皆様日々で悩んでいる精神疲労を解決するメディアです。

【退職代行使われたショック】知恵袋・2ch・体験談!

【退職代行使われた会社】ショックやサービスを使われたされた側の体験談!対応法!知恵袋・2ch

退職代行使われた会社について説明します。退職代行を使われた会社にとってはショックもありますでしょうし怒りもあるかもしれません。ただ、退職代行を使われた場合には会社側としてどのような対応したほうがよいのか検討したほうがよいことになります。

シバッタマン

今回の記事では退職代行サービスを利用された会社側の対応策や2ch、SNS、知恵袋で拡散されるリスクもあることをお伝えします。

今年は仲の良い上司が新潟に異動して代わりは立てないって会社が言うしずっと相棒だった奴は退職代行で辞めるしでとんでもない業務量でアホほどしんどかったけど会社が求める事は出来たかなと思った1年でした。が、来年はもう少し楽したいです。お願いしますマジで。仕事しかしてないよマジで

退職代行Jobs(退職代行)
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 24時間365日対応
  • 弁護士監修なのに27,000円
  • 即日退職に可能
  • 退職率100%!万が一だが退職できなけれ全額返金
  • 現金後払いOK
  • 全国対応全ての都道府県で代行実績
目次

【退職代行使われたショック】知恵袋・2ch・体験談!

【退職代行使われた会社】ショックやサービスを使われたされた側の体験談!対応法!知恵袋・2ch

退職代行サービスとは

非常識なサービスではなく、世の中にはブラック企業が多い、またはメンタル不調で退職を伝えることができないなど問題もあり、労働者にとって非常に味方になるサービスです。

退職代行サービスは、民法によってルールは決められています。
退職に関する民法627条では退職の2週間前に退職を伝えるという旨が記載されています。

第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用元:民法第627条第1項(厚生労働省)

退職代行サービスの利用者は時代とともに増えている

シバッタマン

退職代行を利用する人の数は年々増えています。雇用主と労働者の立場は対等であるべきと言われていますが、守られている企業はごくわずかです。

テレビでも退職代行サービスを利用して退職したという特集もくんでおり、身近なサービスで浸透してきたイメージがあります。退職代行サービスはなんと10年以上も前から存在します。退職代行は、弁護士がおこなっていた業務でした。

弁護士や法律事務所では、残業の未払いや労務的な諸問題を解決するために、労働者に代わって退職の手続きをしてくれたり、会社側に交渉をしていたのが始まりです。

ブラック企業などは、コンプライアンスが守られていない会社が多いため、サービス残業や過度な残業時間、パワハラなど労務に関するトラブルは昔から問題視されていました。

「退職代行」というサービス名ではなかったのですが、内容としては今の退職代行とかわりはありません。
コンプライアンスを守らない会社が存在するため、労働者が気軽に申し込みやすいようにパッケージ化したような感じですね。

ブラック企業などは、コンプライアンスが守られていない会社が多いため、サービス残業や過度な残業時間、パワハラなど労務に関するトラブルは昔から問題視されていました。

退職代行は昔からあった

シバッタマン

「退職代行」というサービス名ではなかったのですが、内容としては今の退職代行とかわりはありません。
コンプライアンスを守らない会社が存在するため、労働者が気軽に申し込みやすいようにパッケージ化したような感じですね。

新しいサービスのように感じて不安がある方もいるかもしれません。

昔は我慢をすることで、心を病む人もいました。しかし困っている人を救うために退職代行サービスが出現したのです。


「俺たちの時代に退職代行サービスがあれば利用をしていた」と話す50代もいるようですが、歴史があります。


もともと退職代行は需要はありました。実績が増え知名度が高まったことで、利用するのが当たり前になってきて
います。退職代行は、屈折した上下関係で働いている人の強い味方です。

退職代行を使われたショックの体験談知恵袋

シバッタマン

YAHOO知恵袋でも退職代行をつかれたことに動揺している会社の社員の意見がおおいです。今回の記事では会社側ではどのような対応をすればよかったかについてお伝えします。

退職代行を使われてしまった会社の方へ 企業の労務担当をしています。 退職代行業者から初めて電話が来ました。 なんせ初めてのケースだったので社内は大騒ぎ、直属の上司は項垂れていました。筋を通さないバカだの色々言われすぎていて、流石に気の毒だとは思いましたが… ・どんな従業員だったのか ・辞めそうな雰囲気はあったか ・スムーズに退職手続きに応じたか ・弁護士か非弁業者か ・社内の雰囲気 ぜひ共有してくださると有難いです。

