皆様日々で悩んでいる精神疲労を解決するメディアです。

【保育士退職代行】バックレ?退職言いづらい理由

【保育士退職代行成功】退職言いづらいがサービスで即日で急な退職も可能

保育士退職代行成功した例を説明します。保育士は退職代行を利用しずらいイメージがありますが、即日な急な退職も可能です。

認知が広まりつつ『退職代行』ですが、会社員が利用しているイメージがついてませんか?他には・・・■保育士など働く人がいるだけ、依頼内容も様々。 色んな職種にも対応してますので、不安になればお問い合わせしてみるのも良いと思います

シバッタマン

今回の記事では【保育士退職代行成功】退職言いづらいがサービスで即日で急な退職も可能についてお伝えします。

目次

【保育士退職代行成功】保育士の利用が増えている

【保育士退職代行成功】退職言いづらいがサービスで即日で急な退職も可能

まずはなぜ保育士が退職に使う退職サービスとは何

退職代行サービスは弁護士や労働組合が労働者に代わって退職の意志を保育園に伝えるサービスとなっています。

シバッタマン

正式に保育園に辞める手続きを行うため正式な退職となります
。正式な退職を踏むことになりますので、離職票や退職金、有給も受け取ることは可能となります。

退職代行サービスを利用すれば自分が関わらなく
ても正式な退職ができることがメリットとなっています。

バックレは、会社に退職の意志を伝えせん。会社の方々から失業保険など正式の書類をもらえず、またメンバーにも心配をかけることになります。

正式な退職に比べて、離職票をもらえないなどありますので、不都合がございます。

保育士が退職代行を利用するのが多い理由

シバッタマン

退職の連絡を保育園にしてくれて、話を取りつけてくれるのが、退職代行サービスです。退職が言い出しにくい環境であったり、心身ともにダウンしたりして、自分で退職のための行動を起こしにくい場合、退職代行サービスを利用することによって、その一歩を後押ししてくれます。

弁護士による代行サービスであれば、面倒な交渉も請け負うことが可能です。

代行サービスを利用して、有給を使い即日退職が可能になれば、ストレスから解放されて視野が広くなり、今後のことも考えやすくなります

。確かに将来のことが不安かもしれませんが、まずは手放すことによって、次のチャンスが訪れるのです。最悪なケースは、一人で悩み苦しんで自殺してしまうことです。それを避けるために、利用できるサービスを使って、自分を救い出すことが大切です。

退職代行はサービスとして保育園に退職手続きのしっかりと行う

シバッタマン

退職代行サービスは弁護士や労働組合が労働者に代わって退職したいとの意思を保育園に伝えてくれます。
退職に必要な手続きを代理に行ってくれますし、退職金や有休なども代理で交渉してくれます。


もちろん、失業保険に必要な離職票を受け取ることもかのうとなります。
退職代行サービスを利用すれば労働者が関わらなく手住むサービスです

【保育士退職代行成功】バックレしたいが退職言いづらい理由

シバッタマン

保育士が退職代行を使うのは意外かもしれませんが、保育士の仕事をしている人は、退職代行サービスをよく使う傾向にあります。

保育士の仕事というと、いつも笑顔で子供たちと遊んで楽しそう、というイメージがありますが、実際のところは重労働で、さまざまな問題点があるようです。

保育士さんからよく聞く悩みは、以下のとおりです。

理由①プライベートでも持ち帰りの仕事が多く激務

シバッタマン

教室での飾りつけやピアノの練習など、業務時間内で終わることのできる業務が少ないです。

そして、何より残業代のつかない自宅での作業を強いられてしまいます。

プライベートと仕事との切り替えが難しくなってしまい、さらに睡眠時間が削られて、心身ともに疲れ果ててしまいます。

心のほうがまいってしまいますよね。

理由②幼稚園・保育園での行事が多い

シバッタマン

卒園式、入園式、運動会、音楽会、遠足、保護者会など、常に子供のための行事があり、準備に年中追われてしまいます。

先ほどもお伝えしましたが、長時間残業にサービス残業が続いて疲れ切ってしまう保育士さんが多いのも退職代行を利用するのが一つの理由です。

一つ行事が終わっても、また別のイベントがはじまり「やっと終わった」と一息つく暇もありません。プライベートでの準備もありません。

次の行事がやってくるので、気を緩めることができない状態が続いてしまいます。

理由③保育園の保護者対応に疲れる

シバッタマン

保育士が退職代行を使う理由として保育園の保護者対応に疲れることも原因の一つになります。

保護者が少しの怪我や衣服の汚れで文句を言ってきたり、可愛く作った巾着袋やお弁当を、担任の先生に褒めてもらおうとしてきたりする保護者がいるのです。

 お遊戯会の配役に文句をつけたり、自分の子供の出番が少ないことに不満を言ってきたりすることもあります。

 そのようなモンスターペアレンツの対応に追われて、胃がきりきりして、気遣いが辛く負担に感じる保育士さんも少なくありません。

理由④給料が安い

シバッタマン

保育士の給料が低いのも退職代行を利用する一つになります。

手取りの給料が20万円を切ることが多く、子供の命を預かった大切な職業で、体力勝負の仕事にもかかわらず給料が少ないという不満が多く見られます。

給料はやる気のモチベーションにつながるので、同年代の他の会社員よりも低いとすぐに辞めたくなってしまいます。

厚生労働省の【令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況】によると、正社員保育士の決まって支給する現金給与額、年間賞与等は以下のように示されています。

決まって支給される現金給与額年間賞与等
令和2年年度24.98万円74.74万円

引用元:令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況(厚生労働書)

保育士さんの平均給料は約25万円であることがわかります。

支給する給与額は手取り額ではなく、所得税や社会保険料などを控除する前の金額を指します。つまり、手取り額の平均はおよそ20万円前後といわれています。

相談者

プライベートの時間も仕事で使うことも多く、保護者からのクレームも多いと考えると退職代行サービスを使いたくなるね。

理由⑤保育士は女性の多い職場環境でストレスがすごい

シバッタマン

保育園では派閥やいじめなど、女同士特有のネチネチとした人間関係に悩む人もなかにはいます。会社でも見られますが人間関係ってものは保育園でも存在します。

子供との接し方が自分と違うと文句を言われたり、上長から褒められると嫉妬されたり、一度目をつけられると大変です。

機嫌が悪いと挨拶をしても無視されるので、小さなことで心は傷ついて疲れ切ってしまいます。保護者や上司だけでなく、同僚にも気を遣わなくてはいけないので、ストレスがたまりうつ病になってしまいます。

理由⑥園長がワンマン経営で疲弊

シバッタマン

保育園の園長がワンマン経営だったり、後継ぎで園長の地位を得た2代目だったりすると、保育士の意見が聞いてもらえにくい環境でストレスがたまり退職代行を利用するという事例があります。

保護者の目を気にするあまり、保護者からクレームが入るたびにルールや方針を変えて、それに振り回されてしまいます。

人前で罵倒されたり、大声で叱ったりする園長もいるので、上下関係が厳しく退職の意向を伝えにくい状況です。

理由⑦保育士になったもののそもそも子供が可愛くない

シバッタマン

保育士になるため頑張ってきたものの、実際は子供と接してみると、子供とも相性があり、全員が可愛いとは感じないことがあります。

やはり、子育ては大変といいますが、その代わりに保育士が面倒をみてくれているのです。

その子供が多いと、生意気な子供や、意地悪をして手に負えない子供もたくさん出てきます。

他の先生や保護者の目が気になって、しっかり叱ることができません。ストレスになって子供の顔を見たくなくなってしまうという話も聞きます。

【保育士退職代行成功】保育士の仕事は辞めにくい

【保育士退職代行成功】退職言いづらいがサービスで即日で急な退職も可能

保育士の仕事は辞めにくい

シバッタマン

上述しましたが保育士という職業は、拘束時間や仕事の量と見合った給料が支払われず、職場環境や人間関係に問題があれば、いくら子供好きであってもメンタルが不調になってしまいます。

勇気を出して、保育園の上司に退職の希望を相談してみても、上司がいそがしいです。

「もう少し待って」「次に働く人が決まってから」「今辞められると困る」などと言われ、気が付けば1か月以上放置されている状態ということが会社より多いと聞きます。

1年の子供の成長を見届けるため退職をしにくい

シバッタマン

保育士というのは1年を通して子供の成長を見届ける職種です。そのため、保育士を途中で退職しようとすると、周りに引き留められやすい職業でもあります。

「1年生が卒園するまで待ってみたら?」「1年の途中で辞めたら園児がかわいそう」と言われるかもしれません。

そして、自分自身が子供を好きな場合、急に辞めるのは子供に悪いことをしているように感じてしまい、なかなか退職に踏ん切りがつかないこともあります。

命を預かっている重要な仕事が保育士のため退職が言いにくい

シバッタマン

保育士は人と直接関わる仕事で命を預かっている重要な仕事だということです。そのため退職が言いにくく自分を犠牲にしてしまいます。

保育士は園児の命を預かっている重要な仕事です。

そのため、責任の大きい仕事であることも、退職を相談しづらくなる原因のひとつです。

重労働で拘束時間が長いにもかかわらず、低賃金である点も似ています。

心身ともに追いつめられて、責任感があるためギリギリまで頑張ったけれど、どうしても我慢できなくなって限界を超えたときに、退職代行サービスを使うことになるのでしょう。

