MENU
皆様疲れていませんか?精神疲労・発達障害者の方々が日々で悩んでいる皆様の精神疲労を解決するメディアです。

【発達障害退職伝え方】ADHDの退職理由や仕事辞める・辞めたい場合の方法

当ページのリンクには広告が含まれています。

【発達障害退職伝え方】に関心があるあなたは、発達障害を抱えながらも退職を決断し、円滑に手続きを進める方法を見つけたいとお考えでしょう。

しかし、退職の意志をどのように伝え、周囲への影響を最小限に抑えるかが分からず、悩んでいることかもしれません。

この記事では、発達障害を持つ方が退職をスムーズに進めるための具体的な解決策を提案します。

 心療内科の受診から診断書の取得、上司への相談、引継ぎ、退職後のサポートまで、包括的なアプローチを取り入れることで、退職プロセスが円滑に進むことを約束します。

この解決策は、発達障害の専門家や経験者からのアドバイスや発達障害である私の体験談を基にしており、効果を実感しています。

 この記事を参考にして、あなたも退職を適切に伝え、新たな人生のステージに進む準備が整った未来を手に入れることができるでしょう。

シバッタマン

やはり退職するしかない、そんなときにも、様々な支援の仕組みは整っています。そのようなあなたのためのお役立ち内容をまとめました。

退職後はまず、治療に専念することが重要です。様々な不安から再就職への行動を起こしたくなってしまいますが、完治とまでいかなくても、寛解するまでは家で休養しつつ、通院、服薬など適切な治療を受けましょう。

シバッタマンの紹介
シバッターマン
シバッターマン

仕事を今すぐに辞めたいと感じている方に退職本人に代わって退職手続きを代行するサービスがあります。
こちらから詳細を確認しましょう。

目次

【発達障害退職伝え方】ADHDの退職理由について

発達障害の種類や特徴

発達障害の種類や特徴があります。

発達障害の種類と特徴
  • 注意欠陥・多動性障害(ADHD):注意力が散漫で、衝動的な行動や多動性が特徴です。
  • 自閉症スペクトラム障害(ASD):コミュニケーションや社会性に困難があり、特定の興味や行動パターンに偏りがあることが特徴です。
  • 学習障害(LD):読み書きや計算などの学習能力に困難があることが特徴です。

これらの障害は、個人差が大きく、症状の程度や表れ方は様々です。

シバッタマン

また、複数の障害を併発することもあります。発達障害は、適切な支援や理解があれば、社会生活を送る上で困難を克服することができます。

退職を考える理由とタイミング

シバッタマン

私は発達障害になり2次障害で鬱になり退職代行で会社をやめました

発達障害による退職を考える理由としては、様々なものがあります。

 例えば、仕事上の困難やストレス、人間関係の問題などが原因となることがあります。また、発達障害によるストレスが原因で、鬱病気などの2次障害が発症することもあります。

退職を考えるタイミングは、個人差があります。

 自分自身の健康状態や仕事上の困難、今後のキャリアプランなどを考慮して、適切なタイミングを決定することが重要です。

【発達障害退職伝え方】ADHDで仕事辞める・辞めたい場合の診断書

【発達障害退職伝え方】ADHDの退職理由や仕事辞める・辞めたい場合の方法

1・診断書の役割と作成方法

仕事による発達障害(ADHD)は、退職や転職によって改善されることもしばしばありますが、職場をそう簡単に辞められないという方は多いのではないでしょうか。

辞められないという使命感やプレッシャーが、さらにうつを進行させる原因にもつながるため、早い段階で気持ちを軽くすることが大切です。

自己判断でうつ状態、あるいは発達障害(ADHD)と決めつけるのは良くないことです。

シバッタマン

休職時には、医師の診断書を必要とする場合が大半ですし、様々な保障を受ける際にも医師に記入してもらう書類があります。適切な診断のもと適切な治療を受けることが、状態の改善の近道です。

「少し休めば治る」などと考えずに、心療内科や精神科を受診し、専門医の判断のもと治療を行いましょう。発達障害(ADHD)を理由にスムーズに仕事を退職するには、まずは医師に“診断書”を発行してもらいましょう。

