MENU

【ADHDエンジニア】システムエンジニア(SE)・インフラエンジニアに向いてない?【発達障害やアスペルガー】

発達障害(asd)にデータ入力やデータ分析やデータサイエンティスト!ADHD

僕は、社会人になってからインフラエンジニアとして多くのプロジェクトに携わり、CCIEという有数の資格を持ちました。
 新たなプロジェクトを任されたり海外に派遣されたりしたこともあります。また、社内では少ないAWSなどクラウド技術に先進的に触れており、社内セミナーを開くまでになりました。
ただ、コミュニケーションなどうまくいかずインフラエンジニアを挫折しました。体験談を語ります。

相談者


ただ、コミュニケーションなどうまくいかずインフラエンジニアを挫折しました。体験談を語ります。ただ、障害雇用なのでインフラエンジニアの募集は多々ありますので、トレンドや求人内容を説明します。

目次

【ADHDエンジニア】システムエンジニア(SE)・インフラエンジニアに向いてない?【発達障害やアスペルガー】

インフラエンジニア・ネットワークエンジニアとは?アスペルガー・ADHDとしてできた体験談

インフラエンジニア(SE)の仕事内容

インフラエンジニアでもオンプレミスからクラウドに変化を遂げています。

SREとDevOpsは、いずれも開発スピードだけではなく、ソフトウェア・サービスの品質を向上するための開発手法です。

これらを導入することで、「ビジネスの変化に適応可能なスピードを重視する開発部門」と「安全性・安定性を重視する運用部門」の間のギャップの解消が期待できます。

開発・運用するソフトウェア/システムによってビジネスの価値をより高めるだけでなく、そのビジネスの価値をより確実かつ迅速にエンドユーザーに届け続けるという概念があります。

安定したサービス稼働を志向する運用チームと、開発を次々進めたい開発チームの対立が大きくなる中で生まれました。

開発プロセスの円滑化までを担当する点においては、従来のインフラエンジニアと異なりさらに上級のスキルが必要になるでしょう。

何かしらの不具合があった場合、プログラムに詳しくない運用者は対処や報告に苦慮するでしょう。

その際DevOpsエンジニアは、正しい判断で的確に報告することが可能なため、開発の高速化や開発プロセスの円滑化に繋がるといえます。

システムエンジニア(SE)の仕事内容

システムエンジニア(SE)とは、コンピュータシステムを開発する際に提案、設計、開発、テストまでの一連の流れを担当するITエンジニアです。

  • 顧客へのヒアリング(要望の聞き取り)
  • 要望に沿った仕様書(プログラムの設計書)の作成
  • プログラマーのマネジメント(業務管理)

 システムエンジニア(SE)の主な仕事内容として、クライアントからのヒアリング、その後のシステム設計が挙げられます。所属している企業や開発チームによってシステムエンジニア(SE)の仕事の幅は異なり、実際にプログラミングを書く場合、テストを行う場合もあります。

発達障害(ADHD)は「エンジニア向いていない」過集中アスペルガー

発達障害(ADHD)はエンジニア向いていない向いている方は?

前提として、プログラミング・プログラマー職に興味のある方は、プログラマーに向いている可能性があります。

「それは当たり前じゃないの?」と思うかもしれませんね。ですが、これには、ADHDの特性の一つである「興味のあることには驚異的な集中力を見せる」が関係します。

この特性が強い場合、ADHDでない方と比べて、プログラマーとして楽しみながら、成果を出しながら働き続けられる可能性があるのです。

あなたがまだプログラミングに触れたことがないようであれば、プログラミングに関する本や動画などを見てみて、興味が持てそうかを検討してみることをオススメします。

システムエンジニア・インフラエンジニア向いていない①:過集中をうまく利用

コードとは、PCやスマホなどで様々なアプリなどを動かしているコンピュータープログラムを表現する文字列のことです。

複雑なプログラムほど、たくさんのコードを書く必要があります。

「適度な休憩を挟む」などをして過集中をうまく利用できれば、「より短時間に、より多くのコード」を書くことができます(一般的には、タイマーなどを利用して時間の区切りをつけることで休憩を挟みやすくなります)。

