MENU

【ADHD怒られるとパニックになる】泣くのも大人の発達障害なの?

【ADHD怒られるとパニックになる】泣くのも大人の発達障害なの?

怒られるとパニックになるのはなぜなんだろう

怒られるとパニックになる心配だから医者にいっていみたい、ADHDや大人の発達障害かも

体調が悪いときや人間関係に問題を抱えているときに、仕事を休みたくなる人は多くいます。また仕事でトラブルが発生したときや、長期休暇後に休みたくなる人もいるでしょう。

ADHD怒られるとパニックになりながら出社すると、症状が悪化したり周りに迷惑がかかったりする場合もあるため、無理せず休むことも大切です。

シバッタマン

この記事では【ADHD怒られるとパニックになる】泣くのも大人の発達障害なの?を解説します。
怒られるとパニックになるはADHDやうつかもしれません。その場合の連絡方法や病院とのやりとりしばらく休職したいと感じた場合の診断書のご紹介をします。

この記事を読むことで【ADHD怒られるとパニックになる】泣くのも大人の発達障害なの?を様々な角度から検討・対処・実行ができるようになりますのでぜひ参考にしてください。

関連記事:【アスペルガーやADHD怒られると黙る】思考停止するのは病気?大人や子供

関連記事:【マルチタスクできない】苦手で克服する方法!発達障害ADHD

目次

【adhd怒られるとパニックになる】泣くのも大人の発達障害なの

発達障害の傾向とは?

発達障害は大きく分けて3つに分類されています。それぞれに特性が違っているので、発達障害に向いている仕事と言っても人によって異なる事は覚えておかなくてはいけません。

発達障害はの3つに分類されています。

シバッタマン

ASDは、昔は「自閉症」、「広汎性発達障害」「不特定型広汎性発達障害」、「アスペルガー症候群」とそれぞれの名前で呼ばれていましたが現在はASDという名前で纏められています。

人によって症状の違いもありますが、発達障害の人全般に向いているのはマニュアルがしっかりとある仕事だと言われていますルールや指示がきっちりとしている方が働きやすいのです。

例えば、「〇〇をしたら次に〇〇をする」、「〇〇時までにこの仕事をやり終えて、終わったら〇〇さんに報告する」と具体的な手順、時間、場所、をしっかりと伝えて貰えると仕事がやりやすくなります。

発達障害を周囲に知ってもらい、仕事をする時にはこの事を会社や上司、同僚に伝えていると仕事がスムーズにできます。

ADHDのグレーゾーンも

また、会社に配慮してもらうだけではなく、メモの取り方などを自分でも工夫する事も大切です。

あります。症状があっても似た症状を持つ他の疾患である可能性もあるからです。

そのため、一つ、二つの症状がどんなに日常生活に支障が出るほど強く出ていることがあります。他の基準を満たしていなければ発達障害の確定診断が下されないことがあります。

診断がつかない=症状が軽い、というわけではありません。

幼少期の状況について、当事者や家族の記憶が曖昧な場合、診断に必要な情報が得られず、発達障害と判断できないケースもあります。

ほかにも受診日の体調によって症状が左右されたり、医師によって見解が分かれたりといったこともあるので、日を改めて受診したりセカンドオピニオンを求めたりすることも必要となってきます。

adhd怒られるとパニックになる人は発達障害と気づいていないことが多い

シバッタマン

ADHDや発達障害というのは最近になって話題となりました。よって昔からの傾向だと自分の性格だとおもってしまいます。私もそうでした。

自分も最初はどうしても怒られるとパニックになるものもあり、上司にもいずれ経験で出来るようになるからといわれ信じてやってきました。

ただ、会社を転職してもなおらない、IT業界に在籍していましたが、トラブルが起きたら今すぐにでも直さなきゃいけないという状況が多々ありました。

それでも年齢を重ねてもパニックするのは直らず、あるきっかけで医者に通院したところ発達障害と診断されることになりました。

発達障害ADHDは治療で治せるものではない?子供のころから存在している

シバッタマン

発達障害ADHDは治療で治せるものではありません。子供のころから存在しているものなのです。ですので、直せと言っても治らずず二次障害がおきてしまうことも多々あります。結果として鬱傾向などの2次障害などを引き起こす人がでてきてしまいます。

