MENU
皆様疲れていませんか?障害者本人として日々で悩んでいる皆様の精神疲労を解決するメディアです。

【パワハラで退職即日できる?】パート・バイトすぐ辞めたい逃げるの実践方法

当ページのリンクには広告が含まれています。

会社で上司にパワハラを受けたいもう明日から、即日退職したい

契約社員・派遣社員だけどパワハラが酷い、立場上で上司にいじめられる、契約をむすんでしまっている即日退職したい

私の立場では契約社員で働いていることがありましたが、パワハラをうけたことがあります。また、正社員でのパワハラもあります。発達障害のため、コミュニケーションがとれずパワハラにありました。

シバッタマン

私正社員でもパワハラがあり、契約社員、派遣社員だからこそ、会社側から都合の良いように扱われ、ひどい労働環境の中で心身を擦り減らしてしまっている人も多い世の中と常に考えて居ました。

パワハラを受けている人は即日に退職したい、特に日曜日の夜や月曜日の朝に感じることがおおいのではないでしょうか。私がそうでした。

そこで私の経験も踏まえて【パワハラで退職即日できる?】パート・バイトもすぐ辞めたいの実践方法などについてお伝えします。

退職代行sarabaの無駄なく退職をサポート
【退職代行SARABAの体験談】デメリットは労働組合と弁護士?転職サポート!株式会社ワン

\労働組合NO1の安心料

モームリは、労働組合提携、株式会社による管理のもと、安心安全・確実に退職手続きを代行する退職代行サービスです。料金は、正社員が24,000円です。「今でも全額返金保証か調べてみる

シバッタマンの紹介
シバッターマン
シバッターマン
  • シバッタマン
  • 精神障害者保健福祉手帳 保持者
  • 退職代行で40歳で会社を退職し就労移行支援へ
  • 氏名:柴田義彦
  • 退職代行&就労移行支援、ITの執筆
  • 妻と4歳の子供がいて住宅ローン・教育費に必死
  • うつ病で休職経験多数
  • WEB業界を辞め、障害と闘いなら自営に転身
  • 経歴・連絡先情報はプロフィールに表示
目次

【パワハラ退職即日】パート・パワハラでも増加中?

嫌がらせのパワハラは増えている

パワハラとは、「パワーハラスメント」の略称であり、職場での優越的な立場を利用した嫌がらせのことです。

主に社会的な地位の強い者(政治家・会社社長・上司・役員・大学教授など)による、自らの権力や組織内の優位性を利用したいじめや嫌がらせでえす。

閉じた環境の中で起こりやすい「いじめ」や「嫌がらせ」は、職場でも注意すべき問題の一つです

パワハラは増加中で法案も改正された

令和2年6月1日施行の労働施策総合推進法の改定により、パワハラ対策は事業主の義務であり、相談などを理由とする不利益な扱いも禁止されています。

2020年6月1日、企業にパワハラ防止を義務付ける「改正労働施策総合推進法(パワハラ防止法)」が施行されたことで、近年さらに注目を集めています

パワハラとは、「労働施策総合推進法」第九章 第三十条の二に規定されている職場における行為です。

また、「労働施策総合推進法の改正パワハラ防止対策義務化」は下位再生されています。

シバッタマン

パワハラの数は年々増加されているため、厚生労働省では法案が改正されました。下記のように年々ぞうかしています。パワハラは、国の法律で発生させないことを企業へ求めた社会問題なのです。

【即日退職パワハラ】すぐ辞めたい逃げるが勝ち?仕返しバックレ!やむを得ない理由など
画像引用元:https://jsite.mhlw.go.jp/hokkaido-roudoukyoku/content/contents/000612420.pdf
シバッタマン

なんと下記の表のとおりですが、平成23件からの調査から倍以上であり、令和30年では8万件と倍増していす。

また、令和ではもっと増加しているでしょう。その他、この結果は総合労働相談コーナーに相談があった結果であり、パワハラを受けているにもかかわらず相談もできない人の数はより多く存在する社会問題です。

年度数件数
平成23年度45939件
平成24年度51670件
平成25年度59197件
平成26年度62191件
平成27年度66,566件
平成28年度70,917件
平成29年度72067件
平成30年度82,797件