ただし、「うまく利用できれば」とは言いつつも、過集中の後には疲れが生じます。

参考:日本学生支援機構「過集中合理的配慮ハンドブック 」

システムエンジニア・インフラエンジニア向いていない②:人間関係の難しさやストレスが少ない

DHDの人は、対人関係に難しさやストレスを感じる傾向にあります。

システムエンジニア・インフラエンジニア

は、他職種と比べた一般論として、「PCと向き合う時間が多く、対人関係が少ない職種」であるため、対人関係のストレスなども少ないと言えるでしょう。

ただし、対人関係は「全くない」というわけではありません。

システムエンジニア・インフラエンジニア向いていない③:理由ミスとやり直しが前提

発達障害の方は、その特性のために、ケアレスミスが発生しやすいことがあります。

一方、プログラミングは、コードを作り、動かし、改善やミス・不具合の修正を行う…という作業です。

つまり、プログラマーは、「ミスとやり直しが前提の職種」と言えます。

ミスが許されないタイプの職種よりも、向いている可能性が高いと言えるでしょう。

ただし、一般論としてミスの対策は大切です。

システムエンジニア・インフラエンジニア向いていない④:別の会社に転職に転職できる

極論ではありますが、「プログラミングという仕事そのもの」は、どの会社で働いても業務内容は同じです。

その上で、プログラミングのスキルがある人は、限られています。

「エンジニアの仕事は好きだけど、(ADHDの特性に関連して)今の職場の人間関係やルールが合わない」という悩みが生じたときに、「自分により合う他の会社に転職して、エンジニアとして働き続ける」ことが、他の職種よりもしやすいと言えるでしょう。

ただし、「スキルを身につける」ためには、真面目に働くことと、新しい知識や技術の勉強を続けていくことが大切です。

障害(ADHD)はシステムエンジニア(SE)に向いてない場合は

プログラマー(PG)として経験を積むと、システムエンジニア(SE)という職種への転向を求められることがあります。

シバッタマン

プログラマー(PG)として経験を積むと、システムエンジニア(SE)という職種への転向を求められることがあります。

また、プログラミングとあまり関係のない部署への異動もあるでしょう。SEや他部署は、プログラマーと比べ、対人コミュニケーションが多く求められがちです。

また、他部署の場合は、その仕事に興味を持てるかがわかりません。ADHDの特性に伴って対人関係や興味の範囲に困難がある方は、「SEや他部署への変更が求められる職場」の場合は、向いていないかもしれません。

ただし、「SEや他部署になっても、周りのサポートが手厚い職場」などなら、問題ないケースもあるでしょう。

【発達障害やADHD向け】IT企業のSESと社内システムエンジニアSEや違いは何?

発達障害(ADHD)はIT企業のSESは向いてないことはない?発達障害

シバッタマン

まずはシステムエンジニアやプログラマについて紹介します。「ADHDはに向いているのか?」について、結論からお伝えすると、次のとおりです。実際に満足度指数が下の図からもほかの職種より高いんですよね。

【発達障害やADHD向け】SESとは?システムエンジニアとの違い

SES(システムエンジニアリングサービス)とは、クライアントに技術者を派遣することです。

 クライアントのシステム開発やインフラ環境構築・運用を行う為にエンジニアの技術を提供するサービスを指します。その際にクライアントとベンダー間で契約を結びますが、クライアントの要望によって契約形態が異なります。

契約状態によってはシステムエンジニアになったり、プログラマーになったりします。

シバッタマン

発達障害者でIT業界で働いている人もいると思いますがSESという契約で苦しんだ人、もしくは向いているのかわからないかと思います。

SESの契約形態は?

【発達障害やADHD向け】SESとは?
引用元:https://www.bold.ne.jp/engineer-club/ses

IT業界におけるシステム開発の契約形態は下記のように2つあります。

[1]顧客から依頼されたシステムの完成を約束し、納品する
(この場合、顧客は納品物の対価を支払います)
[2]技術者の労働を提供する
(この場合、顧客は技術者の労働の対価を支払います)

シバッタマン

SESは[2]に当てはまります

SES契約では、システムエンジニアの能力を契約の対象とし、客先のオフィスにエンジニアを派遣して(常駐)、技術的なサービスを提供します。

とくに下記の三つに分けられると思います。大きく分けると派遣契約との違いは、指揮命令権の所在となります。SES契約でありながら、実態として顧客の指示で動いていた場合、違法な偽装請負となります。

発達障害者(ADHD)SES大丈夫?働くメリット!

