皆様日々で悩んでいる精神疲労を解決するメディアです。

【退職代行アルバイト・パート体験談】大学生・高校生なども!安い値段?知恵袋 2ch

【退職代行アルバイト・パート体験談】大学生・高校生なども!安い値段?知恵袋 2ch

非正規雇用者数は総雇用者数のおよそ35%も占めていることをご存じでしょうか?

 つまり、現在の日本経済を支えているのは、非正規雇用者と言っても過言ではないでしょう。

 これほど日本の経済に貢献しているにもかかわらず、アルバイトやパートなどの非正規雇用者の立場は言ってしまえば非常に弱いです。

そのように辞めたくても辞められず悩んでいる方はどうすればいいのでしょうか?そこで一番おすすめするのが、「“退職代行”を利用すること」になります。しかしこの「退職代行」業務は、最近できたばかりのサービスなので、おそらくご存じでない方が多いのではないでしょうか。

シバッタマン

「退職代行は、正社員に限った話で、アルバイトやパートは本当に利用できるの?」と思われた方がいるかも知れません。今回の記事では【退職代行アルバイト・パート体験談】大学生・高校生なども!安い値段?知恵袋 2chについてお伝えします。

そこでこちらでは、そのような辞めたくても辞められずに悩んでいるアルバイトやパート勤務の方の“強い味方”になってくれるであろう「退職代行」のことをご紹介します。

目次

【退職代行アルバイト・パート体験談】大学生・高校生なども利用!知恵袋 2ch

退職代行とは何なの?アルバイトやパートでも利用できるの?

シバッタマン

「退職代行」についてですが、退職代行とは、字面通り、「依頼者に代わって、会社に退職したい旨を伝えるサービス」のことです。つまり、既述のような辞めたくても辞められずに悩んでいるアルバイトやパート従業員の方の強い味方のサービスであると言えるでしょう。

退職代行のサービスの利用は正規・非正規にかかわらず、利用することが可能です。

 アルバイトの学生でも、退職代行のサービスが受けられるのでしょうか?答えとしては、もちろん受けられます!以上より、退職代行のサービスは、アルバイトだろうとパートだろうとまったく関係なく利用できるのはもちろん、年齢も社会的立場も関係なく受けることが可能なサービスなのです!

アルバイトやパートの増加

総務省の「労働力調査(基本集計)」によると、2019年(令和元年)5月の雇用者数は、5,993万人になるそうです。その就業者数のうち、アルバイトやパート、契約社員や派遣社員などの非正規雇用者数は、2,106万人にのぼります。

この人数は、前年同月に比べると27万人の増加になるそうです。

アルバイトやパートは立場が正社員の上司より立場が弱いため退職代行が増えている

立場が弱いからと言って、例えば仕事を辞めたいと思い上司に相談をしても対応して貰えず、泣き寝入りをしてイヤイヤながら勤務を続けていると、いつかは心身ともに支障をきたしてしまうでしょう。

このことは決して起こってはならないことではありますが、最近よくマスメディアで「ブラックバイト」が取り上げているように、現実にはアルバイトやパートを辞めたくても辞められずに心身を喪失はしている方は多いようです。

「退職代行」についてですが、退職代行とは、字面通り、「依頼者に代わって、会社に退職したい旨を伝えるサービス」のことです。つまり、既述のような辞めたくても辞められずに悩んでいるアルバイトやパート従業員の方の強い味方のサービスであると言えるでしょう。

また既述の通り、「ブラック企業」は今、大きな社会問題になっており、辞めたくても辞めたいと自分から勤務先に伝えることができない方が、アルバイトやパート従業員に限らず非常に多くいらっしゃいます。その結果、退職代行業者は今、ものすごい勢いで増えてきているのです。

ただ気を付けなければならないのは、「退職代行業者の中にも悪徳業者はいる」ということ。もちろんそのほとんどは優良業者です。しかし中には、利用者に労働基準法などの知識がないことをいいことに、弁護士にしか与えられていない行為をすると謳って集客を図っている退職代行業者があるのも事実です。以上より、もし退職代行業者を利用する場合は、必ず下調べをした上で、利用するようにしてください。

具体的に退職代行サービスって何?