医師に「診断書を発行してほしいです」と相談してみましょう。 そこで医師が「診断書を発行することができる」と判断した場合に、発行してもらうことができます。

診断書とは、発達障害(ADHD)などで学校や会社を休む際に必要となる書類です。 診断書と一口に言っても、クリニックの書式で作成する休業や配慮に関する診断書は即日発行可能です。

発達障害にも複数の種類があることはご存じでしょうか。こちらの記事では発達障害の適職診断について解説した記事になります。あわせてご覧ください。
【発達障害グレーゾーン適職】ADHD適職診断も検査??

伝え方手順2・診断書を活用した退職の進め方

発達障害(ADHD)や抑うつ状態による休職手続きを行う際には、多くのケースで必ず医師の診断書の提出が求められます。

そのため、まずはどのような状況なのか医師に説明して、体調不良により仕事に支障が出ている仕事の続行が難しい旨を伝える必要があります。

かかりつけの心療内科や精神科がない場合は、勤務先の産業医への相談を検討しましょう。

シバッタマン

休職時には、医師の診断書を必要とする場合が大半ですし、様々な保障を受ける際にも医師に記入してもらう書類があります。適切な診断のもと適切な治療を受けることが、状態の改善の近道です。

デスクのような他の社員に話を聞かれる可能性がある場ではなく、必ず個室で行うようにします。

【発達障害退職伝え方】上司へ仕事をADHDで辞める・辞めたいの伝え方

【発達障害退職伝え方】ADHDの退職理由や仕事辞める・辞めたい場合の方法

退職したい意向を伝える

まずは会社に対して退職の意向を伝えましょう。

精神的に限界で退職する場合においても、退職理由は「一身上の都合により退職」としておけば問題ありません。

退職届や退職願に書く文章は定型文となりますので、下記の例文を確認しておきましょう。

退職したい意向を伝える

一身上の都合により、来る令和◯年◯月◯日をもって退職いたしたくここにお願い申し上げます

たとえ本人が精神的に限界でも、人員不足などにより会社側が引き止めをすることは珍しくありません。

 引き止められた結果、体調不良で入院ということになってしまうと、会社側にも迷惑がかかってしまうため誰の得にもなりません。職するという手もありますが、在籍していること自体が精神的に辛いのであれば無理に休職を選ぶ必要もありません。あくまでも自分の精神面を第一に考え、無理のない選択をするようにしましょう。

休職制度や有休などの利用可能な制度の確認

条件を満たしていれば、勤務開始から半年で年次有給休暇が取得できます。では発達障害(ADHD)になったとき、有給休暇を使ったあとに休職できるのでしょうか。

結論からいえば、使えるかどうかは会社に休職制度があるか、どのような制度になっているのかによります。もし制度がない場合は退職を余儀なくされることもあります。

シバッタマン

自社において休職制度が存在するのかどうか確認することが必須です。休職制度は、上記のとおり企業の自主的制度であるため、その制度設計も企業の自由です

休職要件・期間・復職事由・復職の処理などは各企業により異なりますが、多くの場合、就業規則に「どのような場合に従業員の休業が認められるか」を記載された箇所があるはずです。制度利用にあたり、その内容をある程度把握しておくべきでしょう

【発達障害退職伝え方】ADHD退職方法と手続き

【発達障害退職伝え方】ADHDの退職理由や仕事辞める・辞めたい場合の方法

自己都合退職と会社都合退職の違い

自己都合退職とは

発達障害(ADHD)で退職したら、自己都合退職になるか会社都合退職になるかが重要です。

自己都合退職になった場合、失業保険の受給開始時期を2ヶ月間も延長されてしまいます。

失業保険ではすべてのケースにおいて申請後7日間の「待機期間」が適用されますが、その後は自己都合退職か会社都合退職かで支給開始時期が異なります。

会社都合退職なら7日間の待期期間後すぐに支給が開始されますが、自己都合退職の場合にはさらに2ヶ月間の給付制限期間が適用されてしまうのです。

従業員が退職すると会社はハローワークへ届け出をしますが、このとき「自己都合退職」としてしまうケースが少なくありません。そうなったら、その従業員は2ヶ月経たないと失業保険をもらえない可能性が高まります。

