【Dodaチャレンジの評判や口コミ】障害でお断りや断られた!デューダの体験談

Doda Challenge Reviews

「dodaエージェントサービス」は、「doda」という求人情報サイトの中にある転職支援サービスのことを指します。

新卒で就活をした方であれば、とりあえずリクナビ・マイナビに登録すると思いますが、dodaチャレンジはその障害者枠バージョンみたいな感じです。

今回は、Dodaチャレンジエージェントの特徴をはじめ、利用するメリット口コミによる評判などをまとめています。大手とはいえ、実際のところサービスや求人の質はどうなのか、悪い評判から良い評判までリアルな評価がとても気になるところです。

DODAチャレンジのポイント

・dodaチャレンジは、dodaブランドの中の障がい者向けに特化した転職支援サービスです。

・大手・優良、外資系、ニッチトップ企業まで幅広い求人ラインナップをご用意しています。

・障がいの種類(身体・精神・知的)も幅広くサポート。

・転職成功への第一歩は、専任のキャリアアドバイザーによるカウンセリング(面談)にあります。

・お一人おひとりの状況に合わせた転職活動をサポートいたします。

Dodaチャレンジは登録者数が多い転職サービスであるため、悪い口コミも多く見られますが、『利用前に知っておくべきポイント』を知り上手く活用すれば、転職をグッと有利に進めることができます。

シバッタマン

またそのほかにもDodaチャレンジに登録すべきかどうか自信をもって判断できるよう口コミは評判、利用時の注意点、活用ポイントなど全てが分かるようにお伝えしますね

【転職サイト】Dodaチャレンジが発達障害におすすめの3つのポイント?断られる?お断り?

【転職サイト】Dodaチャレンジが発達障害におすすめの3つのポイント?断られる?
職種全職種に対応
機能非公開求人の紹介スカウトサービスパートナーエージェントサービス面接のスケジュール調整書類・面接手続きのサポート
得意分野・特徴専門スタッフによるプロ目線での求人紹介転職エピソード転職Q&A
利用可能地域全国
運営会社パーソルキャリア株式会社

Dodaチャレンジのおすすめポイント1・障がい者の転職の専門性が高い

Dodaチャレンジは、IT業界やエンジニア職に強いことが特徴です。

エンジニア職でいうと、公開求人件数のうち半数以上を占めており、その中には当然IT業界企業からの求人や、Web関連職の求人も含まれます。専門職のキャリアアップの他、未経験者歓迎の求人もありますから、これらへの転職を希望する人ならメリットを得やすい転職サービスだといえます。

シバッタマン

『IT人材白書2020』(IPA)の「先端IT従事者、先端IT非従事者の転職に対する考え方」のデータをみると、「より良い条件の仕事を求めて、積極的に行いたい」「より良い条件の仕事が見つかれば、考えてもよい」を合算した割合は、先端IT従事者※は69%、先端IT非従事者は60%となっています。

ご自身のスキルの客観的評価や現在どんな企業が募集しているのかといった情報を調べるのは個人では難しいこともあります。そんなときはdodaエージェントサービスをご利用ください。

Dodaチャレンジはエンジニアの求人には非常に優れています。

中には未経験歓迎、学歴不問の求人もあるので、転職でエンジニア職を目指す人も利用しやすいといえます。
 
初めてエンジニア職への転職を考えている人は、アドバイザーに不安なことや気になることを相談してみるのがおすすめです。

Dodaチャレンジのおすすめポイント2・障害者の転職支援実績No.1!

ハローワークの全求人数約108万件のうち、障害者枠での求人数は1万7千件ほど。障害者枠の求人数の割合は約1.6%しかありません。

Dodaチャレンジは求人件数が多く選択肢に困りません。東京・大阪・名古屋の3ヶ所にオフィスを構えており、対面式でのカウンセリングの他にも電話やチャット、テレビ電話など、幅広い対応をしています。

シバッタマン

Dodaチャレンジの障害者枠の求人は一般枠と同様に、都市部が一番多く、地方は少ないです。障害者枠全体の求人がそもそも少ないので、地方求人はかなり少ないのが現実。
そんな中、dodaチャレンジは地方の求人も扱っている数少ない転職エージェントです。

応募書類の添削や模擬面接などコンサルタントが分厚いサポートを行なっているので、入社後も就労に関する悩みがないか相談することが可能です。

転職サイト・エージェント名求人数
atGP約900件
ランスタッド約300件
WEBサーナ約150件
ラルゴ高田の馬場約600件
ソーシャルパートナーズ約100件

