皆様日々で悩んでいる精神疲労を解決するメディアです。

【障害者退職代行】代理サービス!発達障害!利用方法!ADHDやASD

【発達障害退職代行】代理サービス!利用方法!ADHDやASD

発達障害が辛い退職代行で退職できないかな

発達障害で二次障害が発生しで休職中、退職代行でやめれないかな

最近は発達障害で退職をする人がふえていると言います。SNSでも調査しましたし、実際に退職代行を利用して私もやめましたが、本当に簡単にやめることができますし、安価です。一度、相談の電話でもしてみるのもよいのではいでしょうか。

ということで、今回は【発達障害退職代行】代理サービス!利用方法!ADHDやASDについてお伝えします。

「退職代行」「休職代行」のように、労使の間に入る形で、発達障害者と企業の間に立って双方の利害を調整する役割はこれから需要があるのではないかと思う

目次

【障害者退職代行】代理サービス!ADHDやASDでの口コミ

①退職代行は弁護士に相談ができる

シバッタマン

退職代行サービスというのは労働組合や弁護士が対応してくれます。鬱病で会社の対応が困っている場合には大変でも依頼することで楽になります。

弁護士に相談できる退職代行使って会社辞めたけどめちゃスムーズでした サービスに連絡してから一切会社とやり取りなしで有給消化して残業代含めた給料もしっかり振り込まれてたし会社と関わらずに消えるように辞めたいならおすすめ ただ退職代行って選び方に注意あるの

②発達障害と退職代行は親和性がよい

シバッタマン

発達障害は退職代行と親和性が高いかと思います。発達障害で会社を辞めようと考えている人は2次障害で何かしらのうつ病や適応障害になっている可能性があります。また、発達障害となってしまったことで凹んでいる。

発達障害と退職代行、親和性が高すぎるなあ

代理で人事部や上司と交渉してくれるのでとてもあっていると思います。

発達障害で障害と悩んでいる場合にとても強い味方となってくれました。中でも素晴らしかったことは、労働組合で運営されているので、 会社との交渉を代行して行ってくださると言う点でありました

口コミや評判③発達障害で退職代行を利用しているひとは多い

シバッタマン

SNSで発達障害で辞めた人を確認してみましたがツイートが利用している人が沢山いました。

退職代行使って唐突に辞めたあの発達障害は元気してるかな

わたしは発達障害特性でIT合ってるのではと感じた部分もあったけど、そんなことなくて退職代行でやめたからね….個人の特性・向き不向きによります

【障害者退職代行】代理サービスでの利用理由

【発達障害退職代行】代理サービス!利用方法!ADHDやASD

理由①発達障害が原因となり2次障害でが会社を休んでいる

シバッタマン

退職代行を利用しているひと発達障害と会社で診断されており、それでもうまく適応として会社で取り組んでいるものの、うまくいかず、休職しているひともおおいです。医者に診断しているかもしれません。会社に連絡できない状態の方がこの記事を読んでいる場合もあるでしょう。

発達障害というのは会社側の理解がすすんでいないことも多く、2次障害を起こし会社を休んでしまっている後ろめたさはあるもののメンタルがついていけない状態になっているとおもいます。会社にも電話ができないじょうたいかとおもいます。

理由②発達障害の障害特性で理解されず毎日が辛い

シバッタマン

発達障害というのは見た目は健常者と変わらないこともあり、また日本では根性論がまだあることがあり、一生懸命と仕事をしている人もいるかと思いますが、それも理解されず毎日が辛い人も多いと思います。

退職意向は本人の口から直接聞きたいという会社は多です。このようなうつ病な症状でも退職代行は利用できます。まず、退職代行に相談し、無理に出社しなくても良い環境を整えるようにしましょう。

理由③発達障害の特性が強く、障害需要がまだできておらず退職を会社に伝えれるか不安

発達障害鬱病である場合は会社に退職を伝えたが、それでも辛い人がおおいかと思います。

シバッタマン

それでも問題なく会社に行ける状態の方は、「辞めます」と上司に伝えられるかどうか考えてみてください。

メールで伝えたとしても後で個別に呼び出される可能性はあります。上司や人事部を愛艇にして退職理由を説明しなければならないでしょう。その場合は鬱病にも関わらず、の時引き留められたり、退職しにくい雰囲気も考えられます。

休職を勧められる場合もあります。ただ、退職者や休職者が多い会社では環境そのものが悪いことが多く、復活しても今後退職になる可能性は十分にありえます。

「辞めます」を伝えられそうにない場合、退職代行に意思表示してもらうのもよい選択だといえるでしょう

理由④発達障害が発生し2次障害もでて医師から診断書がでているも合理的配慮もない

シバッタマン

会社の中で、退職願を出したのに受け取ってもらえなかった人や何年も引き留めにあっている人はいますでしょうか?発達障害であれば合理的配慮を会社に求めることができます。

ただ、中小企業でが障害者を受け入れることができず、それでも国のルールでもあり、合理的配慮の面談をしつつも、それを全くこなせず、健常者と同様の働きを求められる場合があります。

シバッタマン

私の場合はそうでした。会社へ発達障害の需要をしたので働ける。ただ、過集中や過敏性があるのでジョブコーチなどを利用するよう、依頼をして会社は認めてくれたのですが、あくまで打ち合わせをしただけでした。

合理的配慮がない場合には、労働問題に強い退職代行を利用するとよいでしょう。

 交渉可能な退職代行であれば、会社側が退職拒否しても問題なく辞められます退職しにくい企業にお勤めの方は、ぜひ最後にご紹介するような労働問題に強い退職代行に相談してみてくださ

【障害者退職代行】代理サービスでよくある退職代行・代行のお悩みの質問と回答

【発達障害退職代行】代理サービス!利用方法!ADHDやASD

退職代行サービスを使い慣れている方は非常にすくないと思います。退職代行サービスを利用に際し不安があると思いますので、質問と回答を記載します。よくある退職代行のお悩みを紹介したいと思います

質問と回答①発達障害で退職代行を使ってもよい?

