皆様日々で悩んでいる精神疲労を解決するメディアです。

【退職代行クズ?】ありえないの?卑怯でおかしいサービス?知恵袋

【退職代行クズ】サービスおかしい?ありえないの?悪い?卑怯か解説

退職代行サービスには下記のような意見があると思います。

退職代行サービスってくずなの?

退職代行サービスってありえないの?

退職代行サービスを使うやつは悪い奴だ!

ただ、退職代行サービスは本当に悪いサービスなのでしょうか。退職代行サービスができた背景から本当にクズであるのかどうか、体験談をもってお伝えします。

目次

【退職代行クズ?】ありえないの?卑怯でおかしいサービス?知恵袋

【退職代行クズ】サービスおかしい?ありえないの?悪い?卑怯か解説

退職代行サービスとはなんなの

シバッタマン

労働者は民法第627条第1項により退職の自由が「期間の定めのない雇用契約について」として認められています。

退職をすることは労働者にとって自由にできることと法律でもさだめられています。

特定の職業や契約社員、公務員などを除けば会社側が拒否は不可能となります。
退職の手段として退職代行を利用することは決してクズではあります。非常識なサービスではなく、世の中にはブラック企業が多い、またはメンタル不調で退職を伝えることができないなど問題もあり、労働者にとって非常に味方になるサービスです。

私もうつ病に何度もなっており、発達障害とわかり障害需要ができず、結果として退職代行を頼みました。

退職代行サービスは、民法によってルールは決められています。
退職に関する民法627条では退職の2週間前に退職を伝えるという旨が記載されています。

第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用元:民法第627条第1項(厚生労働省)

実は退職代行サービスは10年前からあるクズではなちゃんとしたサービス

シバッタマン

最近ニュースなどで話題になり退職代行サービスの認知度や知名度が広まってきたイメージはありますよね。

最近ニュースなどで話題になり退職代行サービスの認知度や知名度が広まってきたイメージはありますよね。

テレビでも退職代行サービスを利用して退職したという特集もくんでおり、身近なサービスで浸透してきたイメージがあります。退職代行サービスはなんと10年以上も前から存在します。

退職代行は、弁護士がおこなっていた業務でした。

弁護士や法律事務所では、残業の未払いや労務的な諸問題を解決するために、労働者に代わって退職の手続きをしてくれたり、会社側に交渉をしていたのが始まりです。

ブラック企業などは、コンプライアンスが守られていない会社が多いため、サービス残業や過度な残業時間、パワハラなど労務に関するトラブルは昔から問題視されていました。

「退職代行」というサービス名ではなかったのですが、内容としては今の退職代行とかわりはありません。
コンプライアンスを守らない会社が存在するため、労働者が気軽に申し込みやすいようにパッケージ化したような感じですね。

新しいサービスのように感じて不安がある方もいるかもしれません。

【退職代行クズ】サービスにはありえないの?悪いのか解説

在籍する社員が突然会社に来なくなるよりも退職代行を利用されたほうがよい

シバッタマン

社員が仕事に突然こなくなくなるより、会社にとっても退職代行を利用する方が良いと考えている意見も増えてきました
会社の人間・上司の立場になると社員が突然辞められてしまうと、不安になります。


会社にとっては社員に対して安全保障の義務がありますので、バックレなどおこり、何かがあったら会社のコンプライアンスを歌がれるようになります。

また、社員が病気などで苦労している場合にも退職手続きを退職代行がかわりに行ってくれます。
病気を悪化させるわけにもいかないですから、会社にとっても助かるとの声もあります。

退職代行サービスで業務の引継ぎについて伝えることが可能になります。

会社側もバックレと退職代行を比較して、退職されるにも大きな差があるため、退職代行を利用して辞めてほしいと感じてきているのです。

うつ病や発達障害で身体を崩すくらいなら退職代行がよい

退職代行の利用者が増えているのは先ほどもおつたえしました。
会社員はメンタル不調での悩みが原因で会社に行きたくないが非常に多いです。
うつ病などはすでに社会問題になっているのはご存じのとおりかと思います。

