皆様日々で悩んでいる精神疲労を解決するメディアです。

【退職代行バックレ?】無断欠勤?転職ばれる?

【退職代行とバックレなの?】手続きや無断勤務との違いは何?メリットばかり

退職代行を使うことは会社をバックレると同じ認識でいる労働者もおおいのではないでしょうか。

バックレと退職代行サービスでは会社へ影響や労働者の自分自身の生活を考えても待ったっくことなってきます。

退職するのにお金がかかるのでもったいないバックレようとかんがえているひとも、ちょっと待ってください。

退職代行の利用にはお金はかかりますが、使い方によっては有給が返ってくるし、サービス残業も戻ってくるし、退職金ももらえます。

それは労働者の権利だからです。

労働者の権利を守ることで退職ができるので、弁護士や労働組合が動いてくれるのです。

退職代行とはバックレとは違います。メンタルがやんでしまっている人にとっても正式にやめることができる労働者を助けるサービスとなります。

退職によるトラブルも発生しないでで、次の転職活動にも進めます。また、退職代行会社によっては次の会社の紹介もしてくれるところもあります。


バックレだと、無断欠勤扱いとなり、色々と労働者にとっても面倒なことが発生する可能性があります。

今回の記事では会社をバックレようとしていたけれども、それなら退職代行を利用して正式退職をしたほうが労働者、あなたにとっても今後の人生が歩めますということを伝えしたいと思います。


目次

【【退職代行バックレ?】無断欠勤?転職ばれる?

【退職代行とバックレなの?】手続きや無断勤務との違いは何?メリットばかり

退職代行とバックレって考える人が多い理由は?

会社をバックレて辞めるより、退職代行を利用することをおすすめいたします。
会社のバックレと退職代行の違いについて説明いたます。

会社をただ辞めるだけならバックレることもできるけどそれって結果的に泣き寝入りです 弁護士がいる退職代行サービスなら未払いの給料、残業代請求、使ってない有給獲得、その他のパワハラを受けていたなら損害賠償請求なども対応


バックレと退職代行の違い

退職代行サービスは弁護士や労働組合が労働者に代わって退職の意志を会社に伝えるサービスとなっています。

シバッタマン

会社をバックレとは違い正式に会社に辞める手続きを行うため正式な退職となります
。正式な退職を踏むことになりますので、離職票や退職金、有給も受け取ることは可能となります。

退職代行サービスを利用すれば自分が関わらなく
ても正式な退職ができることがメリットとなっています。

バックレは、会社に退職の意志を伝えせん。会社の方々から失業保険など正式の書類をもらえず、またメンバーにも心配をかけることになります。

正式な退職に比べて、離職票をもらえないなどありますので、不都合がございます。

退職代行はサービスとして退職手続きのしっかりと行う

シバッタマン

退職代行サービスは弁護士や労働組合が労働者に代わって退職したいとの意思を会社に伝えてくれます。
退職に必要な手続きを代理に行ってくれますし、退職金や有休なども代理で交渉してくれます。


もちろん、失業保険に必要な離職票を受け取ることもかのうとなります。
退職代行サービスを利用すれば労働者が関わらなく手住むサービスです。

【退職代行とバックレなの?】バックレるや無断欠勤なら退職代行を利用しよう

【退職代行とバックレなの?】手続きや無断勤務との違いは何?メリットばかり

減給がありえる

シバッタマン

退職の正式な手続きを踏むことがなく、会社をバックレることにより、ボーナスカットや減給はほぼほぼありえるでしょうね。


 減給の規約などは会社規則に則って行われるので、明確に記載されている場合は大幅に減給されることもあります。
バックレた当日の賃金は支給されません。ボーナスへの影響は勤務態度や評価が関係してくるので、カットされるのは当たり前です。
ただ、退職代行サービスに頼ることにより有給ももらえ、退職金、かいしゃによっては持ち株会など全てを交渉してくれます。

懲戒解雇の可能性もあり

シバッタマン

会社をバックレるというのは、無断欠勤です。就業規則に記載されていますが、無断欠勤が続くと解雇になります。

状況にもよりけりですが、会社を懲戒解雇を言い渡されるリスクがあります。
懲戒解雇は解雇の中で最も重い罰のひとつです。
¥離職票にも『懲戒解雇』と書かれ、転
職時に不利になってしまうんですね。

会社側が労働者に対して行う解雇には「普通解雇」「整理解雇」「懲戒解雇」があります。
日本では労働者を簡単に解雇することはできない仕組みになっています。

ただ、解雇も就業規則に記載されていますので、該当すると解雇ができます。
懲戒解雇になると退職金の不支給、離職票に「重責解雇」と記されてしまいます。重責解雇は転職時にも不利になっ
てしまいます。