【保育士退職代行】バックレよりも可能

【保育士退職代行成功】退職言いづらいがサービスで即日で急な退職も可能

メリット①保育士でも2週間前に退職は可能で激務で有給があれば即日退職も可能である

シバッタマン

2週間前に言えば退職することが可能ですが、そういった法律を知らなかったりする保育士がいます。

メンタルが疲れ切ってしまい考える力がなくなっていったり、子供のことが気がかりであったりすると、退職するきっかけをつかめないままになってしまいます。

退職代行サービスを利用して即日退職に踏み切ろうとしますが、事前に知っておいた方が良いメリットや注意点があります。

メリット②保育園で勤める人や子供の顔を見ないで即日退職も可能

シバッタマン

退職代行サービスの最大のメリットは、もう職場の人たちと顔を合わせなくて済むことです。有給休暇が充分に残っていれば、即日退職も可能になります。

保育士さんの場合は、子供好きの人が多いので園児の顔を見ると、決意が揺らいで退職することに罪悪感でいっぱいになってしまう優しい人が多い職業ですね。

保育士が退職代行サービスを利用すると、縁をばっさりと切ることができるので、後ろを向かずにそこを抜け出し、次に進むことができるようになります。

メリット③園長や上司に言いにくいことを退職代行が伝えてくれるので即日退職が可能

シバッタマン

こちらも上述しましたが、保育士が園長先生や状に退職することを伝えたとしても、「またこの話か。今度ゆっくり話しましょう」と、真剣に取り合ってくれない職種なのです。

退職代行サービスが代わりに「〇〇さんの退職代行としてお電話しています」と連絡をしてくれば、保育園園の人も「えっ、どういうこと?」とびっくりして、対応せざるを得なくなってきます。こ

退職代行がはいることで即日退職まで進めることができるようになります。

【保育士退職代行成功】退職の際の注意点

【保育士退職代行成功】退職言いづらいがサービスで即日で急な退職も可能
シバッタマン

日々疲れている保育士さんでですが、退職代行サービスを利用して退職する場合の注意点をお伝えします。病んでいる場合もありますがこれからお伝えすることはご注意ください。

注意点①保育士ワーカーを利用している

保育士専門の転職エージェントである「保育士ワーカー」を利用して、保育園園に就職した場合、そのエージェントには自分で連絡し、状況を伝える必要があります。

保育園自体には、退職代行業者が代わりに連絡をしてくれます。

引用元:保育士ワーカー

注意点②保育園の寮で生活をしている

シバッタマン

保育士さんは給料があまり高くないため、一人暮らしが難しく、寮を利用することが多く見られます。

退職となった日には必ず寮を出るようにしてください。

しかしその際、払う必要のない礼金や敷金などの請求書が届いていたとします。

その場合は、代行サービス業者は交渉することができないので、自分で伝えることが難しいときは弁護士に代行をお願いするとして、交渉などをしてもらうと安心です。

おすすめの退職代行サービスを紹介します。

おすすめ① 退職代行Jobs(後払いOKです)

シバッタマン

辞めるんですは、後発ながら7,000件も退職代行実績がある人気のサービスです。


そして、費用も27,000円(税込)とて転職代行サービスの相場より安いにも関わらず下記の充実としたサービスがあります。

特に後払いOKが人気の秘訣です。

 退職代行Jobsのサービス
  • 24時間365日対応している
  • Jobsは弁護士監修なのに27,000円!!
  • 即日退職に可能である。
  • 退職率100%!万が一だが退職できなけれ全額返金
  • 現金後払いOK!!
  • 全国対応全ての都道府県で代行実績あり
  • 有給休暇の無料申請サポート
  • 無制限で相談可能
  • 案件に関わらず追加費用は一切不要
  • 退職が完了するまで期間無制限でフォロー

労働組合であり、顧問弁護士から業務指導も受けています。

デメリット・欠点といえる箇所が見当たらない退職代行サービスとなっています。

項目情報
会社名株式会社アレス
電話番号03-6279-3967
住所大阪府大阪市東淀川区上新庄3-14-12-1202
労働組合合同労働組合ユニオンジャパン

まとめ:【保育士退職代行】バックレ?退職言いづらい理由

いかがでしたでしょうか。

【保育士退職代行成功】退職言いづらいがサービスで即日で急な退職も可能についておつたえしました。

退職代行サービスを使って即日退職できたとしても、次の仕事が見つかるか心配になるかもしれません。しかし今は、20代は約4割、30代は8割が転職経験者であると言われています。

さらに、保育士の仕事に関しては、求人数は年々増え続けており、保育士1人当たりに対し、求人数は3~4件あります。保育士資格と経験が少しでもあれば、いつでも保育士の仕事に戻ることができます。

「1つの場所で一生働き続けなければいけない」という考えはもう古くなってきている時代です。

うつ病や過労で倒れてしまうと、社会復帰するのに時間を要してしまいます。必要以上に苦しんだりせず、代行サービスを利用して、新たな一歩を踏み出すことも時には大切です。

【保育士退職代行成功】退職言いづらいがサービスで即日で急な退職も可能

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします

発達障害のため転職経験も多いですIT業界で働いていたので、転職経験についてもお伝えします。

【資格】
Webディレクション資格認定者、Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)など他 IT資格を取得

オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次