皆様日々で悩んでいる精神疲労を解決するメディアです。

【退職代行デメリット】やめとけ?サービスの体験談を紹介!メリット実体験

【退職代行デメリット】やめとけ?サービスは?メリットあるの?体験談

退職代行サービスを利用してデメリットあるのかな

退職代行サービスのデメリット体験談ってあるのかな。

若い世代での離職や転職が珍しくなくなり、会社を辞める際に退職代行サービスを利用する若者が増えてきていると言われています。

「明日からもう会社に行きたくない」

「心が重くて家から一歩も出られない」

「辞めたいけど、退職しようとすると周りから何を言われるかわからない」

退職代行サービスとは、このような自分で退職する手続きができない人のために、働いている本人に代わって、退職する旨を勤務先に連絡してくれる代行サービスです。

シバッタマン

今回の記事では【退職代行デメリット】やめとけ?サービスの体験談を紹介!メリット実体験についてお伝えします。

退職代行Jobs(退職代行)
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 24時間365日対応
  • 弁護士監修なのに27,000円
  • 即日退職に可能
  • 退職率100%!万が一だが退職できなけれ全額返金
  • 現金後払いOK
  • 全国対応全ての都道府県で代行実績
目次

【退職代行デメリット】やめとけ?サービスはどうのようなもの

退職代行サービスってなに

シバッタマン

労働者は民法第627条第1項により退職の自由が「期間の定めのない雇用契約について」として認められています。
いつでも退職の申し入れが可能です。


引用元:民法第627条第1項(厚生労働省)

退職をすることは労働者にとって自由にできることと法律でもさだめられています。

特定の職業や契約社員、公務員などを除けば会社側が拒否は不可能となります。
退職の手段として退職代行を利用することは決してクズではあります。非常識なサービスではなく、世の中にはブラック企業が多い、またはメンタル不調で退職を伝えることができないなど問題もあり、労働者にとって非常に味方になるサービスです。

私もうつ病に何度もなっており、発達障害とわかり障害需要ができず、結果として退職代行を頼みました。

退職代行サービスは、民法によってルールは決められています。
退職に関する民法627条では退職の2週間前に退職を伝えるという旨が記載されています。

退職代行は最近のサービスではなく10年前から存在する

シバッタマン

最近ニュースなどで話題になり退職代行サービスの認知度や知名度が広まってきたイメージはありますよね。

最近ニュースなどで話題になり退職代行サービスの認知度や知名度が広まってきたイメージはありますよね。

テレビでも退職代行サービスを利用して退職したという特集もくんでおり、身近なサービスで浸透してきたイメージがあります。退職代行サービスはなんと10年以上も前から存在します。

退職代行は、弁護士がおこなっていた業務でした。

弁護士や法律事務所では、残業の未払いや労務的な諸問題を解決するために、労働者に代わって退職の手続きをしてくれたり、会社側に交渉をしていたのが始まりです。

ブラック企業などは、コンプライアンスが守られていない会社が多いため、サービス残業や過度な残業時間、パワハラなど労務に関するトラブルは昔から問題視されていました。

「退職代行」というサービス名ではなかったのですが、内容としては今の退職代行とかわりはありません。
コンプライアンスを守らない会社が存在するため、労働者が気軽に申し込みやすいようにパッケージ化したような感じですね。

新しいサービスのように感じて不安がある方もいるかもしれません。ただ、退職代行というのはコンプライアンスをまもるためにある、労働者を守るために存在するため歴史があるサービスなのです

【退職代行デメリット】やめとけ?体験談は?

