皆様日々で悩んでいる精神疲労を解決するメディアです。

【退職代行サービスとは】選び方?人気を使いたい!やり方は?おすすめ

【退職代行サービスとは】仕事を辞めれるサービス?おすすめ会社やメリットやリスクを紹介

「明日からもう会社に行きたくない」

「心が重くて家から一歩も出られない」

「辞めたいけど、退職しようとすると周りから何を言われるかわからない」

近年テレビやネットなどに取り上げられ話題となっている「退職代行サービス」。ブラック企業を辞めたい、退職にあたっての人間関係がストレスなどといった悩みを抱えてる人に人気急上昇中の退職代行ですが、果たして本当に円満に仕事を辞められるのでしょうか?

今回こちらの記事ではそんな退職代行のサービス内容や、損害賠償や懲戒解雇のリスクについてをお話していこうと思います。退職代行を利用するか迷っている人についてお伝えします。

退職代行Jobs(退職代行)
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 24時間365日対応
  • 弁護士監修なのに27,000円
  • 即日退職に可能
  • 退職率100%!万が一だが退職できなけれ全額返金
  • 現金後払いOK
  • 全国対応全ての都道府県で代行実績
目次

【退職代行サービスとは】人気なの?使いたい人が増えてる

【退職代行サービスとは】仕事を辞めれるサービス?おすすめ会社やメリットやリスクを紹介

退職代行サービスの概要

シバッタマン

若い世代での離職や転職が珍しくなくなり、会社を辞める際に退職代行サービスを利用する若者が増えてきていると言われています。

退職代行サービスとは、このような自分で退職する手続きができない人のために、働いている本人に代わって、退職する旨を勤務先に連絡してくれる代行サービスです。

苦手な上長や嫌な会社に、自分で退職をする旨を伝えずに辞められるので、転職が当たり前になってきた現代に必要とされるサービスですが、

 退職代行は10年以上続いている

退職代行サービスは10年くらい前から存在しています。

シバッタマン

テレビでも退職代行サービスを利用して退職したという特集もくんでおり、身近なサービスで浸透してきたイメージがあります。退職代行サービスはなんと10年以上も前から存在します。

退職代行は、弁護士がおこなっていた業務でした。

弁護士や法律事務所では、残業の未払いや労務的な諸問題を解決するために、労働者に代わって退職の手続きをしてくれたり、会社側に交渉をしていたのが始まりです。

ブラック企業などは、コンプライアンスが守られていない会社が多いため、サービス残業や過度な残業時間、パワハラなど労務に関するトラブルは昔から問題視されていました。

「退職代行」というサービス名ではなかったのですが、内容としては今の退職代行とかわりはありません。
コンプライアンスを守らない会社が存在するため、労働者が気軽に申し込みやすいようにパッケージ化したような感じですね。

退職代行サービスがテレビでも報道されるほど認知されてきた

新入社員や中途入社で会社に入ったものの馴染めずに気分を病んでしまったときや、ブラック企業から抜け出したいときなど、自分で会社と交渉することが難しいときに使うと便利なサービスです。

最近ニュースなどで話題になり退職代行サービスの認知度や知名度が広まってきたイメージはありますね。

退職代行サービスの値段の相場は?

シバッタマン

退職代行の値段の相場についてです。退職代行の業者や依頼内容によって細かい料金は異なってきますが、退職代行の段の相場の相場は3〜8万円程度です。

この料金の差はサービスの内容の違いで発生しています。

 価格を高めに設定している業者の場合は、弁護士が付いていてなかなか辞めさせてくれない悪徳な企業でもしっかりとした法律の専門知識を使って退職代行を進めてくれたり、ブラック企業で精神的に追い込まれてしまった方のための心理カウンセラーが付いていたりするなど細やかなサービスがある場合が多いのです。

 退職の精神的ストレスや手間を考えて退職の代行をするという人が増えてきています。また、消化していなかった有給休暇の申請を行ってくれるサービスをしている退職代行業者もあるので、その分の有給分の金額で利用料を支払ってしまうという人も多いようです。

