MENU

【ADHDで転職成功】転職エージェントやサイトで相談?ホワイト企業を目指す

ADHDが特性で向いている仕事の選び?特徴や仕事の種類を解説!転職成功のポイントも紹介

ADHDによる職業上の困難を抱えている人が多くなっていると言われています。

「もしかしたら自分はADHDかもしれない」と感じている方や、医療機関でADHDと診断された方の中には、「仕事が楽しくない」「今の仕事を早く辞めたい」と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今の職業を続けられるのか、この就職先で大丈夫か…あなたも、そういった悩みを抱えていませんか?

大人のADHDの特性から職場での対策、特性に合った仕事などをご紹介します。就職や転職をしたいと考えてはいるものの一歩踏み出せずにいる方は、ぜひご参考にしてください。

本記事では、ADHDの方に向いている職業から、仕事探しをするときのポイントまで、徹底解説いたします

目次

【ADHDで転職成功】転職エージェントやサイトで相談?ホワイト企業を目指す

ADHDが特性で向いている仕事の選び?特徴や仕事の種類を解説!

ADHDとは?

ADHDが特性で向いている仕事の選び?特徴や仕事の種類を解説!
ADHDとは?

ADHDとは、注意欠如多動性障害(Attention-Deficit Hyperactivity Disorder)を意味する発達障害の一種です。

脳の機能の発達や成熟にかたよりがあることが原因だとされていて、根本的に治療することは難しいですが、自身の特性を理解して対処法を身につけていったり、家族や友人、職場の方などに特性を理解し受け入れてもらったりすることで、生きづらさの解消につながります。
また、心療内科や精神科などの医療機関で診断を受ければ、障害特性を抑えるための薬物療法や、「認知行動療法」や「ソーシャルスキルトレーニング」などの心理療法を受けることができま

ADHDには多くの特性がありますが、その中でも下記の2点がよく見られるものとして挙げられます。

今回は、この代表的な特性に絞ってご説明します。

  • 不注意…忘れ物やケアレスミスが多く、確認作業を苦手とする
  • 多動・衝動性…気が散りやすく、貧乏ゆすりなど常に身体を動かしていないと落ちつかない

その他にもよく挙がる特徴として、「マルチタスクやスケジュール管理が苦手」といったものがあります。

こうしたADHDは、以前は子ども特有のものと考えられていました。

しかし、2013年にアメリカ精神医学会の定める『DSM-5精神疾患の診断・統計マニュアル』で成人のADHDが規定されたことで、自分の職業や仕事の進め方に悩んでいる「大人のADHD」が話題を集めるようになったのです。

基本的には上記の「不注意性、多動・衝動性」が前面に出やすい特徴がある、というだけです。

必要以上に深刻に考える必要はありませんので、ご安心ください。

ADHDの特徴は?

ADHDの特徴は?
ADHDの特徴は?

ケアレスミスが多いなどの「不注意]

  • 注意がそれやすく集中力が続かない
  • 忘れ物や物をなくすことが多い
  • ルールや約束を守るのが苦手
  • 片づけが苦手
  • 段取りを立てるのが苦手

突発的な行動が多いなどの「多動性・衝動性」

  • 我慢やじっとしているのが苦手
  • TPOをわきまえずおしゃべりをしてしまう
  • 思ったことをすぐ言ってしまう
  • せっかちで待つことが苦手
  • よく考えずに独断で行動してしまう

【ADHDで転職成功】ADHDの人の強み?転職エージェントに相談でホワイト起業へ

ADHDの人の強み?
ADHDの人の強み?

