MENU
皆様疲れていませんか?精神疲労・発達障害者の方々が日々で悩んでいる皆様の精神疲労を解決するメディアです。

【仕事が続かない発達障害?】仕事すぐ辞める人!長続きしない病気の理由と対処?辞めたくなる

当ページのリンクには広告が含まれています。

「仕事が続かない…私は病気なのかも?」そんな不安を抱えているあなた、1人で悩んでいませんか?

実は、仕事が長続きしない悩みは珍しいものではありません

私自身、ADHDとアスペルガー症候群という発達障害があり、仕事を続けることに大変苦労してきました。

発達障害特有の「過集中」のため、興味のあるプロジェクトには全力で取り組むのですが、一旦終わってしまうと急激にやる気を失ってしまうのです。

これが原因で体調を崩し、退職を繰り返す状況に。さらに、ストレスから二次障害としてうつ病も発症してしまいました。

40代になった今も、安定した仕事に就けずに悩んでいます。しかし、私が学んだのは、自分の特性を理解し、適切な環境で働くことの大切さです。

発達障害は、決して仕事ができない理由にはなりません。むしろ、強みを活かせる職場や仕事スタイルを見つけることが重要なのです。

本記事では、発達障害も含めた、仕事が続かない原因と具体的な解決策を探ります。私の経験も交えながら、あなたの悩みに寄り添っていきたいと思います。

1人で抱え込まず、周囲の支援を受けながら、自分に合った働き方を見つけていきましょう

退職代行EXITの無駄なく退職をサポート
【退職代行EXITは失敗】トラブル?退職代行イグジットやばい!株式会社社長テラハウス新野?

退職代行EXITは、業界のパイオニアとして最も知名度が高く、利用者からの評判も良好です。そして業界最安値です。

退職代行EXITの人気内容
即日退職可能業界最安値の2万円で即日退職が可能
実績と知名度退職代行の先駆けで実績と知名度が圧倒的
安心の弁護士監修弁護士監修により安心して利用できる

転職サポートを利用すれば、実質無料/

EXITは正社員・契約社員・アルバイト・パート問わず、一律20,000円(税込)という業界最安値の料金設定が大きな特徴です。他社が3~5万円する中、圧倒的なコストパフォーマンスで人気NO1が魅力です。

もちろん即日対応で退職代行成功率100%です。「業界最安値のパイオニアの秘訣を知るのはこちら

シバッタマンの紹介
シバッターマン
シバッターマン
目次

【仕事が続かない発達障害?】仕事すぐ辞める人長続きしないのすぐ辞めたくなる人病気の理由

【仕事が続かない病気?】仕事すぐ辞める人長続きしないのすぐ辞めたくなる理由

仕事を続かない原因は様々

仕事を続かない原因は様々です。

自分にあるのか会社にあるのか違います。

頭使ってる仕事がいいのか、体を使う仕事がいいのか 向き不向きが分かってないと仕事が続かない可能性もあります。

私自身は新卒で入社した会社を2年でやめてしまい、仕事がつづかず、転々としていて、最終的には発達障害とわかりました。

私自身、2003年に卒業し、就職氷河期でもあり、自分の希望の仕事もみつからず、当時IT革命が起きた直後だったのでプログラマになるしかなかったんですよね。

ただ、プログラマにはむいていないと私自身決めつけ、仕事が続くこともなく、転々としました。

2年後の会社をやめたのですが、一人暮らしだったのですが、半年後に母親に心療内科に連れていかれ、うつ病と発覚し、最初の休職をしました。

そのころから睡眠薬や精神安定材破はいまたのんでいます。

少し依存しているのかもしれませんね。ただ、なんとか仕事は続かないですが、今では一人ではたらいでいます。

例えば一般的にもどのような場合に仕事が続かないのかをご紹介します。

①ミスを気にしすぎて妥協ができない

ミスを過剰に気にしてしまう人も仕事が続かない傾向にあります。

シバッタマン

生真面目で妥協できない性格の人は注意したほうがよいでしょう。完璧主義、頑張り屋なのは仕事をするうえで大切なことではありますが、冗談が通じず融通の利かないタイプに見られる可能性もあります。

職場の雰囲気が悪く、それに巻き込まれてしまうことから退職するケースが多いようです。


ミスは誰でもするものなのでそこまで気にする必要はありません。入社してまだ数年なら、ミスしても先輩たちがフォローしてくれます。
新人のミス一つで会社が傾くような組織はほとんどありません。ミスで落ちこむのも必要かもしれませんが、次ミスしないためにどうするべきか考えることで人は成長していくのです。

