発達障害(ADHD)が一人でできる仕事がおすすめ!アスペルガー

発達障害(ADHD)の仕事選び!一人でできる仕事がおすすめ

「発達障害 一人でできる仕事を知りたい!どんな仕事があるの?」

「発達障害 一人でできる仕事人と関わらない正社員求人はないの?バイトは?」

「発達障害 一人でできる仕事プログラマーってほんとに人と関わらないの?」

発達障害者として仕事をしていくうえで、全く誰とも関わらないというのは難しいかもしれません。一人で出来る仕事はあるのでしょうか。

シバッタマン

発達障害者として仕事をしていくうえで、全く誰とも関わらないというのは難しいかもしれません。一人で出来る仕事はあるのでしょうか。できるだけ人と関わらずに一人で生活費を稼げる仕事があれば、それに越したことはないですよね。

目次

発達障害(ADHD)が一人でできる仕事がおすすめ!アスペルガー

発達障害は大きく分けて3つに分類されています。それぞれに特性が違っているので、発達障害に向いている仕事と言っても人によって異なる事は覚えておかなくてはいけません。

発達障害は

発達障害は

ASD(自閉症スペクトラム)

ADHD(注意欠陥・多動性障害)

LD(学習障害)

の3つに分類されています。

ASDは、昔は「自閉症」、「広汎性発達障害」「不特定型広汎性発達障害」、「アスペルガー症候群」とそれぞれの名前で呼ばれていましたが現在はASDという名前で纏められています。

ADHDとは?発達障害のひとつ

ADHD(注意欠如多動症)とは、「発達障害(神経発達障害、神経発達症)」という、脳の機能障害の分類の一つです。

ADHD以外の発達障害には、ASD(自閉スペクトラム症)やSLD(限局性学習症群)などがあります。

発達障害における「脳の機能障害」とは、脳の機能のバランスにばらつきがある、つまり突出している機能や十分に発達していない機能があるといった状態のことを指します。

もちろん、誰の脳機能にも多少のばらつきはあります。

その上で、ばらつきが大きく、学校や家庭での生活の妨げとなる場合に、医師の診察のもと、発達障害という診断がなされます。

かつては、「育て方や環境によって発達障害になるのではないか」という見方もされていました。

ですが、現在では「発達障害は後天的になるものではなく、脳の機能の偏りが関係する生まれつきの特性である」と結論づけられています

ADHDの特性

ADHDには多くの特性がありますが、その中でも下記の2点がよく見られるものとして挙げられます。(参考:田中康雄『大人のAD/HD』)

  • 不注意…忘れ物やケアレスミスが多く、確認作業を苦手とする
  • 多動・衝動性…気が散りやすく、貧乏ゆすりなど常に身体を動かしていないと落ちつかない

その他にもよく挙がる特徴として、「マルチタスクやスケジュール管理が苦手」といったものがあります。

ADHDの強み!(発達障害)

ADHDの特性の職業上の強みは、例えば下記の5つを挙げることができます(参考:榊原洋一『図解 よくわかる大人のADHD』)。

  • 発想力に富んでいてアイディアが豊富
  • 好奇心旺盛で新しいことにチャレンジできる
  • 興味のある分野には没頭することができる
  • 決断力があるのでスピーディーに物事を判断できる
  • 感覚に優れていて周囲の環境に敏感

上記の特性をうまく活かすことができれば、主に多動・衝動性から生まれる、職業上の強みにつながるかもしれません。

ADHDの弱み(発達障害)

反対に、ADHDの特性が、仕事の上で弱みになることもあります。

代表的なものは、以下の5つです。(参考:日本精神神経学会「今村明先生に「ADHD」を訊く」)

  • 書類の記入漏れなどのミスをしやすい
  • 仕事の優先順位をつけるのが苦手で先延ばししやすい
  • 複数案件を処理しようとすると業務効率がぐんと落ちる
  • 整理整頓が苦手で書類や物をなくすことが多い
  • 感覚に優れていて他人の意見に耳を傾ける前に発言したり行動したりする

以下に挙げる職業はあくまでも一例です。

人によって症状の違いもありますが、発達障害の人全般に向いているのはマニュアルがしっかりとある仕事だと言われています

ルールや指示がきっちりとしている方が働きやすいのです。

例えば、「〇〇をしたら次に〇〇をする」、「〇〇時までにこの仕事をやり終えて、終わったら〇〇さんに報告する」と具体的な手順、時間、場所、をしっかりと伝えて貰えると仕事がやりやすくなります。

発達障害を周囲に知ってもらい、仕事をする時にはこの事を会社や上司、同僚に伝えていると仕事がスムーズにできます。

また、会社に配慮してもらうだけではなく、メモの取り方などを自分でも工夫する事も大切です。

発達障害の仕事選びで一人で出来る仕事でも貢献ができる!