発達障害には、自閉スペクトラム症、注意欠如・多動症(ADHD)、学習症(学習障害)、チック症、吃音などが含まれます。
これらは、生まれつき脳の働き方に違いがあるという点が共通しています。同じ障害名でも特性の現れ方が違ったり、いくつかの発達障害を併せ持ったりすることもあります。

引用元:「発達障害」とは生まれつきの特性です(厚生労働省)

ADHDとは?発達障害のひとつ

ADHD(注意欠如多動症)とは、「発達障害(神経発達障害、神経発達症)」という、脳の機能障害の分類の一つです。

ADHD以外の発達障害には、ASD(自閉スペクトラム症)やSLD(限局性学習症群)などがあります。

発達障害における「脳の機能障害」とは、脳の機能のバランスにばらつきがある、つまり突出している機能や十分に発達していない機能があるといった状態のことを指します。

もちろん、誰の脳機能にも多少のばらつきはあります。

その上で、ばらつきが大きく、学校や家庭での生活の妨げとなる場合に、医師の診察のもと、発達障害という診断がなされます。

かつては、「育て方や環境によって発達障害になるのではないか」という見方もされていました。

ですが、現在では「発達障害は後天的になるものではなく、脳の機能の偏りが関係する生まれつきの特性である」と結論づけられています

発達障害のある子と家族のためのサポートBOOK 小学生編

ADHDの特性

ADHDには多くの特性がありますが、その中でも下記の2点がよく見られるものとして挙げられます。(参考:田中康雄『大人のAD/HD』)

  • 不注意…忘れ物やケアレスミスが多く、確認作業を苦手とする
  • 多動・衝動性…気が散りやすく、貧乏ゆすりなど常に身体を動かしていないと落ちつかない

その他にもよく挙がる特徴として、「マルチタスクやスケジュール管理が苦手」といったものがあります。

ADHDの強み!(発達障害)

ADHDの特性の職業上の強みは、例えば下記の5つを挙げることができます(参考:榊原洋一『図解 よくわかる大人のADHD』)。

  • 発想力に富んでいてアイディアが豊富
  • 好奇心旺盛で新しいことにチャレンジできる
  • 興味のある分野には没頭することができる
  • 決断力があるのでスピーディーに物事を判断できる
  • 感覚に優れていて周囲の環境に敏感

上記の特性をうまく活かすことができれば、主に多動・衝動性から生まれる、職業上の強みにつながるかもしれません。

ADHDの弱み(発達障害)

反対に、ADHDの特性が、仕事の上で弱みになることもあります。

代表的なものは、以下の5つです。(参考:日本精神神経学会「今村明先生に「ADHD」を訊く」)

  • 書類の記入漏れなどのミスをしやすい
  • 仕事の優先順位をつけるのが苦手で先延ばししやすい
  • 複数案件を処理しようとすると業務効率がぐんと落ちる
  • 整理整頓が苦手で書類や物をなくすことが多い
  • 感覚に優れていて他人の意見に耳を傾ける前に発言したり行動したりする

【adhd怒られるとパニックになる】泣くのも大人の発達障害なの

なぜ怒られるのはなぜか?

なぜAdhdですと怒られるとパニックになってしまうのでしょうか。

シバッタマン

まず「怒られる」に至るには原因があります。自分の気分で怒るような上司や同僚であれば、本来は「クビ」な方です。

ですから怒るのは原因があり、責任を伴ったうえで怒っていることを意識しましょう。自分に原因があるかもしれないな、という当事者意識は大事ですが、そこに囚われ過ぎないようにしてください。

完璧に価値観が合う人などいません。仕事で必要なことを、おろそかにしてしまっているなら怒られて当然かもしれませんが、そうでないのであれば、怒ることをストレスのはけ口にしているサイコパスな相手なのかもしれません。

そうだった場合、あなた自身に責任があるなどと考えてはいけません。もし怒られたときは、まず原因を考えるようにしましょう。

なぜ怒られるとパニックになり泣いてしまうしまうのはなぜか?

シバッタマン

「泣きたくなる」と聞くと、悲しいことがあったのか、または辛いことがあったのかと考えがちです。どんな時に泣きたるのでしょうか。

セロトニンは脳内ホルモンの一種で、機能低下が起こると、心のバランスを取る働きが乱れてしまうの
です。

心のバランスが取れなくなると、感情のコントロールができなくなるため、急に涙が出たり涙もろくなったりするわけです。

ADHDで怒られた場合も脳の二次障害でうつ病が起きている場合があります。その場合はためらわず医師のカウンセリングを受けることをお勧めします

怒りとパニックが直結してて泣いてしまう

悲しいことがあった、失敗をして悔しい思いをしたなどの時に泣きたくなるでしょう。

ただ、その他にも映画に感動して涙が出た、嬉しい報告を聞いて涙が出たというケースも考えられます。人には喜怒哀楽があり、その時々に涙を流すことがあります。

具体例を見ると、泣きたくなるタイミングと感情の高ぶりとの関係に納得いただけるでしょう。しか
し、感情が高ぶったからといって、大人がその度に涙を流すわけでもありません。

怒りとパニックが直結してて泣いてしまう

シバッタマン

悲しいことがあった、失敗をして悔しい思いをしたなどの時に泣きたくなるでしょう。また怒りでもパニックがおきると泣いてしまうこともあるでしょう。

その他にも映画に感動して涙が出た、嬉しい報告を聞いて涙が出たというケースも考えられます。人には喜怒哀楽があり、その時々に涙を流すことがあります。

具体例を見ると、泣きたくなるタイミングと感情の高ぶりとの関係に納得いただけるでしょう。しかし、感情が高ぶったからといって、大人がその度に涙を流すわけでもありません。

adhd怒られるとパニックになり泣いてしまう場合にとは別に考えられる病気は

パニック障害・不安障害

シバッタマン

パニック障害は不安障害のひとつです。

「パニック発作」「予期不安」「広場恐怖」の3つの症状があります。 その中でも特徴的な症状がパニック発作です。 パニック発作は原因不明の激しい不安を突然感じ、動悸やめまい、呼吸困難などが現れます。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)

PTSDPost Traumatic Stress Disorder :心的外傷後ストレス障害)は、死の危険に直面した、その体験の記憶が自分の意志とは関係なくフラッシュバックのように思い出されたり、悪夢に見たりすることが続き、不安や緊張が高まったり、辛さのあまり現実感がなくなったりする状態です。

上記のような現象が起きたら医者に通院して医師に相談してみましょう。

【adhd怒られるとパニックになる】泣くのも大人の発達障害の対処方法

【ADHD怒られるとパニックになる】泣くのも大人の発達障害なの?
シバッタマン

それ以外に怒られるとパニックになる場合の対処方法を説明します。

【adhd怒られるとパニックになる】の対処方法①:怒りは恨みや嫌悪感でない

仮に怒鳴っていたとしても、あなたへの「怒り」は恨みや嫌悪感からの言葉ではありません。

本当にあなたを嫌いであれば関わることをしません。本当に期待していなければクビになるだけです。

怒られるうちは、まだ「あなたに可能性を感じている」証明であると意識しましょう。

【adhd怒られるとパニックになる】の対処方法②:怒るにはエネルギーが必要

怒る、叱るという行為はエネルギーを要します。相手に嫌われるかもしれない不安が強ければ怒ることはできません。さらには怒ってもついてきてくれると信じる気持ちがないとできません。

それだけ、「怒る」「忠告する」行為は大変なことなのです。そのリスクを負ったうえであなたに言っていることを意識すると、受け取り方が変わってきます。

少なくとも、「あなたへの攻撃」ではありません。

【adhd怒られるとパニックになる】の対処方法③:気を利かせた返答と聞き入れ

怒られているときや注意を受けているときは、気を利かせた回答をしたことで逆効果になることがあります。「口答えしている」と感じさせてしまう可能性もあるからです。

必要なのは、「受け止めています」という気持ちを言葉にすることです。

【ADHD怒られるとパニックになる】泣くを防ぐ方法は何?【発達障害】

ADHD怒られるとパニックになる①:医者に相談

仕事によるうつ病は、退職や転職によって改善されることもしばしばありますが、職場をそう簡単に辞められないという方は多いのではないでしょうか。

辞められないという使命感やプレッシャーが、さらにうつを進行させる原因にもつながるため、早い段階で気持ちを軽くすることが大切です。

自己判断でうつ状態、あるいはうつ病と決めつけるのは良くないことです。

シバッタマン

休職を検討している人は、何らかの精神的ストレスを抱えていることがほとんどなので、早めに心療内科や精神科に相談しましょう。自分ではさほど問題がないように感じていても、医師からすると休職の必要性が大いにある場合もあります。

休職を検討している人は、何らかの精神的ストレスを抱えていることがほとんどなので、早めに心療内科や精神科に相談しましょう。自分ではさほど問題がないように感じていても、医師からすると休職の必要性が大いにある場合もあります。

まずは産業医や医師など専門家の意見を聞いてみましょう。

ADHD怒られるとパニックになる②:支援機関に相談

ADHDに伴う悩みをお持ちの方は、まずは「医師や支援機関に相談」しましょう。

かかりつけ医は、あなたがADHDの特性とうまく付き合っていく上で、大切なパートナーです

定期的に通院して悩みを共有すれば、あなたに合ったアドバイスを得られるでしょう。

特に、前に述べた「二次障害」をお持ちの方は、まずは医師に相談して、治療を進めるようにしてください。

また、公・民を問わず、発達障害を含む障害をお持ちの方をサポートしている機関は複数あります

具体的には、以下の支援機関が挙げられます(各項目のリンクをクリックすると、全国の一覧を紹介するサイトが新しいタブで開くます)。

「就労移行支援事業所」のように、仕事の悩みにしっかり寄り添って解決策を提示してくれる機関もあります。

もし、どの支援機関が適切か分からないという場合は、お住いの自治体の障害福祉課が窓口になりますので、お悩みの方は一度、問い合わせてみるとよいでしょう。

ADHD怒られるとパニックになる③:就労移行支援事業所

2つ目は「就労移行支援事業所に通所する」です。

就労移行支援事業所では、病気や障害をお持ちの方を対象に、障害者総合支援法に基づいて行われる障害福祉サービスを提供しています

利用にあたって、職歴の有無は問われません。

また、障害者手帳は必須ではなく、専門医による診断書があれば支援を受けることができます。

支援の詳細は事業所ごとに異なりますが、あなたの特性に合わせた「個別支援計画」に基づき、仕事の相談からメンタル面の相談、コミュニケーションの訓練、専門スキルの習得、就職先の紹介までと、幅広いサポートを行っています。

また、就職・転職された方の「職場定着支援」をあわせて行っている事業所もあります。

就労定着支援では、一般的な定期面談の他に、就職先での業務内容や業務量の調整といった、職場で長く働き続けるためのサポートが受けられますので、仕事が続かないことでお悩みの方には、特にオススメです

障害別の就労移行支援【atGPジョブトレ】

障害特化だからこそ、就職後も自身の障害とうまく付き合いながら 「働き続ける」ためのスキルが身につきます。

atGPジョブトレのポイント

・15年以上にわたり障害者の就職・転職をサポートしてきた 「atGP転職サービス」のゼネラルパートナーズが運営。  

atGPの就職支援サービス(atGPエージェント、atGP転職) も併用することで、就職の可能性が広がります。  

点atGPサービス全体の取引企業2000社以上!

・atGPジョブトレの1事業所あたりの平均年間就職人数は、 全国の就労移行支援事業所の平均3.4人の7倍の24名

※1  さらに、就職後の職場定着率も91.4%。

また、同じ障害と同じ目標を持つ仲間と悩みや解決策の情報共有ができるため安心。  障害への理解が深まったと回答した利用者様が95%。

※2 ・事務職で活躍できるスキルが身につくプログラムを提供。  事務職での就職率が94.5%。※4 ・一人ひとりと向き合う満足度の高い支援を実施。  スタッフの支援に満足している利用者様の割合が95%。※5

就労移行支援事業所atGPジョブトレ
運営会社株式会社ゼネラルパートナーズ
対応障害うつ症状コース、発達障害コース、統合失調症コース、  聴覚障害コース、難病コース
対象エリア東京(大手町・お茶の水・秋葉原)、神奈川(横浜)、大阪(梅田)
対象年齢20代〜50代
得意分野総合求人
【ADHD怒られるとパニックになる】泣くのも大人の発達障害なの?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします

発達障害のため転職経験も多いですIT業界で働いていたので、転職経験についてもお伝えします。

【資格】
Webディレクション資格認定者、Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)など他 IT資格を取得

オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次