「事務アシスタント職」と「一般事務職」の違い?アシスタント職や事務補助員とは仕事内容は何?

「事務アシスタント職」と「一般事務職」の違い?アシスタント職や事務補助員とは仕事内容は何?

就職活動で事務職を検索していると、不思議に思うことはありませんか。

業種や仕事内容の記載欄に、さまざまな名称で表記されていることがあるからです。

例えば「一般事務」でいいますと、このほかに「一般事務補助」「事務アシスタント」などと記載されていることもありますよね。

シバッタマン

そこで今回は、「一般事務」と「一般事務補助・アシスタント」には違いがあるのか、それぞれの仕事内容を見ながらチェックしていきましょう。

そこで今回は、「一般事務」と「一般事務補助・アシスタント」には違いがあるのか、それぞれの仕事内容をチェックします。

目次

「一般事務」と「一般事務補助・アシスタント」とはどんな仕事?アシスタント職とは

「一般事務」と「一般事務補助・アシスタント」とは?アシスタント職とは
「一般事務」と「一般事務補助・アシスタント」とは?アシスタント職とは

営業事務は、営業マンのフォローをします。

事務職ですので、営業マンが取ってきた契約書をPCに打ち込んだり、必要な書類を準備したりします。 営業アシスタントは、営業事務に似ていますが、外に出ることもあります。

営業マンのアシストをします。

例えば、本来、その営業マンが持っていくべき資料を、他の約束が入ってしまったために伺えず、 代理として届けたり、代理としてプレゼンをしたり、 営業マンがやっていることを代わりにやる業務と事務が含まれます。

一般事務は、営業事務のようであり、管理事務のようであり、事務に関することは何でもです。

詳しい仕事内容は下記で説明します。

一般事務とは

一般事務とは、オフィスワークの中で最も基本的な職種です。企業内で広範囲にわたり業務を行う役割をいいます。

一般事務とは、事務職・オフィスワークの中で、もっとも基本的な職種であり、オフィス内で、パソコンを使用してデータを入力したり、社内外で必要な書類の作成・処理・整理をしたり、郵便物の仕分け・発送や電話対応・来客対応をしたりと、広範囲に渡って業務を行うポジションを指します

仕事内容

一般事務の主な仕事内容は以下の通りです。

・書類作成
→企業が用意している定型ファイルに、必要情報を入力していく作業がメインとなる
・ファイリング
→作成・印刷された書類をさまざまな種類に分類して整理する
・データ入力
→顧客情報や内部情報などをエクセルや内部のシステム上に入力する
・伝票処理・整理
→企業で起きている「お金の動き」に対し、入金や出金、売上などの情報を整理していく
・郵便物の発送・仕分け
→社外・社内の郵便物の発送、受取作業を行う
・備品管理・発注
→文房具などの備品在庫の管理、コピー機、パソコンなどの機器の管理を行う。故障やトラブルなど、状況に応じて関連業者に依頼する
・電話・メール応対
→企業にかかってきた連絡の取次ぎが中心
・来客応対

給与や待遇

一般事務の平均年収はおよそ297万円になります。これを月収で考えると月21万円程度、時給で考えると1450円程度です。

一般事務アシスタントの仕事

一般事務アシスタントとは、企業や業界、業種によって仕事内容は異なるため多様です。職場によって業務内容は様々であるため、その企業で求められる内容に応じて適切に業務を行う必要があります。

仕事内容

一般事務アシスタントの仕事内容について主なものを、以下の通りまとめました。

・文書作成
・ファイリング
・資料作成
・データ集計
・備品管理
・電話やメール応対、来客応対など

給与や待遇

一般事務アシスタントの平均年収はおよそ300万円程度です(手取りではなく、額面での金額)。このデータを見ても、両者に違いはありません。

一般事務」と「一般事務補助・アシスタント」を比較・違いは何なの?

「一般事務」と「一般事務補助・アシスタント」を比較・違いは何なの?
一般事務」と「一般事務補助・アシスタント」を比較・違いは何なの?

実際にハローワークのインターネット求人検索を使用して、公開されている求人にどんな違いがあるのかをチェックしてみました

その結果、『一般事務だから正社員登用が多い』や『アシスタントだから給料が低い』などの違いはないなど、業務内容や雇用形態などに大きな違いはありませんでした。

上記のポイントも踏まえ、「一般事務」と「一般事務補助(アシスタント)」には大きな違いはないといってよいでしょう。

ではどうしてわざわざ表記を分けているのでしょうか。ハローワークの求人検索ページでも、「一般事務」と「事務補助」と分けて分類されています(枠自体は同じです)。これは筆者が検索結果を見た感覚でもありますが、その企業の業界や業種に影響されている面が見られます。

例えば、メインが建設業や工場での作業員である企業の場合、その事業を「補助」する意味合いとして「アシスタント」「補助」という言葉がよく使われていました。反対に「一般事務」や「事務員」として募集している求人は、役所などオフィスワークがメインであるケースが多かったです。

ですから「一般事務」と「(一般)事務補助・アシスタント」の違いは『その企業でどんな位置づけ(ポジション)にあるか』ではないでしょうか。したがって業務内容に違いはありませんが、周囲が求めていることが異なることはあります。

応募前にあらかじめ、実際に、お問い合わせしていただいたほうがいいと思います。 会社によって、くくりが異なります。

  • その企業がどんな業界なのか
  • 業務内容

まとめ

「アシスタント」とは、「仕事の補佐をする者」という意味の言葉です。

ある仕事をする人に付いて、その仕事の手伝いや補助的な役割をこなす人を言います。

英語の「assistant」のカタカナ訳で、日本語では「助手」と呼ばれます。「カメラマンのアシスタントを務めている」「有名漫画家のアシスタントに入る」「あの人はアシスタントディレクターの○○さんだ」のように使われます。

「事務アシスタント職」と「一般事務職」の違い?アシスタント職や事務補助員とは仕事内容は何?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします
オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる