MENU
皆様疲れていませんか?障害者本人として日々で悩んでいる皆様の精神疲労を解決するメディアです。

【退職代行パートで即日退職?】体験談?体調不良?損害賠償など違法を解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

退職代行サービスは、あなたに代わって退職手続きを行ってくれるプロフェッショナルのサービスです。パートでも退職代行を利用することは可能です。

シバッタマン

パートの皆様にこの記事では即日退職、損害賠償、体調不良対策など、退職代行パートに関するあらゆる情報を網羅的に解説します。

また。

パートで実際に退職代行サービスを利用した方の体験談を参考にすることで、あなたも安心して退職代行の道を選べるでしょう。

退職代行パートの利用可能性や注意点、パートでの権利や義務、体験談、損害賠償の有無、退職プロセス、退職代行サービスの選び方や評判、そしてよくある質問について詳しく説明しています。

この記事を読めば、パートで退職代行を利用する際の注意点や方法が理解できるでしょう。

項目説明
利用可能性パートでも退職代行は利用できる
注意点パートで退職代行を利用する際の注意点
権利や義務パートでの権利や義務
体験談調理師パート、塾講師パートなどの体験談
損害賠償大半の退職代行では損害賠償がない
退職プロセスパートでの退職のタイミング、退職代行サービスの選び方、信頼できる業者の選び方や評判のチェック方法、退職の流れ、費用や目安
よくある質問退職代行サービスがどこまでやってくれるか
シバッタマンの紹介
シバッターマン
シバッターマン
  • シバッタマン
  • 精神障害者保健福祉手帳 保持者
  • 退職代行で40歳で会社を退職し就労移行支援へ
  • 氏名:柴田義彦
  • 退職代行&就労移行支援、ITの執筆
  • 妻と4歳の子供がいて住宅ローン・教育費に必死
  • うつ病で休職経験多数
  • WEB業界を辞め、障害と闘いなら自営に転身
  • 経歴・連絡先情報はプロフィールに表示

アルバイトの退職代行は下記で記事にしています。

目次

【退職代行パートで即日退職?】体調不良?損害賠償など違法を解説

パートでも退職代行は利用できるか

まず「退職代行」についてですが、退職代行とは、字面通り、「依頼者に代わって、会社に退職したい旨を伝えるサービス」のことです。

シバッタマン

辞めたくても辞められずに悩んでいるパート従業員の方の強い味方のサービスであると言えるでしょう。

また既述の通り、「ブラック企業」は今、大きな社会問題になっており、辞めたくても辞めたいと自分から勤務先に伝えることができない方が、パート従業員に限らず非常に多くいらっしゃいます。

その結果、退職代行業者は今、ものすごい勢いで増えてきているのです。

ただ気を付けなければならないのは、「退職代行業者の中にも悪徳業者はいる」ということ。もちろんそのほとんどは優良業者です。

しかし中には、利用者に労働基準法などの知識がないことをいいことに、弁護士にしか与えられていない行為をすると謳って集客を図っている退職代行業者があるのも事実です。以上より、もし退職代行業者を利用する場合は、必ず下調べをした上で、利用するようにしてください。

パートで退職代行を利用する際の注意点

パートと言えば、「給料が安い」とか「ボーナスが貰えない」など、どちらかと言えば、マイナスなイメージで捉えられています

確かに、給料が安いかもしれません。ボーナスが貰えないかもしれません。しかし、パートのような非正規雇用者であっても、正社員と同じく、立派な「労働者」であることに変わりがありません。

つまりアルバイトやパートの方にも、ちゃんとした権利が与えられています。ま

【退職代行パートで即日退職?】体調不良や違法になるの?

【退職代行パート】即日退職・賠償・体調不良対策を解説

アルバイトやパートで退職代行を利用するうえで把握しておくべきこと

アルバイトやパートと言えば、「給料が安い」とか「ボーナスが貰えない」など、どちらかと言えば、マイナスなイメージで捉えられています。確かに、給料が安いかもしれません。ボーナスが貰えないかもしれません。しかし、アルバイトやパートのような非正規雇用者であっても、正社員と同じく、立派な「労働者」であることに変わりがありません。

つまりアルバイトやパートの方にも、ちゃんとした権利が与えられています。またそれらの権利は、絶対に知っておくべきことばかり。こちらではその中でも特に知っておくべき5選をご紹介します。