引用元:退職代行を使われた(YAHOO知恵袋)

退職代行を使われたショックの体験談2ch

シバッタマン

退職代行サービスを利用する場合には会社側としても2chでコメントされる可能性があります。この記事では適切な対応についてお伝えします。

上司から鬼電入ってて出てしまった…
今日で退職するつもりやったのに
今から会社行くことになった

退職代行を使われた(2ch)

退職代行を使ったの社員の反応など体験談

会社に行くと泣いてしまう、ストレスで夜眠れない、上司からのパワハラなどで精神的に参っているなら即会社を辞めるべき 僕は退職代行で会社をストレスなく辞めた側 弁護士や労働組合が運営のおすすめ業者を固定ツイートでまとめているので、状況を改善するために活用しましょう

上司が無理すぎて長年続けた会社辞めたった 今はすっきりしてる 辞めたいって思ったら1日でも苦痛だったので僕はプロフにまとめてる退職代行サービスに相談→当日に無事退職手続き完了 で有給も消化でき給料日にしっかり給料は満額振り込まれてたしで文句なしでした

【退職代行使われたショック】サービスで労働者から退職を求めてきたらどうする

【退職代行使われた会社】ショックやサービスを使われたされた側の体験談!対応法!知恵袋・2ch

退職代行サービスは労働者から求められたら拒否はできない

退職代行を利用された場合、企業として退職を拒むことは原則できません。

(期間の定めのない雇用の解約の申入れ)
第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用元:民法第627条第1項(厚生労働省)

労働者にも法律的に会社を辞める権利自由があります。

会社も退職代行を利用して、退職を阻止することは法律的にできないからです。労働者と会社が話す意思がなければ説得すらできないこともあるでしょう。

退職代行サービスを労働者に使われたらとしたら、会社側が退職の代行の意思に従うしかないと考えたほうがよいでしょう。

退職代行サービスは契約社員でも適用されるの?

退職に関してですが、雇用期間を定めた契約ではない限り基本的に辞めることを拒否すること可能です
きません。公務員や契約社員などを除けば会社側が拒否は不可能です。

労働者が退職代行を利用しなくても辞めることは認めなくてはいけません。

民法第628条によると、雇用の期間を定めたときといえども、やむを得ない事由がある場合は、各当事者は直ちに契約を解除することができることとされています。 しかし、その事由が当事者の一方的過失によるときは、相手方に対して損害賠償に応じなければならないと定められています。

引用元:民法628条(大阪労働局厚生労働省)

契約社員は、基本的には契約期間が終了するまで勤務する必要ことが民法628条で定められています。

長時間残業やサービス残業やパワハラ・セクハラなどの契約社員として労働環境が悪かったとするのであれば、そちらが法令違反になります。労働環境によっては、契約期間終了前でも「やむを得ない事情」ありとして退職が認められます

シバッタマン

契約社員で退職を心配している人も退職代行サービスに相談することはあります。正社員だからと契約社員に対して、扱いがひどいとしっぺ返しをくらうことになります。会社側としてはコンプライアンスをまもるように常に検討しましょう。

【退職代行使われたショック】サービスで企業が対応することは対応

退職代行業者とは何者かを確認する?情報を調査

上記について、退職代行サービスから連絡を受けた場合、まずは退職代行サービスとは何か、退職代行サービスはどこなのかを確認しましょう。

退職代行業者を装った詐欺や嫌がらせも可能性はあります。現在は悪徳な退職代行者が増えているのも事実です。

また、後述しますが、退職職代行業サービスにも以下の2つがあり、退職代行でおこなえるサポート対応は範囲が異なります。

『交渉権・請求権を持つ業者』

『交渉権・請求権を持たない業者』

読んだだけでも退職代行サービスでも大きな違いがあるとわかると思いますが、詳しくは後述します。

退職代行サービスから悪質な嫌がらせも疑う

シバッタマン

もし退職代行から詐欺や嫌がらせと感じたら、会社側は話にのらず相手にしないことが重要です。

慎重に検査したうえで労働者が退職代行に依頼したかどうかを確認はしてみましょう。会社側も別に会社担当の弁護士に相談するのも有効な手段です。

退職代行業者が弁護士からの連絡がきたら会社どう動けばよい

退職をしたい労働者の代理人として、弁護士がたつでしょう。
基本的には会社と弁護士と協議することになります。
弁護士であれば、適法に退職日の交渉・退職金の交渉が可能となります。