シバッタマン

若い世代での離職や転職が珍しくなくなり、会社を辞める際に退職代行サービスを利用する若者が増えてきていると言われています。

退職代行サービスとは、このような自分で退職する手続きができない人のために、働いている本人に代わって、退職する旨を勤務先に連絡してくれる代行サービスです。

苦手な上長や嫌な会社に、自分で退職をする旨を伝えずに辞められるので、転職が当たり前になってきた現代に必要とされるサービスですが、

 退職代行は10年以上続いている

退職代行サービスは10年くらい前から存在しています。

シバッタマン

テレビでも退職代行サービスを利用して退職したという特集もくんでおり、身近なサービスで浸透してきたイメージがあります。退職代行サービスはなんと10年以上も前から存在します。

退職代行は、弁護士がおこなっていた業務でした。

弁護士や法律事務所では、残業の未払いや労務的な諸問題を解決するために、労働者に代わって退職の手続きをしてくれたり、会社側に交渉をしていたのが始まりです。

ブラック企業などは、コンプライアンスが守られていない会社が多いため、サービス残業や過度な残業時間、パワハラなど労務に関するトラブルは昔から問題視されていました。

「退職代行」というサービス名ではなかったのですが、内容としては今の退職代行とかわりはありません。
コンプライアンスを守らない会社が存在するため、労働者が気軽に申し込みやすいようにパッケージ化したような感じですね。

新入社員や中途入社で会社に入ったものの馴染めずに気分を病んでしまったときや、ブラック企業から抜け出したいときなど、自分で会社と交渉することが難しいときに使うと便利なサービスです。

最近ニュースなどで話題になり退職代行サービスの認知度や知名度が広まってきたイメージはありますね。

【退職代行アルバイト・パート体験談】高校生や大学生も利用できる?職種は?

高校生や大学生のアルバイトは利用可能

シバッタマン

アルバイトの大学生や高校生でも、退職代行のサービスはもちろん利用ができます。

世間一般ではアルバイトは学生であり、パートは社会人という印象があると考えらえます。パートなら利用できるけれどもと考える人もいるかもしれませんね。

アルバイトとパートには、大きな違いはありません。高校生や大学生のアルバイトでももちろん利用ができます。

アルバイトといっても高校生や大学生だけとは限りません。高校生や大学生はどちらかといえばそのままばっくて辞める人がおおいのではないでしょうか。

退職代行のサービスは、アルバイトだろうとパートだろうとまったく関係なく利用できるのはもちろん、年齢も社会的立場も関係なく受けることが可能なサービスです。

退職代行サービスを利用するアルバイトやパート職種の傾向?

シバッタマン

 責任感が強い「慢性的な人手不足」「仕事内容の割に報酬が安い」業界は、「アルバイトやパート従業員と正規雇用者との仕事内容の差があまりない」ということも特徴があります。

どのような業界のどのような職種のアルバイトやパート従業員の方が、退職代行を利用するのでしょうか?こちらでは、分かりやすいように、箇条書きにしてご紹介します。

調理師や美容師

調理師や美容師に関しては、手に職系のお仕事ですから、ある種「好きを仕事にしている」ので、退職代行の量とは無縁なように感じるのではないでしょうか?

の保育士同様、調理師や美容師のアルバイトやパート社員は、退職代行をよく利用しているようです。その理由として、大きく二つがあげられます。

アレルギーがあります。

その他に、多いのは正社員とアルバイト・パートは業務内容が変わらないのに報酬が少ないのに不満を感じ退職代行サービスを利用する人が多いです。

塾の講師の大学生

他の業界に比べれば時給もよく、「先生」と呼ばれやりがいもある塾の講師です。

シバッタマン

退職代行を利用するの進学系の塾が多いです。進学系の塾は聞いたところによると、なかなか大変なようです。進学系の塾は、アルバイトやパート従業員をさらに分ければ、「学生講師」と「社会人講師」に分かれます。

進学系の塾講師の苦労

学生講師は、肩書きは学生ですから、学業を最優先しなければなりません。

社会人講師は、学生講師のテスト期間中は、学生講師の代行をしなければなりません。

シバッタマン

進学系の塾に通っている子どもの保護者は、いわゆる「意識高い系」になります。そのため保護者は、しっかりとした受け答えを講師に求めてくるでしょう。おそらく社会人講師の場合、その要求に応えることができると思います。ただ学生講師には、それが少し難しいかもしれません。

中学受験を控える6年生のクラスを担任した場合、たとかを言われたわけではなくても、事前準備はもちろん、授業後の質問の対応や宿題づくりをしなければならないところもあり、そのために学業が疎かになってしまうような場合があるようです。

社会人講師は、学生講師のテスト期間中は、学生講師の代行をしなければなりません。

学生講師と社会人講師では求められる内容が変わらないのに収入の差額が大きい

シバッタマン

アルバイトやパートの学生講師や社会人講師で作業内容に変わりがありません。それにも関わらずプロ講師と求められる内容が同じであるにも関わらず、報酬の差が大きいことが不満につながっています。

塾の講師とはある種稀有な存在で、たいてい名札の形や色をみれば、プロ講師かアルバイト・パート講師かが一目でわかるのに、プロ講師であっても、アルバイト・パート講師であっても、求められるものは同じ「成績アップ」であり、そのための「宿題や質問受け」は当然のこととして一般に認識されています。

 特に中学受験の6年生の担任の場合は、子どものメンタル面を考慮して、なかなか辞めさせて貰うことができないらしいです。

アルルバイト・パート講師はしだいに疑問を持ち、辞めたいと思うようです。特に進学塾レベルだと誰もがなれるわけではこともあり、なかなか辞めさせて貰えないようです。

このような背景があり、アルバイト・パート講師も退職代行を利用する方が多いとのことです。

コンビニの店員

少し前に、あるコンビニエンスストアの店長が、再三、本部営業担当に、人手不足が原因で休憩時間が全く取れないことや24時間営業しても深夜は客が来ないことがニュースとなりました。

そこで営業時間の相談をしたけれども、対応して貰えず営業時間を勝手に変えたということがニュースとして取り上げられていました。

コンビニの店員も現在、かなりなり手が少ないこともあり、一度働き始めるとなかなか辞められません。

自分の後のシフトの人が急に休むと、勤務時間の延長を打診されたり、後の人が遅刻してくると、その後のシフトの人が来るまでとりあえず業務対応をしなければならないというような、かなり柔軟な対応を求められる事態が多いようです。

シバッタマン

コンビニの商品を覚える必要もあり、コンビニで働いているアルバイトやパートで働いている人に私自身が聞く感想としてよく聞くのが、「思っていたよりも、覚えることが多いから大変」というものになります。

アルバイトやパートとして働くコンビニ店員の方々も、退職代行サービスを利用している方が多いようです

【退職代行アルバイト・パート体験談】退職代行サービスの利用可能

退職代行アルバイト・パートでも利用可能

シバッタマン

冒頭でもお伝えしましたが、アルバイトやパートの方でも、退職代行サービスを利用することは可能です。

アルバイトやパートのような社員よりもどうしても立場が弱く、面と向かって退職の旨を伝える勇気がない方が多いですよね。

ぜひ退職したくても出来ない場合には利用したいのが退職代行サービスでうす。

退職代行業者に支払う額は、アルバイトやパートのほうが安い場合が多いです。

アルバイトやパートにも労働者として多くの権利があり、法でも守られている

シバッタマン

アルバイトやパートには、労働者です。労働基準法でしっかりとまもられており、権利もあります。

例えば、育児休暇や産前産後休暇などは、正社員だけの権利のように捉えられていますが、厚生年金に加入し、一定期間以上働き続けているアルバイトやパート従業員でも利用できる権利です。

アルバイトやパートだからと考えている会社は不遇働かされるだけ働かされる可能性があります。アルバイトやパートの権利を主張できないなんてことは、本来絶対はありえません。

【退職代行アルバイト・パート体験談】サービスを利用する理由は?

 

シバッタマン

アルバイトやパート従業員の立場にある方にこそ、ぜひ押さえておいていただきたい「アルバイトやパートの権利」をご紹介します。

理由①正社員とアルバイト・パートは業務内容が変わらないのに報酬が少ない

まず一つめが「正社員とアルバイトやパート社員の業務内容にほとんど差がないのに、報酬の差が激しいこと」。想像してみてください。美容師を見てアルバイトやパートの方とすぐに分かりますか?つまり私たちの認識の中では、髪を洗っている方も、切る方も、パーマをする方も、ブローをする方もすべて、“美容師さん”がすることであって、そこには“正社員の美容師さん”や“アルバイトやパートの美容師さん”という区別はありませんよね?

