MENU

「理解力がない人」のが辛いので診断うける?大人のADHDや病気?

【発達障害】説明が下手や理解力がないといわれてしまう場合の解決方法

ADHDは、「理解力がない人」などの悩みを抱えることがあります。

読解力が低下した理由として、読書習慣の減少が挙げられることが多いですが、それだけではないようです。

日本の教育体制が社会の変化やグローバル化に追いつけていないことや、幼い頃からの家庭・地域環境など、根本的な部分に要因があると言えるでしょう。

また、ADHDの障害特性の影響で、コミュニケーションのすれ違いが起きやすい問題があります。

伝わっていない相手の不思議な表情などを見ることで、説明に自信がなくなります。

今回はそのようなときの打開策として、「説明力改善のヒント」をご紹介します。

まず、なぜ説明が下手なのか、どうして相手に理解してもらえないのか。原因となるポイントをご紹介していきます。

シバッタマン

職場の多くは、コミュニケーションを求められます。そのため、職場においての「報連相(報告・連絡・相談)」がうまくできず、辛い思いをされていませんか?

目次

「理解力がない人」のが辛いので診断うける?大人のADHDや病気?

【発達障害】説明が下手や理解力がないといわれてしまう
【発達障害】説明が下手や理解力がないといわれてしまう

「自分自身の考えや行動に対して過度に自信を持っている」「相手の話をきちんと聞こうとしない」など、プライドが高いことも理解力が乏しくなる原因の一つです。

私達は他者との会話や文献などの外部資料から多くの言葉や物事の仕組みを学びます。

「理解力がない人」といわれる理由①:要点を理解しないまま会話する

相手に「何を言いたいのか」、自分でも分からないまま話しかけることはありますでしょうか。

「相手に答えを出してもらおう」、「相手にうまく引き出してもらおう」としてしまいがちです。

ど「話しかける」ところで意識を向けがちなため、その後の話し方がおろそかになりやすい傾向があります。

とりあえず頭の中にあることをランダムに話したのち、「何が言いたいの?」と言われてしまうのです。

シバッタマン

補足:
全ての物事に“ゴール”を設定する。人生のゴール、今年のゴール、今月のゴール、今週のゴール、今日のゴール。それぞれを設定して更新することで、達成した体験と今目指していることを明確化することに繋がり、相手との会話のネタになったり目的に繋がったりします。

「理解力がない人」といわれる理由②:人と対面に緊張

人前で話すことが苦手な方は実は意外と多いとされています。

人前で話すことに対して「好きだ」という人を、今ご自身の周囲で見つけようとするととても少なく、またそのような方を見て自分と照らし合わせても”その人との共通点”というのはなかなか見つけにくい存在である場合もあります。

そのような状況を、誰にも相談できず、多くの方は「人前での注目されるかもしれない苦手行為」を知らないうちに避けて行動をとってしまう様になるのです。

シバッタマン

補足:
シンプルですが、簡単な方法は場数を踏むことです。最初は緊張しても、反復することで緊張しなくなります。

「理解力がない人」といわれる理由③:喋りすぎてしまう

人の話を聞かず一方的にしゃべる・しゃべりだすと止まらないなど、過度にしゃべることはありませんか。

例えば、喋りすぎ(多弁)と喋らなすぎ(緘黙)は、いずれも「ちょうどよく喋る」「頃合いのやりとり」がわからない、あるいはできないため、喋りすぎたり、喋らなすぎたりになってしまっているのです。

シバッタマン

補足:
喋りすぎても退屈させない話術を習得すれば、長くなっても伝えたいことは伝えられます。
また、喋るのが上手な方はゴールが決まっているので、目標に向かって要点をまとめた短くシンプルな話し方ができるようになります。

「理解力がない人」といわれる理由④:口頭や文章説明に苦手な気持ち

説明や伝達の種類は、主に2つです。

「口頭報告」と「文書報告(メールなどの電子情報を含む)」です。

この2つの方法のメリットとデメリットを簡単にまとめてみました。

【口頭報告】
メリット:思ったときにすぐに話しやすく、相手の反応もすぐに受け取れる。
デメリット:相手の反応によって話し方を変えるなど、臨機応変な対応を求められることがある。内容を事前に準備することが比較的難しい。

【文書報告】
メリット:話すタイミングを考慮せず、落ち着いて内容を整理することができる。
デメリット:相手の反応を見ることができない。発信する段階で結論までまとめなければならない。

このような観点から比較すると、正反対なことが分かりますか?このどちらかが苦手なことで、説明することへの自信を失っていませんか?