①パートでの残業・休日出勤時の時給割増請求

残業手当は1日8時間、週40時間を超えたら時給の25%割り増しでいただけます。また、休日手当は35%の割り増しの額がいただけます。ですから、残業や休日出勤をした場合は、必ず手帳などにメモをしてください。そして給与明細書をいただいたとき、必ず確認をするようにしましょう。

②パートでの有給休暇の取得基準

シバッタマン

アルバイトでもパートでも週5日以上または週30時間以上働けば、6か月経過すると最長10日、また、たとえ週4日以下で週30時間未満の勤務であっても、半年経てば所定労働日数によって1〜7日有給休暇が付与されます。

年次有給休暇は、要件を満たせば必ず発生します。会社がそのような主張をしたとしても、一定の要件を満たした全ての労働者に取得する権利があります。

引用元パートの有給休暇(厚生労働省)

アルバイトやパート従業員として働いている皆さん、例えば学校行事やPTAなどで、どうしても仕事を休まぜるを得なくなったときは、当然の権利ですから、ぜひ有休を利用してください

②パートでの即日退職の条件

シバッタマン

アルバイトでもパートでも週5日以上または週30時間以上働けば、6か月経過すると最長10日、また、たとえ週4日以下で週30時間未満の勤務であっても、半年経てば所定労働日数によって1〜7日有給休暇が付与されます。

年次有給休暇は、要件を満たせば必ず発生します。会社がそのような主張をしたとしても、一定の要件を満たした全ての労働者に取得する権利があります。

引用元パートの有給休暇(厚生労働省)

アルバイトやパート従業員として働いている皆さん、例えば学校行事やPTAなどで、どうしても仕事を休まぜるを得なくなったときは、当然の権利ですから、ぜひ有休を利用してください

③パートでの即日退職が可能

パートが嫌になったら退職代行で即日の退職ももちろんできます。


民法627条では「退職する2週間前までには申請をする必要がある」とされていますが、退職の申
請をしてから「2週間有給を使います」といえば、その日から会社に行く必要がなくなります。」

引用元:民法627(厚生労働省)


自分で希望を伝えても、話を聞いてもらえなかったりはぐらかされてしまう可能性があります。その場合を考慮して、第三者である退職代行を使って確実に辞めましょう。

法律も理解したうえで即日退職するように話を伝えてくれるので、会社とのトラブルも避けてくれます。

勿論有給がないと即日退職は難しいですが、その場合は下記の記事を参考にしてもらえるとたすかります。

有給がない場合の参考記事

③パートでの業務・通勤によるケガ・病気への対応

シバッタマン

アルバイトやパート従業員にある権利です。例えば、会社帰りに階段で転んでしまった場合、原則無料で治療が受けられます。

労災保険制度では、労働者が業務中または通勤途中に災害にあい (以下「労働災害」といいます)、その労働災害によって負傷、または病気にかかった場合には、 労働者の請求に基づき、治療費の給付などを行っています。

引用元:アルバイトやパートの治療費(厚生労働省)

いろいろ手続きを踏まなければならないのと費用は後ほど振り込まれることになるので、治療費が還付されるまでに時間が掛かってしまうというネックはあると思います。

④パートでの育児休業の権利

シバッタマン

パートでも育児休暇はとれます。休業開始前2年間で、給与を受けた月が12か月以上あれば、育児休業給付金が平均給与の67%(半年過ぎたら50%)いただけます。

有期雇用労働者(パート、派遣、契約社員など雇用期間に定めがある労働者)
も、条件を満たせば、育児休業や介護休業をすることができます!
(育児・介護休業法により権利として認められています。)

引用元:復職する意思があればパートでも育児休業(厚生労働省)

しかも子どもが1才(最長2才)になるまでもらえます!じつはこちらもアルバイトやパートの有休同様、あまり知られていない制度の一つです。復職する意思があるアルバイトやパート従業員の皆さんは、ぜひ利用してくださいね。こちらも当然の権利なのですから!

