発達障害者はブロガーやアフェリエイトで稼ぐのは向いている?方法は?YMYL?SEO上位表示【ADHDやASD】

発達障害者は在宅でブログやアフェリエイトで稼ぐのは向いている?方法は?YMYL?SEO上位表示【ADHDやASD】
相談者

発達障害があり、学校では当然のようにイジメられて中退してしまった。人間関係がうまくいかず鬱病になり離婚をしてしまった。

二次障害の鬱病で働けないという人も多いです。

発達障害者の困りごとって挙げればキリがないほどありますが経済的に困っているという人は定型の人よりも多いはずです。だって普通に働きたくても空気読めなくてすぐクビにされるし障害者枠で働こうにも精神障害は雇ってもらえない。

ブログは働き方改革にもなりますし、今後はもっと注目があびるとおもいます。正確にはWEBマーケティングという分野の一つです。

相談者

就労支援B型なんて時給が100円とか200円。二次障害の鬱病で働けないという人も多いです。

目次

発達障害者は在宅ワークでブログやアフェリエイトで稼ぐのは向いている?方法は?YMYL?SEOで上位表示【ADHDやASD・アスペルガー】

発達障害者は在宅ワークでブログやアフェリエイトで稼ぐのは向いている?方法は?YMYL?SEOで上位表示【ADHDやASD・アスペルガー】
発達障害者は在宅ワークでブログやアフェリエイトで稼ぐのは向いている?方法は?YMYL?SEOで上位表示【ADHDやASD・アスペルガー】

人によっては月に何百万も稼ぐ事が出来たり、この方法1本で生活する事も出来るとは思います。

怪しいなと思ったらやらないほうが良いと思うけど、やらずに後悔よりやって後悔したほうが良いよ!

ネットで調べたら評判が出てきて、良いとか悪いとか色々書かれていますが</p><p>個人的には良かったと思えましたので、今回ご紹介することにしました。

発達障害者はアフェリエイトやブログに向いている?

シバッタマン

「普通の事が普通に出来ない」発達障害者だからこそ「普通じゃない事をした」ほうが成功するんじゃないんですかね。

アフィリエイトで稼ぐなんて普通じゃないですよね。

だからこそ、普通じゃない事をするほうが発達障害者は出来る可能性は高いんじゃないでしょうか。パソコン1台とインターネット環境があれば大丈夫なので、在宅で仕事が可能です。

働こうにも、近所に店がない田舎者には助かります。誰かと直接話す必要はないですし、やり取りするとしてもメールやチャットの文字だけ。

空気が読めない、天才肌の発達障害にとっては人と話す必要がないというのは物凄くありがたいことです。

いずれにせよ副業で始めたこのブログですが、「新卒の初任給を超える」を達成できることは可能です。その他にもブログは一度構築すれば資産となりますので、副業で稼ぐことも可能となります。

障害雇用は給料が安いし、精神に関しては職業が少ない

障害雇用は給料が安いし、精神に関しては職業が少ない
シバッタマン

私も大企業には働いてたのですが発達障害となり特例子会社を勧められました。ただ、その特例子会社は身体障害者が多く発達障害者にとってはとても地獄のような仕事です。
それだけ会社には発達障害には理解がありません。それであれば、人と関わらない仕事でアフェリエイトやブログをしたほうがよいです。だってそちらのほうが稼げますもん。生活のためです。

普通の仕事はまず続かないし、とんでもないミスをやらかしてきたし、障害者雇用を選ぶとなるとどうしても給料が安くなってしまいます。

それがブログの場合は、発達障害がハンデにならないどころか、むしろ武器になったなと思います。自分に自信がわいてきます。自信を持って言えます。ブログはハンデが全く関係ない世界です。

むしろハンデがある人、過去に苦労した経験のある人の方が、心を込めた記事を書けるのではないかと思います。

ブログで結果を出している人は、過去に自分が苦労した経験について書いている人が多いからです。私の尊敬しているブロガーさんたちを見てもそうです。

なぜ苦労した経験があると有利なのかと言えば、悩みごとはネットで調べる人が多い時代だからです。

そうやって悩んで調べて情報を集めようとしている人たちのために助けになれる記事を書けるのは、実際に過去に同じような苦労をして乗り越えた経験のある人です。

なので何かしらのハンデがあると言うのは、ブログにおいてはアドバンテージだと思います。

ただブログだけを仕事にするのはやめる

ただブログだけを仕事にするのはやめる
ただブログだけを仕事にするのはやめる

「20万円も稼げたらもう働かなくていいじゃん!」と言われたのですが、私は、ブログを本業にするつもりはありません。

もし今後ブログで月100万円稼げたとしても、ブログ1本の生活にはしないと思います。

なぜかと言うと、ブログの収入は波があって不安定だからです。ブログに限らず広告収入全般がそういう性質なのですが。

ただ、ブログというのはWEBマーケティング知識、WEBのシステム技術力、文章力など様々なスキルがみにつきます。その仕事をフリーランスで稼ぐことは可能です。

発達障害者はプログラマーやシステムエンジニア(SE)・フリーランスエンジニアにむいていない?【アスペルガーやADHD】

発達障害のデジタルマーケティングやWEBエンジニアに向いてない・向いている?体験談【ADHDやアスペルガー】

発達障害系の記事はYMYLなので稼ぐのは難しい?SEOで上位表示がむずかしい

YMYLって何?

YMYLとは「Your Money or Your Life」の略語で「読者の健康や幸福、お金、安全に影響を与えるジャンル」を指す用語です。SEOという検索エンジンからサイトに訪れる人を増やすことで、Webサイトの成果を向上させる施策がとても難しい分野ではあります。。

要するに「読者の人生に与える影響が大きいジャンル」ということで、専門家が書いた明らかに信頼できる記事でないとGoogleの検索上位に上がらないようになっています。

YMYLに含まれるジャンルでは検索結果からの読者の流入が厳しいのは間違いありません。

医療:健康、薬、病気など

・金融:株式:FX、保険など

・法律:離婚、裁判、遺言など

・時事問題:国際問題、政治など

つまり発達障害はYMYL分野の医療にかかわる分野であります。発達障害だけにかぎって書くと上位表示が難しいかと思います。

シバッタマン

発達障害とわかって仕事の面や生活の面で色々と学んだことがあると思います。とくに健康、薬、病気だけにこだわる必要はありません。
「ダメだったら次のジャンルを試してみよう」くらいの気持ちで取り組んでみましょう。
いくつかのジャンルに取り組んでみて、成果が出始めるジャンルがあったらその分野に特化したブログにシフトしていくことをオススメします。

まとめ

私の経験上、SEOで上位表示しやすい分野も発信していこうかなと考えています。

発達障害者は在宅でブログやアフェリエイトで稼ぐのは向いている?方法は?YMYL?SEO上位表示【ADHDやASD】

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします
オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる