皆様日々で悩んでいる精神疲労を解決するメディアです。

【退職代行サービス看護師おすすめ】失敗?即日!その後やブログ!新人看護士など突然の体験談

【退職代行サービス看護師おすすめ】失敗?即日!その後やブログ!新人看護士など突然の体験談

退職代行サービス看護師おすすめと聞きますが、なぜでしょうか。

今回の記事では看護師が退職代行を利用する場合の体験談や注意事項などを説明いたします。

シバッタマン

今回の記事では【退職代行サービス看護師おすすめ】失敗?即日!その後やブログ!新人看護士など突然の体験談についてお伝えします

「看護師資格があれば、いつでも自由に働けるね」って言う人もいるけど、実際はそんなに甘くない。一度就職するとなかなか退職希望を受理してもらえず、退職代行を使ってようやく脱獄できる真っ黒な業界ってことがよくある

こちらでは、退職代行を利用する女性の中でも特に多い職種の「看護師・介護士・保育士」にスポットをあてて、その背景を探っていきたいと思います。

目次

【退職代行看護師おすすめ】突然辞める利用する人が多い理由

働く女性が増えたうえで特に看護師での退職代行の利用が増えた

例えば、厚生労働省のホームページに掲載されてある「平成30年国民生活基礎調査」の「世帯数と世帯人数の状況」の「4  児童のいる世帯の状況」によると、「児童のいる世帯における末子の母の仕事の状況」で「仕事あり」の割合は、72.2%であり、「上昇傾向にある」そうです。つまり、働く女性が増えた結果、必然的に退職代行の利用者数も増えてきたというわけです。

引用元:平成30年国民生活基礎調査(厚生労働省)

シバッタマン

厚生労働省の分析によると、働く女性は「今後も増えていく」とのことですから、退職代行の利用者も同様に増えていくことでしょう。中でも退職代行業者を利用する女性の職種で多いものは何だと思いますか?

それは「看護師」になるそうです。確かにどのお仕事もやりがいは非常にある反面、責任がかなりあるお仕事ですよね。

退職代行を使う看護師は増えいている


看護師と言えば、国家資格であり、手に職の一生ものの仕事ですよね?

 しかも、大きな病院になれば託児所があったり、お給料も他の職種の女性と比べても、決して安くはありません。お

  日本では、結婚はまだしも、妊娠を機に退職する女性はまだまだ多いようです。その中では妊娠を機に退職する割合が低く、仮に退職しても比較的戻りやすい環境にあるのが、看護師ですよね。

看護師の退職代行を利用する理由①労働環境

 

シバッタマン

看護師は女性労働者の中でも、退職代行を利用する方が多いのでしょう。一番の理由としは、「職場環境に問題がある」ではないでしょうか。

ここ10年ほどで男性も見かけるようにはなりましたが、看護師はまだまだ女性が圧倒的に多い職場です。女性が多いということは、そのコミュニティは、非常に複雑である可能性が高いと考えて間違いないでしょう。

看護師の退職代行を利用する理由②ハラスメント

「患者からのセクハラやモラハラ、パワハラなどのハラスメントが多いこと」も退職代行業者を利用する理由として考えられると思います。

看護師の退職代行の利用増加につながっているようです。なぜならば、正社員を辞める理由の多くがいわゆるマタニティハラスメントやモラルハラスメントなどの「ハラスメント系」だからです。

病院に来られる患者さんは、お年を召された方が多いでしょう。なぜならば、子どもや働き盛りの方々は、放っておけない怪我や病気のときにしか、病院を利用しないからです。

シバッタマン

退職希望者本人は早く辞めたくても、昨今の慢性的な人手不足により、退職の話がスムーズに進まないようです。

ここまでの内容を踏まえたうえで、正社員で働いている女性で退職代行業者を利用しようとしている方に知っておいて欲しい「ハラスメント」の種類をご紹介します。

とお年を召された患者ですが、その方たちが現役世代としてバリバリ活躍していた頃は、セクハラやモラハラのようなハラスメントという概念は、一般的に浸透していませんでした。何がセクハラで、何がモラハラで、何がパワハラなのかが、なかなか理解していただけていないようです。

一方、そのハラスメントを受ける看護師としては、仕事を辞めたくなる理由になりますよね。

ところが、それを先輩や上司に相談しても、「おじいちゃんだから〜」とか「患者さんだから〜」と言ってまともに請け合ってもらえないことのほうが多いようです。

シバッタマン

看護師に多いハラスメントは下記の通りです。

看護師に多いハラスメント
  • ラブハラスメント
  • マリッジハラスメント
  • マタニティハラスメント
  • パワーハラスメント
  • セクシャルハラスメント

