MENU

発達障害の人間関係リセット症候群?【ADHDやアスペルガー】

アスペルガーは人間関係リセット症候群?本当に人間関係が長期的に続かない?

アスペルガー症候群は発達障害のひとつで、コミュニケーション能力などに偏りが見られるといった症状があります。人間関係の構築に苦手意識を持っていると、周りとの関係構築に悩みますよね。

相談者

学生のころから同じグループに所属することはなかったな。発達障害だったからなのかといまさらながら思います。

では、なかなか人間関係が続かない人はどういう対策が必要なのでしょうか?

アスペルガー症候群は、「対人関係の障害」「コミュニケーションの障害」「パターン化した興味や活動」の3つの症状がある発達障害のひとつです。

アスペルガー症候群の原因は、はっきりとは解明されていません。先天的な脳の機能不全が原因であると考えられていますが、脳の機能不全が起こる理由も不明です。

シバッタマン

その生まれつきの脳機能の発達のアンバランスさ・凸凹(でこぼこ)と、その人が過ごす環境や周囲の人とのかかわりのミスマッチから、社会生活に困難が発生すると考えられています。

  • 「人間関係がなかなか続かなくてどうすればいいか分からない」
  • 「続かない人間関係をなんとかしたい」
目次

発達障害の人間関係リセット症候群?【ADHDやアスペルガー】

アスペルガーは長く人間関係が築けないとは?

まずは、人間関係がうまくいかない人の特徴を把握しておきましょう。症状の現れ方は人によりさまざまです。

  • ひとりでいることを好む「孤立型」タイプ
  • 積極的に人と関わろうとする「積極奇異型」タイプ
  • 他人からのアクションがあれば応じるが自分からは積極的に動かない「受動型」タイプ
相談者

ひとりでいることを好む「孤立型」タイプだったり積極的に人にかかわろうとしてた場合び両方があるかも

知的障害がなく表面上のコミュニケーションには問題が生じにくいため、外見からはこれらの障害が分かりにくい傾向があります

その結果、アスペルガー症候群のある人は「無神経な人だ」「常識のない人だ」と誤解されやすく、本人が孤独感や疎外感を抱くことも少なくありません。

そのため、人間関係が続けられない人の共通点を理解しておく必要があります。

  1. 自分の本音を言わない
  2. 社交性が高い人が多いが相手のことを知ろうとしない
  3. 管理や継続することが苦手
  4. そもそも性格が合わない人といる
  5. そもそも性格が合わない人といる
  6. 相手のことを知ろうとしない

発達障害の人間関係リセット症候群の対処①:自分の本音を言わない

あなたが本音を言わない限り、相手も遠慮してしまいます。

もちろんあなたにもストレスがかかるので、まったくいいことはないでしょう。

  • YESともNOともとれない曖昧な返事
  • 波風の立てない主張やプレゼン

こういったことを続けていても、相手から信頼されることはないはずです。

発達障害の人間関係リセット症候群の対処②:社交性が高い人が多いが相手のことを知ろうとしない

ADHD(注意欠如・多動性障害)は発達障害の一種です。 特徴として落ち着きがない反面、活動的な一面もあります。これによりアイディアや表現が豊かな強みがあります。

その影響で、社交性の高い方が多いことがあります。しかしながら、その関係を長く続けることが苦手なことで、困っていることもあるのではないでしょうか。

相手のことをきちんと知らない状態では、信頼関係は構築できません。

相手の表面を知って満足しているようでは、相手もあなたのことを知ろうとはせずに互いに深く踏みこめないものです。

  • 自分のことばかり話す
  • 自分の話が終わればすぐに会話を終わらせる
  • 相手の話を聞くときはいつも適当に相槌するだけ

発達障害の人間関係リセット症候群の対処③:.管理や継続することが苦手

ADHDが持つ「注意力の欠如」「多動性」により、一つの物事を管理することや継続することが苦手です。同じことを続けることを退屈になりやすい傾向があります。

そのため必要なことであったり、優先的に行うことであったりしても、続けることを止めてしまう可能性が出てくるのです。

それでは、ADHDを持つ方はどうして人間関係が続かないのでしょうか。

発達障害の人間関係リセット症候群の対処④:そもそも性格が合わない人といる

そもそも価値観や感性が真逆すぎても人間関係はうまくいきません。

少しくらいの意見の食い違いがあることは問題ありませんが、根底にある性格などが違うと苦しいものです。

以下のような関係です。

シバッタマン

こういった180度違う人との関わりあいではどちらか片方がストレスをためる原因になりがちです。

  • 自分は時間に多少ルーズだけど、相手は時間にきっちりするタイプ
  • 自分はアウトドアで活発に活動したいけど、相手はインドアで読書などがしたいタイプ

発達障害で人間関係リセット症候群で人間関係が続かない理由2選

アスペルガーが人間関係が続かない理由
相談者

普段は気にすることができていても、にふと行動したことで、関係が壊れてしまうケースがあります。例えば下記の場合です。

○飲酒の席など、気が緩んでいるとき
○怒りや歓喜など、興奮した感情に任せているとき
○無理に事実以上の表現をしようとするとき
○生活や精神的にゆとりがないとき

発達障害の人間関係が続かない理由①:広く浅い関わりが多い

社交的な特徴と上記の飽きやすい傾向があると、「広く浅い」関係になりやすいです。やり取りの負担が増えるため、一人一人のコミュニケーションが希薄になる傾向があります。情報の管理や整理ができていないと、誰が誰なのかも覚えられなくなってしまいます。

そのため、連絡や関わりの少ない人と「いつの間にか関係が終わっていた」ということもあったのではないでしょうか。

発達障害の人間関係が続かない理由②:基本的なマナーを守れていない

失礼なことを言ってしまう、約束の時間を守れないなど「マナー」を守れないことで不満を持たれて相手が離れていってしまうケースです。

発達障害の人間関係リセット症候群でも仕事上ではどうしても長くつきあう

仕事上ではどうしても長くつきあう

人間関係の問題は、プライベートの付き合いでは自分以外の影響が少ないです。

しかし、職場や仕事上の関わりは、そうはいきません。

中でも取引先などの外部の方とやり取りをする仕事であれば、人間関係が企業の経営にも関係してくる可能性もあるのです。

社内の関係でも、「飽きたから関わらない」という人ともやり取りをする機会があります。

したがって、「人間関係を長く保つ工夫」をしていく必要があります。

では、良好な人間関係を保つにはどのような方法があるのでしょうか。

発達障害の人間関係リセット症候群でも良好に長く人間関係を築くための改善法

大人になり就職すると、創意工夫や臨機応変な対応を求められる場面が増え、人間関係もより複雑になります。それに伴ってコミュニケーションも難しくなるため、アスペルガー症候群の症状による困りごとが顕著になりやすいと言えます。

シバッタマン

じような症状や特性のある人の具体的な悩みや困りごと、対処法やどんな風に仕事や生活しているかを調べてみても良いでしょう

発達障害の人間関係リセット症候群の改善方法1、継続できるコンディションを保つ

ADHDの「落ち着きのなさ」は、先天的な脳神経の働きによるものです。これを緩和するのが医師から処方された「服薬」です。服薬によって集中力を高めたり、維持したりする効果があります。

したがって日ごろから自分が集中できるかどうか、「コンディション」をチェックしていく工夫をしていきましょう。もしうまく集中できない、気が散りやすいと感じたら医師に相談するようにしましょう。薬の容量や用法を調整することで、改善されるかもしれません。

また、自分自身でも集中力を保つ工夫をすることも効果的です。

発達障害の人間関係リセット症候群の改善方法2、自分の許容量を超えて、多くの人と接しない

沢山の人と関わることは良いことです。しかし、それはあくまで「関わる人たちと向き合えていれば」の話です。SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)などの友達の感覚で関係を増やしていくと、許容量を超えてしまうことがあります。

これにより一人一人の関わり方が薄くなる・雑になりやすいばかりか、抱えきれないことで、あなた自身のストレスにもなりかねません。

公私含めて自分が関われる「人の許容量」を知り、ストレスをためない工夫が必要です。したがって本当に自分が関わりたい人だけと接していき、接する人を増やし過ぎないようにしていきましょう。

発達障害の人間関係リセット症候群の改善方法3、相手への礼儀を保つ

どんな心理状態であっても、相手への礼儀を保つ「注意力」がないといけません。どんなに自分が辛い状況であったとしても、関係のない人にぶつけては相手を傷つけてしまいます。そのためには、常に自分の感情をコントロールしていかなければいけないわけです。

その場の感情に任せてつい失礼なことを言ってしまう、約束の時間や予定を忘れてしまうなどのミスがないように心がけましょう。

まとめ:発達障害の人間関係リセット症候群

人間関係を良好に保つ工夫についてお伝えしてきました。しかし、反対に孤立してしまう場合や、気を遣い過ぎて適応障害になってしまうケースもあります。

関連記事:【発達障害 得意なことがない見つけ方】やりたくないことを書きだす!ADHD

アスペルガーは人間関係リセット症候群?本当に人間関係が長期的に続かない?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします
オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次