皆様日々で悩んでいる精神疲労を解決するメディアです。

【発達障害・精神障害者の起業支援】助成金・在宅!ADHD社長が多い

【発達障害・精神障害者の起業支援】助成金・在宅!ADHD社長が多い

「発達障害者に適した仕事がないか探したけれど、ないのさ」

「精神障害者として自分の特性はみつかったけど、人間関係はやはり苦手、一人で起業したい」

「障害者雇用で勤務したものの、自分の良い会社はなかった」

シバッタマン

私自身はADHDとASPの併用であり、様々なことに興味をもっているため、会社で仕事をすると様々な仕事をしたくなります。また過集中のため仕事をしてもひたすらやって、納期などがあると体を壊してしまうとわかりました。

今回の記事では【発達障害・精神障害者の起業支援】助成金・在宅!adhd社長が多いについてお伝えします。

目次

【発達障害・精神障害者の起業支援】ADHDなどでも社長が多い理由!

自分の特性を把握しているのでメリットを活す仕事を

シバッタマン

私自身はADHDとアスペルガーの併用であり、様々なことに興味をもっているため、会社で仕事をすると様々な仕事をしたくなります。また過集中のため仕事をしてもひたすらやって、納期などがあると体を壊してしまうとわかりました。

発達障害とアスペルガーとなると自分に向いている仕事が社会にはないとかんじてくるんですよね。働いていても会社員は厳しいのではないかと考えるようになってしまいます。

発達障害や精神障害を持っていても、起業することは可能

シバッタマン

結果発達障害者は社長に向いているとききますし、調査した結果をお伝えします。障害を持つ方に適した起業の方法のに「在宅で開業」をすることができます。自宅を事業所として仕事をします。


オフィスや店舗を設けるとなると、新たに場所を設けなければなりません。当然費用も掛かります。自宅開業はこれらのコストをなくし、比較的低いコストで開業することができます。

【発達障害・精神障害者の起業支援】在宅で起業するうえでadhd社長のメリット

シバッタマン

障害者・発達障害者が起業するうえでのメリットをお伝えします。

初期投資・早期開業が比較的容易

障害者が自宅で起業すれば、店舗や事務所のスペースを借りる費用がかかりません。事業のために自宅を改装することや設備を設ける場合を考えても、在宅起業のメリットは大きいと思います。

相談者

そして、自宅などですぐに開業ができるのもメリットですよね。

障害者自身のスタイルで一人で働くことも

相談者

自分で起業をして在宅できんむするなら、会社との雇用形態を結びません。つまり、勤務時間や勤務場所がありません。生涯者が一人で働く時間や場所決めて働くことができます。


自宅で仕事を行う場合は、通勤などの移動もございません。

この移動時間の分も自由に活用できるので、時間にゆとりができ自分のペースで働くことができます。
障害や体調などの影響で、継続して通勤することが難しい方もいるのではないでしょうか。体調を見ながら働きやすく、安心です。

プライベートが重要できるため家族との時間が増える

シバッタマン

障害者で起業したい方の中には、介護を要する方や小さい子供、妻と共働きなどしている人が多いかとおもいます。

一緒に住んでいる方がいるのではないでしょうか。自宅から離れて仕事に行くことは難しいです。自宅で在宅起業すれば、家族と過ごしながら仕事を進めることも可能です。家事や育児・介護との両立もしやすくなります。

障害者が苦手な人間関係ののストレスが少ない

シバッタマン

発達障害者は人間関係のストレスをかかえて、二次障害でうつ病を発症してしまうひともいるかと思います。私も実際にそうでした。

自宅で仕事を行いますから、オフィスや通勤中のストレスがありません。よって対人関係でのストレスや困難のリスクを最小限にできます。
自宅で企業をすれば、人間関係の悩みはなくなります。健常者でも人間関係の仕事がトップではありますので障害者は余計苦労しているかと思います。その悩みが消えるだけでも他のストレスは何にもおもわないほど楽になりました。

【発達障害・精神障害者の起業支援】在宅で起業のadhd社長のデメリット

自分の勤務地・例えば障害者の自宅など安全を確保しなければならない

自宅の一部を店舗や教室、事業所にすることで、不特定多数の人間に自宅を知られることになります。たくさんの人間が自宅を訪れる機会も多くなります。
そのため、情報漏えいや盗難被害などには十分に注意しなければなりません。

セキュリティでの注意点
  • 住所など、個人情報の公開に注意する
  • 私生活に関わる場所には鍵をかけるなど、立ち入れないようにする
  • PC・インターネットからの情報漏洩を心配する必要がある

