MENU
皆様疲れていませんか?障害者本人として日々で悩んでいる皆様の精神疲労を解決するメディアです。

【退職代行クズになる?】真相?なぜ非常識?使う人と業者を徹底解説!

【退職代行サービスはクズなの?】批判や気まずいの!

【退職代行クズでやばい】という言葉を聞いて、実際のところどうなのか気になりませんか?

退職代行サービスがクズと批判される理由は何なのでしょうか?

シバッタマン

この記事では、退職代行サービスの真相を徹底解説し、批判と長所を比較します。うつ病になり障害手帳を持っている私ですが、退職代行利用者でもあります。経験談として退職代行はクズでないことを説明します。

退職代行サービスは合法であり、多くの利用者が実際に助けられていることがわかります。

 また、成功事例を通して、退職代行サービスがどのように効果的であるかを示します。

 さらに、適切な退職代行サービスの選び方や費用についても説明します。この記事で明らかになる退職代行サービスの真相をまとめた表をご紹介します。

この記事を読むことで、退職代行サービスの真実を知り、あなたの退職や転職活動に役立てることができます。是非、一度目を通してみてください。

退職代行がクズでない理由詳細
退職代行の正当性合法であり、多くの利用者に助けられている
批判と誤解退職代行が違法であるという誤解に基づく批判
成功事例パワハラ問題やメンタル悪化を抱える利用者が救われている
長所スムーズな退職プロセス、転職サポート、心身の負担軽減など
注意点やデメリット引継ぎの無責任さや周囲からの理解が得られないと考える場合
費用と選び方民間企業の退職代行費用、弁護士の退職代行費用、選ぶ基準など
おすすめサービス人気退職代行サービスの特徴と比較

今回の記事では退職代行をクズと感じてしまう理由とクズではないメリットを紹介いたします。【退職代行サービスはクズなの?】批判や気まずいの!についてお伝えします。

シバッタマンの紹介
シバッターマン
シバッターマン
  • シバッタマン
  • 精神障害者保健福祉手帳 保持者
  • 退職代行で40歳で会社を退職し就労移行支援へ
  • 氏名:柴田義彦
  • 退職代行&就労支援、ITの執筆
  • 妻と4歳の子供がいて住宅ローン・教育費に必死
  • うつ病で休職経験多数
  • WEB業界を辞め、障害と闘いなら自営に転身
  • 経歴・連絡先情報はプロフィールに表示
目次

【退職代行クズ】使う人が誤解されがちな真相とは?

退職代行とは?正確な定義を理解しよう

シバッタマン

退職代行の基本情報から確認していきましょう。退職代行とはその名の通り、利用者の退職をサポートしてくれるサービスです。

 もしくは、そのサービスを提供している団体を指している場合もあります。

 退職代行のサービスで行ってくれるのは、基本的に「退職を希望している旨」を利用者の変わりに勤務先の企業に伝えることです。

 それ以降の話し合いや手続きなど、企業側とのやり取りについてどこまで対応してくれるかは、退職代行を行っている団体によって異なります。

シバッタマン

もしくは、そのサービスを提供している団体を指している場合もあります。退職代行のサービスで行ってくれるのは、基本的に「退職を希望している旨」を利用者の変わりに勤務先の企業に伝えることです。

それ以降の話し合いや手続きなど、企業側とのやり取りについてどこまで対応してくれるかは、退職代行を行っている団体によって異なります。

なぜ増加?退職代行利用者の背後にある事情と悩み

シバッタマン

「退職代行」サービスをご存じですか?近年の慢性的な人手不足により、あらゆる業界でブラック企業が増えてきた結果、辞めたくても辞めたいと言えずに悩んでいる人のためにできた新しいサービスです。

つまり、会社を辞めたい人に代わって、辞めたい旨を勤務先に伝えてくれる、辞めたいことを言い出せない方にとっては非常にありがたいサービスになります。

この件がわざわざ退職代行サービスを頼む一番多い理由です。上司が忙しく(もしくは聞く気がない)時間が取れないということが理由になっています。

なぜ増加?退職代行利用者の背後にある事情と悩み

シバッタマン

退職代行とは、ある種、今の時代に非常にマッチした新しいサービスになります。筆者は3回転職経験がありますが、新卒で入社した会社に辞めたい旨を伝えるまでに要した時間は半年でした。

退職代行サービスは、勤務先と直接話さずに退職できるため、多くの人々から利用されています。しかし、退職代行サービスには批判の根拠もあります。

たとえば、退職代行サービスを利用することで、個人情報が漏洩する可能性があることや、退職理由を明かさずに辞めることができるため、企業側が問題解決に取り組むことができないことなどが挙げられます。

退職の意向を伝える」という行為だけならば、本人の口から言うことが一番だとは思いますが、第三者である退職代行業者のスタッフが伝えても、何ら問題はありません。

その一方で、一般的に企業の多くは退職の意思表示として、文書による退職願の提出を求めます。つまり、たいていの会社では、口頭で退職の意思を聞くだけではなく、退職願を提出して貰い受理することではじめて、退職を認めているのです。

シバッタマン

例えば、退職代行サービスが違法であるという誤解がありますが、実際には違法ではありません。

退職代行業者による「依頼主の退職意向を口頭で伝える行為」は、違法ではなく、法的に問題があるわけではありません。

【退職代行クズ】真相を暴く!批判とメリットを徹底解説!

退職代行の正当性と法的根拠

シバッタマン

退職代行業者による退職手続きには法的根拠があります。たとえば、労働契約法には、「労働者は、解雇の権限を有する者に対し、書面により退職の意思表示をすることができる」と定められています。

引用元:仕事を辞める時(厚生労働省)

このため、一般的には、退職届を提出する必要があるとされています。

また、退職代行業者が行う「依頼主の退職したい意向を伝えること」と「必要書類の郵送依頼を伝えること」は、依頼主の代理人としての行為であり、法的に問題ありません。

ただし、退職代行業者が「有給の交渉や退職願の代理作成」を行う場合は、「非弁行為」となり、法律上の問題が生じます。

引用元:非弁行為(日本弁護士連合会)

「非弁行為」とは、弁護士法において、弁護士以外が報酬を得て代理で交渉することを禁じている行為を指します。

 退職代行業者が代理で交渉することは禁止されていますが、依頼主の代理人として、必要書類の郵送依頼をすることについては問題ありません。

以上のように、退職代行業者による退職手続きは、法的根拠がありますが、業者が行えることには制限があります。

退職代行業者を利用する場合は、適切な業者を選び、法的な問題が生じないように注意する必要があります。

労働者の退職権利と代行サービス

労働は私たちの義務の一つです。よって労働に関する知識は絶対に持っていた方がいいでしょう。

例えばこの労働に関する知識があれば、巷で言われている「退職代行を利用するのって違法になるんじゃないの?」という不安を払しょくすることができます。そこで次に、「退職代行が違法行為に当たらない

【退職代行クズ?】使う人への批判の根拠?なぜ非常識?