シバッタマン

会社側を弁護している弁護士もいると思いますので相談もしたほうがよいでしょう。
退職代行サービスを使われた会社側としてどのような対応をすればよいか法的に教えてくれるでしょう。

辞めさせないと企業側がごねたとしても「民法第628条に違反する」と指摘があります。
 退職日などの調整に支障が発生してしまいます。


弁護士から退職の連絡があれば、基本的に従うしかないと思っておきましょう。

【退職代行使われたショック】退職代行業者の非弁行為があった場合に会社の対応

【退職代行使われた会社】ショックやサービスを使われたされた側の体験談!対応法!知恵袋・2ch

退職代行における非弁行為って何なの

上記でもお伝えしましたが、退職代行サービスにも2つございます。

『交渉権・請求権を持つ業者』

『交渉権・請求権を持たない業者』

交渉権・請求権を持たない退職代行業者は、退職金や退職条件の交渉を行うことは違法とされています。弁護士72条法違反となります。

シバッタマン

交渉権・請求権を持たない退職代行業許されているのは、退職する従業員の使者として、この従業員の考えを会社に伝えることを代行できるにすぎないのです。交渉は法が禁止する「非弁行為」になり、違法となります。

弁護士でない者が、報酬を得る目的で、弁護士にのみ認められている行為をすることをいいます。 弁護士法72条によって、報酬を得る目的で弁護士にのみ認められている行為(法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすること)が禁じられています。

引用元:非弁護士の法律事務の取扱い等の禁止

交渉権・請求権を持たない退職代行業者は、退職の意思表示を代わりに伝えることと書類の提出などの事務的な手続き以外できないのです。

シバッタマン

下記では交渉権・請求権を持たない業者からの連絡があった場合の会社側の対応方法についてお伝えします。

1:退職代行サービスの交渉を聞き入れない

上記でもお伝えしました通り、退職代行サービスで非弁行為があった場合、会社は交渉について無視してもかまいません。

非弁行為に該当するについては対応できないことをつたえましょう。

シバッタマン

従業員の意向に反する退職の進め方の可能性もあります。応じなければ会社側が不利益と感じるのであれば、依頼してきた労働者にたいして会社側から有給など利用するかは聞いたほうがよいです。



会社側も円満に社員を退職させたほうがよいので応じたほうがよいです。
退職に関して、契約をかわしていないと、会社の実態に対して、労働者からSNSなどで悪評をコメントされる可能性もあります。

2:会社側の弁護士に確認してどうするべきか相談する

非弁行為は弁護法で許されていません。

シバッタマン

許されていないにも関わらず、会社に対して交渉してくる場合には会社側の担当の弁護士に相談しましょう。
会社どのように対応がよいか確認してみましょう。



弁護士からは問題解決に向けての助言を受けることが期待できます。

「交渉権・請求権を持たない退職代行業者は会社にとっても対応にこまるので弁護士に相談した」と退職代行業者に話せば無理な交渉はパタッっと止まるはずです。

3:退職代行サービスを訴える

シバッタマン

弁護士法第77条によると、非弁行為は違法であり、犯罪行為に該当します。会社側が用意した弁護士が退職代行サービスをうったえることを検討しても良いかもしれません。

報酬を得る目的で,法的な紛争に関して,他人と交渉をしたり,法律相談に応じることを業とすることはできません。 これに対する違反については,2年以下の懲役又は300万円以下の罰金という重い罰則があります

引用元:弁護法77条

【退職代行使われたショック】労働者の契約形態や担当している仕事状況を確認

【退職代行使われた会社】ショックやサービスを使われたされた側の体験談!対応法!知恵袋・2ch

会社が調査して悪質な退職代行会社とわかったら従業員に退職代行サービスから連絡があったことを伝えてみる

シバッタマン

もし、悪質な退職代行を利用して退職したい労働者の本人確認は行いましょう。
 本人に退職の意思がないのに、悪意のある第三者が無理やり退職させる可能性もあります。労働者自身がトラブルに巻き込まれていたりする可能性があります。。

不倫相手の夫が無理やり会社を辞めさせようとするケースもあるでしょう。

本人の希望ではないのに退職の処理をしてしまうと後々面倒な問題になってしまいます。このような事態を


避けるためにも、本人からの依頼かは必ず確認すべきです。

弁護士がついている退職代行であったら身分証明書などを依頼しよう

弁護士がついていて実績のある退職代行者である場合には、退職代行を利用しようとした社員に何か問題があり、会社との連絡はもう取りたくないと考えています。

シバッタマン

その場合には退職代行サービスに、退職をしようとしている本人の免許証・社員証・社会保険証のコピーなどを提出してもらいましょう。そして、本人から本当に退職代行から依頼を受けた証拠を見る必要があります