⑤パートでも介護休業の取得の権利

シバッタマン

休業開始前2年間で、給与を受けた月が12か月以上あれば、介護休業給付金として平均給与の67%が最大93日分もらえます。今世間では「8050問題」や「老々介護」が話題になっています。介護は誰もが避けては通れないですね。

 育児・介護休業法では、介護休業制度の対象となるかならないかは、「パートタイマー」や「アルバイト」という名称ではなく、雇用契約の内容によって決まります。
具体的には、雇用契約の期間の定めがある方の場合、申出時点で次の要件を満たせば介護休業をすることができます。

引用元;パートタイマーやアルバイトは介護休業できますか。

⑥パートでのパワハラによる即日退職

シバッタマン

パート従業員は、勤務先でもっとも弱い立場にあります。

 そのため、パワーハラスメント各種を受けやすいとされています。しかも、アルバイトやパート従業員の多くは女性です。女性とは生物学上、“産み、育てる”性のため、元々、忍耐力があります。

ただ、それ故にたとえ退職したいほど嫌なことがあっても我慢をしてしまい、辞めたくても辞められない状況に陥りやすいようです。

 ここでは、そのようなパート従業員として働いていて、退職代行を利用しようとしている女性が多いです。

退職代行をパートで利用した体験談

【退職代行パート】即日退職・賠償・体調不良対策を解説

①調理師パートの体験談

調理師は関しては、手に職系のお仕事ですから、ある種「好きを仕事にしている」ので、退職代行の量とは無縁なように感じるのではないでしょうか?

シバッタマン

 しかし、調理師もパートを多く採用しており、パート社員も結構退職代行をよく利用しているようです。

その理由として、大きく二つがあげられます。

正社員とパートの報酬差

シバッタマン

正社員とパート社員の業務内容にほとんど差がないのに、報酬の差が激しいことを上げる人が体験談として多いです。

美容師を見てアルパートの方とすぐに分かりますか?

私たちの認識の中では、髪を洗っている方も、切る方も、パーマをする方も、ブローをする方もすべて、“美容師さん”がすることであって、そこには“正社員の美容師さん”や“アルバイトやパートの美容師さん”という区別はありませんよね

②塾講師パートの体験談

他の業界に比べれば時給もよく、「先生」と呼ばれやりがいもある塾の講師です。

 しかし、特に進学系の塾になると、なかなか大変なようです。

進学系の塾は、パート従業員をさらに分ければ、「学生講師」と「社会人講師」に分かれます。

それに対し社会人講師は、学生講師のテスト期間中は、学生講師の代行をしなければなりません。

 あと、進学系の塾に通っている子どもの保護者は、いわゆる「意識高い系」になります。そのため保護者は、

 しっかりとした受け答えを講師に求めてくるでしょう。おそらく社会人講師の場合、その要求に応えることができると思います。ただ学生講師には、それが少し難しいかもしれません。

シバッタマン

また、パートの学生講師や社会人講師に関わらず言えることとして、「プロ講師と求められる内容が同じであるにも関わらず、報酬の差が大きいこと」があげられるでしょう。

塾の講師とはある種稀有な存在で、たいてい名札の形や色をみれば、

 プロ講師かパート講師かが一目でわかるのに、プロ講師であっても、アルバイト・パート講師であっても、求められるものは同じ「成績アップ」であり、そのための「宿題や質問受け」は当然のこととして一般に認識されていますよね?この事実にアルバイト・パート講師は疑問を持ち、辞めたいと思うようです。

しかし、特に進学塾レベルだと誰もがなれるわけではこともあり、なかなか辞めさせて貰えないようです。

特に中学受験の6年生の担任の場合は、子どものメンタル面を考慮して、なかなか辞めさせて貰うことができないらしいです。このような背景があり、パート講師も退職代行を利用する方が多いとのことです。

③調理師パートの体験談

利用者

次に飲食店の調理師パートの体験談を紹介します。

房から出された料理を食べて、「この味は、正社員の調理師さんがつくった料理だ!」とか「この味は、パートの調理師さんがつくった料理だ!」なんて違いは分かりますか?

 おそらくほとんどの方には、その違いは分からないと思います。

しかしどちらの職種も、パートと正社員の報酬の差は大きいようです。

アレルギー対応

シバッタマン

あともう一つは、「アレルギー」になります。なんだか意外なようですが、「調理師として毎日玉ねぎを切っているうちに、アレルギーが出るようになった」という方は意外と多いです。

一般的に考えれば、パートという非正規雇用の立場なのですから、そんな自分の体に合わないと分かったのに仕事を続ける必要はない、と考えますが、

上記のように、調理師は、正規雇用者と同等な仕事内容を任されているうえに、飲食や美容などの業界は特に、人手不足が顕著なのでなかなか応じて貰えず、退職代行を利用する…という流れになるようです。

【退職代行パート】損害賠償の有無

【退職代行パート】即日退職・賠償・体調不良対策を解説

パートで損害賠償ってあるの?