「仕事がうまくいかない」と悩んでいませんか。特に社会人3年目ぐらいまでは、学生から社会人になって環境が激変し、仕事の厳しさにも触れて、何でうまくいかないのかと思いながら日々を過ごしている方も多いと思います。

シバッタマン

大学生や高校生を卒業し、社会人の人付き合いが始まる20代の大卒には、人との関わりで悩む方が多くいます。

大学や高校を卒業したのに、社会貢献できない仕事では意味がないと悩み、発達障害の仕事選びへの転職活動に自らブレーキをかけているのです。発達障害の仕事選びは、普段の生活からは働いている姿が見えにくいため、社会貢献のイメージが少ないかもしれません。

人にはそれぞれ個性や特性があり、自分の能力をフルに発揮することが、一番で最大の社会貢献になります。

社会を支えてほしい人材が多い20代の大卒だからこそ、自分に合う仕事を見つけて働く必要があるのです。

発達障害の一人で出来る仕事でも社会に貢献できる仕事はたくさんある

社会にもっと役立つ仕事がしたいと考えていても、社会貢献ができる仕事とはどういうものなのかが、明確になっていないという場合もあるでしょう。

社会貢献とは、社会の利益になる行動を指します。

シバッタマン

顧客に対して物やサービスを販売して利益を得るのではありません。誰かを助けたり感謝されたりすることが、社会貢献できる仕事です。

社会貢献は社会の利益につながる行動です。

感謝される、人助けになるといったことだけではなく、表面的にはわかりにくい行為でも、社会生活の安定や円滑化につながっていれば、社会貢献です。

また、社会貢献には2つの仕事があります。

社会貢献には2種類ある

「直接的な社会貢献」

「間接的な社会貢献」

直接的な社会貢献とは、ボランティア活動や寄付などですね。

間接的な社会貢献とは、直接的な利益はありませんが、関わることで最終的に利益が発生することを指します。

「仕事を通じた社会貢献」に関する調査では、仕事を通じた社会貢献に関して、関心のある人は「92%」ですが、実際に仕事を通じて社会貢献に取り組んでいる人は「24%」です。

発達障害の仕事選びでも自分に合う仕事を見つけて働こう

シバッタマン

20代は、多くの人が「今の仕事は本当に向いているのか」と考え直す年代です。

長く働いていると、その分会社の長所だけでなく、短所が目につきやすくなってきます。

「辞めたい」という勢いだけに任せて行動してしまうと、退職してから後悔する可能性もありますね。


不満に思う部分に改善の余地がある場合、まずは解決のために自分ができることを実践するのが大切です。


仕事がうまくいかない場合はスキルアップのために勉強をする、待遇に不満がある場合は上司に相談してみるなど、可能な範囲で状況を変える努力をしましょう

特に未経験の業界や職種に挑戦したいと考えている場合は、若いうちに転職したほうが得策といえるでしょう。

10~20代のうつ病の割合が急増している理由は発達障害の仕事選びも原因

気分が落ち込む抑うつ気分や、興味や喜びの減退などの症状が現れる「うつ状態(抑うつ状態)」がより悪化すると「うつ病」と診断されます。

今年7月~9月にアンケート調査を行い、上場企業221社が回答した。直近3年間で上昇率が最も高かったのは、10~20代。14年までは10%台で推移していたが、17年は27.9%となった。

シバッタマン

生産性の向上が求められている中、教育に時間をかける余裕がなくなっている。即戦力化が求められており、精神的負担を感じる10~20代が増えているのではないでしょうか。

近年、過労自殺や長時間労働に関する問題意識が社会的に高まっていることから、若手が“声を上げやすい環境”になったことも原因として考えられますね。

若年層のいわゆる現代型うつ病患者は自己愛傾向が強く、発達障害の仕事選びが出やすいという傾向があります。

発達障害の仕事選びのポイント1・自分のペースで一人で仕事ができる。

発達障害で自分のペースを崩されてしまう人は、人付き合いが必要最低限で済ませられる職場を探す必要があるでしょう。

シバッタマン

大きなチームで1つのプロジェクトを進めるような仕事の場合、他の誰かの仕事の進捗具合によって自分の仕事のスケジュールが左右することは多くあります。誰かのミスや遅れをチームメンバー全員でカバーするために、残業したり休日出勤したりすることもありますね。

