皆様日々で悩んでいる精神疲労を解決するメディアです。

【ADHD独り言うるさい?】頭の中の特徴や対策は?病気やアスペルガー?

【独り言が多い人障害】特徴!独り言がうるさい対策は?ADHD?病気?アスペルガー

独り言が多い人障害かな

独り言が多い人病気、アスペルガーやADHDもうたがう

相談者

独り言の多くは、特に問題はありません。 独り言は、自分の声を聞くことで不安や寂しさなどの「心理的なストレス」を解消し、心と身体のバランスを図ろうとする無意識な行動です

自分の思考心の声が「独り言」として外に出てしまうことがあります。大声でなくても不快に感じさせてしまうことがあります。ですから独り言で周囲に迷惑がかからないように工夫する必要があります。

「あっ!?あった!」「何これ?」など、自分にとって刺激となるものがあった場合に声をだすことはありませんか影響は少ないですが、屋内や仕事中などの静かな状況では大変聞こえやすいです。

また、独り言があまりにも多すぎる場合は病気やADHDやアスペルガーの可能性もありますので説明いたします。

今回の記事では下記についてお伝えします。

独り言の傾向
  • 独り言は病気の可能性があるの
  • 発達障害を持つ方が、どうして独り言をするのか。
  • 独り言をコントロールする方法はどのようなものなのか
目次

【ADHD独り言うるさい?】頭の中の特徴や対策は?病気やアスペルガー?

独り言が多いの場合に病気の可能性があるの

独り言を発する、独り笑いをする、話も筋道が通らない

やはり統合失調症(精神分裂)の可能性があります。 早期の治療が重要です。

統合失調の知覚障害でよく見られるものは幻聴であり、しかも他人の声(言語性幻聴)をとることが多く、その幻聴に反応して自分もしゃべること(会話性幻聴)があります。 この状態を他者から見ると、ひとりごと(独語)や一人でにやにや笑っている(空笑)になって現れ、幻聴の存在を示唆するものとなります。

周囲から見ると、独り言を言っている、実際はないのに悪口を言われたなどの被害を訴える、話がまとまらず支離滅裂になる、人と関わらず一人でいることが多いなどのサインとして表れます。

発症の原因は正確にはよくわかっていませんが、統合失調症になりやすい要因をいくつかもっている人が、仕事や人間関係のストレス、就職や結婚など人生の転機で感じる緊張などがきっかけとなり、発症するのではないかと考えられています。

引用元:独り言統合失調(厚生労働省)

独り言が多いの場合にはADHDやアスペルガーなど発達障害の可能性もある

発達障害のADHDやアスペルガーの共通の特徴として過集中があります。

シバッタマン

過集中になると視野が狭くなります。自分自身もしくは集中の対象しか見えていない状態になります。そのため、周りの存在を忘れて独り言を発してしまう可能性があります。


何より過集中そのものが心身の健康を損ねやすいので、注意が必要です。

また、呼びびかけられても振り返らない、相手と視線を合わせようとしない、人の表情や感情を読み取れない、おうむ返しをする、独り言が多い、要望を言葉で伝えられずに人の手を引っ張るなど、他人との関わり方や会話に支障もあります。

独り言が多い人は治療が必要?

興味が偏ったり、人とのコミュニケーションがうまくいかなくなったりし、社会性に欠けることがあります。
気が付かないまま大人になると、仕事がうまくいかず、人との距離感が保てないなどの支障をきたすことがあります。

【ADHD独り言うるさい?】独り言が増える理由の特徴!病気?

【独り言が多い人障害】独り言がふえているの特徴

仕事に集中しすぎていて、周りが見えていないことはありませんか。

シバッタマン

「自分の世界」に入り過ぎていると、つい「あっ」「まずい」などの心の声を発していませんか?