【退職代行デメリット】やめとけ?サービスは?メリットあるの?体験談

代職代行サービスには約3万円ほどの費用が発生する

シバッタマン

退職代行サービスの費用は3〜5万円ほどであります。

会社側がコンプライアンスに問題がなくやめることができるのであれば発生しない費用です。
会社がホワイト企業であれば、本来は払わずにすむ費用ですよ。

退職届をするために、会社を辞めたい人にとってはデメリットではあります。

ただし、退職代行はブラック企業でサービス残業が多い、上司のパワハラ体質、または自分がうつ病になってしまった人にとっては、お金を払って何も会社とやりとりをしないでするというのは大変魅力なサービスであると思います。

パワハラやうつ病、残業時間で苦しんいる労働者が退職代行サービスに依頼するだけで即日退職できることは嬉しいですし、私も発達障害からうつ病になってしまいましたがお金を払ってその苦痛から逃れられるのであれば安いのではないかと考えていました。

退職代行に依頼すれば有給を使いたいという意思を伝えてくれます。よって、有給消化の費用を退職代行サービスに利用してしまえばよいとも考えることができますよね。
会社をばっくれたら、有給ももらえないし、退職金ももらえない可能性もある。退職後の失業保険がもらえない可能性もあるのです。

労働者にとって有給休暇が残っているのであれば、ばっくれるより退職代行に頼めば費用は何も心配する必要はありません。

辞めた業界に再就職が難しい!体験談

シバッタマン

これは業界によるものではありますが、横のつながりが強かったり、業界自体が狭かったりすると労働者が退職代行を使って辞めたという噂がきかれてしまうことがあります。

私自身はIT業界で働いていましたが、退職して次の会社で勤務をした場合に取引先の担当者が同じだったことがあります。
本当に業界がせまいなと感じました。

また経営者と経営者が繋がっていて、退職代行が辞めようとするのであればつながるきかれてしまうことがあります。

ただ、自分の実体験からすると、IT業界の経営に携わらないシステムエンジニアからすると退職代行でやめたなんて他の企業の人に伝わるはずがありません。

退職代行でやめた社員がいるということを会社が他の会社の方に伝えるのは自分の会社がコンプライアンスがわるくて、社員がやめてく大変な会社と他の会社の人に会話しているようなものですからね。

会社によるが辞めた会社の人間・仲間との関係の悪化はありえる体験談

シバッタマン

退職代行を利用することにより、辞めた会社の人間関係のがリセットされる可能性はあります。

退職後に辞めた会社の人との関係が悪化する可能性があります。
な退職代行に依頼すると、即日で会社へ行くことなく退職することができます。

退職代行でやめた社員にたいして、「退職代行を利用してやめた社員で突然いなくなった」と悪い印象を持つ人も一定数いるかもしれません。
挨拶もできずにやめることになるので、「恩知らず」と感じる人もいるかもしれませんね

他人にどう思われても構わないけど、友人や家族から理解が得られなかったら、という不安もありますよね。

私の経験からすると、うつ病になってしまいそれに気づけなかった先輩たちが悪かったと皆が言ってくれているので退職した人間関係が悪化することはありませんでした。

うつ病になったのは我々の上司や先輩のせいだと責任を逆に感じてくれていました。

もし、それで馬鹿にされるような会社であるのであれば、人間関係はそこまでであり、あなたが退職代行を利用してまで辞めなくちゃいけなかった心境を理解してくれていません。
退職代行を利用してでも辞めて、人間関係が悪化しても問題はないでしょうか

ボーナスが不支給となるかも

シバッタマン

退職代行サービスでボーナスの支払いを行わないといった会社は中には存在しまう。ボーナスを払わないというのは、違法ではありません。

労働基準法においてボーナスの支払いについては、定められていないため会社に非はありません。世の中にはボーナスが存在しない会社もあり、業績の悪い会社はボーナスの給与もさがってしまいますよね。

賞与の支払いは就業規則が重要になってきます。

会社の就業規則の内容がすべてとなります。よって、就業規則を読んで、もらえるような状況であったら、退職代行サービスにボーナスについても交渉してもらいましょう。
就業規則の内容によってはボーナスはもらえる可能性はあります。

また、退職代行を使うのであればボーナスの支給
後にすぐに利用するのがよいかもしれませんね。

本人や実家に直接電話をかけたり、家に訪問してくる可能性はある

シバッタマン

退職代行を使って会社を退職しようとすると、会社や上司からから労働者に連絡が入る可能性もあります。
なかには労働者の実家へ連絡する場合があるようです。

退職代行は本人や家族に連絡しないよう伝えることはできても、強制はできません。

上司が依頼者の家まで来てしまう場合も本当に少ないですが存在します。

もしあなたが電話に出たくなければでなくても変わりはありません。
すべては退職代行にまかせていますので、退職代行で対応をお願いしますとのスタンスでよいのではないのでしょうか。