懲戒解雇については下記に記載されていますので、ご確認ください。

離職票がないと失業保険が貰えない

懲戒解雇でなくても、会社が無断欠勤と扱い続ければまだ在籍していることになり、離職票が発行されません。


シバッタマン

失業保険の手続きや国民保険の手続きが面倒になる可能性あります。
もしバックレを考えるほど辛いのでああれば、退職代行で正式にやめることをお勧めします。

心がやんでいるときにはバックレたくなる気持ちはわかります。私にも何度もありましたが、今では退職代行を利用して私も退職をした経験がありますので、昔にくらべて本当にメンタルを患っている人には行きやすくなったと感じる40代です。

サービス残業・退職金・持ち株会などが支払われない

退職を正規氏におこなわず、会社をバックレると未払いの退職金が支払われないリスクがあります。
本来であればバックレは無断欠勤と同じなので、その月の給与は支払われる可能性は高いです。

シバッタマン

無断欠勤の末、懲戒解雇の扱いになる会社の規則によって退職金が減額・もしくはナシになってしまうんですね。ブラック企業なら平気でお金を払わないはあります。私の友人も同じような経験をしました。

会社側から給与は貰えるはずのものが受け取れず
損をしてしまうので、バックレだけはやめましょう。

バックレた会社から損害賠償の可能性もある

シバッタマン

退職ではなく会社をバックレるというのは懲戒解雇の可能性があるとおつたえしました。懲戒解雇ですら困るのに、会社から損害賠償請求をされることもあるのです。

「故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償す
る責任を負う。」

引用元:民法第709条 – Wikibooks

会社をバックレる任されていた業務の内容があなたとの高度によって、取引先ご迷惑をかけしてまい、会社の売り上げに尊大な赤字をもたらす可能性もあります。その場合には損害賠償をしてくる会社も中にはいるかもしrません。

会社から貸与された制服やパソコンなどを返却はしなくてはなりませんね。労働者の費用でかったのではなく、会社の費用でかったものです。業務上横領罪なんてこともあります。


バックレには様々なリスクを抱えているということがご理解いただけたでしょうか。

残っている有給休暇が使えない

有給の消化は基本的に本人の申請でおこないます。バックレると有給消化は労働者の権利であるものの、交渉ができなくなってしまいます。おそらくバックレを考える人は真面目な人が多いでしょうから、有給も多く残っている人もいるのではないでしょうか。

シバッタマン

普通に考えて、バックレたのに有休の申請をすること自体がむずかしいはず。
退職代行サービスに頼めば有給も会社に交渉してくれるので、実は退職代行サービスに頼んだからお金が沢山入ったという話もあります。

退職代行に頼まずに普通にやめる人も辞める会社に有休を申し出るのるのが申し訳なくて、有給をとらずに退職してしまうひともいます。

その点では退職代行は普通に退職するよりもお得なのかもしれません。

社会保険・失業保険の手続きができず、退社後に生活が大変

シバッタマン

会社をバックレると、離職票がてにはいりません。バックレたため会社が嫌柄汗で社会保険の解除をしないなんてこことも考えられます。

社会保険から国民保険への切り替え日、喪失日がわからないと退職の手続きができません。

先ほども孟子和会下ましたが、正式に退職をせず会社をバックレると離職票が受け取ることもできません。

失業保険の手続きないということは、金銭面でこまっていたら、より退職後の生活が大変になるという可能性があります。

転職時の面談で正当に不当な評価がされる場合もある

シバッタマン

会社をバックレるてしまうと、面接時に退職理由を答えられることがむずかしいですよね。
その他にも、転職に不利に働く可能性があります。

バックレた会社から新しく入社する会社にも住民票や厚生年金の手帳など引き渡すこともあります。

その住民票などは再発行はできますが、会社によっては厚生年金の手帳は会社が保管していることもあります。その構成年金の手帳なないと困りますよね。

色々と再発行をすることはできますが、何もかも再発行だったりすると次の会社が怪しむ可能性もあります。

【退職代行とバックレなの?】バックレや無断欠勤より退職代行のメリット

退職でバックレでなく正式な手続きをおこなうので失業保険、退職金がもらえる

シバッタマン

会社をバックレずに正式にやめるには退職代行とおつたえしました。退職代行を利用すれば正式に退職となります。
そのため、今までお伝えしてきたデメリットの心配をすることはなくなります。

退職代行を利用して、手続きを踏んで退職できる
即日退職が可能・会社とほとんどやり取りせずやめることができるのです。

有給消化の交渉・退職金の交渉などをしてもらえるし、サービス残業も請求してくれます。

退職代行が即日で退職ができる

#退職代行 退職代行のメリット4選

退職代行を使うメリットは、正式な手続きを踏ん
で退職できると今までお伝えしました。

社会保険の手続きや離職票が貰えないのもデメリットということをおつたえしました。

退職代行サービスを利用して正式に離職票を受け取るようにしましょう。また、失業保険を受け取る手続きをしましょう。そうすれば、あたなにとって退職後の金銭面で苦しむことはかなり経験します。