同様に、厨房から出された料理を食べて、「この味は、正社員の調理師さんがつくった料理だ!」とか「この味は、アルバイトやパートの調理師さんがつくった料理だ!」なんて違いは分かりますか?おそらくほとんどの方には、その違いは分からないと思います。しかしどちらの職種も、アルバイトやパートと正社員の報酬の差は大きいようです。

理由②調理師のアルバイトだとアレルギー

「アレルギー」になります。なんだか意外なようです。

「美容師をしているうちに手が荒れた」とか「調理師として毎日玉ねぎを切っているうちに、アレルギーが出るようになった」という方は意外と多いです。

一般的に考えれば、アルバイトやパートという非正規雇用の立場なのですから、そんな自分の体に合わないと分かったのに仕事を続ける必要はない、と考えますが、上記のように、調理師や美容師は、正規雇用者と同等な仕事内容を任されているうえに、飲食や美容などの業界は特に、人手不足が顕著なのでなかなか応じて貰えず、退職代行を利用する…という流れになるようです。

理由③人手不足の業界のため疲弊している

一般的に考えれば、アルバイトやパートという非正規雇用の立場なのですから、そんな自分の体に合わないと分かったのに仕事を続ける必要はない、と考えます。

 上記のように、調理師や美容師は、正規雇用者と同等な仕事内容を任されているうえに、飲食や美容などの業界は特に、人手不足が顕著なのでなかなか応じて貰えず、退職代行を利用すという流れになるようです。

理由④アルバイトやパートは弱い立場のため役職を持った人に自分の意見ができず疲れる

職代行は、アルバイトやパートのような弱くて強く言い出せない立場の方たちにこそ、利用していただきたいサービスなのです。

ところで皆さんは、アルバイトやパートの権利をご存じですか?実はアルバイトやパートの方は、さまざまな権利で守られています。そしてこれらの権利を知っておくことは、自分の身を守ることのできる唯一の手段です。

【退職代行アルバイト・パート体験談】サービスの値段・金額の相場は?

シバッタマン

退職代行の値段の相場についてです。退職代行の業者や依頼内容によって細かい料金は異なってきますが、退職代行の段の相場の相場は3〜8万円程度です。

退職代行サービスの値段の相場は?

この料金の差はサービスの内容の違いで発生しています。

 価格を高めに設定している業者の場合は、弁護士が付いていてなかなか辞めさせてくれない悪徳な企業でもしっかりとした法律の専門知識を使って退職代行を進めてくれたり、ブラック企業で精神的に追い込まれてしまった方のための心理カウンセラーが付いていたりするなど細やかなサービスがある場合が多いのです。

アルバイトやパートでも有休を消化できるので退職代行の値段を補う

 退職の精神的ストレスや手間を考えて退職の代行をするという人が増えてきています。また、消化していなかった有給休暇の申請を行ってくれるサービスをしている退職代行業者もあるので、その分の有給分の金額で利用料を支払ってしまうという人も多いようです。

【退職代行アルバイト・パート体験談】把握しておくべきこと

アルバイトやパートで退職代行を利用するうえで把握しておくべきこと

アルバイトやパートと言えば、「給料が安い」とか「ボーナスが貰えない」など、どちらかと言えば、マイナスなイメージで捉えられています。確かに、給料が安いかもしれません。ボーナスが貰えないかもしれません。しかし、アルバイトやパートのような非正規雇用者であっても、正社員と同じく、立派な「労働者」であることに変わりがありません。

つまりアルバイトやパートの方にも、ちゃんとした権利が与えられています。またそれらの権利は、絶対に知っておくべきことばかり。こちらではその中でも特に知っておくべき5選をご紹介します。

①残業や休日出勤をしたら時給の割り増しの請求が可能

残業手当は1日8時間、週40時間を超えたら時給の25%割り増しでいただけます。また、休日手当は35%の割り増しの額がいただけます。ですから、残業や休日出勤をした場合は、必ず手帳などにメモをしてください。そして給与明細書をいただいたとき、必ず確認をするようにしましょう。

