MENU

アスペルガーは文章力が書けない?主語がない特徴!大人

発達障害文章能力

大人の発達障害やADHDで文章をかけないと嘆いている人もおおいのでしょうか。

この記事における「文章力」とは、「文章を読んだ人が書いてある内容をスッキリと理解できること」と定義します。

リワークセンターに通っていたころですが悩みとして下記のようなことを取り上げている人もいました。重度か軽度か後は文章が苦手なタイプのアスペもいます。ですのでアスペルガーだから文章が苦手ということはないかと考えられます。

私の彼はずっと文章が上手いし、文面を見ても全く問題ない。

問題ないと言うより、人に対して配慮があり、気遣いがあり、素晴らしいと思うような文章です。 .

普通に質問とか書けないと思います。

アスペルガーの人は書く、読むことに問題ないですか? それなら私の彼はアスペルガーではないと思ったりします。

目次

アスペルガーは文章力が書けない?主語がない特徴!大人

大人のアスペルガーやADHDで文章が書けない人の3つの体験談や特徴

体験談①:丁寧に説明してしまう

私はアスペで症状は物事を丁寧に説明し過ぎる所があります。例えば6と言う答えを出すのに健常者の方は2×3=6です。

私の場合

私は2+2+2=6と言うやり方でしか6を出せません。文章も同じで健常者の方のように端折って話したり文章を書く事が苦手です。

丁寧に物事を考えてしまうことが原因であり、余分な文章があったと感じました。

文章においても丁寧に説明し過ぎる症状も健常者の方から見れば発達障害者となるようですね。1000文字では足りない事もあります。誤字脱字があるので短かめの文章を書けるよう文章力アップのために回答しているのもありますね。

体験談②:スピードがはやい

普通ではあり得ないスピードで読みやすい文章を書いて行く能力があるからということでアスペルガーと診断されている人もいました。

Aさんの場合

アスペルガーではないかという「疑い」の診断を出した医師がいうには、言語能力が飛び抜けていると言いました。

ふだんのコミュニケーション能力からは考えられないくらい文章を書く能力があるというんです。

幼いころにおはなしのカセットをこもりうたがわりに毎晩聞いていた影響が強いようです。

必ずしもコミュニケーションできないから、文章能力も低いとは限りません。 むしろ、あたしのように逆に文章を書く能力だけがやたら高いアスペルガーもいます。

書くのは得意であり、ただ言葉をあまり知らないため、難しい言葉はあまり使いません。

でも、他の人なら使わないような独特の言い回しを使うことはあるみたいですね。

体験談③:電話でメモがとれない

発達障害と方々が違和感を感じるのは社会人のなり始めです。入社したときに任される仕事の一つとして電話番があると思います。

Cさんの場合

「お客さんと電話で話していたんですが、メモを取ろうとしても全くとれなかったんです。話をしていると文字が書けない。文字を書こうとすると話が耳に入ってこない。電話番くらい普通にできると思っていたので、ショックでした

大学時代に講義をノートにとることは全く問題がなかったためショックをうけたようです。しかし上記のCさんの場合は社内のプレゼン大会では副社長賞をとったりまします。

ただ、どうしてもメモがとれないため心療内科に相談したところ、発達障害が発覚した例があります。

特徴①:文が長すぎる

文章力がない人は、100文字、200文字を句読点だけでつなげようとします。

文章が長くなると、読み手は前半部分を忘れてしまう傾向があり、趣旨が伝わりにくくなります。それに、読み返す頻度が多くなり、読み手に使わせる時間が多くなります。

改善方法
1.50文字程度でいったん文を終わらせる
2.100文字程度の文章なら、2文に分けて書く

アスペルガーは文章力が書けない?主語がない特徴!大人コツ6の紹介

大人のアスペルガーやADHDの方がうまく文章を書くコツ6の紹介

健常者でも文章が苦手な人は多いです。そのなかでもコツをつかめば文章は得意になると思います。

コツ①:文を短くする

文章力がない人は、100文字、200文字を句読点だけでつなげようとします。

文章が長くなると、読み手は前半部分を忘れてしまう傾向があり、趣旨が伝わりにくくなります。それに、読み返す頻度が多くなり、読み手に使わせる時間が多くなります。

改善方法
1.50文字程度でいったん文を終わらせる
2.100文字程度の文章なら、2文に分けて書く

コツ②:主語と述語が一致させる

日本語は主語と述語があって成り立つもの。文章力がない人は、このことをしばしば忘れています。特に一文が長くなってしまった場合は要注意です。

改善方法
1.書いている最中も主語と述語を意識
2.書き終えたら3回は見返す

コツ③:詰め込み過ぎない

文章力がない人は、話題があっちこっちに行き、「結局、何が言いたいの?」となることがよくあります。

改善方法
1. 書く話題はひとつに絞る

2. 読み手の気持ちになって文章を作成する

コツ④:論理破たんを起こさない

文章力がない人は、論理破たんに気づきません。文章は論理を積み重ねるもの。「しかし」や「つまり」を多用する人が見受けられますが、後に続く内容が論理的ではありません。

改善方法
1. 接続詞の使い方を復習する

2.急がずゆっくり書く

コツ⑤:読み手を意識しすぎない

文章力がない人は、読み手が誰か十分に理解していない傾向にあります。そのため、いつも同じ表現に終始し、ボキャブラリーも増えません。

極端な例ですが、読み手が上司と小学生では言葉遣いが自ずと違ってきます。TPOに合わせた表現が身に付くと「わかりやすさ」が飛躍的にアップします。

改善方法
1. 書く前に読み手を確認する

2.急がず読み手のレベルに合わせた言葉遣いを心がける(特に専門用語)

コツ⑥:「こそあど言葉」を多用しない

「詰め込み過ぎ」の文章は好ましくないと先ほどお伝えしましたが、だからといってあまりにも「言葉足らず」だと、読み手が内容を正しく理解できないことも。

改善方法

1.「読み手もわかるだろう」と勝手に判断し、説明を省かないよう注意する。

2.出来上がった文章を、言いたいことが正確に伝わるかを意識しながら読み返してみる。

アスペルガーは文章力が書けない?主語がない減らすツール(ブンケン)

大人のアスペルガーやADHDの方におすすめの編集・校正力のツール(ブンケン)
大人のアスペルガーやADHDの方におすすめの編集・校正力のツール(ブンケン)

アスペルガーやADHDの方におすすめのツールをご紹介します。

校正ツールは、誤字脱字や言葉の誤用、重複表現などさまざまな項目をチェックし、正しくて読みやすい文章の作成をサポートしてくれます。
人の目だけでは気づきにくいミスを指摘してくれるので、文章の精度を効率的に高められるのです。

校正ツールは、インターネット上で使用する「クラウド型」と、PCにソフトをインストールする「インストール型」に大きく分けられます。
無料のものから有料のものまで、種類が豊富で、ツールごとに強みも異なります。

私の場合

ブンケンを利用して文章能力をあげることができました。上司に怒られてつらい毎日ではありましたがツールでストレスが解消するのであれば利用しようと考えました。

まとめ

必要なときはツールなど援助を受ける。また、文章の特徴を把握しスキルを磨くこようにする。文章への苦手意識は払拭されるものだと考えます。

発達障害文章能力

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします
オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次