【退職代行サービスとは】人気の理由

【退職代行サービスとは】仕事を辞めれるサービス?おすすめ会社やメリットやリスクを紹介

メリット①勤務先の人と直接話す必要がない

勤務先の人と直接話す必要がない、もう顔を合わさなくてもよい、ということです。

このサービスを使おうとする心情は、「明日にでも辞めたい」というような、おそらく切羽詰まったギリギリの状態である場合が多いでしょう。そのため、職場の人とはもう一切関わりたくなくなっていて、ましてや退職の相談などできない状況にあると考えられます。

それを一手に引き受けて代行してくれるサービスとなれば、今すぐにでも活用したくなるサービスです。そこで、利用方法や詳細、注意点などについてご紹介します。

メリット②上司や会社に言いにくいことを代わりに伝えてくれる

もし会社士にたいして自分で退職することを電話で伝えたとします。

上司は「またこの話か。今度ゆっくり話しましょう」と、真剣に取り合ってくれないかもしれません。

シバッタマン

退職代行業者や弁護士が代わりに「〇〇さんの退職代行としてお電話しています」と連絡をしてくれば、園の人も「えっ、どういうこと?」とびっくりして、対応せざるを得なくなってきます。

あなたではなく退職代行サービスが間に入ることで、スムーズに即日退職まで進めることができるようになります。

メリット③保育士でも利用可能

シバッタマン

退職代行は保育士でも利用が可能となります。もう保育園の人たちと顔を合わせなくなることもメリットです。

 有給休暇が充分に残っていれば、即日退職も可能になります。

 保育士さんの場合は、子供好きの人が多いので園児の顔を見ると、決意が揺らいで退職することに罪悪感でいっぱいになってしまうかもしれません。

 そんなときに代行サービスを利用すると、縁をばっさりと切ることができるので、後ろを向かずにそこを抜け出し、次に進むことができるようになります。

④うつ病や障害でも自分が会社と交渉出来ない状態でも退職が可能

最難関である退職の連絡を会社にしてくれて、話を取りつけてくれるのが、退職代行サービスです。

労働者が心身ともにダウンしたりして、自分で退職のための行動を起こしにくい場合、退職代行サービスを利用することによって、その一歩を後押ししてくれます。弁護士による代行サービスであれば、面倒な交渉も請け負うことが可能です。

退職代行サービスを利用して、有給を使い即日退職が可能になれば、うつ病にも関わらず退職をさせてくれないというストレスから解放されて視野が広くなり、教養もできます。

シバッタマン

私の場合退職代行を利用しましたが、発達障害で二次障害のうつ病でしたので退職代行サービスを利用することで、退職に関わる手続きを全て実施してもらいました。傷病手当を含めてもです。本当に助かったというのが私の経験です。

【退職代行サービスとは】選び方ややり方

【退職代行サービスとは】仕事を辞めれるサービス?おすすめ会社やメリットやリスクを紹介

退職代行サービスの利用方法

退職代行サービス利用の流れは、以下のとおりです。

代行サービス業者に相談→費用の振込→希望日時に担当者が会社へ連絡

ひとつずつ説明します。

退職代行サービス業者へ連絡

シバッタマン

退職代行サービスを利用すると決めたら、代行サービス業者へ連絡をします。その際、LINE、電話、メールでの連絡が可能です。ヒアリングシートが送られてくるのでそれに記入し、返信します。

