MENU
皆様疲れていませんか?精神疲労・発達障害者の方々が日々で悩んでいる皆様の精神疲労を解決するメディアです。

【転職繰り返す人病気】短期離職繰り返す?転職が多い人はなぜ?アスペルガー?

当ページのリンクには広告が含まれています。

転職を繰り返す人は、単に仕事に満足できていないだけなのでしょうか?それとも、何か病気など深刻な問題を抱えているのでしょうか?

実は、私自身も短期間で転職を繰り返す人でした。アスペルガー症候群や自閉症スペクトラム障害(ASD)だったのです。

私自身の原因はコミュニケーションや対人関係の困難さ、こだわりの強さなどが特徴だったと思います。

そのため、職場での人間関係やストレスに上手く適応できず、転職を選ぶケースがあるのです。

しかし、転職を繰り返すことが必ずしも病気や障害を意味するわけではありません。

 様々な理由で転職を重ねる人もいます。大切なのは、自分自身の特性を理解し、適切な環境で能力を発揮できる職場を見つけることです。

転職繰り返す人病気の方々の対策を詳しく見ていきましょう。

シバッタマンの紹介
シバッターマン
シバッターマン

仕事が続かないと考える人は下記の記事を参考にして下さい。

仕事が遅すぎると悩んでいる人は下記の記事を参考にしてください。

目次

【転職を繰り返す人病気】短期離職繰り返す病気転職が多い人はなぜ対策?アスペルガー?

【転職を繰り返す人病気】短期離職繰り返す病気転職が多い人の対策?アスペルガー?

発達障害のある方は得意・不得意がはっきりしている傾向があります。

転職を繰り返すのをやめるのはなぜ?!

発達障害のある方は、自分のしたいことや気持ちを伝えることが苦手な傾向にあるため、就活時の面接などにおいてコミュニケーションに課題を抱える方も少なくありません。

また、思いつきで行動しがちな側面もあるため、計画を立てて段取りを組んで進めるという仕事も、あまり得意ではない傾向にあります。

一方で、得意なことと苦手なことがはっきりしているため、仕事選びにおいてはミスマッチが少ないとも言われています。

【転職を繰り返す人はクズ?病気】短期転職が多い?ASD!アスペルガー
引用元:https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-11601000-Shokugyouanteikyoku-Soumuka/0000178930.pdf

①転職を繰り返すことがないよう工夫する必要がある

そのため自分に合った業務内容や職場環境を検討することが、安心して働くためにも大切です。

就職活動をはじめる前に、まずは発達障害の特性や自分の得意・不得意を理解し、自分の適職は何かをはっきりさせておくことが重要です。

自分の得意なことや苦手なことがイメージしにくい方は、支援機関や就労移行支援事業所などを活用し、あなたのことを客観的に見ることのできる支援者と一緒に取り組むといいでしょう。

②職場の定着をしっかり考えている職場が少ない

雇用状況がよくなっているとはいえ、発達障害者の転職には「職場定着」という課題が残っています

就職から1年以内に離職する発達障害者の割合はおよそ30%にのぼります。

この離職率は、年月が経過するにつれて、さらに上がっていくと考えられます。

②職場の定着をしっかり考えている職場が少ない
引用元:https://www.nivr.jeed.go.jp/research/report/houkoku/houkoku137.html

③発達障害の就職件数は10年間で10倍にアップしているので疑う

発達障害(など)の就職件数は、10年間で10倍以上にあがり、新規求職申込件数も増えています

こうした状況を踏まえて、国は2018年4月に障害者雇用促進法の改正を実施、発達障害を含む精神障害者を雇用義務の対象にしました。

発達障害で転職を繰り返す人は下記を参考にしてください。

④法定雇用率を尊重する会社を理解していない

加2016年4月には2.0%だった民間企業の法定雇用率が2.2%に、国・地方公共団体では2.3%から2.5%に引き上げられました。

ちなみに、民間企業の法定雇用率は2021年3月までにさらに2.3%へ引きあがることが決定されています

令和5年度においては2.3%で据え置き、令和6年度から2.5%、令和8年度から2.7%と段階的に引き上げることとする。

また、今年2019年6月には、障害のある短時間労働者の雇用を支援する改正法案が衆議院を通過しました。

障害者雇用促進法に基づき、労働者(失業者を含む)に対する対象障害者である労働者(失業者を含む)の割合を基準とし、少なくとも5年毎に、その割合の推移を勘案して設定することとされている。現行の雇用率は、平成30年4月からの雇用率として設定されており、令和5年度からの雇用率を設定する必要がある。

引用元:法廷起用率(厚生労働省)

【転職を繰り返す人病気】短期転職を繰り返さないで成功させるコツ

①一般枠から障害者枠へ

発達障害者の方の転職を考える際には、2つの採用枠を知っておく必要があります。

ひとつは、発達障害ではない方と同じ条件で働く「一般枠」です

後述する「障害者枠」と比べると、一般的に賃金水準が高く、就職先の選択肢が増えるというメリットがある一方、障害への配慮が受けづらいというデメリットがあります。

もうひとつは、障害者手帳を取得して就労する「障害者枠」です

メリットとしては障害への配慮が受けやすいため働きやすい点が挙げられますが、一般枠に比べて賃金が低く、業務の選択肢も減ってしまう点がデメリットとなります。

一般枠と障害者枠は、「絶対的にどちらがよい」というものではないのですが、2つの方法があるということを覚えておくと、選択肢を増やすことができます。

発達障害ってどんな障害? 発達障害者支援法において、「発達障害」は「自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能障害であってその症状が通常低年齢において発現するもの」と定義されています。

引用元:発達障害の理解(厚生労働省)

発達障害の人が転職を成功させるコツとは何でしょうか?

転職活動で成果があがるコツを5つ挙げます。

なかには、そのコツを知らなければ仕事探しのスタート地点にも立てないと思われるほどの必須事項もありますので、発達障害でお悩みの方は是非ご参照ください。

②:メンタルを治す

転職活動を行う際には、「まずは二次障害があるかどうかを確認し、ある場合は必要な治療を受ける」ことから始めましょう

二次障害とは、発達障害に伴って引き起こされるうつ病や心的外傷後ストレス障害(PTSD)といった精神障害等を言います。

発達障害を抱えている人は、コミュニケーションや事務処理に難があるため、集団生活に馴染みづらい傾向にあります

そのため、いじめ被害を受けたり疎外感を感じたりすることが多く、ストレスからうつ病などの精神疾患を抱えやすいのです。

こうした二次障害を抱えた状態で就職活動を行っても、本来の特性が見えづらいばかりか、就業前に体力を使い果たしてしまい、転職を成功させることができません。

まずはしかるべき医療機関にかかり、二次障害の有無を確認し、ある場合には必要な治療を受け、転職活動の開始のタイミングにおいても主治医の意見踏まえた上で、開始の判断をしていくことが望ましいでしょう。

