MENU
皆様疲れていませんか?障害者本人として日々で悩んでいる皆様の精神疲労を解決するメディアです。

【ADHDのデータサイエンティスト?】データ分析・データアナリストなど発達障害の障害者雇用

当ページのリンクには広告が含まれています。

ADHDは創造性や直感力、多動性などデータサイエンスに適した特徴を持っているといわれています。

発達障害の人には主観的な決断を下す能力とのトレードオフで客観的なデータ分析の適性を持つ人が多いといわれています。

ADHDや発達障害の特性は、データサイエンスの仕事をする上でむしろプラスに働く場合が多いのです。

創造性を発揮できる点や、直感で仕事ができる点が魅力的だと感じる方も多いでしょう。

そこで最近では発達障害者のデータ入力や分析・データサイエンスとの求人が増えています。

障害があるからと諦めることなく、自分の特性に合った働き方を見つけることが大切だと思います。

シバッタマンの紹介
シバッターマン
シバッターマン
  • シバッタマン
  • 精神障害者保健福祉手帳 保持者
  • 退職代行で40歳で会社を退職し就労移行支援へ
  • 氏名:柴田義彦
  • 退職代行&就労移行支援、ITの執筆
  • 妻と4歳の子供がいて住宅ローン・教育費に必死
  • うつ病で休職経験多数
  • WEB業界を辞め、障害と闘いなら自営に転身
  • 経歴・連絡先情報はプロフィールに表示
目次

【ADHDのデータサイエンティスト?】データ分析・データアナリスト向いている? 発達障害

ADHDやデータ入力やデータ分析やデータサイエンティストの適正があるか!

シバッタマン

ADHD(注意欠如多動症)とは「発達障害(神経発達障害、神経発達症)」という、脳の機能障害の分類の一つです。

ADHD以外の発達障害には、ASD(自閉スペクトラム症)やSLD(限局性学習症群)などがあります。

発達障害における「脳の機能障害」とは、脳の機能のバランスにばらつきがある、つまり突出している機能や十分に発達していない機能があるといった状態のことを指します。

もちろん、誰の脳機能にも多少のばらつきはあります。

その上で、ばらつきが大きく、学校や家庭での生活の妨げとなる場合に、医師の診察のもと、発達障害という診断がなされます。

かつては、「育て方や環境によって発達障害になるのではないか」という見方もされていました。

ですが、現在では「発達障害は後天的になるものではなく、脳の機能の偏りが関係する生まれつきの特性である」と結論づけられています

発達障害(ADHD)の特性

ADHDには多くの特性がありますが、その中でも下記の2点がよく見られるものとして挙げられます。(参考:田中康雄『大人のAD/HD』)

  • 不注意…忘れ物やケアレスミスが多く、確認作業を苦手とする
  • 多動・衝動性…気が散りやすく、貧乏ゆすりなど常に身体を動かしていないと落ちつかない

その他にもよく挙がる特徴として、「マルチタスクやスケジュール管理が苦手」といったものがあります。

発達障害(ADHD)の強み!

ADHDの特性の職業上の強みは、例えば下記の5つを挙げることができます(参考:榊原洋一『図解 よくわかる大人のADHD』)。

  • 発想力に富んでいてアイディアが豊富
  • 好奇心旺盛で新しいことにチャレンジできる
  • 興味のある分野には没頭することができる
  • 決断力があるのでスピーディーに物事を判断できる
  • 感覚に優れていて周囲の環境に敏感

上記の特性をうまく活かすことができれば、主に多動・衝動性から生まれる、職業上の強みにつながるかもしれません。

発達障害(ADHD)の弱み

反対に、ADHDの特性が、仕事の上で弱みになることもあります。

代表的なものは、以下の5つです。(参考:日本精神神経学会「今村明先生に「ADHD」を訊く」)

  • 書類の記入漏れなどのミスをしやすい
  • 仕事の優先順位をつけるのが苦手で先延ばししやすい
  • 複数案件を処理しようとすると業務効率がぐんと落ちる
  • 整理整頓が苦手で書類や物をなくすことが多い
  • 感覚に優れていて他人の意見に耳を傾ける前に発言したり行動したりする

【ADHDのデータサイエンティスト?】とはどんな仕事?