退職の意思が固まりきっていなくても大丈夫です。気軽な相談から始めて、詳細を確認してください。

退職代行サービスへの費用の振り込み

シバッタマン

退職代行サービスの場合退職代行サービスを利用することになると、決められた金額を銀行振込か、クレジットカードで支払いをします。

銀行振込の場合は、翌日扱いになることもあるので、即日退職したい場合にはちゅういしてください。退職代行サービスは入金を確認してから動くごとにになります。

後払いサービスの退職代行サービスもありますので、完全に退職できたらやめることが可能なサービスの利用もよいでしょう。

退職代行を利用する労働者の希望日時に担当者が会社へ連絡

シバッタマン

退職代行サービスへの振込が確認されると、代行サービスの担当者が、指定した日時に勤め先に連絡をします。このとき、自分自身は勤務先と話す必要は一切ありません。やり取りは、代行サービス担当者がすべて電話で行ってくれます。

その後、担当者から退職が受け入れられた旨の連絡が来れば、終了です。その後、退職手続きに必要な用紙が送られてくるので、それに記入して返信してください。

<H3> 費用をかけてまでやる必然性は薄いが「安心」を買うというメリットはある

【退職代行サービスとは】使いたいけど心配

シバッタマン

退職代行について法律の側面から考えていきます。退職代行業者による即日退職は、民法や労働基準法に則った方法での退職であるので、心配する必要はありません。

民法で退職代行は違法なのか?

退職代行は違法ではありますが、退職を伝える時期について、民法ではこのように述べています。

627条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申し入れをすることができる。 この場合において、雇用は解約の申入れの日から2週間を経過することによって終了する。

引用:民法627条(厚生労働省)

上記のように民法によると、無期雇用労働者である正社員労働者は、2週間前に退職の旨を伝えれば退職することができます。

会社の就業規則で「一ヶ月前に退職する旨を上長に伝える必要がある」と決められていたとしても、基本的には民法の「2週間」が優先されます。

シバッタマン

退職の理由は、人間関係の悩みや仕事が合わないからなど、どんな理由でも退職できます。

労働基準法に退職代行は違法なのか

即日退職をするためには、この民法に記載された2週間前の退職の申告に加え、労働基準法による有給についての記載があります。

[A10-1]労働基準法第39条第1項では、使用者は一定期間継続して勤務した労働者に対して、年次有給休暇を与えなければならないと定められています。 この年次有給休暇については、使用者は、労働者が請求する時季に与えなければならないと定められており(同条第5項本文)、使用者に命じられて取得するものではありません。

引用元:労働基準法第39条(年次有給休暇)について – 厚生労働省

労働基準法では、全労働日の8割以上出勤していて、入社から6か月以上経っている者に対しては、10日間の有給の付与を保証しています。

シバッタマン

退職代行サービスにより退職の旨を伝えるときに、2週間以上の有給休暇が残っていれば、退職するまでに出社する必要がなくなり、事実上の即日退職になります。

即日退職のため有給は調べておこう

この有給休暇の日数が、即日退職を可能にする要件です。有給休暇は、勤務期間が長くなればなるほど増えるので、何日残っているか事前に調べてください。有給休暇には期限があり、それが過ぎると消滅してしまうので、総務部に問い合わせるなどをして確認してください。

ブラック企業の事例

シバッタマン

ブラック企業で「うちの会社には有給休暇などない」と法律を無視しているところもありますが、労働基準法に照らし合わせるとその主張は認められません。退職代行サービスに頼めば問題ございません。

有給に関しては自分で計算して、残日を確認してください。そして、代行サービスに連絡をしてもらうときに、有給の日数を伝えてもらい、有給消化をしてから退職できるように話を進めてもらってください。こうすることで、即日退職が可能になります。

一方、有給休暇を使ってしまっている場合や、入社して6か月以内であると、残念ながら即日退職をすることはできません。それでも待てない場合は、会社と協議するしか方法はありません。