ラブハラスメント

シバッタマン

「ラブハラスメントという言葉は聞いたことがありますか?ラブハラとは、「恋愛に関する話題を振って、相手に精神的苦痛や不快な思いをさせる」ハラスメントのことです。具体例を会話形式にして分かりやすく説明します。

「さんって、彼氏いるの?」

「彼氏欲しくないの?」

「え~。それって彼氏ができないことへの言い訳じゃないの?」

看護師はいそがしいですし、それにも関わらず恋人はいて当たり前のものではありません

恋人のいることだけが幸せではありません。

シバッタマン

当たり前のことではありますが、恋愛以上に興味のあることがあっても、何ら不思議なことではありません。それにもかかわらず、「恋愛=幸せ」と価値観を決めつけて、恋愛の話ばかりするのは、まさにラブハラになります。

見た目から勝手に恋愛経験に乏しいと判断し、恋愛経験を聞き出そうとしたり、明らかに恋愛に興味がないことが分かるのにわざと恋愛の話ばかりするのもラブハラになります。ラブハラは立派なハラスメントなので、退職したいと思うのは当然のことでしょう。

マリッジハラスメント

シバッタマン

皆さんは「マリッジハラスメントという言葉は聞いたことがありますか?

マリハラとは、「未婚者に対して執拗に「結婚しないの?」「だから結婚できないんだよ」など、結婚しない理由を詮索したり独身でいることを責めたりする」ハラスメントのことです。具体例を分かりやすく話し言葉で示します。

「結婚まだしないの?」

「結婚に興味ないの?」

マリハラはひと言でいえば“余計なお世話”になります。結婚は本当にタイミングですから、その“タイミング”を赤の他人が「まだか?まだか?」というのは、他人の家に勝手に土足で上がり込むのと同じくらいデリカシーのない行為です。

結婚したいけれども相手がいない人に対し、「結婚はまだ?」なんて言うのは常識がなさすぎます。もちろんマリハラもハラスメントとして、退職を考えるに至るのは当然のことでしょう。

パワーハラスメント

シバッタマン

パワーハラスメントも認知されているハラスメントになります。

厚生労働省のホームページを見ると、「職場のパワーハラスメント」がきされされています。職場の原明日面と6種型とは、下記です。

パワーハラスメントの種類
  • 身体的な攻撃 暴行・傷害
  • 精神的な攻撃 脅迫・名誉棄損・侮蔑・ひどう暴言
  • 人間関係からの切り離し 隔離・仲間外し・無視
  • 過大な要求 業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、死後この妨害
  • 過小な要求 業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じるこ      とや仕事を与えないこと
  • 個の侵害 私的なことに過度に立ち入ること

引用元:「職場のパワーハラスメントの6種型」

どのような行為がパワハラにあたるのかが、ご理解いただけると思います。

パワハラも、対策を講じるのが企業の義務です。それにも関わらず、もしあなたがパワハラを受けているのであれば、あなたが上記のどれにあたるのかを確認した上で、退職代行を利用されることをおすすめします。

セクシャルハラスメント

シバッタマン

セクシャルハラスメントはおそらく、小学校高学年くらいになればもうその言葉を知っているくらい、認知されている単語になります。

セクハラも、男女雇用機会均等法に対策規定が定められています。下記がその規定です。

セクシャルハラスメントについて
  • 事業主は、職場において行われる性的な言動に対するその雇用する労働者の対応により当該労働者がその労働条件につき不利益を受け、又は当該性的な言動により当該労労働者の就業環境が害されることのないよう、当該労働者からの相談に応じ、適切に対応するために必要な体制の整備その他の雇用管理上必要な措置を講じなければならない。
  • 厚生労働大臣は、前項の規定に基づき事業主が講ずべき措置に関して、その適切かつ有効な実施を図るために必要な指針を定めるものとする。

引用元:男女雇用機会均等法におけるセクシュアルハラスメント対策について

もしセクハラを上司から受けている場合は特に、退職の意向をその上司に相談するのは難しいことでしょう。そこで登場するのが、退職代行になるわけです。第三者に入って貰えば、退職はよりスムーズに進むと思います。

看護師の退職代行を利用する理由③残業時間

また看護師さんの退職代行業者の利用率の高さとして、「残業が多いこと」もあげられることでしょう。

学生時代には3時間睡眠が5日程続く実習が平気で存在し、社会に出た大人が仕事中に泣かされるとか鬱病の診断書がポイポイ出てきて、職場で手首切ったとか薬で飛んだとか退職代行使わなきゃ辞めれないとかが日常の様にある「看護師」という仕事まじで狂ってやがる。

一般のお店の場合、閉店10分前くらいから「閉店●分前の告知」のアナウンスが始まり、レジへの支払い準備を促すので、もし仮に閉店時間にまだレジが終わっていない方が居ても、お客さんが全員終わり閉店するまでに、それほど時間はかからないと思います。