また、有給も労働者の権利になります。有給を利用して即日に退職することが可能となるのです。

会社と労働者の間でやりとりがなく退職ができるることができる

退職代行サービスは先ほどももうしあげましたが、即日退職が可能です。労働者の代理となって、退職代行サービスが退職を伝えてくれるのです。

「もう会社に行きたくない」「上司と
話したくない」といった人、特にメンタルがやんでいる人にとってはあなたを手助けしてくれるサービスとなります。

退職代行からバックレようとしていた会社へ、労働者であるあたなに連絡しないように伝えてもらうことも可能となります。

有給消化の交渉を退職代行サービスが行ってくれる

退職代行のサービス交渉や請求をしてくれるのは「上司のパワハラで鬱になった」メンタルにたいする問題が多いものです。
パワハラは労働基準ほうでも違法となります。しっかりと法律を守っている会社であれば、退職代行サービスを利用せずに、普通にやめることができます。

その場合にバックレなどが発生してしまいますが、そこはビジネスとして退職代行サービスが手続きをしてくれます。

有給など労働者にとっての権利も当たり前のようにもらえますので、心配しないで大丈夫です。

退職代行サービスを利用すればバックレとは違い家や一家に繰り返しの電話はほぼない

あなたがバックレようとした場合に、住所や実家の電話番番号などをおしえていませんでしたでしょうか。

会社は社員の健康をまもるという安全保障義務があります。安否の確認をとらなくてはなりません。

安否がとれないと安全保障義務をまもっているとは会社側がいえなくなり、コンプライアンスもしっかりとしていない会社と労働局にめをつけられますからね。

あなたの家に訪問したり、もしかしたらあなたの実家に電話してくる可能性もあります。

その点退職代行を利用すれば、正式な退職となりますので、あなたの家や実家に会社側から電話してくる可能性はほぼないと言えるでしょう。

【退職代行とバックレはどっち?】 入社すぐならバックレでも問題ありません。 親バレやトラブルを避けたい人は、退職代行がおすすめ。 #即日退職 #職場バックレ

まとめ:【退職代行バックレ?】無断欠勤?転職ばれる?

いかがでしょうか。

【退職代行とバックレなの?】手続きや無断勤務との違いは何?についてお伝えしました。

パワハラやサービス残業、長時間残業だとすると会社を辞めたくなるのは当然だと思います。そこで思い浮かぶのはバックレ。。私ももちろん考えたことがあります。

ただ、退職代行を利用することでボーナスや有休も全て消化ができたので、病んでいた私ですが退職代行を利用してよかったと思います。

どうしてもバックレたいと思ったら、会社から電話がかかってくる可能性があります。その電話におびえてしまう可能性があります。退職代行を利用して、安心して退職をするようにしたほうが私の経験からもおすすめできます。会社にたいしてやめてからもおびえることがありませんからね。

おすすめ① 退職代行Jobs(後払いOKです)

シバッタマン

辞めるんですは、後発ながら7,000件も退職代行実績がある人気のサービスです。


そして、費用も27,000円(税込)とて転職代行サービスの相場より安いにも関わらず下記の充実としたサービスがあります。

特に後払いOKが人気の秘訣です。

 退職代行Jobsのサービス
  • 24時間365日対応している
  • Jobsは弁護士監修なのに27,000円!!
  • 即日退職に可能である。
  • 退職率100%!万が一だが退職できなけれ全額返金
  • 現金後払いOK!!
  • 全国対応全ての都道府県で代行実績あり
  • 有給休暇の無料申請サポート
  • 無制限で相談可能
  • 案件に関わらず追加費用は一切不要
  • 退職が完了するまで期間無制限でフォロー

労働組合であり、顧問弁護士から業務指導も受けています。

デメリット・欠点といえる箇所が見当たらない退職代行サービスとなっています。

項目情報
会社名株式会社アレス
電話番号03-6279-3967
住所大阪府大阪市東淀川区上新庄3-14-12-1202
労働組合合同労働組合ユニオンジャパン

まとめ:【退職代行バックレ?】無断欠勤?転職ばれる?

いかがでしょうか。

【退職代行バックレ?】無断勤務との違い?うつ病転職ばれる?についてお伝えしました。

退職代行を利用したほうがバックレするのがつたわったと思います。今後の人生を考えると退職代行を利用するのも一つのてではないでしょうか。

【退職代行とバックレなの?】手続きや無断勤務との違いは何?メリットばかり

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします

発達障害のため転職経験も多いですIT業界で働いていたので、転職経験についてもお伝えします。

【資格】
Webディレクション資格認定者、Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)など他 IT資格を取得

オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次