生活音がうるさい人といわれた?足音や物音も?独り言や騒音のストレスのトラブルの対策方法!病気や障害?

生活音や騒音

発達障害にADHD(注意欠落・多動性障害)があります。

特性としては「注意力の欠如」があります。これにより、自分の意思で注意の向きや分量をコントロールできない困難に遭いやすいです。

結果として何をするにしても大きい音を立てる「生活音がうるさい人」っていますよね。

例えば下記のような傾向がみられます。

  • 歩くときの足音が必要以上に大きい
  • 机の開け閉めの音が必要以上に大きい、
  • ファイル整理をしているだけでもなぜかバサバサ
シバッタマン

「自分の世界」に入り過ぎていると、つい「あっ」「まずい」などの心の声を発していませんか?

「生活」音と呼ばれていますが、もちろん職場でも関係してくるものです。自分では気にならない音なのっですが、他人は気になる人がいるなど人それぞれに感じ方が異なります。

 周囲から生活音で注意されたことはありませんでしょうか。自分では気にしていない分、どんな音が不満に感じやすいか気になりますよね。

どのような心理で大きい音を立てているのでしょうか?

目次

生活音がうるさい人とは?足音や物音?病気や障害?

発達障害者が仕事で迷惑になりやすい生活音
発達障害者が仕事で迷惑になりやすい生活音

独り言が増える

仕事に集中しすぎていて、周りが見えていないことはありませんか。

シバッタマン

「自分の世界」に入り過ぎていると、つい「あっ」「まずい」などの心の声を発していませんか?

 感情が乗った独り言は周囲の耳に入りやすいことが多いようです。職場での周囲は我慢していて仕事上の会話のリズムの中に「ない」音だからです。

 あなた自身がそれほど大きな声で発していないと感じていても、周囲が体感する音としては大きな音として耳に入ることがあります。

足音がうるさくなる

足音もまた、不快に感じやすい音の一つです。特にヒールや革靴などを履いている場合音に注意が必要ですね。

外でも家の中でも思うがまま振舞って生きているせいか、歩くときはかかとで勢いよく床を鳴らし、ドアの開け閉めは片手で思い切り確実に閉じる勢いで閉めてしまうこともあります。

 音は強風でドアが閉まったときのように「バッターン!!」と家中に響き渡る音量なのです。静かに歩くことや物を丁寧に扱うことが本人では気づくことができません。

敏感な方からすれば、足音だけで人を特定できるケースもあります。もし足音だけで気づかれた場合は、普段の歩き方に注意が必要なサインかも知れません。

騒音が伴う音

騒音が大きく周囲にまで伝わってしまう場合もあります。「動作が終わるまで手や足を添えていない」ことで起きやすいです。「放り投げる」ように動くことで、音が雑になり不快に感じさせる音になってしまいます。物を動かすときは、最後まで手の力を添えましょう。

  • マウスをデスクに バンバンと叩きつける。
  • 指先でデスクをタタタンと叩く
  • 紙をめくる音
  • 洋服のロッカーなどの戸を「バン!」閉める

引き出しの開け閉め

引き出しを雑に開け閉めも金属特有の「高い音」が不快な音になりやすいです。

動作の最後まで手を添えるようにしましょう。足で押して閉めるなどはいけません。

キーボードを打つ音

「カタカタッタンッ!」と鳴り響くキーボードのタイピング音です。パソコンのキーボードを打つ音もその人の「性格」が出やすいです。特にエンターキー(Enterキー)の押し方には注意が必要です。

さ中には、「もしかしたら自分のキーボードもうるさいかも?」と気になる方もいるかもしれません。

キーボードの打鍵音がうるさい人の中には、ストレスを抱えてイラつきをキーボードにぶつけてしまう人もいます。「タンッ!タンッ!」と、必要以上に力を込めてタイピングしているように見える人もいますよね。

ちょっとしたストレスを抱えていて、気持ちがタイピングに移ってしまっているのかもしれません。

生活音:独り言や騒音のストレスのトラブルの対処方法

生活音や物音を減らす対処方法
生活音や物音を減らす対処方法

集中力や体調を整える

「不快な音を減らすこと」に意識を向け続けられるよう、体調は常に意識しましょう。

ADHDの特性は、脳の神経伝達物質の働きによって起きます。

これを調節してくれるのが、服薬です。

 集中力を整える工夫も必要になる場合があります。集中力キープ法を作っていきましょう。

周囲におしえてもらう

自分で発する音で迷惑をかけていないか気になると思ったら余計にきになってしまい仕事に集中ができなくなってしまう可能性があります。

その場合には職場仲間に教えてもらうにお願いする方法もあります。

音が不快だと思っていても直接はいいません。人に指摘をすることは、それだけ労力を要します。言ったことでトラブルにもなりたくはありません。その後の関係に支障が出たりするのを望まないからです。

そのため「指摘してほしい」とお願いすることはよいかもしれませんね。

 意外なところを指摘されて、動揺してしまうかもしれません。文句を言わずに受け入れる姿勢が必要なのです。

自分自身を録音する

自分自身を録音して聞いてみる方法もよいでしょう。自宅などで普段どのような音を発しているか、確認することで客観的に音を聴くことができます。

自分自身の特性の気づきにつながることもあり、工夫を検討することもできるかと考えられます。

音が響かないツールの用意

自分で気を付けることで解決が難しい場合は、音が鳴りにくいものを選んで使うことで防ぐことができます。

  • 足音が響かない靴底の靴を選ぶ。
  • キーボードにビニール製にシートをひく
  • 振動を抑えるテープ

道具でカバーする方法があることを覚えておきましょう。

まとめ

職場でのコミュニケーションを増やし、お互いのことをある程度知っておくのが理想です。

 互いについて深く知る場にはならなくても、他人と話す機会が増えれば、各自が自分を客観視するきっかけにもなります。

  いつまでも解決法が分からずに一人で悩んでいては、適応障害になってしまうおそれがあります。上司や職場の仲間と相談し早めに解決を目指すことも必要かもしれませんね。

生活音や騒音

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします
オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる