皆様日々で悩んでいる精神疲労を解決するメディアです。

【退職代行当日の朝】当日欠勤?即日違法なの?ses

【退職代行当日の朝】即日退職できない?違法?当日欠勤で退職日はどうなる

退職代行当日の朝に電話してみようかな

退職代行サービスを利用してなので当日に会社を即日で退職できるかな

退職代行サービスでやめると正式な手続きでやめれると聞いたが有給がないが当日は欠勤なるのかな

皆さんは「退職代行サービス」というものを聞いたことがありますでしょうか。

その名の通り会社を退職することを自分自身がやるのではなく、業者が代わりにしてくれるというサービスです。

シバッタマン

私も利用しましたが、経験をふまえて紹介します。年々増えてきている退職サービスですが当日の朝に使う人が多いようです。それでも当日の朝だと色々と不安になることもある方々が多いようです。そのような方の悩みを解決する記事となります。と

とてもよく似たサービスが即日退職にはありますがどこが違うのでしょうか。色々調べてきましょう。

退職代行Jobs(退職代行)
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 24時間365日対応
  • 弁護士監修なのに27,000円
  • 即日退職に可能
  • 退職率100%!万が一だが退職できなけれ全額返金
  • 現金後払いOK
  • 全国対応全ての都道府県で代行実績
目次

【退職代行当日の朝】即日退職できないことはない!違法でもない!退職日

【退職代行当日の朝】即日退職できない?違法?当日欠勤で退職日はどうなる

退職代行は当日の朝に利用しても問題ない理由

シバッタマン

退職代行は当日の朝に利用しても問題ない理由は退職代行はバックレではありません。正式に退職をすることが可能となります。

退職代行は正式に会社の手続を行ってくれます。

会社との退職交渉

最初にすることは退職交渉の代行です。電話やメールによる連絡が中心になりますが業者によっては会社へ出向くことも出来ます。また退職届などの書類も代行して書いてくれる業者もあり、用途によって使い分けることが出来ます。

会社との退職交渉給与・残業代請求

最終勤務日、退職日、給与支給日が一致するケースはほとんど稀になります。この間に起こるタダ働きが生じない様に交渉してくれます。また給与には直接関係ないことですが社宅の退去の交渉も行ってくれるところもあります。

シバッタマン

有休を利用することで即日からいなかくて問題がありませんし、欠勤という形でも退職はできます。

退職代行サービスに、当日の朝に退職をしたいと連絡しても大丈夫です。 当日の就業時間前に退職手続きを終えなければならないことを考慮しするために、可能な限り早めに連絡しましょう。下記の体験談でもおつたえしますが、 少なくとも2~3時間前までには連絡することをおすすめいたします。

退職代行は当日の朝に退職ができる理由は有給を利用

退職を考える人は何かしら仕事上で忙しく、有給を消化できなかった人も多くいます。

  即日退職ではありますが、退職代行業者は有休を利用してから退職になっています。

  退職代行後、雇用契約が解除されるまでの2週間を有給消化期間にしますので、事実上即日退職になるんですね。 あなたが有給休暇が2週間以上残っている場合は、問題なく即日退職できるのは間違いないです。

有給が残っていなかったら欠勤?無断欠勤になる?

シバッタマン

知恵袋で相談している人もいますが、有給が残っていなかったら欠勤でも即日退職の質問が多くございました。

退職代行サービスを利用した方に質問なのですが

例:退職代行サービスを知って翌日に退職をお願いしたい。この場合の翌日の日は会社からの電話を無視して会社を無断欠勤してますか? それとも事前に休むと連絡を入れていますか? 社会人のマナーとしては事前に連絡を入れるのが普通なのですが利用された方はどちらでしょうか? 事前に連絡を入れてる方などはやはり風邪などと言うのでしょうか?その場合コ○ナを疑われてPCR検査してこいなどと言われないですか?