シバッタマン

発達障害だとコミュニケーションが上司がうまくいかず、また2次障害で心を患っている人がいるかもしれません。その場合には退職代行を使っても問題ないです。口コミでもお伝えしましたが、発達障害者で対象代行を利用するひとは多いです。

退職代行は”あなたの代わりに退職意思を伝えてくれる”サービスです。鬱病であると退職に対して会社に宣言ができな人が多いのです。

発達障害で精神的に辛いのであれば、辛さの一因である会社とそれ以上関わらないためにも、無理せず退職代行サービスに相談するようにしてください。

質問と回答②発達障害で上司や人事とコミュニケーションがとれないが退職代行もよいの?

シバッタマン

発達障害なっていると人とのコミュニケ―ションがうまくできない人が多いはずです。
できない退職代行は上司と会話できない人が辛いという方にもおすすめです

発達障害の状態で退職話を切り出すのは非常に勇気がいることです。

発達障害になり、パワハラがあった場合にはさらに上司と話しにくくて辞められないと考えられます。このような状態では鬱病が悪化し、メンタル面に限界がくることも考えられます。言い出しにくくて悩んでいる方はぜひ1度退職代行に相談してみてください。

質問と回答③発達障害で悪化し明日にも会社に行きたくないんだけど?

シバッタマン

発達障害ででつらいと労働問題に強い退職代行サービスなら即日退職も可能です。依頼した次の日から出社しなくて問題がございません。

退職代行サービスというのは弁護士や労働組合が運営します。

 退職代行は、有給休暇の消化をはじめとした会社との交渉が可能となっています。有休がない場合も欠勤することで実質即日退職にすることができるため、依頼後はもう辛い会社に行く必要はありません

質問と回答④発達障害での診断書はどうすればいい?

シバッタマン

発達障害でをはじめ精神的な病気を患ってしまった場合には、病院に診断書を書いてもらうのがおすすめです。鬱病の診断書があれば説得するには十分です。会社側も安全保障義務を守っていないことになります。

診断書はいわば医師からの証明書であり、退職理由として会社に納得してもらいやすくなります。スムーズに辞めるためにも、退職代行に相談する際は診断書の有無も伝えるようにしましょう。

診断書発行のやり方は下記の記事に記載していますので参考にしてください。

質問と回答⑤引継ぎはやらなきゃいけない?

相談者

携わっているお仕事によっては引継ぎが必要かと思います。ただ、うつ病になっているというのであれば会社も悪化させてしまってはいけないとかんがえますし、あなた自身も辛い会社にも出向きたくはないはずです。

労働問題に詳しい退職代行サービスに相談し、引継ぎ内容を伝えてもらうという方法もあります

基本的に退職は引き継ぎせずともできるものではあります。

 就業規則に「引継ぎすること」と明記している企業も多いです。またあなたの退職が業務に支障をきたす場合、会社側とトラブルになる可能性があります。

トラブルを避けるためにも退職代行に一緒に伝えてもらうと安心です。鬱病にこそ退職代行サービスが必要になると考えらえます。

質問と回答⑤会社に返さないといけないものがあるがどうすればよい。

会社の備品や経費で買ったものの返却は、直接ではなく郵送で問題ありません。

シバッタマン

これは私も経験がありますが、うつ病がつらくて会社にいけないものもありましたが、すべて追跡システムのある郵送サービス(クリックポスト・レターパック・宅急便コンパクトなど)で送りました。

心配する必要はありません。退職代行サービスを利用して会社の備品などはないか、送る前にご自宅をよく確認してみてください。

質問と回答⑥退職後に連絡はある?

シバッタマン

退職代行サービスはあらかじめ連絡不要の旨を伝えてくれるます。会社から連絡がくるリスクを下げられます。

会社から連絡が来る場合もあります。例えば、退職代行サービスを利用してやめたとは会社の上司はわかっていても、会社の人間が電話してくる可能性があります。そのため、電話やメールがくるケースもあると心得ておきましょう。

万一、会社の人間から連絡がきた場合も、無視や着品拒否しても問題ありません。

退職後にが対応する義務はなく、心配しすぎる必要はないでしょう。どうしても不安な方は労働問題に詳しい退職代行サービスに相談するとよいでしょう。

まとめ:【障害者退職代行】代理サービス!発達障害!利用方法!ADHDやASD

いかがでしたでしょうか。

【発達障害退職代行】代理サービス!利用方法!ADHDやASDについてお伝えしました。

私もサラリーマンを20年つづけてきましたが、過集中のおかげで得意なものは得意でした。ただ、皆があたりまえにできるようなことがどうしてもできず敏感でありました。

また、言葉使いも気を付けているのですが、うまくいかず馬鹿にされることも多かったです。結果として、発達障害ということがわかったのですが、その場合には代行サービスを利用するとよいでしょう。

私の場合は上司にバカにされつづけて、もう会話するのがつらくて仕方なかったです。そこで退職代行サービスに電話をしてみましたが、簡単に退職できるとお伝えしてくれました。また、対応もとても易しかったです。

ぜひとも退職代行サービスにお電話をしてみてください。

【発達障害退職代行】代理サービス!利用方法!ADHDやASD

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします

発達障害のため転職経験も多いですIT業界で働いていたので、転職経験についてもお伝えします。

【資格】
Webディレクション資格認定者、Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)など他 IT資格を取得

オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次