皆様日々で悩んでいる精神疲労を解決するメディアです。

【仕事辞めたい疲れた30代】会社辞めたら人生楽しすぎ?パート!30代後半!知恵袋

30代になると仕事内容や職場環境や仕事の環境に慣れてきた人もおおいでしょう。

そこで仕事辞めたい疲れた30代の人も多いと考えられます。
仕事を辞めたい疲れた「人間関係に疲れた」「仕事の内容が合わない」「給与が見合っていない」などがあるかとかんがえらえます。

今回の記事では「30代で仕事が疲れて辞めたいと思う理由」を案内します。

その後、転職エージェントや退職代行などカウンセラーなどを紹介します。
解会社に残ると決めた人の気持ちの切り替え方法や、30代で辞めた人の声も紹介します。
この記事の内容を参考の一つにし、自分に合ったベストな選択をしてください。

シバッタマン

今回の記事では【仕事辞めたい疲れた30代】会社辞めたら人生楽しすぎ?30代後半男と女!知恵袋についてお伝えします。

退職代行Jobs(退職代行)
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 24時間365日対応
  • 弁護士監修なのに27,000円
  • 即日退職に可能
  • 退職率100%!万が一だが退職できなけれ全額返金
  • 現金後払いOK
  • 全国対応全ての都道府県で代行実績
目次

【仕事辞めたい疲れた30代】と感じる30代は一度退職を検討!30代後半男と女!知

【仕事辞めたい疲れた30代】会社辞めたら人生楽しすぎ?30代後半男と女!知恵袋

仕事・会社を辞めたい30代は知恵袋にも意見が多い

シバッタマン

仕事・会社を辞めたい30代は知恵袋にも意見が多いです。下記の知恵袋の悩みはちょっと鬱気味であり、何回も転職しているようであり、私の経験としてにているのでご紹介させていただきました。

仕事つらい、辞めたい 30代前半、男性、会社員です。 本当に仕事がつらいです。 涙をこらえながら、過呼吸になりながら出勤する日もあります。 恥ずかしい話、職場で訳もわからず涙が出てしまうこともあります。 鬱の2歩手前くらいの感覚です。 そこまでつらいんだったら、休職したり、転職したらいいじゃないかと思うと思います。 でも、もう5回目なんです。 同じ理由で転職するのは。

引用元:仕事辞めたい疲れた30代(知恵袋)

30代で仕事を辞めたくなる理由って何?私の場合は

仕事を始めて30代になると、リーダー的な立場になるでしょう。職場で役職が付いてプレッシャーを感じたりします。
実際に私もIT業界ではありましたが、仕事の責任が重くなりプロジェクトマネージャーなどまかされるようになりとてもつられ始めてきたのを覚えています。

誰よりも遅くまで働いて、部下の指導をして体力が持たなくなります。また、部下の失敗も自分自身の怒られるようになり、本当に疲労していきます。

私の場合は、リーマンショックという経済的な問題もありましたが、そこから転職しやすい時代になったので、将来まで働けないと感じました。同じように「疲れた」と感じたらすぐに別の仕事を探す人が増えてきました

シバッタマン

また、30代では発達障害とは知らなかったのですが、その2次障害が原因でメンタルを壊して休職もするようになりました。真面目な人はうつ病などを発症しやすく、「頑張らなければならない」というおもいが強いかもしれません。

万が一体調を崩してしまったら、40代では私のように会社をクビにさせられる可能性があります。

仕事において体力は非常に大切なので体を壊す前に退職することを検討してみてください。

昇給や昇格がみえない

先ほどの話と似ていますが、30代になると、会社の中でも中堅として扱われ責任が増えていきます。
私は役職としてはリーダーとなり、プロジェクトマネージャになりました。

本来であれば、仕事の責任に比例して報酬や評価が上がります。30代は新人時代よりも昇給・昇格しているのが一般的です。

シバッタマン

ただ、私の時代はリーマンショックがあり、給料が7パーセントカットされました。バブル時代の人たちは昔はよかったなとはなしていますが、私はバブルをしりません。
仕事をがんばっていても昇給などないんだとかんじました。

