皆様日々で悩んでいる精神疲労を解決するメディアです。

【退職代行損害賠償事例】引き継ぎしないで損害賠償請求はない?金額?知恵袋

【退職代行損害賠償事例】引き継ぎしないで損害賠償請求はない?金額?知恵袋

退職代行サービスを利用したいけど損害賠償が怖いな、危険はあるのかな。

退職代行サービスを利用するけど、引継ぎをするメンタルもない。それで即日退職して損害賠償されたらいやだな

会社を退職したいけど、誰とも顔を合わせなくないと思っている人言い出しにくいと感じている人はいませんか。

退職をするといっても、人それぞれ事由は様々かと思います。

シバッタマン

私もそうでしたが、発達障害でうつ病になり心身を病んでいると、仕事が合わなかったり、明確な退職事由がないと言い出しにくさがあるかもしれません。退職代行を利用しましたが、引継ぎなど損害賠償も怖くなりました。

退職をできない障害がみつかったりうつ病が発生してしまったのに、退職ができないことで病気がが重くなったりしては大問題dす。

 、退職代行を使って引き継ぎをしなかったり、顔を合わせず辞めた場合、損害賠償請求されたり懲戒解雇されたりしないか不安もあるかと思います。

今回の記事では【退職代行損害賠償事例】引き継ぎしないで損害賠償請求はない?金額?知恵袋についてお伝えします。

退職代行サービスを利用したいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

【退職代行損害賠償事例】損害賠償請求されることはないの?金額や知恵袋

【退職代行損害賠償事例】引き継ぎしないで損害賠償請求はない?金額?知恵袋

代職代行は知恵袋で会社側から損害賠償について相談している人もいる

シバッタマン

知恵袋で退職代行を使われた会社た利用した社員が利用したいとの質問が多かったですけど、特に退職代行を利用したからといって退職になる可能性はほぼないです。

退職代行を使った部下に損害賠償を請求することは可能ですか? 先日部下が無断欠勤しました。この部下に何度電話をかけても音信不通でした。そのせいでお客様に迷惑がかかり仕事に支障が出ました。他の社員に多くの負担がかかってしまいました。 何か本人に大変なことがあったと思い、社員の何人かで部下の家まで行きましたが真っ暗で不在でした。その翌日会社に退職代行業者を名乗る人から退職するとの連絡と退職に必要な書類(離職票など)を送るように連絡が来ました。 その場で部下に直接来るように退場代行業者に言いましたが、部下はもう会社に来ないそうです。なので退職させることを一度拒否させてもらいました。

引用元:退職代行(YAHOO知恵袋)

退職代行は違法ではないので損害賠償にならない

退職経験がある方の多くは、おそらくまずは自分の口で上司に辞めたい旨を伝えたことと思います。

シバッタマン

退職代行を介して、辞めたい旨を伝えて貰うわけですから、大丈夫なのかなと考える人がいるのも、不思議なことではありません。

ただ「退職の意向を伝える」という行為だけならば、退職の本人から告げるのが一般的です。

ただ退職をしたい本人でなくても、第三者である退職代行業者のスタッフが伝えても、法律上で問題はありません。

 一般的に企業の多くは退職の意思表示として、文書による退職願の提出を求めます。会社では、口頭で退職の意思を聞くだけではなく、退職願を提出してもらいます。退職届を受理することではじめて、退職を認めています。

以上のように、多くの企業では結論的には、本人から退職届を出してもらうことで退職を認めているわけです。

 退職代行業者が行っている「依頼主の退職したいという意向を口頭で勤務先に伝える行為」はあくまでも「依頼主の退職のお手伝い」であるだけなので、違法にはあたらない、というわけです。

悪徳な退職代行サービスを利用しなければ、非弁行為はない

シバッタマン

もし退職代行業者が退職届を出したに「有給の交渉や退職願を作成をしますよ!」と依頼主に言ってくれば、その退職代行業者は問題いなります。

 退職代行業者ができることと言えば、「依頼主の退職したい意向を伝えること」と「必要書類の郵送依頼を伝えること」だけです。

 もし退職代行業者が「有給の交渉や退職願の代理作成」を行えば、それは「非弁行為」となってしまいます。

「非弁行為」とは、字面通り、「弁護士法に反する行為・業務」のことを指します。

第七十二条 弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、再調査の請求、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。

引用元:e-Gov法令検索 弁護士法

弁護士法では、弁護士以外のものが報酬を得て代理で交渉することを禁じているのです。

退職代行サービスが非弁行為を行ってしまった場合、退職代行サービス会社には、罰則が科せられます。

シバッタマン

悪徳でない普通にちゃんとした退職代行業者は、「有給の交渉や退職願を作成をしますよ!」なんて絶対に依頼主に提案しません。

悪徳の退職代行サービスに騙されないためは金額の格安サービスを辞めよう

 退職代行業者に支払う金額は、その業者や依頼主が正規雇用は非正規雇用かなど細かなところで若干異なりますが、一般的に、3~5万円とされています。

 常識的な退職代行業者か否かの判断材料として、この費用より極端に高かったり、逆に格安の場合は、依頼候補の選択肢に加えない方がいいでしょう。

ただ、悪徳な退職代行業者は、実に手口が巧妙。どれほど「退職代行業者のできることは、依頼主の退職意向を勤務先に伝えることだけ」と繰り返しお伝えしても、言葉巧みに「いえいえ。令和になって法律が変ってね…」などと言って、できもしないことをできると提案して、高額な費用を請求してくる可能性は否定できません。そこで次に、退職代行業者が行った場合、非弁行為にあたる業務について一つひとつ丁寧にご紹介したいと思います。

損害賠償が使われる事例

シバッタマン

2週間以上の無断欠勤があり、退職代行を利用すれば懲戒解雇で損害賠償の可能性もあります。

2週間以上無断欠勤が続いている人は懲戒解雇の可能性になります。

よって、退職代行サービスを利用するとしても、退職前に無断欠勤をするのは絶対に止めましょう。会社に行きたくないからと無断欠勤をするなら、すぐにでも退職代行サービスを利用することをおすすめします。

【退職代行損害賠償事例】引継ぎや会社の備品の返却の対策方法

シバッタマン

会社を退職する際の心配事のひとつに、引き継ぎを挙げる人は多いのではないでしょうか。自分が受け持っていた仕事を後任に引き継ぎ、自分が退職した後もスムーズに業務が進む環境を作っておくことは大切なことです。

引き継ぎは法律ルールはない

精神面でメンタルがやられている人が引継ぎをすることで質問をされることにより、病気を悪化させてしまう可能性もあります。

ただ、引き継ぎは法律で決まっておらず義務ではないのです。

 部署の移動や事前に退職を伝えている場合には、業務を円滑に進めるため引き継ぎが行われることがほとんどです。しかし、退職代行を考えている人は即日退職を目的にしていることが多いため、引き継ぎ期間はないかと思います。引き継ぎをしないと訴えられるから、絶対にしないといけないということはないので、安心してください。

退職代行を利用し、会社から引き継ぎを理由に退職を引き延ばされたとしても、これに応じる必要はありません。

退職のトラブルで多いのが「そもそも退職理由など話を聞いてもらえない」ということと、この「退職を引き延ばされて退職できなかった」というケースです。

 退職を伝え転職先が決まっていたにも関わらず、退職を引き延ばされて内定を辞退することになってしまったという場合もあります。

き継ぎや人手不足などで退職を断られることが多いかと思うのですが、これは会社の都合であり会社が対処すべき問題なので、こちらが責任を感じることはありません。3

引き継ぎで不安な方の解決方法はあるの?

シバッタマン

退職代行では引き継ぎなしで退職できますが、会社としてはできれば引き継ぎをしてもらった方がありがたいかと思います。退職する人しかしらない情報があったとしたら、非常に困ります。

退職者とトラブルに発展することになるかもしれません。では、トラブルを避ける方法はないのか、対処法はないのかということについてみてみましょう。

担当していた業務を引き継ぐ場合に、パソコンやサイト等のログインパスワードが設定されていたり、データがファイルに入っていて場合がわからなかったなどがあると考えられます。

退職代行を利用した労働者しか、知らない情報、つまり属人化されたものであった場合、仕事が進まず会社は戸惑うかと思います。

シバッタマン

会社側がどうしてもパスワードなどが必要な場合には、退職代行業者が代理でやり取りをしてくれますので安心しましょう。

会社とのやりとりは退職代行業者が行うため、利用者が会社と直接連絡を取ることはないので安心してください。

直接顔を合わせたくないけど、情報は伝えておきたいと思っている人や、できるだけ波風立てず退職したいと思っている人は、事前に引き継ぎ内容が書かれたメモを残しておくことをおすすめします。後任が見てわかりやすいようなメモを残しておくと、会社側の不満も最小限に抑えることができるはずです。

「退職代行を依頼する時に引き継ぎ内容を会社側に伝えてもらう」「引き継ぎ資料を作り後任のために残しておく」これだけでも印象はかなり変わり、会社側も助かると思います。

