皆様日々で悩んでいる精神疲労を解決するメディアです。

 【退職代行契約派遣社員体験談】1か月しか働いてない契約社員!雇用契約シフト制!即日

【退職代行契約派遣社員体験談】1か月しか働いてない契約社員!雇用契約シフト制!即日

退職代行サービスの話題ですが、「もし自分も利用できるのならば利用して会社退職したいな」と考えている契約社員、派遣社員の人もいることでしょう。

しかしニュースになるのは正職員の立場で退職代行サービスを利用してやめた、ということが多く、契約社員や派遣社員でも退職代行サービスを利用できるのかと悩んでいる人もいますよね。

 契約社員、派遣社員だからこそ、会社側から都合の良いように扱われ、ひどい労働環境の中で心身を擦り減らしてしまっている人も多いことでしょう。

シバッタマン

 今回の記事では【退職代行契約派遣社員体験談】1か月しか働いてない契約社員!雇用契約シフト制!即日についてお伝えします。

目次

【退職代行契約派遣社員体験談】雇用契約シフト制でも即日も可能

【退職代行契約派遣社員体験談】1か月しか働いてない契約社員!雇用契約シフト制!即日

派遣社員・契約社員でも退職代行サービスは利用は可能

シバッタマン

派遣社員・契約社員でも退職代行サービスは利用できます

しかし契約社員・派遣社員退職代行サービスを利用する際には注意が必要です。この記事では、契約社員、派遣社員が退職代行サービスを利用する際の注意点がございます。

契約社員、派遣社員でも退職代行サービスを利用して退職することができます。退職代行サービスを利用できるのは正社員だけではないのです。

正社員であろうと、契約社員・派遣社員であろうと退職の自由はありますから当然のことですね。もちろん、パートやアルバイトであっても退職代行サービスを利用して退職は可能です。

一部の退職代行サービス業者の中には、契約社員・派遣社員の退職代行は正職員よりも料金を低く設定している業者もあります。

退職代行サービスは契約社員の注意点

契約社員、派遣社員は雇用期限が設定されたうえで雇用され、働くものです基本的には契約社員、派遣社員は雇用期限より前に、個人の都合で退職をすることは認められていません。

契約社員は、基本的には契約期間が終了するまで勤務する必要ことが民法628条で定められています。

民法第628条によると、雇用の期間を定めたときといえども、やむを得ない事由がある場合は、各当事者は直ちに契約を解除することができることとされています。 しかし、その事由が当事者の一方的過失によるときは、相手方に対して損害賠償に応じなければならないと定められています。

引用元:民法628条(大阪労働局厚生労働省)

契約社員は、基本的には契約期間が終了するまで勤務する必要ことが民法628条で定められています。

ただし、労働者本人と会社側の双方の合意があれば、期限前の雇用期間内でも退職は認められます。

長時間残業やサービス残業やパワハラ・セクハラなどの契約社員として労働環境が悪かったとするのであれば、そちらが法令違反になります。労働環境によっては、契約期間終了前でも「やむを得ない事情」ありとして退職が認められます

シバッタマン

契約社員で退職を心配している人も退職代行サービスに相談することはあります。正社員だからと契約社員に対して、扱いがひどいとしっぺ返しをくらうことになります。会社側としてはコンプライアンスをまもるように常に検討しましょう。

双方の合意のもとで円満に退職可能な会社ならば、退職代行サービスを利用しようとはそもそも思わないはずですよね。「じゃあ、派遣社員・契約社員の自分は、雇用契約がくるまで退職できないの?我慢するしかないの?」とがっかりしなくても大丈夫です。

契約社員、派遣社員が契約期間内であっても退職できるケースもいくつか大家団がありますので説明いたします。

【退職代行契約派遣社員体験談】雇用契約シフト制を確認しよう!即日も可能

やむを得ない事情がある場合は退職はできる

シバッタマン

契約社員であっても妊娠、出産や病気などやむを得ない事情がある場合には契約社員、派遣社員が契約期間内であっても退職することができます。

その他にもやむを得ないケースとは下記のようなものが考えられます。

契約社員や派遣社員でもやむを得ないケース
  • 本人の妊娠、出産
  • 本人の病気
  • 家族の病気による介護
  • 契約時の労働条件と相違があった場合(休日設定、賃金、残業等)
  • いやがらせ行為があった場合(セクハラ、パワハラ)

上記はやむを得ないケースと判断されます。社員や契約社員であっても雇用期間内でも退職可能です。

 妊娠や出産、病気の場合には診断書を提出すれば職場も退職を認めてくれます。

ただ、契約時の労働条件と相違があった場合や、いやがらせ行為があった場合に関しては、会社側は認めようとしない可能性が高いです。

やむを得ない証拠を提出する必要がありそうです。会社側と泥沼の争いになってしまい、なおいっそうのいやがらせを受けてしまう可能性も考えられなくはありません。

期間の定めのある『契約社員』の方が契約期間内で退職する場合、 『やむを得ない理由』があれば退職は可能です!

 契約開始から三年、五年経過している場合

シバッタマン

契約社員、派遣社員に関して会社は「三年、五年を超える期間について締結してはならない」と労働基準法で定められています。

同一の使用者(企業)との間で、有期労働契約が更新されて通算5年を超えたときは、労働者の申込みに
より、期間の定めのない労働契約(無期労働契約)に転換できるルールです。

 法律上は、契約期間が通算5年を超えた労働者が「申込み」をした場合に、無期労働契約が成立します。(無
期労働契約の開始時点は、申込時の有期労働契約が終了する日の翌日からです。)
 そのため、無期労働契約への転換にあたっては、労働者ご自身で「申込み」を行うことが必要です。

(労働契約法第 18 条:平成25(2013)年 4 月 1 日施行)

引用元:有期労働契約が更新されて通算5年(厚生労働省)

3年、もしくは5年以上派遣社員・契約社員で同じ会社で勤務している場合、3年以降、5年以降は期限なしの雇用に切り替わるということも、労働基準法で定められています。

契約社員、派遣社員であっても3年以上、あるいは5年以上同じ職場で勤務していれば、労働者側からいつでも自由に退職を希望する権利を持っていることになるのです

契約開始して1年を経過している場合

シバッタマン

労働基準法第14条では1年を超えて3年以内の労働契約を結んだ場合は、働き始めてから1年が経過していれば労働基準法第137条の規定により、当面の間はその使用者に申し出ることにより退職が可能です。

労働基準法第14条では、専門的労働者等の一部の例外を除いて3年を超えて労働契約を結んではならないとされています。なお、1年を超えて3年以内の労働契約を結んだ場合は、働き始めてから1年が経過していれば労働基準法第137条の規定により、当面の間はその使用者に申し出ることにより、いつでも退職できることとなっています。

引用元:有期の労働契約を結ぼうと思っているのですが、労働基準法には契約期間の制限はありますか。(厚生労働省)

自分の雇用期限が1年か3年なのか、5年なのかを確認してみましょう

契約社員・派遣社員であっても勤務開始から1年を経過していれば、雇用期間内であっても退職が可能です。上記でもおつたえしましたが、労働者の意思で退職を申し出ることができる、と労働基準法で定められています。

シバッタマン

契約社員・派遣社員だから自由に退職を言い出せない、と悩んでいる方もいかがでしょう。契約社員でも派遣社員でも、契約期間内に退職をすることは可能ですよ。

【退職代行契約派遣社員体験談】1か月しか働いてない契約社員でも体験談

【退職代行契約派遣社員体験談】1か月しか働いてない契約社員!雇用契約シフト制!即日

パワハラなら1か月しか働いてない契約社員でも退職可能な体験談

厳しい指導をされても正論であれば理解できますが、パワハラを行う上司や先輩もいます。

 自分が部下のため自分が弱い立場にいると、反論することは簡単ができないのが現状ですね。ストレスが溜まり仕事を辞めたくなってしまう人がいます。

上司から理不尽な扱いを受けることにより、仕事を辞めたくなる人もいます。自分が悪くないにもかかわらず、「怒られる」「謝罪をしなければならない」という状況は、とてもストレスが溜まりますね。