②出勤率8割以上で、6か月以上働けば年次有給休暇

シバッタマン

アルバイトでもパートでも週5日以上または週30時間以上働けば、6か月経過すると最長10日、また、たとえ週4日以下で週30時間未満の勤務であっても、半年経てば所定労働日数によって1〜7日有給休暇が付与されます。

年次有給休暇は、要件を満たせば必ず発生します。会社がそのような主張をしたとしても、一定の要件を満たした全ての労働者に取得する権利があります。

引用元:アルバイトやパートの有給休暇(厚生労働省)

アルバイトやパート従業員として働いている皆さん、例えば学校行事やPTAなどで、どうしても仕事を休まぜるを得なくなったときは、当然の権利ですから、ぜひ有休を利用してください。

③業務や通勤が原因でけがや病気をしたとき、原則無料で治療

シバッタマン

アルバイトやパート従業員にある権利です。例えば、会社帰りに階段で転んでしまった場合、原則無料で治療が受けられます。

労災保険制度では、労働者が業務中または通勤途中に災害にあい (以下「労働災害」といいます)、その労働災害によって負傷、または病気にかかった場合には、 労働者の請求に基づき、治療費の給付などを行っています。

引用元:アルバイトやパートの治療費(厚生労働省)

いろいろ手続きを踏まなければならないのと費用は後ほど振り込まれることになるので、治療費が還付されるまでに時間が掛かってしまうというネックはあると思います。

④復職する意思があればパートでも育児休業

シバッタマン

パートでも育児休暇はとれます。休業開始前2年間で、給与を受けた月が12か月以上あれば、育児休業給付金が平均給与の67%(半年過ぎたら50%)いただけます。

有期雇用労働者(パート、派遣、契約社員など雇用期間に定めがある労働者)
も、条件を満たせば、育児休業や介護休業をすることができます!
(育児・介護休業法により権利として認められています。)

引用元:復職する意思があればパートでも育児休業(厚生労働省)

しかも子どもが1才(最長2才)になるまでもらえます!じつはこちらもアルバイトやパートの有休同様、あまり知られていない制度の一つです。復職する意思があるアルバイトやパート従業員の皆さんは、ぜひ利用してくださいね。こちらも当然の権利なのですから!

⑤父や母など介護するためにアルバイトパートでも介護休業の取得が可能

シバッタマン

休業開始前2年間で、給与を受けた月が12か月以上あれば、介護休業給付金として平均給与の67%が最大93日分もらえます。今世間では「8050問題」や「老々介護」が話題になっています。介護は誰もが避けては通れないですね。

 育児・介護休業法では、介護休業制度の対象となるかならないかは、「パートタイマー」や「アルバイト」という名称ではなく、雇用契約の内容によって決まります。
具体的には、雇用契約の期間の定めがある方の場合、申出時点で次の要件を満たせば介護休業をすることができます。

引用元;パートタイマーやアルバイトは介護休業できますか。

「介護離職」という言葉があるほど、世間では大きな問題になっています。介護休業もアルバイトやパートが受けることができるということがあまり知られていないようです。

【退職代行アルバイト・パート体験談】サービスを利用するメリット

シバッタマン

アルバイトやパートでも退職代行のメリットは、いろいろとあります。ここからはメリットを説明します。

1:アルバイトやパートでのモヤモヤがスッキリします!

辞めたいと言えずズルズルと今日まで至っている人は、「辞めたい、でも言えない」というジレンマにずっと悩まされ続けてきたことと思います。

それが退職代行サービスを利用することで、その不安を払しょくすることができるのです。このときの気持ちはまさに、「スッキリ」以外の何ものでもないでしょう。

人生はあっというまに過ぎてしまいます。クヨクヨ悩む時間なんてもったいないことです!前向きに生きていくためにも、退職代行業者を利用することをおすすめします。

2:アルバイトやパートでも退職代行を利用し、精神の健康を取り戻し、前向きになる

中には、本人に出社しようという気持ちがあっても、体が気持ちについて行かなくなってしまう場合もあります。ただそうなってしまうと、手の施しようがありません。そうなる前に退職代行を利用しましょう!退職代行を利用することにより、退職に向けて気持ちを切り替えることができます。そして転職に向けて動き始めることで、人生を前向きに考えることができるようになり、いつの間にか精神の健康を取り戻せるようになります。経験から言わせていただくと、転職前の心の葛藤の時間は、長ければ長いほど非常にもったいないと思います。

