業、 事務アウトソーシング、食品の製造および販売、農業及び農産物の販売、 繭・生糸及び絹糸の加工並びにその製品・加工品の開発及び販売

パーソルダイバース株式会社では本サイトでも紹介していますDODAチャレンジも運用しています。

DODAチャレンジの口コミ・評判の記事は下記となりますのでご確認ください。

シバッタマン

就労支援ミラトレではでは、幅広いお悩みに対応する多彩なトレーニングプログラムをご用意しています。実際の職場をイメージした擬似就労プログラムで自身の得手不得手の理解を深め、講座プログラムでその対処方法を学べます。

 支援員がお困りごとを丁寧にヒアリングし、まずはご本人の意志や課題に合わせて目標を設定します。

 それを達成するために必要な個別支援計画を作成します。はたらくための力(=職業準備性)を身に付け、安定してはたらけるようになるまで、それぞれの症状やご意向に見合ったサポートをご提案します。

ミラトレの全体の就職率は98%と、とても高く評判です

これはほとんどの人がミラトレを通して就職に成功しているということです。

シバッタマン

ミラトレを利用している人がほとんどミラトレを経由して就職がきまるというのは凄いことなんです。

「就労移行支援って就労支援する」と思う人もいるかもしれません。

ただ、就労移行支援から一般就労をした利用者の割合が50%以上の事業所は全体のたった52.9%なんです。

下記は厚生労働省のデータになります。

画像引用元;厚生労働省|平成30年度社会福祉施設等調査サービス利用終了者に占める一般就労への移行者の割合

年数割合
平成28年46.3%
平成29年48.3%
平成30年52.9%
シバッタマン

この高い就職実績も上記で説明した障害のある方に特化した就職・転職支援サービス「dodaチャレンジ」がグループ会社にいることも大きいでしょうね。

「dodaチャレンジ」は、業界最大級の求人を保有しているため、ハローワーク求人以外の選択肢も多彩にあります。 

シバッタマン

ミラトレを運営するパーソルダイバース株式会社が特例子会社です。障害者も多く働いているため理解がとてもあり、利用者をサポートする場面も把握しています。

パーソルグループの特例子会社。1,000名超の障害のある社員が事務アウトソーシング事業領域で活躍しているのです。

そのなかでミラトレでは8つのこだわりがあるようです。

ミラトレがこだわる事例は下記です。

4位:キズキビジネスガレッジ

【キズキビジネスカレッジ 評判・口コミ】私の体験談コラムや料金を紹介!40代
企業との強いネットワーク企業で一般雇用も多い
【キズキビジネスカレッジ 評判・口コミ】私の体験談コラムや料金を紹介!40代
シバッタマン

キズキビジネスカレッジは、障害を持つ人々の就労移行支援として、大手から中小、非営利団体まで幅広い企業との連携を持っています。

また、事務職から専門職まで、多岐にわたる職種での就労サポートが行われており、障害を持つ人々の多様なニーズに応えてくれます。

 障害者雇用の割合が高いことから、障害を持つ人々にとって信頼性の高い就労支援を提供していると評価できます。


職種別就職先

特に、基本的なビジネススキルから高度な専門スキルまで、幅広い職種への就職をサポートしているのがわかります。これにより、障害者が自身の適性や希望に合わせたキャリアを築くことが可能となっていますね。

IT専門職、アナリスト、会社経営管理など、特定の専門知識やスキルが求められる職種への就職率も一定の割合を占めています。

 これは、キズキビジネスカレッジが多様な職種に対応したカリキュラムやサポートを提供していることを示しています。

 さらに、「その他」の職種への就職率が6%となっています。これは、キズキビジネスカレッジが標準的な職種だけでなく、個々の障害者の特性や希望に合わせた柔軟なサポートを行っていることがわかります。

職種就職率
事務職38%
IT専門職11%
アナリスト12%
会社経営管理12%
その他6%

シバッタマン

これらのデータから、キズキビジネスカレッジは、基本的なビジネススキルから高度な専門スキルまで、幅広い職種への就職をサポートしていることがわかると思います。

これにより、障害者が自身の適性や希望に合わせたキャリアを築くことが可能となっています。

一般雇用が多い
【キズキビジネスカレッジ 評判・口コミ】私の体験談コラムや料金を紹介!40代

障害者雇用の割合が56%と高い一方で、一般雇用の割合も44%と高く、これはキズキビジネスカレッジが障害の有無に関わらず、多様な雇用形態での就労サポートを行っています。

 特に、一般雇用の割合が高いことは、障害を持つ人々が障害者枠に限らず、一般の職場での就労を希望し、そのサポートが適切に行っています。

 これは、キズキビジネスカレッジが障害を持つ人々の能力を最大限に活かすためのサポートを行っているとも解釈でき、その取り組みは高く評価されるべきでしょうね。

雇用形態就職率
一般雇用44%
障害者雇用56%

⑧4か月で就職する利用者が多い
シバッタマン

キズキビジネスカレッジの利用者は、平均で約4ヶ月程度で就職することができています。

 これは、キズキビジネスカレッジが提供する高度で専門的なスキルを学べる講座やプログラム、個別面談によるサポートなどが、利用者の就職活動を効果的に支援している結果と言えます。

スピード感のある支援就活が長引くと、メンタルや意欲が低下しがちです。

 「やり直したい」という気持ちに寄り添いながら、スピード感を持って就活に取り組める だから、短期での就職が可能です。

 内容としては、個別面談によるサポートでは、利用者の就職活動を個別にサポートしています。

 就職活動の計画立て、履歴書や職務経歴書の作成、面接練習、応募先企業の選定など、利用者のあらゆるニーズに応じてサポートしています。

 これらの数字は、キズキビジネスカレッジが利用者一人ひとりのニーズに対応したサポートを提供し、その結果として多くの利用者が希望する職へと就職し、その職場で長期間働き続けることができていることを示しています。

②転職エージェントに相談して雇用枠を変えてみる

シバッタマン

もし、あなたが現在、一般枠で就労しているのなら、障害者枠へ雇用枠を変更することで、あなたの症状に対して配慮を受けながら働くことができます

職場によっては、業務量や業務内容まで、融通が利く場合もあります。

しかし、一般枠と比較すると、給与やその後のキャリアにおける選択肢など、待遇にある程度の差が生じる可能性があります

もし、不安障害が回復するまでは様子を見たいという場合は、障害者枠への変更だけでなく、一時的にパート勤務や派遣社員を検討するというのも、ひとつの手段でしょう。

ちなみに、どの雇用枠での働き方が向いているかわからないという方は、前の項目で述べた就労移行支援事業所などの支援機関に相談するのもオススメです

障害を開示して働く「オープン就労」と非開示にして働く「クローズ就労」、それぞれのメリットとデメリットなどを知りたいという方は、以下のコラムも併せご覧ください。

1位:DODAエージェント

おすすめポイント1・障がい者の転職の専門性が高い

Dodaチャレンジは、IT業界やエンジニア職に強いことが特徴です。

エンジニア職でいうと、公開求人件数のうち半数以上を占めており、その中には当然IT業界企業からの求人や、Web関連職の求人も含まれます。専門職のキャリアアップの他、未経験者歓迎の求人もありますから、これらへの転職を希望する人ならメリットを得やすい転職サービスだといえます。

シバッタマン

『IT人材白書2020』(IPA)の「先端IT従事者、先端IT非従事者の転職に対する考え方」のデータをみると、「より良い条件の仕事を求めて、積極的に行いたい」「より良い条件の仕事が見つかれば、考えてもよい」を合算した割合は、先端IT従事者※は69%、先端IT非従事者は60%となっています。

ご自身のスキルの客観的評価や現在どんな企業が募集しているのかといった情報を調べるのは個人では難しいこともあります。そんなときはdodaエージェントサービスをご利用ください。

Dodaチャレンジはエンジニアの求人には非常に優れています。

中には未経験歓迎、学歴不問の求人もあるので、転職でエンジニア職を目指す人も利用しやすいといえます。
 
初めてエンジニア職への転職を考えている人は、アドバイザーに不安なことや気になることを相談してみるのがおすすめです。

おすすめポイント2・障害者の転職支援実績No.1!