また自己都合退職になると、受給日数も短くなり総支給額も大きく減額されてしまいます。

発達障害(ADHD)で退職したのに「自己都合退職」と報告されたら、従業員が自らハローワークへ申請することによって会社都合退職にしてもらえる可能性があります。

会社都合退職とは

シバッタマン

以下のような場合であれば、発達障害(ADHD)による退職が会社都合退職になります。ハローワークに相談してみてください。

会社都合退職になるケース
  • パワハラによって二次障害になった
  • 退職勧奨を受けた
  • 長時間労働で二次障害になった

証明する資料をもってハローワークへ行きましょう。上司から届いたメールや指示書、シフト表、営業日報の写し、給与明細書、退職勧告の通知書や録音データなどが証拠となります。

発達障害(ADHD)で離職した場合、会社都合退職でなくても給付制限期間を適用されない可能性があります。傷病による離職者は「特定理由離職者」となるためです。

シバッタマン

特定理由離職者扱いになると、自己都合退職であっても2ヶ月の給付制限が適用されず、給付日数も会社都合退職と同じになります。

特定理由離職者であることを証明するには、医師の作成した診断書などの医療記録が必要です。

退職届の提出方法と注意点

シバッタマン

特定理由離職者扱いになると、自己都合退職であっても2ヶ月の給付制限が適用されず、給付日数も会社都合退職と同じになります。

会社から強くせまられて仕方なく提出した場合の「退職願」は取り消しができます。

会退職届の提出で取り消しできるケース
  • 民法96条には、「強迫を受けて行った意思表示は取り消しができる」と規定されています。つまり、会社と従業員との間で退職について合意した場合でも、その合意が会社から半ば強制的にほとんど無理やり合意にもっていかれたという場合には、「退職についての合意」は取り消すことができます。
    「強迫」とは「他人に対し暴行・監禁あるいは害を加える旨の告知をしたり、さらにこれらの行為(暴行・監禁あるいは害を加える旨の告知)の組合せによって人に恐怖を抱かせ、その行為を妨げること」です。

【発達障害退職伝え方】ADHDで仕事辞める場合の仕事の引渡しとサポート

【発達障害退職伝え方】ADHDの退職理由や仕事辞める・辞めたい場合の方法

引継ぎの手順とポイント

シバッタマン

うつで退職を考えるときと病気以外の退職では、体調や業務遂行能力に大きな違いがあります。起き上がることや家から出ることも難しい中で、がまんして引継ぎをこなすことはとても難しいです。

すべての業務を区切りよく終えることが理想的ですが、病気による退職はなかなかそうもいきません。

基本的には、退職の意思表示をしてから2週間後には会社との契約を解除することができます。

しかし、就業規則に引継ぎについての事項があれば、それに従う必要があります。

就業規則の「退職」について確認すること、退職について上司と相談する機会を持つことが必要です。

退職そのものには理由を説明する義務はありません。

会退職届の提出で取り消しできるケース

①後任がいない

②時間が足りない

③後任者とのスキルに差がある

つのときには全く引継ぎを行えないこともあります。

日頃から、自分以外が業務を理解しやすいように資料やメモを整理しておくと、いざというときにも安心です。



退職後のサポートや相談窓口(本人向け)

発達障害を持つ従業員が会社を辞めた場合、退職後のサポートや相談窓口があるかどうかは、個別の状況によります。会社側が退職後のサポートや相談窓口を提供する場合もありますが、必ずしもそうではありません。

