皆様日々で悩んでいる精神疲労を解決するメディアです。

【退職代行介護士】ケアマネや引継ぎ!即日!突然辞める理由

【退職代行体験談介護士】ケアマネや引継ぎ!即日!退職受理されないいできない辞めたい知恵袋

介護士なんだけどなかなか退職ができない退職代行のた体験談を聞きたい

ケアマネージャーになれたけれども激務、もうやめたいけど引継ぎ者がいない。退職代行を利用しようかな。

介護士という仕事も本当に大変なお仕事だと思います。ただ、とても激務な職種であり退職代行を利用している人もふえているようです。

些細な事で婦長と揉めて、 退職代行で辞めた人がいる。 忙しい時でも私の仕事では ないからと手伝ってもくれ なかったナースは、ごく まれにだけど、めったにいな いけど、介護士を下に見てる 人がいるって言う愚痴まぁ他の職場でも頑張ってく ださいな。 #介護士

シバッタマン

今回の記事では【退職代行体験談介護士】ケアマネや引継ぎ!即日!退職受理されないいできない辞めたい知恵袋についてお伝えします。

目次

【退職代行介護士】ケアマネや引継ぎ!即日!突然辞める理由

看護師も退職代行の理由が多いのはなぜ


看護師と言えば、国家資格であり、手に職の一生ものの仕事です。

シバッタマン

介護福祉士は、「社会福祉士及び介護福祉士法」にもとづく国家資格です。

介護福祉士は、同法第2条第2項において『介護福祉士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもつて、身体上又は精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある者につき心身の状況に応じた介護を行い、並びにその者及びその介護者に対して介護に関する指導を行うことを業とする者をいう。』と位置づけられています。

介護福祉士資格は、介護を必要とする方がたのさまざまな生活行為・生活動作を支援し、支える知識と技術を有する介護の専門資格として認知されています。

介護福祉士国家試験は、年1回実施されており、厚生労働大臣の指定を受けた(公財)社会福祉振興・試験センターが試験の実施及び登録の事務を行っています。

介護福祉士の仕事内容について

シバッタマン

介護福祉士の仕事内容は、主に直接体に触れて行う『身体介助』、家事全般のお手伝いをする『生活援助』、要介護者の家族に対して家庭介護のアドバイスや介護用具を使う際の指導などです。その他、介護福祉士には職場のチームリーダーとして『メンバーのタスク管理や指導』といった仕事も求められています。

相手仕事内容
サービス利用者身体介護
着替えの補助、食事の補助、入浴の補助、排泄の補助、ベットからの立ち上がり補助、歩行の補助
生活援助
調理、食事の準備、部屋の掃除、身の回りの整理整頓、洗濯、買い物など
メンタルケア
話し相手になる、レクリエーションなどを催す、近隣住人や他のサービス利用者との交流を促す、介護についての相談や指導、助言など
サービス利用者の家族相談や指導、助言
介護方針の相談、介護用具を使う際の指導、自宅介護での注意点を助言など
介護スタッフチームマネージメント
職場のチームリーダーとして、メンバーのタスク管理やメンバーへの指導、士気向上など

 介護士やケアマネの退職代行を使う理由として引継ぎができないと知恵袋に多い

シバッタマン

YAHOO知恵袋には看護師やケアマネが退職代行を利用してでもやめてしまおうと考えている人が多かったです。看護師といえばとても忙しい職場のイメージではありますが、なぜこんなにおおいのかは後述します。

退職代行について 介護医療院でケアマネージャーとして働いています。 色々あって、先月、4月20日に退職願を出しました。 ただの介護員ではないので、代わりのケアマネが入ってきて引継ぎが終わるまで出勤してもいい、というようなことを言ってしまったんですが、その日以降、事務長や理事長などの態度が豹変し、とても苦痛です。もうすぐ1か月になりますが、代わりの人間は来そうにないので、退職代行を頼もうか考えてます。はっきりいって、さっさと辞めたいんですが、それも無責任というか、代わりに入ってきた人も引継ぎなしでは大変だろうし、そもそもいつ来るかも分からないので、非常にストレスになっています。

引用元:看護師ケアマネで引継ぎができず退職代行(YAHOO知恵袋)

退職代行サービスとはなんなの

シバッタマン

労働者は民法第627条第1項により退職の自由が「期間の定めのない雇用契約について」として認められています。

退職をすることは労働者にとって自由にできることと法律でもさだめられています。

特定の職業や契約社員、公務員などを除けば会社側が拒否は不可能となります。
退職の手段として退職代行を利用することは決してクズではあります。非常識なサービスではなく、世の中にはブラック企業が多い、またはメンタル不調で退職を伝えることができないなど問題もあり、労働者にとって非常に味方になるサービスです。

私もうつ病に何度もなっており、発達障害とわかり障害需要ができず、結果として退職代行を頼みました。

退職代行サービスは、民法によってルールは決められています。
退職に関する民法627条では退職の2週間前に退職を伝えるという旨が記載されています。

第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用元:民法第627条第1項(厚生労働省)

実は退職代行サービスは10年前からあるクズではなちゃんとしたサービス

シバッタマン

最近ニュースなどで話題になり退職代行サービスの認知度や知名度が広まってきたイメージはありますよね。

最近ニュースなどで話題になり退職代行サービスの認知度や知名度が広まってきたイメージはありますよね。

テレビでも退職代行サービスを利用して退職したという特集もくんでおり、身近なサービスで浸透してきたイメージがあります。退職代行サービスはなんと10年以上も前から存在します。

退職代行は、弁護士がおこなっていた業務でした。

弁護士や法律事務所では、残業の未払いや労務的な諸問題を解決するために、労働者に代わって退職の手続きをしてくれたり、会社側に交渉をしていたのが始まりです。

ブラック企業などは、コンプライアンスが守られていない会社が多いため、サービス残業や過度な残業時間、パワハラなど労務に関するトラブルは昔から問題視されていました。

「退職代行」というサービス名ではなかったのですが、内容としては今の退職代行とかわりはありません。
コンプライアンスを守らない会社が存在するため、労働者が気軽に申し込みやすいようにパッケージ化したような感じですね。

新しいサービスのように感じて不安がある方もいるかもしれません。

【退職代行介護】ケアマネ?突然辞める理由

①女性が多い職場環境が複雑で困惑する

シバッタマン

介護職やケアマネージャーは「職場環境が複雑で困惑している人が多い」と考えられます。

介護職やケアマネージャーはここ10年で男性も多く見かけるようにはなりました。看護師はまだまだ女性が圧倒的に多い職業です。

女性が多い職場では、女性が多い職場として、非常に複雑である可能性が高いと考えて間違いないでしょう。

②介護士やケアマネージャーはハラスメントが多い

シバッタマン

「患者からのセクハラやモラハラ、パワハラなどのハラスメントが多いこと」も退職代行業者を利用する理由として考えられると思います。

 病院に来られる患者さんは、お年を召された方が多いでしょう。子どもや働き盛りの方々は、放っておけない怪我や病気のときにしか、病院を利用しないからです。

 お年を召された患者ですが、その方たちが現役世代としてバリバリ活躍していた頃は、セクハラやモラハラのようなハラスメントという概念は、一般的に浸透していませんでした。ですから、何がセクハラで、何がモラハラで、何がパワハラなのかが、なかなか理解していただけていないようです。

一方、そのハラスメントを受ける介護士としては、仕事を辞めたくなる理由になりますよね。

ところが、それを先輩や上司に相談しても、「おじいちゃんだから〜」とか「患者さんだから〜」と言ってまともに請け合ってもらえないことのほうが多いようです。

シバッタマン

看護師に多いハラスメントは下記の通りです。

看護師に多いハラスメント
  • ラブハラスメント
  • マリッジハラスメント
  • マタニティハラスメント
  • パワーハラスメント
  • セクシャルハラスメント

③介護士は残業時間が多い

 看護師さんの退職代行業者の利用率の高さとして、「残業が多いこと」があります。

残業の要因は情報収集・記録が約70%と最も多く、ほとんどの職員が記録などの事務的な作業に時間をとられているようです。

 ケアの準備・片づけ、利用者へのケア・家族等への対応、送迎、会議といった本業務も、始業前に設定・実施されているという実態です。 また、終業後の残業には会議、職場ミーティングが多く見られます。

シバッタマン

介護士も事業所によりますが、下記の理由で残業が多くメンタルが疲れている人が多いと言われています。

介護士やケアマネージャーが残業が多い理由

・業務量が相場よりも多い

・離職率が高い

・介護職員数が少ない

・24時間対応

などが挙げられます。

特徴のある介護事業所では、サービス残業が当たり前になっている場合も。サービス残業のある職場を避けるには、人員体制や労働環境をチェックしましょう。

 

シバッタマン

24時間体制でお世話をしなければならないうえに、上記のように、お世話をする入居者の一部の方の中には、態度が偉そうだったり、暴力を振るったりするような方がいるわけですから、本当に頭が下がる思いしかありません。

介護士が残業時間がふえてしまうでしょうね。

④横柄な人の介護にストレスがたまる

介護士という仕事も本当に大変なお仕事だと思います。例えばかなり高級な介護施設の場合、まるで高級ホテルのような作りになっています。しかも個室がかなり広くバリアフリーもバッチリです。

その高級な介護施設は、男性は元会社経営者や役員レベルの方々でなければ入居できず、女性はその配偶者、もしくは元会社経営者でなければ入居できないほど高い施設でした。

シバッタマン

シバッタマンが驚いたのは、そのように社会的地位のある環境に長く居たためか、入居者男性の話し方が非常に横柄だったことでした。

⑤入居者から介護士やケアマネージャーは暴言を吐かれる

女性入居女性でずっと同じことを繰り返し大きな声で話している方がいました。

 介護士の方の制止を振り切って叩くなどの暴力を振るい、何度も同じことを同じ場所で大きな声で話すのです。

シバッタマン

そんな光景を目の当たりにした私は思わずたじろいでしまいました。ただ、入居者にも介護職員にとっもその光景は日常茶飯事だったようで、どなたも動揺することなく、普通に過ごしている様子が非常に印象的でした。

ところが介護士さんたちは、例えそのような嫌な思いをしても、グッと我慢をして、入居者の食事・入浴・排泄とあらゆる身の回りの世話を手伝わなければならないうえに、入居者はお年寄りですから、体調だっていつ急変するか分かりません。

⑥介護士やケアマネージャーの年収が低い

厚生労働省の令和3年度の「介護従事者処遇状況等調査結果の概要」によると、介護職員の平均給与額は、月額で30万970円とのことですから、住民税などを引くと20数万円が手取りになります。

シバッタマン

介護士の仕事の残業時間や労働の過酷さはお伝えしたと思いますが、仕事内容にもかかわらず、以前より年収上がったとはいわれていますが、この額のお給料で働き続けるのは、とてもメンタルの苦労を考えると厳しいものがあると思います。

20~29歳【月給】19万5000円
【年収】315万6000円
【賞与】78万9000円
30~39歳【月給】25万円
【年収】400万7000円
【賞与】100万1500円
40~49歳【月給】27万5000円
【年収】444万1500円
【賞与】111万500円
50~59歳【月給】23万円
【年収】370万4500円
【賞与】92万6000円
60~64歳【月給】19万円
【年収】306万2000円
【賞与】76万5000円

引用元:令和3年度介護従事者処遇状況等調査結果(厚生労働省)

⑦介護士やケアマネージャーの人手不足で退職ができない

おそらく慢性的な人手不足のため、なかなか辞めさせてもらえないとなると、退職代行の利用を考えるのは当然のことでしょう。

介護士さんで辞めたくても辞めれないって人は「退職代行」もありだと思います。お金がかかるって思うかもしれませんが、バックれて有休使えないことや給料未払いなどは避けたいですからね。数万円払えば正式な手続きで辞めれて、有休も確実に消化できることを考えると最終的にプラスです

【退職代行体験談介護士】ケアマネも引継ぎせず即日退職!引継ぎトラブル回避

引継ぎトラブル

シバッタマン

上述しましたが、引継ぎにたいしてのトラブルがケアマネージャーには本当に多いんですね即日退職を希望する人がおおいのもわかります。

晴れて念願のケアマネとして居宅の仕事に就いた友人についてのご相談です。

前任者が退職するとのことで、求人がでた居宅に友人は一人ケアマネとして就職しました。ケアマネ合格後、「ずっと居宅のケアマネをやりたい」といっていた念願が叶ったのですが、問題は新人ケアマネが引き継ぎでいきなり一人ケアマネで始めるということ。

私は止めたのですが、「求人は経験者ばかりで、チャンスがない。一人でも頑張りたい」と、私に色々教えて欲しいと就職しました。

引用元:ケアマネ引継ぎトラブル

①介護士でもば即日退職も可能で

シバッタマン

2週間前に言えば退職することが可能ですが、そういった法律を知らなかったりする保育士がいます。

メンタルが疲れ切ってしまい考える力がなくなっていったり、子供のことが気がかりであったりすると、退職するきっかけをつかめないままになってしまいます。

ケアマネ退職するときは何カ月前に申告する? 1〜2カ月前に申告するのが一般的です。 突然辞めるのは職場に迷惑をかける恐れがあるため、避けるようにしましょう。 職場によっては就業規則に申告時期について明記されている場合もあります。

退職代行サービスを利用して即日退職に踏み切ることも可能であります。

②横暴な上司や介護者を見ないで即日退職も可能

シバッタマン

退職代行サービスの最大のメリットは、もう横暴な上司や介護者たちと顔を合わせなくて済むことです。有給休暇が充分に残っていれば、即日退職も可能になります。

横暴な上司や介護者が退職代行サービスを利用すると、縁をばっさりと切ることができるので、後ろを向かずにそこを抜け出し、次に進むことができるようになります。

③上司に言いにくいことを退職代行が伝えてくれるので即日退職が可能

シバッタマン

看護師やケアマネが上司に退職することを伝えたとしても、「またこの話か。今度ゆっくり話しましょう」と、真剣に取り合ってくれない職種なのです。

退職代行サービスが代わりに「〇〇さんの退職代行としてお電話しています」と連絡をしてくれば、介護の人も「えっ、どういうこと?」とびっくりして、対応せざるを得なくなってきます。こ

退職代行がはいることで即日退職まで進めることができるようになります。

まとめ:【退職代行体験談介護士】ケアマネや引継ぎ!即日!退職受理されないいできない辞めたい知恵袋

いかがでしょうか。

【退職代行体験談介護士】ケアマネや引継ぎ!即日!退職受理されないいできない辞めたい知恵袋についておつたえしました。

退職代行を利用するのかが、ご理解いただけたと思います。ただ、その退職代行を利用する女性の職種の中でも特に多いのが、介護士になります。

おすすめ① 退職代行Jobs(後払いOKです)

シバッタマン

辞めるんですは、後発ながら7,000件も退職代行実績がある人気のサービスです。


そして、費用も27,000円(税込)とて転職代行サービスの相場より安いにも関わらず下記の充実としたサービスがあります。

特に後払いOKが人気の秘訣です。

 退職代行Jobsのサービス
  • 24時間365日対応している
  • Jobsは弁護士監修なのに27,000円!!
  • 即日退職に可能である。
  • 退職率100%!万が一だが退職できなけれ全額返金
  • 現金後払いOK!!
  • 全国対応全ての都道府県で代行実績あり
  • 有給休暇の無料申請サポート
  • 無制限で相談可能
  • 案件に関わらず追加費用は一切不要
  • 退職が完了するまで期間無制限でフォロー

労働組合であり、顧問弁護士から業務指導も受けています。

デメリット・欠点といえる箇所が見当たらない退職代行サービスとなっています。

項目情報
会社名株式会社アレス
電話番号03-6279-3967
住所大阪府大阪市東淀川区上新庄3-14-12-1202
労働組合合同労働組合ユニオンジャパン
【退職代行体験談介護士】ケアマネや引継ぎ!即日!退職受理されないいできない辞めたい知恵袋

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします

発達障害のため転職経験も多いですIT業界で働いていたので、転職経験についてもお伝えします。

【資格】
Webディレクション資格認定者、Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)など他 IT資格を取得

オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次