データサイエンストの仕事の内容は?

ADHDや発達障害のある方におすすめしたいのが、データサイエンス関連の仕事です。

データサイエンティストを目指すには、統計や機械学習、Python等のスキルを身につける必要があります。

また、データの中から重要なパターンを見つけだすのが得意な方もいるでしょう。

 あるいは、データから浮かび上がるストーリーを豊かな想像力で表現できる方もいるはず。

こうした個性がデータサイエンスの仕事で活きるのです。

統計や機械学習など必要なスキルも徐々に身につけられます。

関心のある方は、まずKaggleのデータ分析コンペにチャレンジする等して実践経験を積むことをおすすめします。

ADHDの特性を活かせる、やりがいのあるデータサイエンスの世界に足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。

データサイエンストがADHDに向いている理由は?

ADHDは創造性や直感力、多動性などデータサイエンスに適した特徴も持っています。

例えば、ADHDの方は物事の本質を見抜く洞察力が高いことが知られています。

 複雑なデータの中から重要なパターンを見出すのに適しているでしょう。

 また、斬新なアイデアを次々と思いつく創造性もデータサイエンスには欠かせません。データから浮かび上がるストーリーを豊かな想像力で表現することも求められるスキルです。

適切な対応やコーピングストラテジーを身につけることで、ADHDの特性を生かしつつデータサイエンスの仕事を楽しみながらこなしている人もいるでしょう。

項番概要内容
1洞察力物事のパターンを見抜く洞察力が高い
2創造性新しいアイデアをたくさん思いつく創造性がある
3ストーリーテリングデータの意味やストーリーをイメージしやすい

ADHDの長所を活かしつつ、Todoリストやタイマーの使用など集中力を高める工夫をし、データサイエンスの仕事を楽しんでいる人がいると思います。

【ADHDのデータサイエンティスト?】データ分析・データアナリストの仕事は?発達障害

【ADHDのデータサイエンティスト?】データ分析の仕事は?発達障害

発達障害者はデータ分析にむいているの

シバッタマン

発達障害がデータ分析の仕事に向いているとされる理由は主に以下の点があげられます。

第一に、細部に注目する力があることです。データのクレンジングや分析には細かな作業が多く、この特徴が活きます。

第二に、論理的思考力があることです。

データを論理的に分析していく力がデータサイエンティストには欠かせません。発達障害当事者の論理的思考力は高い傾向にあると言われています

。第三に、データや分析結果をパターン化してとらえるのが得意だからです。

大量のデータから法則性や傾向性を見出すには、このような特徴が必要不可欠です。

第四に、対人コミュニケーションが比較的少ない仕事であることもメリットの一つです。

発達障害による対人面の困難さを回避できるため、ストレスが少なくて済みます。こうした理由から、発達障害がデータ分析の仕事においてむしろ強みとなりうる場合があるとされています。

データ分析の仕事にも種類がある!

データ分析でも下記の仕事がございます。

データ分析の仕事内容は、主に大量のデータを収集整理分析することです。

業務プロセスのデータ化と可視化、データから価値ある洞察を引き出すことが求められます。

データソースの特定、データのクレンジングと変換、分析モデルの構築、結果の解釈とレポート作成などの作業を行います。統計解析ツールやデータマイニング、機械学習などの技術を用いて傾向やパターンの発見、予測モデルの構築などをします。分析結果を分かりやすく可視化してステークホルダーに提示することも重要な仕事です。

データドリブンな意思決定を支援し組織の課題解決に貢献します。

役割AIエンジニア系データエンジニア系データコンサルタント系
仕事内容AIに必要なデータを与えて処理させ、行動や結果へと導くデータを収集して必要な形に加工や処理を行い、適切に分析した結果を他者が参考・運用できる形に変化させる膨大なデータを収集・分析し、その結果を元に具体的な解決策などに落とし込み、伝えていく
スキル機械学習をより効率的に問題なく学習させるスキル1データの収集、加工、分析、そしてその結果を他者が理解しやすい形に変化させるスキルデータの収集・分析能力と、その結果を具体的な解決策に落とし込む能力

上記でお伝えしたデータサイエンスもそうですよね。

発達障害者の口コミ①

発達障害者の口コミ②

発達障害の障害者雇用の難しいところの一つが、簡単なファイリングは出来ないけど複雑なデータ分析ならできる、みたいな人がいることだと思う。なんで割り算できないのに因数分解できるの?みたいな。

【Dodaチャレンジの評判や口コミ】発達障害で断られた!デューダの体験談

【ADHDのデータサイエンティスト?】データ分析の障がい者雇用はあるの?発達障害

【ADHDデータ入力】データサイエンティストの求人内容はあるの?

発達障害に・データ分析の求人内容はあるの?

シバッタマン

実際にINDEEDで発達障害(ADHDやASD)の求人を見てみました。発達障害にデータサイエンス・データ入力・データ分析 はたたありましたね・

ADHDやASDのデータサイエンス・データ入力・データ分析の求人内容

職務内容詳細

【仕事内容】
複数の業務を主で担当いただき、取引業者との折衝・交渉やグループ各社からの問い合わせ等にも対応していただきます。

・電話対応(※配慮可)
・経理事務(請求処理等)
・担当業務の「予算、収益、工程(進捗)」管理、及び契約社員やパート社員への指示
・名刺作成、各種契約書式(書類)等のチェック
・各種データ入力、および分析作業

<増員のため募集>
※働き方改革関連認定企業

【雇用・募集形態】
正社員

【勤務方法】
通勤型

【試用期間・契約期間・正社員登用制度の説明など】
試用期間:3ヶ月
再雇用制度:有(定年60歳 再雇用65歳まで)

【障害別採用実績】
上肢|下肢|視覚|聴覚|免疫不全|透析|心臓疾患|その他内部障害|うつ|双極性障害(躁うつ)|統合失調症|広汎性発達障害|ASD(自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群)|ADD/ADHD(注意欠陥多動性障害)|LD(学習障害)|高次脳機能障害|知的障害

障害者雇用/データサイエンティスト/4000万人に紐づくデータの活用

Amazonでも発達障害のデータ分析を募集

その他TwitterでAmazonの採用をしているようなツイートがありました。

Amazonの障害者採用。発達障害でも採用可能性アリ Data Analysis Assistant / データ分析アシスタント (勤務地:目黒) - 障がい者雇用 ・時給1600円スタート(月25万ぐらい ・プログラミング技術が多少必要 ・英語メール読解力、多少必要 ・正社員登用あり 

【ADHDのデータサイエンティスト?】の転職エージェント

【ADHDデータ入力】データサイエンティストの転職エージェント

発達障害(ADHDアスペルガー)のデータサイエンス・データ入力・データ分析に転職エージェント

dodaチャレンジ

発達障害(ADHDアスペルガー)のWEBデザイナーに転職エージェント①:dodaチャレンジ

dodaチャレンジ」は、「doda」という求人情報サイトの中にある転職支援サービスのことを指します。

dodaチャレンジはさまざまなサービスを利用できるため、仕組みがややこしいと感じる人もいるかもしれません。

dodaチャレンジで利用できるサービスは、複数のサービスを併用するのはもちろん、自分にメリットの大きいサービスを選んで利用しても構いません。

サポート力の高さもdodaの魅力のひとつです。エージェントサービスで受けられます

職種全職種に対応
機能非公開求人の紹介スカウトサービスパートナーエージェントサービス面接のスケジュール調整書類・面接手続きのサポート
得意分野・特徴専門スタッフによるプロ目線での求人紹介転職エピソード転職Q&A
利用可能地域全国
運営会社パーソルキャリア株式会社

