皆様日々で悩んでいる精神疲労を解決するメディアです。

【退職代行トラブル事例】その後?知恵袋!なんJ

【退職代行トラブル事例】利用したらその後連絡などどうなる?知恵袋

退職代行サービスは、無理なサービス残業を強要されたり、労働環境が悪いなどで退職を考えているものの、退職の意思を伝えてもトラブルになる不安があるが多く利用することが多いです。

会社で 上司がすぐ怒鳴るだったり、人手が足りないから退職させてもらえなかったりすると退職の相手にしてもらえない人たちが検討します。

シバッタマン

そんななか、退職代行のサービスを利用したいと考える人がふえていますが、その中でもやはりトラブルを心配する人がいます。そのトラブルの事例として考えられるものを紹介します。基本的には退職代行サービスは安心ができるものでありますがトラブル・注意点をかいせつします。

退職代行ってリアルにどうなん?使ってみたいけどトラブルありそうで怖いんやけど

退職代行Jobs(退職代行)
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 24時間365日対応
  • 弁護士監修なのに27,000円
  • 即日退職に可能
  • 退職率100%!万が一だが退職できなけれ全額返金
  • 現金後払いOK
  • 全国対応全ての都道府県で代行実績
目次

【退職代行トラブル事例】その後?知恵袋!なんJ

【退職代行トラブル事例】利用したらその後連絡などどうなる?知恵袋

退職代行サービスとは?

退職をすることは労働者にとって自由にできることと法律でもさだめられています。

特定の職業や契約社員、公務員などを除けば会社側が拒否は不可能となります。
退職の手段として退職代行を利用することは決してクズではあります。非常識なサービスではなく、世の中にはブラック企業が多い、またはメンタル不調で退職を伝えることができないなど問題もあり、労働者にとって非常に味方になるサービスです。

私もうつ病に何度もなっており、発達障害とわかり障害受容ができず、結果として退職代行を頼みました。

退職代行サービスは、民法によってルールは決められています。
退職に関する民法627条では退職の2週間前に退職を伝えるという旨が記載されています。

第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用元:民法第627条第1項(厚生労働省

退職では下記のサービスが引き受けてくれます。

退職代行のサービス
  • 退職意思の伝言
  • 退職日の調整などの退職に関する交渉
  • 有給休暇の取得交渉
  • 離職票・源泉徴収票などの請求
  • 残業代・未払いの給与・退職金等の請求
  • 損害賠償請求への対応などの法律業務

退職代行を頼んだのに退職できない?

シバッタマン

退職代行を利用したのに退職ができないことはまずないでしょう。職代行を利用された場合、企業として退職を拒むことは原則できません。

(期間の定めのない雇用の解約の申入れ)
第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用元:民法第627条第1項(厚生労働省)

労働者にも法律的に会社を辞める権利自由があります。

会社も退職代行を利用して、退職を阻止することは法律的にできないからです。労働者と会社が話す意思がなければ説得すらできないこともあるでしょう。

ただ、退職代行でも悪徳企業は存在します。また、退職代行でも利用する場合には退職代行でおこなえるサポート対応は範囲が異なります。

『交渉権・請求権を持つ業者』

『交渉権・請求権を持たない業者』

読んだだけでも退職代行サービスでも大きな違いがあります。こちらに関しては後述します。

退職代行を利用したら懲戒解雇をされる?

退職をすることは労働者にとって自由にできることと法律でもさだめられています。

特定の職業や契約社員、公務員などを除けば会社側が拒否は不可能となります。
退職の手段として退職代行を利用することは決してクズではあります。非常識なサービスではなく、世の中にはブラック企業が多い、またはメンタル不調で退職を伝えることができないなど問題もあり、労働者にとって非常に味方になるサービスです。

シバッタマン

私もうつ病に何度もなっており、発達障害とわかり障害需要ができず、結果として退職代行を頼みました。

退職代行サービスは、民法によってルールは決められています。
退職に関する民法627条では退職の2週間前に退職を伝えるという旨が記載されています。

第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用元:民法第627条第1項(厚生労働省)

退職代行サービスを利用して損害賠償はまずない

会社側から損害賠償や懲戒解雇されたりするのではないかと心配される人もいます。ただ、懲戒解雇のリスクはまずないです

シバッタマン

労働者に損害賠償をしても手間がかかります。費用の面を考えても会社側にはメリットはありません。懲戒解雇も退職代行サービスに頼むことによって法律の通り退職することになりますので、懲戒解雇などないです。

「退職」だけでは懲戒解雇できる十分な理由になりません。労働者側に懲戒解雇問題が無ければ、損害賠償や懲戒解雇のリスクはありません

会社にとって不利益な事、著しく秩序を乱す行為などを行った労働者に対して下されます。従業員が極めて悪質な規律違反や非行を行ったときに懲戒処分として行うための解雇. 就業規則や労働契約書にその要件を具体的に明示しておくことが必要です。

退職をしようとしている会社の就業規則に明記されていますので一度ご確認ください。大多数の人が該当しません。

引用元:懲戒解雇について(厚生労働省)