発達障害者(ADHD)がIT企業のSES大丈夫?働くメリット

発達障害者(ADHD)がSESで働くためのメリット①:エンジニアとして幅広く専門的なスキルを習得

発達障害者にとっては、発想力に富んでいてアイディアが豊富であったり、好奇心旺盛で新しいことにチャレンジできる環境であることは特性がいきれば楽しい職場になるでしょうね。

SESのエンジニアは参画するプロジェクトごとに様々な企業の開発現場に常駐し、開発作業を行うことになります。

プロジェクトによって必要とされる技術も異なることから、多くのプロジェクトを経験することでITエンジニアとして幅広く専門的なスキルを習得できるでしょう。

発達障害者(ADHD)がSESで働くためのメリット②:人間関係を変えることができる

発達障害の人は自分にとって苦手な人と付き合うのが苦手な人がいます。SESでは人間関係が固定化することはありません。

私の場合は気が合わない人にはとことんに嫌われることがありました。それを別の職場環境に変更できるのであればどんなに楽だろうと思ったことは多々あります。

SESのエンジニアはクライアントの開発現場で仕事をすることになるため、他の様々なSESのエンジニアともつながりができやすい状況にあります。

仕事を通して高いスキルを持っていることが伝われば、人脈を利用して良い転職先を見つけられる可能性もあります。

発達障害者(ADHD)がSESで働くためのメリット③:過集中が防げて残業時間がすくなくてもよい

私の体験談であればSESはエンジニアの労働力を提供するためです。あらかじめ決められた契約で時間を労働以上に強いられません。過集中を防ぐことは可能かと感じます。よって2次障害の病気になることもすくないかもしれません。ただホワイト起業でのSESが前提となりますのでご注意ください。

SESのエンジニアは成果物に対する責任を持つ必要がありません。そのため、残業してでもシステムを完成させなければ契約違反になるということもありません

発達障害者(ADHD)がIT企業のSES大丈夫?働くデメリット?システムエンジニアになれない

発達障害者(ADHD)がIT企業のSES大丈夫?働くデメリット

発達障害者(ADHD)がSESで働くためのデメリット①:システムの最後まで携わらない

シバッタマン

これは発達障害者にとってはメリットかもしれませんが。

SESで働くエンジニアが関わるプロジェクトは、大きな案件のほんの一部分であることが多いです。

 SI業界は多重下請け構造になっており、基本的に大手SIerが大規模なプロジェクトを受注し、案件を細かく分けて下請けである中小企業に発注します。

発達障害者特有の好奇心旺盛で新しいことにチャレンジできるがあると思います。これは私の場合は好奇心のおかげで全部に携わりたいとかんじてしまうこともありました。

発達障害者(ADHD)がSESで働くためのデメリット②:年齢によってできない案件がある

シバッタマン

私の場合は発達障害が40代で見つかりました。新しく覚えるにはやはり若い人間のほうが給料もやすいですし、起業も使いやすいと感じます。

受注した案件の中でも比較的スキルや経験を要求されないようなプロジェクトは、育成を目的として若手のエンジニアに回されるケースが多いでしょう。ある程度の年齢になると選べる案件がへってきます。

もちろん、高いスキルをもっていれば発達障害のSESえもどのような現場でもニーズはたかいと思います。とにかく、発達障害の特性を活かして仕事の幅を広げる必要がありあります。

発達障害者(ADHD)がSESで働くためのデメリット③:システムエンジニアになれない

私の場合ですが発達障害者は好奇心旺盛で新しいことにチャレンジできるのが多いと思います。過集中にもなりやすいですが、興味のない仕事ですと一切やるきがなくなります。

【発達障害者ADHD】SESか社内SEシステムエンジニアか迷ったら相談!

IT企業でシステムエンジニアか迷ったら①:エンジニアリングを学ぶ

『これまでプログラミングを学んだことがない。興味持てるかわからない』と悩んでいたら、プログラミング無料体験で学んでみるのもよいかもしれません。

HTML,CSS,Javascriptを無料で学ぶことができます。無料体験を通して、「本当にエンジニア(プログラミング)に興味持てるのか」試すことができるのです。

IT企業でシステムエンジニアか迷ったら②:発達障害(ADHD)に適した職場はどこで探す

IT企業でSESか社内SEか迷ったらおこなうこと②:発達障害(ADHD)に適した職場はどこで探す


IT企業でシステムエンジニアか迷ったら③:技術者としての専門職がある会社

エンジニアを採用している会社の多くは、プログラマ、もしくはシステムエンジニアとして採用することがほとんどです。

将来的にはプロジェクトマネージャーになることを期待されますね。またはスペシャリストという道を選択することもできます。

スペシャリストは人とのかかわりを持たず、エンジニアとして追及することができます。集中が止まらない人にとってはとっても向いています。

スペシャリストとしての道が会社にあるか確認してみるのもよいでしょうね。


IT企業でシステムエンジニアか迷ったら④:障害者雇用枠がある会社に入る

楽天のように積極的に障害者雇用をおこなっている会社もあります。社員の過半数が発達障害という企業もあります。そのような会社を探すのもよいかもしれません。

懸念事項としては、採用する側の負担が増えることから、年収が一般社員よりも低い傾向にあります。私のように家庭や家のローンがある場合にはしっかりと障害者雇用枠ではたらくか検討したほうがよいでしょう。