④:合理的配慮を会社と相談する

「エントリー候補の、障害への配慮の程度を見極める」です

仮に障害者枠での転職が実った場合でも、職場によって障害への配慮の程度はまちまちです。

職場定着に向けて手厚いフォローがある職場もあれば、研修が行き届いておらず、働きづらさを感じる職場もあります。

そこで、障害への配慮の程度を見極めるために、エントリー候補の職場について、以下の2点を注意してみてください。

⑤:就労形態を会社と相談する

「就労形態をチェックする」というのも、転職を成功させるコツのひとつです

発達障害のある方は、企業に合わせた働き方よりも、自分のペースで働ける「自由度の高い」就労形態があっています。

企業に合わせた働き方とは、わかりやすく言うと「定時・出勤日や勤務場所が厳密に決まっている」ということであり、日本企業では珍しい形態ではありません。

逆に、自由度の高い就労形態には以下の3つがあります。

  • 裁量労働制
  • フレックス制
  • フリーランス

⑥支援機関と協力する

「支援機関と協力する」というものです

発達障害を持つ方の転職活動においては、様々な事例に触れてきた支援者の存在が重要になってきます。

就労支援機関では、あなたの発達障害の特性理解だけでなく、転職活動に役立つスキルの習得や、仕事探しのお手伝い、インターンの斡旋など、幅広いサービスを提供しています

なかでも国の法律に基づいて設置されている就労移行支援事業所では、最低0円から福祉サービスを受けることが可能です。

生活面のサポートだけでなく、メンタル面での面談も受けつけていますので、興味のある方は無料相談をしてみてるとよいでしょう。

【転職繰り返す人病気】短期離職繰り返すをやめるための流れは?

【転職繰り返す人病気】短期離職繰り返すをやめるための流れは?

まずは自分の特性をしることが大切だと思います。それから自分にあった職業をみつけましょう。

①まずは休職をしよう

休職することで、仕事から離れて心身を休め、自分の将来について考える時間を持つことができます。

また、休職期間中に、転職先を探したり、新しいスキルを身につけたりすることもできます。

休職期間中に、転職先を探したり、新しいスキルを身につけたりすることもできます。

休職期間中も傷病手当が支給されますので、経済面の心配は大きくする必要はありません。

 傷病手当は、病気やけがで仕事に就けない場合に、一定期間、給付金が支給される制度です。支給額は、休職前の給与の3分の2で、最長1年6か月間支給されます。

傷病手当については下記の記事に記載していますのでご確認ください。

②休職中に退職をきめたならメンタルが改善しないのであれば退職も検討

休職中に退職を決めたなら、メンタルが改善しないのであれば、退職も検討すべきです。

 休職は、心身を休め、就職活動に向けて準備する貴重な時間です。休職中に、自分の将来についてじっくり考え、新しい仕事を見つける準備をしましょう。

休職中に退職を決めた場合は、早めに上司や人事部に相談することをおすすめします。退職の条件や手続きについて詳しく教えてもらうことができます。また、退職後の生活費や健康保険について確認しておきましょう。

メンタルが不安なら退職代行も検討しよう

メンタル不調で退職を考えている場合は、退職代行サービスを利用するのもひとつの選択肢です。

 退職代行サービスは、退職したい人のために、退職の意思を伝える手続きや、退職後のトラブルの解決などを代行してくれるサービスです。

 退職代行サービスを利用することで、退職後のトラブルの解決などを代行してもらえます。

 退職後に、退職金の未払いや、退職証明書の発行などのトラブルが発生することがあります。退職代行サービスを利用することで、これらのトラブルを解決してもらえます。

【さらばユニオンとは退職代行】労働組合?さらばユニオン違法?

シバッタマン

退職代行SARABAは、労働組合が運営する退職代行サービスです。24時間365日対応可能で、即日退職も可能です。費用は24,000円で、全額返金保証もついています。

項目内容
サービス名退職代行SARABA(公式サイト)
運営開始2019年8月
管理会社株式会社スムリエ
営業時間24時間365日
料金24000円
支払い方法クレジットカード、銀行振込、コンビニ払い
業務内容退職の意思表示、退職日の調整、未払い給料や残業代の請求、退職後のトラブルの相談

退職代行sarabaは、料金が安く、即日退職が可能で、後払いサービスもございます。

退職代行sarabaの無駄なく退職をサポート
【退職代行SARABAの体験談】デメリットは労働組合と弁護士?転職サポート!株式会社ワン

\労働組合NO1の安心料

モームリは、労働組合提携、株式会社による管理のもと、安心安全・確実に退職手続きを代行する退職代行サービスです。料金は、正社員が24,000円です。「今でも全額返金保証か調べてみる

失業中は就労移行支援と障害者系の転職系のエージェントを検討しよう

シバッタマン

就労移行支援事業所には、障害者の就職を支援する転職エージェントが常駐していることがあります。


 転職エージェントは、就職活動に必要な知識やスキルを教えるだけでなく、企業との面接のセッティングや、面接後のフォローアップも行ってくれます。

就労移行支援事業所を利用することで、障害者の就職活動はよりスムーズに進むことができます。

障害者の就職を支援するだけでなく、障害者の就職後の定着も支援しています。

就職後の定着支援には、職場環境の調整や人間関係の調整が含まれます。就労移行支援事業所の転職エージェントに相談することで、障害者の就職後の定着も成功する可能性が高くなります。

また、失業中も医師から診断書を貰っていれば失業保険を長くらえる可能性があります

③就労移行支援で相談する

就労移行支援では、就職活動や就職後の定着に向けて、専門的な支援を受けることができるからです。

就職活動に必要な知識やスキルを身につけるための訓練を受けることができ、また、就職後の定着に向けて、職場環境や人間関係の調整などの支援を受けることができます。

 障害のある方にとって大きな助けとなります。就労移行支援事業所を利用することで、障害のある方でも就職し、社会で活躍することができます。

シバッタマン

障害系の転職エージェントは、就労移行支援事業所と連携してしていることが多い

1位:リタリコワークス

シバッタマン

LITALICO(リタリコ)は、「障害のない社会をつくる」をビジョンに掲げ、障害に関するに事業をメインに行っている会社です。

LITALICOワークスは「就労移行支援事業所」であることに対して、 LITALICO仕事ナビは「全国の就労移行支援事業所や就労継続支援事業所を 大量掲載している就職支援サイト」になります。

LITALICOワークスでは入社後定着率を高めるための工夫として、採用選考の前に雇用前実習や企業インターンシップを積極的に行い、入社後のミスマッチを防いでいます

エリア全国(転職支援は一都三県中心)
対象年齢20代~40代
得意業種全業種
求人数1.8万件以上 ※就労支援所事業所数含む

2021年に東証プライムに上場しており、会社としての経営の安全

 LITALICOワークスでは長年の就労支援で培われたノウハウが詰まった、独自のプログラムは200種以上あります。

 キャリアチェンジにも対応したLITALICOワークス独自のオリジナルテキストもございます。

  ビジネスマナー、ストレスマネジメント、コミュニケーションスキルなど、働くための幅広い知識を身につけることができます

シバッタマン

LITALICOワークスから就職したは定着率がく、就業開始から6ヶ後の定着率は88%と、多くのが離職せずに働いています。

LITALICOワークスが提供している就労援の定着率がい理由として、定期的に就職者と企業の双にヒアリングを実施していることが挙げられます。

業務内容や勤務時間を調整し、継続的に働く環境作りをサポートすることで、LITALICOワークスの利用者は短期間で退職することなく働いているが多い模様です。


「企業に就職し、定着するまでがサポート」という理念を持ってスタッフがサポートしてくれるため、安心して利用することができるでしょう

ウェルビー

障害のある方のための就労支援事業所ウェルビーです。

シバッタマン

ウェルビーとは? 「障害のある方の就職支援」を行うプロフェッショナルセンターです。 精神障害・発達障害・身体障害・知的障害・難病などを抱える方の「働きたい」という想いを叶える事業を展開しています。

障害のある方の特性と個性を捉え、本当の意味で自立し、自己実現ができるように支援していく仕事です。

項目補足
運営会社ウェルビー株式会社
対象地域北海道 宮城県 栃木県 群馬県 埼玉県 東京都 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 長野県静岡県 愛知県 三重県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 滋賀県 岡山県 広島県 愛媛県 香川県 福岡県 熊本県 長崎県 鹿児島県
事業所数(2022年/4月)101事業所
対象精神・発達・知的・身体・難病
就職実績累計 5731人 (2023年 1月)
就職実績(全体/2021年度)975人
半年定着率(2023年2月)90.5%
シバッタマン

就労移行支援welbe(ウェルビー)は業界のなかでは3本の手に入ります。

上場企業であり、東証マザーズにも上場しています。下記のように上場企業です。

シバッタマン

ウェルビーは就職先を包み隠さず公表していますが、下記の通り大手企業ばかりです。

【就労移行支援ウェルビーの口コミ・評価】障害者の実態はやめたい?最悪?落ちた?2ch?株式会社ウェルビー
 welbe(ウェルビー)の就職までの流れは?