引用元:退職代行で有給がない無断欠勤?(YAHOO知恵袋)

有給がなければいざとなれば退職代行サービスは欠勤として対処してくれます。また、正式な退職の手続きも退職代行がおこなってくれるので無断欠勤にはなりません。

ただ、有給ではない欠勤であるため、給与はもらえませんが、どうしても欠勤してでも当日即日に退職したい場合には助かるサービスだと考えられます。

無断欠勤なら損害賠償などのおそれもありますが、退職代行サービスが上記のような退職にむけての正式な手続きをとってくれるので心配をする必要はありません。

【退職代行当日の朝】即日退職?違法でない体験談?

【退職代行当日の朝】即日退職できない?違法?当日欠勤で退職日はどうなる

退職代行を利用した朝についてここで退職代行サービスを使った体験談を見てみましょう。

体験談1;退職代行を使い会社を辞めた24歳女性の話!Lineのヒアリングシート即日退職

シバッタマン

会社の就業規則として、退職の1か月前に退職の意向を伝えなければいけません。民法の規定で「2週間前までに退職の旨を伝える必要」がありその部分を伝えてもらい、無事に退職に持ち込めたようですね。

退職代行を利用するきっかけになったのは悩みを相談できる相手が社内にいなかったことです。

コールセンターに就いたことで今の業務内容が合わないと感じまた夜勤もありました。
体力・精神共に限界を感じていました。
小さい出来事の積み重ねもあり、職場に行くことに対して恐怖心を抱くようになってしまいました。

結果として当日の朝に退職代行サービスに電話しました。

コールセンターの業界では有給があっても消化せずに退職に至ることも数多くあるからです。

 女性は前払いで料金を支払い、LINEのヒアリングシートを書きました。

 そのヒアリングシートを元に当日に担当者が会社に電話連絡をし、結果報告が女性に報告されます。そのおかげで当日には退職が決まりました。

辞める際に職場から23時に着信があり「SARABA」に連絡したところすぐに連絡してもらえました。遅い時間にまで対応してもらえるとは思っていなかったそうです。

LINEで相談したから料金の支払い、その後すぐに会社への連絡をしてもらえたのでスムーズに行けば即日退職できると思いました。ちなみに利用したサービスは「SARA」です

体験談②:派遣社員の20代女性(IT業界にSESで3年勤務)もLineで退職が完了

シバッタマン

派遣社員であったが残業時間の問題もありLineで退職代行に電話して即日退職。

SESとして都内にある金曜関連のシステムに3年間たずっ触りました。職場自体は優しい人が多く和気あいあいとした職場ではありました。
 メンバーの中では私自身は比較的に若く、派遣社員で立場的に強くないにも関わらず温かく迎え入れてくれてまさした。

人材不足もあったでしょうが、信頼して仕事を任せてくれました。しかしその派遣先の人材不足により退職を考えるようになってしまいました。
 新規のプロジェクトによって部署の人数が半分に減らされる事態が起こってしまいました。


 異動の後に毎日4,5時間残業をしないと帰れなくなってしまいました。

 身体が丈夫な方ではなかっ私は仕事を苦痛に思うようになってしまい一年間は我慢をしていました。そして思い切って派遣会社の担当者に相談する事にしました。
 しかし帰ってきた答えは意外な言葉でした。「事務職は働いた期間がキャリアになるんだから、文句を言わないで働いた方が身のためになる。あと派遣先に迷惑がかかるから辞められると困る。」でした。
  心のケアを求めていたのですが、派遣元の担当者から裏切られるような言葉が出てきたため面談が終わった後に悲壮感に浸り、何もすることができなくなりました。

今までの苦労があったからか、退職代行サービスをしると即自部にLINEで連絡することにしました。

 すると5分もしないうち既読が付き個人名や年齢など必要事項を送る様に連絡がありました。。

 私自身は「退職代行を利用して本当に退職出来るのか」と半信半疑でしたが業者から入金確認の旨があり、翌日に退職を実行出来ると連絡がありました。

 午後はそわそわした気持ちで机の荷物を片付け帰宅しました。

 会社に行く時間になっても出社せず業者から連絡が来るのを待っていました。そして当日の朝の11時過ぎに連絡があり無事に退職出来たという連絡がありました。

 最初は戸惑いがありましたが時が経つにつれてすがすがしい気分になっていました。

体験談③新卒男性の話(WEB業界に勤務)