退職代行サービスは「労働者に会いに行ってはいけません」とか「電話をかけないでください」といったことは契約として交わすことはできません。
直接話し合いをしたいという上司もいます。

私の実体験ではありますが、上司がパワハラ体質なら退職代行サービスに任せているとつたえればよいでしょう。
うつ病などに労働者がなっていれば、上司があなたのことを本当に心配している場合があります。

私は、結果として当時は上司と電話をすることはありませんでした。
 うつ病が回復してから、仲間を通じて会社の接点とも取り戻し、上司とも最下位しました。

上司からは私の心理状況を把握せずにごめんといわれました。

退職代行を利用する場合には、本来ならお金を使う必要がないもののうつ病になってしまっている可能性があります。

どうしても、辞めたいのに会社を辞めることができない、または退職を切り出しづらい方々を救出するためのサービスです。
うつ病になってしまったことを心配してくれる上司もなかにはいるんだなと私は思いました。

公務員が有給休暇を利用する場合に無効になる可能性あり

シバッタマン

公務員や契約社員は、基本的に退職代行を使うことができません。契約社員は民法第626条に基づき雇用期間内での退職ができなくなっています。

引用元:厚生労働省(民法第626条)

ただ、契約社員としても例外として「やむを得ない事由による雇用の解除」は可能です。そのやむを得ない事情はもちろん労働者の健康問題もふくまれますよね。うつ病になってしまったら、会社側は社員の安全保障をまもっていないことになります。

退職代行サービスにも悪質な業者も存在する

退職代行は、退職成功率ほぼ100%の保証をしてくれるサービスです。

シバッタマン

でもテレビや雑誌、インターネットなどで退職代行が広まることがふえましたので、悪質な業者もすくないですが存在するようになったようです。悪徳な退職代行サービスとのトラブルにはなりたくないですよね。

弁護士の免許を持っていない退職サービスや労働組合もなんちゃってであったりするようです。

ただ、繰り返して申し上げますが退職代行は優良な代行会社がほとんどです。神経質になる必要はありません
しっかりとした知名度と歴史のある退職代行サービスを選べば、悪徳な業者に依頼するという心配はまったくございません。

【退職代行デメリット】メリットはあるの?

【退職代行デメリット】やめとけ?サービスは?メリットあるの?体験談

メリット①安価なサービスもあり自分で会社に退職を伝えなくてよい

シバッタマン

労働者が会社に直接退職を申し出なくても辞められるというのが退職代行サービスの魅力ですよね。
退職代行を利用することにより、嫌いな上司と二度と会わずに会社を辞められます。


電話連絡も、退職代行サービスが代わりに電話してくれます。

新卒や22卒なら、弁護士や労働組合使った退職代行がおすすめだよ〜 辞めたい時に電話すればOKなのと、書類の郵送とかちゃんとしてて、安いとこも割とある! 簡単にだけど、前に調べた時安全なとことかまとめたから固定にしておくね…!

メリット②上司に退職を伝えずに退職、退職手続きも会社と退職代行サービスが代理でおこなう

シバッタマン

退職代行サービスは「会社に不満があって何度も何度も自分で言っても退職を認めてくれない会社」「パワハラ環境などが存在し、自分から退職を切り出せない環境」などの要因がありました。


退職代行サービスを利用するかたはどうしても退職をしたいが退職ができないなど悩みがあります。依頼しようとしているのでしょう。労働者が退職代行にたのまず自分で上司に退職を伝えることができればよいですすがね。。。

「退職を上司に言えない」という状況は非常に辛いものであるし、会社自体に問題があるのではないかと感じます。

退職代行を利用する労働者は「私から自称しに退職を言わなくてはいけないこと」「退職での手続きの負担の軽減」はよくあげられることです。

精神的苦痛を一切受けずに退職することができるのが、退職代行サービスです。
精神的な負荷を減らすことができて、余計な心配がなくなると思うと、退職までのハードルが一気に下がり、メンタルがやられていたら治療に専念ができますね。

