MENU

発達障害(ADHD)が向いてる国家資格のおすすめ?資格勉強をする理由

発達障害(ADHD)が向いてる国家資格のおすすめ?資格勉強をする理由
シバッタマン

発達障害(adhd)の人に向いている国家資格について紹介させてもらいます。ADHD の人には優秀な人が結構多くいますので、取得できる可能性は高いと考えています。

国家資格とは

弁護士
司法書士
宅建士
行政書士
マンション管理士
電気工事士
ケアマネジャー
理学療法士
ボイラー技士

目次

発達障害(ADHD)が向いてる国家資格のおすすめ?資格勉強をする理由

発達障害者(adhd)が国家資格を資格勉強をする理由:情熱を注ぐと力を健常者より働くことができる

強い情熱を注ぐことができるような職業や、それであれば1日中でもしていることができるというような職業を見つけることができるようになれば、ADHD の人はそうでない人よりも高いパフォーマンスを発揮して優秀な成果を出すことができます。

ADHD の人は、緊急性や作業の負荷の高さがモチベーションになることが多いということです。

シバッタマン

ADHD の人は、緊急性や作業の負荷の高さがモチベーションになることが多いということです。

ADHDは別名「天才病」とも言われるくらいですから、歴史上の偉人とされる人の中にもADHDと思われる人がたくさんいます。

  アインシュタイン、ピカソ、モーツァルト、レオナルド・ダヴィンチ、ゲーテなどはそうではないか、とされます。 政治家、企業家では、J・F・ケネディやスティーブ・ジョブズなどはADHDと考えられます。

日本では、樂天グループの三木谷浩史氏と家具小売りの世界的企業、ニトリ会長の似鳥昭雄氏がADHD経営者として知られています。

 三木谷氏も似鳥氏も、多動、不注意、集中力の欠如、衝動性などで苦労した後に、新事業に果敢に挑戦して成功を勝ち取ったようです。

ADHD(注意欠陥・多動性障害)の有名人・芸能人・スポーツ選手
  • 長嶋茂雄
  • マイケル・フェルプス
  • ウィル・スミス
  • 黒柳徹子
  • さかなクン
  • ジミー大西
  • 深瀬慧(SEKAI NO OWARI)

まず「判断力が求められる仕事」はADHDの方の決断力と行動力が発揮しやすいでしょう。 プランナーや研究職など自由度の高いはたらき方を選ぶことで、よりADHDの長所を活かせます。

発達障害者(adhd)が国家資格を資格勉強をする理由・専門性やスキルを証明できる

発達障害者の(adhd)方が自分が将来どうなりたいのか目標を決め、その目標に辿り着くために必要な資格を判断することで、キャリアアップにつながります。

シバッタマン

発達障害者(adhd)が将来どうなりたいのか目標を決めます。
その目標に辿り着くために必要な資格を判断することで、キャリアアップにつながります。昇進やキャリアアップに必要な国家資格を取得するのはよい考えです。

発達障害者(adhd)目指す目標・ゴールに必要な資格を選定し取得することが大切となります。

難関資格を保有していれば、合格するに至った努力も合わせて評価されます。

資格を持っているだけで「しっかりと努力ができる人なんだな」と、書類選考や面接時によい印象を与えられる場合もあるでしょう。難関資格取得の目的を明確であれば、自己PRや面接で資格について詳しく聞かれた際も、好印象を与えられるはずです。

発達障害者(adhd)が国家資格を資格勉強をする理由・給料アップにつながる

シバッタマン

発達障害者(adhd)が転職をするにしてもしないにしても会社の福利厚生として資格手当がある会社が多いです。

資格手当とは、その会社での業務や職務に活かせる資格を取得した社員に対し、企業が支給する現金手当の福利厚生です。企業が必ず用意しなければならないものではなく、資格手当があるかどうかは企業の任意によります。

その資格がないと担当できない業務がある場合は、資格取得によって毎月の給与に「プラス数千円~数万円」という形で反映される形式です。資格がなくても業務に差し支えないが、スキルアップのために資格取得を推奨している場合などで、合格時にお祝い金として一時金を渡す形式。
受検費用や教材費を企業が負担してくれるかどうかも、任意の制度内容なので企業によって異なります。

