MENU
皆様疲れていませんか?障害者本人として日々で悩んでいる皆様の精神疲労を解決するメディアです。

【退職代行公務員】トラブルを避けるための弁護士おすすめ?公務員突然辞める?体験談

当ページのリンクには広告が含まれています。

 退職代行公務員について検索するあなた、公務員という特殊な環境での退職について、悩みや問題を抱えていませんか?

 複雑な退職手続き、社内の人間関係、突然辞めることへの不安。それらはすべて公務員ならではの退職の難しさです。

シバッタマン

問題の解決策として、弁護士や専門の退職代行サービスを利用することを検討してみてはいかがでしょうか?

 法律的な問題を理解しており、難しい手続きをスムーズに進めることができます。また、あなたの退職を会社側に代行して通知することも可能です。

 社内の人間関係によるストレスや、突然の退職によるトラブルを避けることが可能になります。

この解決策が有効である理由は、弁護士や専門家には深い法的知識と経験があるからです。

 公務員の退職に関する法律を熟知しており、あなたが直面する可能性がある問題を予測して対応することができます。また、弁護士ならではの法律的な視点で、あなたの権利を守ることができます。

退職代行の弁護士には、多くの公務員の成功した退職をサポートしてきました。

複雑な手続きや人間関係に悩まされることなく、新たなステージへと進むことができます。また、あなたの権利が保証され、公務員特有の退職問題から解放されます。

シバッタマンの紹介
シバッターマン
シバッターマン
  • シバッタマン
  • 精神障害者保健福祉手帳 保持者
  • 退職代行で40歳で会社を退職し就労移行支援へ
  • 氏名:柴田義彦
  • 退職代行&就労移行支援、ITの執筆
  • 妻と4歳の子供がいて住宅ローン・教育費に必死
  • うつ病で休職経験多数
  • WEB業界を辞め、障害と闘いなら自営に転身
  • 経歴・連絡先情報はプロフィールに表示
目次

【退職代行公務員】利用する際の考慮事項は?地方公務員・国家公務員も

公務員の地位から見た退職代行の可能性

シバッタマン

退職代行に関しては、公務員の方々でも問題なく利用できることができます。退職代行などの第3者を使って退職することは特に法律で禁止されているわけではありません。

ただし、地方公務員や国家公務員を退職したい場合は、基本原則民間の退職代行業者は利用することができません。

 公務員の退職について、民間の退職代行に頼まないほうが良い理由については、公務員法や地方公務員法の規則に従って退職しなくてはならないため、民間企業とは異なる雇用に関する法律や規則があるためです。

公務員法は民法とは異なり、退職までに明確な期日などの記載はありません。国家公務員の場合、任命権者からの許可が必要で、地方公務員はそれぞれ地域の条例に従う必要があります。

公務員と一般労働者の退職法制度の違い

公務員は、一般企業の労働者とは異なり、退職に関しては公務員法や国家公務員法、地方公務員法、その他各省庁の省令等に規定されています。理由は公務員は公益性の高い仕事です。 

厳格に定められた退職に関する法律や規則が適用されます。

職員の休職、復職、退職及び免職は任命権者が、この法律及び人事院規則に従い、これを行う。

引用元;国家公務員法 第61条第1項

 公務員は、国民全体の奉仕者であり、その職務は国民から負託された公務であるからです。そのため、公務員は、退職に際して、国民の利益を第一に考えなければなりません。

シバッタマン

 公務員が退職する際には、国民の利益を害することがないように、適切な手続きを踏む必要があります。公務員は、退職後も国民の利益を考慮しなければならず、退職後の行動にも注意が必要です。

退職代行の利用に伴う法律上の問題は?

公務員は、退職後も同じ公務員として再就職することができます。

 地方公務員と国家公務員では、再就職の制限が異なります。国家公務員は、退職後1年以内に同じ省庁に再就職することができません。

引用元:国家公務員の退職管理・再就職等規制について(内閣官房)

また、地方公務員法は、地方公務員の雇用に関する法律であり、労働基準法は、労働者の労働条件に関する法律です。退職に関しては、地方公務員法に基づく退職手続きが必要です。