メリット②退職代行サービスに依頼するだけで退職可能

シバッタマン

退職代行サービスを利用すればほぼ100%退職が可能です。
と言うのも相談を受けた段階で退職可能かどうかを判断し、先述した公務員の方など、退職代行が難しい方は断るため依頼を受けた時点で退職はほぼ100%可能


ということになっています。
特殊な例として、明らかに依頼者側に非があり、それを隠して退職代行に依頼をしてしまうと退職ができないケースもあります。依頼者が会社から借金をしていた
り、社用車で事故を起こしてそれを隠蔽するために逃げるように退職代行を使ったなどのケースが、実例としてもあります。

メリット③退職代行を利用すれば即日の退職が可能

シバッタマン

労働問題に強い退職代行サービスなら即日退職も可能です。依頼した次の日から出社しなくて問題がございません。

退職代行サービスというのは弁護士や労働組合が運営します。「退職の申し入れがあった日から2週間後に契約を解除」することが可能なのです。

 退職代行は、有給休暇の消化をはじめとした会社との交渉が可能となっています。有休がない場合も欠勤することで実質即日退職にすることができるため、依頼後はもう辛い会社に行く必要はありません


2週間の期間を余った有給消化に当てて、有給が無い場合は欠勤扱いにしてもらうなどの対応が可能なので、退職代行が連絡をしたその日から、会社に出社しなく

退職代行に依頼をした時点で労働者の方は、すでに精神が限界を迎えています。会社に行くのが苦痛
で仕方なくなり、最後の手段として依頼をされる方がほとんどです。

メリット⑥退職代行を利用すればしっかりと有給はもらえる

労働者に有休が多く残っていたとします。その場合にも退職代行サービスを使っても有給の消化をすることができます。

有給休暇の日数や期限は労働基準法によって決められているので会社側が労働者の有休を減らすことはできません。

シバッタマン

退職するから有休が消滅するようなことはできないんです。
企業が有給取り消しの話をした場合には違法となります。
退職金とは異なり有給休暇の付与は労働基準法で守られている労働者の権利と言えるでしょう。

本来は有給休暇などを不正に減らすことや無くすことは違法なので会社が悪いと言えますよね。
しかしいくら会社が悪くても、権利はあなたが行使するしかありません。
会社は不正を働いた結果に責任を持つことになりますが、あなたも権利を使わずに泣き寝入りしてしまった場
合、その行為による損失を受け入れざるを得ないことになります。


不正行為をしてくると予想される企業に対しては、初めから交渉覚悟で弁護士による退職代行を使いまし
ょう。

メリット④退職代行サービスの利用でトラブルに関わらなくてよい

シバッタマン

退職時に会社からのクレームなり、給与を支払わない、失業手当を受給するために重要な離職票を送らないなり何かしらトラブルがあったとしても、基本的には退職代行側で対応をするようにしています。


退職代行時に起きるトラブルのほとんどが、会社側の嫌がらせであるケースが大半となります。トラブル防止のため退職代行サービスが対応をせざることが多いです

会社側の感情的なトラブルが多いのですが、そこも退職代行サービスがトラブルを防いでくれます。

メリット⑤ブラック企業でも退職は100%可能である

シバッタマン

退職代行の魅力は、やはり退職成功率がほぼ100%ではないでしょうか。
ブラック企業でも辞められます。むしろブラック業だからこそ退職ができるともいえるかもしれません。

民法では「退職の意思を伝えてから2週間後に会社を辞められる」と定められています。就業規則や労働契約よりも、民法の方が優先順位が上と決められているからです。

会社や上司が「就業規則に記載されている1ヶ月前に退職を申告しなければ退職はできないぞ」「今はプロジェクトが大変。退職の話は後回し」などと会社がブラック企業にありがちなことを言ってきても退職はできます。

退職の意向を伝える場合は、会社に情を感じたり、うまく言いくるめら、意思を曲げられる説得をされることはあります。

退職代行サービスであればビジネスの世界であり、情などありません。淡々と退職に向けて対応してもらえます。
退職代行サービスを使うとほぼ100%の確率で退職できるのです。