パワハラとは

パワハラとは、「労働施策総合推進法」第九章 第三十条の二に規定されている職場における行為です。

パワハラの定義
  1. 優越的な関係を背景とした言動
  2. 業務上必要かつ相当な範囲を超えたもの
  3. 労働者の就業環境が害される

令和2年6月1日施行の労働施策総合推進法の改定により、パワハラ対策は事業主の義務であり、相談などを理由とする不利益な扱いも禁止されています。

優越的な関係とは、上司と部下・業務上必要な知識や経験の差・集団での個人攻撃などがあります。

業務上必要かつ相当な範囲を超えるとは、身体的な特徴や病気のことを話すなど、業務上明らかに必要性のない言動のことです。

就業環境が害されるとは、身体的または精神的な苦痛により、不快な職場となり能力の発揮に司法が出てしまうことを指します。

パワハラは、国の法律で発生させないことを企業へ求めた社会問題なのです。この場合は退職代行を利用できます。

SNSでも多く見られるパワハラでの体験談

これ本当にそう思う。パワハラを受けて辞めた会社で去年入社した新入社員が2か月で退職代行サービス使って辞めたけど、それをパワハラしてる人達は「退職代行サービス使うとかありえない!甘えてる」や「常識がない」等、色々な人が居る前で数人で大声で話してたけど、退職代行使われるのは会社自体がダメなんだと気が付いた方がいい。辞めるさえ言えないくらいもう来たくないんだと会社がやばいのだと気が付くべき。

【退職代行契約派遣社員体験談】契約社員が退職代行の利用時・業者選びで気をつけたいポイント

【退職代行契約派遣社員体験談】1か月しか働いてない契約社員!雇用契約シフト制!即日

費用が安い退職代行サービスは連絡をとり検討する

シバッタマン

後述しますが、弁護士資格を持たない退職代行サービスは費用の安さがメリットになります。その場合は安いだけありリスクも伴います。

費用が安い退職代行サービスでは、契約社員、派遣社員の退職代行の場合には、正職員と比べてさらに安い代金で提供している退職代行サービス業者もありますので注意してください。

連絡手段はさまざまなので費用が安い退職代行サービスに質問してみよう

 弁護士資格を持たない退職代行サービスでは、面談方式での連絡方法に限らず、電話、メール、LINEなどさまざまな方法で問い合わせ、申し込みが可能です。わざわざ相談のために退職代行サービスの会社を訪れる時間がない契約社員・派遣社員の人は助かりますね。

弁護士資格を持つ退職代行サービスを選ぶ

退職代行サービスは、弁護士資格を持たない業者が提供するサービスと、弁護士資格をもった人が提供するサービスの2種類があります。それぞれ取り扱える業務内容が異なります。

弁護士資格がない退職代行サービス

シバッタマン

弁護士資格を持たない業者による退職代行サービスの場合、業務内容は「本人に代わって会社側に退職の意思を伝える」という伝達行為のみとなります。

もしも退職代行サービスが本人に代わって退職の意思を伝えても、会社側が「退職させない」と言った場合には、労働者は退職することはできません。弁護士資格を持たない人は「どうしても退職させるように、」と会社に交渉することはできないのです。トラブルの仲裁、交渉は法律によって弁護士のみと定められています。

弁護士資格がある退職代行サービス

シバッタマン

弁護士資格をもった退職代行サービスでは、本人に代わって退職の意思を会社に伝えることはもちろんのこと、万が一会社側が「退職は認めない」と言った場合には違法性を追求して、労働者を退職させるように交渉もすることができます

これまでに退職届を提出していたのに受理されない、という契約社員・派遣社員の方は弁護士による退職代行サービスのほうがスムーズに退職することができるでしょう。

契約社員・派遣社員であっても、弁護士資格のない業者、弁護士資格をもった退職代行サービスのどちらも利用することができます。

即日退職可能な退職代行サービスを選ぶらなら弁護士資格を確認

退職代行サービスの中には、即日退職可能と謳っている退職代行サービスがおおくあります。

シバッタマン

契約社員や派遣社員はつらい職場、ブラック企業の場合には辛い環境でしょう。1日でも早く退職したいものですから、すぐにでも退職できるのは助かりますね。

スムーズに退職するなら弁護士による退職代行サービス

冒頭でもおつたえしましtが、契約社員・派遣社員から出された退職届を、会社側が受け取らないことは、法律で禁じられています。

シバッタマン

弁護士による退職代行サービスによって提出された退職届を会社が受け取らなかった場合、弁護士は違法性を追求し、退職届を受け取るように会社側に伝えることができます。

弁護士資格のない退職代行サービスは、あくまでも契約社員・派遣社員本人に代わって退職の意思を会社側に伝えることしかできません。万が一、会社側が退職届を受けとることを渋った場合、退職届を受け取るように交渉することはできないのです。