サービス残業や長時間労働、パワハラなど労働環境下で精神的に疲れ切っている社員が多いのもあなたか会社でみたことはないでしょうか。

経済の低迷でブラック企業が増えています。人件費の削減が行われています。

シバッタマン

労働人の4 人に 1 人が勤め先を「ブラック企業」と考えているようです。ブラック企業と考えている2 割強が『会社を今にでも転職したい』と考えている調査結果があります。

4 人に 1 人が勤め先を「ブラック企業」と認識、
このうち 2 割強が「すぐにでも転職したい」
-所定外労働ありの男性正社員では、依然 1 割弱が 100 時間以上の長時間労働-

-第38回『勤労者の仕事と暮らしに関するアンケート(勤労者短観)』調査結果-

連合総研では、10 月初旬に第 38 回勤労者短観調査 を実施しました。今回の調査では、
勤労者の景況感や物価、仕事に関する意識など の定点観測のほか、「労働時間と年次有給休
暇についての意識と実態」、「働き方改革についての意識と実態 」、「職場の状況といわゆる
『ブラック企業』に関する認識 」、「2019 年参議院議員選挙」、について調査しました

引用元:4 人に 1 人が勤め先を「ブラック企業」と認識、このうち 2 割強が「すぐにでも転職したい」

上記の通り、現在の日本社会ではメンタルを崩すのが社会問題となっており、退職代行を利用する人は精神的に疲弊している人が利用するかたが非常にふえていますので決してクズのサービスではありません。


労働環境が悪いかがために、精神的が悪化し、体力的にも動けなくなってしまった方が沢山います。
退職の手続きに割く気力がなかったり、仕事以外のことに手をつけられないという理由で退職代行を選択しているのです。

会社がコンプライアンスを守っていないため退職代行を利用される

シバッタマン

退職代行を利用する労働者がクズといわれることもありますが、本来であれば会社側のほうがクズなのではとも考えらえます。


退職の仕方であれば、本来であれば直属の上司に話しかけるでしょう。
ただ、上司に伝えられないということもあり、社員は退職代行サービスを利用するのです。退職代行を利用された会社にもコンプライアンスとして問題があるのではないかと考えられますよね。

労働者が退職の意思を上司に直接伝えることができるのであれば、退職代行サービスを利用することはあります。

上司がパワハラをおこなっているなど、職場の雰囲気でどうしても退職が社員から上司に言えないなどよくある話ですよね。

あなたがこれまでの頑張ってきた経験を無駄にしない

シバッタマン

退職代行を利用することはクズだと考える人はいまだ一定の人間ではいますでしょう。


テレビや雑誌でも報道されている通り、退職代行でやめたと考えている人も多いのです。
退職代行を利用して、退職をしたとします。


社会人として蘇生するために転職活動をすることもあるかと思います。退職代行を利用したことが面談する企業にばれることはありません。

同じ業種で前にいた会社と転職先の会社の人が知り合などで知られるケースがゼロとは言いませんが。

シバッタマン

私は取引先の会社の担当者が同じとの経験はありました。取引先の方は私が前の会社を退職したことに驚いておりましたが、退職代行を利用したなんて全く考えていませんでした。

今後のキャリアを左右するため、早く決断することが重要になっくるかもしれないと考える人もいるかもしれません。
退職代行を利用するとによって転職が不利になるということはありません。

【退職代行クズ】サービスおかしいの声もあり

【退職代行クズ】サービスおかしい?ありえないの?悪い?卑怯か解説

退職代行サービスを利用して退職する会社はありえない

退職代行を労働者はクズということを聞くことがあります。
労働者が退職代行を利用せずに苦労をして辞めた人、退職代行を使われて迷惑だった人、メンタルの辛さを理解できない人などがクズといえますでしょう。

シバッタマン

クズというようなことはいるかもしれませんが、退職代行は何のために世に存在するサービスなのか説明したとしても理解はできないと考えられます。歴史もあるサービスであり、弁護士も関わっているのでクズではないのですが。

