MENU
皆様疲れていませんか?障害者本人として日々で悩んでいる皆様の精神疲労を解決するメディアです。

【退職代行トラブル事例】サービスで揉めるなど失敗例や失敗談

当ページのリンクには広告が含まれています。

あなたは退職代行トラブルに悩まされていませんか?

数多くの退職代行サービスが存在する中で、トラブルに巻き込まれる可能性があるのは悪徳会社が存在するのは残念ながら現実としてあります。

しかし、安心してください。

本記事では、退職代行トラブルを回避するための具体的な解決策を提案します。

これらの解決策は、実際のトラブル事例とそれらを解決した方法に基づいています。従って、これらの解決策を実践することで、退職代行サービスを利用する際に安心してスムーズな退職手続きができるでしょう。

さらに、トラブルを未然に防ぐことで、新たなステージに向かって前進する自分自身を実感できることでしょう。

シバッタマン

この記事を読むことで、退職代行トラブルを避けるための対策が明確になり、安心して退職代行サービスを利用することができます。

退職代行sarabaの無駄なく退職をサポート
【退職代行SARABAの体験談】デメリットは労働組合と弁護士?転職サポート!株式会社ワン

\労働組合NO1の安心料

モームリは、労働組合提携、株式会社による管理のもと、安心安全・確実に退職手続きを代行する退職代行サービスです。料金は、正社員が24,000円です。「今でも全額返金保証か調べてみる

今回の記事では【退職代行とはトラブル事例】リスク?注意点!使われた!どこまで?についてお伝えします。

シバッタマンの紹介
シバッターマン
シバッターマン
  • シバッタマン
  • 精神障害者保健福祉手帳 保持者
  • 退職代行で40歳で会社を退職し就労移行支援へ
  • 氏名:柴田義彦
  • 退職代行&就労移行支援、ITの執筆
  • 妻と4歳の子供がいて住宅ローン・教育費に必死
  • うつ病で休職経験多数
  • WEB業界を辞め、障害と闘いなら自営に転身
  • 経歴・連絡先情報はプロフィールに表示
目次

【退職代行トラブル事例】サービスで揉めるよくある失敗例を紹介

【退職代行トラブル事例】利用したらその後連絡などどうなる?知恵袋

退職代行サービスとは?

退職をすることは労働者にとって自由にできることと法律でもさだめられています。

特定の職業や契約社員、公務員などを除けば会社側が拒否は不可能となります。
退職の手段として退職代行を利用することは決して悪いサービスではあります。

 非常識なサービスではなく、世の中にはブラック企業が多い、またはメンタル不調で退職を伝えることができないなど問題もあり、労働者にとって非常に味方になるサービスです。

私もうつ病に何度もなっており、発達障害とわかり障害受容ができず、結果として退職代行を頼みました。

退職代行サービスは、民法によってルールは決められています。
退職に関する民法627条では退職の2週間前に退職を伝えるという旨が記載されています。

第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用元:民法第627条第1項(厚生労働省

退職では下記のサービスが引き受けてくれます。

退職代行のサービス
  • 退職意思の伝言
  • 退職日の調整などの退職に関する交渉
  • 有給休暇の取得交渉
  • 離職票・源泉徴収票などの請求
  • 残業代・未払いの給与・退職金等の請求
  • 損害賠償請求への対応などの法律業務
【退職代行トラブル事例】弁護士!サービスの注意点!リスク実例!知恵袋

①退職代行を頼んだのに会社の退職ができない?

シバッタマン

退職代行を利用したのに退職ができないことはまずないでしょう。職代行を利用された場合、企業として退職を拒むことは原則できません。

(期間の定めのない雇用の解約の申入れ)
第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用元:民法第627条第1項(厚生労働省)

労働者にも法律的に会社を辞める権利自由があります。

会社も退職代行を利用して、退職を阻止することは法律的にできないからです。労働者と会社が話す意思がなければ説得すらできないこともあるでしょう。

ただ、退職代行でも悪徳企業は存在します。また、退職代行でも利用する場合には退職代行でおこなえるサポート対応は範囲が異なります。

『交渉権・請求権を持つ業者』

『交渉権・請求権を持たない業者』

読んだだけでも退職代行サービスでも大きな違いがあります。こちらに関しては後述します。

②退職代行を利用したら懲戒解雇・損害賠償をされた?

退職をすることは労働者にとって自由にできることと法律でもさだめられています。

特定の職業や契約社員、公務員などを除けば会社側が拒否は不可能となります。
退職の手段として退職代行を利用することは決してクズではあります。非常識なサービスではなく、世の中にはブラック企業が多い、またはメンタル不調で退職を伝えることができないなど問題もあり、労働者にとって非常に味方になるサービスです。

シバッタマン

私もうつ病に何度もなっており、発達障害とわかり障害需要ができず、結果として退職代行を頼みました。

退職代行サービスは、民法によってルールは決められています。
退職に関する民法627条では退職の2週間前に退職を伝えるという旨が記載されています。

第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用元:民法第627条第1項(厚生労働省)

退職代行サービスを利用して損害賠償はまずない

会社側から損害賠償や懲戒解雇されたりするのではないかと心配される人もいます。ただ、懲戒解雇のリスクはまずないです

シバッタマン

労働者に損害賠償をしても手間がかかります。費用の面を考えても会社側にはメリットはありません。懲戒解雇も退職代行サービスに頼むことによって法律の通り退職することになりますので、懲戒解雇などないです。

「退職」だけでは懲戒解雇できる十分な理由になりません。労働者側に懲戒解雇問題が無ければ、損害賠償や懲戒解雇のリスクはありません

会社にとって不利益な事、著しく秩序を乱す行為などを行った労働者に対して下されます。従業員が極めて悪質な規律違反や非行を行ったときに懲戒処分として行うための解雇. 就業規則や労働契約書にその要件を具体的に明示しておくことが必要です。

退職をしようとしている会社の就業規則に明記されていますので一度ご確認ください。大多数の人が該当しません。

引用元:懲戒解雇について(厚生労働省)

退職代行の損害賠償の流れ

③退職代行を利用したらパワハラ

退職代行を利用すれば、パワハラなどされるのではないかと心配になる人もいるかもしれません。

ただ、しっかりとした退職代行を選べば100%退職代行が可能になります。即日退職の手続きも退職代行がおこなってくれます。よってパワハラで悩んでいた人、パワハラをされるか心配なひとも退職代行を利用してやめれば問題がありません。

パワハラがある会社に残ったとしてもあなたにメリットはありません。

④退職代行では有給申請ができない

有給の消化は基本的に本人の申請でおこないます。

シバッタマン

有給消化は労働組合の退職代行と弁護士の退職代行ならできるのですが、民間の退職代行ではできないのです。

民間退職代行会社労働組合の退職代行弁護士の退職代行
会社への退職報告          
有休消化の交渉       
未払い給与・残業代の請求       
損賠請求    
価格・費用    低い    高い

バックレはなおさらダメ

バックレると有給消化は労働者の権利であるものの、交渉ができなくなってしまいます。おそらくバックレを考える人は真面目な人が多いでしょうから、有給も多く残っている人もいるのではないでしょうか。

シバッタマン

普通に考えて、バックレたのに有休の申請をすること自体がむずかしいはず。
退職代行サービスに頼めば有給も会社に交渉してくれるので、実は退職代行サービスに頼んだからお金が沢山入ったという話もあります。

退職代行に頼まずに普通にやめる人も辞める会社に有休を申し出るのるのが申し訳なくて、有給をとらずに退職してしまうひともいます。

その点では退職代行は普通に退職するよりもお得なのかもしれません。

退職代行のバックレの記事を紹介

⑤退職代行を利用したら離職票など退職届いてこない

退職代行を利用したら基本的に会社とのやりとりはおこないません。よって失業後の経済的な生活のサポートが必要になるでしょう。例えば離職票に関しては失業保険をもらえるか心配になりますよね。

私の場合は発達障害からうつ病になり、傷病手当をもらっていたので傷病手当がもらえるのかなど不安がありましたけど、そこも退職代行サービスが会社に電話をしてくれました。

シバッタマン

失業保険の手続きや国民保険の手続きが面倒になる可能性あります。
もしバックレを考えるほど辛いのでああれば、退職代行で正式にやめることをお勧めします。

心がやんでいるときにはバックレたくなる気持ちはわかります。私にも何度もありましたが、今では退職代行を利用して私も退職をした経験がありますので、昔にくらべて本当にメンタルを患っている人には行きやすくなったと感じる40代です。

⑥給与・残業代・退職金の支払い

シバッタマン

退職する会社との給与・残業代・退職金の支払いについてのトラブルがある場合は退職代行会社をしっかりと選びましょう。

もし、未払いの賃金がある場合、もしくは正規の残業代金が支払われていない場合には弁護士による退職代行サービスを利用すると、賃金を請求することができます。詳しくは下記で説明しています。

