社交不安障害が仕事を続けていく方法!向いてる仕事や適職は?

社会不障害が向いてる仕事や適職は?仕事が続かないや在宅ワークなどあるあるを解説

不安障害を抱えながらお仕事をするのは大変すよね。

シバッタマン

人前で極端に緊張を感じたり、失敗を過度に恐れて不安になったりすることで、日常生活に支障が出ている症状を「社交不安障害(社会不安障害)」と呼びます。

周りの不安障害をお持ちの方々は働く上でどのような悩みがあるのでしょうか?また向いている職場環境はどのようなものでしょうか?


この記事では社交不安障害の概要や原因についてご説明し、社交不安障害で通院している方や症状に心当たりのある方が、不安を感じることなくはたらくためのポイントをご紹介します。

社交不安障害とは?SADの特徴と原因

社交不安障害とは?SADの特徴と原因
社交不安障害とは?SADの特徴と原因

社交不安障害(Social Anxiety Disorder:SAD)は、社交不安症や社会不安障害とも呼ばれることがあります。

大勢の人の前で緊張するのは誰にでもあることですが、数人や1対1といった人の輪の中でも過度に不安になるなど、その程度が病的な状態が社交不安障害です。

長期化すると健康を損なうほど悩みを深めてしまったり、引きこもりの要因となったりします。

社交不安障害の症状

社交不安障害の症状は、緊張による場合に限らずさまざまなものがあります。ここでは、社交不安障害の症状とされる可能性のある状態について見ていきましょう。

  • 対人恐怖症
  • 赤面恐怖症
  • 発汗恐怖症
  • 場面恐怖症

対人恐怖症

周りの人の視線や自分に対する評価が過度に気になったり、近くにいる人の存在そのものを恐ろしく感じたりする状態です。強い不安や恐怖を覚えた際に、めまいや過呼吸などの身体症状となって現れる場合もあります。

赤面恐怖症

人前に出たり、人と対面したりするとすぐ顔がのぼせたように紅潮してしまう状態です。繰り返されると、その都度恥ずかしく感じることで強い不安に至り、先述した対人恐怖症につながることもあります

発汗恐怖症

緊張感が強くなると、汗をたくさんかいてしまう症状です。赤面恐怖症のケースと同様、その症状を恥ずかしく感じたり、人に知られたくないと感じたりすることで対人恐怖症に至る可能性があります。

場面恐怖症

特定の場面(人前に出たときなど)で、強い緊張感から平常時と同様に振る舞えなくなる状態です。具体的には話すときに声が震えたり、発言自体ができなくなってしまったりするなどがあります。手足や体の震えなど、不安が身体的な症状となって現れることも少なくありません。

社交不安障害の原因

社交不安障害が引き起こされる原因は、現在のところまだはっきり解明されていません。
脳の神経伝達物質である「セロトニン」や「ドーパミン」などのバランスが崩れることや、脳内で危険を察知する役割を持つ「扁桃体」が過剰に活動してしまうことが関係していると考えられています。

そのほか、生育環境や過去のトラウマ、ストレスなどが大きく影響するという説や、性格的な要因・遺伝的な要因も関係しているとする説もあります。

社交不安障害で仕事で抱える悩み!苦手とする場面など理由あるある

社交不安障害で仕事で抱える悩み!苦手とする場面
社交不安障害で仕事で抱える悩み!苦手とする場面

社交不安障害の傾向が見られても、子どもの頃や学生のうちは「すぐ顔が赤くなる子」「口下手な子」などと思われるにとどまり、困ることはなかったケースも少なくありません。しかし、社会人となってはたらく中で、不安や緊張感のコントロールを難しく感じ始めることもありえます。
ここでは、社交不安障害の方が仕事で感じやすい具体的なお悩みをご紹介します。

  • 緊張を感じる仕事が苦手
  • 大勢の中にいることが苦手
  • 電話対応に恐怖があり苦手
  • 電車などの特定の空間が苦手

緊張を感じる仕事が苦手

学生時代まではご自身で選ばない限り、人前に出る機会は頻繁にはありません。しかし社会人になると自己紹介や挨拶、業務におけるプレゼンテーションなど、人前に出て話す機会が付き物です。そのような場面で緊張によって話せなくなってしまったり、その何日も前から不安で何も手につかなかったりするなどで、悩みを深めてしまう場合もあるでしょう。

大勢の中にいることが苦手

オフィスでは、一室に多くの人が集まって業務を行っています。社交不安障害を抱えていると、対人恐怖によって室内の人たちの視線が気になってしまう可能性があります。不安さえなければ集中して取り組めるはずの業務も手につかなくなり、仕事がはかどらず悩みを抱えてしまうかもしれません。

電話対応に恐怖があり苦手

社交不安障害は、電話への苦手意識という形でも現れることがあります。かかってきた電話への対応や、ご自身が電話する用件のたびに強い緊張を感じ、ひどく疲れてしまうこともあるでしょう。また実際に通話する際に声が震えたり、言葉に詰まったりするなどの失敗体験から、より悩みが深くなる場合もあります。

電車などの特定の空間が苦手

対人不安が強くなると、人前に出る機会の有無にかかわらず、周りに多くの人がいる状況自体を避けたくなってしまいます。会議など人が集まる機会があるたびに体調を崩してしまうことや、通勤電車や駅の人混みに恐怖を感じて出勤が困難になる可能性もあるでしょう。

社交不安障害が仕事を続けていく方法

社交不安障害が仕事を続けていく方法
社交不安障害が仕事を続けていく方法

社交不安障害の治療を受けている方や症状に心当たりを感じている方は「不安がある中で仕事を続けられるだろうか」と、将来に心配を抱えているかもしれません。

社交不安障害のある方ができるだけ困りごとを減らして仕事を続けるためのポイントをご紹介します。

医師や上司へ相談

社交不安障害の症状に心当たりがある場合、早めに心療内科や精神科を受診してみることをおすすめします。「この程度で受診しても良いのだろうか」「医師の診察を受けるほどの状態なのか分からない」と遠慮を感じるかもしれませんが、不安が生活に支障をきたしているなら現状を医師に相談してみましょう。治療が必要かどうかを判断してもらえるはずです。

また、理解があって信頼できる上司や同僚がいる場合は、正直に困りごとを相談する方法もあります。隠せば隠すほどご自身の悩みも深まりますし、誰かに話すだけでご自身の不安を少し軽くできるかもしれません。
上司や同僚へいきなり話すことが不安なら、産業医や企業内カウンセラーにまず相談するという手もあります。

生活リズム

食生活や睡眠時間などのライフスタイルが乱れていると、心身のバランスを崩しやすくなります。睡眠時間をしっかり取ることや食習慣の改善、適度に運動する機会を設けるなど生活リズムの見直しを図ってみましょう。

リラックスする

緊張する機会ばかりが増え、それを和らげる機会がないと疲れやストレスがどんどん積み重なってしまいます。感じた緊張を緩和する機会をご自身で設けることも、心身のバランスを整える助けになるでしょう。ゆっくり入浴やストレッチをしたり、深呼吸する習慣を作ったりするだけでも適度なリラクゼーションになります。

  • 息を吐く時間を長くした深呼吸をする
  • 10分程度のストレッチをする
  • いつもより長くお風呂に浸かる
  • 瞑想やマインドフルネスを実践する

通勤ストレスの減少

通勤時の混雑がストレスとなっている可能性もあります。電車に乗る時間帯や通勤手段を変える、自宅やサテライトオフィスで仕事をするなど、通勤や仕事の仕方を見直すことも1つの方法です。

時差出勤やフレックスタイム制、テレワークなどの制度があるかどうか、勤務先へ相談してみてはいかがでしょうか。

不安の分析をしない

コツの2点目は、「不安を分析しない」です。

不安障害の人の中には、不安の原因探しをしたり、分析したりしようとする人がいます。

しかし、不安の根本原因を見つけようとしても、明確な答えが見つからず、頭が疲れてしまったり、余計落ち込んだりすることも多いです

大切なのは、原因を探すことではなく、不安を受け入れて対処することです。

もし、自分がどういう状況で不安になるのかを知りたいということなら、それを紙にさっと書き出すだけにして、分析に徹しないことをオススメします。

それよりも、「その状況に陥ったら、何をするとよいのか」など、症状とうまく付き合うための工夫を考えることに時間を充てるようにしましょう

焦らない

「すぐに治るはずだと焦らない」ことです。

不安や恐怖を払拭するには、ある程度の時間をかけて、薬物療法や精神療法が効果を発揮するのを待つ必要があります

不安障害を抱える人に対して、「気の持ちようだ」と言う人もいるかもしれませんが、意識次第ですぐに解決するのであれば、誰も悩むことはないはずです。

不安や恐怖に徐々に慣れていく過程と、その時間の積み重ねが、あなたの自信につながり、不安障害を軽減していきます

治療に専念している方も、治療しながら仕事をしている方も、「すぐに治るはずだと焦らない」ことが大切です

社交不安障害の方の仕事や向いている適職は?

