MENU

ADHDは工場のライン仕事は向いている?向いていない?アスペルガー

ADHDは工場のライン仕事は向いている?向いていない?アスペルガー
シバッタマン

ASDの人の特性は、大人数で行動する事を苦手としたり、冗談が通じない、空気が読めないと言われたりすることがあります。

どのような仕事にも人間関係はありますが、他人と接する事が多くマニュアル通りにいかない仕事は向いていません。

・他人とコミュニケーションを取るのが苦手

・社会的な通念や空気感、表情から読み取ることが苦手

・こだわりが強い

目次

ADHDは工場のライン仕事は向いている?アスペルガー

ADHDは工場のライン仕事は向いている?アスペルガー
ADHDは工場のライン仕事は向いている?アスペルガー

ASDの方の場合、向いている職業は「他人と多くコミュニケーションを取る必要のない仕事」だと言えます。

また、ASDの人の特性として、1つの物事に抜群の集中力を発揮できるという特性もあります。

同じ作業を繰り返すのが苦にならない人は多いと思うからです。

また過度なこだわりもプラスに働きます
ライン作業では前工程の人が仕様の違う部品を取り付けて流してもぼくの場合すぐに気づけます。ラインが止まらなければとにかくしゃべらなくて済む。

シバッタマン

この特性を生かした仕事に就くことがおすすめです。例を挙げると、同じことをコツコツと続ける工場のライン作業も向いています。

工場のライン作業とはどのような仕事?

ライン作業とは、正式にはライン生産方式と呼び、製造現場においてひとつの製品を大量に生産することを目的として行う流れ作業のことを指します。

ライン作業は長時間同じ作業をミスなく同じペースで作業しなくてはいけないので実はものすごく大変です。集中力が必要です。

具体的には、ベルトコンベアを流れる製品や部品に対して、複数人で加工や梱包などを行います。その特徴を簡単に紹介します。

  • リスト扱う製品は食品から乗り物まで工場によってさまざま
  • 「組み立て」「加工」「検品」「梱包」など複数の工程がある
  • 配置される部門によって作業内容は異なる
  • 軽作業から力仕事まで幅広い
  • 専門性が求められない作業では、高校生からシニアまで活躍できる

勤務時間は?

AM
08:00 出勤
08:30 朝礼
08:40 作業開始
11:00 小休憩
11:10 作業再開
12:00 昼休憩

PM
13:00 作業再開
14:00 小休憩
14:10 作業再開
17:00 終業

食品系の業界

食品系は、スーパーやコンビニ、イベントで大量に必要となる場合などの食品関連の商品を扱います。

食品をパックや袋に詰めるだけでなく、原材料の確認や食肉加工というように業務の幅は広いのです。

人の口に入るものを扱う業界なので特に衛生面には注意しなくてはならず、細かいことに気が付く方や普段から清潔であるように心がける必要があります。

また、食品加工や袋詰めなどであれば、料理が好きな方や手先が器用な方に向いているといえます。

機械系の業界

自動車や家電製品、電機機械などを扱っていて、組立や機械加工、検品のような業務が多いのです。

機械系は細かい部品や組立の正確性が問われる繊細な業務がある一方、大きな部品を扱う場合は立ち仕事で力が必要となることがあります。

作業が細分化されている商品は工程も多く、それだけにライン作業が必要とされている業界だと言えます。

精密な作業を必要とするので、小さなホコリや気温を気にする商品もあるため、扱っている商品によっては空調が完備されていて職場環境が良いところもあるのです。

化粧品系の業界

化粧品は、人の肌に触れる商品なので衛生面で気を遣うことが多いのですが、小さいものが多くあまり力を必要としないので人気の業界です。

また、化粧品と聞くと女性もののイメージがあるかもしれませんが、男性用の整髪料や化粧水なども含まれています。

ただ、衛生面の問題で化粧や髪型などを指定されることもあるため、仕事を決める前に身だしなみで気を付けることや禁止されることを確認しておきましょう。

ADHDの工場のラインで向いていないことといえば?