シバッタマン

補足:
①文章は、一度声に出して読みます。そうすることで、耳障りの悪い言葉の運びや読みにくい呼吸の運びに気付き、聞きやすい言葉選びや句読点を書けるようになります。

②口頭は、頭の中で映像化をする。画像ではなく映像化する。頭の中でストーリーを思い浮かべて、伝えたい起承転結の“結”から逆算して構成してから、“起”から順に話をする。
そうすることで「わかりやすい」「面白い」話ができるようになります。
以下は、個人的にはあまりお勧めできないです。

【理解力がない のは病気】大人のADHD?対策方法

説明力の解決方法
説明力の解決方法

私たちは人前で話をする上で、「相手がどう感じるのか」といった視点を常に持ち合わせています。

またそのような場面で「失敗したらどうしよう」「悪く思われてしまったらどうしよう」「恥をかいたらどうしよう」といった心配や緊張が生じてしまう事は、実はごく自然なことでもあります。

最初から最後までの話がきちんと聞けないのも、理解力がない特徴として挙げられます。

まだ話の途中でも、自分の中で勝手に「こうだろう」と結論づけてしまい、まっすぐに相手の話を受け止められません。 そのため、気がつくと部下が取り返しのつかないほど見当違いな方向に仕事を進めてしまっている、なんてことも出てくるのです。

理解力がない のは病気?大人のADHD

ADHDは先天性の脳機能障害で、環境とのミスマッチによってさまざまな生きづらさや社会生活での支障が出ます。

今、生きづらさに直面し悩んでいたり、生活に支障が出るほど困っていたら、まずは自分がどのような症状に当てはまるのかを調べて支援機関や病院に相談に行ってみましょう。

症状や特性はさまざまで、困りごとや状況も一人ひとり異なります。しかし特性についてよく知り、その人に合わせた環境を整え工夫を重ねれば、困りごとを軽減することはできます。また自分に合った働き方や仕事に出会い、得意なことを生かし働いている発達障害のある人もいます

シバッタマン

「話し上手・説明上手なんて、発達障害にはできるわけがない」
そうして諦めていませんか?大丈夫です。ちょっとした工夫をするだけで、相手の「?」な表情をなくしていくこともできます。

そしてそのような心配や緊張を軽減するために、私たちは「準備や練習」を行って対処をしようとするのです。

【理解力がない のは病気】大人のADHD?対策方法①:双方の意思を伝える努力

双方の意思を伝える努力とは「対人的なやり取りにおいて、お互いの意思疎通をスムーズにするための能力のこと」です。

 家庭、学校、職場、社会といったあらゆるシーンで、他人との人間関係を円滑に構築するために非常に重要な能力であることは間違いないでしょう。

企業活動においてコミュニケーション能力が重要度の高い能力と捉えられていることがわかるでしょう。

コミュニケーションの手段には、大きく分けて2つの表現があります。

バーバル表現 言語を使用する
・ノンバーバル表現 非言語による

どちらもコミュニケーションの手段として日常的に用いられる表現ですが、改めてどのようなものなのか、概要を確認しましょう。

シバッタマン

補足:
「双方の意思を伝える」ことは不可能です。できるのは“こちらの意思を伝える”ことだけです。相手側の意思を100%認識できていないと伝えることはできません。
つまり、ここで必要なのは“意思を伝える”ことよりも“相手の意見に耳を傾ける”ことです。

バーバル表現

言語を使用する「バーバル表現」は、

  • 口から言葉を発し、相手と会話をする
  • 耳で言葉を聞く
  • 文章を書く
  • 文章を読む

などが該当します。

社会や人と人との間で交わされるコミュニケーションのほとんどは言葉を用いて行われています。ここからバーバル表現は非常に重要な役割を担っているとわかるでしょう。

ノンバーバル表現

非言語の「ノンバーバル表現」には、

  • 視線を送る
  • 表情から読み取る
  • ジェスチャーで伝える

などが該当します。

言語の違いから「言葉での表現は通用しなかったがこの表現で乗り切った」という話も耳にします。「バーバル表現」より主観的・抽象的にはなりますが、コミュニケーション手段としては有効です。

【理解力がない のは病気】大人のADHD?対策方法②:メモなどで説明する

大人の発達障害、特に、ADHD(注意欠如・多動性障害)の困りごとの一つに「物や用事を忘れてしまう」ことが挙げられます。原因は、ADHD の脳の特性であるワーキングメモリーの弱みにあると言われています。

脳の一時的な記憶の置き場・作業場であるワーキングメモリー機能が弱いと「考えたことを一時的に頭にとどめたまま、他の作業をする」ということに困難さがあります。

  • さっきまで使っていた物をどこに置いたのか、別の作業を始めたら忘れてしまった
  • さっき口頭で何か頼まれたのに、別の人に話しかけられたら頭から抜け落ちてしまった

日頃からメモ帳を「身に付ける」ことで、物や用事を忘れてしまうことを防ぐことが必要かもしれません。

シバッタマン

補足:
メモを多用すると、紙とペン無しにはものが伝えられなくなります。例えば、仕事や勉強においては、視覚資料があると組織やビジネススキームやビジョンなどが図解によってわかりやすくなりますが、逆に口頭で伝えられることまでメモを使うようになると、“こどものおつかい”のように見えてしまいますし、それが強い言い方をすれば“馬鹿”に見えてしまうことにも繋がりかねません。

【理解力がない のは病気】大人のADHD?対策方法③:話す内容をリスト化する

「あなたが関心を持つことができていない、けれど覚えておかなければならない作業」については、できるだけリスト化することをオススメします。

その上で、「何かに没頭した後は、ひとまずこのリストを読み返す」などのルールを定めておくとよいでしょう。

そうすることで、一度は忘れたとしても、思い出すことができます

また、アスペルガー症候群の人は、口頭での説明よりも、リストや手順表など、目で見て確認できる媒体の方が理解しやすい傾向にあります。

そういった意味でも「徹底的にリスト化する」というのは、忘れっぽいアスペルガー症候群の症状を持つ人にとって、有効な仕事術の一つです。

【理解力がない のは病気】大人のADHD?対策方法④:職場で伝えやすい方法を依頼

一点集中型のアスペルガー症候群の人は、他のことに集中しすぎる特性自体が忘れっぽさにつながるため、忘れないように心がけていたとしても、自身のみで対応をするには限界があります。

それゆえ、前にも述べたとおり、「一度は忘れても思い出せるようにすること」が大切です

そう考えたときに、「身近な人にリマインドしてもらう」という仕事術は、単純ではありますが、理にかなった方法と言えるでしょう。

日常的なことは家族や支援者に、業務のことは同僚にリマインドをお願いしましょう

忘れたまま放置となるよりは、「リマインドしてもらえると助かります」とお願いされた方が、周囲の人も安心してフォローできるはずです。

シバッタマン

補足:
私自身、バックアップは妻に依頼をしますが、例えば社内業務しかしない職務なら通用しますが、お客様や取引先様相手にはそのお願いができません。
普段から甘えてしまう癖をつけてしまうと、いざという時や大事な場面で大きな失敗をすることになりかねません。自分の理解と相手の理解の中間を探す努力が必要です。
最近はカレンダーアプリも優秀ですから、必要なら自分のToDoを通知設定付きの予定で登録すれば、自己完結で自分自身をフォローアップできるようになります。

【理解力がないのは病気】大人のADHDと感じたら診断を受けてみる

シバッタマン

もしあたなが生きづらさに直面し悩んでいたり、生活に支障が出るほど困っているとします。自分がどのような症状に当てはまるのかを調べて支援機関や病院に相談に行ってみましょう。

一般的な会話の理解力は、集中力と関係があると思います。

早口で長時間話されしまっては集中力が持ちませんよね。

もう少しゆっくり話してもらったらいかがでしょうか。

 あるいはゆっくり本を読んでみてはどうでしょうか。

あなたの文章は筋が通っていますし、気持ちを伝える味がありますよ。

それ程問題は感じられないのですが 皆自分の能力には不満があります。

ただ、心配ならカウンセリングは受けられてみても損は無いと思います

理解力がないのは病気でADHDと感じたら診断を受けてみる

症状や特性はさまざまで、困りごとや状況も一人ひとり異なります。

特性についてよく知り、その人に合わせた環境を整え工夫を重ねれば、困りごとを軽減することはできます。

また自分に合った働き方や仕事に出会い、得意なことを生かし働いている発達障害のある人もいます。発達障害のある人は、さまざまな障害者福祉サービスを受けられる可能性があります。障害の程度や状況によっては、障害者手帳を取得できます。生活上の困りごとを軽減する支援や、働くための支援、経済的な支援制度もあります

診断を受けてけっか支援制度があります

自立支援医療(精神通院医療)
障害福祉サービス(障害者手帳を取得した場合)
就労支援制度
障害者雇用制度(障害者手帳を取得した場合)
障害年金 

まとめ

役立つ情報はあったでしょうか?

繰り返しにはなりますが、発達障害は脳の機能の偏りに由来しますので、忘れっぽさそれ自体を克服しようとしても限界があります。

それよりは、忘れてもカバーできるような仕組みづくりを考えることが重要です。特に、物事を本当に「忘れた」場合には、あなたひとりの力で思い出すには限界があります。

そのため、周囲の人や身近な道具に頼るという姿勢を持つことがとても大切です

【発達障害】説明が下手や理解力がないといわれてしまう場合の解決方法

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします
オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次