退職代行が「クズ」と言われる理由は非常識と考えられてる

シバッタマン

退職代行が「クズ」と言われる理由としては、非常識だと考える人がいることが挙げられます。退職代行を利用することに対して、意見は賛否両論となっていますが、退職代行を利用する人にも、会社側にも問題がある場合があります。

 一方で、退職代行を利用することで、会社とのトラブルを回避したり、円満な退職を実現することができます。

 しかし、一方で、退職代行にはデメリットもあります。例えば、費用がかかることや、代行業者に退職の意思を伝えることが苦手な人にとってはストレスがかかることがあります。

退職代行を利用することに対して、「非常識だ」と考える人がいるのは事実ですが、実際、退職代行を利用したことがある人の多くは、退職に関する手続きがスムーズに進み、円満な退職が実現できたという声があります。

退職代行にはデメリットもありますが、これらの問題は、退職代行を利用する前に、しっかりと検討することで解決することができます。

退職代行を利用することに対して、「非常識だ」という意見はあるかもしれませんが、実際には多くの人が様々な理由で利用しています。

 退職代行を利用することで、ストレスや対人関係のもつれを回避し、自分の意志をスムーズに伝えることができます。その結果、円満な退職が実現でき、精神的な負担が軽減されます。

退職代行業界の悪質業者によるイメージダウン

退職代行業界には、悪質な業者が蔓延していることがあります。

 

シバッタマン

このような業者は、顧客に対して不当な料金を請求したり、不十分なサービスを提供するといった問題を引き起こすことがある。

 たとえば、料金が明確に明記されていない退職代行業者、素人が対応している退職代行業者、他人に成りすます退職代行業者、極端に安い退職代行業者などが挙げられます。

 しかしながら、。明確に明記された料金で、プロフェッショナルなスタッフが対応し、お客様から高い評価を得ている。信頼できる退職代行業者が増えれば、業界全体のイメージは向上するでしよう。

退職代行利用者に対する社会的圧力

シバッタマン

退職代行というサービスが大々的に知られ始めたのはごく最近のことです。若い方々には比較的浸透し始めていますが、年配の方々にとってはなかなか馴染みのない話でしょう。

会社に対する忠誠心や仕事に対する考え方の違いなど、現代とひと昔前では大きく変わり始めています。「そんな薄情なことを!」と思われてしまうことも十分に有り得ます。

退職代行業者がわざわざその情報を周囲の方々に周知することはありえませんが、会社を辞めてしまったということはいずれ知られることですよね。

 辞め方を根掘り葉掘りと聞かれることはあまりないと思いますが、「退職を自分で言いだせず退職代行を利用した」と聞いて理解を示してくれない方もいるでしょ

退職代行クズの誤解を解く:使う人の注意点と正当性

ハラスメントなど会社側にも責任がある場合がある

【退職代行サービスはクズなの?】批判や気まずいの!
シバッタマン

パワーハラスメントは、厚生労働省のホームページを見ると、「職場のパワーハラスメントの6種型」なるものがあげられています。その6種型とは、下記の通りです。

  • 身体的な攻撃 暴行・傷害
  • 精神的な攻撃 脅迫・名誉棄損・侮蔑・ひどう暴言
  • 人間関係からの切り離し 隔離・仲間外し・無視
  • 過大な要求 業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、死後この妨害
  • 過小な要求 業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えない
  • 個の侵害 私的なことに過度に立ち入ること

同じ職場で働くものに対して、職務上の地位や人間関係などの職場の優位性を背景に、業務の適正はこえて、精神的・身体的な苦痛を与えてはいけないのです。職場の労働環境を悪化させるこういといわれています。

引用元:厚生労働省(職場のパワーハラスメントの6種型)験上から、メンタルを崩す前に退職代行を利用してブラック企業はやめてしまえと断言できます。

引継ぎをせずに退職する無責任さについて

退職代行を利用する労働者への偏見もあります。例えば、引継ぎがあります。会社に残る人は引継ぎをするくらい社会人としてあたりまえだろうとおもうかもしれません。

シバッタマン

会社を退職する際の心配事のひとつに、引き継ぎを挙げる人は多いのではないでしょうか。

ただ、引き継ぎは法律で決まっておらず義務ではありません

 。部署の移動や事前に退職を伝えている場合には、業務を円滑に進めるため引き継ぎが行われることがほとんどです。

 しかし、退職代行を考えている人は即日退職を目的にしていることが多いため、引き継ぎ期間はないかと思います。引き継ぎをしないと訴えられるから、絶対にしないといけないということはないので、安心してください。

社から引き継ぎを理由に退職を引き延ばされたとしても、これに応じる義務はありません。退職のトラブルで多いのが「そもそも退職理由など話を聞いてもらえない」ということと、この「退職を引き延ばされて退職できなかった」というケースです。

中には、事前に退職を伝え転職先が決まっていたにも関わらず、退職を引き延ばされて内定を辞退することになってしまったという場合もあります。引き継ぎや人手不足などで退職を断られることが多いかと思うのですが、これは会社の都合であり会社が対処すべき問題なので、こちらが責任を感じることはありません。

退職代行を利用する労働者への偏見

シバッタマン

退職代行を利用する労働者への偏見は、以下のようなものが考えられます。

下記の偏見は、退職代行利用者に対する理解が不十分であるために生じています。退職代行サービスを利用する労働者が抱える悩みや問題を理解し、適切なサポートを提供することが重要です。

退職代行利用者は自分で退職手続きができない弱い人物という見方

退職代行を利用する労働者が、自分で退職手続きを行えず、他人に頼らなければならないという印象を与えることがあります。しかし、実際には、様々な理由で退職代行サービスを利用する人がいます。

退職代行利用者は社会的な責任を放棄しているという誤解

部の人々は、退職代行を利用することで労働者が社会的な責任を放棄していると捉えることがあります。しかし、労働者は自身の権利を守るために、退職代行サービスを利用している場合が多く、社会的な責任を放棄しているわけではありません。

退職代行利用者は会社に迷惑をかけているという見方

退職代行サービスを利用することで、会社側に迷惑をかけているという見方があることがあります。しかし、退職代行サービスを利用する理由は、労働者が不当な扱いやパワハラなどの問題を抱えている場合が多く、会社側にも問題があることが多いです。