ADHDの工場のラインで向いていないことといえば?
ADHDの工場のラインで向いていないことといえば?

人間関係



悩みごとや相談ができる同僚もいないですし。でも障がい者枠で入社したらホウレンソウができないということで叱られることはないです。

シバッタマン

工場での人間関係は良いとはいえません。ホワイトカラーで勤務していたかたも休み時間の会話の内容があわなくて嫌になる可能性もあります。ただそれは自分が仕事として割り切ればよいので基本は良い人が多いですね

単純作業ができない

ADHDの方は会社経営と投資業を仕事にしています。手順やルールを守らなければ自分に危険が及ぶ場合もあり、常に注意を払って作業を行う必要がありました。

意を払って作業を行う必要がありました。

慣れないうちはとても集中して作業を行わなければならないためADHDの人にとっては苦痛に感じる場面なのではないかと感じます。

相談者

単純作業ができません。あまり興味のない単純な動きをし続けることができません。
仕事ができませんでした。 ADHDの場合、過集中となる条件を外さないように仕事を選ぶ事が重要です。
そして過集中となれるかどうかは、努力とはまったく関係が無く、状況によって決定するので、自分をよく観察、研究してその条件を知る事です。

過集中条件が異なると思いますので、それぞれの人が、それぞれの過集中条件を観察・研究して、それに当てはまる仕事を選ぶのがキモかなと思います。

ADHDの工場のラインで工夫すること

ADHDの工場のラインで工夫すること

体調管理

できる限り規則正しい生活をすることを大切にしていました。集中力を保つためにも出来る限り自宅で体力を回復させることに勤めました。

報告

分からないと思ったことや失敗したと感じたことはすぐに報告するようにしていました。

分からないままやってしまうとどうしても後に大きな失敗に繋がってしまいがちです。

少し勇気はいるのですが、伝えるべきことはできるだけ積極的に伝えるようにしていました。

【Dodaチャレンジの評判や口コミ】発達障害で断られた!デューダの体験談

ADHDへの工場への転職エージェント

ADHDへの工場への転職エージェント

dodaチャレンジ

発達障害(ADHDアスペルガー)のWEBデザイナーに転職エージェント①:dodaチャレンジ

dodaチャレンジ」は、「doda」という求人情報サイトの中にある転職支援サービスのことを指します。

dodaチャレンジはさまざまなサービスを利用できるため、仕組みがややこしいと感じる人もいるかもしれません。

dodaチャレンジで利用できるサービスは、複数のサービスを併用するのはもちろん、自分にメリットの大きいサービスを選んで利用しても構いません。

サポート力の高さもdodaの魅力のひとつです。エージェントサービスで受けられます

職種全職種に対応
機能非公開求人の紹介スカウトサービスパートナーエージェントサービス面接のスケジュール調整書類・面接手続きのサポート
得意分野・特徴専門スタッフによるプロ目線での求人紹介転職エピソード転職Q&A
利用可能地域全国
運営会社パーソルキャリア株式会社

関連記事:【Dodaチャレンジの評判や口コミ】発達障害で断られた!デューダの体験談

株式会社 LITALICO転職ナビ

ITALICO基本データ
タイプ就職支援サイト
利用料金無料(※障がい者手帳がなくてもOK)
対象地域全国(北海道〜沖縄まで88支店)
対象障害全て(うつ病/統合失調症/双極性障害/不安障害/精神障害/ADHD/アスペルガー/発達障害/知的障害/難病)
求人件数非公開
運営会社株式会社LITALICO(企業HP
Pマークあり(確認はこちら
公式サイトリタリコ仕事ナビ公式ページ

まとめ:ADHDの工場も向いてないわけではない

ADHDは工場のライン仕事は向いている?向いていない?アスペルガー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします
オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次