理解してもらうことは諦めましょう。おそらく価値観が違います。価値観が違う人といくら会話しても分かり合えることはありません。

退職代行サービスに依頼する費用が考えられない。退職でお金をつかうなんて

労働者で会社へ自ら退職を伝えればお金がかからないのに退職代行を利用するのはお金を利用するなんてクズでないかとの話もあります。
退職代行サービスを利用する労働者も自分で退職を伝えることができればお金を使わずにみんな退職するでしょう。

でも退職代行を利用するには色々と考えて依頼する人が多いものです。

どうしても会社と連絡を取れない辛さなどわかることはないでしょう。

シバッタマン

また、退職代行はお金を使うともったいないと考えている人もいますが、実は自分の口から退職を告げると有給を申請できなかたりします。退職するのに有休を申請するとはと考えてしまいます。


退職代行はしっかりとしたビジネスです。ビジネスとして、即日退職も可能です。

有給や退職金も交渉してくれますから、退職代行のサポートを使ったおかげでサービス残業の費用も戻ってきた事例も多く、お金に関してはお得なことがおおいのです。お金の価値も人によってそれぞれ異なります。自分が納得できるサービスにお金を払うのであれば、問題はありません。

お世話になった会社へ退職代行サービスを使うのは信じられない

退職代行サービスをは働いていた会社で失礼で悪いサービスという人もいます。

シバッタマン

お世話になった上司や取引先への挨拶や仲間への引継ぎなどを行わないですし、退職代行のサービスだと自分が苦労すると考えている人がやはりいます。


会社を中々辞めることができずに、メンタル不調や身体の健康を崩してし、うつ病が悪化したとしても、会社もクズという人にも誰も労働者の責任を取ろうとしません。

退職代行サービスにクズなど意見を言う人もいますが、価値観の違いなので、健康を守るため気にしないようにしましょう。

退職をするのに苦労をともなっていない

退職代行を使って辞めるなんて社会人として非常識という意見もあります。
退職に関しては上司に告げるのが社会人のるーるといわれているからです。

シバッタマン

ただ、それは会社側もホワイト企業であり、労働者も健康をくずしていない場合の常識です。会社側が常識でないのであれば、社員も常識でなくてよろしいのでしょうか。



社員だけがモラルに問われるのであれば会社側にもモラルが問われます。
退職代行を利用されてしまう会社にも問題意識をもってもらうため、罪悪感などきにせずサービスを利用することをお勧めします。

【退職代行クズ】サービスとおかしい?退職代行を利用する利点

会社と退職と直接やり取りをする必要がなくメンタルの悪化はない

シバッタマン

会社と直接やり取りをする必要がないため、自分から辞めると言いにくい人にもぴったりです。退職代行を利用するなんて非常識かもしれない、と不安な人も退職代行を挟むことで気持ちが楽になります。


会社との直接連絡を避けたい場合は、交渉行為ができる退職代行業者を選ぶようにしてください。会社から連絡が来
るリスクを減らすことができます。

交渉行為が違法となる民間の退職代行業者とは異なり、違法性を気にすることなく交渉まで任せることが可能です。
直接連絡をしてほしくないということを会社にしっかりと伝え、もしも会社から利用者本人に連絡が来てしまっても、連絡がきたことを伝えましょう。

退職代行サービスを利用することで手続きで迷惑をかけない

退職代行を利用することは非常識かもしれない、と心配する方は相手側の気持ちを考える優しい方です。退職代行を利用することで退職の手続きができるため、手
続きそのものでは会社に迷惑をかけません。
退職代行を利用することで職場に迷惑がかかってしまうのではないか、と心配する方こそ退職代行の利用がおすすめです。

退職代行を利用しても転職活動で企業にはわからない

退職代行を利用することはクズだと考える人はいまだ一定の人間ではいますでしょう。
テレビや雑誌でも報道されている通り、退職代行でやめたと考えている人も多いのです。
退職代行を利用して、退職をしたとします。
社会人として蘇生するために転職活動をすることもあるかと思います。
退職代行を利用したことが面談する企業にばれることはありません。

同じ業種で前にいた会社と転職先の会社の人が知り合などで知られるケースがゼロとは言いませんが。


シバッタマン

私は取引先の会社の担当者が同じとの経験はありました。取引先の方は私が前の会社を退職したことに驚いておりましたが、退職代行を利用したなんて全く考えていませんでした。

今後のキャリアを左右するため、早く決断することが重要になっくるかもしれないと考える人もいるかもしれません。
退職代行を利用するとによって転職が不利になるということはありません。

【退職代行クズ】と考えずに退職代行サービスをおすすめする理由!