発達障害(adhd)が国家資格を資格勉強をする理由・専門知識をさらに高めるため

シバッタマン

発達障害者(adhd仕事に関わる専門分野についての国家資格を取得すると、専門知識を身につける機会につながります。

資格を取得するために勉強することで、仕事への理解が深まり、スキルアップやモチベーションの向上にもつながるでしょう。スキルアップが多くの社会人や企業に注目されている理由は、個人としてできることの幅が広がったり、アウトプットの質が向上したりするためです。仕事ができない、あるいは現状に満足できないと考えているなら、なおさらスキルアップに取り組むことは大事です。

また、企業の事業活動に関わる資格を取得すると、キャリアアップにつながりやすくなります。

結果として資格内容によっては管理職に昇進したり、責任のある仕事やポジションを任されたりするなど、さまざまな可能性がうまれるでしょう。

発達障害者(ADHD)が苦手な作業は?

ADHD(注意欠如多動性障害)とは、「不注意(物事に集中することができず、忘れ物や物をなくすことが多い)」「多動性(落ち着きがなく、じっとしていること苦手)」「衝動性(思いついた行動を唐突に行う・順番待ちができない)」の3つを中心的症状とする発達障害です。

国家資格とは

国家資格とは、国の法律に基づいて、各種分野における個人の能力、知識が判定され、特定の職業に従事すると証明される資格です。法律によって一定の社会的地位が保証されるので、社会からの信頼性は高いですね。

国家資格には根拠となる法律が必ず存在します。 例えば下記の資格が該当します。

国家資格は、法律で設けられている規制の種類に応じて、以下の通り分類できます。

国家資格の分類

業務独占資格:有資格者以外が携わることを禁じられている業務を独占的に行うことができる資格
名称独占資格:有資格者以外はその名称を名乗ることを認められていない資格
設置義務資格(必置資格):特定の事業を行う際に法律で設置が義務づけられている資格

発達障害者(adhd)が向いている国家資格のおすすめ一覧?

シバッタマン

発達障害(ADHDは、マルチタスク(複数の業務を並行して取り組むこと)やチームプレーが求められる仕事は得意ではありません。

ADHDは、マルチタスク(複数の業務を並行して取り組むこと)やチームプレーが求められる仕事は得意ではありません。

注意力が散漫になる傾向があるため、他人の命に関わるようなミスの許されない仕事も避けたがいいでしょう。 その代わり、個人の技術力・スキル・作業が大切な仕事では力を発揮します。

シバッタマン

発達障害者(ADHD)にっとって個人の技術力・スキル・作業が大切な仕事では力を発揮しますので、組織に属さなくても活かせる国家資格を紹介いたします。

民間資格は特に就職で特別に有利ではなく、持っていないと働けない職種も多くありませんが、就職先に合った資格であればプラスポイントになるのは間違いなく、仕事の幅も広がります。

昨今ではクラウドソーシングのPRポイントとして活用できるといった場面も増えましたので、気になる資格があれば取得を目指してみてはいかがでしょうか。

発達障害者(adhd)が向いている国家資格1・社会保険労務士

社労士は、社会保険労務士法に基づいた国家資格者です。

企業の成長には、お金、モノ、人材が必要とされておりますが、社労士はその中でも人材に関する専門家であり、「労働及び社会保険に関する法令の円滑な実施に寄与するとともに、事業の健全な発達と労働者等の福祉の向上に資すること」を目的として、業務を行っております。

社労士は、企業における採用から退職までの「労働・社会保険に関する諸問題」や「年金の相談」に応じるなど、業務の内容は広範囲にわたります。

発達障害者(adhd)が向いている国家資格2・ファイナンシャルプランニング技能士

FP(ファイナンシャルプランナー)になるには、国家資格である”FP技能士”、もしくは、民間資格のAFP、CFPを取得しましょう。

シバッタマン

FP(ファイナンシャルプランナー)は、これらの幅広いお金のうちの6つの分野を扱います。ありとあらゆるお金のエキスパートなのです。
検定試験は私たちが日ごろから使っているお金に関わる知識がベースになるので、初めての方でも抵抗なく学習できる内容ばかりです。

社会保険労務士の受検資格

1. ライフプランニングと資金計画
2. 金融資産運用
3. タックスプランニング
4. リスク管理
5. 不動産
6. 相続・事業承継

節約から税金、投資、住宅ローン、不動産、教育、老後、相続まで取り扱います。

ファイナンシャルプランニング技能士の仕事内容について

ファイナンシャルプランナー(FP)の仕事内容

企業FPは、銀行や保険会社、不動産会社などに勤め、投資や貯蓄、保険、住宅ローンなどのプラン作成や相談対応を行います。 一方独立FPは、個人や企業に対し税金や保険などの相談に対応します。