【退職代行クズ】悪質業者を見分ける方法

①不透明な料金設定

シバッタマン

悪質な業者から身を守るためには、明確な価格設定や透明性のある運営を行っている業者を選ぶことが重要です。つまり、追加料金がかからない業者や、不透明な価格設定をしている業者は避けるべきです。

また、業者の評判を調べることも大切でこういった調査を行うことで、適正価格を提示してくれるだけでなく、信頼できる業者と取引することができます。

退職代行業者を選ぶ際には、公式サイトに料金が明記されているか、追加料金が発生しないと明記されているか、職種・雇用形態に関わらず料金が一律になっているかどうかを確認することが重要です。

悪質な業者から身を守るためには、透明性のある価格設定を提供している業者を選ぶことが大切です。

 時間をかけてよく調査し、慎重に選ぶことが悪質な業者から逃げることになるでしょう。

②契約内容が曖昧で不十分

退職代行業者と契約する前に、契約内容を十分に確認することが重要です。

シバッタマン

曖昧な表現や、不利益な条項が含まれていないかをチェックし、納得できる内容であることを確認します。これは、悪徳会社にだまされないためです。

契約内容を十分に確認することで、退職代行業者が提供するサービスの内容や料金設定などが明確になります。また、契約内容を確認することで、退職代行業者とのトラブルが発生した際に、適切な解決策が提示されやすくなります。

そのため、退職代行業者と契約する前には、契約内容を十分に確認し、納得できる内容であることを確認することが重要です。

③サポート体制の不備

シバッタマン

悪質な退職代行業者から身を守るためには、退職代行業者のサポート体制を確認し、十分な対応があるかどうかを見極めることが重要です。

 電話やメールでの連絡がスムーズにできるか、相談に応じてくれるかなど、サポート体制が整っている業者を選ぶことが望ましいです。

また、退職代行業者が提供するサービス内容も確認することが重要です。退職代行業者が提供するサービスには、退職手続きだけでなく、退職後のフォローやアフターケアなども含まれる場合があります。これらのサービスが提供されているかどうかを確認し、自分にとって必要なサポートが受けられる業者を選ぶことが重要です。

④口コミや評判をチェックする

シバッタマン

悪質な退職代行業者は、評判が悪かったり、口コミで不満が多く見られることがあります。退職代行サービスを利用する際は、インターネット上の口コミや評判を確認することが重要です。

口コミや評判を確認することで、退職代行業者のサービスの質や対応の良さ、顧客満足度などが分かります。

また、口コミや評判を確認することで、退職代行業者が提供するサービス内容や料金設定なども確認することができます。

これらの情報を参考にして、信頼できる退職代行業者を選ぶことができます。

⑤クレーム対応が適切でない

シバッタマン

悪質な退職代行業者は、クレーム対応が適切でないことがあります。対応が遅い、理由を十分に説明しない、解決策を提示しないなどの問題がある場合は、注意が必要です。

これらの問題がある場合、顧客満足度が低く、サービスの質が低いことが考えられます。

 また、クレーム対応が適切でない場合、退職代行業者とのトラブルが発生した際に、適切な解決策が提示されず、問題が長引く可能性があります。

そのため、退職代行業者を選ぶ際には、クレーム対応が適切であるかどうかを確認することが重要です。

⑥結果に対する保証がない

シバッタマン

悪質な退職代行業者は、結果に対する保証がないことが多いです。退職代行サービスを利用する際は、結果に対する保証があるかどうかを確認することが重要です。

保証がない場合は、そのサービスの信頼性に疑問があるかもしれません。

結果に対する保証がある場合、退職代行業者は顧客満足度を重視し、サービスの質を高める努力をしていることが考えられます。

また、結果に対する保証がある場合、退職代行業者とのトラブルが発生した際に、適切な解決策が提示されやすくなります。そのため、退職代行業者を選ぶ際には、結果に対する保証があるかどうかを確認することが重要です。

⑥弁護士や専門家の関与

シバッタマン

退職代行業者に弁護士や専門家が関与しているかどうかも、退職代行業者を選ぶ際の重要なポイントです。

法的な問題が発生した際に、適切な対応ができる業者を選ぶことが安心です。弁護士や専門家が関与している場合、退職代行業者は法律に基づいた適切な対応ができることが期待されます。

また、弁護士や専門家が関与している場合、退職代行業者は顧客満足度を重視し、サービスの質を高める努力をしていることが考えられます。

【退職代行クズでやばい】使う人の利用の長所とは

【退職代行サービスはクズなの?】批判や気まずいの!

有給休暇を消化できる

退職代行サービスを利用しても、退職するまで働いた分の給料はもらえます。

 働いた分の給料を受け取るのは労働者の権利なので、たとえば無断欠勤を続けたとしても、会社側は働いた分の給料を支払わなくてはなりません。

 給料が手渡しの場合は、退職代行業者が間に入って、銀行振込か現金書留で支払ってもらうといったように、直接受け取りに行かなくてもいいように配慮してくれることもあります。

 優良な退職代行サービスは、過去の実績も多いので多様なケースに対して適切にアドバイスをくれるでしょう。給料は手渡しだけど自分で取りに行きたくないという場合は、まず退職代行業者に相談をしてみましょう。

退職代行業者を利用しても、原則として退職金も受け取ることができます。

退職代行は有休の交渉はできない
シバッタマン

退職代行サービスはあくまでも退職の意思を伝えるだけで、退職金に関する交渉はできません(弁護士以外が交渉をすることは弁護士法に触れるため)。

そのため、何らかの理由で会社側が退職金を渡さないとしても、退職代行サービスは基本的に交渉できません。

 そうは言っても、これまで退職金がもらえなかったケースは少ないようです。なお、退職金については給料と違って法律上で定められた賃金ではないため、会社の就業規則によってもらえるかどうかが決まっています。退職前には就業規則を確認しておきましょう。

状況に応じた退職代行サービスの選択

シバッタマン

退職代行は自分が置かれている状況に応じて選択することができます。考えなえればならないのが、自分自身と勤務先の関係性です。

いちばんのポイントは、退職代行を利用したい理由はどいういったところにあるのか、ということです。

 自分の都合で、企業側には非がないけれどただただ辞めたいのか、または就労環境や給与、待遇面などで企業側が何らかのペナルティを犯しているのか。両者の具体的な退職希望理由についていくつか例を紹介してみます。