株式会社ソフマップ  株式会社東京デリカ  日本年金機構 アマゾンジャパン株式会社  ANA
エンジンテクニクス株式会社  株式会社ニチイ学館 国立国際医療研究センター  日立建機株式
会社 シャネル  バナナリパブリック  内閣府   GAP  株式会社CBS 株式会社赤ちゃん本舗
株式会社KDDI エボルバ 株式会社島忠 東建コーポレーション 株式会社DTSパレット

就労支援だけあり、体調が悪かったり、生活リズムを整えたり、就職活動に備えたりなど、なかなか栄養バランスのとれた食事がとれない方も中にはいると思います。

シバッタマン

ウェルビーでは、訓練や就職活動に集中していただくために、ご希望される皆さまに、カロリー計算されていてヘルシーで栄養バランスのとれたお昼を提供いたします。

ミラトレ

パーソルダイバースが提供する就労移行支援のサービスブランド名となります。

シバッタマン

ミラトレを運営するパーソルダイバースは、パーソルグループの特例子会社です。

障害のある方一人ひとりが「はたらく未来」を実現するために、 職業準備性を高めるためのトレーニングを提供する。就職した先の定着までを見据えた就労移行支援を行う、という想いを込めて名付けられました。

なんと1,000名超の障害のある社員が事務アウトソーシング事業領域で活躍しています。

項目内容
社名パーソルダイバース株式会社
本社〒108-0014 東京都港区芝5-33-1 森永プラザビル本館19F
資本金45百万円(単体)
※パーソルホールディングス100%出資
事業内容障害者雇用に関わる有料職業紹介事業・コンサルティング事業、就労移行支援事業、 事務アウトソーシング、食品の製造および販売、農業及び農産物の販売、 繭・生糸及び絹糸の加工並びにその製品・加工品の開発及び販売

パーソルダイバース株式会社では本サイトでも紹介していますDODAチャレンジも運用しています。

DODAチャレンジの口コミ・評判の記事は下記となりますのでご確認ください。

シバッタマン

就労支援ミラトレではでは、幅広いお悩みに対応する多彩なトレーニングプログラムをご用意しています。実際の職場をイメージした擬似就労プログラムで自身の得手不得手の理解を深め、講座プログラムでその対処方法を学べます。

 支援員がお困りごとを丁寧にヒアリングし、まずはご本人の意志や課題に合わせて目標を設定します。

 それを達成するために必要な個別支援計画を作成します。はたらくための力(=職業準備性)を身に付け、安定してはたらけるようになるまで、それぞれの症状やご意向に見合ったサポートをご提案します。

