皆様日々で悩んでいる精神疲労を解決するメディアです。

【退職代行弁護士トラブル事例】おすすめと失敗例の問題と注意点を解説

【退職代行弁護士トラブル事例】おすすめと失敗例の問題と注意点を解説

退職代行にも弁護士が対応してくれる場合と弁護士がいないサービスがあるけどトラブルとか違いはわからない

退職代行サービス弁護士を利用する場合はトラブルがすくないというけどなぜ少々高額だけど失敗はしたくない。

ほぼ休みのないシフトや残業代のつかない時間外作業が発生してしまう職場、パワハラが横行している職場など「もしかしたら自分が働いている職場もブラック企業かも」と思うことはありますよね

でもブラックな職場だからこそ、退職したいです、となかなかか言い出しにくいもの。

退職意思を伝えたとしても受理してもらえなかったり「代わりの人を連れてこないとやめさせない」と言われてしまったり。そんな方におすすめしたいのが退職代行サービスなのです。

ただ退職代行サービスにも弁護士がついているとかついていないとかあるようです。何かトラブルにつながる失敗はあるのでしょうか。気になるなる人もおおいかもしれません。その謎をこの記事では解決します。

『顧問弁護士監修』とあっても見せかけだけの退職代行業者にお気を付けください。 当社は法的案件の確認や月次報告にて顧問弁護士とのコンセンサスを強めています。

目次

【退職代行弁護士トラブル事例】おすすめと失敗例の問題と注意点を解説

【退職代行弁護士トラブル事例】おすすめと失敗例の問題と注意点を解説

退職代行サービスを利用するうえでの退職が出来ないという失敗は法律上はない

シバッタマン

退職代行を利用する方に安心していただきたいのが、基本的に退職に失敗することはない、ということです。現在の日本の法律上、退職の意思を表示した労働者の退職を阻害する事はできません。

雇用契約の期間を定めていない契約の場合であれば、原則2週間前に意思表示をすることで退職が可能です。

退職を申入れてから2週間すれば、使用者 の承諾がなくとも、会社を辞めることができます (ただし、期間をも って報酬を定めた場合には、 当期前半に解約の申入れをしたときは次 期以降に効力が発生します(同法627条2項))。

引用元:退職を申入れてから2週間すれば、使用者 の承諾がなくとも、会社を辞めることは可能(厚生労働省)

これは、正社員やパート、アルバイトという雇用形態に関わらず適用されます。ですが、特に正社員の場合などは業務の引き継ぎなどの都合上、勤務先が定める労働規則においては1ヶ月前〜3ヶ月前までに退職意思を示すよう求められている場合もあります。

退職の意思表示から実際に退職できるまでの期間には、労働契約を結んだときの条件によって差異が生じます

それはあくまでいち企業が定める社内規則ですので、法律を上回るような強制力はありません。雇用期間の定めのない契約での退職の場合は、最短で2週間前に意思表示をすれば良いと認識して問題ありません。

退職代行サービスは違法?

シバッタマン

退職を検討している労働者以外の第三者が退職の意思を会社に伝えることは違法にはならないのかと不安になりますよね。

ただ、これから説明ではありますがしっかりとした退職代行サービスを利用すれば違法の心配は全くありません。

第三者が会社に自分の代わりに退職意思を伝えることは違法となりません。

何かしらの事情があって本人に代わって家族が会社に退職意思を伝えることは違法にはなりませんよね?それと同様です。

退職代行サービスに朝メール、電話→手続きして振込してそのまま会社辞めた 前の会社辞めたくて不眠症になっててあるとき限界来てからの行動早かった

弁護士資格をもたない退職代行サービス業者が意思をつたえるだけは違法ではない

弁護士資格をもたない退職代行サービス業者が、本人に代わって退職したいという意思を会社に届け出るという行為そのものは非弁にはあたらないため、違法性はありません。

弁護士によらない退職代行サービスを利用する場合、いくつかのケースで違法になってしまう可能性もあり得ます。

弁護士資格をもたない退職代行サービス業者が違法となる場合もある

弁護士法の72条において下記のように定められています。

弁護士法の72条について

第七十二条 弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、再調査の請求、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。

引用元:e-Gov法令検索 弁護士法

弁護士ではない人が費用を請求したうえで法律に基づいた交渉や和解の仲裁をしてはいけない、という意味です。

しかし、もし会社が退職届を受理しなかった場合、弁護士資格を持たない退職代行サービスが「受理するように」「受理しないことは法律違反だ」などと交渉することは非弁にあたり違法となる可能性もあります。

弁護士資格を持たない退職代行サービスを利用する場合は非弁行為に注意

シバッタマン

労働者に変わって退職日や退職金の取り扱いを本人に代わって退職代行サービス業者と会社で話し合いを行うことは交渉にあたるので、非弁行為となってしまうこともあります。

賃金の未払いの解決や有休休暇の取得について、パワハラ等による慰謝料の請求について法律事務にあたるので、弁護士のみが取り扱える仕事です。

非弁行為を行っている退職代行サービスを利用したからといって、利用者が法律違反に問われることはありませんが、参考人として取り調べを受ける可能性がありますし、気持ちの良いものではありませんよね。

弁護士へ退職代行サービスを申し込む際には大丈夫ですが、弁護士資格を持たない退職代行サービス業者へ依頼する場合には、その業者が扱っている業務内容が非弁行為に当たらないかどうかを事前に確認しておく必要があります。

労働者が退職代行サービスを使うことでトラブルを回避することができます。

【退職代行で弁護士資格のない退職代行の持たないトラブル】失敗は何?

【退職代行弁護士トラブル事例】おすすめと失敗例の問題と注意点を解説
シバッタマン

弁護士資格を持たない退職代行サービスができることはあくまでも退職届けを本人に代わって提出することのみです。

失敗①退職するにあたり会社の違法性の追求ができなかった

シバッタマン

先ほどもお伝えしましたが弁護士法の72条で弁護士弁護士資格を持たない退職代行サービスでは違法性の追求はできませんとお伝えしました

勤務先が法律違反のブラック企業であったとしても、法律違反を盾に退職度届を受理するように会社に迫ることはできないのです。

法律にまつわる行為は弁護士以外できないと定められているためです。

何度も申し上げましたが、弁護士資格を持たない退職代行サービスができることはあくまでも退職届けを本人に代わって提出することのみです。

失敗②退職代行を利用してお失敗する場合もある

シバッタマン

弁護士資格をもたない退職代行サービスは会社の違法性を追求することはできません。そのため、退職代行サービスを利用して退職届を提出したとしても、会社側が固くなに退職届けを受理しようとしなければ退職することはできないのです。

弁護士資格を持たない退職代行サービスでは、失敗した場合代行作業代金の返金サービスを設けている業者や、相談役として弁護士を置き、弁護士の指導のもと法律に違反しない範囲で会社側と交渉をしてくれる退職代行サービス業者もあります。

失敗③退職代行でも悪徳業者もいる

シバッタマン

弁護士資格を持たない退職代行サービスの中には、悪徳業者もあります。代行作業料を請求しておいて、実際には退職届の代行をしてくれないという詐欺を働く業者もあります。

まだまだ新しく生まれてきた業種ですので、玉石混合が著しい分野と言えるでしょう。弁護士資格を持たない退職代行サービスを利用する際には口コミをしっかりチェックしたり、失敗した際には返金サービスはあるのかなど確認してから利用しましょう。

失敗④退職代行サービスを利用したのに会社から嫌がらせも

シバッタマン

弁護士資格を持たない退職代行を利用しても退職できなかった場合、会社からいやがらせを受ける場合もあります。これまでよりも身体的にきつい部署へと転属を命じられたり、一方的に理由をつけて給料が引き下げになることも考えられます。

また同僚との関係もぎくしゃくしてしまうことも考えられるでしょう。

弁護士資格を持たない退職代行サービスの中には、退職できなかった場合には返金保証をしている業者もあります。

しかし、もし本当に退職代行サービスを利用して退職できなかった場合、返金保証どころではない不利益をこうむってしまうこともあります。

退職代行サービスを利用する際には、どの業者、どの弁護士に依頼するかは本当に大切です。1日でも早く退職したいばかりに勢いで申し込みをしてしまいがち。各社をしっかり比較・検討したうえで、冷静になって申し込みをするようにしましょう。

退職会社サービスが上手く対応せず損害賠償もある

万が一、退職代行サービスを利用しても退職できなかった場合、会社側から損害賠償を請求されることも考えられます。

本来は出勤すべき日に出勤せず、本来の行うべき職務を果たさなかったため会社側に不利益が生じた、との理由で損害賠償を請求されることもあり得ます

会社や職業では退職代行サービスが利用できない

シバッタマン

労働契約時の内容によっては3ヶ月前までの意思表示が必要であったり、最悪のパターンでは損害賠償を求められる場合もあります。

例を挙げると、労働契約時に6ヶ月以上の期間を持って報酬を定めた雇用契約の場合、労働者は原則3ヶ月前までに退職の意思を表明しなければなりません。

 退職意思を示してから3ヶ月間は退職できないということです。雇用者側との同意が得られれば2週間前の意思表示でも退職できる場合がありますが、この場合には雇用者側と労働者側で交渉を行う必要があります。

 必要な交渉を行わず、労働者が一方的に退職してしまったり、音信不通になるなどした場合には訴訟を起こされても仕方がありませんので、退職の際には正規の段取りを踏みましょう。

自分自身で退職を申し入れても、退職代行を利用しても変わりません。ですので、基本的に退職代行が失敗するケースはほとんど無いといえます。

【退職代行弁護士トラブル事例】弁護士サービスでの失敗例

【退職代行弁護士トラブル事例】おすすめと失敗例の問題と注意点を解説

弁護士の退職代行は費用が高額

シバッタマン

弁護士による退職代行サービスは弁護士ではない退職代行サービスと比べて費用が高額となります。

退職届けの代行だけではなく、未払い賃金の請求や慰謝料の請求も同時に行う場合には追加で料金がかかってしまうこともあります。

弁護士作業が忙しくて退職代行の作業を後回しにされることもある

シバッタマン

弁護士は退職代行サービスが本業ではありません。他にも多数のクライアント、たくさんの案件を抱えており、多忙な生活を送っています。

もしも退職代行をお願いした弁護士が、他に大きな案件を抱えている場合には退職代行の作業を後回しにされてしまう可能性もあります。

弁護士専用の退職代行は敷居が高い

弁護士に相談というと、非常に敷居が高い感覚があります。そのため退職代行サービスを依頼することにためらってしまうこともありますね。

弁護士との相性

シバッタマン

退職代行サービスをお願いした弁護士が、自分とは相性や価値観が合わないこともあります。

会社側に自分の要求を伝え、スムーズに退職するためには、何人かの弁護士と会い自分の考えや価値観の合う相性のよい弁護士に依頼するようにしましょう。

弁護士によって退職代行サービスの向き、不向きがある

シバッタマン

弁護士にも得意な分野、不得意な分野があります。家庭問題は得意でも、労働関係は不得手という弁護士もいるものです。

退職代行サービスを依頼する場合には、労働関係に強い弁護士に依頼するようにしましょう。

【退職代行弁護士トラブル事例】弁護士資格のおすすめの方は?