企業は退職前の有給消化を断るのは不可

シバッタマン

有給が14日以上あり、退職代行サービスを利用して、有給を消化する方法で即日退職をする場合、企業はそれを拒否できるのでしょうか。

企業には、例えば繁忙期に有給取得日をずらすことができる「時季変更権」があるのですが、退職者に関してはそれを行使することができません。

その時期をずらす日程が、退職者の場合は退職後しかないからです。そのため、退職者は退職前にまとめて有給申請をすることができるので、即日退職が可能になります。

【退職代行サービスとは】を使いたいけど選び方・やり方で確認事項

【退職代行サービスとは】仕事を辞めれるサービス?おすすめ会社やメリットやリスクを紹介

確認事項①悪徳な退職サービスを利用する

シバッタマン

本来、退職代行サービスは「辞めたいけど、そんなことを上司に言ってしまったら酷い目にあわされそう」と、普段から精神的に追い詰められ、苦しんでいる人を楽に退職させてあげるためのサービスです。

退職サービスが注目を浴びることにより、悪徳の退職代行の業者も存在するので申し込む際には気を付けなければなりません。退職サービスはどこを業者を利用するか、調査は必要となります。

サービスを実施している退職代行業者であっても、法律家ではないので会社と交渉や協議をすることはできません。

 もちろん、即日退職は労働基準法と民法に則って行うことができますが、急な退職によって会社に損害をもたらした場合や、有給取得についてなど、会社側から交渉を依頼してくる可能性がありますが、業者ではそれに対応することはできません。また、こちらとしても未払い賃金など請求がしたくても、その交渉を退職代行業者に依頼することはできません。

、偽の業者を利用してしまうと、勝手に法律に関することを会社と話して交渉をしたり、退職者の家族になりすまして電話をしたりと、後のトラブルにつながることを引き起こしかねません。

依頼をする際は、トラブルを避けるためにも、代行サービス業者の実態を必ず確認するようにしてください。

退職代行は弁護士に依頼すると安心

トラブルを避けるために、弁護士に依頼することをおすすめします。値段は業者よりも高くなることが多いですが、初めから弁護士に退職の処理を依頼すると安心でしょう。そうすることで、会社と協議や交渉になっても、自分がそこに出る代わりに、弁護士が合法的に対応してくれます。また、代行業者が対応できない残業などの賃金の未払いに関しても、弁護士なら交渉可能なので、安心して任せることができます。

以上の点を考慮すると、即日退職をする際は、トラブルが発生するケースも考えて弁護士に依頼する方が無難と言えるでしょう。

退職代行のトラブルを防ぐことも可能となります。

【退職代行サービスとは】安全なお勧めのサービスの選び方と会社を紹介

【退職代行サービスとは】仕事を辞めれるサービス?おすすめ会社やメリットやリスクを紹介

どの退職会社を選べば大丈夫なの?非弁行為に注意

シバッタマン

退職代行業者を利用しての退職で失敗してしまう1番の原因は「非弁問題」です。非弁行為とは弁護士資格のないものが営業目的として法律に関する事務行為を行うことを指します。

皮弁行為を説明すると弁護士資格のない人物が退職代行において法律に関する業務まで代行してしまうと違法になるということです。

第七十二条 弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、再調査の請求、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。

引用元:どの退職会社を選べば大丈夫皮弁行為(弁護法)

退職代行においては、退職日の調整や未払いの賃金の請求、有給休暇の取得の交渉などがそれに該当します。

 このような法律に関する内容の代行でもきちんと弁護士のいる退職代行業者であれば問題ないのでその場合は問題なく利用できるので安心してください。

逆に弁護士資格がないのにこのようなサービスを行っている業者を利用してトラブルにき込まれて会社側から訴訟を起こされてしまうと裁判で圧倒的に不利になってしまいます。また、トラブルなどが怒らず運良く退職できたという場合でも、依頼していた非弁業者がその後問題を起こした際に警察から事情聴取されるという可能性もあるので業者選びは慎重に行うようにしてください。

安全な退職代行業者の選択は

シバッタマン

危ない違法な退職代行業者に引っかからないために続きましては、退職代行業者選びのコツやチェックポイントについてを紹介していきます。

 安全な退職代行業者を見極めるには、まず第一に「弁護士資格の有無」の確認をしましょう。

退職代行を依頼できる先には「弁護士資格を持たない退職代行を専門としてる業者」と「退職代行を取り扱っている弁護士」の2種類があります。

 後者の弁護士に依頼するという場合はもちろん大丈夫ですが、後者の退職代行専門の業者を利用する際は真っ先にその業者に顧問弁護士が付いているかどうかをチェックしましょう。