シバッタマン

男性は新卒でした。この新卒の方もLineを利用して退職電話の結果報告を受けるまでに合計で3時間程で即日退職することが出来たと言います。

男性は地方から東京にでてきて有名な理系の大学を卒業しました。そして大学で勉強したことをいかすため、新卒からでも給料が多く、有名なWEB企業に勤めていました。
 ただ、募集要項に記載されていた仕事内容と実際の業務が全く違い、理系職ではなく営業をすることになりました。
上司にもやりたい技術系の仕事への移送を相談しましたが、相手にされませんでした。

見るに見かねて辞表を出した所「これだけ皆が忙しく働いている中でよく辞めるなんて言えるな。」と上司に罵られてしまいました。

その夜、偶然なのかテレビで退職代行サービスが取り上げられているのを見かけました。私はそれを利用しようと決意しました。

 当日の朝にLINEで友達追加をしてみると利用料金や今後の流れなどの打ち合わせがありました。

 すぐに料金を振り込み自動で作業が進むのを待っていました。

 男性は有休消化をし次の日から会社に行く必要がなくなったと言います。つまり当日退職ですね。

退職代行さんも「心身ともに疲労しており、連絡がとれる状態ではない」ことを会社に伝え周囲にばれずに退職に至りました。

全て業者で退職の準備を行ってくれたので(退職届を書いたのみ)次の日から会社に行く必要もなくなり、残りの日数を疲れた身体を癒し次の仕事に向けた準備をすることが出来たそうです。

【退職代行当日の朝】即日退職できないを避けるための選び方!

【退職代行当日の朝】即日退職できない?違法?当日欠勤で退職日はどうなる

選び方①:24時間退職代行の業者を選ぶ

シバッタマン

24時間365日対応している退職代行サービスがほとんどでありますが、平日の時間のみ受け付の退職代行サービスもあります。


即日にやめたいのであれば当日の朝に連絡するはずですので、最初に24時間営業している業者を選ぶようにしましょう。


うつ病などで朝が辛かったとしても思い立った時にいつでも営業している業者なら、即日対応してくれるんです。

退職代行サービスによっては『即日退職』が有料オプションになっていることがありますのでごちゅういください。オプションかどうかを退職代行サービスに質問するとよいでしょう。

選び方②:退職代行サービスの連絡・対応が迅速!Lineがおすすめ

シバッタマン

選び方①で24時間365日対応の退職代行サービスがおすすめとおつたえしましたが、それにもかかわらず連絡がなかなか返ってこない退職代行サービスは利用しないようにしましょう。


あなたの目即日退職したいのに、返事が遅い業者だと退職日がずれてしまう可能性があるからです。


退職代行への連絡方法は、おもに『電話』『メール』『LINE』で、チャット形式で履歴が残る『LINE』にしたほうがよいです。言った言わないでももめたくないはずです。LINEならそれが回避できます。


退職代行業者への相談は無料です。Lineで連絡をとってみるのもよいでしょう。

選び方3:退職サービスで支払い方法、即日退職なら後払いがおすすめ

シバッタマン

当日の朝となりますが、利用sる退職代行の利用が決まったら、料金の支払いについても確認しておきましょう。

前払いの業者だとお金がない場合に即日退職ができないことがあります。後払いサービスもありますので、退職が完全にできるとわかったら支払うことになります。よって、即日退職が可能となります。


支払いがスムーズにおこなえる業者を選びましょう。
退職代行の一般的な支払方法は『クレジットカード』か『銀行振込』です。


退職代行サービスは入金が確認できてから動き始めるため、後払いがおすすめになります。また、当日の朝に退職代行サービスに依頼するならクレジットカードをおすすめいたします