②プライドが邪魔している

シバッタマン

プライドが高い人は自分を追いつめている可能性があります。追い込みすぎて仕事がつらくなっていないでしょうか。


「俺ならこれくらいの仕事は余裕」
「他の人に頼らないでひとりで仕事をする」


プライドが高すぎて自分を追い込みすぎた結果、精神的に消耗してしまい、けっかとして、職場にも中々馴染めない場合があります。
組織は一人ではなく協調性も必要になってきます。余計なプライドは捨てしまいましょう。誰かを頼っても良いのではないでしょうか。

③理想と現実で迷っている

仕事での理想と現実のギャップが大きい人も仕事が続かない傾向にあります。


入社前は仕事内容に対して良いイメージだったのに、入社してみたらイメージと全然違ったというパターンです。

シバッタマン

企業は求人などに出てくる情報に悪く書かないものです。悪い情報を掲載していては、採用に応募してくれる人が減ってしまうためです。だから、その場合は転職エージェントに相談して、会社の雰囲気を聞いたりすることも重要かと思います。

仕事にたいする理想と現実のギャップを減らすためにも、ネットでの情報をみたり、転職エージェントに相談するとよいかと思います。転職エージェントに相談することで表面的な情報では知れない内部の情報も知ることができます。

④我慢ができない

シバッタマン

辛いことは仕事ではおおいものですが、我慢がひつようになってくることもあります。ただ、我慢ができない人も多いです。その場合は仕事が続かない傾向にあります。


我慢ができずにブラック企業の可能性もあります。その場合は仕事を辞めてしまっても問題ありません。
100%満足できる職場は存在しないように、どんな職場にも多少の辛いことはあります。

ガマンができずにすぐに仕事を辞めてしまう人は、続かない理由をよく考えると、すぐに辞めなくてもよ
かったのではということが多々あります。

上司にお説教されたり同僚と喧嘩などは自分の非を認めたり時間が解決することがほとんどです。気まずくて嫌になり辞めることの繰り返しだと何の仕事でも続かないでしょう。

少しの辛いことでも我慢できずに辞めることばかり考えてしまうようなら仕事は中々続きません。


「仕事は辛いのは仕方がない」


と考えるくせをつけましょう。

我慢ができない場合は改善策を考えたりストレスを発散したり、前向きに辛いことと向き合うようにしましょう。

⑤自分自身を追い詰めすぎてうつ病になった?

シバッタマン

筆者は、過度の集中力を持つ発達障害により、自らを過労させ、耳鼻科に通っていましたが、後に仕事のストレスがその原因であることがわかり、心療内科に通うことにしました。

うつ病は、自覚がなくても体が何らかの警告を発している可能性があります。


職場に対するハッキリとした拒否反応と言え、症状が酷くなると自律神経失調症・うつ病などを発症する可能性もあるため、心当たりがある人はすぐにメンタルクリニックなどを受診しましょう。

飽きっぽく、つい目移りばかりしてしまう 仕事が続かない理由が病気ではなく完全に性格の問題となると、そちらのほうが厄介かもしれません。

⑥飽きっぽい

仕事が決まっても採用期間で辞めてしまったり、2、3日でバックレてしまうなど、常識的な範囲の問題が多い人は仕事をすぐに辞めてしまうタイプにあたります。


このタイプの人は単に仕事に対する興味というだけでなく、職場の人間関係にもすぐ見切りをつける場合
が多いようです。

仕事を辞めたとして、年齢が若ければ再就職の道も残されていますが、採用基準の年齢
はあっという間に過ぎてしまうということも念頭に置いておきましょう。

⑦人間関係が苦手

シバッタマン

緊張しやすい人や余計な言葉をはっしてしまい人間関係が苦手な人も仕事が続かない傾向があります。とくに、入社した職場環境での人間関係を構築するのが大変かもしれません。

職場の雰囲気になかなか馴染むことができません。分からないことがあっても周りに聞けなかったり、コミュニケーションが取れないために仕事を効率よく進めることができなかったりと、職場での居心地が悪くなってしまいます。

