MENU

【ADHD話し方特徴】大人の早口など?話し方チャートで改善

ADHDは(注意欠如‧多動性障害)といい「多動」「不注意」「衝動性」という特性のある発達障害の1つです

シバッタマン

ADHDですと発言を多くしてくれることで周囲の人も意見を出しやすくなったり意見交換が活発に行われるなどの良い空気を作る役割を担ってくることもあります

仕事や家庭で特性が活かされると強みになります。

ただ、私もそうでしたが活かせない環境というのは確実に存在します。

ADHDの理解や対策がされていないことで他者から勘違いをされてしまったりお互いの認識がズレてしまったりいいと思ってやったことが相手に嫌な思いをさせてしまう事もあります。

今回の記事では【ADHD話し方の特徴】早口など?改善に話し方チャートについてお伝えします。

目次

【ADHD話し方の特徴】大人や子供など早口になる?

発達障害はあくまで先天的なもので生まれついたものであり原因は脳の機能不全といわれています

【ADHD話し方の特徴】子供は?

シバッタマン

A D H Dの子どもには、一つのことに夢中になりすぎて話しかけても返事がないなどあります。
一度話出すと、話し手の反応は関係なく話を続けるといった特徴がありますね。

話しかけてから反応をするまでに長い時間が必要な場合もあります。

子どもの頃はまだコミュニケーションが何なのかを理解していないですね。

誰かに声をかけられたら返事をするというような日常会話での決まり事や、他者には他者の考え方がることがおおいです。自分と同じではないことを理解していない場合が多く、自分が考えることは他人も同じ考えであるというパターンもありますね。

【ADHD話し方の特徴】大人は?

シバッタマン

大人になると成長の段階で様々な経験をしたことにより他者とのコミュニケーションを学びます。

上手く対応しては話し方もできるようになります

 子どもに比べると活発な行動が少なくなります。

 A D H Dの特徴の一つである多動が見えにくくなるため、同じ人であっても、子どもの頃と大人になってからでは、話し方の印象が大きく変わるこようになるでしょう。

引用元:発達障害ADHD話し方の特徴(厚生労働省)

【ADHD話し方の特徴】早口など改善にADHD話し方チャート

【ADHD話し方の特徴】 の対処に話し方の改善は?

【ADHD話し方の特徴】早口など?改善に話し方チャート
「ストーリー」の組み立て・作り方が必要

相手に正しく伝えるためには、先ほど触れた。下記が分かるように話を展開させるように組み立てなければなりません。

・話題の対象は誰なのか
・何についての話なのか
・前の話題とのつながりはあるのか

では上司への報告などの大切な話をしたいときには、どのように注意していけばよいのでしょうか。

関連記事:【人の話を聞けない違うことを考える】ADHDや病気や大人の発達障害?

話がまとまらない時に行う「ストーリー作り」の注意点
話がまとまらない時に行う「ストーリー作り」の注意点

早口など改善にADHD話し方チャート①始めに何を話すのか『台本』を決めておく

「話し始めてから構成を考える」話し方だと、話題展開に関しての制約がありません。いくらでも変えられてしまうのです。

これを防ぐために、大切な話をするときは『台本』を決めて、その通りに話す癖をつけるようにしましょう。この台本は想像の中だけでも良いですし、実際にメモに書いてもOKです。

道筋を決めることで、相手が想像しづらい話題展開を少なくすることができます。

早口など改善にADHD話し方チャート②話題の対象が変わるときは、『つなぎ』の言葉を入れる

上の3つのポイント(話題の対象者、テーマ、前の話とのつながり)が変わるときは、間に「話題が変わります」とわかるように『つなぎ』の言葉を入れてみましょう。

「話は変わりますが」や「以降は○○さんのことなのですが」など、相手に「話題が変わりますよ」というサインを出すのです。

早口など改善にADHD話し方チャート③勢いに任せず、ゆっくり話す

スピードを出している車が周囲を見渡しにくくなるのと同様、早口で話せば他のことにっ注意を向けにくくなります。「話を進めること」に集中してしまって、話していることへの状況整理ができなくなるのです。

これにより、今自分が話していることがどんな展開になっているのかも見えにくくなります。

ですから対処として、大切な話や報告をするときはゆっくり話すように心がけましょう。早口は、思考もコントロールしづらくなることを覚えておいてください。

早口など改善にADHD話し方チャート④記憶や注意を向け続けるコンディションを保つ

このような「会話への注意」を向け続けるためには、しっかりと集中できるコンディションを保つことが必要です。

医師とよく相談して服薬を調整してもらうこと、自分なりに集中しやすい環境づくりなどを行っていきましょう。

早口など改善にADHD話し方チャート⑤特に報告などは、一度に伝える話題を絞る

たとえゆっくり話したとしても、話題の種類が多ければ相手を容量オーバーにさせてしまうことがあります。

そのため重要な報告などの場合、一度に伝える話題を絞りましょう。可能な限り1つに絞っていき、その分話しかける回数を増やすようにしましょう。

ただし、上司の業務の都合などもあります。ですから伝えたい報告は事前に整理しておき、いつでも話せるようにしておくことが大切です。相手がどれだけ受け入れられるかによって話題の量を調整できるようになると、相手への負担が減るでしょう。

早口など改善にADHD話し方チャート⑥対話でなく、書面でのやり取りを加えてみる

対話で話すとどうしてもうまく整理できない…という場合は、書面やメールなどのやり取りも活用してみましょう。

書面ですと、途中で話題を変えるということはできません。話題の道筋を絞りやすいという意味でも書面伝達は効果的です。

まとめ:【ADHD話し方の特徴】早口など改善にADHD話し方チャート

いかがでしたでしょうか。

【ADHD話し方の特徴】早口など改善にADHD話し方チャートに特徴があります。

私も苦労はしましたが、話し方チャートなどを勉強し改善していきました。あなたにとって話し方の改善にお役たちすることを望みます。

プライバシーポリシー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします

発達障害のため転職経験も多いですIT業界で働いていたので、転職経験についてもお伝えします。

【資格】
Webディレクション資格認定者、Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)など他 IT資格を取得

オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次