⑦離職票や離職証明書など退職関連に関する必要書類が利用者に届かない

会社を退職すると、離職票や離職証明書が発行されます。

これは失業保険の受給のために必要な書類です。中には退職届を受理し、退職はできたものの、いやがらせで離職票を出さない会社もあります。

離職証明書は会社側が労働者に対して発行するものです。離職証明書の発行は法律によって定められています。

万が一、離職証明書を発行しない場合や、労働者からの請求に対して拒んだ場合には違法となるのです。

弁護士による退職代行サービスでは離職票をすぐに発行するように促すことが可能です。

⑧悪徳退職代行業者だと連絡が取れなくなる

弁護士資格を持たない退職代行サービスの中には、悪徳業者もあります。代行作業料を請求しておいて、実際には退職届の代行をしてくれないという詐欺を働く業者もあります。

シバッタマン

また、お支払いをしたら連絡が取れなくなるという悪徳会社も存在するのです。

まだまだ新しく生まれてきた業種ですので、玉石混合が著しい分野と言えるでしょう。弁護士資格を持たない退職代行サービスを利用する際には口コミをしっかりチェックしたり、失敗した際には返金サービスはあるのかなど確認してから利用しましょう

【退職代行トラブル事例】サービスの失敗談を紹介

1:有給休暇の消化交渉ができない

退職代行業者ができるのは「退職したい旨を伝えること」までになります。弁護士なら「退職予定者が有休消化をさせてほしいそうなのですが…」と交渉することができます。

退職代行を利用としている人は忙しい企業に勤めている場合、休みづらいこともあったかおしれません。できることであればその有給はかなり残っていると思い、つかってしまいたいと考えて居る人もおおいのではないでしょうか。

私自身の体験談でも発達障害で退職した会社ですが、残っていた有休は1か月分でした。

湯救急科が1か月分も残っていたので、退職後、雇用保険を貰うまでの間のつなぎとして助かり、またそのあとに傷病手当をもらった経験があります。

シバッタマン

「有休」について。有休とは、たとえ会社を休んでも有休の申請を会社にしておけば、勤務したとして休んだ日の分の報酬が得られる制度になります。働いた経験のある方ならば、多かれ少なれ、利用したことのある制度だと言えるでしょう。

私のようにIT業界など多忙な企業に勤めている人や看護師なども休みづらいこともあると思います。

そのような職種の方々がは有給は残っていると思います。

話を戻します、退職するときに有休がかなり残っていると「うわぁこの有休、いったいどうなるんだろう…」使いたいと感じるのは普通だと思いますす。

退職者の方がちゃんと有休の消化について勤務先に交渉できるタイプであったり、企業側に退職者の有休消化の実績があれば、有休消化の交渉はスムーズに進むと思います。

退職を使っても会社は拒むことはできません。

年休は労働者の権利ですから退職間際の年休の申請に対して拒むことはできません。
実際上、退職前の業務の引継ぎなど必要がある場合は、退職日を遅らせてもらうなど、退職する労働者と話し合ったほうがよいでしょう。

引用元:退職間際の労働者から、残った年休を退職日までの勤務日に充てたいといわれたら、拒むことはできませんか?(厚生労働省)

しかし実際のところ、退職者はとにかく辞めたい一心で有休の消化交渉はしませんね。

有休消化をせずに退職していく人がおおいのではないのではないでしょうか。

 会社に退職者の有休消化の実績がなく、残った有休自体を「なかったことに」してしまう会社も実際にあるようです。

 ただ、もし退職後残る有休について、退職予定者本人の口から「消化をさせてほしい旨」を伝えることができないけれども、どうしても「有休消化をさせて欲しい」と思った場合は会社は何を言ってるんだと思うかもしれません。

2:有給休暇の買取交渉をおこなってはいけない

シバッタマン

メディアで取り上げられているのが、この「有休の買取」です。記事をお読みの方々は有休の買取制度についてご存じですか

ニュースなどでもよく報じられていますが、日本は有休の消化率が諸外国に比べ非常に低い国です。

そんな中ここ数年、安倍政権が肝いり政策として推進してきた「働き方改革」の一環として、有給の取得率向上が掲げられていました。

 2019年4月1日から、年10日の有給を得ている労働者に対して、会社は5日は有給休暇を取得させることが労働基準法(以下、“労基法”と略します)上の義務となったのです。よって、2019度より上記対象者は、最低でも5日間は有休を使えますし、使わなければならなくなりました。

引用元:年5日の年次有給休暇の確実な取得 – 厚生労働省

2019度より消化するのが義務となった有休は買取ができます。

どんな場合でも企業に有休を買い取って貰えるわけではありません。

 しかし、この「退職者の退職後に残る有休」に関しては、買い取って貰うことが可能です。ただし気を付けていただきたいのが、「企業が必ずしも有休を買い取らなければならない訳ではない」ということ。

あくまで会社側の任意の行為であり、法的に強制的に買い取らせることはできません。そして企業に対し、「退職後に残る依頼主の有休を買い取って欲しい」という交渉を退職代行業者が行うことはできません。

相談者

余談ですが、「じゃあ、会社側としては、退職者から有休の買取をさせられるのって、その分費用がかかるわけだから損なんじゃない?」という考えが浮かぶかもしれません。しかし、有給を買い取る企業にもちゃんとメリットはあります!

シバッタマン

それは、当然のことながら、有休消化中は在職扱いとなるため、その期間、会社は社会保険料の負担を継続しなければなりません。

有休を買い取ってその分退職を早めることができれば、確かに給与相当額の金額の支払いはしなければなりませんが、買い取った分だけの社会保険料の負担を軽減することができます。

ですから、企業にとっても絶対に損ではない話なのです。

3パワハラの慰謝料請求はおこなってはいけない

退職代行業者はハラスメントの慰謝料請求はおこなってはいけません。弁護士なら「ラスメントの慰謝料請求」を交渉することができます。

シバッタマン

パワハラに対し、会社には対策を取る義務があります。それが「職場環境配慮義務」になります。

つまり会社には、従業員が安心して働ける環境をつくる義務がある、というわけなのです。

引用元:職場環境配慮義務(厚生労働省)

もし退職予定者が「パワハラにより退職するわけだから、何も対策をとらなかった会社は慰謝料を支払うべきだ」と感じた場合は、慰謝料を請求することが可能になります。

退職代行業者は対応することができませんが、弁護士は依頼主の勤務先との交渉可能です。

4:ハラスメントで損害賠償での対応を行っていけない

退職代行業者は損害賠償での慰謝料請求はおこなってはいけません。弁護士なら「損害賠償での対応を交渉」することができます。

 勤務先で受けたパワハラが原因で、出社しようと思っても、気持ちと体の動きがちぐはぐになってしまい、家から出られなくなったとします。

 そ 

 会社に連絡を入れればたとえ上司との間に禍根は残っても、最低限、対処すべきことはしているので問題はないでしょう。しかし、会社に電話を入れようとしても、携帯を持つ手が震え、とても話ができるような精神状態ではない症状がずっと続いたとします。

 それから数か月後、会社を辞める方向で話が進み始めたけれども、勤務先から「今まで無断欠勤した分は、損害賠償として請求をさせて貰う」ともし言われた場合、あなたならどう思いますか?

 おそらく大抵の方の場合は、なるべく支払わない方向に話を進めたいと思うことでしょう。しかし、会社には労務があり、向こうは労働に関するプロでこちらは労基法の基本すら知らない労働の素人です。。

「こんなときいったいどうすればいいの!?」とほとんどの方の場合、パニック状態になるのではないでしょうか。

 こちらも今まで同様、退職代行業者ではなく弁護士になります。ところで、上記はあくまでも事例ではありますが、こちらの話のように無断欠勤は絶対にしないでください。

そしてこんな事態になる前に、退職代行業者に相談して退職に向けて早急に動きましょう。

:退職届などの書類の代理作成

退職代行業者ができるのは:退職届などの書類の代理作成。弁護士なら「退職届などの書類の代理作成」を記載することができます。

労働者は、入社するとき多くの書類を貰い記入されたかと思いますが、退職時もいろいろな書類を貰い、記入や提出しなければなりません。

シバッタマン

嫌で鬱気味の場合ですと会社の人と会話をしたくありませんよね。私は会社が原因で発達障害が発覚し、2次障害でうつ病になったので会社の人とは一切会話をしたくありませんでした。

 退職予定者が勤務先に渡すのは「健康保険被保険者証」と「退職届(自己都合退職をする場合)」でしょう。健康保険証なら渡すだけだから問題ないとして、面倒なのが退職届の作成になります。

 退職願の提出は基本、その後の退職予定者の人生を変えかねない非常に重要なことなので、退職予定者本人が自分で行なわなければなりません。

  会社の契約書に退職時には退職届を提出すべき旨が書かれている場合を除けば、本来ならば、口頭で本人が退職の旨を会社側に伝えれば退職ができます。つまり、退職届は絶対に書かなくてはならないものではありません。ただ繰り返しにはなりますが、会社の規定で退職時には退職届を書くことが義務付けられている場合は、その規定に従って退職届を書いてください。