弁護士資格サービスを持たない退職代行サービスがおすすめの人

弁護士資格を持たない退職代行サービスは、賃金の未払いやパワハラによる暴力・暴言による慰謝料の請求がなく、また会社側も退職にスムーズに応じてくれそうな見通しがある場合におすすめです。

弁護士資格のない退職代行サービスは、退職届を本人に代わって提出することしかできません。もし、会社側が退職届を受け取ることを拒否した場合、受け取るように交渉することはできないのです。

なんらかの事情があって自分で退職届を提出できない、提出しにくいという人には弁護士資格を持たない退職代行サービスはおすすめです。

弁護士対応退職代行サービスがおすすめの人

シバッタマン

弁護士による退職代行サービスは、これまでに自分で退職届を提出しても受理されなかった人や、退職届の提出と同時に賃金の未払いや慰謝料の請求を行いたい人におすすめです。

また退職代行サービスを利用して退職できたけれど、離職届を発行してくれない、年金や税金関係について不透明な面がある・対応してくれないという方におすすめです。

退職代行弁護士トラブルを失敗しないためにサービスのおすすめの選び方

【退職代行弁護士トラブル事例】おすすめと失敗例の問題と注意点を解説

弁護士による退職代行サービスでも、弁護士資格をもたない退職代行サービスでも、

お金を払う以上どの会社、どの弁護士を選ぶのかはとても大切です。退職代行サービスの選び方についてご説明します。

弁護士の退職代行サービスが良いか、弁護士資格を持たない退職代行サービス業者が良いか?

シバッタマン

退職代行サービスを利用する場合には、まずは弁護士があった方が良いか、なくて良いのかを検討しましょう。

弁護士の退職代行サービスと、弁護士資格のない退職代行サービスのメリット、デメリット、どのような人におすすめなのかはこの記事でもご説明しています。

この記事を参考、自分の場合は弁護士による退職代行サービスが良いか、弁護士資格のない退職代行サービスがよいのかを検討してみましょう。

退職代行会社の費用を検討

シバッタマン

退職代行サービスを利用するにあたって、予算があると思います。予算内で、自分の希望する内容を提供してくれる業者、弁護士を選ぶことが大切です。一般的に弁護士資格のない退職代行サービスよりも弁護士による退職代行サービスのほうが高額になっています。



とはいえ、あまりに安すぎる、あまりに高すぎる業者、弁護士は考え物です。いくつかの弁護士、業者の退職代行サービスを検索したうえでまずは相場を学びましょう。

弁護士資格を持たない退職代行サービス業者の場合、失敗した場合の返金サービスがある業者もあります。万が一を考えて、保証のある退職代行サービスを選ぶのも良いでしょう。

退職サービスでどれくらいで退職ができるのか確認する

シバッタマン

退職代行サービスの利用後、どれぐらいの期間で退職できるのかを検討しましょう。トラブルは早期に解決してしまいたいものですよね。

退職代行サービスに申し込みの後、どれぐらいの期間で着手可能なのか、また着手後はその日のうちに退職可能なのか、即日退職ができない場合、どれぐらいの日数がかかるのかを確認しておきましょう。

本当に即日退職ができるのか?

シバッタマン

即日退職可能という業者もありますが、これは申し込み日のうちに退職可能ということなのか、着手日に即日退職可能ということなのかをあらかじめ確認しておくと良いでしょう。

弁護士による退職代行サービスの場合には、その弁護士が抱えている仕事が多くてすぐには手が回らないということもあり得ます。着手までにどれぐらいの日数がかかるのか確認のうえ、自分としては何日までに解決してほしいのかということも伝えておきましょう。

退職日は失業手当の受給にかかわります。退職できるのならいつでも、ではなく、明確に「この日までに退職したい」と意識を持つことも大切です。

退職代行サービスと連絡がとりやすいか、忙しくて相手にされないか

シバッタマン

退職代行サービスを利用するにあたって、自分の希望通りに退職するためには代行弁護士、代行業者との密な連絡は大切です。連絡が行き違えば行き違うほど、退職日は後に後にとずれこんでしまいます。

弁護士や業者の連絡対応可能な時間帯が、自分も連絡をとれる時間帯であるのかどうか、また、連絡方法は電話のみなのか、メールやLINE、場合によっては実際に会って相談できるのかどうか。自分にあった連絡方法で連絡できるかどうかを事前に確認しておきましょう。