【退職代行当日の朝】即日退職の対応ができる退職代行サービスは

【退職代行当日の朝】即日退職できない?違法?当日欠勤で退職日はどうなる

即日退職代行サービス退職代行SARABA

シバッタマン

24時間年中無休で営業しており即日退職にも対応し100%返金保証制度付きと、非常に安心感がある業者です。退職代行SARABAは即日退職が可能です。

 料金も雇用形態に関わらず一律29,800円、追加料金なしと分かりやすいです。嬉しい特典も付いており行政書士監督の退職届プレゼントや成功率98%の有休消化サポートなどが付いています。

退職代行SARABAの情報
  • 対応方法→電話、メール、LINE 
  • 支払方法→銀行振込、カード決済
  • 運営会社→株式会社ワン

即日退職代行サービスイノベーションネクスト株式会社

シバッタマン

厚生労働大臣認可の人材会社が運営をしている退職代行サービスです。即日対応可能、追加費用一切なし、さらにLINEなら24時間対応と利便性が高い上、料金も雇用形態に関わらず32,400円となっています。

現時点での成功率は100%になり退職まで回数無制限で対応してくれるだけではなく、人材会社が運営しているので必要に応じた転職サービスも無料で受けることが出来ます。

    イノベーションネクスト株式会社の情報
    • 即日対応→可
    • 対応時間→24時間
    • 対応方法→電話、メール、LINE
    • 支払方法→銀行振込、カード決済

おすすめ① 退職代行Jobs(後払いOKです)

シバッタマン

辞めるんですは、後発ながら7,000件も退職代行実績がある人気のサービスです。


そして、費用も27,000円(税込)とて転職代行サービスの相場より安いにも関わらず下記の充実としたサービスがあります。

特に後払いOKが人気の秘訣です。

 退職代行Jobsのサービス
  • 24時間365日対応している
  • Jobsは弁護士監修なのに27,000円!!
  • 即日退職に可能である。
  • 退職率100%!万が一だが退職できなけれ全額返金
  • 現金後払いOK!!
  • 全国対応全ての都道府県で代行実績あり
  • 有給休暇の無料申請サポート
  • 無制限で相談可能
  • 案件に関わらず追加費用は一切不要
  • 退職が完了するまで期間無制限でフォロー

労働組合であり、顧問弁護士から業務指導も受けています。

デメリット・欠点といえる箇所が見当たらない退職代行サービスとなっています。

項目情報
会社名株式会社アレス
電話番号03-6279-3967
住所大阪府大阪市東淀川区上新庄3-14-12-1202
労働組合合同労働組合ユニオンジャパン

まとめ:【退職代行当日の朝】当日欠勤?即日違法なの?ses

いかがでしたでしょうか。

【退職代行当日の朝】即日退職できない?違法?当日欠勤で退職日はどうなるについてお伝えします。

退職代行当日の朝に突然利用される理由として「上司のパワハラ」「引継ぎの完了」「退職話をかわされる」と言った理由があります。

3万から5万という安くない料金を払うのはなぜでしょうか。

退職をする行為事体はそれほど難しくないにもかかわらず退職代行で即日退職するのであれば会社側にも問題があると考えられます。

 なぜわざわざ使う人がいるのかと考えさせられてしまいますよね。

ここ何年かでブラック企業が多く存在し社員を辞めづらくしていることも理由の一つではありますが、少子高齢化が進み退職者が増える一方で新入社員が減ってしまい、人数を維持できなくなる可能性があるからなのではないでしょうか。

退職代行サービスは忙しい現代人に特化した新しく、そして便利なサービスではありますが、利用する前に少しだけ立ち止まるのも良いのではないでしょうか。そこにはまた違った日々が待っているはずです。

【退職代行当日の朝】即日退職できない?違法?当日欠勤で退職日はどうなる

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします

発達障害のため転職経験も多いですIT業界で働いていたので、転職経験についてもお伝えします。

【資格】
Webディレクション資格認定者、Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)など他 IT資格を取得

オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次