就職先としては、主に保険や不動産などの金融関係のサービスを提供している企業と、ファイナンシャル・プランニングのコンサルティングを専門に行っているFP会社に分けられます。

金融系の企業では、営業活動の際により良い提案を行う目的でFPの知識を使うことが多いようです。これに対し、FP会社で働く場合は、特定の分野のみではなく、総合的な視点でクライアントに助言をしていきます。

このほかにも、起業をして個人事務所を経営したり、一般企業の「社内FP」として従業員の将来設計にアドバイスを行ったりしているプランナーもいます。

講師や執筆者として情報を発信したり、ボランティアとして災害被害者の無料相談に乗ったりと、活躍できる現場は多岐にわたります。

発達障害者(adhd)が向いている国家資格⑤・管理業務主任者

購入して住むタイプの分譲マンションには、「マンション管理組合」の設置が義務付けられています。この管理組合から委託を受けて「マンション管理会社」が管理業務を行います。

マンション管理会社を営む際に設置が義務付けられているのが「管理業務主任者」です。

シバッタマン

「管理業務主任者」とは、マンション管理業者が管理組合等に対して管理委託契約に関する重要事項の説明や管理事務報告を行う際に必要な国家資格者のことです。

「管理業務主任者」となるには、管理業務主任者試験に合格し、管理業務主任者として登録し、管理業務主任者証(以下「主任者証」という)の交付を受けることが必要です。 

管理業務主任者の仕事内容について

管理業務主任者」の主要業務は、管理委託契約に関する重要事項の説明や、管理委託契約書に記名押印をする仕事です。

これらの業務は宅建士のそれと同じく「独占業務」のため、管理業務主任者はそこで必ず必要とされる職務、ということになります。

発達障害者(adhd)が向いている国家資格⑥・宅地建物取引士

宅建士は「宅地建物取引士」の略称で、毎年20万人前後の受験者数を誇る最大規模の国家資格です。

シバッタマン

宅地建物取引士(たくちたてものとりひきし)とは、宅地建物取引業法に基づき定められている国家資格者です。

 宅地建物取引業者(一般に不動産会社)が行う、宅地又は建物の売買、交換又は貸借の取引に対して、購入者等の利益の保護及び円滑な宅地又は建物の流通に資するよう、公正かつ誠実に法に定める事務(重要事項の説明等)を行う、不動産取引法務の専門家となります。

創設当初は「宅地建物取引士」ではなく、「宅地建物取引員」という名称であったが、1965年(昭和40年)の法改正により「宅地建物取引主任者」となりました。

宅地建物取引士の仕事内容について

シバッタマン

宅地建物取引士の仕事内容は、以下の通りです。

・宅地建物の取引の契約締結の際に、重要事項説明をする
・宅地建物の取引の契約締結後に交付する書類に、署名や押印をする

このふたつの業務は、宅建の資格を持っている人しか行うことができません。

さらに下記の仕事もあります。

・土地や建物の売り出しをしたい人の手助けをする
・土地や建物の購入をしたい人、借りたい人の要望にあった不動産を探し、紹介する
・土地や建物の売主・買主の仲介をし、契約までの段取り、契約のサポートを行う
・土地や建物を貸したい人・借りたい人の仲介をし、賃貸契約までの段取り、契約のサポート

発達障害者(adhd)が向いている国家資格⑦・中小企業診断士

中小企業基本法では、中小企業者が経営資源を確保するための業務に従事する者(公的支援事業に限らず、民間で活躍する経営コンサルタント)として位置づけられています。

シバッタマン

中小企業診断士は、中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行う専門家です。法律上の国家資格として、「中小企業支援法」第11条に基づき、経済産業大臣が登録します。


 中小企業診断士制度は、中小企業者が適切な経営の診断及び経営に関する助言を受けるに当たり、経営の診断及び経営に関する助言を行う者の選定を容易にするため、経済産業大臣が一定のレベル以上の能力を持った者を登録するための制度です。

中小企業診断士の仕事内容について

中小企業診断士は、まず企業の成長戦略の策定について専門的知識をもってアドバイスします。

シバッタマン

中小企業診断士は、中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行う専門家です。法律上の国家資格として、「中小企業支援法」第11条に基づき、経済産業大臣が登録します。