IT企業でシステムエンジニアか迷ったら⑤:クラウドソーシングを使う

チームで仕事することがなく、担当者と1対1(担当者の指示に従っていれば良い)で業務を進めることができます。

クラウドワーカにプログラミングの業務を依頼してきたが、クラウドワーカーが数人のチームで仕事をすることはなかったと思います。

クラウドワークスの仕事は、市場に比べると安い料金で働くことが多いです。

 実績をつくるまではクラウドソーシングで経験を積みましょう。実績がついてきたら自分でサービスを作ったり、企業から直接受注したりして稼いでいくのがよいかと感じます。

発達障害者WEB系エンジニア・プログラマに向いている・向いていない理由は?

ADHDの特性で「人間関係」に困難があるようでしたら、「プログラマーには向いていても、システムエンジニアには向いていない」という可能性はあります。

ADHDの特性の一つである「興味のあることには驚異的な集中力を見せる」が関係します。理由としてはマーケティングにもにていると思います。

IT企業でシステムエンジニアか迷ったら⑥転職エージェントに相談

発達障害(ADHDアスペルガー)のデジタルマーケティングに向いているか確認する転職エージェント①:dodaチャレンジ

発達障害(ADHDアスペルガー)のWEBデザイナーに転職エージェント①:dodaチャレンジ

dodaチャレンジ」は、「doda」という求人情報サイトの中にある転職支援サービスのことを指します。

dodaチャレンジはさまざまなサービスを利用できるため、仕組みがややこしいと感じる人もいるかもしれません。

dodaチャレンジで利用できるサービスは、複数のサービスを併用するのはもちろん、自分にメリットの大きいサービスを選んで利用しても構いません。

サポート力の高さもdodaの魅力のひとつです。エージェントサービスで受けられます

職種全職種に対応
機能非公開求人の紹介スカウトサービスパートナーエージェントサービス面接のスケジュール調整書類・面接手続きのサポート
得意分野・特徴専門スタッフによるプロ目線での求人紹介転職エピソード転職Q&A
利用可能地域全国
運営会社パーソルキャリア株式会社

関連記事:【Dodaチャレンジの評判や口コミ】発達障害で断られた!デューダの体験談

発達障害(ADHDアスペルガー)のデジタルマーケティングに向いているか確認する転職エージェント①:LITA

インフラエンジニアへのスキルチェンジやスキルマップ!違い

①Chefやansibleなどの構成管理ツールの経験

Chef / Puppet / Ansibleの実務経験がある、または他同様のツールでの実務経験が求められます。経験者の母数が少ないためか、試した事がある、興味がある人の募集も散見できます。

②クラウドサービス(AWS/Heroku/Azure等)の利用経験

オンプレミスよりもAWS/Azure等のパブリッククラウド利用経験が重要視されます。

構成管理ツールを使いパブリッククラウドにアプリケーションを設置する前提の求人が多く見られます。

③スクリプト言語でのプログラミングの経験

プログラミングの言語は、大きく分けてスクリプト言語とコンパイラ言語の2つがあり、DevOpsエンジニアにとって必須となる構成管理ツールなどは、主にスクリプト言語が使用されています。

スクリプト言語でのプログラミング経験は必須です。

ほとんどの構成管理ツールはスクリプト言語で設定情報を記述します。

シェルスクリプトの利用機会も多い為、サーバーサイドでシェルを使ったプログラミング経験もあると歓迎されます。

④サーバー負荷、スケーラビリティ確保の経験

クラウドサービスと構成管理ツールを合わせて使う目的に、負荷状況に応じたスケーラビリティ確保があります。

サーバーのパフォーマンスチューニングによって解決する問題と、ロードバランサーを使い負荷分散させて解決する問題の両方が存在しますが、どちらかというと後者の負荷分散スキルが求められているようです。

⑤Linuxサーバーの保守・運用経験

クラウド上のインスタンスに新しく環境構築し、そこから保守・運用を行うためにはLinuxサーバー運用の知識と経験が必要になってきます。

脆弱性が見付かった際にはパッチを当てる等の対応が当然求められますので、トラブルを抑えたサービス運営のために必要となります。

⑥インフラ・ネットワークの理解

パブリッククラウドではCISCOやYAMAHA等の特定ネットワーク機器の知識が求められることは少なくなりますが、これらを使ったようなネットワーク設計をクラウド上で行いますので、ネットワークエンジニアの経験があると役に立ちそうです。