「退職後のことは自分自身で解決できるので、とにかく退職の意向が伝えられない」という方であれば民間企業が運営する退職代行で十分です。

 けれど、「退職するにあたって企業側と何らかの交渉が必要」な場合や「企業側が退職の手続きをとってくれない」など労働者を守る法律に抵触している場合などは弁護士が運営する退職代行を利用する必要があります。

 退職代行を選ぶ基準として「安心感」というポイントが挙げられます。

シバッタマン

退職代行を行っている企業の情報はまだまだ多くないのが現状です。退職代行を運営している民間企業のほとんどはベンチャー企業など新しい企業なので、「大手企業だから大丈夫」や「知名度が高いから安心できる」というような理由から依頼先を決めることは難しいでしょう。

 

そういった場合に選択肢に入りやすいのが、弁護士が運営する退職代行ですね。

 「弁護士」という職業の社会的信用は非常に高いものがありますし、万が一法的なトラブルが起きた場合も安心して任せることができます。このような部分も踏まえて、利用者側が不安なく利用できるものを選択するのが大切です。

ただ、後述しますが弁護士の退職代行は費用が高いです。

転職活動への時間確保

シバッタマン

退職代行サービスを利用することにより、退職手続きを業者に任せることができます。これにより、本人は転職活動に専念することができます。貴重な時間を多く取れるます。

まだ転職先が決まっていない場合は大きなメリットになることでしょう。

退職手続きは、複雑で時間がかかることがあります。退職代行サービスを利用することで、退職手続きをスムーズに行うことができます。

退職代行業者は、退職手続きに関する専門知識を持っているため、適切な対応が期待されます。

これらのメリットを考慮すると、退職代行サービスは、転職活動に専念したい人にとって有益な選択肢と言えます。

退職における事務の負担軽減ができる

シバッタマン

労務にうとい人であれば、退職代行サービスを利用することが有益です。退職届の他に、会社へ提出または返還するものが分からずに手間を取ってしまうことがあります。

逆に、離職票、退職証明書、年金手帳など、会社から受け取れるものも知らない場合があります。

退職代行サービスを利用することで、これらの手続きを業者に任せることができます。

退職代行業者は、退職手続きに関する専門知識を持っているため、適切な対応が期待されます。

転職サポートの利用可能性

退職代行EXITは転職会社ワークボートと提携している
【退職代行サービスはクズなの?】批判や気まずいの!

退職代行サービスへの相談だけならば無料」だったりは他の業者でもあります。

ただ、退職代行EXIT「転職決定人数No.1を誇る「ワークポート」と提携して」おり、「EXIT経由で「ワークポート」に登録をし、転職が決定した場合、代行費用を全額キャッシュバック(条件あり)」を行うなどサービスに関してはなかなあのものでしょう

退職代行わたしNEXTでは転職サポートの他に起業や独立・開業支援もあり
シバッタマン

転職成功への近道!業界初の「無料転職サポート」をぜひご利用ください。私の場合発達障害で退職代行で会社をやめてフリーランスになりました。その点、転職サポートのほかに起業・独立・開業サポートがあるのは他のサービスにないためとてもよいサービスと感じます。

他の退職代行サービスでは企業・独立・開業までサポートはありません。デザイナーなどフリーランスなどになりたいのであればとてもよい退職代行サービスではないでしょうか。将来への心配がありません。

【退職代行サービスはクズなの?】批判や気まずいの!
シバッタマン

わたしNEXTはワークポート、株式会社みらい人事、株式会社レジナンスといった転職エージェントと提携しています。

転職エージェントから転職を成功させると最大5万円が転職お祝い金としてもらえます。

最短で辞められ、即日退職出来ることが負担経験

退職代行サービスを利用する人にとっては「今すぐ辞めたい」というのが本音でしょう。

シバッタマン

即日退職できるかどうかが最も気になる点であると思います。退職する、と業者に代わりに伝えてもらった後に、会社に出社するのは最も避けたいはずです。

退職代行業者のホームページなどでは、「即日対応可能」と書いていますが、「即日退職が可能になる」とはっきりと言っていないところがほとんどです。

 実態は、「連絡を受けてすぐの営業日に対応するので、ある要件を満たしたら実質的には即日退職をすることができる」という意味を表しています。

では、どのような要件を満たすことができれば、即日退職になるのか、見ていきます。

シバッタマン

退職を伝える時期について、民法ではこのように述べています。

第627条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。 この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。 2 期間によって報酬を定めた場合には、解約の申入れは、次期以後についてすることができる。

引用元:民法第六百二十七条

民法によると、無期雇用労働者である正社員労働者は、2週間前に退職の旨を伝えれば退職することができます。

会社の就業規則で「一ヶ月前に退職する旨を上長に伝える必要がある」と決められていたとしても、基本的には民法の「2週間」が優先されます。また、退職の理由は、人間関係の悩みや仕事が合わないからなど、どんな理由でも退職できます。

シバッタマン

即日退職をするためには、この民法に記載された2週間前の退職の申告に加え、労働基準法による有給についての記載が参考になります。

[A10-1]労働基準法第39条第1項では、使用者は一定期間継続して勤務した労働者に対して、年次有給休暇を与えなければならないと定められています。 この年次有給休暇については、使用者は、労働者が請求する時季に与えなければならないと定められており(同条第5項本文)、使用者に命じられて取得するものではありません。

引用元:労働基準法第39条第1項(厚生労働省)

労働基準法では、全労働日の8割以上出勤していて、入社から6か月以上経っている者に対しては、10日間の有給の付与を保証しています。

退職代行サービスにより退職の旨を伝えるときに、2週間以上の有給休暇が残っていれば、退職するまでに出社する必要がなくなり、晴れて自由の身となります。

シバッタマン

即日退職を実現するには有給休暇が重要になります。
勤務期間が長くなればなるほど増えるので、何日残っているか事前に調べてください。

有給休暇には期限があり、それが過ぎると消滅してしまうので、総務部に問い合わせるなどをして確認してください。

ブラック企業で勤務しているのであれば心理負担がなく転職先へ

私の社会人生活はSESから始まりました。キャリアが一環としてしていたため、キャリアを無駄にすることがありませんでした。

また、退職代行を利用したとしても個人情報の観点から次の会社に退職代行を使ってやめたということがバレることはありません。

シバッタマン

私は取引先の会社の担当者が同じとの経験はありました。取引先の方は私が前の会社を退職したことに驚いておりましたが、退職代行を利用したなんて全く考えていませんでした。

実際に私の体験からも退職してからよくあるのですが、転職先で今までの取引先の人とあったことはあります。しかし、退職代行で辞めた、うつ病でやめたと他の会社の人にばらすことは自分の会社がブラック企業と他の会社の人にはなしていることになります。よって、SESやIT業界ではまったくキャリアに影響はありませんでしたね。

同じ業種で前にいた会社と転職先の会社の人が知り合などで知られるケースがゼロとは言いませんが。

今後のキャリアを左右するため、早く決断することが重要になっくるかもしれないと考える人もいるかもしれません。
退職代行を利用するとによって転職が不利になるということはありません。

【退職代行クズでやばい】使う人への批判に対する反証を検証

【退職代行サービスはクズなの?】批判や気まずいの!

労働者が感じたメリットと安心感

シバッタマン

退職代行サービスを利用した労働者は、退職手続きをプロフェッショナルに任せることで、安心感を得られると報告しています

私は退職代行サービスを利用して、ようやく自分の未来に向けて前進することができました。

 以前は仕事に関するストレスに悩まされていましたが、退職代行サービスを利用することで、自分の時間や健康に集中することができました。

 また、退職代行サービスの専門家のサポートにより、複雑な手続きや交渉に悩まされることなく、スムーズに退職をすることができました。

 結果的に、私はより明るい未来に向けて前進することができ、仕事に関するストレスから解放されました。退職代行サービスを利用することで、私の人生が変わったと実感しています。

職場環境の改善につながったケース

シバッタマン

退職代行を利用した方からは、「退職代行を利用することで、職場のストレスから解放され、自分の健康や今後の人生に集中できるようになった」という口コミが寄せられています。

また、「退職代行サービスを通じて、従業員としての人生に新しい扉が開かれた」という意見もありました。

退職代行を利用することで、従業員は新しいキャリアやライフスタイルを模索できるようになり、自分自身の可能性を広げることができます。

さらに、「退職代行サービスを利用したことで、心身共にリフレッシュでき、前向きに生きることができるようになった」という声もありました。

退職代行を利用することで、次のステップに進むためのエネルギーを補充できるというのです。

退職代行サービスを利用することで、幸せな人生を歩むための一歩を踏み出すことができるかもしれません。

退職代行を通じて、問題点が明らかになり、経営者がそれを改善するきっかけとなることがあるためです。

ストレスから解放された生活の向上

シバッタマン

退職代行サービスを利用することで、ストレスが大幅に軽減されることが多くの労働者に報告されています。

退職代行サービスを利用して、職場のストレスから解放され、自分の健康や今後の人生に集中できるようになりました。

サービスを利用したことで、心身共にリフレッシュでき、前向きに生きることができるようになりました。

また、退職代行サービスを通じて、従業員としての人生に新しい扉が開かれ、新しいキャリアやライフスタイルを模索できるようになりました。

退職代行サービスは、自分自身の可能性を広げ、次のステップに進むためのエネルギーを補充することができる素晴らしいサービスだと感じました。

さらに、退職代行サービスを利用することで、ストレスが大幅に軽減され、より充実した生活を送ることができました。私はこのサービスを強くお勧めします。

キャリアアップや新たなチャンスをつかむことができた事例

シバッタマン

退職代行サービスを利用することで、労働者はスムーズな退職を実現し、新たなキャリアチャンスを探求できたとの声もあります。

私は退職代行サービスを利用して、新しい人生をスタートすることができました。

以前の職場でのストレスや不安から解放され、自分自身にとって本当に大切なことに集中できるようになりました。退職代行サービスのスタッフは、私の状況を理解し、必要な手続きをスムーズに進めてくれました。

そのおかげで、私は新しいキャリア機会を見つけ、自分自身の可能性を広げることができました。私は退職代行サービスの利用を強くお勧めします。

退職代行サービスを利用することで、退職に関するストレスを減らし、自信を回復することができ、幸せな人生を歩むための一歩を踏み出すことができます。

【退職代行クズ】成功事例と顧客満足度

労働者が感じたメリットと安心感

シバッタマン

退職代行サービスは、退職の連絡や手続きを代行してくれるサービスです。退職代行サービスを利用することで、労働者はプロによる適切な手続きやサポートによって安心感を得ることができます。

退職を円滑に進めることができ、労働者のメンタル負担も軽減されることが多いです。

例えば、「EXIT」は退職代行サービスのパイオニアであり、最大手の退職代行業者です。毎年1万件以上のあらゆるケースで退職を実現しています。どんな方でも、どんな状況でも、業界最安値20,000円(税込)で即日退職可能です。もちろん、追加料金は一切かかりません1。

また、退職代行サービスの料金相場は27,000円前後とされています2。辞めたら収入がなくなってしまうため、少しでも安く利用できるサービスのほうがよいでしょう。

職場環境の改善につながったケース

退職代行サービスを利用することで、職場のパワハラや不当な扱いが明るみに出ることがあります。

シバッタマン

これにより、組織全体の職場環境が改善されるケースもあります。退職代行サービスは、労働者が安心して退職することができるだけでなく、組織全体の問題を解決するきっかけとなることもあります。

例えば、退職代行サービスを利用した労働者が、職場のパワハラや不当な扱いを訴えることができます。このような訴えがあった場合、組織は問題を認識し、対応する必要があります。その結果、組織全体の職場環境が改善されることがあります。

また、退職代行サービスを利用した労働者が、他の労働者にも良い影響を及ぼすことがあります。

 例えば、退職代行サービスを利用した労働者が、職場の問題を解決するきっかけとなり、他の労働者も同様の問題に直面した場合に、自信を持って対応することができるようになります。

以上のように、退職代行サービスは、個人だけでなく組織全体にも良い影響を及ぼすことがあります。

ストレス解放による生活の向上

シバッタマン

退職代行サービスの利用によって、ストレスフルな職場環境から解放される労働者が多くいます。これにより、生活の質が向上し、家庭や友人との関係も改善されることがあるでしょう。

ストレスフルな職場環境は、労働者の心身の健康に悪影響を及ぼします。長時間労働や過剰な責任、パワハラやいじめなどが原因で、ストレスがたまり、うつ病や不眠症などの症状が現れることがあります。

退職代行サービスを利用することで、労働者はストレスフルな職場環境から解放されます。

これにより、心身の健康が回復し、生活の質が向上します。

 また、家庭や友人との関係も改善されることがあります。ストレスフルな職場環境によって、家庭や友人との関係が悪化することがありますが、退職代行サービスを利用することで、その問題も解決することができます。

以上のように、退職代行サービスは、労働者の生活全般に良い影響を及ぼすことがあります。

キャリアアップや新たなチャンスをつかむ事例

シバッタマン

退職代行サービスを利用することで、自分にとって良い環境への転職や新たなチャンスをつかむことができる労働者もいます。これにより、キャリアアップやスキルの向上が期待できるでしょう。

退職代行サービスは、労働者が安心して退職することができるだけでなく、新たなチャンスをつかむことも可能にします。

例えば、労働者が自分にとって良い環境への転職を希望する場合、退職代行サービスを利用することで、円滑に退職することができます。これにより、労働者は新たな環境で働くことができ、キャリアアップやスキルの向上が期待できます。

また、退職代行サービスを利用することで、労働者は新たなチャンスをつかむことができます。例えば、起業やフリーランスとして働くことを希望する場合、退職代行サービスを利用することで、円滑に退職することができます。これにより、労働者は新たなチャレンジをすることができます。

以上のように、退職代行サービスは、労働者のキャリアアップやスキルの向上にも貢献することがあります。

【退職代行クズ】手続きの流れと費用について

【退職代行サービスはクズなの?】批判や気まずいの!

シバッタマン

退職代行サービス利用の流れは、以下のとおりです。

退職代行の一般的な手続きフロー

退職代行を利用する方法は比較的簡単です。一般的な流れを簡単にまとめると以下のとおりです。

退職代行の流れ
  1. 退職代行サービスに申し込む
  2. 担当と相談・打ち合わせを行う
  3. 費用を支払う
  4. 担当が勤務先へ退職の旨を連絡する

 

退職代行の利用を検討している方の中には、毎日残業で帰りが遅く、自分の時間が全く取れないということに悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。

 仕事の合間を縫って、営業時間内に電話で申込みをすることはなかなか難しいですよね。

 休憩時間であっても、内容が内容だけに会社の中で堂々と連絡はできません。そいういった場合には、やはりメールで連絡ができるのはかなり嬉しいポイントになりますね。

STEP

退職代行会社に連絡

シバッタマン

まずは、代行サービス業者へ連絡をします。その際、LINE、電話、メールでの連絡が可能です。

シバッタマン

まずは、代行サービス業者へ連絡をします。その際、LINE、電話、メールでの連絡が可能です。

ヒアリングシートが送られてくるのでそれに記入し、返信します。このとき、まだ退職の意思が固まりきっていなくても大丈夫です。気軽な相談から始めて、詳細を確認してください。

STEP

退職代行会社に金額を支払う

シバッタマン

そして、退職代行サービスを利用することになると、決められた金額を銀行振込か、クレジットカードで支払いをします。

銀行振込の場合は、翌日扱いになることもあるので、その日に辞めたいときは気を付けてください。

STEP

退職代行会社が会社へ連絡する

シバッタマン

振込が確認されると、代行サービスの担当者が、指定した日時に勤め先に連絡をします。このとき、自分自身は勤務先と話す必要は一切ありません。やり取りは、代行サービス担当者がすべて電話で行ってくれます

その後、担当者から退職が受け入れられた旨の連絡が来れば、終了です。その後、退職手続きに必要な用紙が送られてくるので、それに記入して返信してください。

退職代行サービスの費用と選び方

退職代行を選ぶ際に、必ず確認したいのが以下の2点です。

項目内容
弁護士か民間企業か利用者の抱えている状況や、対応してほしい内容によって適した方を選択する必要があります。
相談が無料か申込み後のはじめての相談を無料で行ってくれる退職代行サービスもあります。しかし、退職代行サービスの中には相談だけでもかなりの支払いを求めてくるような、悪徳業者が存在することも覚えておかなくてはいけません。

現在、退職代行サービスを提供しているのは弁護士事務所などの法律のプロか、一般的な民間企業のいずれかです。利用者が自分に合った退職代行サービスを選ぶには、法律家による退職代行と民間企業による退職代行にどんな違いがあるのかをきちんと把握しておかなければなりません。

退職代行を選ぶ基準は?

退職代行は何を基準に選べばよいのでしょうか。ここで考えなえればならないのが、自分自身と勤務先の関係性です。

シバッタマン

いちばんのポイントは、退職代行を利用したい理由はどいういったところにあるのか、ということです。

自分の都合で、企業側には非がないけれどただただ辞めたいのか、または就労環境や給与、待遇面などで企業側が何らかのペナルティを犯しているのか。両者の具体的な退職希望理由についていくつか例を紹介してみます。

項目内容
弁護士か民間企業か勤務先に落ち度はなく、円満に勤務しているので穏便に退職したい
友人や家族のツテで入社したため、退職を言い出しにくい
ミスをしてしまい、居づらくなってしまった
その他、自分で退職を言い出す勇気がない

勤務先に非がある場合

項目内容
弁護士か民間企業か過度な残業をさせられているが給与には反映されていない
パワハラやセクハラなど企業側からハラスメントがあった
退職の意向を伝えているのに取り合ってくれない
退職時の有給休暇の消化を一方的に拒否された
大きなミス犯した後など、退職の際に企業側から逆に訴えられないか不安
シバッタマン

また、退職代行を選ぶ基準として「安心感」というポイントが挙げられます。退職代行を行っている企業の情報はまだまだ多くないのが現状です。

 退職代行を運営している民間企業のほとんどはベンチャー企業など新しい企業なので、「大手企業だから大丈夫」や「知名度が高いから安心できる」というような理由から依頼先を決めることは難しいでしょう。

退職代行サービスの選び方の記事はこちらもどうぞ

退職代行を利用する際にもうひとつ考慮すべきなのが「退職代行費用」です。トラブルなくスムーズに退職することが最大の目的ではありますが、そのためにはいくら費用がかかっても良い、というわけにもいかないですよね。ここで、退職代行にかかる費用の相場をチェックしましょう。

おすすめ退職代行サービスとその特徴

民間企業や労働組合が運営する退職代行弁護士が運営する退職代行
費用相場3〜5万円5〜7万円
代表的な退職代行ニコイチ、JOBS、辞めるんです、SARABA汐留パートナーズ
川越みずほ法律会計

民間企業の退職代行費用

シバッタマン

民間企業が提供する退職代行サービスの費用相場は、一般的に3万円から5万円程度です。

ただし、それぞれの企業によって請け負う業務内容が異なるため、費用には違いが出ます。

利用者の雇用形態によっても、費用が変わる場合があります。

また、退職後の就職支援も行っている代行サービスもあります。利用する際は、オプションサービスの利用によって費用に開きが生じることがあるため、注意が必要です。

弁護士の退職代行費用

シバッタマン

弁護士が運営する退職代行の費用相場は5〜7万円ほどです。民間企業の場合よりもやや高めです。

ただ、この価格は基本的な内容のみを扱った場合のもので、退職に際して残業代などが未払いだった場合や利用者に落ち度があったために法的な対応が必要になった場合は、別途費用がかかることもあります。

 また、弁護士が法的行為を行う場合には、着手金や成功報酬といった費用が発生することもあるため、案件によってはかなり高額になることも考えられます。

 退職がスムーズに進まない場合や万が一訴訟になった場合にも、弁護士が代理人となってくれることで安心感はあるものの、それに伴って多大な費用がかかることもあるため注意が必要です。

【退職代行クズ】おすすめの退職代行サービス紹介

【退職代行クズ】真相を暴く!批判とメリットを徹底解説!