はじめは集客におけるマーケティング能力がが必要になる

シバッタマン

店舗や教室の事業を行う場合は、自宅のある立地状況が集客に影響しやすいです。静かな住宅街に自宅がある場合、人の目につきにくいデメリットがあります。

また、ネットで商売するにもWEBマーケティングやクラウドソーシングなどで仕事を受注する必要があります。そこらの知識は独立するうえではとてもぶきになりますので覚えておいたほうがよいでしょう。

看板や宣伝など、マーケティングを用いて「相手に知ってもらう工夫」が重要になります。

プライベートと仕事の分離をすることが難しくなる、過集中も注意

相談者

自宅と職場が同じ場所の場合、プライベートと仕事の線引きが難しいです。サボり過ぎても働き過ぎてもいけません。

また、得意なことをやって、過集中により必要以上に仕事をしてしまい体を壊してしまう可能性がありあります。これらの自己管理は管理者がいないので決めるのが、自分の意思にかかってきます。


起業をするのであれば事業を継続していくためには、自己管理が必須になってきます。

【発達障害・精神障害者の起業支援】おすすめはWEB系

シバッタマン

個人的にはIT関連の職種、WEB系やIT系についていたので在宅で働くにはとても向いていると思います。工程も別れていて仕事も得意な個所だけ担当、自分で構築、もしくは請け負えばよいと考えています。

店舗系

翻訳

シバッタマン

翻訳者の仕事というと、外国文学を訳す仕事を思い浮かべますが、圧倒的に多いのはビジネスに関連したマニュアルや契約書です。そのため輸出で成り立っている日本では需要の多い仕事になります。

 ほとんど部屋にこもりきりで仕事をし、打ち合わせもメールでやりとりするため、人間関係のストレスも少なく、人とかかわるのが苦手な人には向いている仕事です。

般的に翻訳家と言うと、代表的なのは文芸翻訳ですが、そのなかでもSFやミステリーなどがあり、そのほかにも科学や歴史などの学術書の翻訳、絵本の翻訳、ビジネス書の翻訳、雑誌の翻訳など他にもいろいろあります。

もし翻訳を仕事にしようとするのであれば、自分の得意分野を持っていることが大切です。そうしたことも考慮した上で、翻訳家としての雑学知識があり、日本語の表現力もある人は翻訳の仕事に向いています。

投資家

シバッタマン

専業投資家と似た言葉に兼業投資家がありますが、兼業投資家は会社勤めなど仕事をしながら、個人投資家として副収入を得ようとする人のことです。

専業投資家と似た言葉に兼業投資家があります。

兼業投資家は会社勤めなど仕事をしながら、個人投資家として副収入を得ようとする人のことです。

専業投資家は、株式や外貨など金融資産への投資活動だけで、生活に必要な収入を得ることを意味するのです。

 専業投資家の仕事は会社勤めをせず、自宅でインターネットさえ利用できれば実現します。会社での人間関係が必要ではないので、コミュ障向きだと言えるでしょう。

また住む場所についても、自由度が高まります。

 人との関わりを少なくするという面から、快適な場所を探せるのが専業投資家のメリットです。地方など住宅費の安い場所を選べば、生活に必要な資金が圧縮できます。投資で稼がなければならない生活費を、減らすことが可能

システム関連

プログラマーやテスター

システムエンジニアが作成した設計書に基づき、様々なプログラミング言語を用いてプログラムを制作する仕事です。

Webサービスの構築はもとより、ゲーム制作やアプリの開発にも欠かせない仕事であり、設計書がある分、他者との関りは少ないです。

プログラマーにはテスターとも呼ばれる仕事で、開発中のゲームをプレイすることで、不具合がないかをチェックする役割を担います。

シバッタマン

バグなどの不具合をしっかり報告する必要はあるものの、1人でできる作業なので、ゲーム好きな人にはおすすめです。

その人の技術力と、プロジェクトによります。 技術力があり、仕様書がきちんとしていれば、殆ど話さずに製造が進むことができます。スキルの向上を図ったほうがよいでしょうね。

システムエンジニア

システムエンジニアも1人でできる、人と関わらない職業の1つです。

この職業はシステムの設計や開発、テストを行うもので、基本的には1人で考えていき、人との関わりはありません。

プログラマーと似ていると言われることもありますが、内容は全くの別物であり、開発フェーズの上流工程と呼ばれる段階を任されることになります。

必要な知識や能力はネットワークのSEなのか、プログラミングのSEなのかなどで変わってきます。

また、SEへの就職を有利に進めるための資格があります。それが情報処理技術者試験です。これは経済産業省管轄の国家資格であり、それ相応の知識が求められます。また、情報処理技術者試験は数多くある情報処理に関する資格をまとめた総称のことです。