上司や先輩が仕事のやり方に口出ししてくる職場や、マニュアルに従うことが絶対になっている職場では、自分のペースで仕事をするのは難しいものです。

仕事の進め方について他人にあれこれ言われることがストレスな人は、プロセスよりも成果が重要視される仕事が合っているでしょう。

発達障害の仕事選びのポイント2・他者との比較・競争をする機会が少ない

シバッタマン

他者との比較・競争をするのは大きなプレッシャーや職場のギスギスした雰囲気となります。発達障害の仕事選びは毎日のストレスから解放されるかもしれません。

発達障害で利益を追求する一般企業では、基本的に競争が生まれます。それが社会全体を良くしてサービス向上に繋がるからです。

しかしその中でも、競争が起きにくい仕事・業界というのは存在します。競争社会が嫌になった人は、おそらく全員「競争社会に対する疲れ」が原因でしょう。競争によるストレスやプレッシャーは計り知れない物があります。

発達障害で他社との比較・競争をする場合避けたほうが良い仕事

・ノルマのある仕事
・成果が給料に影響する仕事
・大企業
・同僚が多い職場
・ベンチャー系

発達障害の仕事選びのメリット4・一人で仕事ができると終業後の時間も自由度が高い

シバッタマン

終業後の時間も自由度が高いとンとオフの区別が明確であり、プライベートを大切にできるのがメリットです。

そのためワークライフバランスを取りやすく、多様な働き方が可能になります。

残業が当たり前という風潮がないことも、ワークライフバランスを取りやすい理由のひとつです。

残業がないことで充実したプライベートを過ごせるうえ、職場以外でスキルアップするための時間も確保できます。

また、終業後の時間も自由度が高いとミスをしたり、注意されたりしたときに落ち込んでしまう傾向のある人は、できるだけ気持ちを切り替えていくよう努めることができます。ミスは多少なりとも誰もが経験するものです。ただ残業ばかりだと気持ちの切り替えをすることが難しいです。

職場の強制的な飲み会などがない

飲めない、飲みたくないのに、お酒をすすめられたら断り切れない。

職場の人間による飲みニケーションの目的は、職場内の人間関係の改善やコミュニケーション不足の解消でしょう。良い仕事も良い職場も人とどう関わっていくかが肝心です。かくも重要な人とのつながりですが、良好な人間関係を築いていくことは簡単ではありません。

シバッタマン

そもそも飲み会に行きたがらないと嘆く声をよく耳にします。職場の飲み会に行きたくない人(53%)が、行きたい人(47%)より割合で上回っています

女性の場合は「仕事以外で職場の人と関わりたくないから」というのがもっとも多く(34.3%)、男性の場合は同じ回答でも10%近く少なめ(25.6%)でした。

「慣習行事なので仕方がない」とあきらめている人もいることがわかりましたが、一人で仕事をすることで解決をすることができます。

自分の趣味などに当てる時間ができる

「仕事で休みが取れず、行きたかったイベントに行けなかった…。」

「金欠でグッズやチケットの購入をあきらめた…。」

シバッタマン

自分の趣味などに当てる時間ができるには下記の条件が必要ですね。人と関わらない仕事ですと自由に時間を作ることができるので対応ができます。

自分の時間を取るには自分の望む働き方をしましょう。

自分の時間を取れる仕事にはいくつかの特徴があります。正社員にこだわらなければプライベートと両立可能な仕事の視野も広がるメリットもあります。

自分の趣味などに当てる時間ができる

・残業が少ない
・休みが取りやすい・有給消化率が高い
・ある程度の収入がある

発達障害の仕事選びのデメリット1・コミュニケーション能力が低下する

シバッタマン

自分のコミュニケーション能力がこんなにも下がったのかとビックリしました。うまい切り替えし、会話の引き出しが全く出てこないのです。

言語性の能力は主に、言語理解と言語表現に代表されます。入力と出力です。

人と関わらなくても、読書やテレビなどから言語刺激を受け取って理解する経験は出来ますから、ある程度であれば言語理解は保たれる可能性はあります。

他人と話さないと、感情や出来事などを的確に幅広い語彙を使って表現する機会はどんどん失われます。

チャットやメールをしていたとしても、即時性などが実際の会話能力とは違う質のものなので。それに自分でも話すのが下手だと自信を無くしてしまうと、拍車をかけてしまいますよね。

発達障害の仕事選びのデメリット2・機械的な仕事が得意

ライターデザイナーなどは、人と接さない仕事として人気があります。


多少の打ち合わせやメールのやり取りなどは発生しますが、基本的には直接顔を合わせることなく仕事の進行が可能です。

発達障害の仕事選びのデメリット・機械的な仕事が多い
  • システムエンジニア
  • プログラマー
  • Webデザイナー
  • Webライター
  • データ入力
  • 翻訳
  • 音楽・映像制作

その他にもWEBサイトが使いやすいようにHTMLやCSSを使う仕事もあります。

配置や操作性を考えながらデザインします。特に資格が必要なわけではありません。仕事を請けるとなると、それなりの経験や知識は必要になってきます。WEB業界での実務経験がある方が望ましいでしょう。

発達障害の仕事選びのデメリット3・相談相手がいない

人に興味がなく、人と接する機会が減っていけば、周囲からも距離を置かれる存在になりがちです。

何でも話せる相談相手もできにくくなります。そのため、困ったことが発生したような場合に、誰にも頼れない状況に置かれてしまったりします。

体調不良で職場を休みたいときに連絡する人がいなかったり、仕事で嫌なことがあっても愚痴を聞いてくれる人がいなかったりなどの状況が考えられます。

また、他人と関わりたくない人は、いざ悩んで誰かの知恵を借りたくても、普段から人と交流を持っていないので頼れる人物がいません。

大きな悩みであるほど、誰かに助けてもらえないことの苦しみも大きくなり、辛い気持ちにさいなまれるようです。

発達障害の仕事選びのデメリット4・非正規雇用や障害者採用などが多い!正社員がない

シバッタマン

発達障害の仕事選びはいえ、まったくコミュニケーションを取らない仕事は正社員求人においてすくないです。。


直接人と話さなくても、電話やメールなどで連絡することはあり、業務上の報告や連絡、相談はどのような仕事でも発生します。その点を理解する必要はあるでしょうね。

ただ、発達障害の仕事選びでも、正社員として働くことができます。


先述した働き方改革に対する取り組みや、一人ひとりのワークライフバランスなどを考える企業が増加しているからです。

そういった企業の中には、在宅勤務を承認したり、在宅勤務での従業員を募集したりしているところもあります。正社員として働けるため、給与や福利厚生なども整っているのが魅力です。

きちんとした収入を得たいなら会社に出社しなければいけないという概念は、時代が進むにつれて、徐々に変化しつつあるといえるでしょう。

発達障害の仕事選びのデメリット5・スキルが身につかない

シバッタマン

学歴に関係なく、発達障害の仕事選びをすることは可能です。工場作業員やドライバーなど、学歴を問わず就業できる仕事はあります。

大卒の場合は大企業や好条件の会社に就職経験がある方も多く、転職先にも同等レベルを求めるケースが少なくありません。

一般的な大卒レベルの条件で発達障害の仕事選びを探すなら、専門スキルや資格が必要なこともあるでしょう。

 プログラミングや翻訳などの専門スキルがあれば、在宅勤務が可能な企業もあるでしょう。

 また、人数が少ない部署や、コミュニケーションツールがメールやSNSに統一されている会社であれば、特定の方としか関わらずに仕事ができる可能性もあります。
「人と関わらない」と一口にいっても、人によって許容範囲が違うため、まずは自分のボーダーラインを決めましょう。

発達障害の一人でできる仕事内容や給料など

発達障害の一人でできる仕事1・WEBデザイナー

WebライターはWebメディアなどに掲載される文章を書く仕事です。Webライターには正社員として働いている人もいますし、近年ではクラウドソーシングなどを利用してフリーランスや副業として働いている人も多いです。

 Webライターもクライアントと打ち合わせで人と関わることのある仕事です。

 また、仕事内容に取材やインタビューが伴うこともあります。しかし、クライアントとの打ち合わせやインタビューはビデオ通話などで行われることも多いので、人と関わることは最低限な仕事だといえます。

発達障害の一人でできる仕事2・WEBライター

シバッタマン

Webライターは、まったく人に会わず、全ての作業を完結することができる仕事です。外に出たいけど出れない問題については、私の働き方にも原因があるのですが、とりあえずWebライターは、まったく人に会わなくてもできる仕事、ということができます。

直接人に会わないだけで、人に関わらないというわけではありません。企業や個人と契約したり、誰かから仕事を受注したりしている以上は、必ずその人たちとの繋がりが発生します。

Webライターに限らず、Webデザイナーや漫画家など、ほとんど人に会わないようなあらゆるジャンルの職業にいえることです。

直接、顔と顔を合わせたり、話したりする機会が極端に少ない仕事でも、人との関わりや必要なコミュニケーションがすべて無くなるというわけではありません。

発達障害の一人でできる仕事3・データ入力

シバッタマン

「データ入力」で検索すると、「電話応対あり」の案件と「電話応対なし」の案件が表示されます。

 電話応対ありの案件は、コールセンターの受付などのように、電話応対をしながら情報を打ち込むなど、データ入力以外にもメインの業務がある仕事が多いようです。

静かな環境で集中してデータを入力したい場合は「電話応対なし」の案件に応募するとよいでしょう。 「電話応対なし」の場合、時間帯を問わずに仕事ができるため、シフト制で深夜に働くことができるものや、在宅勤務可の案件などもあります。