令和2年6月1日から大企業であり、令和4年4月1日から中業企業で義務化されています。

パワハラの定義とは

パワハラの定義は下記に示されています。、厚生労働省のホームページを見ると、「職場のパワーハラスメントの6種型」なるものがあげられています。その6種型とは、下記の通りです。

類型内容
身体的な攻撃暴行・傷害
精神的な攻撃脅迫・名誉棄損・侮辱・ひどい暴言
人間関係から切り離し隔離・仲間外し・無視
過大な要求業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制・仕事の妨害
過小な要求業務上の合理性なく能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じること・仕事を与えないこと
個の侵害私的なことに過度に立ち入ること

【パワハラ退職即日】まずは心理的サポートを受ける

パワハラによる心理的影響はどうなる

シバッタマン

パワハラによる長期にわたると精神的健康に対して大きなダメージをもたらします。

パワハラによる心理的影響
  • パワハラによる長期的なストレスは、精神的な健康を損なうだけでなく、身体的な健康にも影響を与えます。
  • パワハラは、被害者がうつ病を発症するリスクを高めます。これは、自己評価の低下、希望感の喪失、興味や活力の低下など、一連の症状を伴います。
  • パワハラは被害者の不安レベルを増加させ、パニック発作や一般化不安障害などの形で現れることがあります。
  • パワハラ被害者は自己評価が低下し、自尊心が損なわれる可能性があります。
  • パワハラによるストレスは睡眠パターンを乱す可能性があり、不眠症や過眠症を引き起こすことがあります。

パワハラによるストレスの体調不良に関しては下記の記事でも紹介しています。

①カウンセリング を行う

シバッタマン

カウンセリングでは、被害者の方の心の状態を詳しく聞き取り、その方が抱える悩みや痛みを共感し、理解します

 また、被害者の方にとって最適なサポート方法を提供するために、カウンセリングには様々なアプローチがあります。

心理療法は、被害者の方と一緒に問題を探求し、解決策を見つけ出すことを目的としています。アートセラピーは、被害者の方が自分自身や自分が抱える問題について表現することで、自己認識を深めることを目的としています。

 マインドフルネスは、瞑想などの方法を用いて、被害者の方が現在の状況に集中し、自分自身や周りのことをより深く理解することを目的としています。

カウンセリングは、被害者の方が心の傷を癒し、再び健康的な生活を送ることができるようにするための大切な手段の一つです。

②セラピー を行う

シバッタマン

セラピーを行うとは、セラピストがクライアントの心理状態に合わせ、その状態を分析し、問題点を特定し、適切なサポートを提供することを指します。

 セラピストは、さまざまな技術や手法を使用して、クライアントに最適なアプローチを見つけることができます。

 たとえば、カウンセリング、認知行動療法、家族療法、音楽療法、美術療法などがあります。

 また、セラピストは、クライアントとの対話を通じて、彼らのモチベーションを高め、自己認識を促進し、ストレスや不安を軽減することができます。

 さらに、セラピーは、クライアントの心理的健康を改善するだけでなく、彼らの人生をより良いものにするためのスキルや戦略を提供することができます

。以上のように、セラピーは、クライアントにとって重要な精神的な支援を提供することができます。

③マインドフルネス をおこなう

シバッタマン

マインドフルネスとは、自分自身に向き合い、今この瞬間に意識を向け、内なる体験を受け入れることです。

マインドフルネスを実践することで、自己認識が深まり、自己理解を高めることができます。

マインドフルネスを実践する方法はいくつかありますが、最も一般的な方法は、呼吸に意識を向けることです。

 座って、または横になって、目を閉じ、呼吸に意識を向けます。息を吸うとき、息を吐くとき、息の流れを感じる。呼吸に意識を向けながら、無条件に受け入れます。

 このようにすることで、自分自身を理解することができるだけでなく、ストレスを軽減し、心の平安を得ることができます。また、身体的な健康にも良い影響を与えることが知られています。

人間関係においても、相手の気持ちに敏感になることができ、コミュニケーション能力を高めることができます。

4.ストレスマネージメントを学ぶ

日々の生活において、ストレスを感じることは避けられないものです。

シバッタマン

マインドフルネス、深呼吸、瞑想、リラクゼーション技術などを学び、日常生活に組み込むことで、ストレスマネージメントをまなび、ストレスを下げることができます。

マインドフルネスを実践すると、自分の気持ちや感情に注意を向け、現在地に集中することができます。

 深呼吸をすることで、リラックス効果があり、肉体的なストレスを軽減することができます。

 瞑想をすることで、心身のバランスを保つことができ、ストレスに対する抵抗力を高めることができます。

これらの技術を習得することで、ストレスに対する対処法が増え、より健康的な生活を送ることができます。

5.心理療法師やカウンセラーに相談する

シバッタマン

心理療法師やカウンセラーは、パワハラというストレスによって、被害者の身体的・精神的健康に深刻な影響を与える問題に対処するために、その道のプロフェッショナルです。

  被害者の心の健康を回復するために、様々な戦略を提供することができます。

 カウンセラーは、パワハラによって引き起こされる不安やうつ病などの精神的な症状を軽減するための認知行動療法を提供することができます。

 心理療法師は、被害者が自分の感情を表現し、パワハラの影響を受けた経験を処理するための心理療法を提供することができます。

 専門的な助けによって、被害者は自己価値を回復し、再び生き生きとした人生を取り戻すことができます。

【パワハラ退職即日】パートも退職するすぐ辞めたい場合にはは?

【即日退職パワハラ】すぐ辞めたい逃げるが勝ち?仕返しバックレ!やむを得ない理由など

職場で受ける可能性のあるパワハラに対する防止はどうする

シバッタマン

パワハラは、決して許されるものではありません。もし、パワハラを受けている場合は、一人で悩まずに、すぐに相談してください。

パワハラ(パワーハラスメント)に対する法的権利や保護措置は、多くの国や地域で労働法やその他の関連法律によって規定されています。

日本では、2019年に改正された労働基準法により、パワハラの防止に関する義務が企業に課されています。

 改正法では企業はパワハラの定義と認識、パワハラの防止策の取り組み、被害者の保護と救済、そして報告した従業員への報復を定めた基本方針を策定し、従業員に周知徹底することが求められています。

事業主の方は、これまで職場におけるセクシュアルハラスメント等の防止措置を講じてき
た経験を活かしつつ、パワーハラスメント防止対策についても必要な措置を講じてください。
また、働く人自身も、上司・同僚・部下をはじめ取引先等仕事をしていく中で関わる人た
ちをお互いに尊重することで、皆でハラスメントのない職場にしていくことを心がけましょ
う。

引用元:職場におけるパワーハラスメント対策が事業主の義務(厚生労働省)

法的権利

パワハラ被害者は、自分自身を守るためにいくつかの法的権利を行使することができます。

 職場での公正な取り扱い、安全で健康的な環境で働く権利、ハラスメントを報告する権利が含まれます。

また、被害者は、ハラスメントの結果として生じた損害に対する賠償を求める権利もあります。

保護措置

パワハラに対する保護措置とは、企業がパワハラを防止し、発生した場合にはそれに対処するためのポリシーや手続きを設けることです。

 具体的には、パワハラを防止するための教育と訓練、パワハラの報告と調査の手続き、そしてパワハラにより生じた問題に対する適切な対応が含まれます。

1.職場の人事や目安箱に相談する

労働者が相談した従業員に対し不利益な扱いをしてはならないことを法律に明記されていますので人事に相談するのは対処方法になります。。

パワハラにあってしまった場合、決して一人で抱えてしまうのであれば行動をおこしてみましょう。。職場での相談先は、人事部門などに設置されているパワハラ相談窓口が良いでしょう。

パワハラ相談窓口では、プライバシーが保証され相談者が誰であるかは職場に開示されず安心して相談できます。人事部門は第三者的な立場になるため、パワハラの状況を客観的に判断し、対策を講じてくれます。

先輩など職場内でのパワハラで上司に相談した場合、管理不行き届きの指摘を恐れた上司は、パワハラの事実をもみ消すかもしれません。

国はパワハラ被害者を守るよう企業へ指導しています。万が一被害にあった時は、まずは職場の人事などに相談しましょう。

シバッタマン

下記は私も実施しましたが、人事部に相談する、または目安箱の相談をすることとなります。私の経験上で相談したことはあります。上司の評価は下がったと思いますが、会社で政治力が強い人にパワハラを受けている人は人事が見てみないふりをしてしまう可能性もあるので注意した方がよいでしょう。