6:ハローワークに提出する書類の手続きを会社と行ってはいけない

 提出書類は退職届だけではありません。

会社との提出先は変わりますが、市区町村役場や税務署に「退職所得の源泉徴収票」「給与所得の源泉徴収票」「退職所得受給に関する申告書」「給与支払報告・特別徴収に係る給与所得者異動届出書」を提出したり、ハローワークに「雇用保険被保険者資格喪失届」「雇用保険被保険者離職証明書」「任意継続被保険者資格取得申請書」を提出したり、年金事務所に「健康保険・厚生年金保険被保険者資格喪失届」を提出したりしなければなりません。

ておそらく、ハローワークや税務署、市区町村役場などへは、気晴らし感覚で足を運ぶことができるでしょう。

シバッタマン

しかし退職代行をつかって会社をとるのにそのハロワークに提出する書類を取りに行くのはきっと厳しいでしょう。私はうつ病でしたのでとてもじゃないですができませんでした。

しかも、勤務先からは「退職金の源泉徴収票」「給与所得の源泉徴収票」「雇用保険被保険者証」「健康保険被保険者資格喪失証明書」「厚生年金基金加入員証(厚生年金基金に加入していた方のみ)」「離職票(転職先が決まっている場合は不要)」を受け取らなければなりません。

 どんなに気が進まなくても、勤務先に足運ぶ必要があります。

ただこれらのハローワークに提出する書類など作成や対応なども、退職代行業者には対応はできませんが、弁護士なら、法的に正当な代理権限を有するので、退職届の書類の代理作成等の交渉権限があります。

シバッタマン

弁護士の主張が法的に正当と認められるのではあれば、それらの一連の行為対応も可能というわけなのです。

公務員などで退職代行のトラブルを回避する記事は下記に記載しています。

【退職代行トラブル事例】回避するための対策は?

【退職代行トラブル事例】利用したらその後連絡などどうなる?知恵袋

①退職代行を行うために失敗しないには『交渉権・請求権を持つ業者』を選ぶ

簡単に述べますと、弁護士だけに認められている法律業務を、弁護士以外の者が報酬を受け取って業として行う行為です。これは違法行となってしまいます。

『交渉権・請求権を持つ業者』

『交渉権・請求権を持たない業者』

交渉権・請求権を持たない退職代行業者は、退職金や退職条件の交渉を行うことは違法とされています。弁護士72条法違反となります。

シバッタマン

交渉権・請求権を持たない退職代行業許されているのは、退職する従業員の使者として、この従業員の考えを会社に伝えることを代行できるにすぎないのです。交渉は法が禁止する「非弁行為」になり、違法となります。

弁護士でない者が、報酬を得る目的で、弁護士にのみ認められている行為をすることをいいます。 弁護士法72条によって、報酬を得る目的で弁護士にのみ認められている行為(法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすること)が禁じられています。

引用元:非弁護士の法律事務の取扱い等の禁止

退職代行の中にはトラブル・失敗するものもあるから、弁護士or労働組合が対応してるものがいいよ 有休とか請求できる こないだ、新卒で仕事辞めたい・会社行きたくない…時ってストレス半端ないよね

②退職代行サービスと相談して契約で対応範囲を明確にする

もしあなたが、会社を退職する場合には、退職代行に依頼すべきかどうか今一度かんがえてみましょう。
検討した結果、自分で退職の意思を伝えれば退職代行ではである必要はありません。

シバッタマン

また、そのうえで、退職代行サービスを利用する場合には悪徳の退職代行サービスに依頼しまったのなら
退職できない可能性は存在します。

何も心配がなく、安全かつ確実に退職したいのであれば、しっかりとした歴史と実績のある退職代行サービスに依頼しましょう。そして、退職代行を利用する前にどこまでサービスが可能なのかしっかりと確認をとることにしましょう。

退職代行サービスは弁護士や労働組合がおこなっているから安心なサービスとはいえ、それでも優良なサービスでも口約束ですと言った言わないに発展ししまうおそれがないわけではありません。よって、書面でしっかりと契約を交わしておくことをおすすめします。

会社が退職の申し入れを無視・拒否するようなことがあっても、交渉はしっかりとおこなってくれますので安心感はあります。
私も退職代行サービスでやめました。サービスの内容通り会社とのやりとりを何もせずとも退職ができました。

退職代行サービスの利用を考えている場合はうつ病や発達障害、サービス残業、パワハラ、退職をうけいれてくれないなどが原因と考えられます。
すでにページをみていただいているだけで、利用する時点で医師が固まっている人もいるでしょう。

会社に少しでも相談できる人、例えば上司の上司や人事部に伝えることが可能か、退職の意思を伝えるのは上司でなくても構いません。

【退職代行の危険な選び方】 × 口コミを鵜呑みにして選ぶ 引用元不明な口コミや、会社HPの口コミは鵜呑みにしてはいけません。本物の口コミも中にはありますが、作られた口コミである可能性もあります。 退職代行に限りません。色んな商品を購入するときも気を付けましょう。

③ネットで評判・実績が良い退職代行業者を選ぶコツ

シバッタマン

ネットで評判・実績が良い退職代行業者を選ぶコツをお伝えします。

退職がなるべくスムーズにいくように、より良い退職代行業者を選んで円満かつ失敗なく退職したいですよね。

退職代行を選ぶときはの4つの項目に絞ってチェックすると良いでしょう。

項目チェック内容
実績「退職成功者数」「退職成功率」「月間(年間)相談数」「退職代行の事例」
「利用者アンケートの結果」を確認しましょう
料金・価格安い料金で依頼できるところもありますが、そういった業者は悪徳の可能性があり危険です。
悪徳業者に引っかからないためにも、相場内で探すのが安全でしょう。
サポート力・保証的確なアドバイスをしてくれたりしてくれる業者が安心です。また万が一退職ができなかった場合の「全額返金保証」が用意されていると、より安心して利用できますね。

専門性

円満退職に近づけるには、専門性が必要になってきます。実績だけでなく専門的な知識を持つ退職代行であれば、円満退社の確率も上がるでしょう

④公務員・契約社員が退職代行を利用する際の注意点

シバッタマン

公務員や契約社員は雇用期限が設定されたうえで雇用されています。。基本的には個人の都合で退職をすることは認められていません

ただし、労働者本人と会社側の双方の合意があれば、期限前の雇用期間内でも退職は認められます。

やむを得ない事情

それがやむ得ない事情です。妊娠、出産や病気などやむを得ない事情がある場合には公務員・契約社員であっても退職することができます。

やむを得ない事情
  • 本人の妊娠、出産
  • 本人の病気
  • 家族の病気による介護
  • 契約時の労働条件と相違があった場合(休日設定、賃金、残業等)
  • いやがらせ行為があった場合(セクハラ、パワハラ)

やむ得ない事情に該当しなくても退職できるケースがあります。

詳しくは下記にやむ得ない理由を記載しています

雇用されてから3年、もしくは5年以上経過している場合

契約期間内であっても退職できるケースもいくつかあります。契約社員、派遣社員に関して会社は「三年、五年を超える期間について締結してはならない」と労働基準法で定められています。

詳しくは下記の記事に記載されています。

【退職代行トラブル事例】弁護士事務所なら揉めるを防げる

①退職に伴い手続きの全てが代行可能

退職代行サービスは、民法によってルールは決められています。
退職に関する民法627条では退職の2週間前に退職を伝えるという旨が記載されています。

第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用元:民法第627条第1項(厚生労働省
シバッタマン

上記にも述べましたがしっかりとした退職代行サービスを選択すれば退職に関して、会社とのやりとりに悩むことはありませんので、心配することはありません。

②損害賠償請求のリスクにも備えられる

損害賠償は基本的に行われることはありません。ただ、退職代行ではなく会社にバックレをしてしまうと損害賠償の可能性もありますので注意しましょう。安心のためにも退職代行を利用するのがもっともよいかと考えられます。

「故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償す
る責任を負う。」

引用元:民法第709条 – Wikibooks

会社をバックレる任されていた業務の内容があなたとの高度によって、取引先ご迷惑をかけしてまい、会社の売り上げに尊大な赤字をもたらす可能性もあります。その場合には損害賠償をしてくる会社も中にはいるかもしrません。

会社から貸与された制服やパソコンなどを返却はしなくてはなりませんね。労働者の費用でかったのではなく、会社の費用でかったものです。業務上横領罪なんてこともあります。

退職代行サービスに朝メール、電話→手続きして振込してそのまま会社辞めた 前の会社辞めたくて不眠症になっててあるとき限界来てからの行動早かった 退職代行業者もプロフにまとめてる弁護士が付いてるところは法に則って退職手続きしてくれるので必ず辞められるしトラブルなしだったのでおすすめ


バックレと退職代行の違いは下記に記載しています。

③退職を伝えることでのパワハラに備えられる

シバッタマン

退職代行のサービス交渉や請求をしてくれるのは「上司のパワハラで鬱になった」とメンタルでの問題を抱えた人が相談に乗る人が多いです。


当然の話ではありますが、パワハラは労働基準ほうでも違法となります。しっかりと法律を守っている会社であれば、退職代行サービスを利用せずに、普通にやめることができます。

その場合にバックレなどが発生してしまいますが、そこはビジネスとして退職代行サービスが手続きをしてくれます。

有給など労働者にとっての権利も当たり前のようにもらえますので、心配しないで大丈夫です。

【退職代行トラブル事例】弁護士事務所に依頼する場合の注意点

【退職代行とはトラブル事例】知恵袋?その後のサービスの注意点!リスクややばい?

①弁護士の退職代行は費用が高額

シバッタマン

弁護士による退職代行サービスは弁護士ではない退職代行サービスと比べて費用が高額となります。

退職届けの代行だけではなく、未払い賃金の請求や慰謝料の請求も同時に行う場合には追加で料金がかかってしまうこともあります。

②弁護士作業が忙しくて退職代行の作業を後回しにされることもある

シバッタマン

弁護士は退職代行サービスが本業ではありません。他にも多数のクライアント、たくさんの案件を抱えており、多忙な生活を送っています。

もしも退職代行をお願いした弁護士が、他に大きな案件を抱えている場合には退職代行の作業を後回しにされてしまう可能性もあります。

③弁護士専用の退職代行は敷居が高い

弁護士に相談というと、非常に敷居が高い感覚があります。そのため退職代行サービスを依頼することにためらってしまうこともありますね。

④弁護士との相性

シバッタマン

退職代行サービスをお願いした弁護士が、自分とは相性や価値観が合わないこともあります。

会社側に自分の要求を伝え、スムーズに退職するためには、何人かの弁護士と会い自分の考えや価値観の合う相性のよい弁護士に依頼するようにしましょう。

⑤弁護士によって退職代行サービスの向き、不向きがある

シバッタマン

弁護士にも得意な分野、不得意な分野があります。家庭問題は得意でも、労働関係は不得手という弁護士もいるものです。

【退職代行トラブル事例】おすすめのサービスは?

おすすめ1位:退職代行SARABA

【さらばユニオンとは退職代行】労働組合?さらばユニオン違法?

シバッタマン

退職代行SARABAは、労働組合が運営する退職代行サービスです。24時間365日対応可能で、即日退職も可能です。費用は24,000円で、全額返金保証もついています。

項目内容
サービス名退職代行SARABA(公式サイト)
運営開始2019年8月
管理会社株式会社スムリエ
営業時間24時間365日
料金24000円
支払い方法クレジットカード、銀行振込、コンビニ払い
業務内容退職の意思表示、退職日の調整、未払い給料や残業代の請求、退職後のトラブルの相談

退職代行sarabaは、料金が安く、即日退職が可能で、後払いサービスもございます。

退職代行sarabaの無駄なく退職をサポート
【退職代行SARABAの体験談】デメリットは労働組合と弁護士?転職サポート!株式会社ワン

\労働組合NO1の安心料

モームリは、労働組合提携、株式会社による管理のもと、安心安全・確実に退職手続きを代行する退職代行サービスです。料金は、正社員が24,000円です。「今でも全額返金保証か調べてみる

法的相談ならみやび

特徴は弁護士の退職代行なのに相談と有給請求を無料で行ってくれます。更に、営業時間内での連絡であれば返信が早いのが特徴です。

mamoriの紹介
  1. 弁護士の退職代行なのに最短即日で退職を実現
  2. 弁護士なのでもちろん退職金の請求や有給消化の交渉可能
  3. 弁護士なのでもちろん退職成功率100%継続中
  4. 弁護士の退職サポートでありながら退職後のサポートも充実(転職やライフプランの相談・給付金サポート)

魅力は安価なところではあります、弁護士サービスを利用したい場合は下記を利用してみましょう。

シバッタマン

弁護士の退職代行でのおすすめは弁護士法人みやびです。弁護士事務所が行う退職代行サービスになります。

非弁業者と違い、サービスに間違いがありません。他弁護士事務所様と違い、グループに社労士がおりますので、
労災申請など、複雑な案件も受けられます。

商号弁護士法人みやび
代表者所長 佐藤 秀樹(弁護士)
事業内容  企業法務全般
訴訟等の裁判業務
顧問業務
コンサルティングなどの相談業務
一般民事事件などの個人向け業務
所在地〒105-0021 東京都港区東新橋1-1-21 今朝ビル5階
TEL : 03-6264-6671(代表)
申し込み方法電話・メール・LINE
退職までにかかる期間不明
利用料金54,000円
オプション
未払い給料・残業代・退職金請求は着手金無料、オプションの料金は経済利益の20%
営業時間10時から21時

\ 弁護士なのに破格の安さと安心感 /

他の退職代行会社(人気No1以外)の退職代行が気になる方はこちらの比較ページをアクセス
シバッタマン

退職代行会社は数多くあります。その中で私は人気1位を紹介しました。ただ、その他の退職代行が気になる方は下記のエージをアクセス

【退職代行トラブル】よくある質問

退職代行を使って訴えられる?