例えば、情報セキュリティーアドミニストレーター、上級システムアドミニストレーター、初級システムアドミニストレーター、テクニカルエンジニア、プロジェクトマネージャー、システムアナリストなどその種類は豊富です。

すべてをとらなければSEになれないというわけではなく、1つでもあればSEへの就職が楽になると考えるとよいです。もしこれから、SEになろうと考えている方は一度ご検討なさってみてください。

クリエイティブな仕事

1・WEBデザイナー

WebライターはWebメディアなどに掲載される文章を書く仕事です。Webライターには正社員として働いている人もいますし、近年ではクラウドソーシングなどを利用してフリーランスや副業として働いている人も多いです。

 Webライターもクライアントと打ち合わせで人と関わることのある仕事です。

 また、仕事内容に取材やインタビューが伴うこともあります。しかし、クライアントとの打ち合わせやインタビューはビデオ通話などで行われることも多いので、人と関わることは最低限な仕事だといえます。

発達障害の一人でできる仕事2・WEBライター

シバッタマン

Webライターは、まったく人に会わず、全ての作業を完結することができる仕事です。外に出たいけど出れない問題については、私の働き方にも原因があるのですが、とりあえずWebライターは、まったく人に会わなくてもできる仕事、ということができます。

直接人に会わないだけで、人に関わらないというわけではありません。企業や個人と契約したり、誰かから仕事を受注したりしている以上は、必ずその人たちとの繋がりが発生します。

Webライターに限らず、Webデザイナーや漫画家など、ほとんど人に会わないようなあらゆるジャンルの職業にいえることです。

直接、顔と顔を合わせたり、話したりする機会が極端に少ない仕事でも、人との関わりや必要なコミュニケーションがすべて無くなるというわけではありません。

発達障害の一人でできる仕事3・データ入力

シバッタマン

「データ入力」で検索すると、「電話応対あり」の案件と「電話応対なし」の案件が表示されます。

 電話応対ありの案件は、コールセンターの受付などのように、電話応対をしながら情報を打ち込むなど、データ入力以外にもメインの業務がある仕事が多いようです。

静かな環境で集中してデータを入力したい場合は「電話応対なし」の案件に応募するとよいでしょう。 「電話応対なし」の場合、時間帯を問わずに仕事ができるため、シフト制で深夜に働くことができるものや、在宅勤務可の案件などもあります。

 そのため昼の時間忙しい方でも働くことができます。ある程度PCスキルあり、ブラインドタッチができるのであれば、通勤するよりも自宅で働く方が効率的かもしれません。そういった場合は在宅のデータ入力に応募するというのもひとつの選択です。

動画編集

シバッタマン

動画編集作業も一昔前であれば動画編集はテレビ局などと提携している制作会社がおこなうものです。
現代は個人で動画を制作し、発表する時代です。

 フリーランス向けの案件が豊富にあるばかりか、自分でもYoutubeなどに動画をアップロードします。

 収入を得ることができます。動画編集に使うソフトウェアとある程度のスペックを持ったパソコンが必要ですが、逆をいえばそれさえあればすぐにでも始めることのできる人と関わらない仕事の1つです。

動画編集をすることができるソフトは色々とあります。

ィンドウズのムービーメーカー、Adobeプレミアなどが挙げられます。ムービーメーカーはウィンドウズ搭載パソコンならば基本的に実装されています。Adobeは購入する必要があります。

専門的なソフトが必要になる場合は自分に合ったもの、必要としている機能があるものを購入する必要があります。

アフィリエイト、ブログ

シバッタマン

人と関わらない仕事で紹介するのが、アフィリエイトです。私自身もアフェリエイトをやっていますが本当に人と接することはないですね。

アフィリエイトは、自分のサイトやブログに広告を貼り、広告の商品を買ってもらえると紹介手数料がもらえる仕組みです。

 広告はクリックされるだけでももらえるものがあります。

 アフィリエイトの良いところは、好きな時に、好きな場所で作業できることです。また、一度作ったサイトやブログをほっておいても、そこからお金を稼ぐことができます

常に自分が働いている必要はなく、自分の変わりにサイトやブログが働いて、お金を稼いでくれるのです。これが、アフィリエイトの良さと言えるでしょう。ただし、誰でも参加できやすく、参入障壁が低いのですが、稼げるまでに苦労します。最初はなかなか簡単に稼げないので、諦める人も多いです。