 顧問弁護士がいるようであれば法に関する交渉や書類の手続きを行えるということになります。

 退職の意志を伝えて簡単な手続きを行うのみであれば弁護士はいなくても問題ありませんが、トラブルに巻き込まれないためにも弁護士のいる業者を選んでおくほうが良いでしょう。

 顧問弁護士がいるからといって非弁行為をやっていないとは言い切れないのであくまでも顧問弁護士の有無は最低ラインとしておくことをおすすめします。ここで注意しなくてはいけないのは、司法書士もしくは行政書士がいるから安心です!と弁護士以外の法律家を売りにしている業者です。司法書士や行政書士の資格があればそれなりに法律に関する手続きを代行してもらうことは可能になりますが、代行が可能な業務の範囲が弁護士と異なるので注意しましょう

おすすめの退職代行サービス

おすすめ① 退職代行Jobs(後払いOKです)

シバッタマン

辞めるんですは、後発ながら7,000件も退職代行実績がある人気のサービスです。


そして、費用も27,000円(税込)とて転職代行サービスの相場より安いにも関わらず下記の充実としたサービスがあります。

特に後払いOKが人気の秘訣です。

 退職代行Jobsのサービス
  • 24時間365日対応している
  • Jobsは弁護士監修なのに27,000円!!
  • 即日退職に可能である。
  • 退職率100%!万が一だが退職できなけれ全額返金
  • 現金後払いOK!!
  • 全国対応全ての都道府県で代行実績あり
  • 有給休暇の無料申請サポート
  • 無制限で相談可能
  • 案件に関わらず追加費用は一切不要
  • 退職が完了するまで期間無制限でフォロー

労働組合であり、顧問弁護士から業務指導も受けています。

デメリット・欠点といえる箇所が見当たらない退職代行サービスとなっています。

項目情報
会社名株式会社アレス
電話番号03-6279-3967
住所大阪府大阪市東淀川区上新庄3-14-12-1202
労働組合合同労働組合ユニオンジャパン

【退職代行サービスとは】を使いたいけど選び方・やり方で注意事項

【退職代行サービスとは】仕事を辞めれるサービス?おすすめ会社やメリットやリスクを紹介

今まで一緒に働いてきた人たちとの関係性が壊れてしまう可能性がある

シバッタマン

「周囲や残された従業員からの反感を買ってしまう」と思われる構いません。

精神状態が構わずとにかく一刻も早く会社を辞めたいや会社との縁を完全に断ち切りたいという人は全く問題ありません。

  退職代行を使うと今まで一緒に働いてきた人たちとの関係性が壊れてしまう可能性への覚悟が必要になります。

今の職場に信頼している人や、今後も関係を持っていたいと思える人はいるのであれば退職代行の利用は慎重に検討しましょう。

パソコンや会社の所有物は返却する必要がある

シバッタマン

取引先など個人の携帯やパソコンでやり取りを行っていたという場合は、個人的に退職したことを伝える必要が出てきます。

一般的に自分で行う退職の場合は、仕事の引き継ぎ期間等で挨拶回りなどができますが、退職代行を使ってもう職場には足を運ばないとなれば個人的に連絡をするしかありません。

同業種に転職する場合は退職後にあう可能性がある

 特に同業種に再就職するという人は今後もどこかで関わる可能性もゼロではないのでその辺りはきちんとしておいた方が今後のためです。

退職代行にはこのようなデメリットがあるので、退職代行を使う人はこのようなデメリットもきちんと理解した上で利用するようにしてください。

シバッタマン

私は3回ほどの転職経験があります。一社は退職した会社の人間と今でもやりとりをとっているのでもんだいありませんでした。ただ、もう一つの会社では取引先の担当者が次の会社でも同じ担当者でした。退職したことも取引先なのでなぜ退職したかについては把握されていませんでしたね。

