MENU

ADHDはなぜ頭の回転が速い・天才的?優秀といわれる理由と原因?

DHDは天才的?頭が優秀で頭がよく回転が速いといわれる理由と原因?

ADHDは発達障害の一種として知られていますよね。ADHDには、別名「天才病」とも言われる一面があります

昔は「ちょっと落ち着きのない子」「ひどく忘れっぽい子」として認識されていました。

いつも新しいことに興味を持っていて、自由研究や図工など独自性やアイデアを生かすような課題を与えたときに、大人も驚くような素晴らしいものを作ってくることもあります。それでもまだまだ誤解や偏見は多く、当事者や家族の悩みが尽きることはありません。

シバッタマン

また「イノベーション」という型にはまらない新しい発想を必要とする分野では、ADHD人材が活躍していることが多いというのをご存知でしょうか

目次

ADHDはなぜ頭の回転が速い・天才的?優秀といわれる理由と原因?

ADHDは天才的?なぜ頭の良さ!回転が速いといわれる理由?

なぜ頭の回転が速い天才肌が多いといわれるの?

ADHDが天才的といわれる理由を下記にしめします。必ずしもあてはまるわけではありませんが、傾向としてあります。

ADHDが天才的といわれる理由は

①集中力の持続が困難で、不注意やケアレスミス、忘れ物や落し物が多かったり、やらなければいけないことを忘れてしまったりします。

②「多動性」といって、動きが多くて、落ち着きがないこと。子どもの場合はいつもはしゃいでいる感じなのですが、大人は細かい動きが多くなる傾向があります。

③「衝動性」といって、考えずに物事に反応してしまうという点が挙げられます。たとえば、欲しいと思ったら反射的に買ってしまったりというようなことですね。

ADHDを頭の回転が速い天才といわれる理由①:好奇心が強く外交的

ADHDの人は、勉強の方法が他の人とは違います。

でも、決して知識欲がないわけではないのです。

もともと好奇心が強くて、目にとまったあらゆる物事について調べ尽くそうとする。人との交流が上手なのは、どんな相手にも興味を抱くからなのです。

ADHDを頭の回転が速い天才といわれる理由②:疲れない

並外れたエネルギーを貯えている。他の人が疲れてくる頃に、第二の波がやってくる。

ADHDを頭の回転が速い天才といわれる理由③:説明が上手

自分をコントロールできていないときは、何か問題が起きます。これはADHDの人自身がよく知っているはずなのです。

衝動的な行動について謝り、自分の症状について説明する場面にこれまで何度も遭遇してきています。そのおかげでなのか高いコミュニケーション力が身についた方も多いようですね。

ADHDを頭の回転が速い天才といわれる理由④:人の気持ちに共感できる

ADHDを公言した途端に、変な目で見てくる人は確かに多いです。

シバッタマン

そのせいでつらい経験をたくさんしてきた。もちろん、仲間はずれにされたこともある。パワハラももちろんされたし辛いことは多かったよ。とてもね。

僕たちの脳は、人よりも少しパワフルです。コントロールが難しいだけなのです。ただ弱い立場にいる人の気持ちが分かるようになったからね。

ADHDを頭の回転が速い天才といわれる理由⑤:好奇心が強い

衝動的な性格は、時に問題を引き起こすけれど、刺激的な人生を送れるという点では魅力的だと思う。

失敗を怖がりすぎて身動きが取れなくなる人は多いからね。

シバッタマン

世界的に有名な成功者は、今の地位にたどり着くまでにたくさんのリスクを負ってきてるはずなのです。リスクへの警戒心がそれほど強くないから、新しいチャレンジにもあまり恐怖心を持たないこともあります。

ADHDを頭の回転が速い天才といわれる理由⑥:情熱的

頭の中がグチャグチャだって言われるけど、つねにそうだとは限りませんね。

何かひとつのことにすごく集中するときもあるのです。興味のある物事に出会えば、そのスイッチが入る。他の一切を遮断して、目の前のことだけに取り組む。その間は全然疲れないから、夢中になって何時間でも続けられます。

ADHDを頭の回転が速い天才といわれる理由⑦:逆境には慣れているためか強い

つらいハードルを乗り越えてきた過去があるからこそ、人としての器も大きくなるし、リーダー的存在にだってなり得ることもあります。

ADHDを頭の回転が速い天才的に活かすためにはどうすれよい?

「大人物」や「有名人」「アイデアマン」の中にはADHDと診断されている人が少なからずいるのをご存知でしょうか。

例えばスポーツ選手ですと、イチロー選手、長嶋茂雄選手、米津玄師さんなどが有名ですよね。ADHDという障害を「イノベーション人材」ととらえて積極的に採用しようと取り組んでいる企業もあるくらいです。

シバッタマン

これからのIT企業でも発達障害の人の採用が増えていくと思います。自分の苦手な部分をしっているが、得意なことにも中秋させればとんでもない天才的な才能を発揮するのです。

このような独創性を生かして仕事をしてもらうためには、まずADHD人材の特徴を理解して採用する必要があります。

ADHDを頭の回転が速い天才的に活かすため特徴①:じっとしていられない

ADHD人材はイノベーションの原石であって、イノベーションの天才ではありません。

ADHD人材は不注意(集中力がない)、多動性(じっとしていられない)、衝動性(すぐに行動してしまう)などという特徴を持ち合わせています。


皆が座って講義を聴いている中ひとり歩きだしてしまうことや、「考えてから口に出す」ということができず思ったことをすぐに口に出して、思いついたら場所や時間関係なく試し始める可能性が高いのです。


また忘れ物が多く、納期や期日を守れなかったり時間に遅れたりします。共感性の乏しさを指摘されることもあります。
そして、ディスクレシアと呼ばれる「文字を読む能力」に問題が出る場合もあります。

シバッタマン

ADHD人人材が本来の能力力を発揮するためには、周囲からの理解やストレスの減少など を発揮するためには、周囲からの理解やストレスの減少など、環境を整え
る必要があります。
せっかく採用した人材をつぶしてしまわないために、私たちにできることは何でしょうか。

ADHDを頭の回転が速い天才的に活かすため特徴②:周囲からの理解をられる環境つくり

ADHD人材は集団行動の中では目立ってしまうということはよく聞きます。本人の努力が報われないため、病気に対して周りの理解がない状態では、本人につらい想いをさせてしまうことになります。

本人及び周りのサポートと創意工夫が大切です。

シバッタマン

ADHD人材がつらい思いをしてしまう原因は「ADHD人材には苦手なことがある」というところです。


外見上は健常者と全く変わらないことからではあります。

よって、「本当に病気なのか」「ただ怠けたいだけなのでは」と思われてしまいがちです。

他の人からは「わがままを許している」「あの人だけ特別扱いされている」と思われて孤立してしまう可能性があります。

「何でもいいからできるようにしろ」とプレッシャーをかけるとストレスが溜まり、時には二次障害でうつ病や不安障害になってしまうこともあるのです。


そのような状況では本来の能力を発揮することは難しいでしょう。

皆がやっているからといって苦手なことをやらせようとすると、本来の能力を発揮できなくなってしまうことがあります。
できないことはどんなん頑張っても「できない」のです。この点は理解する必要がとても重要になります。

天才・頭の回転が速いと呼ばれるADHD

天才と呼ばれるADHD

ADHDを持つ人の中には、大人物として成功をおさめ、世に名を遺す人も少なくありません。


古い時代には病名の正確な診断がされていませんが、ピアノの天才と呼ばれたモーツアルトや相対性理論を構築したアインシュタインや、発明王エジソンも、行動や性格の記述からADHDだったのではといわれています。

ADHD公表は本人の自由

ADHDという病名が広く知られるようになりましたが、公表するかどうかは本人の状況や意志にか
かっています。
幼少期に診断されることが多くなった現代では、ADHDを持つ有名人・著名人の中には「自分はADHDである」と公表している人も多くいます。

まとめ:頭の回転が速い

ADHDというと障害とかんじてしまい暗くなることもあるかもしれません。その分優れたところも沢山あります。長所と考えて生きていくのが大切です。

DHDは天才的?頭が優秀で頭がよく回転が速いといわれる理由と原因?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします
オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次