 そのため昼の時間忙しい方でも働くことができます。ある程度PCスキルあり、ブラインドタッチができるのであれば、通勤するよりも自宅で働く方が効率的かもしれません。そういった場合は在宅のデータ入力に応募するというのもひとつの選択です。

発達障害の一人でできる仕事4・翻訳

シバッタマン

翻訳者の仕事というと、外国文学を訳す仕事を思い浮かべますが、圧倒的に多いのはビジネスに関連したマニュアルや契約書です。そのため輸出で成り立っている日本では需要の多い仕事になります。

 ほとんど部屋にこもりきりで仕事をし、打ち合わせもメールでやりとりするため、人間関係のストレスも少なく、人とかかわるのが苦手な人には向いている仕事です。

般的に翻訳家と言うと、代表的なのは文芸翻訳ですが、そのなかでもSFやミステリーなどがあり、そのほかにも科学や歴史などの学術書の翻訳、絵本の翻訳、ビジネス書の翻訳、雑誌の翻訳など他にもいろいろあります。

もし翻訳を仕事にしようとするのであれば、自分の得意分野を持っていることが大切です。そうしたことも考慮した上で、翻訳家としての雑学知識があり、日本語の表現力もある人は翻訳の仕事に向いています。

発達障害の一人でできる仕事5・動画編集(YouTubeなど)

シバッタマン

動画編集作業も一昔前であれば動画編集はテレビ局などと提携している制作会社がおこなうものです。
現代は個人で動画を制作し、発表する時代です。

 フリーランス向けの案件が豊富にあるばかりか、自分でもYoutubeなどに動画をアップロードします。

 収入を得ることができます。動画編集に使うソフトウェアとある程度のスペックを持ったパソコンが必要ですが、逆をいえばそれさえあればすぐにでも始めることのできる人と関わらない仕事の1つです。

動画編集をすることができるソフトは色々とあります。

ィンドウズのムービーメーカー、Adobeプレミアなどが挙げられます。ムービーメーカーはウィンドウズ搭載パソコンならば基本的に実装されています。Adobeは購入する必要があります。

専門的なソフトが必要になる場合は自分に合ったもの、必要としている機能があるものを購入する必要があります。

発達障害の一人でできる仕事6・投資家(株・FX・仮想通貨など)

シバッタマン

専業投資家と似た言葉に兼業投資家がありますが、兼業投資家は会社勤めなど仕事をしながら、個人投資家として副収入を得ようとする人のことです。

専業投資家と似た言葉に兼業投資家があります。

兼業投資家は会社勤めなど仕事をしながら、個人投資家として副収入を得ようとする人のことです。

専業投資家は、株式や外貨など金融資産への投資活動だけで、生活に必要な収入を得ることを意味するのです。

 専業投資家の仕事は会社勤めをせず、自宅でインターネットさえ利用できれば実現します。会社での人間関係が必要ではないので、コミュ障向きだと言えるでしょう。

また住む場所についても、自由度が高まります。

 人との関わりを少なくするという面から、快適な場所を探せるのが専業投資家のメリットです。地方など住宅費の安い場所を選べば、生活に必要な資金が圧縮できます。投資で稼がなければならない生活費を、減らすことが可能です。

発達障害の一人でできる仕事7・アフィリエイト、ブログ

シバッタマン

人と関わらない仕事で紹介するのが、アフィリエイトです。私自身もアフェリエイトをやっていますが本当に人と接することはないですね。

アフィリエイトは、自分のサイトやブログに広告を貼り、広告の商品を買ってもらえると紹介手数料がもらえる仕組みです。

 広告はクリックされるだけでももらえるものがあります。

 アフィリエイトの良いところは、好きな時に、好きな場所で作業できることです。また、一度作ったサイトやブログをほっておいても、そこからお金を稼ぐことができます

常に自分が働いている必要はなく、自分の変わりにサイトやブログが働いて、お金を稼いでくれるのです。これが、アフィリエイトの良さと言えるでしょう。ただし、誰でも参加できやすく、参入障壁が低いのですが、稼げるまでに苦労します。最初はなかなか簡単に稼げないので、諦める人も多いです。