労働局や労働基準局に相談することともパワハラで対応してくれます。外部から会社へ指摘してもらうことで、問題を放置できず対策せざるを得ない状況になります。

シバッタマン

私の経験でも労働局や労働基準局にパワハラで相談したことがありますが、人事部や会社より伝えるより動いてくれました。私の場合なぜ、うごいてくれたかと感じたのは証拠をしっかりのこしていたからです。パワハラを受けている人はしっかりと証拠をのこしましょう。

よって、証拠をしっかりともったうえで社外の労働局や労働基準局に設置されている労働相談コーナーなどにも相談することはかなりお勧めします。

労働局や労働基準局では、相談者のプライバシーが守られるのはもちろんのこと、専門家が対応してくれ適切なアドバイスが得られます。

証拠はどのように残す

シバッタマン

私の場合はテープレコーダーを買いました。その他、現在では社内チャットがあるとおもいますが、その証拠はしっかりとおさえておきました。また、日記も鮮明にかいておくと良いですね。

しっかりとした証拠がある限り、国の法律で定められている通り、パワハラの相談を受けた会社側は問題を放置できません。

事情聴取することになります。この時に想定されるのが全面否定すること、素直にパワハラの事実を認める方が少ないでしょう。

ここで、いつ・どこで・誰に・どのようなことなど具体的な証拠が、加害者にパワハラを認めさせるために証拠がとても大切になるのです。

テープレコーダーではなくスマホには、録音機能や動画撮影機能で取得している人もいましたね。

3.即日退職は有給の利用や欠勤扱いにして即日退職出来る

退職代行業者のホームページなどでは、「即日対応可能」と書いていますが、「即日退職が可能になる」とはっきりと言っていないところがほとんどです。

シバッタマン

「連絡を受けてすぐの営業日に対応するので、ある要件を満たしたら実質的には即日退職をすることができる」という意味を表しています。即日退職になるのか、有給消化です。

この有給休暇の日数が、即日退職を可能にする要件です。有給休暇は、勤務期間が長くなればなるほど増えるので、何日残っているか事前に調べてください。有給休暇には期限があり、それが過ぎると消滅してしまうので、総務部に問い合わせるなどをして確認してください。

有給が14日以上あり、退職代行サービスを利用して、有給を消化する方法で即日退職をする場合、企業はそれを拒否できません。

 繁忙期に有給取得日をずらすことができる「時季変更権」があるのですが、退職者に関してはそれを行使することができません。

  時期をずらす日程が、退職者の場合は退職後しかないからです。退職者は退職前にまとめて有給申請をすることができるので、即日退職が可能になります。

参照元:時季変更権

4.契約社員や派遣社員・パートでも条件はあるものの即日退職は可能

シバッタマン

契約社員、派遣社員でも退職代行サービスを利用して退職することができます。退職代行サービスを利用できるのは正社員だけではないのです。退職の条件をお伝えします。

基本は契約社員や派遣社員即日退職はNG

契約社員、派遣社員は雇用期限が設定されたうえで雇用され、働く勤務体系となっています。

よって、基本的には契約社員、派遣社員は雇用期限より前に、個人の都合で退職をすることは認められていません。

ただし、労働者本人と会社側の双方の合意があれば、期限前の雇用期間内でも退職は認められます。

シバッタマン

双方の合意のもとで円満に退職可能な会社ならば、退職代行サービスを利用しようとはそもそも思わないはずですよね。「じゃあ、派遣社員・契約社員の自分は、雇用契約がくるまで退職できないの?我慢するしかないの?」とがっかりしなくても大丈夫です。経験上、法律に基づいたポイントをおつたえします。私も発達障害でうつ病になり契約社員での勤務があり、立場が弱くて悩んだことがあります。

契約社員・派遣社員が契約期間内でも退職するには?

妊娠、出産や病気などやむを得ない事情がある場合には契約社員、派遣社員が契約期間内であっても退職することができます。

契約期間内のやむを得ない事情とは下記のものになります。

やむを得ない事情
  • 本人の妊娠、出産
  • 本人の病気(
  • 家族の病気による介護・契約時の労働条件と相違があった場合(休日設定、賃金、残業等)
  • いやがらせ行為があった場合(セクハラ、パワハラ)
シバッタマン