都市部に求人が集まっていますが、地方求人もいくつか持っています。下記は公開求人数なのでその

都市部に求人が集まっていますが、地方求人もいくつか持っています。下記は公開求人数なのでその他の非公開求人と比較しても圧倒的に多いでしょう。

地方公開求人数
北海道・東北72件
北関東28件
首都圏561件
北信越33件
東海275件
関西161件
中国・四国42件
九州・沖縄45件
複数拠点がある求人35件
合計1252件

障害者枠の転職エージェントサービスは、中途採用が一番需要が高いため、中途のみを対象にしている所も多いです。障害者枠でエージェントを利用して新卒就活したい場合は、中途用に登録して探すしかありませんでした。新卒用の転職エージェントも増えてきています。dodaチャレンジの登録フォームにて、「新卒かどうか」を確認する欄があるので、そこに入力するだけで専門のサービスを受けることができます。

年収500万以上を狙う方向けのハイクラス求人の専門サービスもあります。

Dodaチャレンジのおすすめポイント2・エージェント質が高く障がい者転職の専門性が高い

dodaチャレンジは障がい者向けの転職支援サービスのため、臨床心理士の資格を持つコンサルタントが在籍しています。

専門資格はもちろん強みと言えますが、キャリアコンサルタントとしての質も高く、応募書類の添削や模擬面接の実施など、高い評価を受けています。

あなたの市場価値や転職後の可能性などの把握ためにも、dodaチャレンジに登録した方が良いでしょう。その他

キャリアタイプ診断

120問の質問に答えることで、自身の「性格」や「向いている仕事スタイル」、「向いている企業風土」などがわかる。所要時間は10分程度。

エゴグラム適職診断

dodaが提供する適職診断には約200万人の会員データを元にした診断ツールも用意されているため、正確な結果が期待できますので期待の効果がでてくると思います。50問の設問に回答することによって、自身の性格と「適職」を診断してくれる。

50問の設問に回答することによって、自身の性格と「適職」を診断してくれる。年収査定のメリット

今の年収は、自分に見合っているのか不安
これから先、年収がどんな風に変わっていくか気になる
転職をするなら、どれくらいの年収を目指せばいい?

ICQキャリアタイプ診断では、あなたの「強み・弱み」「どんな仕事がしたい」のかを正確に把握することができます。診断を受けた結果から、あなたに最適な職場・仕事を選ぶことができます。

キャリアタイプ診断メリット
  • 性格・気質傾向
  • 能力傾向
  • 行動基準
  • あなたに向いている仕事スタイル
  • あなやに向いている企業風土

dodaには「レジュメビルダー」と呼ばれる職務経歴書作成ツールがあります。

シバッタマン

「職務経歴書ってどうやって書けばいいの?」と悩んでいる人もいることでしょう。レジュメビルダーでは、自動挿入のサンプルを参考に職務経歴書を簡単に作成することができます。

作成した職務経歴書はWord・PDFファイルでダウンロードが可能です。

doda転職フェア

多くの企業が出展する転職イベントです。企業の担当者に直接話を聞ける機会があります。

dodaスマホアプリ

空いた時間にスマホで簡単におすすめ求人をチェックできます。企業からのオファーや選考状況も「プッシュ通知」でお知らせしてくれるので見逃さないです。パソコンやスマートフォンで気軽に参加できるものが多く、仕事で忙しい人にも活用しやすいです。利用にはdodaの会員登録が必要ですが、無料で利用できるので、ぜひ参加してみましょう。

Dodaチャレンジのメリット・デメリット!発達障害で断られた・お断り?

Dodaチャレンジのメリット・デメリット!発達障害で断られた?

Dodaチャレンジは非公開求人で発達障害で断られた可能性も

非公開求人はdodaチャレンジに登録しないと、紹介してもらうことができません。9割が非公開求人ということなので、これを紹介してもらえなくなるだけでかなりの痛手ですね。

シバッタマン

大企業は育成体制がしっかりとしている分、採用条件にポテンシャルを重視する企業が多いので、向上心と成長意欲が高い方は、好意的に受け止められることが期待できるでしょう。

メリットデメリット
非公開求人の数が多いサイト機能が充実している手厚いサポートが受けられるさまざまなイベントを開催している地方の求人にも対応しているキャリアアドバイザーの対応に差があるメールが多すぎると感じる人もいる放置するとサポートが終了することがある

サポート力の高さもdodaの魅力のひとつです。エージェントサービスで受けられる主なサポートは次のとおりです。

dodaチャレンジを使うべき人
  • 首都圏在住
  • 障がい者手帳を持っている
  • 大企業で働きたい、労働意欲が高い
  • 丁寧なサポートを受けつつ年収をあげたい

初めての転職でどう進めるべきかわからないという人にも、一つひとつのステップにサポートが充実しているため安心です。

Dodaチャレンジのメリット1・転職者に適した非公開求人を多数紹介

シバッタマン

転職者に適した非公開求人を多数紹介しています。その中でも非公開求人を多数紹介しているのがDodaのメリットになりますね。

dodaは非公開求人を含んだ10万件以上の求人から絞り込んで、あなたにあった求人を紹介してくれます。dodaでは、豊富な非公開求人のなかからそれぞれの職種や業界に特化したキャリアアドバイザーによる求人紹介を受けられます。紹介される求人情報が多いので、より希望に沿ったものを選んで応募に進むことができます。

dodaを利用するなら、ぜひエージェントサービスを活用して転職活動に臨みたいですね。

DODAの非公開求人は、エージェントさんがこちらの条件にあわせて紹介してくれたもののみが見れます。検索で全部が見れるわけではなかったです… 登録して少ししたら、DODAから連絡(電話でした)が来て、非公開求人を紹介してくれるようになりました。

DODAの非公開求人は、エージェントさんがこちらの条件にあわせdodaを使ってましたがリクナビはエージェントがあんまりだったので退会して、最終的にdodaに来た企業からのプレミアムオファーで非公開求人に応募できました

https://twitter.com/mogitate_q/status/1227104350301900800?s=20&t=VQAx08iorkjmJlPOaReUyQ

・紹介してくれる求人数が他のエージェントよりも多い、毎日新しい求人をピックアップしてくれる
・キャリアアドバイザーも親しみやすく、安心して任せることができる
・職務経歴書作成のシステムが使いやすく、他社での応募時にも使えて便利
・面接前に営業担当から企業のHPに載っていない詳しい情報を教えてもらえるので、企業について理解がしやすい

Dodaチャレンジのメリット2・ 地方の求人も多く掲載

シバッタマン

転職エージェントでは都内が多く、地方ではすくないのではないかと心配になるかたもいるかもしれません。その点Dodaは安心て大丈夫です。

九州福岡での転職なら、dodaの求人数が最も多かった。実際に登録して4つの転職サイト求人数を調べた結果。
個人的にリクルート一強だと思っていた中国・四国地方もdodaが強い。

dodaでは地方の求人も多いとして、利用者から評価されています。地方での就職や転職を考えているのなら、dodaを利用してみましょう。

Dodaチャレンジのメリット3・ アドバイザーの対応が迅速

Dodaチャレンジは、dodaが提供する転職サービスのうち「転職エージェント」と呼ばれるサービスです。転職エージェントでは、まず求職者の経歴やスキル、希望や要望をヒアリングし、持っている求人情報の中から条件に合う求人を探して紹介します。

転職で重要になるのは「自分の市場での価値」と「今の業界ごとの転職事情」ですが、どちらも自分だけで正確に知ることは至難の業です。dodaエージェントでは求職者一人ひとりにキャリアアドバイザーという、いわば「転職のパートナー」がつき、求職者の転職をサポートします

シバッタマン

下記の口コミにあるようにDodaチャレンジのアドバイザーは他のエージェントサービスに比べても迅速と感じている人は多いですね。。

Dodaチャレンジの人対応爆速でわらったぞ。

障害者向けでなくても評判はよいようですね。Dodaチャレンジもそのため迅速な対応ができるのかと思います。

DODA:登録したら翌日に電話寄越してくれる快速ぶり、対応も親切

Dodaチャレンジのデメリット1・求人数が多いのでブラック求人可能性も

大企業や中小企業など、全国各地の求人を保有しているため、多くの求人から選びたい人に特におすすめです。
 
希望に合う求人を探しやすく、転職が成功する確率も高いといえます。

シバッタマン

求人が多いことはとてもよいのですが、dodaは求人数が多い分、中にはブラック求人も紛れ込んでいる可能性もあります。

大手転職サイトでは、ブラックな求人は候補から外します。ただ数が多いので、新規に追加された企業の中にはブラック企業が紛れていることは否定できません。

ネットで調べても情報が出てこないような企業へ転職する際には、コンサルタントと入念に相談して見極めるようにしましょう。

Dodaチャレンジのデメリット2・担当者の当たり外れでお断り

希望する業界や職種に詳しくないキャリアアドバイザーが担当することがあります。キャリアアドバイザーの交代をお願いすることも可能ですから、困ったときはまず相談してみるとよいでしょう