シバッタマン

例えば、勤務先で受けたパワハラが原因で、出社しようと思っても、気持ちと体の動きがちぐはぐになってしまい、家から出られなくなったとします

 。

 その際、会社に連絡を入れればたとえ上司との間に禍根は残っても、最低限、対処すべきことはしているので問題はないでしょう。

 しかし、会社に電話を入れようとしても、携帯を持つ手が震え、とても話ができるような精神状態ではない症状がずっと続いたとします。

それから数か月後、会社を辞める方向で話が進み始めたけれども、勤務先から「今まで無断欠勤した分は、損害賠償として請求をさせて貰う」ともし言われた場合、あなたならどう思いますか?おそらく大抵の方の場合は、なるべく支払わない方向に話を進めたいと思うことでしょう。

 しかし、会社には労務があり、向こうは労働に関するプロでこちらは労基法の基本すら知らない労働の素人…。

「こんなときいったいどうすればいいの!?」とほとんどの方の場合、パニック状態になるのではないでしょうか。

 そこで登場するのが、こちらも今まで同様、退職代行業者ではなく弁護士になります。ところで、

 上記はあくまでも事例ではありますが、こちらの話のように無断欠勤は絶対にしないでください。そしてこんな事態になる前に、退職代行業者に相談して退職に向けて早急に動きましょう。

大半の退職代行では損害賠償がない

シバッタマン

損害賠償のリスクに関してましても結果的に言ってしまいますと、真っ当な退職代行業者を利用すればそのような心配はありません。

 会社に不利益を被ったと会社側が労働者に訴訟を起こすことはもちろん可能ですが、余程なことがない限りそんなことにはならないでしょう。何故なら、損害賠償の請求などの裁判を起こすのは会社側にとってとても面倒な行為だからです。

どの退職代行業者であればそのようなことで訴えられる可能性は限りなく低いですが、一部では不正なことを行っている危ない業者も存在しています。

 ニュースやネットなどで特に多く問題になっているのは、退職代行業者に依頼したにも関わらず勤務先の会社側とのやり取りが上手くできておらず、結果的には「飛んだ」ようになってしまって会社側から損害賠償の訴訟を起こされたというケースです。

 損害賠償とは、労働過程での故意や過失によって会社や利用者、第三者に損害を与えた場合に発生する責任と賠償金のことです。退職代行業者を利用して退職をする場合、基本的に利用者は退職代行業者としか連絡を取り合わないため退職代行業者と会社側が直接どのようなやり取りを行っているのかは正確には分かりません。

 そこを悪用する質の悪い退職代行業者に依頼してしまうと正規の手順で退職手続きが行われず、会社側とトラブルになり損害賠償請求に発展することがあるのです。

退職代行サービスの法的な問題やリスク

退職代行というサービス自体に違法性はないのだろうか?と疑問に思った方もいるかと思います。

 結果から言いますと、「業者である第三者が依頼者に代わって会社に退職の意志を伝える」という行為自体は法律には触れません。

また、「依頼者の代わりに退職に関する書類のやり取りを行う」というサービスも単純な事務処理程度の代行行為であれば法律的に問題ありません。つまり、退職代行は合法だということになります。

弁護士でしか利用できない退職代行サービスも

シバッタマン

ただし、「退職日の調整」、「有給休暇の消化に関する交渉」、「未払い分の残業代や退職金などの賃金請求」などといった退職条件の交渉に関わる行為は弁護士資格が必要となります。

なので、このようなサービスを行っている退職代行業者には弁護士が付いていなくてはいけません。

弁護士がいないにも関わらず退職条件の交渉も代行している業者がいたら非弁行為として違法になるので注意してください。

【退職代行パート】退職プロセス

【退職代行パート】即日退職・賠償・体調不良対策を解説

パートでの退職のタイミング

パートで退職を考える際に適切なタイミングや、いつ退職代行サービスを利用すべきかについての情報が求められます

  • パートでの収入が増えない
  • パートで上司からの評価が悪い
  • パートで自己成長を感じない会社にいる
  • パートがつまらない
  • パートでサービス残業や休日出勤を求められる
  • パートで朝泣きそうになるくらい辛い
  • パートにいるのが苦しいしやりがいがない
  • パートでいじめやパワハラが多くコンプライアンスが守られていない