アルバイトやパートも退職代行サービスを問題なく利用可能

シバッタマン

退職代行サービスはアルバイトでもパートであっても代行して退職をすることが可能となります。

正社員だけのサービスではありません。しっかりと退職に関しての相談、手続きにのってもらえることが可能となります。よって、遠慮なく相談からはじめてみるのはいかがでしょうか。

発達障害で人間関係が悪化してやめたい

上記でもおつたえしました通り、ブラック企業ではサービス残業や、長時間労働、パワハラなどコンプライアンスを無視しした労働環境です。
ブラック企業であるため、長く在籍している社員も少ないものです。
常識的に考えても会社に働くことに社員が長続きできません。
ブラック企業は社会問題となっています。
人材不足の状態であり、労働者が辞めるといっても会話を流されたと意見を聞いてもらえません。

シバッタマン

私の場合は発達障害ということが会社の上司に指摘され、上司と会話ができなくなりました。長時間残業でサービス残業でもありました。そのうえ、障害としてパワハラ的は発言ともいわれました。結果として、発達障害ということが発覚したのですが、上司とは口を利くことはできませんでした。

忙しいからと言われ我慢し続けたとしても、いつまでも何かしらの理由をつけていつまでも退職ができません。

精神的に疲弊していると会社との退職のやりとりに苦労をする

退職というのは上司に退職をつたえるだけではありません。その後引継ぎであったり、書類を書いたりと大変です。

シバッタマン

ましてやうつ病と診断されている人もいて、そのような状況ではパフォーマンスを発揮することもなく、また会社側には辞める人間に対しては冷たい扱いをするような会社もあります。


そのうえ、退職を言い出しても会社が退職させてくれないのです。

ブラック企業やパワハラをしてくる上司が存在する会社で、メンタルがやんでいる社員ができるのでしょうか。
メンタル不調になったのも会社の労働環境が原因の場合が多いのです。人手不足といわれても、そんなのは会社側がわるいと考えてしまいますよね。
労働者が退職を申し出ても退職を受け入れないのであれば、遠慮せず退職代行を利用してしまうことにしましょう。

ブラックな会社で退職を聞いてくれない

シバッタマン

労働者が会社に退職の意思を伝えたとしても、ブラックな会社だと退職できないとの意見も多数聞きます。
 退職代行を利用方法はそれぞれではあります。ブラック企業に問題があることも多いのです。

冒頭でもお伝えしますが退職代行サービスは会社が退職を聞き入れてくれないことが多いのです。

例え、ブラック企業だとしてもせっかく育てた人材を手放したくないという気持ちがあるのかもしれません。
退職の意思を示したのであれば2週間で退職することが可能なのです。法律でも定められています。

労働基準法が存在の意義がなくなるのです。
労働基準法には労働者を守るための法律でもあります。生存権の保障や賃金、労働時間、休日および年次有給休暇などの項目について、労働条件の最低基準を定めている。

ブラック企業ではそもそも就業規則もない

シバッタマン

退職代行を利用する労働者が増えた理由としては自分から退職を言い出せないということがあります。

退職代行サービスを初めて行った退職代行のサービスを立ち上げた方でも「辞めますという意見表明ができない人が多くいる」ことを問題視している人がいます。

愛社精神がなくなってきた

シバッタマン

退職代行の利用者が増えているのは仕事や会社に対する考えがかわってきたこともあります。派遣社員や出向社員がふえたこともあり、会社への愛着心がなく面倒をみてくれなかったとかんがえることが多いです。

若者の会社への帰属意識は年々低下しており、会社で働き続けたい・会社のために働きまた、かつての「会社を辞めるのは悪」「続けることが良いこと」という価値観も変化しており、自分に合わないと感じれば会社を辞めると考える人が多くなってきています。
価値観の変化が、退職代行の利用者の増加に繋がっていると考えられます。

【退職代行クズ】退職代行利用時の懲戒解雇のリスクは?

