MENU
皆様疲れていませんか?障害者本人として日々で悩んでいる皆様の精神疲労を解決するメディアです。

【退職代行新卒】入社してすぐ?1年や3か月や半年で体験談の理由と対処?新入社員 

当ページのリンクには広告が含まれています。

新卒で入社してすぐに退職を考える人が増えています。なぜ新卒の間に退職を検討するのか、その背後にはどのような問題があるのでしょうか?

退職代行サービスを利用することで、新卒の方々が入社してすぐに退職を円滑に進めることができます

シバッタマン

退職代行サービスは、専門の業者が退職手続きや書類作成を代行し、スムーズな退職をサポートします。専門の業者が経験豊富なスタッフを配置しており、法律や手続きに精通しています。

また、迅速かつ正確な書類作成や手続きを行うことで、問題やトラブルのリスクを最小限に抑えることができます。

退職代行サービスを利用することで、新卒の方々は自身のキャリアや将来に向けてポジティブなステップを踏むことができます。

例えば、人間関係や労働条件の悩みを早期に解消し、次の転職先での面接や選考で有利になる可能性があります。

退職代行サービスは、新卒の方々が入社してすぐに退職を考える際の心強いパートナーとなり得ます。

新卒でも退職代行サービスの利用を検討してみることをおすすめします

退職代行EXITの無駄なく退職をサポート
【退職代行EXITは失敗】トラブル?退職代行イグジットやばい!株式会社社長テラハウス新野?

100%の成功率を誇る退職代行EXITで、新たな人生への扉を思い切って開けましょう!

EXITは総合転職エージェントとも提携、無料で連携もします。

カウンセラーとしてもにLineで退職代行EXITには気軽に相談が可能です。カウンセラーに相談するには費用がかかりますが、退職の知識があり専門的に無料で親身になって相談に乗ってくれます。

業界最大手にとにかく安く依頼したい/

何回LINEでやり取りをしても追加料金が一切発生しないため、安心して利用できるとの声が多数あります。

もちろん退職代行成功率100%で最安値のため一番人気です。「業界最安値のパイオニアの秘訣を知るのはこちら」

シバッタマンの紹介
シバッターマン
シバッターマン
  • シバッタマン
  • 精神障害者保健福祉手帳 保持者
  • 退職代行で40歳で会社を退職し就労移行支援へ
  • 氏名:柴田義彦
  • 退職代行&就労移行支援、ITの執筆
  • 妻と4歳の子供がいて住宅ローン・教育費に必死
  • うつ病で休職経験多数
  • WEB業界を辞め、障害と闘いなら自営に転身
  • 経歴・連絡先情報はプロフィールに表示
目次

【退職代行新卒】入社してすぐ1年や3か月や半年で利用が多い

退職代行サービスとは

シバッタマン

新卒でもの離職や転職が珍しくなくなり、会社を辞める際に退職代行サービスを利用する新卒が増えてきていると言われています

新卒ではとくに下記のような感情を抱くのではないのでしょうか。

「明日からもう会社に行きたくない」

「心が重くて家から一歩も出られない」

「辞めたいけど、退職しようとすると周りから何を言われるかわからない」

退職代行サービスとは、新卒で退職する手続きができない人のために、働いている本人に代わって、退職する旨を勤務先に連絡してくれる代行サービスです。

新入社員で会社に入ったものの馴染めずに気分を病んでしまったときや、ブラック企業から抜け出したいときなど、自分で会社と交渉することが難しいときに使うと便利なサービスです。

新卒の退職検討率が50%以上!仕事上の懸念点も多数

【退職代行新卒】入社してすぐ?1年や3か月や半年で利用の理由と対処
シバッタマン

驚くべき調査結果です。ゴールウィークが終った後の直後の結果とはいえ、新卒では退職を考えているのが50%です。

ただ、無理もありません。私自身の退職を考えたのは1年目です。抱いていた希望とIT業界へのビラミット構造に絶望し、ひたすら転職をするため、資格をとるようになりました。