シバッタマン

Dodaチャレンジは用意されているコンサルタントの数が多い分、担当者の当たりはずれも多いという評判も多いです。
若いスタッフも多いので、ミドル層で転職を考えている人の中には、年下が担当することに不安を覚える方もいるようです。

その他にもやはり担当者によって品質にさがあるのの多いですね。

手厚いケアは良いですが、電話をかけてくる頻度が非常に多いです。
エージェントを通してだけ応募できる求人に関しては、企業様に履歴書が届く前に、Dodaチャレンジの担当者が振るい落としているという噂があり、応募すらさせてもらえていないということもあるそうです。なぜか希望していないにも関わらず、営業職ばかりおすすめされます
エージェントに登録すると、2種類のカウンセラーからメールが毎日10件以上届きます。カウンセラー同士の繋がりも薄く話がかみ合っていないこともあります。。

担当者に寄って対応の品質にばらつきがあると感じました。
初めて利用した時の担当者は非常にレスポンスもよく親身になって対応していただけましたが
2度めに登録した際は応募しても社内選考中ですの一点張りで全然選考が進みませんでした

担当者に寄って対応の品質が違います。初回の利用した時の担当者は非常にレスポンスもよく親身になって対応していただけましたが2度目の担当者は応募しても社内選考中ですの一点張りで全然選考が進みませんでした
また求人の紹介等もほとんどない上に連絡をした際の折返しの電話も無い担当者でした。

担当者の変更を求めた所、問題は解決しましょう

Dodaチャレンジのデメリット3・Dodaチャレンジに断られた

シバッタマン

Dodaチャレンジは用意されているコンサルタントの数が多い分、担当者の当たりはずれも多いという評判も多いです。
若いスタッフも多いので、ミドル層で転職を考えている人の中には、年下が担当することに不安を覚える方もいるようです。。

その他にもやはり担当者にヒアリングが急がされるなどの問い合わせが多いようです。

口コミ通りdodaチャレンジにお断りされ続けている… 電話面談→求人紹介できません まだこの時はちゃんと転職するって決めたわけじゃなかったからわかる 転職決意、プロフィール更新→求人紹介できません 公開求人に応募→応募できません どうして…これじゃ登録してる意味ないじゃん

dodaチャレンジに登録しようとしたら「お前に紹介できる仕事はない」と言われました dodaチャレンジ関係者はココロノメディア出禁です 【仕事を探しています】 発達障害で障害者手帳3級を持っていますが、障害者雇用で70社以上落とされました。どなたか仕事を紹介してください。生活に困っています

atGPの転職エージェントに登録したら電話での確認がありました。Dodaチャレンジで拒否されたから心配していたが良かった。 手帳申請中と記入していたが、3か月以上取得にかかりそうと言ったらまたその時連絡してくださいとのこと。結局手帳なきゃ登録しても意味ないじゃんとは思いました。

Dodaチャレンジの良い口コミ・悪い口コミ!断られた・お断り

Dodaチャレンジの良い口コミ・悪い口コミ!

悪い口コミがあるからといって、dodaに登録しないのはおすすめしません。

悪い口コミでも登録したほうがよい理由
  • dodaチャレンジはキャリアアドバイザーの対応が親身
  • 無料で多くの求人をチェックすることができる
  • 転職セミナーで気になる企業に直瀬に応募できる

¥幅広い業界の求人を取り扱い、また専任エージェントによる丁寧なサポートが魅力のdodaですが、実はサービスを受けるにあたって1つ注意点があります。

キャリアカウンセリングサービスの利用期間は3ヶ月と決められていること。

定められた3ヶ月のうちに、面接・履歴書対策や非公開求人の紹介などエージェントによるサポートが行なわれますが、期間内に転職活動が終わらないとキャリアカウンセリングサービスを受けることができなくなってしまいます。