 地方公務員法では、退職金や年金などの福利厚生が定められています。

地方公務員法と労働基準法の違いについて、特に退職に関して知りたいとのことですね。

 地方公務員法は、地方公務員の雇用に関する法律であり、労働基準法は、労働者の労働条件に関する法律です。退職に関しては、地方公務員法に基づく退職手続きが必要です。

参照元:地方公務員法

公務員で退職代行で独自のルールとその理由

【退職代行公務員】トラブルを避けるための弁護士おすすめ?公務員突然辞める?体験談

労働基準法の一部適用の例外性とその理由

シバッタマン

地方公務員については、基本的に労働基準法が適用されますが、国家公務員とは異なり、部分的に適用となります。

労働基準法第36条は、地方公務員にも適用されます。

地方公務員の勤務時間や休暇などの勤務条件は、労働基準法などの法律に基づいて定められています。

使用者は、時間外・休日労働協定において定めた労働時間を延長して労働 させ、及び休日において労働させることができる時間の範囲内で労働させた 場合であっても、労働契約法第に基づく安全配慮義務を負うことに留意 しなければならないこととする

引用元;労働基準法36条

地方公務員は、国家公務員と異なり、政治的意思決定を行う公権力行使の主体であるため、労働基準法などの法律の一部が適用除外となっています。

地方公務員の勤務条件についてですね。地方公共団体の条例や規則によって定められています。

引用元:地方公務員の勤務条件

シバッタマン

労働基準法は、労働者の労働条件の最低基準を定めた法律ですが、公務員は、国民全体の奉仕者であり、その職務は国民から負託された公務であるため、労働基準法の適用を除外しています。


国家公務員を含む公務員は公益性の高い仕事です。 

 国家の正常な運営のためにも、利益を追求する私企業で働く会社員など民間の労働者とは異なる角度での規律と保護が必要になります

国家公務員には労働基準法などが原則適用されないこととなっ

公務員の辞令の交付とは?

公務員が退職する際には、辞令の交付が必要です。辞令交付式は、退職する公務員に対して、辞令が交付される式典です。

辞令は、退職する公務員の職務や退職日が記載された書類です。辞令交付式は、退職する公務員やその家族、同僚が出席して行われることが多いです。

 ただ、辞令は、辞令交付式で交付されますが、出席は必ずしも必要ではありません。

シバッタマン

 欠席した場合は、後日郵送で送ってもらうか、職場に取りに行くことで辞令を受け取ることができます。辞令交付式に出席したくない場合は、退職代行業者にその旨を伝えてもらうと良いでしょう。

辞令交付式に出席したくない場合は、退職代行業者にその旨を伝えてもらうと良いでしょう。退職代行業者は、退職する公務員の代わりに、辞令交付式への出席や退職手続きを行うことができます。

公務員は労働組合ではなく職員団体に属するので退職代行では難しい

シバッタマン

公務員は、労働組合法の適用を受けないため、退職代行は難しいと言われています


労働組合は、労働者と使用者との間で、賃金や労働条件などの交渉を行う権利を有しています。労働組合は、労働者と使用者との間で、賃金や労働条件などの交渉を行う権利を有しています。これを「団体交渉権」といいます。

権利定義
団結権労働者が自由に団体(労働組合)を結成したり、団体に加入したりする権利。
団体交渉権労働者が、使用者に対して労働条件の改善や維持について交渉する権利。
団体行動権労働者が、団体交渉が不調に終わった場合、ストライキなど、団体で行動を行う権利。

参照元;労働3権

公務員は、労働組合法の適用を受けないため、団体交渉権を行使することができません。

公務員法では、公務員が職員団体に加入することを認めています。

 「職員団体」とは、職員がその勤務条件の維持改善を図ることを目的として組織する団体又はその連合体をいうと規定されています。 

職員団体は、公務員の勤務条件に関する意見や不満等を民主的な手続きにより、正当に当局に伝える機関たる性格を有するにとどまります。

  そのため、労働組合が運営する退職代行サービスに依頼しても、公務員の退職交渉を代行してもらうことはできません。

シバッタマン

公務員は、労働組合のように、使用者に対して団体交渉権や争議権を行使することができません。

 しかし、退職代行業者によっては公務員の方を退職させることに成功した実績があるところも存在します。

そのため、民間企業との違いを知り、退職代行業者選びがポイントになります

突然辞めるが難しい理由?公務員の退職には任命権者から退職の承認を得る必要がある

任命権者から退職の承認を得るには、退職の理由を明確に説明する必要があります。また、退職に伴う損害を補償する必要がある場合もあります。

公務員が退職届を提出した場合、任命権者は特に支障がない限り、速やかにこれを承認すべきです。ただし、行政執行に支障がある場合には、退職を承認しないことも可能なのです。

引用元:YAHOO(教えて仕事の先生)