【退職代行アルバイト・パート体験談】サービスの利用での注意点

アルバイト・パートサービスの利用での注意点

もちろん退職代行にも注意点はあります。ただ退職代行の場合、注意する点は一つだけです。

それは、「ちゃんととした退職代行業者を選ぶこと」。もしそれを怠ってしまうと、お金を支払ってまで退職代行を依頼をしたにもかかわらず、下手をすると、退職自体がスムーズに進まない事態が発生する場合もあるからです。

そうなってくると、いったい何のために退職代行業者に頼んだのやら…とまさに本末転倒の事態になってしまいます。そこでもう少し詳しく、「ちゃんとした退職代行業者を選ぶ大切さ」についてご紹介します。

しっかりとした退職代行業者を選ばないと退職できない場合がある

シバッタマン

退職代行業自体、できたばかりの業界になります。まずこの退職代行業者ができた背景はいろいろありますが、そのなかでも特に大きな理由としてあげられるのが、「どの業界でも共通して人手が足りない」という理由でしょう。

しかも、求人の募集をしても人が集まらないような業界では特に、今いる人数で経営を行っていくしかなく、そのため、現職の方たちにシフトや休日の件で無理を強いるようになっていることろがあるようです。また、大抵そんな無茶振りをされる人は、頼まれると断れない“いい人”が多いです。そのいい人の優しさにつけ込んで、上からの要求はどんどんエスカレートしていきます。

その結果、いい人は心身ともに疲れてきて退職を考えるように。しかしそういうタイプの方の多くは、自分から辞めたい旨を伝えることができません。そのような背景から、退職代行業者が設立されるに至ったようです。

ところで、人間は追い詰められると、最終目標(この場合は退職)ばかりに目がいって、後先を考えずに行動してしまう傾向があります。そしてこのギリギリの精神状態のとき、絶対にやってはいけないのが「退職代行業者のネームバリューをよく調べもせずに依頼をしてしまう」ことです。

退職代行業者の中にも悪徳業者はいる

シバッタマン

ほとんどの退職代行業者は、信念を持って真摯に退職代行に取り組んでいます。「退職代行業者の中にも悪徳業者はいる」ということ。もちろんそのほとんどは優良業者です。

たまに、できもしないことをできると言って、依頼主からの依頼料を上げる業者がいるのも事実です。

「しかし中には、利用者に労働基準法などの知識がないことをいいことに、弁護士にしか与えられていない行為をすると謳って集客を図っている退職代行業者があるのも事実です。以上より、もし退職代行業者を利用する場合は、必ず下調べをした上で、利用するようにしてください。

退職代行業者から身を守るためにも、最低限「退職代行業者ができることは本人に代わって、退職したい旨をつたえることだけ」ということだけはしっかりと理解しておきましょう。

まとめ:【退職代行アルバイト・パート体験談】大学生・高校生なども!安い値段?知恵袋 2ch

いかがでしょうか。

【退職代行アルバイト・パート体験談】大学生・高校生なども!安い値段?知恵袋 2chについておつたえしました。

アルバイトやパートでも、退職代行を利用することが可能であることがご理解いただけたのではないでしょうか?アルバイトやパートは一番弱い立場にありますが、実は日本経済を支えている大きな原動力です。そのアルバイトやパートが、心身を疲弊させながら働くのは、絶対にあってはなりません。

「退職」という言葉が頭をよぎるようになったら、まずは退職代行業者に相談しましょう。大抵の業者の場合、相談だけなら無料というところが多いです。そこで第三者の意見を聞いたうえで、行動してみてはいかがでしょうか?きっと未来は開けてくることでしょう。

【退職代行アルバイト・パート体験談】大学生・高校生なども!安い値段?知恵袋 2ch

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします

発達障害のため転職経験も多いですIT業界で働いていたので、転職経験についてもお伝えします。

【資格】
Webディレクション資格認定者、Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)など他 IT資格を取得

オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次