 感情が乗った独り言は周囲の耳に入りやすいことが多いようです。職場での周囲は我慢していて仕事上の会話のリズムの中に「ない」音だからです。

 あなた自身がそれほど大きな声で発していないと感じていても、周囲が体感する音としては大きな音として耳に入ることがあります。

独り言が多い人の特徴
  • 空気を読まずに発言する
  • 視線が合いにくい
  • 表情が乏しいことがある
  • 自分の中のルール、やり方がある

(幻覚)や妄想に対するリアクションが多すぎる場合

精神疾患の症状としての独り言は、幻聴(幻覚)や妄想に対するリアクションとして表れることがあります。

そのため、突然怒ったり、誰かと話しているような話し方やトーンなどが特徴として挙げられるでしょう

また、「殺してやる!」といった攻撃的な言葉を使い始めたり、突然笑ったりするのも、疑わしい兆候といえます。

シバッタマン

その場合は病気や障害の可能性もありますので一度医者に通院したほうがよいかと考えらえます。

【ADHD独り言うるさい?】対策は?ADHD?病気?アスペルガー

自分自身の特性の気づきにつながることもあり、工夫を検討することもできるかと考えられます。

過集中にならないようにする

仕事中は「集中」に支配されないように、適度に小休止をとるなど自分を保てるコントロールをする工夫
が大切です。

思考を整理する

作業中に独り言が出やすい場合は、日ごろから考えていることなどを書き出す癖をつけましょう。これはメモを取る技術にもつながるので効果的です。
ふと思考を整理したいときに、口ではなく手が先に動くように切り替えていく形です。

集中力や体調を整える

「不快な音を減らすこと」に意識を向け続けられるよう、体調は常に意識しましょう。

ADHDの特性は、脳の神経伝達物質の働きによって起きます。

これを調節してくれるのが、服薬です。

 集中力を整える工夫も必要になる場合があります。集中力キープ法を作っていきましょう。

周囲におしえてもらう

周囲にお願いして、独り言を言っていたら指摘してもらう方法です。これにより、自分がどのようなときに独り言を言いやすいかが分かるようになります。

自分で発する音で迷惑をかけていないか気になると思ったら余計にきになってしまい仕事に集中ができなくなってしまう可能性があります。

その場合には職場仲間に教えてもらうにお願いする方法もあります。

音が不快だと思っていても直接はいいません。人に指摘をすることは、それだけ労力を要します。言ったことでトラブルにもなりたくはありません。その後の関係に支障が出たりするのを望まないからです。

そのため「指摘してほしい」とお願いすることはよいかもしれませんね。

 意外なところを指摘されて、動揺してしまうかもしれません。文句を言わずに受け入れる姿勢が必要なのです。

自分自身を録音する

自分自身を録音して聞いてみる方法もよいでしょう。自宅などで普段どのような音を発しているか、確認することで客観的に音を聴くことができます。

自分自身の特性の気づきにつながることもあり、工夫を検討することもできるかと考えられます。

音が響かないツールの用意

自分で気を付けることで解決が難しい場合は、音が鳴りにくいものを選んで使うことで防ぐことができます。

  • 足音が響かない靴底の靴を選ぶ。
  • キーボードにビニール製にシートをひく
  • 振動を抑えるテープ

道具でカバーする方法があることを覚えておきましょう。

音が響かないツールの用意

自分で気を付けることで解決が難しい場合は、音が鳴りにくいものを選んで使うことで防ぐことができます。

  • 足音が響かない靴底の靴を選ぶ。
  • キーボードにビニール製にシートをひく
  • 振動を抑えるテープ

道具でカバーする方法があることを覚えておきましょう

服薬などで、独り言に注意を向ける工夫をする

しっかりと物事に集中できる状態でないと、これらの取り組みは難しいです。心身の状態が不安定だと、「集中しすぎないこと」に集中を向けることもできなくなるのです。

まとめ:【ADHD独り言うるさい?】頭の中の特徴や対策は?病気やアスペルガー?

いかがでしたでしょうか。

【独り言が多い人障害】特徴!独り言がうるさい対策は?ADHD?病気?アスペルガーについてお伝えしました。

独り言の多くは、特に問題はありません。 独り言は、自分の声を聞くことで不安や寂しさなどの「心理的なストレス」を解消し、心と身体のバランスを図ろうとする無意識な行動です

ただ、周囲から見ると、独り言を言っている、実際はないのに悪口を言われたなどの被害を訴える、話がまとまらず支離滅裂になる、人と関わらず一人でいることが多いなどのサインとして表れます。

その場合には医者に通院してみて確認してみるのもよいかもしれませんね。

【独り言が多い人障害】特徴!独り言がうるさい対策は?ADHD?病気?アスペルガー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします

発達障害のため転職経験も多いですIT業界で働いていたので、転職経験についてもお伝えします。

【資格】
Webディレクション資格認定者、Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)など他 IT資格を取得

オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次