ハローワークの全求人数約108万件のうち、障害者枠での求人数は1万7千件ほど。障害者枠の求人数の割合は約1.6%しかありません。

Dodaチャレンジは求人件数が多く選択肢に困りません。東京・大阪・名古屋の3ヶ所にオフィスを構えており、対面式でのカウンセリングの他にも電話やチャット、テレビ電話など、幅広い対応をしています。

シバッタマン

Dodaチャレンジの障害者枠の求人は一般枠と同様に、都市部が一番多く、地方は少ないです。障害者枠全体の求人がそもそも少ないので、地方求人はかなり少ないのが現実。
そんな中、dodaチャレンジは地方の求人も扱っている数少ない転職エージェントです。

応募書類の添削や模擬面接などコンサルタントが分厚いサポートを行なっているので、入社後も就労に関する悩みがないか相談することが可能です。

転職サイト・エージェント名求人数
atGP約900件
ランスタッド約300件
WEBサーナ約150件
ラルゴ高田の馬場約600件
ソーシャルパートナーズ約100件

都市部に求人が集まっていますが、地方求人もいくつか持っています。下記は公開求人数なのでその

都市部に求人が集まっていますが、地方求人もいくつか持っています。下記は公開求人数なのでその他の非公開求人と比較しても圧倒的に多いでしょう。

地域
北海道・東北72件
北関東28件
首都圏561件
北信越33件
東海275件
関西161件
中国・四国42件
九州・沖縄45件
複数拠点がある求人35件
合計1252件

障害者枠の転職エージェントサービスは、中途採用が一番需要が高いため、中途のみを対象にしている所も多いです。障害者枠でエージェントを利用して新卒就活したい場合は、中途用に登録して探すしかありませんでした。新卒用の転職エージェントも増えてきています。dodaチャレンジの登録フォームにて、「新卒かどうか」を確認する欄があるので、そこに入力するだけで専門のサービスを受けることができます。

年収500万以上を狙う方向けのハイクラス求人の専門サービスもあります。

多くの企業が出展する転職イベントです。企業の担当者に直接話を聞ける機会があります。

2位:リタリコ仕事ナビ

LITALICOワークスは「就労移行支援事業所」であることに対して、 LITALICO仕事ナビは「全国の就労移行支援事業所や就労継続支援事業所を 大量掲載している就職支援サイト」になります。

LITALICOワークスでは入社後定着率を高めるための工夫として、採用選考の前に雇用前実習や企業インターンシップを積極的に行い、入社後のミスマッチを防いでいます

エリア全国(転職支援は一都三県中心)
対象年齢20代~40代
得意業種全業種
求人数1.8万件以上 ※就労支援所事業所数含む

2021年に東証プライムに上場しており、会社としての経営の安全性があるのがわかります。

求人数は?

地域公開求人数
北海道294件
東北310件
甲信越200件
関東1,250件
東海420件
北陸142件
中国210件
関西440件
四国128件
九州・沖縄454件
おすすめポイント1・業界15年以上の障害者雇用支援実績あり
【リタリコ仕事ナビの評判・口コミ】ログイン管理画面や料金・退会?ブログlitalico
おすすめポイント2・選択肢の豊富さ47都道府県、22760件の就職支援サービス
【リタリコ仕事ナビの評判・口コミ】ログイン管理画面や料金・退会?ブログlitalico
シバッタマン

LITALICO(リタリコ)は、「障害のない社会をつくる」をビジョンに掲げ、障害に関するに事業をメインに行っている会社です。

LITALICO仕事ナビでは企業や福祉事業者向けのサービスも展開しています。全国18000件以上の就労支援事業所(就労移行支援、就労継続支援A型・B型)の情報から 自分にあった就職支援の事業所を探すことができます。