上記の通り、いやがらせ行為があった場合(セクハラ、パワハラ)があった場合は契約社員でも退職ができます。パワハラがあったらや無得ない事情となります。

契約社員、派遣社員として雇用されてから3年、もしくは5年以上経過している場合

契約約社員、派遣社員に関して会社は「三年、五年を超える期間について締結してはならない」と労働基準法で定められています。

契約期間の上限は原則 3年(一定の場合に上限は 5 年 ) です。

引用元:有期労働契約の締結、更新及び雇止めに関する基準について

さらに3年、もしくは5年以上派遣社員・契約社員で同じ会社で勤務している場合、3年以降、5年以降は期限なしの雇用に切り替わるということも、労働基準法で定められています。

契約社員、派遣社員であっても3年以上、あるいは5年以上同じ職場で勤務していれば、労働者側からいつでも自由に退職を希望する権利を持っていることになるのです。

自分の雇用期限が3年なのか、5年なのかを確認してみましょう!

・契約してから1年経過すれば雇用期間内でも退職できる!

契約社員・派遣社員であっても勤務開始から1年を経過していれば、雇用期間内であっても労働者の意思で退職を申し出ることができる、と労働基準法で定められています。

シバッタマン

自分は契約社員・派遣社員だから自由に退職を言い出せない、と悩んでいる方。いかがでしょう。契約社員でも派遣社員でも、契約期間内に退職をすることは可能ですよ

 5.パワハラで即日退職したいのであれば退職代行も検討すると尚良い

シバッタマン

退職代行」についてですが、退職代行とは、字面通り、「依頼者に代わって、会社に退職したい旨を伝えるサービス」のことです。

辞めたくても辞められずに悩んでいるアルバイトやパート従業員の方の強い味方のサービスであると言えるでしょう。

「ブラック企業」は今、大きな社会問題になっており、辞めたくても辞めたいと自分から勤務先に伝えることができない方が、アルバイトやパート従業員に限らず非常に多くいらっしゃいます。

退職代行業者は今、ものすごい勢いで増えてきているのです。

お勧めの退職代行は

パイオニアで人気・知名度で業界最大手の退職代行EXIT

退職代行EXIT
退職代行EXIT

退職代行EXITは、日本で最初に「退職代行」を専業として展開したパイオニアであり、業界最大手の退職代行業者です。

 弁護士の指導やノウハウの提供を受けたスタッフが対応し、適切なアドバイスを提供しています。退職成功率100%を誇っており、多くの人々が円満に退職できたという評判があります。

24時間営業しており、親身になって相談に乗ってくれるという特徴があります。

会社名EXIT株式会社
設立2018年
会社所在地〒150-0041東京都渋谷区神南1-12-16 和光ビル5F
代表取締役新野俊幸岡崎雄一郎
事業内容退職サポート業務・メディア運営
シバッタマン

退職代行EXITは、業界NO1の安さの20,000円(税込)です!安く済ませたい人や金欠の人に向いていると言えます。
また転職サポート付きです。

退職代行EXITの無駄なく退職をサポート
【退職代行EXITは失敗】トラブル?退職代行イグジットやばい!株式会社社長テラハウス新野?

退職代行EXITは、業界のパイオニアとして最も知名度が高く、利用者からの評判も良好です。そして業界最安値です。

退職代行EXITの人気内容
即日退職可能業界最安値の2万円で即日退職が可能
実績と知名度退職代行の先駆けで実績と知名度が圧倒的
安心の弁護士監修弁護士監修により安心して利用できる

転職サポートを利用すれば、実質無料/

EXITは正社員・契約社員・アルバイト・パート問わず、一律20,000円(税込)という業界最安値の料金設定が大きな特徴です。他社が3~5万円する中、圧倒的なコストパフォーマンスで人気NO1が魅力です。

もちろん即日対応で退職代行成功率100%です。「業界最安値のパイオニアの秘訣を知るのはこちら

労働組合人気1位:退職代行SARABA

【さらばユニオンとは退職代行】労働組合?さらばユニオン違法?