結果として資格をとりましたが、2年目に退職をしました。3年目の退職の確率が高いと言われていますが、やはり学生時代と社会人のギャップに悩むのでしょうね。

参考までにですが当組合では2021年5月に新卒の方へアンケートを実施し、50%の方は退職を検討しているという結果が出ました。新卒の方で入社間もなく退職を希望する人は少なくありません。入社前と後での会社のギャップや配属された部署、店舗の上司との衝突など要因は様々です。入ってから見えてくる悪いところと言うのはたくさんあります。

引用元:退職代行を使う新卒(日本労働調査組合)

しかも、私の場合は2社目でも退職を失敗してしまい親に心療内科につれていかれて、鬱病ということがわかりメンタルが悪化し休職しました。あの頃に退職代行があればと感じます。

【退職代行新卒】入社してすぐ?1年や3か月や半年で退職検討の理由や体験談

退職の理由①:社内での人間関係の悩み

シバッタマン

新卒でも辞めたい理由の1つ目は、人間関係の悩みです。

人間関係とは、職場の上司や同僚に加え、仕事で関連する他部署の方、取引先の担当者など外部の方も含み、どの関係で悩むかは人により異なります。

人に対する感じ方は人それぞれであり、本人にとっては苦手な方でも、他の人が見れば何も問題ないように感じることもあり、理解してもらえず厄介です。

苦手と思えば、その人を意識してしまい、さらに苦手意識が強くなり、悩みまで発展する負のスパイラスに突入してしまうのが良くあるパターンです。

人間関係の悩みを上司が理解してくれ、解消できれば良いですが、そもそも相談相手の上司との人間関係が悪ければ辞める理由になってしまいます。

退職の理由②:労働環境・労働条件の不一致

シバッタマン

新卒でも辞めたい理由の2つ目は、残業・有給・土日出勤など労働条件が合わないことです。

労働条件を気にする新卒は、仕事とプライベートのバランスを重視したい方が多い傾向です。

そのためほとんどの方が、就職活動で会社の情報を調査したり、面接で採用担当者に聞いりして労働条件をチェックしています。

にもかかわらず労働条件のミスマッチが生じるのは、事前情報と職場の実態が異なっているからです。

会社にとって重要度が高いプロジェクトや期限が迫っている仕事の場合、長時間残業や土日出勤、有休が取りにくいなどの状況になりがちです。

会社の状況は理解しつつも、プライベートとのバランスが崩れ、悩みに発展してしまう新卒が多くいます。

どのように人生の時間を使うのか、価値観の違いがプライベートを犠牲にする労働条件を受け入れがたくし辞める理由になってしまいます。

退職の理由③:給与条件の違い

シバッタマン

新卒でも辞めたい理由の3つ目は、配属希望が叶わなかったことによるものです。

日本企業の多くは採用時におおまかな配属先しか決めていません。もしくは、決まっていたとしても本人には知らせていません。

例えば、事務部門の採用で人事部なのか総務部なのかわからなかったり、技術部門の採用で開発部なのか工場担当なのか分からなかったりします。

会社でやりたいことを明確に決め、実現のためこの会社を選んだという意識が高い新卒ほど、配属希望が叶わなかった時のショックは大きくなります。

希望でないとはいえ、配属先の仕事に興味を持った場合は別ですが、やりたい仕事にこだわっている新卒の場合、簡単には諦めがつきません。

やりたい仕事ができない、配属希望が叶わなかったことは辞める理由になってしまいます。

退職の理由④:将来性や学びの機会の不足

シバッタマン

新卒でも辞めたい理由の4つ目は、給与・賞与・手当など給与の条件が合わないことです。

新卒は入社前に初任給の金額がわかっているので、給与の条件には不満がないはずと思われがちです。

新卒が給与条件に納得していたのは、社内情報や同業他社の業界情報が少なかったことが要因の一部となっています。