病院になると事情は変わります。

 例えば、受付時間ギリギリに駆け込んできた人の病状が酷い場合は、その方の治療がおわるまで帰宅できないことが多いでしょう。

 もっと言ってしまえば、受付時間ギリギリに入ってきた人の治療中に急病患者(以下、“急患”と略します)が来た場合、お店なら来客に対し「閉店時間ですので」と入店をお断りできますが、病院は急患を前に「受付時間を過ぎましたので」とお断りすることは、おそらくできないことでしょう。

仕方がないこととは言え、残業が多くなってしまうようです。

 産婦人科や小児科の看護師の場合、妊婦や初めての子育てでお子さんが小さいママの中には、かなりナーバスになっている方もいらっしゃいます。

 その方々のお話をしっかりと聞いて受け止めてあげなければならないという仕事もあります。以上のように看護師さんは、心身ともに大変なお仕事なのです。そのため、退職代行を利用する方が多いのでしょう。

【退職代行看護師おすすめ】失敗?

【退職代行サービス看護師おすすめ】失敗?即日!その後やブログ!新人看護士など突然の体験談

 病院奨学金制度を利用している場合は注意点・失敗あり!

看護専門学校で利用できることが多く、全額ではありませんが私立大学でも利用できます。勤務期間は3年から5年です。

看護奨学金制度にはメリットもありますが、デメリットとして、「就職先が必然的に限られる」「途中で退職した場合、返済が必要になる(中には勤務年数に関係なく、全額を一括返済しなければならない場合も)」などのデメリットはあるのです。

病院奨学金制度というのは、その名の通り病院が学費の貸与を行う制度です。 学生支援機構や地方公共団体の奨学金制度との大きな差は、その病院で一定期間働くことにより、返済が免除になる、という点です。 つまり、事実上、ほとんど学費を払わなくて済むのです。

引用元:病院奨学金制度ってどんな制度?

同じ地域の病院なら転職時に失敗でバレることもある

シバッタマン

同じ地域の病院に転職した際に、退職代行の利用がバレることがあります。

医療従事者は近くの病院との関わりが強く、どうしてもうわさが広まりやすい傾向にあるからです。
そのため、「退職代行を使った」といううわさも広まりやすく、その結果として転職先にもバレてしまう可能性が考えられます。


もしも退職代行の利用がバレてしまっても大きなデメリットはありません。
万が一転職先に退職代行の利用がバレてしまっても、堂々と理由を説明してみてください。
うわさが簡単に広まるということは、退職した病院の事情も広まっているはずです。
それなので、退職代行の利用も理解してもらえるはずです。「無理もない」と同情される場合もあるかもしれませんね。

【退職代行看護師おすすめ】ブログやSNSでの体験談!新人看護士

【退職代行サービス看護師おすすめ】失敗?即日!その後やブログ!新人看護士など突然の体験談

 SNSには看護師が退職代行を利用した体験談のツイートが多いので紹介!新人看護士が多い

シバッタマン

看護師一年目に退職代行を使って退職した方のツイートです。新人看護士が最初が8人いて5月下旬に3人やめて、そして先輩も休職をしていて、年明けに退職代行サービスをつかって辞めるという方ですね。病院は厳しいですよね。

最初は8人いた新人看護師の同期が5月下旬の時点で3人辞めて、11月の時点で2年目の先輩、3年目の先輩がメンタルで休職してる中、年明け1発目で退職代行使って私が辞めるって、なかなかやばい病棟じゃない???これもう何が悪いって組織がいけない感じじゃない???結構な地獄

シバッタマン

看護で退職代行を利用をして思うことは、看護師は責任が重いから、最低限の引継ぎをしてやめてしまったほうがよいとのことですね。

看護師の退職代行利用に思うこと… いくら求められる責任が重く大きいとしても、最低限の引継ぎをしたら、看護師の方自身も割り切ってスパッと休むべき。そして気力体力が戻ったら、また他の人の健康≒命を救っていけば良いのだと思うんです

シバッタマン

とある病院では看護師が一番の古株で3年目であり、退職代行サービスを利用して辞めてる人がおおいですね。凄まじい労働環境ですね。


ちなみにうちの職場の看護師は1番長い人で3年。他は1年以内。その時点でお察し。過去には退職代行使ったり、ある日突然来なくなった人ばかりらしい。事前に辞めるとわかっている人は退職日1か月前から無視らしい。(他の看護師に聞いた)

このように退職代行サービスを利用している看護師は他の業界より凄まじく多いです。私が働いていたIT業界もブラックといわれることが多いですが、SNSをみるかぎり看護師のほうがやめさせてくれない、ハラスメントでやめるという人が多いですね。