退職代行を利用したらパワハラされそう

退職代行を利用すれば、パワハラなどされるのではないかと心配になる人もいるかもしれません。

ただ、しっかりとした退職代行を選べば100%退職代行が可能になります。即日退職の手続きも退職代行がおこなってくれます。よってパワハラで悩んでいた人、パワハラをされるか心配なひとも退職代行を利用してやめれば問題がありません。

パワハラがある会社に残ったとしてもあなたにメリットはありません。

退職代行では有給申請の利用も可能

有給の消化は基本的に本人の申請でおこないます。バックレると有給消化は労働者の権利であるものの、交渉ができなくなってしまいます。おそらくバックレを考える人は真面目な人が多いでしょうから、有給も多く残っている人もいるのではないでしょうか。

シバッタマン

普通に考えて、バックレたのに有休の申請をすること自体がむずかしいはず。
退職代行サービスに頼めば有給も会社に交渉してくれるので、実は退職代行サービスに頼んだからお金が沢山入ったという話もあります。

退職代行に頼まずに普通にやめる人も辞める会社に有休を申し出るのるのが申し訳なくて、有給をとらずに退職してしまうひともいます。

その点では退職代行は普通に退職するよりもお得なのかもしれません。

退職代行を利用したら離職票など退職届いてこない

退職代行を利用したら基本的に会社とのやりとりはおこないません。よって失業後の経済的な生活のサポートが必要になるでしょう。例えば離職票に関しては失業保険をもらえるか心配になりますよね。

私の場合は発達障害からうつ病になり、傷病手当をもらっていたので傷病手当がもらえるのかなど不安がありましたけど、そこも退職代行サービスが会社に電話をしてくれました。

シバッタマン

失業保険の手続きや国民保険の手続きが面倒になる可能性あります。
もしバックレを考えるほど辛いのでああれば、退職代行で正式にやめることをお勧めします。

心がやんでいるときにはバックレたくなる気持ちはわかります。私にも何度もありましたが、今では退職代行を利用して私も退職をした経験がありますので、昔にくらべて本当にメンタルを患っている人には行きやすくなったと感じる40代です。

【退職代行 トラブル 事例】非弁業者に依頼しないこと

【退職代行トラブル事例】利用したらその後連絡などどうなる?知恵袋

退職代行を行うために失敗しないには『交渉権・請求権を持つ業者』を選ぶ

簡単に述べますと、弁護士だけに認められている法律業務を、弁護士以外の者が報酬を受け取って業として行う行為です。これは違法行となってしまいます。

『交渉権・請求権を持つ業者』

『交渉権・請求権を持たない業者』

交渉権・請求権を持たない退職代行業者は、退職金や退職条件の交渉を行うことは違法とされています。弁護士72条法違反となります。

シバッタマン

交渉権・請求権を持たない退職代行業許されているのは、退職する従業員の使者として、この従業員の考えを会社に伝えることを代行できるにすぎないのです。交渉は法が禁止する「非弁行為」になり、違法となります。

弁護士でない者が、報酬を得る目的で、弁護士にのみ認められている行為をすることをいいます。 弁護士法72条によって、報酬を得る目的で弁護士にのみ認められている行為(法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすること)が禁じられています。

引用元:非弁護士の法律事務の取扱い等の禁止

退職代行の中にはトラブル・失敗するものもあるから、弁護士or労働組合が対応してるものがいいよ 有休とか請求できる こないだ、新卒で仕事辞めたい・会社行きたくない…時ってストレス半端ないよね

交渉権・請求権ができる退職代行サービスを選択

労働組合の退職代行が交渉権・請求権ができる退職退職代行サービスを選択すれば問題ございません。

退職代行サービスによっては安さだけではありません。交渉権・請求権があれば有給や退職金も交渉してくれますし、ブラック企業にありがちなボーナスを支払わないもしっかりと支払ってくれます。

シバッタマン

私の場合はうつ病になってしまい、傷病手当まで申請をしてくれました。個人的には退職代行サービスには感謝をしています。

退職代行サービスと相談して契約でに対応範囲を明確にする

もしあなたが、会社を退職する場合には、退職代行に依頼すべきかどうか今一度かんがえてみましょう。
検討した結果、自分で退職の意思を伝えれば退職代行ではである必要はありません。

シバッタマン

また、そのうえで、退職代行サービスを利用する場合には悪徳の退職代行サービスに依頼しまったのなら
退職できない可能性は存在します。

何も心配がなく、安全かつ確実に退職したいのであれば、しっかりとした歴史と実績のある退職代行サービスに依頼しましょう。そして、退職代行を利用する前にどこまでサービスが可能なのかしっかりと確認をとることにしましょう。

退職代行サービスは弁護士や労働組合がおこなっているから安心なサービスとはいえ、それでも優良なサービスでも口約束ですと言った言わないに発展ししまうおそれがないわけではありません。よって、書面でしっかりと契約を交わしておくことをおすすめします。

会社が退職の申し入れを無視・拒否するようなことがあっても、交渉はしっかりとおこなってくれますので安心感はあります。
私も退職代行サービスでやめました。サービスの内容通り会社とのやりとりを何もせずとも退職ができました。

退職代行サービスの利用を考えている場合はうつ病や発達障害、サービス残業、パワハラ、退職をうけいれてくれないなどが原因と考えられます。
すでにページをみていただいているだけで、利用する時点で医師が固まっている人もいるでしょう。

会社に少しでも相談できる人、例えば上司の上司や人事部に伝えることが可能か、退職の意思を伝えるのは上司でなくても構いません。

【退職代行の危険な選び方】 × 口コミを鵜呑みにして選ぶ 引用元不明な口コミや、会社HPの口コミは鵜呑みにしてはいけません。本物の口コミも中にはありますが、作られた口コミである可能性もあります。 退職代行に限りません。色んな商品を購入するときも気を付けましょう。 #退職代行 #仕事初め

【退職代行 トラブル 事例】その後連絡などの心配

退職に伴い手続きの全てが代行可能

退職代行サービスは、民法によってルールは決められています。
退職に関する民法627条では退職の2週間前に退職を伝えるという旨が記載されています。

第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用元:民法第627条第1項(厚生労働省)

シバッタマン

上記にも述べましたがしっかりとした退職代行サービスを選択すれば退職に関して、会社とのやりとりに悩むことはありませんので、心配することはありません。

損害賠償請求のリスクにも備えられる

損害賠償は基本的に行われることはありません。ただ、退職代行ではなく会社にバックレをしてしまうと損害賠償の可能性もありますので注意しましょう。安心のためにも退職代行を利用するのがもっともよいかと考えられます。

「故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償す
る責任を負う。」

引用元:民法第709条 – Wikibooks

会社をバックレる任されていた業務の内容があなたとの高度によって、取引先ご迷惑をかけしてまい、会社の売り上げに尊大な赤字をもたらす可能性もあります。その場合には損害賠償をしてくる会社も中にはいるかもしrません。

会社から貸与された制服やパソコンなどを返却はしなくてはなりませんね。労働者の費用でかったのではなく、会社の費用でかったものです。業務上横領罪なんてこともあります。

退職代行サービスに朝メール、電話→手続きして振込してそのまま会社辞めた 前の会社辞めたくて不眠症になっててあるとき限界来てからの行動早かった 退職代行業者もプロフにまとめてる弁護士が付いてるところは法に則って退職手続きしてくれるので必ず辞められるしトラブルなしだったのでおすすめ


バックレと退職代行の違いは下記に記載しています。

退職を伝えることでのパワハラに備えられる

シバッタマン

退職代行のサービス交渉や請求をしてくれるのは「上司のパワハラで鬱になった」とメンタルでの問題を抱えた人が相談に乗る人が多いです。


当然の話ではありますが、パワハラは労働基準ほうでも違法となります。しっかりと法律を守っている会社であれば、退職代行サービスを利用せずに、普通にやめることができます。

その場合にバックレなどが発生してしまいますが、そこはビジネスとして退職代行サービスが手続きをしてくれます。

有給など労働者にとっての権利も当たり前のようにもらえますので、心配しないで大丈夫です。

まとめ:【退職代行トラブル事例】その後?知恵袋!なんJ

いかがでしたでしょうか。

【退職代行トラブル事例】利用したらその後連絡などどうなる?知恵袋についてお伝えしました。

退職代行を利用して退職した私からすれば退職代行サービスは安心です。ただ、悪徳業者もありますので注意はしましょう。

また、かきでおすすめの退職代行サービスをお伝えします。

おすすめ① 退職代行Jobs(後払いOKです)

シバッタマン

辞めるんですは、後発ながら7,000件も退職代行実績がある人気のサービスです。


そして、費用も27,000円(税込)とて転職代行サービスの相場より安いにも関わらず下記の充実としたサービスがあります。

特に後払いOKが人気の秘訣です。

 退職代行Jobsのサービス
  • 24時間365日対応している
  • Jobsは弁護士監修なのに27,000円!!
  • 即日退職に可能である。
  • 退職率100%!万が一だが退職できなけれ全額返金
  • 現金後払いOK!!
  • 全国対応全ての都道府県で代行実績あり
  • 有給休暇の無料申請サポート
  • 無制限で相談可能
  • 案件に関わらず追加費用は一切不要
  • 退職が完了するまで期間無制限でフォロー

労働組合であり、顧問弁護士から業務指導も受けています。

デメリット・欠点といえる箇所が見当たらない退職代行サービスとなっています。

項目情報
会社名株式会社アレス
電話番号03-6279-3967
住所大阪府大阪市東淀川区上新庄3-14-12-1202
労働組合合同労働組合ユニオンジャパン
【退職代行トラブル事例】利用したらその後連絡などどうなる?知恵袋

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします

発達障害のため転職経験も多いですIT業界で働いていたので、転職経験についてもお伝えします。

【資格】
Webディレクション資格認定者、Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)など他 IT資格を取得

オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次