シバッタマン

退職代行SARABAは、労働組合が運営する退職代行サービスです。24時間365日対応可能で、即日退職も可能です。費用は24,000円で、全額返金保証もついています。

項目内容
サービス名退職代行SARABA(公式サイト)
運営開始2019年8月
管理会社株式会社スムリエ
営業時間24時間365日
料金24000円
支払い方法クレジットカード、銀行振込、コンビニ払い
業務内容退職の意思表示、退職日の調整、未払い給料や残業代の請求、退職後のトラブルの相談

退職代行sarabaは、料金が安く、即日退職が可能で、後払いサービスもございます。

退職代行sarabaの無駄なく退職をサポート
【退職代行SARABAの体験談】デメリットは労働組合と弁護士?転職サポート!株式会社ワン

\労働組合NO1の安心料

モームリは、労働組合提携、株式会社による管理のもと、安心安全・確実に退職手続きを代行する退職代行サービスです。料金は、正社員が24,000円です。「今でも全額返金保証か調べてみる

法的相談なら弁護士法人みやび

特徴は弁護士の退職代行なのに相談と有給請求を無料で行ってくれます。更に、営業時間内での連絡であれば返信が早いのが特徴です。

mamoriの紹介
  1. 弁護士の退職代行なのに最短即日で退職を実現
  2. 弁護士なのでもちろん退職金の請求や有給消化の交渉可能
  3. 弁護士なのでもちろん退職成功率100%継続中
  4. 弁護士の退職サポートでありながら退職後のサポートも充実(転職やライフプランの相談・給付金サポート)

魅力は安価なところではあります、弁護士サービスを利用したい場合は下記を利用してみましょう。

シバッタマン

弁護士の退職代行でのおすすめは弁護士法人みやびです。弁護士事務所が行う退職代行サービスになります。

非弁業者と違い、サービスに間違いがありません。他弁護士事務所様と違い、グループに社労士がおりますので、
労災申請など、複雑な案件も受けられます。

商号弁護士法人みやび
代表者所長 佐藤 秀樹(弁護士)
事業内容  企業法務全般
訴訟等の裁判業務
顧問業務
コンサルティングなどの相談業務
一般民事事件などの個人向け業務
所在地〒105-0021 東京都港区東新橋1-1-21 今朝ビル5階
TEL : 03-6264-6671(代表)
申し込み方法電話・メール・LINE
退職までにかかる期間不明
利用料金54,000円
オプション
未払い給料・残業代・退職金請求は着手金無料、オプションの料金は経済利益の20%
営業時間10時から21時

\ 弁護士なのに破格の安さと安心感 /

他の退職代行会社(人気No1以外)の退職代行が気になる方はこちらの比較ページをアクセス
シバッタマン

退職代行会社は数多くあります。その中で私は人気1位を紹介しました。ただ、その他の退職代行が気になる方は下記のエージをアクセス

【パワハラ退職即日】よくある質問は

パワハラ 逃げるが勝ち

パワハラは、今回の記事でご紹介した内容を実施しても解決することができなげれば、「逃げるが勝ちより」、そんな職場は自分の健康やメンタルが悪化に使がります。

やることをして、解決しなければ最善の選択とされることがあります

パワハラ認定は会社都合退職ですか?

パワハラを理由に退職する場合、原則として会社都合退職として扱われます。

 ただし、離職証明書に「会社都合退職」、「自己都合退職」のいずれかを記載するのは会社側ですので、会社がパワハラを認めていなければ、自己都合退職と扱われてしまう可能性もあります。

パワハラの場合退職 いつまでに言う?

パワハラを受けている場合は、このタイミングよりも早く退職の意思を伝えても問題ありません。

パワハラを受けている場合、退職の意思を伝えると、上司や同僚からさらにパワハラを受ける可能性があります。

退職の意思を伝える際には、上司や同僚にパワハラを受けていないことを確認しておくことが大切です。

また、民法第628条のやむを得ない事由にもなります。

やむを得ない事由については下記に詳しく記事にしております。

まとめ:【パワハラで退職即日できる?】パート・バイトすぐ辞めたい逃げるの実践方法

いかがでしょうか。

【即日退職パワハラ】すぐ辞めたい逃げるが勝ち?仕返しバックレ!やむを得ない理由についておつたえしました。

昨今、ニュースになるのはパワハラがあり、正職員の立場で退職代行サービスを利用してやめた、ということが多いですが、契約社員や派遣社員でも退職代行サービスを利用できるのかと悩んでいる人もいます

派遣社員・契約社員でも退職代行サービスは利用できます!

パワハラは法律でもゆるせるものではありません。専門家に相談することをお勧めします。今回の記事が今後のあなたの素晴らしい人生の一歩になることを祈っております。

【即日退職パワハラ】すぐ辞めたい逃げるが勝ち?仕返しバックレ!やむを得ない理由

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次