発達障害の一人でできる仕事8・校正・校閲

校正と校閲は同じ仕事に見えますが、細かく見ると異なります。

 校正は、文法上のミスや文字、漢字の単純な間違いを見つける仕事です。

 校閲は、事実確認や時代考証を行い、文章全体の内容に間違いがないかを探します。

 業務内容は異なる二つの仕事ですが、企業によってはこの二つをまとめて一つの仕事にしているところもあるので、応募の際は必ずチェックしましょう。

文章を読んで間違いを見つけるという点では同じ職業と言えます。

シバッタマン

校正・校閲の仕事に就くうえで特別な資格は必要ありませんが、文章を正しく読み、間違いを見つける能力が必要となります。

発達障害の一人でできる仕事9・プログラマー

システムエンジニアが作成した設計書に基づき、様々なプログラミング言語を用いてプログラムを制作する仕事です。

Webサービスの構築はもとより、ゲーム制作やアプリの開発にも欠かせない仕事であり、設計書がある分、他者との関りは少ないです。

プログラマーにはテスターとも呼ばれる仕事で、開発中のゲームをプレイすることで、不具合がないかをチェックする役割を担います。

シバッタマン

バグなどの不具合をしっかり報告する必要はあるものの、1人でできる作業なので、ゲーム好きな人にはおすすめです。

その人の技術力と、プロジェクトによります。 技術力があり、仕様書がきちんとしていれば、殆ど話さずに製造が進むことができます。スキルの向上を図ったほうがよいでしょうね。

発達障害の一人でできる仕事10・システムエンジニア

システムエンジニアも1人でできる、人と関わらない職業の1つです。

この職業はシステムの設計や開発、テストを行うもので、基本的には1人で考えていき、人との関わりはありません。

プログラマーと似ていると言われることもありますが、内容は全くの別物であり、開発フェーズの上流工程と呼ばれる段階を任されることになります。

必要な知識や能力はネットワークのSEなのか、プログラミングのSEなのかなどで変わってきます。

また、SEへの就職を有利に進めるための資格があります。それが情報処理技術者試験です。これは経済産業省管轄の国家資格であり、それ相応の知識が求められます。また、情報処理技術者試験は数多くある情報処理に関する資格をまとめた総称のことです。

例えば、情報セキュリティーアドミニストレーター、上級システムアドミニストレーター、初級システムアドミニストレーター、テクニカルエンジニア、プロジェクトマネージャー、システムアナリストなどその種類は豊富です。

すべてをとらなければSEになれないというわけではなく、1つでもあればSEへの就職が楽になると考えるとよいです。もしこれから、SEになろうと考えている方は一度ご検討なさってみてください。

発達障害の一人でできる仕事11・工場作業員(ライン作業)

シバッタマン

工場作業員は、工場や製造業のライン作業・物流・ピッキング作業などがおもな仕事。
仕事を覚えるまでは、教えてもらう立場としてある程度人との関わりを持つこととなりますが、仕事を覚えてしまえば、もくもくと作業できます。

工場のライン作業は、ベルトコンベアに流れてくる製品や部品に対し、複数人で流れ作業をする仕事です。
複数人での作業ですが、自分の持ち場が決まっているため人と関わることは少ないでしょう。
ライン作業には複数の工程があり、「組立」「加工」「検品」「梱包」などに分かれます。軽作業から力仕事まで幅広く、希望すれば自分に合った工程で働くこともできるでしょう。

発達障害の一人でできる仕事12・新聞配達

シバッタマン

新聞配達は、朝もしくは夕方に新聞を配ります。車やバイク、自転車で担当エリアに新聞を配り、配達中はほとんど人と話しません。運ばれてきた新聞の荷下ろし、チラシの折り込み作業、朝刊・夕刊の配達などを行います。
アルバイトの場合は朝刊だけ、夕刊だけ、あるいは朝刊と夕刊の両方など、自分に合った勤務時間帯で働くことが可能です。。

新聞の荷卸しやチラシの挟み込みなど以外は、基本的に1人で配達を行います。配達時も直接の受け渡しはなくポストに投函するため、ひとりで働きたい!という方におすすめの仕事です。
 
アルバイトは基本的に新聞配達のみ、正社員は新聞配達の他に営業、集金や折込作業なども行います。

正社員だと、集金時にお客さんと話す場合があります。
 
また、天候に左右される点に注意が必要です。新聞配達だけなら一人でできる仕事ではあるものの、天気や気温に関係なく配達しなければなりません。

発達障害の一人でできる仕事15・清掃員

シバッタマン

清掃業は、決まった場所(住居・ビル・道路など)をクリーニングする仕事です。清掃員には、ビルやホテル、商業施設などの清掃員・特殊清掃員・家事代行など複数の種類があります。
チームで清掃する場合もありますが、過度なコミュニケーションは必要ありません。エリアを1人で担当することも多く、黙々と集中して作業するのが得意な方におすすめです。

清掃業は、決まった場所(住居・ビル・道路など)をクリーニングする仕事です。清掃員には、ビルやホテル、商業施設などの清掃員・特殊清掃員・家事代行など複数の種類があります。
チームで清掃する場合もありますが、過度なコミュニケーションは必要ありません。エリアを1人で担当することも多く、黙々と集中して作業するのが得意な方におすすめです。