ADHDの人の職業上の強みは、例えば下記の5つを挙げることができます。

  • 発想力や独創性に富んでいる
  • 好奇心が強い
  • 感受性に優れている
  • 決断力があり、スピーディーに物事を判断できる
  • 興味のあることはとことん追求できる

好奇心が強い

好奇心や意欲が強いので、どんどん前へと進んでいきます。常識や前例を気にせず、初めてのことにも抵抗なくチャレンジができます。

感受性に優れる

さまざまなものから刺激を受けやすく、良いと思ったことは意欲的に行動します。周囲の変化や新しい情報に敏感で、また、人なつこいところもADHDの長所です。

決断力があり、スピーディーに物事

多動・衝動性の特性をポジティブに捉えると、「行動力」があり、「決断力」が高いと言えます。いつまでも迷い続けることが少ないので、判断を保留せず素早く結論を出します。決断力だけではなく、すぐ行動に移すことができるので成果を上げるのも早いです。

興味のあることはとことん追求

普段は不注意が目立つ方でも自分が好きなことには抜群の集中力を発揮するので、作業のスピードが上がります。プライベートでも趣味を存分に楽しむことが、ストレス解消につながることも。

ADHDでホワイト起業に転職成功するため転職エージェントに相談

発達障害者WEB系エンジニア・プログラマに向いている・向いていない理由は?

ADHDの特性で「人間関係」に困難があるようでしたら、「プログラマーには向いていても、システムエンジニアには向いていない」という可能性はあります。

ADHDの特性の一つである「興味のあることには驚異的な集中力を見せる」が関係します。理由としてはマーケティングにもにていると思います。

【ADHDで転職成功】転職エージェントに相談相談

【ADHDで転職成功】転職エージェントに相談①:dodaチャレンジ

DODAチャレンジ

相談者

例えば転職サイトDODAの求人をみてみましょう。システムエンジニアを募集しているのがわかります。
また、

統合失調症、双極性障害、うつ、発達障害、高次脳機能障害のある方々のご支援実績がございます。就業経験の少ない方、支援機関通所中の方はもちろん、現職中の方の年収アップのご支援も多数ございます。

よくある質問①発達障害ADHDの特性がプログラマーやシステムエンジニアの求人はあるの?

私が大切にしていることは、求職者ご自身の想いに真摯に向き合うことです。転職を考えておられる方は叶えたい希望や不安、うまく言葉にならないモヤモヤした気持ちなど、様々な想いを抱えていらっしゃると思います。まずはそのようなお気持ちをお話して頂き、整理することが私の役目だと考えています。時にはプロとして客観的なアドバイスをさせて頂くこともありますが、カウンセリングでは話しやすい雰囲気を心がけご自身のお気持ちに丁寧に寄り添うことを何よりも大切にしています。こんなことまで職場にお願いしてもいいの?前職ではこんな時に困ったのだけれど……、というお話を是非お聞かせください。職場に理解して頂ける伝え方やご自身で取り組める対処法を一緒に考えていきましょう。法人営業で学んだ企業の人事視点を取り入れてご提案致します。

引用元:https://doda.jp/challenge/service/adviser/nm.html

また、発達障害の方がDODAで仕事を続けるコツが記載されています。

社名パーソルチャレンジ株式会社
本社〒108-0014 東京都港区芝5-33-1 森永プラザビル本館19F
資本金45百万円(単体)
※パーソルホールディングス100%出資
創立年月日2008年1月1日(特例認定 2008年11月)
※ 2017年6月1日付、株式会社フロンティアチャレンジから社名変更
取締役代表取締役井上 雅博取締役中村 淳
事業内容障害者専門の人材紹介、コンサルティング、就労移行支援、委託訓練、教育・アセスメント、公共事業受託、事務アウトソーシング
許可番号有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-040608
従業員数1,241名
(2022年4月1日現在、うち障害者人数 747名 : 身体107名/知的52名/精神588名)
サポート体制精神保健福祉士、GCDF-Japanキャリアカウンセラー
第2号職場適応援助者(ジョブコーチ)、障害者職業生活相談員
関連会社パーソルホールディングス株式会社
ADHDが特性で向いている仕事の選び?特徴や仕事の種類を解説!転職成功のポイントも紹介

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします
オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次