 看護師はその他ブログでも退職代行を利用したの声が多い

シバッタマン

なぜ看護師がそんなに退職代行で辞める人が多いのか私自身もブログやツイートを見てみました。

私が働いていたシステムエンジニアもそうでしたが、看護師はそれ以上に長時間労働や夜勤があるため、体力的にハードな仕事です。

私自身も経験がありますが、長時間残業や夜勤は体に力がぬけてしまい、本当につかれます。これを毎日続けていると体にわるいですよね。人間として昼間に起きて夜に眠るというのは遺伝子でできあがっていると思うのですが、それに反する仕事というのは本当に気分がやんでしまいます。

 また、患者の移動や介助などで体に負担がかかる場合もあります

職場によっては、担当している患者数に対して看護師の人数が少なく、一人あたりの業務量が多くなり辛いと感じることもあるでしょう。 さらに、夜勤の場合は、受け持つ患者の人数が日勤よりも多くなるため大変です。

 【退職代行看護師おすすめ】即日!その後の対応

【退職代行サービス看護師おすすめ】失敗?即日!その後やブログ!新人看護士など突然の体験談

  病院が激務で退職を言い出しづらい

シバッタマン

退職代行の成功率は、多くの業者が成功率100%と非常に高い確率を誇っています。

非常に安い価格設定をしている悪質な業者だと、もしかすると退職代行失敗もあり得るかもしれないので注意が必要です。

成功率100%の業者は、HPにその実績を載せていることもあるので参考にしてみてください。

退職代行サービスを利用してから病院から実家や労働者への電話はない


シバッタマン

辞めた後に退職した会社から連絡が来たり、親に連絡がいってしまったりすることがないか心配ですよね。不安な場合は退職代行にお願いすると、本人や親に連絡しないでくださいと伝えてくれます。

あくまでもお願いであって強制はできないため、稀に約束が守られないこともあるようです。

なお、医者からの連絡については、基本的に取らなくても大丈夫かと思います。もし要件が気になるようでしたら、退職代行にお願いをして要件を聞いてもらうこともできるので相談してみましょう。

 病院の就業規則でなく民法の規定で退職できる

看護師退職する場合、最初にすべきことは病院の就業規則の確認です。

法的には14日前までに退職の意思を示せば問題ないとされていますが、遅くとも退職希望日の1カ月前には申し出るのが一般的です。

業者が交渉することで有休消化・即日退職ができる

シバッタマン

退職代行は当日の朝に利用しても問題ない理由は退職代行はバックレではありません。正式に退職をすることが可能となります。

退職代行は正式に会社の手続を行ってくれます。

退職代行サービスの多くは即日対応してくれます。

即日対応であれば、退職代行を利用した次の日から出勤しなくても良くなります。ただ、即日対応をしていない業者もありますので、依頼をする前にすぐに退職できるかを確認しておきましょう。

それでも、本当に成功するのか不安がある人は、退職代行失敗時に返金保証してくれるサービスがある業者を選ぶのもひとつの手です。

会社との退職交渉

最初にすることは退職交渉の代行です。電話やメールによる連絡が中心になりますが業者によっては会社へ出向くことも出来ます。また退職届などの書類も代行して書いてくれる業者もあり、用途によって使い分けることが出来ます。

会社との退職交渉給与・残業代請求

最終勤務日、退職日、給与支給日が一致するケースはほとんど稀になります。この間に起こるタダ働きが生じない様に交渉してくれます。また給与には直接関係ないことですが社宅の退去の交渉も行ってくれるところもあります。

シバッタマン

有休を利用することで即日からいなかくて問題がありませんし、欠勤という形でも退職はできます。

退職代行サービスに、当日の朝に退職をしたいと連絡しても大丈夫です。 当日の就業時間前に退職手続きを終えなければならないことを考慮しするために、可能な限り早めに連絡しましょう。下記の体験談でもおつたえしますが、 少なくとも2~3時間前までには連絡することをおすすめいたします。

まとめ:【退職代行サービス看護師おすすめ】失敗?即日!その後やブログ!新人看護士など突然の体験談

いかがでしたでしょうか?

【退職代行サービス看護師おすすめ】失敗?即日!その後やブログ!新人看護士など突然の体験談についてお伝えしました。

今働いている看護師の皆さんが、こちらの記事をきっかけに、退職代行業者を利用する前に、結婚や出産、ハラスメントに関する労基法を知っておいていただくきっかけになれば幸いです。

きっと今の勤務先だけではなく、今後の勤務先でも役に立つことと思います。

この知識を持っていただいた上で退職代行業者を利用すれば、きっとすんなりと退職することができると思いますよ。

【退職代行サービス看護師おすすめ】失敗?即日!その後やブログ!新人看護士など突然の体験談

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします

発達障害のため転職経験も多いですIT業界で働いていたので、転職経験についてもお伝えします。

【資格】
Webディレクション資格認定者、Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)など他 IT資格を取得

オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次