 任命権者から退職の承認を得るには、退職の理由を明確に説明する必要があります。

公務員の退職は、民間企業の従業員の退職よりも手続きが複雑で時間がかかります。そのため、退職代行会社に依頼する前に、退職の手順や費用をよく確認することが重要です。

公務員が退職するには、以下の手順に従う必要があります。

  • 任命権者に退職の申し入れをする
  • 任命権者から退職の承認を得る
  • 退職手続きを行う

退職代行サービスに依頼しても、必ずしも2週間で退職できるとは限らない

退職代行サービスは、民法に基づく退職処理を前提にしており、公務員には該当しません。

シバッタマン

 公務員の退職は、地方公共団体の条例や規則によって定められています。そのため、退職代行サービスに依頼しても、必ずしも2週間で退職できるとは限りません。

公務員の退職を考えている場合は、退職代行サービスに依頼する前に、地方公共団体の条例や規則を確認することをお勧めします。

公務員が退職代行において弁護士による退職代行の利点とその選択理由

【退職代行公務員】トラブルを避けるための弁護士おすすめ?公務員突然辞める?体験談

①基本は弁護士の退職代行を選んだほうがよい

シバッタマン

公務員の退職は、民間企業の退職とは異なり、厳しい規定が定められています。そのため、退職代行を利用する際には、弁護士に相談することをお勧めします。

弁護士であれば、公務員の退職手続きに精通しており、退職が認められるよう交渉をしてくれるからです。

 また、弁護士であれば、退職代行を依頼しても、退職が認められないなどのトラブルが発生した場合でも、法的に対応してくれるので安心です。

民間の退職代行業者でも、弁護士が在籍している場合がありますので、そのような業者を選ぶことも一つの選択肢です。ただし、弁護士資格を持っているかどうかは、必ず確認するようにしましょう。

②公務員の退職代行は手続きが複雑なため弁護士事務所を選択が望ましい

  • 公務員は民間企業の従業員とは違い、退職手続きが複雑
  • 公務員は地方公共団体の条例や規則を確認する必要があるため
  • 辞令の交付
  • 任命権者から退職の承認を得

公務員の退職代行の実績が豊富な弁護士事務所を選択することが望ましいのは、弁護士であれば、公務員の退職手続きに精通しており、退職が認められるよう交渉をしてくれるからです。

弁護士であれば、公務員の退職代行を依頼しても、退職が認められないなどのトラブルが発生した場合でも、法的に対応してくれるので安心です。

③無料相談・無料見積もり・初期費用なしの公務員の退職代行を選ぶ

シバッタマン

公務員の退職代行を選ぶ際には、無料相談、無料見積もり、初期費用なしのサービスを提供しているかどうかをチェックしましょう。


無料相談では、退職代行について弁護士から詳しく説明を受けることができます。

 また、無料見積もりでは、退職代行の費用を事前に確認することができます。

 初期費用なしのサービスでは、退職代行を依頼した後でも、退職が認められなかった場合でも、料金がかからないため安心です。

④料金が性格で民間業者と大きく変わらない公務員の退職代行を選ぶ

公務員の退職代行は、民間企業の退職代行よりも難しいため、料金が高額になる傾向があります。

シバッタマン

弁護士の退職代行は費用が高めですが、民間退職代行サービスではできない、祖訴やサービス残業代請求、書類の手続き等ができますので高めとなっています。

民間企業や労働組合が運営する退職代行弁護士が運営する退職代行
費用相場3〜5万円5〜7万円
代表的な退職代行ニコイチ、JOBS、辞めるんです、SARABA汐留パートナーズ
川越みずほ法律会計

そのため、料金面で安心して退職代行を依頼するためには、料金が明瞭かつ民間業者と大きく変わらない公務員の退職代行を選ぶことが重要です。

 任命権者から退職の承認を得るには、退職の理由を明確に説明する必要があります。また、退職に伴う損害を補償する必要がある場合もあります。

 退職手続きは、退職する公務員の職種や所属する組織によって異なります。しかし、一般的には、退職届を提出する、退職金の精算を行う、退職証明書を受け取るなどの作業が必要です。

公務員の退職は、民間企業の従業員の退職よりも手続きが複雑で時間がかかります。そのため、退職代行会社に依頼する前に、退職の手順や費用をよく確認することが重要です。

公務員が退職するには、以下の手順に従う必要があります。

  • 任命権者に退職の申し入れをするリスト
  • 任命権者から退職の承認を得るリスト
  • 退職手続きを行うリスト

公務員で退職代行の利用方法

シバッタマン

退職代行サービスを利用することで、これらの手続きをスムーズに行うことも可能です。ただし、公務員には特有の規則や法律があるため、サービスを利用する際はそれらを理解した上で慎重に選ぶことが重要です。