退職代行を利用して訴えられる可能性はありますが、そのリスクを軽減する方法もあります。またあ、退職代行を利用したこと自体が損害賠償の理由にはなりません。

シバッタマン

訴えられるとしたら、在職時の行動や退職の仕方によっては損害賠償の義務が認められることもあります

退職代行を利用する際には、自身の権利と責任を理解し、適切な手続きを行うことが重要です。リスクを軽減するために、契約内容の確認や法的アドバイスの受け取りを検討してください

注意点解説
契約内容の確認退職代行サービスを利用する前に、契約内容をよく確認しましょう。特に、損害賠償に関する条項や免責事項について注意深く読みましょう。
コミュニケーション退職代行サービスを利用する際には、会社とのコミュニケーションを適切に行うことが重要です。退職の意思を明確に伝え、円満な退職を目指しましょう。
法的アドバイスもし損害賠償のリスクがあると感じる場合は、弁護士や労働問題に詳しい専門家から法的アドバイスを受けることをおすすめします。専門家の助言を得ることで、リスクを軽減することができます。

退職代行の失敗事例は?

シバッタマン

退職代行の失敗事例から避けるには、業者の信頼性や実績、契約内容の確認、適切なコミュニケーション、法的アドバイスの受け取りなど、慎重な対応が必要となります。

トラブル内容詳細
連絡が取れなくなった退職代行サービスに支払いを行った後、連絡が取れなくなってしまった。
退職代行詐欺にあった退職代行サービスに支払いを行ったが、退職が認められず、退職代行サービス業者から返金されなかった。
会社が退職を認めない退職代行サービスに依頼したにもかかわらず、会社が退職を認めず、即日退職ができなかった。
退職代行業者が倒産した退職代行サービスに依頼した後、退職代行業者が倒産してしまい、退職が認められなかった。
業者が不正な手続きを行った退職代行サービスが、労働基準法に違反するような不正な手続きを行ってしまった。
退職届を提出しなかった退職代行サービスが、退職代行サービスを依頼したにもかかわらず、退職届を提出しなかった。
退職金を受け取っていた退職代行サービスが、退職代行サービスを依頼したにもかかわらず、退職金を受け取っていた。
損害賠償請求を受けた退職代行サービスが、退職代行サービスを依頼した会社から損害賠償請求を受けた。

退職代行でどこまでしてくれるのか?

シバッタマン

退職代行サービスが提供するサービス内容は、業者によって異なりますが、一般的には以下のようなものがあります

弁護士と一般でも下記の差があります。

項目内容弁護士一般
退職届提出退職したい旨を会社に伝える書類です。退職代行サービスに依頼すると、退職代行業者が代わりに退職届を提出します。
退職説明退職したい理由を会社に説明するものです。退職代行サービスに依頼すると、退職代行業者が代わりに退職理由を説明します。
退職手続きの代行退職に必要な手続きを代行するものです。退職代行サービスに依頼すると、退職代行業者が代わりに退職手続きを行います。
有給休暇の申請退職前に有給休暇を取得するための手続きです。退職代行サービスに依頼すると、退職代行業者が代わりに有給休暇の申請手続きを行います。
離職票受け取り退職後に受け取る離職票を受け取るための手続きです。退職代行サービスに依頼すると、退職代行業者が代わりに離職票の受け取り手続きを行います。

まとめ:【退職代行トラブル事例】サービスで揉めるなど失敗例や失敗談

いかがでしたでしょうか。

今回の記事では、退職代行トラブル事例を詳しく解説、また回避するための対策を提案しました。

退職代行を検討しているあなたにとって、適切な業者選びや契約内容の確認、利用する際の注意点を把握することが重要です。

 退職代行でも悪徳業者がいますが、騙されず信頼できる退職代行サービスを選ぶことで、スムーズで安心な退職が実現できるでしょう。こ

これから新たな人生のステージへ進むあなたに、退職代行サービスを活用し、自分にとって最善の選択をしましょう。

退職代行sarabaの無駄なく退職をサポート
【退職代行SARABAの体験談】デメリットは労働組合と弁護士?転職サポート!株式会社ワン

\労働組合NO1の安心料

モームリは、労働組合提携、株式会社による管理のもと、安心安全・確実に退職手続きを代行する退職代行サービスです。料金は、正社員が24,000円です。「今でも全額返金保証か調べてみる

【退職代行トラブル事例】利用したらその後連絡などどうなる?知恵袋

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次