従業員の雇用形態を確認する

上述しましたが、退職に関してですが、雇用期間を定めた契約ではない限り基本的に辞めることを拒否すること可能です
きません。公務員や契約社員などを除けば会社側が拒否は不可能です。

退職代行サービスに頼み退職届を提出してもらい退職届を受領

シバッタマン

退職代行サービスからでも労働者が退職をしたいとわかったのであれば、退職届を受るように代行サービスにつたえましぉう。


若しくは、会社所定の退職届がある場合には書類を送付して返信用封筒を同封するなどして返送してもらうことも可能セス。

必要性を説き、メールであれば心理的ハードルも下がり応答してくれる可能性もあるでしょう。後々トラブルにならないためにも手続きは慎重に進めましょう。

退職届が届いたら、社内の手続きを進めるようにしましょう。

貸出品などの返却を依頼

退職代行から退職の意思があった場合、退職代行をとおしてでも構わないので、制服や備品など会社からの貸出品の返却を依頼しましょう。

【退職代行使われたショック】会社が気を付けること

【退職代行使われた会社】ショックやサービスを使われたされた側の体験談!対応法!知恵袋・2ch

労働者が対話を拒否しているのにもかかわらず無理して連絡しない

退職代行から退職金や退職日などの交渉があった場合、安易に交渉にのってはいけません。上述した通り本人に代わり交渉がで
きるのは弁護士のみだからです。弁護士以外は、基本的に退職の意思を伝える以上のことはできませんので、交渉にのる必要は
ありません。

退職代行サービスを利用した労働者に攻撃をしない

退職代行者から連絡があった場合、会社側は感情的な気分になることもあるでしょう。退職を規模している労働者ではなく、退職代行サービスからの突連絡にとまどいもあるでしょう。

シバッタマン

退職代行を利用した労働者に対して、怒りを見せてはいけません。会社として冷静に対応するように心がけましょう。
労働者に暴言を浴びせるようなことはしてはいけません。


必要であれば会社側の弁護士にも相談して冷静な対応をするように心がけましょう。

退職代行サービスでのブラックリストになる可能性もあります。ブラックリストにのってしまえば、会社側の悪い噂を流される可能性があります。


退職をする社員にもSNSやTwitterで簡単に情報が拡散してします。会社にとって悪い噂が流れれば、会社の取引先にも悪い評判が流れますし、社員の採用にも響きます。下手に争うよりもスムーズに退職手続きをしたほうが良いでしょう。

退職代行サービスにも損害賠償請求は認められないし、逆に会社が訴えらるかも

シバッタマン

退職代行サービスを利用して労働者が会社を辞めたことで業務が回らなくなる可能性があります。
突然退職をしたため、会社に損失が出た場合には、損害賠償請求をしようとする会社もあるかもしれません。

法律上、従業員は辞めたいときに辞められることになっているため、企業側が勝訴することはありません。

労働者が退職代行サービスを利用したことで疑いをもたれる可能性可能性があります。
パワハラや長時間残業、サービス残業など労働環境を疑われて、逆に訴えられる可能性があり、ハローワークなどから指摘される可能性があります。

退職代行サービスから労働者の有給休暇があったらしっかりと消化させる

シバッタマン

有給消化を取得できる権利がある従業員には有給消化を取らせなければ法令違反になってしまいます。。退職代行サ
ービスでは、2週間以上の有給が残っている場合、この有給休暇を利用することで、実質即日退職として辞められるよう手続きを求めてきます。


退職代サービスでは、2週間以上の有給が残っている場合、この有給休暇を利用を要求することがあります。
実質即日退職として辞められるよう手続きになるでしょうね。

労働基準法第39条第1項では、使用者は一定期間継続して勤務した労働者に対して、年次有給休暇を与えなければならないと定められています。 この年次有給休暇については、使用者は、労働者が請求する時季に与えなければならないと定められており(同条第5項本文)、使用者に命じられて取得するものではありません。

引用元:労働基準法第39条
退職代行Jobs(退職代行)
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 24時間365日対応
  • 弁護士監修なのに27,000円
  • 即日退職に可能
  • 退職率100%!万が一だが退職できなけれ全額返金
  • 現金後払いOK
  • 全国対応全ての都道府県で代行実績

【退職代行使われた】引継ぎなどどうする?

【退職代行使われた会社】ショックやサービスを使われたされた側の体験談!対応法!知恵袋・2ch

退職手続きに伴う書類の対応はどうする?