実際に入社してみると、賞与がビックリするほど少なかったり、毎日残業しているのにバイトの時給の方が良かったりなど予想とのギャップに気づきます。

また、同業他社へ就職した友人からの情報により、入社時は同額だったはずの給与がいつの間にか差がついていることに気づくのです。

給与条件の問題は、上司や先輩へ相談したからといって解決する悩みではなく、転職へと意識が向き、辞める理由になってしまいます。

退職の理由⑤:会社の社風に合わない

シバッタマン

新卒でも辞めたい理由の5つ目は、将来性がない、スキルアップに繋がらないと悩んでしまうことです。

新卒は経験やスキルが先輩社員と比較して十分ではないため、簡単な仕事やいわゆる雑用の担当になるケースが多い傾向です。

最初は納得してまずは職場に慣れるためと前向きな気持ちで取り組んでいた簡単な仕事でも、期間が長くなればモチベーションが下がります。

特にスキルアップして早く活躍したいと考えている向上心が高い新卒は、簡単な仕事が長い間続くと思いと現実とのギャップで耐えられなくなるのです。

仕事の意味付けや将来の育成計画について説明がない場合は、将来性がない、スキルアップに繋がらないと悩み、辞める理由になってしまいます。

退職の理由⑥:将来性や仕事内容が期待外れ

シバッタマン

新卒でも辞めたい理由の6つ目は、社風が合わない、もしくは社訓が理解できないというものです。

社風の感じ方は人それぞれ、いくら就職活動中に先輩や知人などに確認し大丈夫と思っても、実際に自分自身の感じ方とは異なるケースがあります。

社風が合わないと会社での居心地が悪くなり、業務効率の低下につながりかねません。

また、社訓の扱いは会社によって温度差があり、いわゆるお飾りになっている場合と、真剣にマスト事項として実践している場合があります。

自分でも納得できる社訓なら良いですが、価値観の違いから理解できない時は日々の業務がストレスになってしまうのです。

入社してから実態がわかる社風と社訓、感性の鋭い新卒ほど違和感を感じる原因となりやすく、辞める理由になってしまいます。

【退職代行新卒】入社してすぐ?1年や3か月や半年で退職の注意点

【退職代行新卒】入社してすぐ?1年や3か月や半年で利用の理由と対処

注意点①:職歴・経歴に影響が残るリスク

シバッタマン

新卒は社会人経験が浅く、スキルや経験はこれから積み重ねていく段階です

このような段階で会社を辞めると、社会人を数年経験してから辞める場合とは違い、新卒特有のデメリットやリスクがあります。

終身雇用が崩壊し、社会人生で数回の転職が当たり前になりつつある時代でも、新卒で会社を辞めるとデメリットやリスクがあるのです。

新卒で会社を辞めるデメリットの1つ目は、職歴に傷がつくことです。

転職する際、求人応募に必要な書類の一つに職務経歴書があります。会社歴と担当した仕事内容などを記載するサラリーマンとしての履歴書です。

新卒ですぐに会社を辞めた事実は、この職務経歴書に書かざるを得ません。つまり、あなたの職歴に残念ながら傷がついてしまいます。

その後の経歴がいかに素晴らしいものであったとしても、採用担当者としては、新卒ですぐに会社を辞めた事実が気になるのです。

このデメリットがあることを十分認識した上で、会社を本当にやめるのかどうか判断するべきです。

注意点②:転職先の面接で退職理由に苦労する可能性

シバッタマン

新卒ですぐに退職した事実があると、採用担当者としては理由を確認したくなります。新卒で退職がNGではなく、退職に至った理由を知りたいのです。

やりたい仕事を担当できないのが転職理由で、転職先の企業にその仕事があれば前向きに捉えてくれるでしょう。

給料が安い、地方への転勤がイヤなど、就職前に十分調べればわかる内容のミスマッチであれば、同じミスを繰り返す可能性があると判断されかねません。

傷になる職歴は書かない方が良いと、新卒で退職した事実を隠しても、卒業してからの空白期間は必ず質問対象になり空白理由を聞かれます。