ミラトレの全体の就職率は98%と、とても高く評判です

これはほとんどの人がミラトレを通して就職に成功しているということです。

シバッタマン

ミラトレを利用している人がほとんどミラトレを経由して就職がきまるというのは凄いことなんです。

「就労移行支援って就労支援する」と思う人もいるかもしれません。

ただ、就労移行支援から一般就労をした利用者の割合が50%以上の事業所は全体のたった52.9%なんです。

下記は厚生労働省のデータになります。

画像引用元;厚生労働省|平成30年度社会福祉施設等調査サービス利用終了者に占める一般就労への移行者の割合

年数割合
平成28年46.3%
平成29年48.3%
平成30年52.9%
シバッタマン

この高い就職実績も上記で説明した障害のある方に特化した就職・転職支援サービス「dodaチャレンジ」がグループ会社にいることも大きいでしょうね。

「dodaチャレンジ」は、業界最大級の求人を保有しているため、ハローワーク求人以外の選択肢も多彩にあります。 

シバッタマン

ミラトレを運営するパーソルダイバース株式会社が特例子会社です。障害者も多く働いているため理解がとてもあり、利用者をサポートする場面も把握しています。

パーソルグループの特例子会社。1,000名超の障害のある社員が事務アウトソーシング事業領域で活躍しているのです。

そのなかでミラトレでは8つのこだわりがあるようです。

ミラトレがこだわる事例は下記です。

④障害者雇用の転職エージェントに相談する

障害者雇用の転職エージェントは皆さんが抱える様々な困難や挑戦を理解し、それを乗り越えるための支援を提供する場となります。

転職は、新たな環境への適応や未知の職場での人間関係の構築など、誰にとっても大きな挑戦です。

 特に障害を持つ方々にとっては、これらの課題はさらに大きな壁となることがあります。しかし、障害者用の転職エージェントは、その壁を乗り越えるための強力なパートナーとなり得ます。

 転職を繰り返すことは、自分自身を見つめ直し、新たな可能性を探る絶好の機会です。

障害者用の転職エージェントは、障害を持つ方々のために特化したサービスを提供します。

 それは、障害を持つ方々が直面する困難を理解し、自分の能力を最大限に発揮できる職場を見つけるための支援も行います。

DODAチャレンジ

Dodaチャレンジは、IT業界やエンジニア職に強いことが特徴です。

エンジニア職でいうと、公開求人件数のうち半数以上を占めており、その中には当然IT業界企業からの求人や、Web関連職の求人も含まれます。

専門職のキャリアアップの他、未経験者歓迎の求人もありますから、これらへの転職を希望する人ならメリットを得やすい転職サービスだといえます。

シバッタマン

『IT人材白書2020』(IPA)の「先端IT従事者、先端IT非従事者の転職に対する考え方」のデータをみると、「より良い条件の仕事を求めて、積極的に行いたい」「より良い条件の仕事が見つかれば、考えてもよい」を合算した割合は、先端IT従事者※は69%、先端IT非従事者は60%となっています。

ご自身のスキルの客観的評価や現在どんな企業が募集しているのかといった情報を調べるのは個人では難しいこともあります。そんなときはdodaエージェントサービスをご利用ください。

Dodaチャレンジはエンジニアの求人には非常に優れています。

中には未経験歓迎、学歴不問の求人もあるので、転職でエンジニア職を目指す人も利用しやすいといえます。
 
初めてエンジニア職への転職を考えている人は、アドバイザーに不安なことや気になることを相談してみるのがおすすめです。

ハローワークの全求人数約108万件のうち、障害者枠での求人数は1万7千件ほど。障害者枠の求人数の割合は約1.6%しかありません。

Dodaチャレンジは求人件数が多く選択肢に困りません。東京・大阪・名古屋の3ヶ所にオフィスを構えており、対面式でのカウンセリングの他にも電話やチャット、テレビ電話など、幅広い対応をしています。

シバッタマン

Dodaチャレンジの障害者枠の求人は一般枠と同様に、都市部が一番多く、地方は少ないです。障害者枠全体の求人がそもそも少ないので、地方求人はかなり少ないのが現実。
そんな中、dodaチャレンジは地方の求人も扱っている数少ない転職エージェントです。

応募書類の添削や模擬面接などコンサルタントが分厚いサポートを行なっているので、入社後も就労に関する悩みがないか相談することが可能です。

都市部に求人が集まっていますが、地方求人もいくつか持っています。下記は公開求人数なのでその他の非公開求人と比較しても圧倒的に多いでしょう。

地域
北海道・東北72件
北関東28件
首都圏561件
北信越33件
東海275件
関西161件
中国・四国42件
九州・沖縄45件
複数拠点がある求人35件
合計1252件

障害者枠の転職エージェントサービスは、中途採用が一番需要が高いため、中途のみを対象にしている所も多いです。障害者枠でエージェントを利用して新卒就活したい場合は、中途用に登録して探すしかありませんでした。新卒用の転職エージェントも増えてきています。dodaチャレンジの登録フォームにて、「新卒かどうか」を確認する欄があるので、そこに入力するだけで専門のサービスを受けることができます。