策定した成長戦略を実行するに当たって具体的な経営計画を立て、その実績やその後の経営環境の変化を踏まえた支援も行います。中小企業診断士は、専門的知識の活用とともに、企業と行政、企業と金融機関等のパイプ役、中小企業への施策の適切な活用支援まで、幅広い活動に対応できるような知識や能力が求められています。

発達障害者(adhd)が向いている国家資格8・行政書士

 行政書士にはそういった受験資格の制限がないので、誰でも受験できます。許認可申請のプロの視点でスムーズに行なわれるよう、相談から書類作成、提出代理までを行政書士が行ないます。

司法試験ならロースクール卒業、税理士試験なら簿記1級、社会保険労務士なら大卒以上、など、様々な受験資格が定められています。

シバッタマン

行政書士は、行政手続を専門とする法律家です。但し、行政書士が独占する業務に加え、他の資格で独占されていないものも仕事とすることができるため、非常に広い業務範囲を持ちます。

 行政書士は会計記帳、決算、財務諸表の作成など会計業務に携わることができます。 中小企業に対して法務的観点から幅広いアドバイスが行えます。

自分の興味がある分野やキャリアのある分野を専門としていくことができます。

引用元:https://gyosei-shiken.or.jp/

行政書士の仕事内容について

事業を経営する人にとって、公官署に提出する書類は煩雑で面倒ものが多く、自力で手続きするには時間がかかります。 行政書士は、そんな事業者に代わって書類を作成し、提出なども代行する事が出来るパートナーとなります。

官公署に申請する書類は膨大なものになります。

シバッタマン

提出書類を作成したり、申請のために必要となる公的証明書などを収集して、すべての書類が揃ったら役所に提出します。 たいていの書類は手続きの段階ごとに提出期限が定められているため、依頼者の希望するスケジュールによっては、急いで作業を進めなければなりません。

発達障害者(adhd)が向いている国家資格⑨・司法書士

超難関の資格として知られる司法書士です。

シバッタマン

司法書士は、行政機関に提出する書類の作成や審査請求を行う職種です。作業には法律に関する専門知識が必要となるため、資格を有する司法書士が個人や法人などから依頼を受け、代行します。

司法書士は単に手続きを進めるだけでなく、依頼者から法律に関する相談を受けることも多いです。依頼者にとって必要な手続きを、適切かつスムーズに進めることが司法書士の役割です。

司法書士は法律に関する業務を扱うため、弁護士と混同されることもあります。

司法書士と弁護士の違い

司法書士と弁護士では、扱える業務の範囲に違いがあります。弁護士が法律に関する業務のすべてに対応できるのに対し、司法書士が対応できるのは書類作成や登記など一部の業務に限られているのです。

司法書士の仕事内容について

司法書士は、法務局、裁判所、検察庁などへ提出するための書類を作成します。特に、登記や供託の手続きを依頼されることが多いです。また、審査請求の手続きを依頼者の代理で行う場合もあります。

【出典】厚生労働省 精神・発達障害者しごとサポーター

発達障害(ADHDアスペルガー)が資格をとれたら転職エージェント

発達障害(ADHDアスペルガー)が資格をとれたら転職エージェント

dodaチャレンジ」は、「doda」という求人情報サイトの中にある転職支援サービスのことを指します。

dodaチャレンジはさまざまなサービスを利用できるため、仕組みがややこしいと感じる人もいるかもしれません。

dodaチャレンジで利用できるサービスは、複数のサービスを併用するのはもちろん、自分にメリットの大きいサービスを選んで利用しても構いません。

サポート力の高さもdodaの魅力のひとつです。エージェントサービスで受けられます

職種全職種に対応
機能非公開求人の紹介スカウトサービスパートナーエージェントサービス面接のスケジュール調整書類・面接手続きのサポート
得意分野・特徴専門スタッフによるプロ目線での求人紹介転職エピソード転職Q&A
利用可能地域全国
運営会社パーソルキャリア株式会社

関連記事:【Dodaチャレンジの評判や口コミ】発達障害で断られた!デューダの体験談

まとめ:発達障害(ADHD)が向いてる国家資格のおすすめ?資格勉強をする理由

発達障害者はフリーランスや個人事業者の仕事が向いています、今回紹介いたしました。

発達障害(ADHD)が向いてる国家資格のおすすめ?資格勉強をする理由

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします
オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次