パートを辞め時がわかるサインについて下記記事で紹介しています。

パートでの退職代行サービスの選び方

シバッタマン

パートでも退職代行にも注意点はあります。ただ退職代行の場合、注意する点は一つだけです。

それは、「ちゃんととした退職代行業者を選ぶこと」。もしそれを怠ってしまうと、お金を支払ってまで退職代行を依頼をしたにもかかわらず、下手をすると、退職自体がスムーズに進まない事態が発生する場合もあるからです。

そうなってくると、いったい何のために退職代行業者に頼んだのやら…とまさに本末転倒の事態になってしまいます。そこでもう少し詳しく、「ちゃんとした退職代行業者を選ぶ大切さ」についてご紹介します。

失敗しない退職代行については下記に記載しておきます。

信頼できる業者の選び方や評判のチェック方法!デメリットは?

シバッタマン

「見積もり前の相談時にどこまでの代行を対応してもらえるのか」しっかりと確認しておくことです。

良心的な退職代行業者であれば、弁護士法の観点から可能・不可能な範囲の限界を説明してくれるはずです。

弁護士資格のない退職代行業者であっても正直に法律に関わる範囲の代行はできないと教えてくれれば悪質な業者である確率はぐんと下がります。

反対に質問した際に非弁行為でも可能だと答える業者は危険なので絶対に利用しないようにしてください。

退職代行は近年特に注目を集めており、退職の代行請け負う業者は増えてきています。サービス内容や価格設定などは業者ごとによって異なります。

 やはり、弁護士が代行行為を行っている退職代行業者は利用料金が高めに設定されている傾向があります。弁護士がいない代行業者は全て危ないというわけではないので、しっかりと安全な業者を見極めて自分に合ったサービス内容の退職代行業者を探してみてくださいね。

退職代行のデメリットの記事はコチラ?

パートにおける退職の流れ

STEP
退職代行サービス業者に相談します

代行サービス業者へ連絡をします。その際、LINE、電話、メールでの連絡が可能です。ヒアリングシートが送られてくるのでそれに記入し、返信します。このとき、まだ退職の意思が固まりきっていなくても大丈夫です。気軽な相談から始めて、詳細を確認してください。

退職代行サービスを利用することになると、決められた金額を銀行振込か、クレジットカードで支払いをします。銀行振込の場合は、翌日扱いになることもあるので、その日に辞めたいときは気を付けてください。

STEP
退職代行サービスへ費用の振り込み

退職代行サービスを利用することになると、決められた金額を銀行振込か、クレジットカードで支払いをします。銀行振込の場合は、翌日扱いになることもあるので、その日に辞めたいときは気を付けてください。

STEP
希望日時に担当者が会社へ連絡

振込が確認されると、代行サービスの担当者が、指定した日時にパート先に連絡をします。このとき、自分自身は勤務先と話す必要は一切ありません。やり取りは、代行サービス担当者がすべて電話で行ってくれます。

その後、担当者から退職が受け入れられた旨の連絡が来れば、終了です。その後、退職手続きに必要な用紙が送られてくるので、それに記入して返信してください。

パートの退職代行費用や目安

退職代行を利用する際にもうひとつ考慮すべきなのが「退職代行費用」です。

例えば本来であればパートも社員も関わらず、本来であれば退職代行費用はかわりません。例は下記の通りです。

民間企業や労働組合が運営する退職代行弁護士が運営する退職代行
費用相場3〜5万円5〜7万円
代表的な退職代行ニコイチ、JOBS、辞めるんです、SARABA汐留パートナーズ
川越みずほ法律会計

民間企業が運営する退職代行の費用は?

民間企業が運営している退職代行の費用相場はだいたい3〜5万円ほどが一般的です。そ

の費用内でどれだけのことを請け負ってくれるのかはそれぞれの運営企業によって異なります。ま

 た、利用者が正規雇用されているのか、やアルバイトなどの雇用かによっても費用は変わりますし、退職代行サービスの中には退職後の就職をサポートも併せて行っているところもあります。

 そいういったサービスを利用する場合にも費用面には違いが表れますので、基本的な料金に大差はなくても、オプションのサービスをどれだけ利用するかによって費用には開きが出てくると認識しておきましょう。

シバッタマン

例えば上記は退職代行モームリですが、パートですと正社員が22000円となりますが、アルバイトですと12000円と一万円も安いです

労働トラブルは弁護士が運営する退職代行

法律のプロである弁護士が運営する退職代行の費用の相場は5〜7万円ほどです。

 民間企業に比べてやや高くなっていますね。また、この価格はあくまで基本的な内容のみを取り扱った場合であり、退職にあたって残業代の未払い分を請求したり、利用者に落ち度があったために法的対応が必要になった場合などには別途費用がかかります。

退職代行でパートを辞めた後のフォローやサポート期間は会社によって違う?