おすすめ退職代行サービスとその特徴

シバッタマン

退職代行サービスは、精神的に追い詰められている人たちをサポートし、楽に退職することができるサービスです。

しかし、近年では偽の退職代行業者も存在し、トラブルにつながることもあるため、信頼性の高い退職代行サービスを選ぶことが重要です。

この章では退職代行サービスとその特徴を意識して説明します。

信頼性の高い退職代行サービスとその基準

以下では、信頼性の高い退職代行サービスの基準について説明します。

基準①弁護士資格を持つスタッフがいるかどうか

シバッタマン

退職代行サービスを提供する企業の中には、弁護士資格を持つスタッフがいるところもあります。

弁護士資格を持っているスタッフがいることで、法律問題に適切に対応することができます。退職代行業者を選ぶ際には、弁護士資格を持つスタッフがいるかどうかを確認することが大切です。

基準②事前に十分な説明があるかどうか

シバッタマン

信頼性の高い退職代行サービスは、事前に十分な説明を行います。具体的には、料金やサービス内容、契約条件などについて、わかりやすく説明します。

また、退職代行サービスを利用する際の注意点やリスクについても、丁寧に説明してくれます。退職代行業者を選ぶ際には、事前に十分な説明があるかどうかを確認することが大切です。

基準③カスタマーサポートが充実しているかどうか

シバッタマン

退職代行サービスは、契約から退職までの期間、サポートを受けることができます。信頼性の高い退職代行サービスは、カスタマーサポートが充実していることが特徴です。

具体的には、電話やメールでの問い合わせに迅速に対応してくれるだけでなく、サポート期間中は適宜アドバイスをしてくれることもあります。退職代行業者を選ぶ際には、カスタマーサポートが充実しているかどうかを確認することが大切です。

基準④契約内容が明確であるかどうか

シバッタマン

信頼性の高い退職代行サービスは、契約内容が明確であることが特徴です。具体的には、契約書に明記されている料金やサービス内容が、事前に説明された内容と一致していることが大切です。

また、契約期間や解約条件についても、明確に説明されていることが望ましいです。退職代行業者を選ぶ際には、契約内容が明確であるかどうかを確認することが大切です。

以上が、信頼性の高い退職代行サービスの基準です。退職代行業者を選ぶ際には、これらの基準をもとに、慎重に選ぶようにしましょう。

ユーザー評価が高い退職代行サービス

人気退職代行サービスの比較

スクロールできます
【退職代行SARABAの体験談】デメリットは労働組合と弁護士?転職サポート!株式会社ワン【退職代行jobs評判・口コミ】やばい・失敗体験談・知恵袋・流れ・弁護士・体験談を解説
後払い制度20000円24000円27000円
365日24時間対応
転職支援
無料特典
退所成功率100%100%100%
公式サイト公式サイト公式サイト
スクロールできます
商品おすすめユーザ価格評価
退職代行EXIT
退職代行EXIT
始めて利用のユーザで即日対応で退職したい
業界最大手で最安値、引継ぎも依頼したい
裁判は利用できない
20000円
【退職代行SARABAの体験談】デメリットは労働組合と弁護士?転職サポート!株式会社ワン
退職代行SARABA
全額返金保証が便利
労働組合運営に依頼したい
法的手段や強制措置を取ることはできない
24000円
【退職代行jobs評判・口コミ】やばい・失敗体験談・知恵袋・流れ・弁護士・体験談を解説
退職代行JOBS
法律や労働基準法に精通したスタッフが対応
退職後の転職活動をサポート
訴訟はできない
27000円
各製品の比較

おすすめ1位 退職代行EXIT

退職代行EXIT
退職代行EXIT
シバッタマン

メディアに取り上げられるなど、知名度の高さで人気の運営代行です。退職代行サービスの火付け役とも言えるのがEXITといってもいいのではないでしょうか。

また、退職代行EXITは、弁護士の監修を受けており、安心してご利用いただけます。

項目内容
サービス名退職代行EXIT
運営開始2019年年3月15日
管理会社EXIT株式会社
営業時間
料金2万円(業界最安値)
支払い方法クレジットカード・銀行振込・コンビニ決済
業務内容退職の意思表示、退職後のサポート、退職後のトラブルの相談、転職支援
退職代行jobsの無駄なく退職をサポート
退職代行EXIT
退職代行EXIT

手続きは破格の安さで、後から支払い可能

退職代行EXITのキャッチフレーズは、「明日から会社に行かなくてOK」です。このキャッチフレーズは、退職代行EXITの特徴である「即日対応」「連絡不要」「安心サポート」です。「業界最安値について詳しく知る」

おすすめ2位:退職代行SARABA

【さらばユニオンとは退職代行】労働組合?さらばユニオン違法?

シバッタマン

退職代行SARABAは、労働組合が運営する退職代行サービスです。24時間365日対応可能で、即日退職も可能です。費用は24,000円で、全額返金保証もついています。

項目内容
サービス名退職代行SARABA
運営開始2019年8月
管理会社EXIT株式会社
営業時間24時間365日
料金24000円
支払い方法クレジットカード、銀行振込、コンビニ払い
業務内容退職の意思表示、退職日の調整、未払い給料や残業代の請求、退職後のトラブルの相談

退職代行モームリは、顧問弁護士監修で女性スタッフがサポートする退職代行サービスです。料金が安く、即日退職が可能で、後払いサービスもございます。

退職代行jobsの無駄なく退職をサポート
【退職代行SARABAの体験談】デメリットは労働組合と弁護士?転職サポート!株式会社ワン

手続きは破格の安さで、後から支払い可能

モームリは、労働組合提携、株式会社による管理のもと、安心安全・確実に退職手続きを代行する退職代行サービスです。料金は、正社員が24,000円です。「全額返金保証について詳しく知る」

おすすめ3位:退職代行Jobs

シバッタマン

辞めるんですは、後発ながら7,000件も退職代行実績がある人気のサービスです。

労働組合であり、顧問弁護士から業務指導も受けています。

デメリット・欠点といえる箇所が見当たらない退職代行サービスとなっています。

項目情報
会社名株式会社アレス
電話番号03-6279-3967
住所大阪府大阪市東淀川区上新庄3-14-12-1202
労働組合合同労働組合ユニオンジャパン
退職代行jobsの無駄なく退職をサポート
【退職代行jobs評判・口コミ】やばい・失敗体験談・知恵袋・流れ・弁護士・体験談を解説
【退職代行jobs評判・口コミ】やばい・失敗体験談・知恵袋・流れ・弁護士・体験談を解説

手続きは破格の安さで、後から支払い可能

JOBSは、弁護士監修、株式会社による管理のもと、安心安全・確実に退職手続きを代行する退職代行サービスです。料金は、正社員が24,000円です。「後払いについて詳しく知る

【退職代行クズでやばい】よくある質問

弁護士の退職代行と民間の退職代行の違いは?

シバッタマン


民間企業による退職代行と、弁護士による退職代行の取扱内容にははっきりとした差が生じます。民間企業による退職代行が、「利用者に代わって退職希望の旨を企業に伝える」だけなのに対して、弁護士による退職代行は「退職通知」を弁護士の名義で企業に発送するのです。

更に、退職に関わる保険・税金関係や書類手続きに関して、利用者の代理人として企業と交渉もしてくれます。その違いをざっとまとめると以下のようになります。

民間の退職代行の業務
  • 利用者が退職を希望している旨を勤務先に伝えてくれる
  • オプションとして退職後の転職サポートをしてくれる場合がある
弁護士の退職代行の業務
  • 勤務先に弁護士の名義で「退職通知」を発送してくれる
  • 未払いの給与や残業代、退職金の交渉をしてくれる
  • 会社有責の場合の慰謝料の請求も代行してくれる
  • 退職の日程調整や書類手続きのサポートをしてくれる

ただ、弁護士の退職代行は費用が高めですしトラブルを会社とおこしていたければ、民間の退職代行でも問題はないでしょう。トラブルなどの事例については下記の記事を参照してください

退職代行の費用はどれくらいか?

シバッタマン

退職代行を利用する際にもうひとつ考慮すべきなのが「退職代行費用」です。トラブルなくスムーズに退職することが最大の目的ではありますが、そのためにはいくら費用がかかっても良い、というわけにもいかないですよね。

民間企業が運営する退職代行費用

民間企業が運営している退職代行の費用相場はだいたい3〜5万円ほどが一般的です

その費用内でどれだけのことを請け負ってくれるのかはそれぞれの運営企業によって異なります。

また、利用者が正規雇用されているのか、パートやアルバイトなどの雇用かによっても費用は変わりますし、退職代行サービスの中には退職後の就職をサポートも併せて行っているところもあります。

そいういったサービスを利用する場合にも費用面には違いが表れますので、基本的な料金に大差はなくても、オプションのサービスをどれだけ利用するかによって費用には開きが出てくると認識しておきましょう。

弁護士が運営する退職代行費用

法律のプロである弁護士が運営する退職代行の費用の相場は5〜7万円ほどです

民間企業に比べてやや高くなっていますね。また、この価格はあくまで基本的な内容のみを取り扱った場合であり、退職にあたって残業代の未払い分を請求したり、利用者に落ち度があったために法的対応が必要になった場合などには別途費用がかかります。

案件によっては着手金と呼ばれる費用や成功報酬という費用など、弁護士が法的行為を行ってくれる際ならではの費用がかかってくる場合もあります。

退職がスムーズに進まず、万が一訴訟となった際にもそのままお願いすることができる安心感はありますが、その分多大な費用がかさむことは避けられませんね。

退職代行サービスが失敗する可能性は?

シバッタマン

退職代行を利用する方に安心していただきたいのが、基本的に退職に失敗することはない、ということです。現在の日本の法律上、退職の意思を表示した労働者の退職を阻害する事はできません。ですが、退職の意思表示から実際に退職できるまでの期間には、労働契約を結んだときの条件によって差異が生じます。

例えば、雇用契約の期間を定めていない契約の場合であれば、原則2週間前に意思表示をすることで退職が可能です。これは、正社員やパート、アルバイトという雇用形態に関わらず適用されます。

ですが、特に正社員の場合などは業務の引き継ぎなどの都合上、勤務先が定める労働規則においては1ヶ月前〜3ヶ月前までに退職意思を示すよう求められている場合もあります。

とはいえ、それはあくまでいち企業が定める社内規則ですので、法律を上回るような強制力はありません。

雇用期間の定めのない契約での退職の場合は、最短で2週間前に意思表示をすれば良いと認識して問題ありません。

アルバイトも退職代行を利用できるのか?

シバッタマン

退職代行とは、字面通り、「依頼者に代わって、会社に退職したい旨を伝えるサービス」のことです。

つまり、既述のような辞めたくても辞められずに悩んでいるアルバイトやパート従業員の方の強い味方のサービスであると言えるでしょう。

退職代行のアルバイトやパートに関しては下記に詳しく記載されていますのでご確認ください。

まとめ:【退職代行クズになる?】真相?なぜ非常識?使う人と業者を徹底解説!

いかがでしたでしょうか。

今回の記事では【退職代行クズでやばい】真相を暴く!批判と長所を徹底解説!についてお伝えしました。

退職の申し出というのはなかなか勇気が必要なことですよね。

 自分自身と代わって勤務先に退職の意思を伝えてくれたり、必要な交渉を行ってくれる退職代行はとてもありがたいサービスです。決してクズではありません。

だけれども、退職代行サービスを利用する場合にはやはり注意すべき点がいくつかありましたよね。そして、費用も決して安いとは言えません。

退職代行はクズではなく、非常に便利なサービスではありますが、就職の際にはあくまで勤務を継続し、何かしら理由があって退職をする際には退職意思は自分で伝えるものと考えましょう。

そのうえで、どうしても勤務を継続することに耐えられない場合や、雇用者側に問題がある場合、退職の意思を伝えたにもかかわらず取り合ってもらない場合には退職代行を利用するのがおすすめです。

【退職代行サービスはクズなの?】批判や気まずいの!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。退職代行の利用経験もあります。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。退職代行も利用多数です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします

発達障害のため転職経験も多いですIT業界で働いていたので、転職経験についてもお伝えします。

【資格】
Webディレクション資格認定者、Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)など他 IT資格を取得

オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次