社交不安障害の方の仕事や向いている適職は?
社交不安障害の方の仕事や向いている適職は?

社交不安障害の方にとって、適職といわれる仕事にはどんなものがあるのでしょうか。

ここでは、一般的に社交不安障害の方に適しているとされる仕事をご紹介します。
ただし、向き不向きには個人差があります。記載内容がご自身にあてはまるかどうかを考えながら、ご参考にしていただくことをおすすめします。

対人関係が少ない仕事

常に人と接する機会があると、そのたび不安を覚えてしまうことになります。人との接触機会の少ない業務であれば、対人ストレスを感じる機会自体を減らすことにつながるでしょう。

定型業務が多い仕事

強い不安を感じている状態で、都度変化する状況へ臨機応変に対応するのは難しいことです。可能であれば、日々の業務量や環境が一定で、コツコツこなせる仕事を選ぶことで不安を和らげられる可能性があります。

在宅仕事

人の視線や評価が気になったり、人の輪の中にいるだけで緊張や不安を覚えたりする方は、在宅でも勤務がしやすい仕事を選ぶことで、不安を減らせるかもしれません。近年はさまざまな分野でデジタル化が進み、テレワークしやすい環境が整っています。

社交不安障害の方が向かない場合には?

社交不安障害の方が向かない場合には?
社交不安障害の方が向かない場合には?

社交不安障害の方にとって就職・転職活動は、面接の際に対話が必要となることなどから、大きなストレスや負担を感じることでしょう。就職・転職活動をすること自体が大きなハードルとなり、今の職場に不満があり転職をしたい気持ちがあるのに、なかなか踏み切れないという方も多いかもしれません。しかし、探し方次第で今以上にはたらきやすい仕事を見つけることも可能です。

就労支援機関に協力を求める

支援機関や転職エージェントによっては、不安障害などの精神疾患を持つ方の就職をサポートした実績を豊富に持つところがあります

そうした支援機関であれば、あなたの抱えている悩みや障害特性を理解した上で、適切なアドバイスを得られるかもしれません。

一例をあげると、先述した「就労移行支援事業所」では、あなたに合った就職先やインターン先の紹介まで、幅広くサービスを提供しています。

就職後に、職場定着をサポートする「就労定着支援」を行っているところもありますので、興味のある方はお近くの就労移行支援事業所に無料相談してみてください

雇用枠を変えてみる

もし、あなたが現在、一般枠で就労しているのなら、障害者枠へ雇用枠を変更することで、あなたの症状に対して配慮を受けながら働くことができます

職場によっては、業務量や業務内容まで、融通が利く場合もあります。

しかし、一般枠と比較すると、給与やその後のキャリアにおける選択肢など、待遇にある程度の差が生じる可能性があります

もし、不安障害が回復するまでは様子を見たいという場合は、障害者枠への変更だけでなく、一時的にパート勤務や派遣社員を検討するというのも、ひとつの手段でしょう。

ちなみに、どの雇用枠での働き方が向いているかわからないという方は、前の項目で述べた就労移行支援事業所などの支援機関に相談するのもオススメです

障害を開示して働く「オープン就労」と非開示にして働く「クローズ就労」、それぞれのメリットとデメリットなどを知りたいという方は、以下のコラムも併せご覧ください。

勤務時間の融通ができる職場

、「勤務時間の融通が利く職場を選ぶ」です。

不安障害の方は、通勤中に発作が起こった場合など、就業時間に間に合わない場面が多いかと思います。

そのため、時差出勤や時短勤務など、勤務時間を変更しやすい職場を選ぶのがベターです

仕事選びの際には、以下の2点に注目してみるとよいでしょう。

  • 障害に関する研修制度が充実しているかどうか
  • 福利厚生制度が整備されているかどうか

まとめ

社交不安障害の方にとって就職・転職活動は、面接の際に対話が必要となることなどから、大きなストレスや負担を感じることでしょう。就職・転職活動をすること今の職場に不満があり転職をしたい気持ちがあるのに、なかなか踏み切れないという方も多いかもしれません。

しかし、探し方次第で今以上にはたらきやすい仕事を見つけることも可能です。そこについて解説いたいしました。

コメント

コメントする