損害賠償のリスクは0ではない

シバッタマン

退職代行サービスを使っての急な退職を行った場合、損害賠償や懲戒解雇のリスクはゼロではありません。ほぼありませんけどね。

退職代行業者であればそのようなことで訴えられる可能性は限りなく低いですが、一部では不正なことを行っている危ない業者も存在しています。

ニュースやネットなどで特に多く問題になっているのは、退職代行業者に依頼したにも関わらず勤務先の会社側とのやり取りが上手くできておらず、結果的には「飛んだ」ようになってしまって会社側から損害賠償の訴訟を起こされたというケースです。

憎しみが退職者ではなく、退職代行会社に向いてしまうこともあります。退職代行会社からの退職通知が届くと「退職代行会社を訴えることはできるか。このやり方は違法なのではないか」との相談を受けることがあります。

弁護士法上、弁護士以外が代理人として退職に関する交渉をすることはできないのですが、退職代行会社は退職の通知のみを届けることを代行するだけで、それ以外に代理行為はしないという理屈で適法とされております。

そのため、「残念ながら退職代行会社を訴えることはできません」と説明することが増えています。

引用元:退職代行許せない(弁護士ドットコムニュース)

損害賠償とは

 損害賠償とは、労働過程での故意や過失によって会社や利用者、第三者に損害を与えた場合に発生する責任と賠償金のことです。退職代行業者を利用して退職をする場合、基本的に利用者は退職代行業者としか連絡を取り合わないため退職代行業者と会社側が直接どのようなやり取りを行っているのかは正確には分かりません。

 そこを悪用する質の悪い退職代行業者に依頼してしまうと正規の手順で退職手続きが行われず、会社側とトラブルになり損害賠償請求に発展することがあるのです。

 リスクは低いが懲戒解雇をされる可能性もある

シバッタマン

退職代行サービスを利用して懲戒解雇されてしまったというケースも存在します。結果的には会社を辞められるので良いのではと思う方もいるかもしれませんが、良いことは一切ありません。

懲戒解雇とは、その会社の秩序を著しく乱したり悪影響を及ぼした労働者に対するペナルティーとして行われる雇用契約の解雇のことです。

懲戒解雇 …従業員が極めて悪質な規律違反や非行を行ったときに懲戒処分として行うための解雇. 就業規則や労働契約書にその要件を具体的に明示しておくことが必要です。

引用元:懲戒解雇(厚生労働省)

上記の事例を説明しますと、懲戒解雇は日本の労働間で許容されている罰として最も重い処分になっています。

懲戒解雇は例えば、「会社の経費を横領した」、「資格や経歴の大幅な詐称を行っていた」、「セクシャルハラスメントやパワーハラスメントを行った」などの法律にも触れる重大な過失を起こしたことに対して適用されます。

世界基準でも日本の労働者の立場は手厚く保護されていてその中でも最も重い罰である懲戒解雇を受けたという事実は、今後の再就職に甚大な影響を及ぼすのです。

悪質な退職代行会社を利用してしまうと、損害賠償のケースと同様に会社側からしたら飛んだように退職してしまったり、退職手続き自体が上手く行われず長期の無断欠勤とみなされて懲戒解雇の処分が下されてしまうリスクがあるのです。

【退職代行サービスとは】FAQ

退職代行って使っても大丈夫?どんな業者が安全?