シバッタマン

退職後のサポートや相談窓口がない場合でも、地域の障害者支援センターやハローワークなどの公的機関が、就労支援や相談窓口として利用できることがあります。

また、専門家や支援団体などに相談することもできます。退職後のサポートや相談窓口については、事前に確認しておくことが重要です。

就労支援の一覧については下記ページに記載しています。

【発達障害退職伝え方】ADHDで仕事辞める・辞めたい場合が出来ない場合の対処

【発達障害退職伝え方】ADHDの退職理由や仕事辞める・辞めたい場合の方法

退職代行サービスとは

退職代行の基本情報から確認していきましょう。退職代行とはその名の通り、利用者の退職をサポートしてくれるサービスです。

 もしくは、そのサービスを提供している団体を指している場合もあります。

 退職代行のサービスで行ってくれるのは、基本的に「退職を希望している旨」を利用者の変わりに勤務先の企業に伝えることです。

シバッタマン

もしくは、そのサービスを提供している団体を指している場合もあります。退職代行のサービスで行ってくれるのは、基本的に「退職を希望している旨」を利用者の変わりに勤務先の企業に伝えることです。

退職代行を利用とおすすめの2社

シバッタマン

本サイトではは退職代行EXITと退職代行ニチロ―の2つをお勧めします。

お勧め1位:退職代行EXIT

シバッタマン

メディアに取り上げられるなど、知名度の高さで人気の運営代行です。退職代行サービスの火付け役とも言えるのがEXITといってもいいのではないでしょうか。

転職エージェントのワークポートと提携
シバッタマン

 さらにEXITの強みは、転職エージェントの「ワークポート」と提携しているので、必要に応じて転職のサポートまで任せられることです。

今の会社に限界を感じ、退職代行サービスを利用したものの、次の就職先が決まっていないという人もいるかと思います。そんな人にはこのワンストップのサポートは嬉しいサービスですね。

 ちなみに転職サポートの利用は無料でできます。求人の紹介だけでなく書類作成のアドバイスや面接対策などもしてくれます。また、ワークポートに登録して転職が決定した場合、退職代行のサービス料金を全額キャッシュバックしてもらえるので、費用面でもかなり助かりますね。

2回目の退職代行の利用が1万円と格安
シバッタマン

EXITを利用して退職成功したあと、新たな会社で次の生活をスタートさせる人は多いかと思います。いい会社に出会い長く働けることを誰しも望んでいますよね。

しかし、中にはブラックな企業や、求人情報が嘘だったというようなトラブルもあります。EXITではそういう会社に再就職してしまった場合のサポートも用意されています。2回目以降の依頼については10,000円割引で対応してくれるのです。退職代行を何度も利用する状況にはなりたくないものですが、万が一のためにこういうサポートがあるのは心強いですね。

他には、EXITはメールや電話以外にLINEでの相談や依頼に対応しています。スマホ1つで簡単に退職完了できる手軽さも魅力のひとつです。24時間対応と明記されてはいないものの、「相談当日から対応可

お勧め2位:退職代行ニチロ―

【退職代行ニッチローの評判・口コミは失敗?】日本労働調査組合の評判・評価!弁護士は?

弁護士・社労士・税理士の専門家が対応

シバッタマン

退職代行ニチローを利用するメリットとして、上記の表に示したように、専門家がサポートしてくれることや幅広い視点からトラブルを解決できる点が挙げられます。

退職代行ニチローに提携する弁護士(前田 和希氏)、社労士(菅原 伸也氏)、税理士(岡田 泰氏)が顔写真付きでしっかり紹介されており、サービスの信頼性や安全性という面で安心感を感じる方も多いでしょう。

これらのメリットによって、利用者は安心して退職することができる環境を提供されています。

メリット説明
専門家がサポート弁護士・社労士・税理士と提携しており、会社とトラブルが発生した場合に迅速に対応してくれる
幅広い視点でトラブルを解決社労士や税理士と提携し、トラブル解決だけでなく、幅広い専門家と提携していることによって、さまざまなニーズに対応できるサービスを提供している