関連記事:【Dodaチャレンジの評判や口コミ】発達障害で断られた!デューダの体験談

株式会社 LITALICO転職ナビ

ITALICO基本データ
タイプ就職支援サイト
利用料金無料(※障がい者手帳がなくてもOK)
対象地域全国(北海道〜沖縄まで88支店)
対象障害全て(うつ病/統合失調症/双極性障害/不安障害/精神障害/ADHD/アスペルガー/発達障害/知的障害/難病)
求人件数非公開
運営会社株式会社LITALICO(企業HP
Pマークあり(確認はこちら
公式サイトリタリコ仕事ナビ公式ページ

【ADHDのデータサイエンティスト?】よくある質問

【ADHDのデータサイエンティスト?】よくある質問

データサイエンティストのつらいことは何ですか?

シバッタマン

データサイエンティストのつらいことや課題としては、以下の点があげられます。

課題内容対処法
前処理の負担実データにはノイズが多く、分析に適したデータ形式にする作業が大変効率的な前処理ツールや方法を探す
可視化の難しさステークホルダーに分析内容をわかりやすく伝えるコミュニケーション能力が必要可視化手法を学び、伝え方を工夫する
分析手法の選択仮説の立て方や使用するモデルの選択に迷うことがある経験者にアドバイスをもらう
抱え込み1人で悩みや仕事を抱え込みがちになるチームと連携し合う
成果が出にくい分析が思うように進まず成果が出ない時期がある挑戦し続ける忍耐力を持つ

ADHD 頭の中 ごちゃごちゃ なぜ?

シバッタマン

ADHDの方の頭の中がごちゃごちゃになるのは、主に次のような理由からだと考えられます。

項番概要内容
1ドーパミンの不安定さ脳内のドーパミンという神経伝達物質の働きが不安定なことで、注意や集中のコントロールがうまくいかず、ごちゃごちゃになりやすい
2前頭葉の機能低下前頭葉のエグゼクティブ機能(高次脳機能)が十分ではないため、計画立案や優先順位付けが上手くできず思考が混乱する
3作業記憶の小容量一時的に情報を記憶・操作する作業記憶の容量が小さく、多くの情報を処理しきれないことで混乱を招く

これらの要因により、ADHDの人は注意の切り替えがうまくいかず、頭の中がごちゃごちゃになる状態に陥りやすいのです。

ADHDの苦手なことは何ですか?

シバッタマン

ADHDの方の典型的な苦手なことは以下のようなことがあります。

ADHDの苦手なこと
  • 集中力が続かない
  • 物事を最後までやり遂げるのが難しい
  • 計画性が乏しく時間管理が苦手
  • 衝動的に行動してしまう
  • 物忘れが多い
  • 些細なことでイライラしたり感情のコントロールが難しい

私の場合は集中力が続かずに物事を最後までやり遂げることが大変苦手です。

時間管理も下手なので、定時に物事を終えるのが難しいです。

ストレスが高まると感情のコントロールも難しくなりがちです。

ADHDの人に共通する苦手なことで、私も悩んでいる点が多いです。コツコツ努力を重ねながら、少しずつ克服していきたいです。

まとめ:【ADHDのデータサイエンティスト?】データ分析・データアナリストなど発達障害の障害者雇用

今回の記事では【ADHDのデータサイエンティスト?】データ分析・データアナリストなど発達障害の障害者雇用についておつたえしました。

いかがでしょうかADHDの特性を活かしながら、データから新しい世界を切り拓いてみてはいかがでしょう。やりがいのあるデータサイエンスの道へ、一歩踏み出してみてください。

やっぱり過集中やこだわりがいきるんでしょうね。

【ADHDのデータサイエンティスト?】データ入力?障害者雇用や発達障害

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次