障害者雇用を検討する企業には採用計画から求人内容の検討、求職者の紹介、そして就職後まで一貫したサポートを提供します。
就労移行・就労継続支援の事業者には、広報活動や利用者募集に役立つ事業所情報の掲載、現場ですぐに使える教材、管理者・サビ管向けセミナーなどで運営全体をバックアップしています。
また2021年度から新たに請求機能も提供開始。

公費請求に関する業務負担を減らし、事業者がサービスに向き合う時間の捻出を狙います。

不正受給を続ければ、事業自体が継続できなくなりますので、LITALICOワークスは適切な形で運用されているはずです。

首都圏に限らず、全国でアルバイトや契約社員、正社員の求人情報を扱っているため、自宅から通える範囲で柔軟に求人を探せるのも利点です。(もちろんリモート案件もあります)

おすすめポイント3・専属キャリアアドバイザーがマンツーマンで転職をサポート

求人紹介では働きやすさにこだわって開拓した障害者雇用求人から、お一人お一人の希望と適性に合わせて求人をご案内します。

定着をサポートする福祉サービス「就労定着支援」の強化を図っており、累計3,000社以上の職場で定着支援を行ってきました。その結果、今年度は就職後6ヵ月の定着率が過去最高の89.7%となりました。

3位:ATGPエージェント

atGPとは?株式会社ゼネラルパートナーズ

シバッタマン

15年以上にわたり障害者の就職・転職をサポートしてきた「atGP転職サービス」のゼネラルパートナーズが運営しています。

 ゼネラルパートナーズは2003年4月に設立された、雇用・教育の側面から企業のダイバーシティ経営を促進するソーシャルベンチャー企業です。

具体的には、人材紹介事業や求人情報事業、教育・研修事業、農業生産事業や調査・研究などをおこなっています。

項目内容
商号株式会社ゼネラルパートナーズ
本社所在地〒100-0011 東京都千代田区内幸町2-1-1 飯野ビルディング9階
設立2003年4月9日
代表者氏名代表取締役社長 進藤 均
資本金2,500万円
事業内容障害者の総合就職・転職サービス

長く働き続け、活躍したい障害のある方に向けた就職のためのスキルアップ研修や、就職活動のサポートを行っています。

就職はもちろん、就職後も長く働き続けることを見据えてサポートしています。 障害者総合支援法に定められた障害福祉サービスの一つです。

症状別または得られるスキルに特化した専門事業所を運営しているのが特徴です。

atgpエージェントとは?メリットは何?費用は?

atGPエージェントは、障害者専門の就転職支援サービスです。費用は無料でご利用いただけます。

専任のキャリアプランナーが、直接転職相談(ご希望の方には、オンラインもしくは電話での転職相談も可能です)した上で、一般には公開されていない非公開のものを含む求人のご紹介や、職務経歴書や面接の対策など、マンツーマンで総合的にサポートすることになります。

atGPエージェントは、以下のようなメリットがあります

atGPエージェントのメリットは?
  • 障害の詳細・経歴・ご希望条件を踏まえて求人を紹介いたしますので、書類選考通過の可能性が大きくなります
  • 無料で履歴書・職務経歴書の添削をいたします
  • 障害内容を事前に企業にお伝えすることが可能ですので、面接時に障害の説明で時間を多く取られることが避けられます
  • 専任のキャリアプランナーが面接の対策をいたします
  • 条件交渉や必要な配慮等、自身では伝えづらい点について企業に代理でお伝え出来ます

atgpエージェントを利用するのに障害者手帳は必要

取り扱いの求人に関しては、障害者雇用促進法に準拠しているようです。

 身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳(愛の手帳/みどりの手帳)の交付を受けていることが応募の条件となります。
ただし、手帳をお持ちではない方でも、今後の取得のご予定によってはご利用いただける可能性があるようです。

保有している求人の特徴

シバッタマン

 就労支援であるatGPジョブトレに加え、atGPの就職支援サービス(atGPエージェント、atGP転職)も併用することで、就職の可能性が広がります。  

atGPサービス全体の取引企業2000社以上といわれています。

プラチナスカウトがある

【atgpエージェント 評判と口コミ】連絡こない?アットジーピー断られた?プラチナスカウト?