新卒で退職すると、その理由を転職先の面接で聞かれるケースが多いと認識し、実際に退職するかどうかを判断しましょう。

注意点③:書類選考での通過が難しくなる可能性

シバッタマン

新卒で会社を辞めるデメリットの3つ目は、新卒で転職を複数回繰り返すと書類選考に通りにくくなることです。

たとえ退職理由が正当な理由であったとしても、そのことを説明できる面接まで進めない可能性があり、十分な注意が必要です。

新卒で転職を複数回繰り返している職務経歴書を採用担当者が見ると、些細なことでも不満に感じすぐに辞めてしまう人と感じてしまいます。

仕事でのスキルや経験でも、転職を繰り返していることで、年齢層等のレベルアップしていないものと捉えられがちです。

事実は異なっていたとしても、書類からはそのように見えてしまい、書類選考で不採用と判断される可能性が高くなります。

書類選考を通過しないことには転職が叶いません。新卒で転職を複数回繰り返すとかなりのデメリット懸念があるのです。

注意点④:転職先での中途採用扱いや実力・実績の重視

シバッタマン

新卒で会社を辞めるデメリットの4つ目は、転職先では中途採用扱いとなり実力や実績が問われることです。

新卒で会社を辞めるデメリットの4つ目は、転職先では中途採用扱いとなり実力や実績が問われることです。

新卒で会社を辞めると実力や実績はほぼなく、新卒とさほど変わりませんが、転職先では中途採用扱いとなり他の転職希望者と同条件で比較されるのです。

転職者を受け入れる企業の目的は、これから力を入れて伸ばしたい部門の強化であり、即戦力として活躍してくれる人材を求めています。

ある程度の育成期間を考慮している新卒の募集と中途採用とでは採用の目的が異なるのです。

ある程度の社会人経験を積み、実力や実績を備えた20代・30代と比較されると新卒の転職者は叶うはずがありません。

新卒で退職すると転職先では中途採用扱いとなり、新卒扱いしてくれないデメリットがあることを理解すべきです。

注意点⑤:気軽に相談できる同期がいなくなる

シバッタマン

新卒で会社を辞めるデメリットの5つ目は、気軽に相談できる同期がいなくなることです。。

新卒で会社を辞めるデメリットの5つ目は、気軽に相談できる同期がいなくなることです。

多くの日本企業が採用している新卒の一括採用では、同期入社のメンバーが社内に多く存在します。

同期というだけで話しやすくなり、何でも気軽に相談できます。しかもあらゆる部署に同期がいるので、思わぬところで役立ち助けてくれるものです。

転職すると同じタイミングで転職した方がいたとしても、年齢差などから同期の感覚とは異なりお互いに気軽に相談しにくいものです。

また転職では新卒一括とは異なり、人数は多くなくさまざまな部署に同期がいるとはなりません。

難しいプロジェクトほど関連部署の協力なくしては成功にたどり着けません。

新卒で退職してしまうと、気軽に相談できる同期のネットワークを失ってしまうデメリットがあるのです。

注意点⑥:失業給付金の受給対象にならない可能性

シバッタマン

新卒で会社を辞めるデメリットの6つ目は、失業給付金の受給対象ではなくなってしまうことです。

失業給付金の受給条件は、退職前の2年間で被保険者期間が12カ月以上あることです。

やむを得ない理由の場合、退職前の1年間で被保険者期間が6カ月以上と条件緩和されますが、新卒退職はほぼやむを得ない理由に該当しないでしょう。

失業給付金を受給できないということは、十分な貯金がなければ退職後の生活が経済的に行き詰まることになります。

退職して給料が入らなくなっても、家賃や電気・ガス・水道・携帯の代金など生活に必要な費用が減る訳ではありません。

新卒でまだ十分な給料をもらっていない段階では、これらをまかなうだけの十分な貯金残高を保有している方は少ないでしょう。

新卒で退職すると、失業給付金の受給対象ではなくなり、経済的なデメリットもあるのです。

【退職代行新卒】サービスの流れは?