特定の人物との相性が合わない場合も、人間関係が上手くいかないと思ってしまい、仕事を辞めたくなってしまうことがあります。

⑧仕事が続かない人はうつ病発達障害かも!精神科も考えてみよう

原因⑧仕事が続かないと悩んでいる人は発達障害かも!精神科も考えてみよう

仕事が続かない原因として、うつ病や発達障害の可能性があります。しかし、これらの障害があるからといって、仕事ができないわけではありません。

うつ病は、ストレスや環境の変化などが引き金となって発症することがあります。

 仕事のパフォーマンスが低下したり、無力感や集中力の低下を感じたりする場合は、うつ病の可能性を考えてみましょう。早期の診断と治療が大切です。

一方、発達障害は生まれつきの特性であり、ADHDやアスペルガー症候群などが含まれます。発達障害の人は、こだわりが強かったり、変化に適応しにくかったりする傾向があります。また、対人関係やコミュニケーションに困難を感じることもあるでしょう。

シバッタマン

私自身の経験では、会社で得意な分野と苦手な分野がはっきりと分かれていました

これについて産業医に相談したところ、発達障害の可能性を指摘されました。そこで、精神科で診断を受けた結果、発達障害であることが判明しました。

もし、自分の仕事ぶりや特性に違和感を覚えているなら、発達障害の検査を受けることをおすすめします。早期の診断は、適切な支援につながる第一歩となるでしょう。

【仕事が続かない人病気?発達障害】長続きしない原因はなぜ?精神科?うつ病や性格などの傾向

【仕事が続かない発達障害?】長続続きしないすぐ辞めてしまうの対処方法は

【仕事が続かない病気?】仕事が長続きしない場合の相談先は

同僚にうつ病・発達障害を相談し、上司に告げてもらう

発達障害やうつ病の場合、自分から上司に相談するのは確かに難しいかもしれません。私も20代の頃、同僚から上司に代わりに伝えてもらったことがあります。

 このエピソードを踏まえて、同僚とのコミュニケーションの大切さについて説明しますね。私は新卒で入社した会社で、業務に慣れるのに苦労していました。

 発達障害特有の困難さから、ミスが多く、締め切りに間に合わないことがよくありました。しかし、自分から上司に相談する勇気はなかったのです。

 そんな時、親身になって相談に乗ってくれる先輩がいました。

 私の様子がおかしいことに気づいた先輩は、「最近、調子はどう?何か困っていることはない?」と声をかけてくれたのです。私は先輩に打ち明けました。

 すると、先輩は私の了解を得た上で、上司に私の状況を説明してくれたのです。上司は発達障害についての理解があまりなかったようですが、先輩の説明を聞いて、私の特性を理解しようと努力してくれました。

 さらに、先輩は私が毎日夜10時まで働いていることを上司に伝え、業務量の調整を提案してくれました

 その結果、私は定時で帰れるようになったのです。仕事の負担が減ったことで、心理的にもとても楽になりました。

 このエピソードから言えるのは、同僚とのコミュニケーションが、仕事の継続に大きな影響を与えるということです

 発達障害やうつ病があると、自分から助けを求めるのは難しいものです。しかし、周囲の同僚が変化に気づき、支援の手を差し伸べてくれることで、状況は大きく変わります。

 もし、あなたが発達障害やうつ病で悩んでいるなら、信頼できる同僚に相談してみることをおすすめします。一人で抱え込まずに、周囲の支援を受けることが大切です

②資格を取得するなど短期目標を立てる

短期目標を立てることの重要性は、私自身の経験からも実感しています。

 20代の頃、私は部署移動を目指して、IT系の関連資格を取得しました。

 結果として、当時の部署移動は叶いませんでしたが、この経験が後の転職に役立ったのです。第二新卒での転職活動では、IT系の資格が評価され、希望の職種に就くことができました。

 40代になってからは、WEBマーケティングの仕事に興味を持ち、関連する資格を取得すると同時に、自分でサイトを運営してスキルを磨きました

 その結果、フリーランスとして一人で仕事ができるようになったのです。現在は、発達障害者支援のNPO法人「チームシャイニー」で、WEB管理人として業務委託を受けています。

 私の担当は技術面とマーケティング面。かつて取得した資格と、自分で培ったスキルが、今の仕事に直結しているのです

よく「資格には意味がない」と言われますが、私の経験から言えば、資格取得は何かしらの変化を生み出すきっかけになります

 大切なのは、資格を取得して満足するのではなく、それを行動に移すこと。新しいスキルを身につけ、挑戦し続ける姿勢が、キャリアアップにつながるのだと思います。

 私の場合、短期的な目標として資格取得を設定したことで、自分のスキルアップに対する意識が高まりました。

 これが、新しいチャレンジへの原動力になったのです。

 もし、あなたが仕事の継続に悩んでいるなら、短期的な目標を立ててみることをおすすめしますそれは資格取得でも、新しいスキルの習得でも、小さなプロジェクトへの挑戦でも構いません。

 大切なのは、自分の成長を実感できる目標を設定すること。小さな成功体験の積み重ねが、仕事への自信とモチベーションにつながるはずです。

③休憩時間の有効活用をする

休憩時間の有効活用は、誰にとっても大切ですが、発達障害を抱える人にとっては特に重要だと言えます。

 発達障害特有の「過集中」は、休憩を取ることを難しくさせるかもしれません

 しかし、適度な休憩は、心身のリフレッシュと生産性の向上に不可欠なのです。私が働いているNPO法人「チームシャイニー」では、スタッフの多くが発達障害や他の障害を抱えています。

 そのため、職場環境には様々な工夫が施されているのです。

 例えば、BGMを流すことで、集中しすぎるのを防ぐ効果があります。

 また、スタッフ同士が自由に話しかけられる雰囲気作りも大切にしています。

 コミュニケーションを通じて、お互いの状況を理解し合えるからです

 さらに、60分に一回はチャイムが鳴るようにセットされています。

 これは、定期的な休憩を促すための工夫。チャイムを合図に、一旦作業から離れて休憩を取ることが習慣づけられています

 このように、障害特性に合わせた職場環境の調整は、とても重要だと言えます。

 自分に合った職場を探すことは、仕事の継続につながるでしょう。もし、あなたが発達障害や他の障害を抱えていて、仕事の悩みを抱えているなら、ぜひ私たちチームシャイニーにご相談ください。

 チームシャイニーでは、就労移行支援という形で、障害者の就労をサポートしています

 スタッフ一同、あなたの悩みに寄り添い、一緒に解決策を探っていきたいと思います。

 障害があっても、あなたの力を発揮できる職場はきっと見つかるはず

 あなたからのご連絡を、心よりお待ちしています。一人で悩まず、周囲の支援を上手に活用することが、仕事の継続のカギだと私は考えています。

チームシャイニーには、あなたと同じ悩みを抱えてきたスタッフがたくさんいます。私たちの経験と知恵を、ぜひ活用してください。あなたの就労を、全力でサポートさせていただきます。

お悩み相談室に相談する

私自身、茨城で勤務していた頃、仕事の悩みを抱えていました。

 会社の同僚以外との会話もほとんどなく、学生時代の友人とも疎遠になっていたのです。

 孤独感と仕事のストレスで、うつ状態に陥っていました。

そんな時、私は町の占い師に相談しました。

 占い師は、私の話を熱心に聞いてくれたのです。自分の悩みを誰かに聞いてもらえるだけで、うつだった気持ちが楽になったのを覚えています。

この経験から、人に話を聞いてもらうことの大切さを学びました。

現在は、オンラインカウンセリングの普及により、在宅で低価格の相談が可能になりました。

 特に、発達障害に特化したカウンセラーもいます。

対面での相談が苦手な人にとって、オンラインカウンセリングは心強い選択肢になるでしょう。

 もし、あなたがうつや発達障害で悩んでいて、誰にも相談できずにいるなら、まずはカウンセラーに相談することをおすすめします

 。私自身、占い師との出会いが大きな転機になったように、カウンセラーとの出会いが、あなたの人生を好転させるきっかけになるかもしれません。

 一人で抱え込まずに、専門家の力を借りることが、問題解決への近道になるでしょう。

勇気を出して、一歩を踏み出してみてください。きっと、あなたの悩みに寄り添ってくれる専門家が見つかるはずです。

エキサイト電話相談室(適応障害のカウンセラーが対応)

     エキサイトおすすめ相談室

    辛いときにいつでも相談してください!!うまくはなせなくても大丈夫です。

エキサイトお悩み相談室
総合評価
( 5 )
メリット
  • エキサイトお悩み相談室では、初回相談が無料です
  • サービス運営16年、累計相談件数25万件、利用満足度が95%以上
  • 24時間365日、いつでもどこでもカウンセラーに相談することができます。

登録後1週間は10分相談無料!

シバッタマン

誰かに話を聞いてもらうことで、気持ちが楽になることがあります。エキサイトお悩み相談室では、経験豊富なカウンセラーがあなたの悩みを聞き、解決策をアドバイスします。

③仕事が長続きしない場合は障害者用の転職エージェントに相談

仕事が長続きしない場合、障害者用の転職エージェントに相談することをおすすめします。

 うつ病や発達障害を抱える人にとって、一般の転職エージェントでは適切な求人を見つけるのが難しいかもしれません。

 しかし、障害者用の転職エージェントなら、個々の障害特性に合わせた求人を紹介してくれるのです

 障害者用の転職エージェントの大きなメリットは、ハローワークとは異なり、大手企業の求人も多いことです。

 つまり、高い給料と福利厚生が期待できるのです

 また、大手企業ならではの手厚いサポート体制も魅力。ジョブコーチが配置されていることも多く、仕事の定着をサポートしてくれます

 私自身、障害者用の転職エージェントを利用したことがあります。

 エージェントの方は、私の障害特性を理解した上で、適切な求人を紹介してくれました。

また、面接の準備や、職場での配慮事項の相談にも乗ってくれたのです。エージェントの支援があったからこそ、新しい職場で活躍できていると言っても過言ではありません

もし、あなたが障害者雇用にするかどうか迷っているなら、まずは転職エージェントに相談してみることをおすすめします。多くの障害者用転職エージェントでは、転職活動をせずに相談だけでも無料で対応してくれます

障害者雇用のメリットやデメリット、自分に合った働き方など、専門家からアドバイスをもらえるはずです。

仕事が長続きしないことで悩んでいるなら、一人で抱え込まずに、周囲の支援を上手に活用することが大切です。まずは、気軽に相談してみてください。新しいキャリアへの第一歩になるかもしれません。

DODAチャレンジ

Dodaチャレンジは、IT業界やエンジニア職に強いことが特徴です。

エンジニア職でいうと、公開求人件数のうち半数以上を占めており、その中には当然IT業界企業からの求人や、Web関連職の求人も含まれます。

専門職のキャリアアップの他、未経験者歓迎の求人もありますから、これらへの転職を希望する人ならメリットを得やすい転職サービスだといえます。

シバッタマン

『IT人材白書2020』(IPA)の「先端IT従事者、先端IT非従事者の転職に対する考え方」のデータをみると、「より良い条件の仕事を求めて、積極的に行いたい」「より良い条件の仕事が見つかれば、考えてもよい」を合算した割合は、先端IT従事者※は69%、先端IT非従事者は60%となっています。

ご自身のスキルや現在の求人情報を調べるのは個人にとって難しいこともあります。

 そんな時はdodaエージェントサービスを利用しましょう。Dodaチャレンジはエンジニアの求人に優れています。

未経験歓迎や学歴不問の求人もあり、転職を考える人にも適しています。初めてエンジニア職への転職を考えている場合は、アドバイザーに相談してみましょう。

ハローワークの全求人数約108万件のうち、障害者枠の求人数は1万7千件程度です。

 Dodaチャレンジは求人件数が豊富で、選択肢に困りません。

東京・大阪・名古屋にオフィスがあり、対面式のカウンセリングだけでなく、電話やチャット、テレビ電話など、幅広い対応が可能です

都市部に求人が集まっていますが、地方求人もいくつか持っています。下記は公開求人数なのでその他の非公開求人と比較しても圧倒的に多いでしょう。

地域
北海道・東北72件
北関東28件
首都圏561件
北信越33件
東海275件
関西161件
中国・四国42件
九州・沖縄45件
複数拠点がある求人35件
合計1252件
シバッタマン

dodaチャレンジは障がい者向けの転職支援サービスのため、臨床心理士の資格を持つコンサルタントが在籍しています。

【DODAチャレンジの口コミ・評判】断られた・お断りでひどい?DODA障害者評判

多くの企業が出展する転職イベントです。企業の担当者に直接話を聞ける機会があります。

\ 「非公開求人」が80~90% /

                    気になる方は今すぐクリック

リタリコ仕事ナビ

シバッタマン

LITALICO仕事ナビは「全国の就労移行支援事業所や就労継続支援事業所を 大量掲載している就職支援サイト」になります。

LITALICOワークスでは入社後定着率を高めるための工夫として、採用選考の前に雇用前実習や企業インターンシップを積極的に行い、入社後のミスマッチを防いでいます

エリア全国(転職支援は一都三県中心)
対象年齢20代~40代
得意業種全業種
求人数1.8万件以上 ※就労支援所事業所数含む

2021年に東証プライムに上場しており、会社としての経営の安全性があるのがわかります。地方の求人数も多いです。

地域公開求人数
北海道294件
東北310件
甲信越200件
関東1,250件
東海420件
北陸142件
中国210件
関西440件
四国128件
九州・沖縄454件
シバッタマン

LITALICO(リタリコ)は、「障害のない社会をつくる」をビジョンに掲げ、障害に関するに事業をメインに行っている会社です。


障害者雇用を検討する企業には採用計画から求人内容の検討、求職者の紹介、そして就職後まで一貫したサポートを提供します。
就労移行・就労継続支援の事業者には、広報活動や利用者募集に役立つ事業所情報の掲載、現場ですぐに使える教材、管理者・サビ管向けセミナーなどで運営全体をバックアップしています。

首都圏に限らず、全国でアルバイトや契約社員、正社員の求人情報を扱っているため、自宅から通える範囲で柔軟に求人を探せるのも利点です。(もちろんリモート案件もあります)

求人紹介では働きやすさにこだわって開拓した障害者雇用求人から、お一人お一人の希望と適性に合わせて求人をご案内します。

定着をサポートする福祉サービス「就労定着支援」の強化を図っており、累計3,000社以上の職場で定着支援を行ってきました。

その結果、今年度は就職後6ヵ月の定着率が過去最高の89.7%となりました。

\ 自分にあった就職支援の事業所を探す /

  

就労移行支援に相談する

就労移行支援は、仕事が続かない、あるいは仕事を辞めてしまった人にとって、非常に利用ができます。

就労移行支援事業所は、障害者総合支援法に基づく就労支援サービスで、就職を目指す障害者の方に対して、就職に必要な知識やスキルを習得するための支援を行います。

 就労移行支援は、障害者が一般就労に移行するためのトレーニングを行う福祉サービスです。

 仕事のスキルアップだけでなく、生活リズムの改善や対人関係スキルの向上など、就労に必要な力を総合的に養えるのが大きな特徴です

 私が働いているNPO法人「チームシャイニー」でも、就労移行支援を行っています。

 利用者の多くは、うつ病や発達障害などを抱えており、仕事の継続に悩んでいました。

 中には、長期の離職期間を経て、再就職に不安を感じている人もいます。

 就労移行支援では、まず個々の特性に合わせたアセスメントを行います。

 障害特性や適性、興味関心などを詳しく把握した上で、一人ひとりに合ったトレーニングプログラムを作成するのです

 例えば、発達障害の人には、スタッフが作業工程の視覚化や、スケジュール管理の方法などを学ぶプログラムを用意します。また、うつ病の人には、ストレス管理の方法や、自己肯定感を高めるプログラムなどを取り入れています。

こうした特性に合わせたアプローチが、就労移行支援の大きな強みだと言えます

 また、就労移行支援では、実際の職場を想定した訓練も行います。例えば、事務作業や清掃作業、接客業務などを通して、仕事の流れを体験的に学べます。これにより、自分に合った仕事や働き方を見つける手がかりになるのです

 就労移行支援を経て一般就労した人の中には、長く仕事を続けられている人も多くいます。就労移行支援で培ったスキルと自信が、仕事の継続につながっているのだと思います

 もし、あなたが「仕事が続かない病気?」と悩んでいるなら、就労移行支援の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

 専門スタッフが、あなたの就労を全力でサポートしてくれるはずです。就労移行支援を通して、新しいキャリアへの一歩を踏み出してみてください。

就労移行支援事業所は、全国にたくさんあります。自分に合った就労移行支援事業所を見つけて、就職に向けて一歩を踏み出しましょう

シバッタマン

おすすめのみっつを紹介いたします。

LITALICOワークス

【LITALICOリタリコワークスとは?評判・口コミ】ひどい?就職できない?費用料金?宗教?2ch!就労支援
【LITALICOリタリコワークスとは?評判・口コミ】ひどい?就職できない?費用料金?宗教?2ch!就労支援
シバッタマン

LITALICO(リタリコ)は、「障害のない社会をつくる」をビジョンに掲げ、障害に関するに事業をメインに行っている会社です。

LITALICOワークスは「就労移行支援事業所」であることに対して、 LITALICO仕事ナビは「全国の就労移行支援事業所や就労継続支援事業所を 大量掲載している就職支援サイト」になります。