選択する退職代行サービスの成功率

シバッタマン

弁護士資格を持たない退職代行サービス業者の場合、違法性を追求したり交渉したりすることはできません。弁護士資格を持たない退職代行サービスは、あくまでも本人に代わって退職届を提出することしかできません。

そのため弁護士資格を持たない退職代行サービスの場合には、失敗してしまうこともあります。利用してみようかな、と検討中の業者があればネットで口コミを検索してみたり、実際に利用してみた人の体験談を探してみましょう。

また弁護士による退職代行サービスであっても労働関係の交渉に不得手、不慣れな弁護士だとスムーズに進まない場合も考えられます。弁護士に退職代行サービスを依頼する場合には、HP上でその弁護士のプロフィールやこれまでに手掛けてきた案件を確認するようにしましょう。

悪徳ではなく本当にサービスが存在する退職代行サービスなのか確認

シバッタマン

退職職代行サービスはここ最近出てきた新しいサービスです。そのため、まじめでまともな業者だけではなく、詐欺のような業者も存在すると考えられます。まだ国の整備も整っていないので、まともな業者かどうかを確実に確認する方法はありません。

ホームページ上に会社案内があるかどうか、代表者の氏名や会社の所在地が明記されているかどうかを確認しておくことは大切です。

自分が利用しようとしている業者は本当に存在する業者なのかどうか。ネットで口コミや利用体験談をきちんと確認してから申し込みをしましょう。

まとめ:【退職代行弁護士トラブル事例】おすすめと失敗例の問題と注意点を解説

いかがでしょうか。

【退職代行弁護士トラブル】おすすめと失敗例の問題と注意点を解説についておつたえしました。

退職代行についておわかりいただけましたでしょうか。退職の申し出というのはなかなか勇気が必要なことですよね。

そんなときに自分自身と代わって勤務先に退職の意思を伝えてくれたり、必要な交渉を行ってくれる退職代行はとてもありがたいサービスです。けれど、その利用にはやはり注意すべき点がいくつかありましたよね。

そして、費用も決して安いとは言えません。何度も何度も利用することははばかられます。。

また、企業には基本的に会計士さんや顧問弁護士などの法律のプロが付いています。法律による知識の差で労働者が不利な条件を突きつけられることはよくあります。そういった観点からも、退職時に「おかしいな」と違和感を覚えた際は専門の機関への相談を検討してくださいね。

おすすめ① 退職代行Jobs(後払いOKです)

シバッタマン

辞めるんですは、後発ながら7,000件も退職代行実績がある人気のサービスです。


そして、費用も27,000円(税込)とて転職代行サービスの相場より安いにも関わらず下記の充実としたサービスがあります。

特に後払いOKが人気の秘訣です。

 退職代行Jobsのサービス
  • 24時間365日対応している
  • Jobsは弁護士監修なのに27,000円!!
  • 即日退職に可能である。
  • 退職率100%!万が一だが退職できなけれ全額返金
  • 現金後払いOK!!
  • 全国対応全ての都道府県で代行実績あり
  • 有給休暇の無料申請サポート
  • 無制限で相談可能
  • 案件に関わらず追加費用は一切不要
  • 退職が完了するまで期間無制限でフォロー

労働組合であり、顧問弁護士から業務指導も受けています。

デメリット・欠点といえる箇所が見当たらない退職代行サービスとなっています。

項目情報
会社名株式会社アレス
電話番号03-6279-3967
住所大阪府大阪市東淀川区上新庄3-14-12-1202
労働組合合同労働組合ユニオンジャパン
【退職代行弁護士トラブル事例】おすすめと失敗例の問題と注意点を解説

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします

発達障害のため転職経験も多いですIT業界で働いていたので、転職経験についてもお伝えします。

【資格】
Webディレクション資格認定者、Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)など他 IT資格を取得

オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次