【退職代行新卒】入社してすぐ?1年や3か月や半年で利用の理由と対処
STEP

代行サービス業者に相談

シバッタマン

代行サービス業者へ連絡をします。その際、LINE、電話、メールでの連絡が可能です。

 ヒアリングシートが送られてくるのでそれに記入し、返信します。このとき、まだ退職の意思が固まりきっていなくても大丈夫です。気軽な相談から始めて、詳細を確認してください。

STEP

費用の振込

シバッタマン

退職代行サービスを利用することになると、決められた金額を銀行振込か、クレジットカードで支払いをします。

銀行振込の場合は、翌日扱いになることもあるので、その日に辞めたいときは気を付けてください。

STEP

希望日時に担当者が会社へ連絡

シバッタマン

振込が確認されると、代行サービスの担当者が、指定した日時に勤め先に連絡をします。

このとき、自分自身は勤務先と話す必要は一切ありません。やり取りは、代行サービス担当者がすべて電話で行ってくれます。

STEP

退職

シバッタマン

担当者から退職が受け入れられた旨の連絡が来れば、終了です。

その後、退職手続きに必要な用紙が送られてくるので、それに記入して返信してください。

【退職代行新卒】入社してすぐ?1年や3か月や半年にお勧めのサービスは?

【退職代行新卒】入社してすぐ?1年や3か月や半年で利用の理由と対処

お勧めの退職代行サービスとは

シバッタマン

退職代行サービスを行う業者は非常に沢山あります。どれも内容は似たような感じではありますがどんな業者があるのか見て行ってみましょう。

民間と労働組合と弁護士がの3つがある

退職代行業者は大きく3つに分類することができます。

  • 民間企業
  • 労働組合
  • 弁護士

それぞれの業者には、できることやできないこと、利用するメリットなどに違いがありますが、新卒であれば労働組合か民間企業の退職代行を利用すればよいでしょう。

理由としては新卒の場合は訴訟など考える必要はなく、弁護士の退職代行に依頼する必要はありません。

特に新卒の場合は民間企業の退職代行で構わないと思います。労働組合であれば労働組合費用を発生するので、民間より高くなる傾向があります。

民間企業や労働組合が運営する退職代行弁護士が運営する退職代行
費用相場3〜5万円5〜7万円
代表的な退職代行ニコイチ、JOBS、辞めるんです、SARABA汐留パートナーズ
川越みずほ法律会計
シバッタマン

退職代行は弁護ですと非常に高額になりますが、それは扱う業務が待ったうちがうからとなります。

民間退職代行会社労働組合の退職代行弁護士の退職代行
会社への退職報告          
有休消化の交渉       
未払い給与・残業代の請求       
損賠請求    
価格・費用    低い    高い

そこでお勧めの退職代行をお伝えします。特に退職代行EXITは最大手でありながら、実績もあり費用も安いですのでお勧めします。

お勧めの退職代行サービスを比較

パイオニアで人気・知名度で業界最大手の退職代行EXIT

退職代行EXIT
退職代行EXIT

退職代行EXITは、日本で最初に「退職代行」を専業として展開したパイオニアであり、業界最大手の退職代行業者です。

 弁護士の指導やノウハウの提供を受けたスタッフが対応し、適切なアドバイスを提供しています。退職成功率100%を誇っており、多くの人々が円満に退職できたという評判があります。

24時間営業しており、親身になって相談に乗ってくれるという特徴があります。

会社名EXIT株式会社
設立2018年
会社所在地〒150-0041東京都渋谷区神南1-12-16 和光ビル5F
代表取締役新野俊幸岡崎雄一郎
事業内容退職サポート業務・メディア運営
シバッタマン

退職代行EXITは、業界NO1の安さの20,000円(税込)です!安く済ませたい人や金欠の人に向いていると言えます。
また転職サポート付きです。

退職代行EXITの無駄なく退職をサポート
【退職代行EXITは失敗】トラブル?退職代行イグジットやばい!株式会社社長テラハウス新野?