ゲームクリエイター

ゲーム制作会社にとして就職するメリットとしては、ある程度の安定した収入が得られることと、経験とスキルに応じて長期的なキャリア形成が可能なところです。

アルバイトやパートの場合は、ゲームクリエイターを目指す学生やゲーム制作の経験がある主婦、アルバイトから正社員を目指す人などさまざまです。

しかし、アルバイトやパートの場合は採用のハードルが正社員よりも低いため、チャレンジしやすいと言えるでしょう。

ゲーム制作ではプロジェクトに応じて外注を使うケースが多く、派遣のゲームクリエイターの需要が増えています。

派遣の場合は即戦力になる人材が好まれるため、派遣会社へ登録する際には経験やスキルをしっかりと伝えましょう。

フリーランスのゲームクリエイターは自分で仕事を受注する必要があるため、経験と実績が重視されます。

【発達障害・精神障害者の起業支援】 助成金の活用も検討してみよう!

個人事業税が減免

納税者ご本人又は扶養親族等が障害者であるときは、個人事業税の減免を受けられる場合があります。  障害のある方については、自動車税環境性能割・自動車税種別割についても減免を受けられる場合があります。詳しくは、「身体に障害のある方のために使用する自動車に係る自動車税等の減免は」をご覧ください。

引用元:納税者または扶養親族等が障害者であるとき(東京都主税局)
シバッタマン

上記に記載されてありますように個人事業税の減免を受けられる場合があります。

個人事業税とは?

個人事業税は地方税のひとつで、都道府県に対して納付します。 個人事業主が事業をするうえで行政サービスを利用していることから、その経費の一部を負担するための税金です。

減免の条件としては下記となります。下記の2つを両方を満たしていなければなりません

個人事業税の減免の条件とは
  • 合計所得金額が370万円以下
  • 納税者または扶養親族等が障害(*)


*「障害者」とは、身体障害・精神障害者手帳を持っている方、知的障害であると認定されている方などが該当
します。

高額医療費に該当した場合も個人事業税が減免

シバッタマン

障害を持つ方の多くは、定期的な通院をされている方が多いのではないでしょうか。通院により、高額医療費の支出があった場合も個人事業税が減免される場合ががあります。


減税の条件

条件は、医療費の合計額が(合計所得金額×20%-25万)<(医療費※保険金等による補てん部分を除く)であるこになります。


該当する医療費は、通院費はもちろん医薬品の料金、通院にかかる交通費、医療器具の代金などが該当します。

対象となる医療費用は下記です。

医師、歯科医師による診療又は治療を受けるために支出した費用
(2) 治療、療養に必要な医薬品の購入費
(3) 入院の部屋代や食事代
(4) 病院、診療所又は助産所へ入院や通院するために支出した交通費等(診療などを受けるために直接必要なもので、かつ通常必要なものに限る。)
(5) あんまマッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師などによる治療を受けるために支払った施術費
(6) 保健師、看護師又は准看護師による療養上の世話を受けるために支出した費用
(7) 助産師に対して支払った分娩介助科
(8) 医療用器具又は自己の日常最低限の用をたすために使われる義手、義足、松葉づえ、補聴器、義歯等の購入費 等
次のような費用は、医療費として算入できません。
 医師等への謝礼、親族へ支払う療養上の世話費、疾病予防や健康増進のための医薬品購入費、通院のための自家用車のガソリン代 等

引用元;高額な医療費の支出があったとき(東京主税局)

地域創造的起業補助の受給の可能性もあり

シバッタマン

「地域創造的起業補助金」を受給できる可能性があります。


最高で200万円まで受け取ることができます。受け取る条件は下記の通りになり、両方を満たしている必要があります。

地域創造的起業補助の受給の条件
  • 新たに設立した法人の代表となること
  • 事業のために新たに従業員を1名以上雇用すること



大きな利益があった場合を除き、返済不要という大きなメリットがあります。申請期間は毎年変わります。中小企業庁のサイトや市区町村の当該窓口(産業振興課など)に問い合わせてみましょう。

詳しくは「中小企業庁 経営サポート「創業・ベンチャー支援」」を確認してください。

参考:創業の手引、創業のポイント集|日本政策金融公庫

まとめ:【発達障害・精神障害者の起業支援】

いかがでしたでしょうか。

【発達障害・精神障害者の起業支援】助成金・在宅!ADHD社長が多いについておつたえしました。

【発達障害・精神障害者の起業支援】助成金・在宅!ADHD社長が多い

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします

発達障害のため転職経験も多いですIT業界で働いていたので、転職経験についてもお伝えします。

【資格】
Webディレクション資格認定者、Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)など他 IT資格を取得

オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次