LITALICOワークスでは入社後定着率を高めるための工夫として、採用選考の前に雇用前実習や企業インターンシップを積極的に行い、入社後のミスマッチを防いでいます

エリア全国(転職支援は一都三県中心)
対象年齢20代~40代
得意業種全業種
求人数1.8万件以上 ※就労支援所事業所数含む

2021年に東証プライムに上場しており、会社としての経営の安心です。

シバッタマン

LITALICOワークスから就職したは定着率がく、就業開始から6ヶ後の定着率は88%と、多くのが離職せずに働いています。

LITALICOワークスが提供している就労援の定着率がい理由として、定期的に就職者と企業の双にヒアリングを実施していることが挙げられます。

業務内容や勤務時間を調整し、継続的に働く環境作りをサポートすることで、LITALICOワークスの利用者は短期間で退職することなく働いているが多い模様です。


「企業に就職し、定着するまでがサポート」という理念を持ってスタッフがサポートしてくれるため、安心して利用することができるでしょう

\ とりあえず無料面談予約 /

welbe(ウェルビー)とは

【就労移行支援ウェルビーの口コミ・評価】障害者の実態はやめたい?最悪?落ちた?2ch?株式会社ウェルビー
【就労移行支援ウェルビーの口コミ・評価】障害者の実態はやめたい?最悪?落ちた?2ch?株式会社ウェルビー

障害のある方のための就労支援事業所ウェルビーです。

シバッタマン

ウェルビーとは? 「障害のある方の就職支援」を行うプロフェッショナルセンターです。 精神障害・発達障害・身体障害・知的障害・難病などを抱える方の「働きたい」という想いを叶える事業を展開しています。

障害のある方の特性と個性を捉え、本当の意味で自立し、自己実現ができるように支援していく仕事です。

項目補足
運営会社ウェルビー株式会社
対象地域北海道 宮城県 栃木県 群馬県 埼玉県 東京都 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 長野県静岡県 愛知県 三重県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 滋賀県 岡山県 広島県 愛媛県 香川県 福岡県 熊本県 長崎県 鹿児島県
事業所数(2022年/4月)101事業所
対象精神・発達・知的・身体・難病
就職実績累計 5731人 (2023年 1月)
就職実績(全体/2021年度)975人
半年定着率(2023年2月)90.5%
シバッタマン

就労移行支援welbe(ウェルビー)は業界のなかでは3本の手に入ります。

上場企業であり、東証マザーズにも上場しています。下記のように上場企業です。

就労支援だけあり、体調が悪かったり、生活リズムを整えたり、就職活動に備えたりなど、なかなか栄養バランスのとれた食事がとれない方も中にはいると思います。

\ 今すぐ資料請求をして確認 してみる/

ミラトレ

パーソルダイバースが提供する就労移行支援のサービスブランド名となります。

シバッタマン

ミラトレを運営するパーソルダイバースは、パーソルグループの特例子会社です。

障害のある方一人ひとりが「はたらく未来」を実現するために、 職業準備性を高めるためのトレーニングを提供する。就職した先の定着までを見据えた就労移行支援を行う、という想いを込めて名付けられました。

なんと1,000名超の障害のある社員が事務アウトソーシング事業領域で活躍しています。

項目内容
社名パーソルダイバース株式会社
本社〒108-0014 東京都港区芝5-33-1 森永プラザビル本館19F
資本金45百万円(単体)
※パーソルホールディングス100%出資
事業内容障害者雇用に関わる有料職業紹介事業・コンサルティング事業、就労移行支援事業、 事務アウトソーシング、食品の製造および販売、農業及び農産物の販売、 繭・生糸及び絹糸の加工並びにその製品・加工品の開発及び販売

パーソルダイバース株式会社では本サイトでも紹介していますDODAチャレンジも運用しています。

DODAチャレンジの口コミ・評判の記事は下記となりますのでご確ください。

\ 公式サイトで確認してみよう /

【仕事が続かない発達障害?】長続きしない病気よくある質問

仕事が続かないのは、性格的な問題でしょうか?

仕事が続かない原因は、性格的な問題だけでなく、うつ病や発達障害など、様々な要因が考えられます。

 例えば、うつ病の場合、仕事のパフォーマンスが低下したり、無力感や集中力の低下を感じたりすることがあります。

発達障害の場合、こだわりが強かったり、変化に適応しにくかったりする特性があります。

私自身、発達障害の特性から、仕事を続けることに苦労してきました。

 しかし、自分の特性を理解し、適切な環境で働くことで、徐々に仕事を続けられるようになりました。

 大切なのは、自分の特性を理解し、適切な支援を受けることです。一人で抱え込まずに、医療機関やカウンセラーなどの専門家に相談することをおすすめします。

転職を繰り返していますが、どうすれば仕事を続けられるでしょうか?

転職を繰り返している場合、自分に合った職場環境や仕事内容を見つけることが重要です。

 障害者用の転職エージェントを利用すれば、個々の特性に合わせた求人を紹介してもらえます。

 例えば、DODAチャレンジやリタリコ仕事ナビなどの転職エージェントでは、発達障害やうつ病など、様々な障害に特化した求人を扱っています。

 また、就労移行支援を利用して、仕事に必要なスキルを身につけるのも有効です。

 就労移行支援では、個々の特性に合わせたトレーニングプログラムを受けられます。

 例えば、LITALICOワークスやウェルビー、ミラトレなどの就労移行支援事業所では、発達障害者向けのプログラムを提供しています。

 私自身、転職を繰り返す中で、障害者用の転職エージェントを利用したことがあります。エージェントの方が、私の特性を理解した上で、適切な求人を紹介してくれたおかげで、今の仕事を続けられています。

発達障害が原因で仕事が続かないと診断されました。どのような支援があるでしょうか?

発達障害者向けの就労支援サービスとして、就労移行支援があります。

 就労移行支援では、個々の特性に合わせたトレーニングプログラムを受けられます。

 例えば、作業工程の視覚化や、スケジュール管理の方法などを学ぶプログラムがあります。

また、実際の職場を想定した訓練も行われ、自分に合った仕事や働き方を見つける手がかりになります。

また、職場での配慮事項について相談できる障害者職業センターもあります。

 センターでは、発達障害者の職場適応について専門的な知識を持つ職員が、個別の相談に応じてくれます。例えば、仕事内容の調整や、コミュニケーション面でのサポートなど、具体的な配慮事項を提案してもらえます。

 私が働いているNPO法人「チームシャイニー」でも、発達障害者向けの就労移行支援を行っています。

 利用者の方々は、それぞれの特性に合ったプログラムを受けながら、就労に向けて準備を進めています。必要に応じて、医療機関と連携しながら、総合的な支援を行っています。

 発達障害と診断された方は、ぜひ専門機関の支援を受けることをおすすめします。

適切な支援があれば、仕事を続けることは十分に可能です。

まずは、お近くの障害者職業センターや就労移行支援事業所に相談してみてください。

まとめ:【仕事が続かない病気?】仕事すぐ辞める人!長続きしない理由?辞めたくなる

いかがでしたでしょうか。

仕事が続かないという問題を抱えるあなたに、原因と対策について、様々な視点から詳しく解説しました。

 仕事が続かない背後には、プライドや理想と現実のギャップ、精神的な問題、発達障害の可能性など、多様な要素が関与している可能性があります。

 私自身も、発達障害とうつ病が原因で、仕事を転々としてきました。

 何度も仕事をやめた経験があります。

 しかし、自分自身の特性を理解し、適切な支援を受けることで、徐々に仕事を続けられるようになりました。

 具体的には、同僚に相談し、上司に業務調整を提案してもらったことで、心理的な負担が軽減されました。

 また、資格取得などの短期目標を立てることで、モチベーションを維持することができました。休憩時間の有効活用や、カウンセリングを受けることも、仕事の継続に役立ちました。

 さらに、障害者用の転職エージェントや就労移行支援を利用したことで、自分に合った仕事や働き方を見つけることができました。

私の経験から言えることは、自己理解と専門家の支援を受けることで、最適なキャリアパスを見つけることができるということです。

だからこそ、あなたにも自分自身を信じ、問題の原因を探究することを強くお勧めします。

本記事のまとめ
  1. 仕事が続かない原因は一つではなく、様々です。自己理解を深め、自分に何が影響を及ぼしているかを見つけることが重要です。
  2. 仕事が続かない原因として発達障害の可能性もあります。自分自身がそうである可能性があるなら、専門家の意見を求めることが有益です。
  3. 最適なキャリアパスを見つけ出すことで、仕事が続かない問題は改善可能です。自分に合った仕事を見つけ、自己価値を再評価することで、新たな道を切り開くことができます。

仕事が続かないという悩みは、解決不可能なものではありません。あなたが自分自身を理解し、支援を求める勇気を持てば、必ず解決の道は開けます。

【仕事が続かない病気?】仕事すぐ辞める人!長続きしない理由と対処?辞めたくなる

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次