興味を持った求人企業から依頼を受けた当社スタッフが求人情報をお届けするサービスです。
スカウトサービスには、登録いただいた情報からマッチした求人をお届けする通常スカウトと、企業との面接が確約されたプラチナスカウトの2種類があります。

スカウトサービスは、登録いただいた情報からマッチした求人がありますが、「プラチナスカウト」は企業による書類選考免除、あるいは企業との面接が確約されたスカウトメールも存在します。

シバッタマン

「プラチナスカウト」は企業による書類選考免除、あるいは企業との面接が確約されています。ただ、プラチナスカウトが来たからといって合格というわけではありません。

シバッタマン

15年以上にわたり障害者の就職・転職をサポートしてきた「atGP転職サービス」のゼネラルパートナーズが運営しています。

 ゼネラルパートナーズは2003年4月に設立された、雇用・教育の側面から企業のダイバーシティ経営を促進するソーシャルベンチャー企業です。

具体的には、人材紹介事業や求人情報事業、教育・研修事業、農業生産事業や調査・研究などをおこなっています。

項目内容
商号株式会社ゼネラルパートナーズ
本社所在地〒100-0011 東京都千代田区内幸町2-1-1 飯野ビルディング9階
設立2003年4月9日
代表者氏名代表取締役社長 進藤 均
資本金2,500万円
事業内容障害者の総合就職・転職サービス

長く働き続け、活躍したい障害のある方に向けた就職のためのスキルアップ研修や、就職活動のサポートを行っています。

就職はもちろん、就職後も長く働き続けることを見据えてサポートしています。 障害者総合支援法に定められた障害福祉サービスの一つです。

症状別または得られるスキルに特化した専門事業所を運営しているのが特徴です。

atgpエージェントとは?メリットは何?費用は?

atGPエージェントは、障害者専門の就転職支援サービスです。費用は無料でご利用いただけます。

専任のキャリアプランナーが、直接転職相談(ご希望の方には、オンラインもしくは電話での転職相談も可能です)した上で、一般には公開されていない非公開のものを含む求人のご紹介や、職務経歴書や面接の対策など、マンツーマンで総合的にサポートすることになります。

atGPエージェントは、以下のようなメリットがあります

atGPエージェントのメリットは?
  • 障害の詳細・経歴・ご希望条件を踏まえて求人を紹介いたしますので、書類選考通過の可能性が大きくなります
  • 無料で履歴書・職務経歴書の添削をいたします
  • 障害内容を事前に企業にお伝えすることが可能ですので、面接時に障害の説明で時間を多く取られることが避けられます
  • 専任のキャリアプランナーが面接の対策をいたします
  • 条件交渉や必要な配慮等、自身では伝えづらい点について企業に代理でお伝え出来ます

atgpエージェントを利用するのに障害者手帳は必要

取り扱いの求人に関しては、障害者雇用促進法に準拠しているようです。

 身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳(愛の手帳/みどりの手帳)の交付を受けていることが応募の条件となります。
ただし、手帳をお持ちではない方でも、今後の取得のご予定によってはご利用いただける可能性があるようです。

保有している求人の特徴

シバッタマン

 就労支援であるatGPジョブトレに加え、atGPの就職支援サービス(atGPエージェント、atGP転職)も併用することで、就職の可能性が広がります。  

atGPサービス全体の取引企業2000社以上といわれています。

プラチナスカウトがある

【atgpエージェント 評判と口コミ】連絡こない?アットジーピー断られた?プラチナスカウト?

興味を持った求人企業から依頼を受けた当社スタッフが求人情報をお届けするサービスです。
スカウトサービスには、登録いただいた情報からマッチした求人をお届けする通常スカウトと、企業との面接が確約されたプラチナスカウトの2種類があります。

スカウトサービスは、登録いただいた情報からマッチした求人がありますが、「プラチナスカウト」は企業による書類選考免除、あるいは企業との面接が確約されたスカウトメールも存在します。