100%の成功率を誇る退職代行EXITで、新たな人生への扉を思い切って開けましょう!

EXITは総合転職エージェントとも提携、無料で連携もします。

カウンセラーとしてもにLineで退職代行EXITには気軽に相談が可能です。カウンセラーに相談するには費用がかかりますが、退職の知識があり専門的に無料で親身になって相談に乗ってくれます。

業界最大手にとにかく安く依頼したい/

何回LINEでやり取りをしても追加料金が一切発生しないため、安心して利用できるとの声が多数あります。

もちろん退職代行成功率100%で最安値のため一番人気です。「業界最安値のパイオニアの秘訣を知るのはこちら」

労働組合人気1位:退職代行SARABA

【さらばユニオンとは退職代行】労働組合?さらばユニオン違法?

シバッタマン

退職代行SARABAは、労働組合が運営する退職代行サービスです。24時間365日対応可能で、即日退職も可能です。費用は24,000円で、全額返金保証もついています。

項目内容
サービス名退職代行SARABA(公式サイト)
運営開始2019年8月
管理会社株式会社スムリエ
営業時間24時間365日
料金24000円
支払い方法クレジットカード、銀行振込、コンビニ払い
業務内容退職の意思表示、退職日の調整、未払い給料や残業代の請求、退職後のトラブルの相談

退職代行sarabaは、料金が安く、即日退職が可能で、後払いサービスもございます。

退職代行sarabaの無駄なく退職をサポート
【退職代行SARABAの体験談】デメリットは労働組合と弁護士?転職サポート!株式会社ワン

\労働組合NO1の安心料

モームリは、労働組合提携、株式会社による管理のもと、安心安全・確実に退職手続きを代行する退職代行サービスです。料金は、正社員が24,000円です。「今でも全額返金保証か調べてみる

法的相談なら弁護士法人みやび

特徴は弁護士の退職代行なのに相談と有給請求を無料で行ってくれます。更に、営業時間内での連絡であれば返信が早いのが特徴です。

mamoriの紹介
  1. 弁護士の退職代行なのに最短即日で退職を実現
  2. 弁護士なのでもちろん退職金の請求や有給消化の交渉可能
  3. 弁護士なのでもちろん退職成功率100%継続中
  4. 弁護士の退職サポートでありながら退職後のサポートも充実(転職やライフプランの相談・給付金サポート)

魅力は安価なところではあります、弁護士サービスを利用したい場合は下記を利用してみましょう。

シバッタマン

弁護士の退職代行でのおすすめは弁護士法人みやびです。弁護士事務所が行う退職代行サービスになります。

非弁業者と違い、サービスに間違いがありません。他弁護士事務所様と違い、グループに社労士がおりますので、
労災申請など、複雑な案件も受けられます。

商号弁護士法人みやび
代表者所長 佐藤 秀樹(弁護士)
事業内容  企業法務全般
訴訟等の裁判業務
顧問業務
コンサルティングなどの相談業務
一般民事事件などの個人向け業務
所在地〒105-0021 東京都港区東新橋1-1-21 今朝ビル5階
TEL : 03-6264-6671(代表)
申し込み方法電話・メール・LINE
退職までにかかる期間不明
利用料金54,000円
オプション
未払い給料・残業代・退職金請求は着手金無料、オプションの料金は経済利益の20%
営業時間10時から21時