シバッタマン

労働者が退職代行サービスを利用して退職手続きを行う場合は本人と書類のやりとりをすることはありません。退職代行サービスを通して書類のやり取りをすることになります。


労働者が会社ともう会社との連絡したくないという場合は、電話や対面で直接書類の説明などを求めるのはやめましょう。
退職代行サービスから労働者の要望として、直接本人の自宅に送ってほしいと言われればそれに応じましょう。

労働者が仕事していた内容を誰でおこなうか検討する

シバッタマン

退職代行サービスで退職を希望してきた労働者が会社にとって重要な取引先の担当者だったとします。取引先にとっても対応にこまることがあります。


労働者が急に辞めることになれば、取引先に迷惑がある可能性もあります。

取引先に迷惑がかからないように迅速に退職する労働者の代わりを考える必要があります。

ある程度案件を把握している上司が担当することが多いかと考えらえます。後任が決まったら引き継ぐという形にしましょう。

退職代行を利用して従業員への負担を考慮した引継ぎを考える

シバッタマン

退職代行で退職する労働者の業務を他の従業員に引き継ぐ場合、引き継ぐ従業員の負担もしっかりとかんがえましょう。
退職代行を利用した労働者と同じようにメンタルに問題が発生する可能性があります


どのような仕事をしていたのか、引き継ぐ社員にとってメンタルにも体力にも問題がないか確認する必要があります。
過酷な状況で引き継いだ従業員も退職を考えるようになってしまう恐れがあるからです。
引継ぎ社員の負担をかける期間は最小限に抑えましょう。

なぜ労働者に退職代行サービスを利用されてしまったかを考える

シバッタマン

全ての作業が終ってからでもよいので、今回退職代行サービスを利用されてしまった原因は何だのかはしっかりと会社で話し合うようにしましょう。


労働者が退職代行を利用するということは、本来はありません。
労働者が会社に対し直接退職することを申し出ることができなかったのです。
 

パワハラやセクハラ、過重労働、残業代の未払いなどはなかったか、企業として一度検討・確認したほうがよいです。


なぜ退職代行サービスを利用されたかについて考えず会社として対処していれば、従業員も辞めてしまう可能性があります。他の従業員も同じように悩んでいる可能性もあります。今後を見据え、会社側の問題点を洗い出し、もし見つかった場合には迅速に解決をめざしましょう

まとめ:【退職代行使われたショック】知恵袋・2ch・体験談!

いかがでしたでしょうか。

【退職代行使われた会社】ショックや使われたされた側の体験談!対応法!知恵袋・2chについてお伝えしました。

退職代行を使った社員を会社側は責めることもおおいかもしれません。ただ、退職代行を使われた会社にも問題があることは認識しましょう。

もし退職代行を使われた会社なのであれば、今後は退代行を利用されないためにはどうするべきか検討する必要があります。

下記に退職代行サービスの有名なサービス会社をお伝えしますが、もし下記の退職代行サービスから連絡があったら会社側は素直に退職に応じたほうがよいでしょうね。

おすすめ① 退職代行Jobs(後払いOKです)

シバッタマン

辞めるんですは、後発ながら7,000件も退職代行実績がある人気のサービスです。


そして、費用も27,000円(税込)とて転職代行サービスの相場より安いにも関わらず下記の充実としたサービスがあります。

特に後払いOKが人気の秘訣です。

 退職代行Jobsのサービス
  • 24時間365日対応している
  • Jobsは弁護士監修なのに27,000円!!
  • 即日退職に可能である。
  • 退職率100%!万が一だが退職できなけれ全額返金
  • 現金後払いOK!!
  • 全国対応全ての都道府県で代行実績あり
  • 有給休暇の無料申請サポート
  • 無制限で相談可能
  • 案件に関わらず追加費用は一切不要
  • 退職が完了するまで期間無制限でフォロー

労働組合であり、顧問弁護士から業務指導も受けています。

デメリット・欠点といえる箇所が見当たらない退職代行サービスとなっています。

項目情報
会社名株式会社アレス
電話番号03-6279-3967
住所大阪府大阪市東淀川区上新庄3-14-12-1202
労働組合合同労働組合ユニオンジャパン
【退職代行使われた会社】ショックやサービスを使われたされた側の体験談!対応法!知恵袋・2ch

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします

発達障害のため転職経験も多いですIT業界で働いていたので、転職経験についてもお伝えします。

【資格】
Webディレクション資格認定者、Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)など他 IT資格を取得

オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次