シバッタマン

「プラチナスカウト」は企業による書類選考免除、あるいは企業との面接が確約されています。ただ、プラチナスカウトが来たからといって合格というわけではありません。

4位;障害雇用バンク

障害者雇用バンクの運営会社は?エラビバとは
【障害者雇用バンクの口コミと評判】エラビバ評判?スペシフィック障害者
シバッタマン

以前は障害者向けサテライトオフィス「エラビバ」という名前でした

2021年5月6日より「障害者雇用バンク」に名称をリニューアルしました。

 烏煙会社であるスペシフィックでは障がい者向けの総合求人サイトの運営やサテライトオフィスの提供など、「障がい者雇用におけるインフラサービス」の整備を目指し事業を展開している。

 同社の運営する「障害者雇用バンク」では、「働きたい障がい者」と「企業」の双方にとってより良いプラットフォームを構築することを通じて、企業に対して障がい者雇用の必要性の啓蒙を行い、SDGsの達成に向けても取り組んでいるという。

大手求人とハローワークと大手エージェントの求人の紹介


障害者雇用バンクでは、大手企業から中小企業まで、幅広い業種・職種の求人情報を提供しています。また、ハローワークの求人情報も掲載されており、障害者の方が希望する仕事を見つけやすい環境が整っています。

たハローワーク求人の件数の方が多いケースもあります。
すでにハローワークを利用していて、新たな求人を求めて利用を行った場合、同じような求人ばかりだったの可能背もあります。

カウンセラーのWeb面談によるリモートがある
【障害者雇用バンクの口コミと評判】エラビバ評判?スペシフィック障害者

個々の障害に応じた就職活動の情報を提供することにより、障害を持つ方のより良い就職活動のサポートをします。

シバッタマン

WEB面談は、インターネット環境があればどこからでもアクセスできるため、移動が困難な方や遠方に住んでいる方でも、手軽に利用することができます。


障害者雇用バンクの専門カウンセラーが、Web面談を通じてリモートで就職サポートを行っています。

非公開求人の紹介や面接対策、履歴書添削、就職後のフォローなど、在宅のままスマートフォンやパソコンを使ってサポートを受けることができます。

障害者雇用バンクのカウンセラーは、利用者一人ひとりの障害や希望に応じた就職サポートを提供します。Web面談を活用することで、自宅や好きな場所でリラックスして相談ができるため、気軽に利用できるのが大きなメリットです。

カウンセラーとのWeb面談では、まず自分の障害や希望について話し合い、適切な求人情報を提案してもらうことができます。

 履歴書や職務経歴書の添削を受けることで、自分の強みや経験を効果的にアピールできる書類を作成するサポートが受けられます。

さらに、面接対策もカウンセラーと一緒に行うことができます。自分の障害についてどのように説明すべきか、また、どのように自分の強みをアピールできるかなど、具体的なアドバイスをもらうことができます。これにより、面接に自信を持って臨むことができるでしょう。

シバッタマン

やはり障害雇用の転職エージェントとなるとこのようなWEB面談が合理的配慮になりますよね

WEB面談でのメリット
  • 近くに障害雇用バンクのエージェントがない
  • 遠方で転職活動ができない
  • 障害で交通移動が難しい

豊富な障害者向けコンテンツやコラムがある

【障害者雇用バンクの口コミと評判】エラビバ評判?スペシフィック障害者


障害者雇用バンクでは、障害者の方が働く上での悩みや不安を解決するための情報提供も行っています。

働く障害者の権利や義務、障害者雇用に関する制度や支援策など、障害者の方が安心して働ける環境を整えるための情報が充実しています。

コンテンツとしては下記があります。

障害雇用バンクのコンテンツは?
  • 現役エージェントに聞いた『障害者の転職を成功させるポイント』
  • 障がい者求人の探し方
  • 面接時に注意事項のマニュアル
  • 引用 :障害者雇用バンク

また、障害者雇用バンクでは、条件検索を活用することで、自分の希望や能力に合った求人情報を効率的に探すことができます。

  専門カウンセラーとのWeb面談を活用することで、利用者の希望や障害の状況に合わせた求人情報を提供し、適切な職場を見つけるお手伝いが受けられます。このようなサポートにより、障害者の方でも安心して就職活動が行えます。