会社の備品の返却は

シバッタマン

退職代行を利用する際に引き継ぎと同じくらい心配なのが会社の備品の返却です。

会社から借りているものなのでもちろん返さなければいけませんが、誰とも顔を合わせず退職したのに、退職後会社の備品だけを返却するために出向くのは嫌だと思います。

一般的には会社の備品返却と私物を返してもらうのは郵送でのやりとりになります。よって、会社の上司や人事と会うことはありません。

 退職代行業者の方で私物を返却してもらえるよう会社に伝えてもらいましょう。

身分証明書や保険書の返却は

シバッタマン

 身分証明書や保険書の返却もどうように、会社に返却しなければいけないものを郵送すればよいだけです。保険証については身分証明書の代わりにもなる重要な書類ですので「簡易書留」などを利用して郵送するのが一般的です。

 送り方など基本的なことは退職代行サービスが指示してくれるので、それに従いましょう。

 退職代行の利用者は郵送するだけで必要なやりとりは全て退職代行業者がやってくれるので安心です。

 次の会社が決まっている人は「雇用保険被保険者証」「源泉徴収票」「年金手帳」「健康保険被保険者資格喪失証明書」の4点が必要です。次の会社が決まってない人はさらに「離職票」「厚生年金基金加入員証」「退職証明書」の3点が必要になります。

【退職代行損害賠償事例】損害賠償請求は可能性は本当にないの?

【退職代行損害賠償事例】引き継ぎしないで損害賠償請求はない?金額?知恵袋

引き継ぎを行わずに退職する上で心配なことのひとつが、損害賠償や懲戒解雇されることはないのかということです。

せっかく退職することができ新たな生活をスタートさせようという時に損害賠償や懲戒解雇となれば、出鼻をくじかれ今後の生活にも支障が出てしまうかもしれません。

つぎは損害賠償や懲戒解雇の可能性についてみてみましょう。

損害賠償請求ゼロとは言い切れないがほぼないと言い切れる理由

シバッタマン

会社から損害賠償請求される可能性についてですが、ゼロとは言い切れませんが、会社が損害賠償請求してくることは、実際にはほぼないのです。

損害賠償とは、違法な行為により損害を受けた被害者に対して、その損害を加害者が補償することを意味します。 このとき、損害賠償を請求できる人のことを「賠償請求権者」、損害賠償を請求される相手のことを「賠償義務者」と呼ぶこともあります。 損害賠償の権利は、民法第709条に基づき認められているものです。

会社側にとっても損害賠償請求はかなりハードルが高く、コストも大きくかかります。

退職代行を利用して会社を辞めたことで、会社側に大きな損失を与えたということではない限り、損害賠償の対象になることはまずありえません。

実際損害賠償請求に踏み切ったとしても、損害賠償が通るまでにかなりの時間とコストがかかります。損害賠償請求が通らなければ会社に大きな損失が残りすしね。

退職代行サービスを利用されるような会社は、ハラスメント行為やサービス残業などブラックな行為をしていることも多いかと思われるので、第三者の介入を嫌う傾向にあります。

このような理由から会社を辞めた人を損害賠償請求するより、仕事の後任を見つけ早く業務を元の状態に近づける方が効率良く事が進みます。そのため損害賠償請求する選択肢は取らないことが多いのです。

損害賠償請求ではなく懲戒解雇は?

懲戒解雇に関しても、損害賠償同様に退職代行の利用から引き継ぎをしないで退職したからといって、処分対象にはなりません。

懲戒解雇は会社が下す処分の中で一番重たいもので、処分を下すにはかなりハードルが高くなります。

「会社の信用が失墜する行為」や「重大な犯罪行為を犯す」などが懲戒解雇の対象なので、引き継ぎをしなかったということだけで懲戒解雇というのはまず考えらないでしょう。

もし会社が懲戒解雇処分にするといってきた場合でも、不当解雇を主張すれば負けることはありません。

まとめ:【退職代行損害賠償事例】引き継ぎしないで損害賠償請求はない?金額?知恵袋

いかがでしたでしょうか。

【退職代行損害賠償事例】引き継ぎしないで損害賠償請求はない?金額?知恵袋についてお伝えしました。

退職代行で心配になる損害賠償や引き継ぎなど、利用するかたが心配する点についておつたえしました。

 退職代行に依頼しようと考えている人は、心身ともに疲れ追い込まれている状況にある人が多いかと思います。

 依頼するとなるとどんな問題があるのか、引き継ぎなどは心配ありません。

 今回の記事を参考にしていただき、少しでも不安を減らしてスムーズな退職が実現することを願っています。また、おすすめの退職業者も比較してみて、あなたにぴったりな業者を選んでくださいね。

【退職代行損害賠償事例】引き継ぎしないで損害賠償請求はない?金額?知恵袋

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします

発達障害のため転職経験も多いですIT業界で働いていたので、転職経験についてもお伝えします。

【資格】
Webディレクション資格認定者、Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)など他 IT資格を取得

オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次