代表的な退職代行サービスでは成功率ほぼ100%を維持しています

メリット⑥退職金は保証できる

まず、前提に退職代行サービスを使うか使わないかに関わらず、退職金については就業規則で確認しておくことは重要で
す。

シバッタマン

退職代行サービスを使ったせいで退職金がなくなるということは原則ありません。
もし企業側がそのような理由をつけて退職金を払わない場合は違法となる可能性が高いでしょう。


退職代行サービスを使って即日にでも辞めたくなるような会社はブラック企業の可能性があります。

ブラック企業であるなら、退職金を減額することも考えられて心配になります尾根。労働者が退職金の支払いを主張するまで放置する可能性は十分にあります。


退職金がもらえいないブラック企業と辞める前に考えられる場合は、退職代行サービスで交渉をするとよいです。また、場合
弁護士法人の退職代行に依頼して法的に請求することも可能となります。。


よって、退職代行を選ぶ際は、退職金を適切に交渉できるサービスを選びましょう。

⑤残業代の未払いがあったのであれば退職代行サービスで請求できる可能性あり

未払いの残業代や給与が確実にあるとわかっている場合は、退職代行サービスに依頼することで、今までの未払い分を回収できる可能性が多くあります。

シバッタマン

サービス残業や給料の未払いは違法ですからね。
退職代行など第3者のチェックによって、会社からの未払い金を取り返せる場合があります。

退職代行の利用料金を支払っても、会社からの未払い金がもどってくれば金銭面ではメリットでお得と考えられます。

残業代がたまっている場合はぜひ退職代行に相談してみましょう。
サービス残業や給与の未払いがあるのであれば、弁護士が運営している退職代行サービスに相談してみるのがよいかもしれませんね。

タイムカードなどはきちんと退職代行に依頼するまえに記録として残しておいたほうがよいかもしれませんね。

サービス残業させることが常態化しているような会社に、未払い残業代を請求できますから。
弁護士が運営している退職代行に相談してみるとよいでしょう。

⑥うつ病で退職手続きが厳しいときにも会社との退職に関してのやりとりを代理で行ってもらえる

シバッタマン

本来であれば、退職代行サービスでなくて辞めたいと思っている人もおおいとおもっています。しかし、うつ病などは病気です。メンタルがやんだ原因がある会社と連絡をとるのはとても大変なことかとおもいます。そのようなかたのために退職代行サービスがあると思います。

上司が嫌いすぎてでも会社辞めるのすごい悩んでメンタル病みかけたけどプロフの退職代行に相談して辞める手続き代わりにしてもらったらその日に会社辞められたのでおすすめしたい

自分で仕事辞められるのが一番だとは思う…でも実際そうも行かないよね俺は退職代行使ったけど、会社の人とやり取りせず辞めれたしほんと助かった 退職決まってから退職届の郵送は自分でする必要あるけど 退職代行のおすすめは固ツイでまとめてるから仕事辞めたい人は参考にしてみてね

関連記事:うつ病代職代行

【退職代行サービスデメリット】どのサービスを選べばよい?

【退職代行デメリット】やめとけ?サービスは?メリットあるの?体験談

弁護士や労働組合がしっかりとした退職代行サービスを選びましょう

シバッタマン

弁護士もしくは労働組合が運営している退職代行サービスを選べば、法的リスクは少ないです。


弁護士は労働者の代理人となり、本人の意思として交渉が可能です。

労働組合も労働組合法により交渉が可能だからです。法的に保障されていなければ”代理交渉”ができないため、退職日や有給取得、退職金などの取り決めを代行することができません。法的な問題を考えると


弁護士や労働組合を選ぶとリスクが少ないと言えます。

交渉権・請求権を持つ退職代行サービスをえらびましょう。

シバッタマン

退職代行サービスを利用する際は、交渉権・請求権を持つ業者を選ぶようにしましょう。



退職代行業者には下記の2つがあり、退職代行でおこなえるサポート対応は範囲が異なります。

『交渉権・請求権を持つ業者』

『交渉権・請求権を持たない業者』

文字を読んだだけでも交渉権・請求権の持つ業者のほうがよいですおね。

評判がよい退職代行サービスを選択すれば問題なし!