③勤務時間の融通ができる職場

シバッタマン

「勤務時間の融通が利く職場を選ぶ」です。通勤中に発作が起こった場合など、就業時間に間に合わない場面が多いかと思います。

「勤務時間の融通が利く職場を選ぶ」です。通勤中に発作が起こった場合など、就業時間に間に合わない場面が多いかと思います。

そのため、時差出勤や時短勤務など、勤務時間を変更しやすい職場を選ぶのがベターです

仕事選びの際には、以下の2点に注目してみるとよいでしょう。

  • 障害に関する研修制度が充実しているかどうか
  • 福利厚生制度が整備されているかどうか

【Dodaチャレンジの評判や口コミ】発達障害で断られた!デューダの体験談

【アスペルガー 仕事続かない?】向いている仕事は?よくある質問

アスペルガー症候群の職場の特徴は?

シバッタマン

アスペルガー症候群のある人が働く職場には、以下のような特徴がある場合があります。

特徴の種類特徴の例
コミュニケーションの明確化コミュニケーションのルールやマナーを明確にする、文書でのコミュニケーションを重視する、アジェンダを共有するなど
ルーティンワークの提供ルーティンワークを提供する、仕事の進め方や手順を明確にする、ストレスを軽減するなど
サポート体制の整備個々の特性に合わせたサポート体制を整備する、専門家の支援を受けることができる環境を整える、上司や同僚が理解を示し、協力することができる環境を整えるなど
オープンな雰囲気の醸成オープンな雰囲気を醸成する、社員同士の交流会を開催する、社内のコミュニケーションツールの活用など

アスペルガー症候群のある人が働く職場には、コミュニケーションの明確化、ルーティンワークの提供、サポート体制の整備、オープンな雰囲気の醸成などの特徴がある場合があります。

職場は、個人差があるため、個々の特性に合わせたサポートを提供することが重要です。

アスペルガー症候群の人が働ける場所は?

シバッタマン

アスペルガー症候群のある人が働ける場所は、以下のような場所があります。

職種の種類職種の例
IT関連の職種プログラマー、システムエンジニアなど
研究職科学者、研究者など
クリエイティブな職種芸術家、作家、デザイナーなど
自営業フリーランスのライターやデザイナー、起業家など

アスペルガー症候群の人が働ける場所は、個人差がありますが、論理的思考や情報処理能力に優れていることが多いため、IT関連の職種や研究職、クリエイティブな職種、自営業などが向いている場合があります。

下記では一人で出来る仕事も記載していますので参考にしてください。

ASDに向いていない仕事は?

シバッタマン

ASD(自閉スペクトラム障害)のある人にとって、以下のような仕事は向いていない場合があります。

仕事の種類仕事の例
高度な社交的スキルが求められる仕事営業職、カスタマーサービスなど
高度なマルチタスクや柔軟な切り替えが求められる仕事プロジェクトマネージャー、エグゼクティブアシスタントなど
高いストレス耐性が求められる仕事救急医療、消防士、警察官など
高度な感覚過敏が影響する仕事音楽家、建築家、美容師など

これらの仕事が全てASDに向いていないとは限りません。

個人の特性や興味、能力によって異なるため、適切なサポートや環境の整備があれば、ASDのある人でも適応することができる場合もあります。

重要なのは、個々の特性を理解し、適切な職業選択やサポートを行うことです。

まとめ:【アスペルガー 仕事続かない?】向いている仕事は?知恵袋!

いかがでしたでしょうか。

【発達障害仕事続かない】のは飽きるのはなぜ?ADHDやアスペについてお伝えしました。

就職・転職活動は、面接の際に対話が必要となることなどから、大きなストレスや負担を感じることでしょう。就職・転職活動をすること今の職場に不満があり転職をしたい気持ちがあるのに、なかなか踏み切れないという方も多いかもしれません。

しかし、探し方次第で今以上にはたらきやすい仕事を見つけることも可能です。そこについて解説いたいしました。

社会不障害が向いてる仕事や適職は?仕事が続かないや在宅ワークなどあるあるを解説

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次