スカウトサービスは3ヶ月の期間を超過しても引き続き適用されますが、便利なキャリアカウンセリングサービスを利用できなくなるのは転職者にとって痛手となるでしょう。

シバッタマン

スカウトサービスは3ヶ月の期間を超過しても引き続き適用されますが、便利なキャリアカウンセリングサービスを利用できなくなるのは転職者にとって痛手となるでしょう。

これは転職活動にかける期間が平均すると2〜3ヶ月程度といわれているためです。
 
転職期間を長引かせないように、キャリアアドバイザーと話し合い、転職活動のスケジュールを考えると良いでしょう。

20代の口コミ評判

Dodaチャレンジは大手企業求人が多い傾向だから、勤務安定感があれば転職先探しに良いとおもう

30代の口コミ評判

シバッタマン

30代の利用者からは、 「圧倒的な求人数に中から、希望を重視して求人をピックアップしてくれる」とdodaを高く評価しているようです。

応募書類の志望動機や転職理由はアドバイザーが深掘りしてより具体性があるものに仕上がり、「これがなければ不採用だっただろう」とのこと。

障がい者雇用のためのお勧めサービス、 DIエージェント dodaチャレンジ at GP くらいでいいですかね

40代の口コミ評判

シバッタマン

30代30代の利用者からは、 「圧倒的な求人数に中から、希望を重視して求人をピックアップしてくれる」とdodaを高く評価しているようです。

スピーディーな求人の選定のみならず、各種の転職セミナー面接対策などもあり、高評価としています。

JTC大企業出身だったり、自分のキャリアに自身がある人はリクルートとかDODAみたいな大手エージェント使っても転職できるかもだが、そうでない人はなかなか難しい。そんな人は、JACや外資系エージェントのような、両面型エージェントを使ってみて欲しいです。そっちのほうが上手くいくと思う

50代の口コミ評判

#dodaチャレンジ から返信が来た。 誠に恐れながら現時点では、 弊社を通じてご紹介可能な求人をご用意する事ができませんでした。 そのためキャリアカウンセリングのご提供は難しい状況です。 弊社の力不足のため、ご期待に応えられず誠に申し訳ございません。 岐阜の田舎じゃ無理か(笑)

男性の口コミ評判

発達障害専門のdodaチャレンジっていう転職エージェント使おうと思ってるんだけどどうなんだろう? 悪い口コミほとんどないんだよなぁ

女性の口コミ評判

dodaチャレンジで大手企業100子会社へ転職成功したはなし

dodaの良い口コミ評判1

今回、障がい者雇用を目指すにあたって「dodaチャレンジ」というところのエージェントさんを頼ります。 自分ひとりでは限界があったり心が折れると思ったので、しっかり見てもらいながら進めますね。 どれだけ自分にマッチした会社に出会えるのか、少し不安で、それ以上に期待してます。

dodaの良い口コミ評判2

dodaチャレンジは大手企業子会社を狙える 小さな金額でも年次昇給が見込まれる可能性が高い 知ってるとお得です ただし、勤怠安定感は大きい会社ほど必須スキル

障害者エージェントのメリット

dodaチャレンジ 大手国内企業狙い

障害者雇用バンク 初めての就職転職

DIエージェント 国内在宅勤務求人多数

dodaの良い口コミ評判3

dodaアドバイザーの人話しやすかった〜 転職市場の状況や気になる業界の状況聞けたのはよかったかも

dodaの悪い口コミ評判1

転職活動本腰入れていくぞってことで、dodaでエージェントさんとの面談日きめたっリクナビネクストは複数のエージェント会社?からオファー?とかいうのが大量にきてよくわからんーーーーとなってしまい、一旦放置

担当のキャリアアドバイザーが合わない場合には担当変更を申し出ましょう。転職エージェントを利用した転職活動は、担当者との相性によって結果が大きく左右されます。

dodaの悪い口コミ評判2

#dodaチャレンジ から連絡ないし #ハローワーク 案件も良いの無いので #職業訓練#Excel の復習してる。

dodaの悪い口コミ評判3

#dodaチャレンジ 担当に自分の経過報告連絡メールしたんだが、全く返事がない。 dodaチャレンジはメール設定とか特殊だったか?今まで一応やり取りしてたはずなんだけど…Doda内で情報共有ミスなのか?  勘弁してほしい。

Dodaチャレンジはどんな職種に強い?対応地域で断られた・お断り

Dodaチャレンジはどんな職種に強い?対応地域は?

Dodaチャレンジの対応地域で断られた・お断りはあるの?

東京・大阪・名古屋に拠点があります。

シバッタマン

Dodaチャレンジの障害者枠の求人は一般枠と同様に、都市部が一番多く、地方は少ないです。障害者枠全体の求人がそもそも少ないので、地方求人はかなり少ないのが現実。
そんな中、dodaチャレンジは地方の求人も扱っている数少ない転職エージェントです。。

dodaキャリアカウンセリング拠点一覧は下記になります。現在はコロナの影響もあり、都市部の方もWEB面談可能です

東京地区

コメント

コメントする