清掃の対象は様々あり、ビルや商業施設の場合は、施設内のゴミの収集、床の掃除、トイレ掃除、などを行います。ホテルのような宿泊施設の場合は、チェックアウトから次のチェックインまでの人がいない間に、ベッドメイキングや消耗品の補充、トイレ・浴槽などの掃除を行い、客室を清潔かつ正常に整える作業を行います。

多くの場合は人がいないタイミングで清掃作業を行い、人がいるところで清掃作業を行う場合でも、周囲にいる人と積極的に話すことはないため、人と関わらずに仕事をしたい人には向いている仕事です。

発達障害の一人でできる仕事16・在庫管理、商品補充

シバッタマン

在庫管理の仕事はさまざまな業種において欠かすことのできない役割とされています。たとえば、雑貨店やアパレルショップ、家電量販店やスーパーマーケットなどは毎日のように注文品の入荷や品出し、出荷などがあるのです。そのため、在庫の数や状態を正しく管理する人がいなければ、店舗全体の業務がスムーズに進まなくなってしまいます。

在庫管理の仕事はさまざまな業種において欠かすことのできない役割とされています。たとえば、雑貨店やアパレルショップ、家電量販店やスーパーマーケットなどは毎日のように注文品の入荷や品出し、出荷などがあるのです。そのため、在庫の数や状態を正しく管理する人がいなければ、店舗全体の業務がスムーズに進まなくなってしまいます。

 また、在庫管理担当者の具体的な作業内容に含まれるものは店舗によって違う場合も珍しくありません。そのため、店舗の数だけ、それぞれで異なる商品管理の仕事が存在するともいえるのです。それから、在庫管理者が担当する業務の範囲は店舗に陳列された商品の管理に限定されるとは限りません。倉庫内で扱う商品や在庫を管理するといった業務もあります。特に、小規模のスーパーマーケットやアパレルショップなどの場合、店舗と倉庫、両方を総合した在庫管理業務が求められるケースもあるのです。加えて、入荷した商品の検品や棚卸しといった実際に商品に触れる軽作業から事務作業などのデスクワークまでが、商品管理の実務内容に含まれる場合もあります。

発達障害の一人でできる仕事17・ゲームクリエイター

ゲーム制作会社にとして就職するメリットとしては、ある程度の安定した収入が得られることと、経験とスキルに応じて長期的なキャリア形成が可能なところです。

アルバイトやパートの場合は、ゲームクリエイターを目指す学生やゲーム制作の経験がある主婦、アルバイトから正社員を目指す人などさまざまです。

しかし、アルバイトやパートの場合は採用のハードルが正社員よりも低いため、チャレンジしやすいと言えるでしょう。

ゲーム制作ではプロジェクトに応じて外注を使うケースが多く、派遣のゲームクリエイターの需要が増えています。

派遣の場合は即戦力になる人材が好まれるため、派遣会社へ登録する際には経験やスキルをしっかりと伝えましょう。

フリーランスのゲームクリエイターは自分で仕事を受注する必要があるため、経験と実績が重視されます。

発達障害の一人でできる仕事19・商品梱包、検品

検品は、工場で製造された商品に不備や欠品がないかをチェックする仕事です。工場で製造された商品は、最終的に客先や店舗、他の工場などに出荷することになり、不備や欠品があるとクレームにつながってしまいます。そのため、多くの工場では、必ず検品を行って自社の製品に不良や欠品、異物が混入していないかどうかなどを確認し、品質を一定に保つようにしているのです。検品は工場で製品を作っている会社にとって、欠かすことのできない業務といえるでしょう。

どのような形で検品が行われるのかというと、一般的にチームごとに担当を振り分け、ベルトコンベアに乗って運ばれてきた商品などに不備や欠品、異物が混入していないかなどをチェックする方法が多くなっています。既に梱包されている商品の伝票で内容表示や行先表示に間違いがないかを調べるなどの作業も検品スタッフの仕事です。

発達障害の一人でできる仕事20・アンケートモニター

アンケートモニターはアンケートへの回答、レビューの記入、指定されたサービスへの会員登録などでポイントを貯めく仕事です。

 貯まったポイントは他のポイントや現金に交換することができます。

データ入力と同様に、簡単に始められますが大きな収益を得るのは非常に難しいです。隙間時間などを利用して、お小遣い稼ぎをする程度に留めておいた方がいいでしょう。

本業でなるべく人と関わらない仕事に転職したいと考えたら、本記事に記載している他の職業から気になる仕事を探してみましょう。

【発達障害アスペルガー】一人で出来る仕事でも手に職がつく

発達障害の一人で出来る仕事1・システムエンジニアがおすすめの理由

システムエンジニアは、クライアントの要望や課題をかなえるために、ソフトウェアの設計書を作成することです。

作業自体は1人でできますが、ヒアリングのためにクライアントに会ったり、業務を分業することが多いので会議は多いです。

シバッタマン

私自身システムエンジニアでしたが、システムエンジニアは幅広い職種があります。顧客と仕様を決めたり、営業と一緒にプリセールスをする仕事は社内でのネットワークつくりや、ときには接待などにも付き合わなければなりませんでした。ただ、システムエンジニアにも幅があります。特に保守系のシステムエンジニアであれば人に関わらずに仕事ができると思います。