\ 弁護士なのに破格の安さと安心感 /

他の退職代行会社(人気No1以外)の退職代行が気になる方はこちらの比較ページをアクセス
シバッタマン

退職代行会社は数多くあります。その中で私は人気1位を紹介しました。ただ、その他の退職代行が気になる方は下記のエージをアクセス

【退職代行新卒】よくある質問

【退職代行新卒】入社してすぐ?1年や3か月や半年で利用の理由と対処

退職代行 1ヶ月でやめるのは

シバッタマン

退職代行は、依頼者に代わって退職の意思を伝えるサービスを提供するものです。退職代行業者は、入社1ヶ月でも退職代行を利用することができます。

新卒 で退職 に親が出てくるのは?転職 いつ親に言う?

シバッタマン

親が、子どもの退職を心配している場合は、子どもに退職の理由を聞いて、理解しようとする姿勢を見せることが大切です

親が、子どもの退職の手続きを代行している場合は、親に感謝の気持ちを伝え、協力する姿勢を見せることが大切です。

新卒で退職する際には、親の理解を得ることが大切です。親の理解を得ることで、退職をスムーズに行うことができます。

退職代行ですぐ辞めれる?

退職代行は、依頼者に代わって退職の意思を伝えるサービスを提供するものです。退職代行業者は、入社1ヶ月でも退職代行を利用することができます。

新入社員の退職は最短でいつできますか?

シバッタマン

新入社員が退職できる最短の期間は、一般的には即時退職が可能ですが、会社の規定や雇用契約によって異なる場合があります。

通常、労働者は退職の意思を伝える際に、2週間から1ヶ月の予告期間を設けることが一般的です。

ただし、会社側との合意があれば、予告期間を短縮することも可能です。

 また、緊急の事情や健康上の理由などで働くことが困難な場合は、即時退職が認められることもあります。退職に関する詳細は、各企業の就業規則や雇用契約書を確認してください。

新卒 何年目 退職?

シバッタマン

新卒社員が退職する時期は個人によって異なりますが、一般的には、1ヶ月~3ヶ月の短期間で会社を辞める人もいれば、数年勤めた後に退職する人もいます

退職の理由は様々で、労働条件や人間関係、賃金などが影響していることが多いです。

だたし、退職する際には、会社の規定や雇用契約に従って手続きを行う必要があります。

最短で即日退職が可能な場合もありますが、通常は2週間から1ヶ月の予告期間が必要です

まとめ【退職代行新卒】入社してすぐ?1年や3か月や半年で体験談の理由と対処?新入社員 

今回の記事では、新卒で入社してすぐに退職を考える人たちに向けて、退職代行サービスの利用の理由と対処法について解説しました。

 新卒の間に退職を検討する理由や悩みに対して、退職代行サービスが有効な解決策となることをご紹介しました。

 退職代行サービスは、円滑な退職手続きや書類作成を代行することで、新卒の方々のキャリアの構築に役立ちます。

具体的な理由や注意点、サービスの流れについて解説し、良い未来を築くための一歩を踏み出すヒントをお伝えしました。

退職代行EXITの無駄なく退職をサポート
【退職代行EXITは失敗】トラブル?退職代行イグジットやばい!株式会社社長テラハウス新野?

100%の成功率を誇る退職代行EXITで、新たな人生への扉を思い切って開けましょう!

EXITは総合転職エージェントとも提携、無料で連携もします。

カウンセラーとしてもにLineで退職代行EXITには気軽に相談が可能です。カウンセラーに相談するには費用がかかりますが、退職の知識があり専門的に無料で親身になって相談に乗ってくれます。

業界最大手にとにかく安く依頼したい/

何回LINEでやり取りをしても追加料金が一切発生しないため、安心して利用できるとの声が多数あります。

もちろん退職代行成功率100%で最安値のため一番人気です。「業界最安値のパイオニアの秘訣を知るのはこちら」

【退職代行新卒】入社してすぐ?1年や3か月や半年で利用の理由と対処

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次