退職代行で退職をしてからのフォローやサポート期間は業者によって違います。アフターフォローがついていて、長期間のフォローがあると安心ですね。

シバッタマン

退職後に会社から退職にかんする書類が届かないなどの問題をさけるためにはサポート期間はとても重要になります。

おすすめの退職代行を下記に記載しますね。

おすすめの退職代行会社の比較

パイオニアで人気・知名度で業界最大手の退職代行EXIT

退職代行EXIT
退職代行EXIT

退職代行EXITは、日本で最初に「退職代行」を専業として展開したパイオニアであり、業界最大手の退職代行業者です。

 弁護士の指導やノウハウの提供を受けたスタッフが対応し、適切なアドバイスを提供しています。退職成功率100%を誇っており、多くの人々が円満に退職できたという評判があります。

24時間営業しており、親身になって相談に乗ってくれるという特徴があります。

会社名EXIT株式会社
設立2018年
会社所在地〒150-0041東京都渋谷区神南1-12-16 和光ビル5F
代表取締役新野俊幸岡崎雄一郎
事業内容退職サポート業務・メディア運営
シバッタマン

退職代行EXITは、業界NO1の安さの20,000円(税込)です!安く済ませたい人や金欠の人に向いていると言えます。
また転職サポート付きです。

退職代行EXITの無駄なく退職をサポート
【退職代行EXITは失敗】トラブル?退職代行イグジットやばい!株式会社社長テラハウス新野?

退職代行EXITは、業界のパイオニアとして最も知名度が高く、利用者からの評判も良好です。そして業界最安値です。

退職代行EXITの人気内容
即日退職可能業界最安値の2万円で即日退職が可能
実績と知名度退職代行の先駆けで実績と知名度が圧倒的
安心の弁護士監修弁護士監修により安心して利用できる

転職サポートを利用すれば、実質無料/

EXITは正社員・契約社員・アルバイト・パート問わず、一律20,000円(税込)という業界最安値の料金設定が大きな特徴です。他社が3~5万円する中、圧倒的なコストパフォーマンスで人気NO1が魅力です。

もちろん即日対応で退職代行成功率100%です。「業界最安値のパイオニアの秘訣を知るのはこちら

労働組合人気1位:退職代行SARABA

【さらばユニオンとは退職代行】労働組合?さらばユニオン違法?

シバッタマン

退職代行SARABAは、労働組合が運営する退職代行サービスです。24時間365日対応可能で、即日退職も可能です。費用は24,000円で、全額返金保証もついています。

項目内容
サービス名退職代行SARABA(公式サイト)
運営開始2019年8月
管理会社株式会社スムリエ
営業時間24時間365日
料金24000円
支払い方法クレジットカード、銀行振込、コンビニ払い
業務内容退職の意思表示、退職日の調整、未払い給料や残業代の請求、退職後のトラブルの相談

退職代行sarabaは、料金が安く、即日退職が可能で、後払いサービスもございます。

退職代行sarabaの無駄なく退職をサポート
【退職代行SARABAの体験談】デメリットは労働組合と弁護士?転職サポート!株式会社ワン

\労働組合NO1の安心料

モームリは、労働組合提携、株式会社による管理のもと、安心安全・確実に退職手続きを代行する退職代行サービスです。料金は、正社員が24,000円です。「今でも全額返金保証か調べてみる

法的相談なら弁護士法人みやび

特徴は弁護士の退職代行なのに相談と有給請求を無料で行ってくれます。更に、営業時間内での連絡であれば返信が早いのが特徴です。

mamoriの紹介
  1. 弁護士の退職代行なのに最短即日で退職を実現
  2. 弁護士なのでもちろん退職金の請求や有給消化の交渉可能
  3. 弁護士なのでもちろん退職成功率100%継続中
  4. 弁護士の退職サポートでありながら退職後のサポートも充実(転職やライフプランの相談・給付金サポート)