【退職代行契約派遣社員体験談】雇用契約シフト制の方が利用する前の確認事項

【退職代行契約派遣社員体験談】1か月しか働いてない契約社員!雇用契約シフト制!即日

①退職できるかどうかを確認する

シバッタマン

冒頭でもふれましたが、契約社員、派遣社員であっても勤務開始から3年、もしくは5年経過すれば退職を願い出ることができます。

自分の雇用契約は何年契約であるのかを確認しておきましょう。

また3年、5年経過していなくても、勤務開始から1年経過していれば退職可能です。自分の勤務年数を確認してから退職代行サービスを利用しましょう。

②退職後の金銭や生活を検討!雇用保険や失業保険

シバッタマン

契約社員・派遣社員の場合には退職金が出ないケースが多くなっています。退職後、次の仕事を見つけるまでの生活費の工面としておきましょう。

ブラック企業からの退職であっても、契約の相違による退職であっても、退職代行サービスを利用して退職した場合には、退職理由は自己都合となります。自己都合退職の場合には、失業保険金はすぐに給付されないケースがあります。

また、失業保険が給付されるのは雇用保険に加入し、12か月支払っていた場合です。他にも失業給付金を受け取るには条件があります。自分が失業保険の給付を受けることができるのかを確認しておきましょう。

③損害賠償を請求される可能性がないか確認する

シバッタマン

契約期限である3年、5年未満での退職の場合は契約違反となります。可能性としてはひくいことではあります、会社側から損害賠償請求されることもあり得ますのでしっかりとした退職届の手続きが必要になります。

弁護士による退職代行サービスの場合には、損害賠償請求も含めて対応してくれますが、弁護士資格のない退職代行サービスの場合には、損害賠償を請求された場合には自分で対応しなければいけません。

④転職活動の準備をしておこう

派遣社員、契約社員の場合には勤務先の会社によって保険関係の手続きや加入状況が異なっています。自分の勤務先の条件がどのようになっているのかを確認しておきましょう。

また転職エージェントに質問しておくのもよいかもしれません。

⑤利用する退職代行サービス業者の信頼性を調査

退職代行サービスは新しい業種です。

 法律による整備も整っていない業界ですので、悪徳業者も紛れ込んでいる可能性も否定できません。自分が利用を検討している退職代行サービス業者が信頼できる業者であるのかどうかを確認しておきましょう。

調査事項
  • HPに企業情報が掲載されているか
  • 企業情報に代表者氏名が記載されているか
  • 電話番号が記載されているか
  • 電話番号は携帯電話番号ではないか
  • 会社所在地が実在する住所であるか
  • ネットで口コミや利用した人の情報が出てくるか
  • ネットで詐欺、悪徳業者として口コミされていないか

⑥複数の会社を退職代行サービスをリサーチ

退職したいときは、1日でも早く退職したいのでつい急いで探して1社目に決めてしまうのは危険です。かならず数社を比較、検討したうえで信頼性、代金が妥当な業者に決めましょう。

退職代行サービス業者によっては、即日で退職可能と謳っている業者もあります。退職代行サービスを利用してまで退職したい場合は、すぐにでも1日でも早く退職したいという人が多いことでしょう。

⑦退職までどれくらいの期間を要するのかを確認しておく

退職代行サービスに申し込みをしてから最短でどれくらいの期間で退職が可能なのかを確認するようにしましょう。弁護士による退職代行サービスの場合、担当弁護士が他にも案件を多数抱えている場合、着手までに時間がかかってしまう場合もありますので注意しましょう。

【退職代行契約派遣社員体験談】派遣社員は派遣会社にバレない?

【退職代行契約派遣社員体験談】1か月しか働いてない契約社員!雇用契約シフト制!即日

派遣会社には退職代行を利用したのはしられてしまう?

シバッタマン

派遣社員が退職代行サービスを利用して退職しようとした場合、派遣会社にバレないように退職することはできません。派遣社員の雇用契約は派遣会社と結ばれています。派遣先と直接雇用契約を結んでいるわけではありません。

派遣社員が退職代行サービスを利用した場合には、退職代行サービス業者は派遣会社に退職届をおこなうことになります。

仮に退職代行サービスが就労先の企業に対して、派遣社員に代わって退職届を代理提出したとしても、就労先では必ず派遣会社に連絡を入れます。

派遣社員が派遣会社にバレないように就労先を退職することは不可能でしょう。

派遣会社に次の会社を紹介してもらえる

派遣社員で退職代行サービスによって退職した場合は、次の派遣先を紹介してもらえないとかんがえましょう。

シバッタマン

派遣社員であっても退職代行サービスは利用することができます。しかし、どんなにブラック企業であっても契約期間途中で退職をすることは契約違反となります。

派遣社員が契約途中で退職してしまった場合、派遣会社は派遣先の企業から損害賠償請求されることや、派遣契約を打ち切られてしまいます。

派遣会社では派遣したスタッフが契約途中に自己都合で退職することは非常に重大なことだと受け止めます。

派遣社員が退職代行サービスで退職をする際には、退職の前に次の就職先、もしくは他の派遣会社を探しておくようにしましょう。

法律的には契約期間途中で自己都合退職は可能であっても、そのせいで被害や損害を被る人たちもいることも理解が必要です。

【退職代行契約派遣社員体験談】FAQ?

契約社員・派遣社員でも退職代行サービスを利用可能か?

自分が利用しようとしている退職代行サービスが、契約社員・派遣社員でも利用かのうかどうかは必ず確認しましょう。退職代行サービス業者によっては、契約社員・派遣社員の退職代行を取り扱っていない場合もあります

退職代行サービスで契約社員・派遣社員成功率はわかる?

退職代行サービスは新しいサービスです。サービス内容や対応については玉石混合の分野と言えます。また弁護士資格をもたない退職代行サービス業者の場合には、スムーズに退職できない場合もあり得るのです。

自分が利用したいと検討している業者を実際に利用した人の口コミや退職成功率についてもあらかじめリサーチしておきましょう。

派遣社員・契約社員でも代金は妥当であるかどうか

自分が利用を検討している退職代行サービス業者が、取り扱い業務内容と比べて高すぎないか、安すぎないかを確認しておきましょう。

覇権社員が退職代行を利用した場合に利用がバレる

退職代行サービスが就労先の企業に対して、派遣社員に代わって退職届を代理提出したとしても、就労先では必ず派遣会社に連絡を入れます。

派遣社員が派遣会社にバレないように就労先を退職することは不可能でしょう。

まとめ:【退職代行契約派遣社員体験談】1か月しか働いてない契約社員!雇用契約シフト制!即日

いかがでしたでしょうか。

【退職代行契約派遣社員体験談】1か月しか働いてない契約社員!雇用契約シフト制!即日についてお伝えしました。

利用する退職代行サービスによっては、確実に退職できないこともありますし、中には悪徳業者も存在しています。契約社員・派遣社員が退職代行サービスを利用する際には、まずは自分の雇用契約を確認し、自分の希望にあったサービスを提供してくれる、信頼できる退職代行サービスを選択しましょう。

次は、自分に合ったのびのびと働ける職場に出会えると良いですね。

派遣社員や契約社員でも利用できる退職サービスをお伝えします。

おすすめ① 退職代行Jobs(後払いOKです)

シバッタマン

辞めるんですは、後発ながら7,000件も退職代行実績がある人気のサービスです。


そして、費用も27,000円(税込)とて転職代行サービスの相場より安いにも関わらず下記の充実としたサービスがあります。

特に後払いOKが人気の秘訣です。

 退職代行Jobsのサービス
  • 24時間365日対応している
  • Jobsは弁護士監修なのに27,000円!!
  • 即日退職に可能である。
  • 退職率100%!万が一だが退職できなけれ全額返金
  • 現金後払いOK!!
  • 全国対応全ての都道府県で代行実績あり
  • 有給休暇の無料申請サポート
  • 無制限で相談可能
  • 案件に関わらず追加費用は一切不要
  • 退職が完了するまで期間無制限でフォロー

労働組合であり、顧問弁護士から業務指導も受けています。

デメリット・欠点といえる箇所が見当たらない退職代行サービスとなっています。

項目情報
会社名株式会社アレス
電話番号03-6279-3967
住所大阪府大阪市東淀川区上新庄3-14-12-1202
労働組合合同労働組合ユニオンジャパン
【退職代行契約派遣社員体験談】1か月しか働いてない契約社員!雇用契約シフト制!即日

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします

発達障害のため転職経験も多いですIT業界で働いていたので、転職経験についてもお伝えします。

【資格】
Webディレクション資格認定者、Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)など他 IT資格を取得

オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次