シバッタマン

インターネットのSNSで評判のよい退職代行サービスを選べば問題がありません。

この記事ではツイートを載せていますが、口コミや評判があり、実績の高い転職代行サービスも調査しております。そこでおすすめの退職代行サービスを紹介しておりますので、ご安心ください。何があっても安心な退職代行サービスをご紹介いたします。

対応の質は退職代行のサービスによって変わる

退職代行の対応の質はサービスによって大きく異なります。

シバッタマン

労働組合だから良い、弁護士だから良い、という判断基準できめることはしないほうが賢明です。



退職代行に依頼されても、退職ができたことを依頼者には報告せずサービスが完了してしまう退職代行も存在はしています。

退職代行サービスを選ぶときは、対応の質がおすすめです。

安い退職代行サービスだからと選ばないほうがよい

弁護士の退職代行は扱える範囲が広いこともあり相場がバラバラです。
ただ、あまりにも安すぎる退職代行業者は悪質な業者であったりサービスがわるかったりするので、有給や退職金ももらうのであれば口コミの良い退職代行会社を選びましょう。

【退職代行サービスデメリット】おすすめの退職代行サービスは?

【退職代行デメリット】やめとけ?サービスは?メリットあるの?体験談

退職代行サービスの需要の年々テレビや雑誌の報道とともに認知度と労働者に求められています。重要が増えると退職代行業者も増加していきますよね。

ただ、そのような場合には悪質な代行業者や詐欺業者もでてくるものです

今回は業者でもおすすめでインターネット上でも口コミのよかった退職代行サービスをご紹介します。

おすすめ① 退職代行Jobs(後払いOKです)

シバッタマン

辞めるんですは、後発ながら7,000件も退職代行実績がある人気のサービスです。


そして、費用も27,000円(税込)とて転職代行サービスの相場より安いにも関わらず下記の充実としたサービスがあります。

特に後払いOKが人気の秘訣です。

 退職代行Jobsのサービス
  • 24時間365日対応している
  • Jobsは弁護士監修なのに27,000円!!
  • 即日退職に可能である。
  • 退職率100%!万が一だが退職できなけれ全額返金
  • 現金後払いOK!!
  • 全国対応全ての都道府県で代行実績あり
  • 有給休暇の無料申請サポート
  • 無制限で相談可能
  • 案件に関わらず追加費用は一切不要
  • 退職が完了するまで期間無制限でフォロー

労働組合であり、顧問弁護士から業務指導も受けています。

デメリット・欠点といえる箇所が見当たらない退職代行サービスとなっています。

項目情報
会社名株式会社アレス
電話番号03-6279-3967
住所大阪府大阪市東淀川区上新庄3-14-12-1202
労働組合合同労働組合ユニオンジャパン

【退職代行デメリット】退職代行への質問事項と回答

【退職代行デメリット】やめとけ?サービスは?メリットあるの?体験談

質問①退職代行を利用して突然退職をしても訴えられることはない

シバッタマン

弁護士もしくは労働組合が運営している退職代行サービスを選べば、法的リスクは少ないです。


弁護士は労働者の代理人となり、本人の意思として交渉が可能ですし、労働組合も労働組合法により交渉します。

質問②退職を認められないこともある

シバッタマン

会社が「退職代行では退職を認めない」と言ってくるケースがあります。これは退職代行を使うことが気に食わず、直接言ってこいという会社の言い分です。


規則により本人が直接申告しなければ退職を受け付けないと理由を付けてきます。このように退職代行を使っての退職を会社が認めないケースもありますが、労働
者の退職の自由は民法第627条第1項によって守られており、退職自体は可能です。会社規則で定められていたとしても強制力は民法と比べて弱いため、問題なく
退職できるケースがほとんどです。もし問題があったとしても依頼者側が直接何かされたり、したりする必要は無いため、その辺りは退職代行サービスに任せて大
丈夫です。

質問③損害賠償や懲戒解雇はないの?