懲戒解雇とは

シバッタマン

懲戒解雇とは、民間企業において定められている就業規則に基づく懲戒の一種で行われる解雇の事です。懲戒免職と呼ばれる事もありますが、日本の労働社会においては最も重い処分の1つです。

会社にとって不利益な事、著しく秩序を乱す行為などを行った労働者に対して下されます。従業員が極めて悪質な規律違反や非行を行ったときに懲戒処分として行うための解雇. 就業規則や労働契約書にその要件を具体的に明示しておくことが必要です。

懲戒解雇ってどうすればなるの?

退職代行を利用することにより、会社側から損害賠償や懲戒解雇されたりするのではないかと心配される人もいます。ただ、懲戒解雇のリスクはまずないです

労働者に損害賠償をしても手間がかかります。費用の面を考えても会社側にはメリットはありません。懲戒解雇も退職代行サービスに頼むことによって法律の通り退職することになりますので、懲戒解雇などないです。

「退職」だけでは懲戒解雇できる十分な理由になりません。労働者側に懲戒解雇問題が無ければ、損害賠償や懲戒解雇のリスクはありません

会社にとって不利益な事、著しく秩序を乱す行為などを行った労働者に対して下されます。従業員が極めて悪質な規律違反や非行を行ったときに懲戒処分として行うための解雇. 就業規則や労働契約書にその要件を具体的に明示しておくことが必要です。

退職をしようとしている会社の就業規則に明記されていますので一度ご確認ください。大多数の人が該当しません。

引用元:懲戒解雇について(厚生労働省)

【退職代行クズ】おすすめの退職代行サービスと何?

おすすめ① 退職代行Jobs(後払いOKです)

シバッタマン

辞めるんですは、後発ながら7,000件も退職代行実績がある人気のサービスです。


そして、費用も27,000円(税込)とて転職代行サービスの相場より安いにも関わらず下記の充実としたサービスがあります。

特に後払いOKが人気の秘訣です。

 退職代行Jobsのサービス
  • 24時間365日対応している
  • Jobsは弁護士監修なのに27,000円!!
  • 即日退職に可能である。
  • 退職率100%!万が一だが退職できなけれ全額返金
  • 現金後払いOK!!
  • 全国対応全ての都道府県で代行実績あり
  • 有給休暇の無料申請サポート
  • 無制限で相談可能
  • 案件に関わらず追加費用は一切不要
  • 退職が完了するまで期間無制限でフォロー

労働組合であり、顧問弁護士から業務指導も受けています。

デメリット・欠点といえる箇所が見当たらない退職代行サービスとなっています。

項目情報
会社名株式会社アレス
電話番号03-6279-3967
住所大阪府大阪市東淀川区上新庄3-14-12-1202
労働組合合同労働組合ユニオンジャパン

 

まとめ:【退職代行クズ?】ありえないの?卑怯でおかしいサービス?知恵袋

いかがでしょうか。

【退職代行クズ】サービスおかしい?ありえないの?悪い?卑怯か解説についてお伝えしました。

退職代行サービスにはクズやおかしいという意見があるのはまだ認知度が低いこともありしかたないことではあるかもしれません。

ただ、なぜ退職代行を利用しなくてはいけなかったのか、社員だけではなく会社側のコンプライアンスも考えたほうがよいと思います。

上司との人間関係がよければ退職代行サービスはうまれませんし、流行りもしません。それでも利用する人が多いのは利用者だけのもんだいではなく、会社側がクズである可能性もあるとかんがえるとよいかもしれませんね。

【退職代行クズ】サービスおかしい?ありえないの?悪い?卑怯か解説

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします

発達障害のため転職経験も多いですIT業界で働いていたので、転職経験についてもお伝えします。

【資格】
Webディレクション資格認定者、Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)など他 IT資格を取得

オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次