STEP
退職の意志決定

まず、自身が退職を望むという意志を固めます。これは、個々の状況やキャリアの方向性、現在の職場環境など、様々な要素を考慮に入れて決定します。

STEP
退職の意志を上司や人事部門に伝える

退職を決意したら、その意志を直属の上司や人事部門に伝えます。これは一般には直接、口頭で行われますが、具体的な退職日などを含む文書を提出することもあります。

STEP
退職願の提出

公務員の場合、通常は「退職願」と呼ばれる書類を提出します。退職願は、退職の理由と退職希望日を明記したもので、これを上司や人事部門に提出します。

STEP
退職の承認

公務員の場合、一般企業と異なり、任命権者からの退職の承認が必要となるケースが多いです。

STEP
手続き

退職願が承認されたら、各種手続きを開始します。退職金の計算や社会保険の手続き、職務の引き継ぎなどが含まれます。

STEP
クーリングオフ期間の遵守

一部の公務員の場合、退職後一定期間、他の公的機関や民間企業への転職が制限される「クーリングオフ期間」が設けられています。この期間は、職種や地位によって異なります。

STEP
退職後の手続き

退職後も、税金や保険の手続きなどが必要になることがあります。

STEP
再就職活動

退職後は再就職を考える人も多いです。公務員の場合、特に高齢の方が再就職を希望する場合には、公的な再就職支援機関を利用することも可能です。

STEP
退職後の生活設計

最後に、退職後の生活設計を行います。これには、年金生活の開始、趣味やボランティア活動への参加、家族との時間を過ごすなど、さまざまな形があります。

公務員で退職代行サービスで弁護士おすすめを紹介

【退職代行公務員】トラブルを避けるための弁護士おすすめ?公務員突然辞める?体験談

弁護士法人みやび

特徴は弁護士の退職代行なのに相談と有給請求を無料で行ってくれます。更に、営業時間内での連絡であれば返信が早いのが特徴です。

mamoriの紹介
  1. 弁護士の退職代行なのに最短即日で退職を実現
  2. 弁護士なのでもちろん退職金の請求や有給消化の交渉可能
  3. 弁護士なのでもちろん退職成功率100%継続中
  4. 弁護士の退職サポートでありながら退職後のサポートも充実(転職やライフプランの相談・給付金サポート)

魅力は安価なところではあります、弁護士サービスを利用したい場合は下記を利用してみましょう。

シバッタマン

弁護士の退職代行でのおすすめは弁護士法人みやびです。弁護士事務所が行う退職代行サービスになります。

非弁業者と違い、サービスに間違いがありません。他弁護士事務所様と違い、グループに社労士がおりますので、
労災申請など、複雑な案件も受けられます。

商号弁護士法人みやび
代表者所長 佐藤 秀樹(弁護士)
事業内容  企業法務全般
訴訟等の裁判業務
顧問業務
コンサルティングなどの相談業務
一般民事事件などの個人向け業務
所在地〒105-0021 東京都港区東新橋1-1-21 今朝ビル5階
TEL : 03-6264-6671(代表)
申し込み方法電話・メール・LINE
退職までにかかる期間不明
利用料金54,000円
オプション
未払い給料・残業代・退職金請求は着手金無料、オプションの料金は経済利益の20%
営業時間10時から21時

\ 公式サイトへ /

弁護士法人mamori

弁護士法人mamoriが提供する「退職代行サービス」は、YouTuber弁護士ビーノこと日比野 大を中心としたプロフェッショナルチームが、クライアントの退職を最短即日で確実に実現させるサポートを提供します。

 退職の手続きを円滑に進めるために、退職金の請求や有給消化の交渉を行い、退職成功率100%を継続中です。

また、退職後の転職やライフプランの相談・給付金サポートも提供しています。

商号弁護士法人mamori
代表者〒997-0028 山形県鶴岡市山王町9-29佐藤 秀樹(弁護士)
事業内容  山形県弁護士会
弁護士日比野大
mamoriの紹介
  1. 弁護士の退職代行なのに最短即日で退職を実現
  2. 弁護士なのでもちろん退職金の請求や有給消化の交渉可能
  3. 弁護士なのでもちろん退職成功率100%継続中
  4. 弁護士の退職サポートでありながら退職後のサポートも充実(転職やライフプランの相談・給付金サポート)

\ 公式サイトへ /

川越みずほ法律会計

NHKのニュース番組にも出演したことのある退職代行です。会社への連絡まで最短30分です。価格も弁護士事務所にしてはリーズナブルです。

シバッタマン

全国即日で対応してくれ、退職できなかった場合には返金保証もあり利用しやすい環境が整っています。

商号弁護士法人川越みずほ法律会計
代表者清水 隆久(しみず たかひさ)
申し込み方法電話・メール・LINE
退職までにかかる期間不明
利用料金
正社員50,000円、パート30,000円
オプション有給消化・私物の引取・離職票の発行・退寮手続きも込み込み
営業時間
LINEであれば24時間対応