退職代行ニチローを利用するメリットとして、上記の表に示したように、専門家がサポートしてくれることや幅広い視点からトラブルを解決できる点が挙げられます。

これらのメリットによって、利用者は安心して退職することができる環境を提供されています。

アフターフォローが充実

シバッタマン

なんと退職代行ニチロ―は申し込みから1年間のサポートが可能です。これは他の退職代行サービスと比較しても非常にたかいですね。

退職代行ニチローでは退職後のフォローも行っています。二度と出社することなく退職できるのは、依頼者にとって大きなメリットでしょう。

退職後は、私物引き取りや離職票の受け渡しなどが必要です。

退職後勤務していた会社に行くのは心理的負担が大きいものです。

退職代行ニチローでは、依頼者から要望があれば私物や書類の郵送による受け渡し交渉も行います。

電話でのやりとりが必要な際は、それも退職代行ニチローで代行します。会社への返却物は郵送で返却可能です。

\ 今すぐ無料相談/

退職代行ニチロ―は下記でも詳しく紹介していますのでより詳しい情報を知りたいならご確認ください。

【発達障害退職伝え方】よくある質問

【発達障害退職伝え方】ADHDの退職理由や仕事辞める・辞めたい場合の方法
発達障害やADHDの退職勧告とは
シバッタマン

退職勧告とは、会社側が従業員に対して、退職することを勧めることを指します。発達障害を持つ従業員が退職勧告を受ける場合、それは不当な扱いである可能性があります。

 会社は、従業員が発達障害を持っていることを理由に、退職勧告をすることはできません。従業員が仕事に支障がある場合、会社は適切な支援や配慮を行い、従業員が仕事を続けられるように努めるべきです。

関連記事は下記にあります。

発達障害 グレーゾーン 退職とは
シバッタマン

「発達障害のグレーゾーン」とは、診断基準には当てはまらないが、発達障害の特徴を持つ人々のことを指します。このような人々は、診断が難しく、支援が受けにくい状況にあることがあります。

「発達障害のグレーゾーン」にある人が退職する場合、その理由は様々です。仕事上の困難やストレス、人間関係の問題などが原因となることがあります。また、診断が難しいため、適切な支援を受けられずに退職することもあります。

このような状況では、会社側が従業員の状況を理解し、適切な支援や配慮を行うことが重要です。また、従業員自身も、自分の状況を理解し、必要な支援を求めることができるようになることが望まれます。

関連記事は下記にございます。

発達障害 職場 やめてほしいとは
シバッタマン

発達障害を持つ従業員が職場で困難に直面している場合、周囲の人々が「辞めてほしい」と考えることがあります。しかし、このような考え方は問題があります。

発達障害を理由に従業員を退職させることは、差別的な扱いであり、法律に違反する可能性があります。

会社側は、従業員が発達障害を持っていることを理解し、適切な支援や配慮を行うべきです。例えば、仕事の内容や環境を調整することや、ストレスや不満を軽減する支援策を導入することができます。また、従業員自身も、自分の状況を理解し、必要な支援を求めることができるようになることが望まれます。

障害者 退職引き止めとは?
シバッタマン

障害者が退職を希望した場合、会社側がその退職を引き止めることがあります。これは、従業員が障害者であることを理由に、退職を拒否することを指します。

しかし、このような行為は問題があります。障害者であることを理由に、退職を拒否することは、差別的な扱いであり、法律に違反する可能性があります。会社側は、従業員の退職の意向を尊重し、適切な手続きを行うべきです。

まとめ:【発達障害退職伝え方】ADHDの退職理由や仕事辞める・辞めたい場合の方法

鬱病で会社を退職するときのやめ方をお伝えしました。

発達障害(ADHD)で二次障害になる場合には無理して働く必要はございません。

発達障害(ADHD)で二次障害を悪化をしてしまってはしばらく働くことができません。

今回の記事では、発達障害で退職を考える方に向けた具体的な伝え方と手続きを解説しました。

 心療内科受診から診断書取得、上司への相談、引継ぎ、退職後のサポートなど、様々なステップを踏みながら、私自身もこの方法でスムーズな退職を実現しました。

この記事を参考に、あなたも自信を持って退職の意志を伝え、新しい人生の門出に立ち向かいましょう。

発達障害(ADHD)で会社や職場の退職の伝え方や休職診断書のもらい方【アスペルガーグレーゾーン】

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次