システムエンジニアでの仕事の多くはプロジェクト形式であり、様々な職種が業務を分担することで成立しています。

そのためミーティングやブレインストーミングといった対人業務が発生するのが通常です。

発達障害の一人で出来る仕事2・プログラマーがおすすめの理由

シバッタマン

私自身システムエンジニアでしたが、プログラマはより人と関わらない仕事が多いですね。

プログラマーの仕事は、コンピューターを稼働させるプログラム言語を使って様々なシステムを作る仕事です。

コミュニケーションができる人ほど人気で単価も高くなります。人と関わらなくても仕事をもらうことは可能でしょう。

その場合は下請け作業のような形になります。

一般的な会社員でもプログラマーは他の人とあまり関わる必要が低いです。

在宅になれば納品時やトラブルなどの対応時以外は、ほぼ人と関わることはないでしょう。

未経験からプログラマーを目指すなら、スクールに通うことが最短のルートです。

専門的な知識を身に付けるため、独学だとかなり時間もかかり、挫折する方がほとんどです。

発達障害の一人で出来る仕事3・WEBデザイナーがおすすめの理由

シバッタマン

Webデザイナーは、Web上のページをデザインする職業です。クライアントから発注を受け、要望に合わせて自分でデザイン案を作成していきます。

最低限の納期を守れば、自分のペースで作成ができ、自分のセンスで作成をしていくことができるため、やりがいも感じられる人気の職業です。

Webデザイナーには、インハウス、広告代理店・制作会社勤務、フリーランスの3種類があります。

インハウスは企業に所属して自社Web制作を行い、広告代理店や制作会社勤務の場合はクライアントのWeb制作を行います。

これらの2つは出社が必要なことや、案件によっては長時間の勤務を要されることがあります。

一方フリーランスは、個人でデザインを引き受け自分の条件とクライアントに合わせて制作をするスタイルです。そのため、スケジュールが一定期間とれなくても自分のペースで進められます。一方、収入が不安定になりやすいというデメリットもあることに注意しましょう。

発達障害の一人で出来る仕事の特徴

発達障害の仕事選び特徴1・すでに成功している人が多い

シバッタマン

発達障害の仕事選びとノルマ未達・納期遅れ・情報漏洩などが起きてしまうと、報酬が支払われなかったり、信頼度が下がって仕事がなくなってしまったりと、直接ダメージを受けるでしょう。

今から個人事業主になるとしてもおすすめしたシステムエンジニアやWEBデザイナープログラマーが多いかと思います。在宅で仕事をすることができますし、高収入も狙えます。すでに成功している人では一番多いのではないのではないでしょうか。

ただ、個人事業主の場合は損害賠償を請求される恐れもあります。トラブル解決・裁判の手続きなども自分でおこなわなければならないため、何かあった場合の責任は重大です。

発達障害の仕事選びは正社員の求人が少ないため転職サイトを利用するのがおすすめ!

どうすれば発達障害の仕事選びが出来るのだろうか」と悩んでしまいますよね。

発達障害の仕事選びを探すには、まずは人とのかかわりが薄い仕事を探していくことが大切です。

関連ページ:【Dodaチャレンジの評判】へ内部リンク

発達障害の仕事選びのまとめ

シバッタマン

発達障害の仕事選びの種類や具体的な職業、メリット・デメリットをご紹介してきました。

発達障害の仕事選びには転職エージェントの利用は、以下のような理由からおすすめです。

  • 発達障害の仕事としての具体的な就職活動の方法を教えてもらえる
  • 発達障害の仕事としての企業や業務内容に関するくわしい情報を聞くことができる
  • 発達障害の仕事としての希望を伝えて、自分に合った仕事を紹介してもらうことも可能

発達障害の仕事としてのエージェントに相談した場合、プロの就職アドバイザーが担当するため、仕事選びだけでなく就職(転職)活動の効果的な方法などもアドバイスしてもらうことができ、成功の可能性が高まります。

「この企業やこの仕事にはどんな特徴があるのか」ということをくわしく教えてくれるため、発達障害の仕事としての仕事をするうえでの具体的なイメージも、事前につかみやすくなります。

発達障害(ADHD)の仕事選び!一人でできる仕事がおすすめ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします
オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次