年収500万以上を狙う方向けのハイクラス求人の専門サービスもあります。

シバッタマン

dodaチャレンジは障がい者向けの転職支援サービスのため、臨床心理士の資格を持つコンサルタントが在籍しています。

【DODAチャレンジの口コミ・評判】断られた・お断りでひどい?DODA障害者評判

多くの企業が出展する転職イベントです。企業の担当者に直接話を聞ける機会があります。

\ 「非公開求人」が80~90% /

                    気になる方は今すぐクリック

リタリコ仕事ナビ

LITALICOワークスは「就労移行支援事業所」であることに対して、 LITALICO仕事ナビは「全国の就労移行支援事業所や就労継続支援事業所を 大量掲載している就職支援サイト」になります。

LITALICOワークスでは入社後定着率を高めるための工夫として、採用選考の前に雇用前実習や企業インターンシップを積極的に行い、入社後のミスマッチを防いでいます

エリア全国(転職支援は一都三県中心)
対象年齢20代~40代
得意業種全業種
求人数1.8万件以上 ※就労支援所事業所数含む

2021年に東証プライムに上場しており、会社としての経営の安全性があるのがわかります。

地域公開求人数
北海道294件
東北310件
甲信越200件
関東1,250件
東海420件
北陸142件
中国210件
関西440件
四国128件
九州・沖縄454件
シバッタマン

LITALICO(リタリコ)は、「障害のない社会をつくる」をビジョンに掲げ、障害に関するに事業をメインに行っている会社です。

LITALICO仕事ナビでは企業や福祉事業者向けのサービスも展開しています。全国18000件以上の就労支援事業所(就労移行支援、就労継続支援A型・B型)の情報から 自分にあった就職支援の事業所を探すことができます。


障害者雇用を検討する企業には採用計画から求人内容の検討、求職者の紹介、そして就職後まで一貫したサポートを提供します。
就労移行・就労継続支援の事業者には、広報活動や利用者募集に役立つ事業所情報の掲載、現場ですぐに使える教材、管理者・サビ管向けセミナーなどで運営全体をバックアップしています。

また2021年度から新たに請求機能も提供開始。

公費請求に関する業務負担を減らし、事業者がサービスに向き合う時間の捻出を狙います。

不正受給を続ければ、事業自体が継続できなくなりますので、LITALICOワークスは適切な形で運用されているはずです。

首都圏に限らず、全国でアルバイトや契約社員、正社員の求人情報を扱っているため、自宅から通える範囲で柔軟に求人を探せるのも利点です。(もちろんリモート案件もあります)

求人紹介では働きやすさにこだわって開拓した障害者雇用求人から、お一人お一人の希望と適性に合わせて求人をご案内します。

定着をサポートする福祉サービス「就労定着支援」の強化を図っており、累計3,000社以上の職場で定着支援を行ってきました。

その結果、今年度は就職後6ヵ月の定着率が過去最高の89.7%となりました。

\ 自分にあった就職支援の事業所を探す /

     LITALICO仕事ナビは、 全国18000件以上の就労支援事業所(就労移行支援、就労継続支援A型・B型)の情報から 自分にあった就職支援の事業所を探すことができます。

まとめ:【転職繰り返す人病気】短期離職繰り返す?転職が多い人はなぜ?アスペルガー?

ここまで、【転職繰り返す人病気】短期離職繰り返す?転職が多い人はなぜ?アスペルガー?を解説してきました。

発達障害はいくつかの種類の発達障害の特徴が出ていたり、発達障害の強さの度合いが人により異なったりすることから、仕事を探す場合には自分に出来ること・出来ないことをしっかりと把握しておくことが重要です。

退職代行sarabaの無駄なく退職をサポート
【退職代行SARABAの体験談】デメリットは労働組合と弁護士?転職サポート!株式会社ワン

\労働組合NO1の安心料

モームリは、労働組合提携、株式会社による管理のもと、安心安全・確実に退職手続きを代行する退職代行サービスです。料金は、正社員が24,000円です。「今でも全額返金保証か調べてみる

【転職繰り返す人病気】短期離職繰り返す?転職が多い人はなぜ?アスペルガー?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次