退職代行の別記事でトラブルに紹介しましたが、これを読んで退職代行業者について本当に利用して大丈夫なのか不安になった方もいるかと思います。ただ、しっかりとした退職代行サービスを利用すれば問題ござません。悪徳な退職代行サービスやあまりにも安すぎる退職代行サービスはやめておきましょう。

退職代行って合法なの

退職代行というサービス自体に違法性はないのだろうか?と疑問に思った方もいるかと思います。結果から言いますと、「業者である第三者が依頼者に代わって会社に退職の意志を伝える」という行為自体は法律には触れません。また、「依頼者の代わりに退職に関する書類のやり取りを行う」というサービスも単純な事務処理程度の代行行為であれば法律的に問題ありません。つまり、退職代行は合法だということになります。

ただし、「退職日の調整」、「有給休暇の消化に関する交渉」、「未払い分の残業代や退職金などの賃金請求」などといった退職条件の交渉に関わる行為は弁護士資格が必要となります。なので、このようなサービスを行っている退職代行業者には弁護士が付いていなくてはいけません。弁護士がいないにも関わらず退職条件の交渉も代行している業者がいたら非弁行為として違法になるので注意してください。

退職代行サービスってクズってなに?そう思われるの

退職代行は歴史があるサービスです。

弁護士や法律事務所では、残業の未払いや労務的な諸問題を解決するために、労働者に代わって退職の手続きをしてくれたり、会社側に交渉をしていたのが始まりです。

ブラック企業などは、コンプライアンスが守られていない会社が多いため、サービス残業や過度な残業時間、パワハラなど労務に関するトラブルは昔から問題視されていました。

「退職代行」というサービス名ではなかったのですが、内容としては今の退職代行とかわりはありません。
コンプライアンスを守らない会社が存在するため、労働者が気軽に申し込みやすいようにパッケージ化したような感じですね。

昨今退職代行サービスが増えたためであり、弁護士や法律事務所、労働基準局が作った退職代行サービスです。けっしてクズではありません。

損害賠償や懲戒解雇のリスクはどれくらいあるの

損害賠償や懲戒解雇のリスクに関してましても結果的に言ってしまいますと、真っ当な退職代行業者を利用すれ心配はありません。

上記に例を挙げたように、会社に不利益を被ったと会社側が労働者に訴訟を起こすことはもちろん可能ですが、余程なことがない限りそんなことにはならないでしょう。何故なら、損害賠償の請求などの裁判を起こすのは会社側にとってとても面倒な行為だからです。裁判を起こすとなると弁護士を雇ったりする裁判費用や時間的なコストが膨大にかかります。たかだか1人の社員が退職する程度のことで会社側もそこまでのお金と時間と労力はさけないでしょう。実際に会社側が訴訟に勝って損害賠償を支払われたところで一切割に合わないのです。

なので、退職代行を使って退職をしたとしても訴えられる可能性は極めて低いので安心してください。

見積もり前の相談時にどこまでの代行を対応してもらえる

良心的な退職代行業者であれば、弁護士法の観点から可能・不可能な範囲の限界を説明してくれるはずです。弁護士資格のない退職代行業者であっても正直に法律に関わる範囲の代行はできないと教えてくれれば悪質な業者である確率はぐんと下がります。反対に質問した際に非弁行為でも可能だと答える業者は危険なので絶対に利用しないようにしてください。

 まとめ:【退職代行サービスとは】選び方?人気を使いたい!やり方は?おすすめ

いかがでしょうか。

【退職代行サービスとは】仕事を辞めれるサービス?会社やメリットやリスクを紹介についておつたえしました。

退職代行サービスの詳細でした。

退職代行サービスを使わずに、双方合意の上退職できるのが一番ですが、会社側が退職を受け容れてくれない場合、話し合いもすることができません。

そのようなトラブルを解決するのが退職代行サービスです。

どんな仕事に就いていても、我慢しすぎずにどうしても辞めたいときは、退職代行サービスを利用しても良い、ということを覚えておいてください。そして自由を手に入れて、次の一歩を踏み出して行ってください。

【退職代行サービスとは】仕事を辞めれるサービス?おすすめ会社やメリットやリスクを紹介

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします

発達障害のため転職経験も多いですIT業界で働いていたので、転職経験についてもお伝えします。

【資格】
Webディレクション資格認定者、Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)など他 IT資格を取得

オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次