川越みずほ法律会計の退職代行への公式サイトへ

ウラノス法律事務所

シバッタマン

書類の準備などもすべて任せてしまえるのが安心のポイントです。更に、即日退職に対応してくれるレスポンスの速さも魅力の退職代行になります。

申し込み方法電話・メール・LINE
退職までにかかる期間即日退職可能
利用料金正社員54,000円、パート・アルバイト43,200円
オプション
未払い・残業代・退職金請求は着手金無料、成功報酬は経済利益の
20%:私物の引取・離職票の発行・退寮手続きも込み込み
営業時間
LINEであれば24時間対応

退職代行ウラノス弁護士事務所はこちら

【退職代行公務員】よくある質問と回答

【退職代行公務員】トラブルを避けるための弁護士おすすめ?公務員突然辞める?体験談
民間の退職代行と弁護士監修と退職代行弁護士違いは何ですか?
シバッタマン

民間退職代行業者と弁護士監修と退職代行弁護士の違いは、以下のとおりです

下記の比較表を参考に、自分の状況やニーズに合った退職代行サービスを選ぶことが重要です。

これらの違いを踏まえて、顧客のニーズや予算に応じて適切なサービスを選択することが重要です。

一般の退職代行は、費用やサービス内容が業者によって異なるため、比較検討が必要です。

顧問弁護士監修の退職代行は、安全性が高く低価格で提供されることが多い点が魅力的です。

一方、弁護士の退職代行は、法的な問題が複雑なケースや特定の業種・職種に特化したサポートが必要な場合に適しています。

一般顧問弁護士監修弁護士
費用低価格~中価格の範囲で異なる通常、低価格で提供されることが多い弁護士事務所の費用がかかるため、高額になることが多い
対応時間24時間対応が可能なサービスもあるが、業者によって異なる24時間対応が可能なサービスが多い通常の業務時間内での対応が一般的
弁護士の関与弁護士の関与は限定的またはなし顧問弁護士が監修し、安全性を確保弁護士が直接、退職交渉を行う
対象者広範な業種や職種に対応できるが、業者によって異なる広範な業種や職種に対応できる特定の業種や職種に特化したサービスがあることが多い
柔軟性業者によってサービス内容や対応力が異なる顧問弁護士の監修のもと、顧客ニーズに応じた対応が可能弁護士事務所のルールに従った対応が基本
公務員 で退職届 受理 されない場合は?

退職届を再度提出する際は、退職理由を明確に説明してください

 。また、退職届を提出する際には、内容証明郵便で送付すると良いでしょう。

上司や人事部に退職理由を説明しても退職届が受理されない場合は、退職代行サービスを利用するという方法もあります。

 退職代行サービスは、退職の意思を伝えるだけでなく、退職条件の交渉や未払い残業代の請求などの法律相談を行うことができます。

退職代行サービスを利用する際には、費用やできること、リスクなどを考慮して、自分に合ったサービスを選ぶことが大切です。

退職代行サービスを利用しても退職届が受理されない場合は、弁護士に相談することをお勧めします。

弁護士は、退職の権利を守るために、退職届の受理を促すための手続きを行うことができます。

公務員は退職まで2週間なの

務員は退職まで2週間ではありません。公務員は退職の意思を伝えてから退職辞令を受け取るまで、最短でも1ヶ月はかかることが多いです。

シバッタマン

これは、公務員は民間企業の従業員とは異なり、退職の際には退職辞令の交付が必要となるためです。退職辞令は、退職の意思を伝えてから1ヶ月以内に交付されることが多いです。

 

そのため、公務員は退職の意思を伝えてから退職辞令を受け取るまで、最短でも1ヶ月はかかることが多いです。

まとめ:【退職代行公務員】トラブルを避けるための弁護士おすすめ?公務員突然辞める?体験談

今回の記事では、公務員が退職代行サービスを利用する際の注意点とメリットを詳しく説明しました。

 公務員特有の法制度や手続きが複雑で、自力での退職が困難な場合、退職代行サービスが有効な解決策になることがわかります。

また、具体的な退職代行サービスの例として「川越みずほ法律会計」や「ウラノス法律事務所」を挙げました。

あなたの新たな一歩を、これらの退職代行サービスがしっかりサポートします。次のステージへの道筋をスムーズに進むために、適切なサポートを求めることをおすすめします。

【退職代行公務員】トラブルを避けるための弁護士おすすめ?公務員突然辞める?体験談

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次