魅力は安価なところではあります、弁護士サービスを利用したい場合は下記を利用してみましょう。

シバッタマン

弁護士の退職代行でのおすすめは弁護士法人みやびです。弁護士事務所が行う退職代行サービスになります。

非弁業者と違い、サービスに間違いがありません。他弁護士事務所様と違い、グループに社労士がおりますので、
労災申請など、複雑な案件も受けられます。

商号弁護士法人みやび
代表者所長 佐藤 秀樹(弁護士)
事業内容  企業法務全般
訴訟等の裁判業務
顧問業務
コンサルティングなどの相談業務
一般民事事件などの個人向け業務
所在地〒105-0021 東京都港区東新橋1-1-21 今朝ビル5階
TEL : 03-6264-6671(代表)
申し込み方法電話・メール・LINE
退職までにかかる期間不明
利用料金54,000円
オプション
未払い給料・残業代・退職金請求は着手金無料、オプションの料金は経済利益の20%
営業時間10時から21時

\ 弁護士なのに破格の安さと安心感 /

他の退職代行会社(人気No1以外)の退職代行が気になる方はこちらの比較ページをアクセス
シバッタマン

退職代行会社は数多くあります。その中で私は人気1位を紹介しました。ただ、その他の退職代行が気になる方は下記のエージをアクセス

【退職代行パートで即日退職?】よくある質問は違法や損害賠償

【退職代行パート】即日退職・賠償・体調不良対策を解説
退職代行サービスはどこまでやってくれる

退職職代行とは、パートに代わって企業に退職意思を伝え、手続きを行うサービスです。

利用者

手続きをパートに代わって行えるかというサービス内容は、退職代行会社によって異なります。

「意思伝達のみ行うもの」から、弁護士が代理人となって「必要な書類・貸与物の受け渡し、退職日や有給休暇などの交渉を行うもの」まで、さまざまです。

退職代行サービス どんな人が使う?違法でない?
シバッタマン

退職代行サービスとは、退職する際に、退職の意思を伝えたり、退職交渉を行ったりする代行を行うサービスのことです。退職代行サービスには、以下のような人が利用しています。

退職代行サービス どんな人が使う?違法でない?
  • 退職の意思を伝えるのが苦手な人
  • 退職交渉がうまくできない人
  • 退職に伴う手続きが面倒な人
  • 退職に時間をかけたくない人
  • 退職後も円満に関係を続けたい人

退職代行サービスは、退職に伴う煩わしい手続きや、退職交渉などを代行してくれるため、退職をスムーズに行うことができます。また、退職代行サービスによっては、退職後のサポートも行ってくれるため、安心して退職することができます。

退職代行サービスを利用したい場合は、いくつかの退職代行サービスを比較して、自分に合ったサービスを選ぶことが大切です。

 また、退職代行サービスは違法ではないですが、悪徳な業者も存在するため、契約する前に、必ず会社の評判や口コミを確認するようにしましょう。

退職代行サービス なぜ利用して損害賠償は?

退職代行サービスを利用して退職したとしても、損害賠償を請求されることはありません。退職は労働者の権利であり、退職代行サービスを利用して退職しても、法律に違反することはありません。

ただし、退職代行サービスを利用して退職したとしても、退職金や有休休暇がもらえない可能性はあります。これは、退職代行サービスが退職交渉を行わない、または退職交渉がうまくいかないなどの理由で発生する可能性があります。

退職代行サービスを利用して退職する際には、退職金や有休休暇がもらえなくなる可能性があることを理解しておくことが大切です。

まとめ:【退職代行パートで即日退職?】体験談?体調不良?損害賠償など違法を解説

いかがでしたでしょうか。

今回の記事では、パートで働く方が退職代行サービスを利用する際の注意点や権利・義務について解説しています。

パートでも即日退職が可能であり、適切なタイミングで退職代行サービスを利用すれば、自分の権利を守りながらスムーズに退職できます。

 また、信頼できる退職代行業者の選び方や費用についても触れており、退職後のフォローやサポートが充実した業者を選ぶことが大切です。

退職を考えている方は、この記事を参考に自分に合った退職代行サービスを選び、安心して次のステージに進みましょう。

【退職代行パートで即日退職?】体験談?体調不良?損害賠償など違法を解説

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次