シバッタマン

退職代行を利用することにより、会社側から損害賠償や懲戒解雇されたりするのではないかと心配される人もいます。ただ、懲戒解雇のリスクはまずないです

労働者に損害賠償をしても手間がかかります。費用の面を考えても会社側にはメリットはありません。懲戒解雇も退職代行サービスに頼むことによって法律の通り退職することになりますので、懲戒解雇などないです。

「退職」だけでは懲戒解雇できる十分な理由になりません。労働者側に懲戒解雇問題が無ければ、損害賠償や懲戒解雇のリスクはありません

会社にとって不利益な事、著しく秩序を乱す行為などを行った労働者に対して下されます。従業員が極めて悪質な規律違反や非行を行ったときに懲戒処分として行うための解雇. 就業規則や労働契約書にその要件を具体的に明示しておくことが必要です。

退職をしようとしている会社の就業規則に明記されていますので一度ご確認ください。大多数の人が該当しません。

引用元:懲戒解雇について(厚生労働省)

質問④民間の労働組合の退職代行サービスはリスクがあるの?


民間の退職代行サービスが悪いということはありません。民間の労働組合でも交渉行為はできます。
民間でも自分たちのできることを理解してしっかりと対応してくれる会社もありますし、法律的な問題や対応が出てくれば弁護士を紹介してます。

退職に関わる退職日や有給取得、退職金や離職票の送付など、退職時に必要となる対応については交渉しなくても済む場合があるため、民間でも代行できます。

シバッタマン

このように民間の退職代行でも問題はありませんが、利用する会社は選ばないとトラブルになるため注意が必要です。

労働者が会社に退職を申し出ると、訴えらるなど損害賠償請求をされないかと不安な方がいますね。
私の経験上でも上司が部下に辞めたら懲戒解雇にするからと脅している例をみたことがあります。

ただ、会社から訴えられることはほぼございません。安心してください。
この記事で上記でも記載していますが、労働基準法にも定められています。
退職をしようとしているのに労働契約に違約金や損害賠償を定めることが問題なのです。

退職会社が訴えるぞと脅してきた場合には、これも弁護士対応の退職代行を活用すれば問題ありません。
対処方法について、法的な面からたいしょしてくれます。法律がわからな労働者でも、法律で守られた対処をしてくれます。
退職代行を使えば、退職手続きや労働基準法で言い返してくれますし、何かおどされても法律で言いくるめて辞められるんです。
そして何より、法律の専門家がついているのは心強いんです。弁護士に頼むと本来高いものでありますが、色々なリスクを考えると退職代行はとても安価なサービスと考えらえますね。

⑤詐欺の退職代行サービスは大丈夫?

シバッタマン

本記事で紹介している退職代行サービスは詐欺はありませんからご安心ください。非常におすすめの退職代行サービスです。

ただ、退職代行サービスの需要の年々テレビや雑誌の報道とともに認知度と労働者に求められています。重要が増えると退職代行業者も増加していきますよね。

ただ、そのような場合には悪質な代行業者や詐欺業者もでてくるものです。


「退職代行サービスに費用を多く払ったら音信不通になってしまった、だまされた」

「退職に失敗したんだけど、なんで退職は100%じゃなかったの?」

などがあります。

悪質の退職代行サービスほど、退職に失敗しても返金してくれません。本記事でご紹介する転職会社は問題ございませんのでご安心ください。

まとめ:【退職代行デメリット】やめとけ?サービスの体験談を紹介!メリット実体験

いかがでしょうか。

【退職代行デメリット】やめとけ?サービスは?メリットあるの?体験談についておつたえしました。

自分の心境や健康をを考えると、会社に退職をつげられないこともあるかもしれません。ただ、健康を害する、またはパワハラ、サービス残業があるのであれば、退職代行サービスを使ってでもすぐに退職することも大切です。


退職金や有給休暇なども退職代行サービスが相談にのってくれるので、費用として会社をばっくれるよりお金が戻ってくる可能性はあります。

ここで紹介した退職代行サービスをご紹介しました。参考にしてみてくださいね。

【退職代行デメリット】やめとけ?サービスは?メリットあるの?体験談

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします

発達障害のため転職経験も多いですIT業界で働いていたので、転職経験についてもお伝えします。

【資格】
Webディレクション資格認定者、Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)など他 IT資格を取得

オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次