⑦テストスキルやセキュリティの対策と対処

DevOpsエンジニアの必須スキルの5つ目は、テストスキルやセキュリティの対策と対処ができるという点です。

ネットワークを使用する環境では、外的な攻撃から保護するためにもセキュリティが求められます。不正アクセスやハッキングなどの外部攻撃から、重要なデータの流出などを防ぐためです。

セキュリティの脆弱性や外部攻撃から保護し、不具合が発生した場合に適切な対処がとれるテストスキルを持った人材は、非常に重要になります。

⑧コーディング・スクリプティング・アジャイル開発の知識

従来のシステム管理では、反復的なタスクを自動化するためのシェルスクリプトが作成されていました。

それに加えて高度なソフトウェア開発・コードレビュー・ソース管理などのアジャイル開発についても理解している必要があります。

発達障害者としてインフラエンジニア・ネットワークエンジニアの将来性 やIT企業

Devops Engineer Roadmap

インフラエンジニア・ネットワークエンジニアの将来性

技術の進化と共に開発に携わるエンジニアの数は増加し、ツールは多様化しつつあります複雑化していくソフトウェアの開発において、デプロイや運用監視などのプロセスを自動化するDevOpsの手法を導入する企業は増加しています。開発環境を整備し、プロセスの自動化を推進してチームの生産性を向上させるDevOpsエンジニアは今後さらに不可欠な存在となるでしょう。

発達障害者としてのインフラ・ネットワークエンジニアは?IT企業

相談者

オンプレミスがメインのようだけどカスタマーエンジニアを募集しているね。大手企業の子会社です。

職種

カスタマーエンジニア(マルチベンダー対応・オンサイト保守エンジニア)

主な業務内容マルチベンダー環境での大型コンピュータシステム/ネットワークシステムの新規納入設置、障害時の復旧、増設やリプレース業務。また、お客様のQA対応
※テリトリー制で保守を行っているため、勤務地は各オフィス、サービスセンターとなります

スキル要件

カスタマーエンジニア、フィールドエンジニアのご経験またはネットワーク、サーバ、ストレージの保守サポート経験

引用元:CTCテクノジーの障害雇用(インフラ・ネットワークエンジニア)

相談者

発達障害はコミュニケーションに問題があるところもあるけど障害者雇用なので募集はあります。自分の特性を活かせばだれよりも知識を活かせると思います。インフラエンジニアは技術の変化はとてもはやいけれどもチャレンジするのはよいかもしれませんね。

【Dodaチャレンジの評判や口コミ】発達障害で断られた!デューダの体験談

発達障害(ADHDアスペルガー)のインフラエンジニアの転職エージェント

発達障害(ADHDアスペルガー)のインフラエンジニアに転職エージェント

dodaチャレンジ

発達障害(ADHDアスペルガー)のWEBデザイナーに転職エージェント①:dodaチャレンジ

dodaチャレンジ」は、「doda」という求人情報サイトの中にある転職支援サービスのことを指します。

dodaチャレンジはさまざまなサービスを利用できるため、仕組みがややこしいと感じる人もいるかもしれません。

dodaチャレンジで利用できるサービスは、複数のサービスを併用するのはもちろん、自分にメリットの大きいサービスを選んで利用しても構いません。

サポート力の高さもdodaの魅力のひとつです。エージェントサービスで受けられます

職種全職種に対応
機能非公開求人の紹介スカウトサービスパートナーエージェントサービス面接のスケジュール調整書類・面接手続きのサポート
得意分野・特徴専門スタッフによるプロ目線での求人紹介転職エピソード転職Q&A
利用可能地域全国
運営会社パーソルキャリア株式会社

関連記事:【Dodaチャレンジの評判や口コミ】発達障害で断られた!デューダの体験談

株式会社 LITALICO転職ナビ

ITALICO基本データ
タイプ就職支援サイト
利用料金無料(※障がい者手帳がなくてもOK)
対象地域全国(北海道〜沖縄まで88支店)
対象障害全て(うつ病/統合失調症/双極性障害/不安障害/精神障害/ADHD/アスペルガー/発達障害/知的障害/難病)
求人件数非公開
運営会社株式会社LITALICO(企業HP
Pマークあり(確認はこちら
公式サイトリタリコ仕事ナビ公式ページ

まとめ:【ADHDエンジニア】システムエンジニア(SE)・インフラエンジニアに向いてない?【発達障害やアスペルガー】

私は上司との関係があっていなかったため、退職となってしまいました。ただ、It系の企業も発達障害者の知識を必要としているのかもしれません。障害雇用でインフラエンジニアもありではないでしょうか。

発達障害(asd)にデータ入力やデータ分析やデータサイエンティスト!ADHD

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします
オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次