中小企業庁が発表した「2020年版中小企業白書」があります。下記がその図になります。

【仕事辞めたい疲れた30代】会社辞めたら人生楽しすぎ?30代後半男と女!知恵袋

下記の図をみると平均的な賃上げ料は1.9~2.1%となっていますよね。これは一生懸命がんばったとしても毎月の昇給率が5000円だけとなります。

いくらがんばっても昇給額が少ないのであれば、転職してしまおうとかんがえていまいますよね。会社によっては転職をするだけで100万円の昇給など簡単にできる可能性があります。

平均的な昇給率での計算のため、企業の所属する業界や仕事のハードさによって変わるため一概には言えるわけ
ではありません。適切な昇給が行われているか同業界や同程度の仕事の企業を参考に確認してみると良いかもしれませ
ん。


 30代にもなると仕事に熱意がなくなりマンネリを感じる

20代の頃は自己分析をして、希望の会社に入れて希望にみちあふれていたかもしれません。

シバッタマン

新人時代は右も左も分からず、先輩に注意されながらも一生懸命に仕事をすることで将来の自分のためになるからと新鮮な気持ちもあり、マンネリより苦労が多かったと思います。

30代となると社会人としての苦労という一通りは経験しているものと考えられます。
そして、会社のなかで仕事にも慣れると、同じ仕事をこなす日々が続く人もおおいでしょう。
20代とは違いスキルアップがないので自分の成長を感じられない、仕事の幅をひろげたいのでルーティンの作業はやめたいと感じるかもしれません。20代の頃のように新しいことをしたいという気持ちが大きくなり「仕事を辞めたい」という思いに繋がるよ
うです。

 上司と部下からの板挟みとの悩みができて20代より会社での人間関係が悪くなった

30代で管理職やプロジェクトマネージャーになる機会がふえます。今までは部下としてのなやみでしたが、上司と部下からの板挟みという人間関係として経験したことがない悩みが出てくるでしょう。

板挟みというのは非常に辛く、世代間のギャップを埋めるために毎日はたらいていますが、ふと仕事を辞めたくなることもあります。
あなたの上司の要求を聞きつつ、あなたも部下から不満をぶつけられることがあります。部下なのに気を使う必要もあります。

シバッタマン

あなた自身は、上司と部下それぞれの立場や状況を考慮しながら、業務が円滑に進む立場です。自分自身がストレスを溜め込んでしまい、うつ病になってしまう可能性も高いのです。


職場内で板挟みが原因となり日々のコミュニケーションが不足すると、人間関係が悪化して、業務でのトラブルが起きやすくなります。

結果として、職場の人間関係に疲れたと感じてしまい、仕事を辞めたいと思う30代も多いようです。


多くの仕事場では毎日、同じ人と顔を合わせ仕事をするため、良い人間関係を築けないと日々ストレスが溜まっていきま
す。そうなるとせっかくやりがいのある立場になっても、仕事がしづらく結果も出しにくくなるために退職を考えてしま
うようです

30代で今の仕事での体力を感じる

20代と30代ではやはり体力の低下を感じるころです。実際は20代後半から体力手の低下をかんじてはくるとおもうのですが、30代にもなると露骨に疲れを感じるようになります。そのうえ、仕事の責任が重くなるのです。「疲れた」と感じたい人がうえ、以下の会社を辞めたいと考える人も増えてきます。

あなた自身が仕事にこだわりがなく、残業がすくない体力的な負担の少ない部署への異動や業務内容を調整できればば問題ないです。
ただ、そのような部署に疲れたからと簡単に移動ができるともいえません。上司からは30代はこれからだぞといわれ、部署移動を打診するのも難しくなるでしょう。

シバッタマン

これは私は休職を繰り返してきた体験談ではありますが、体力が追いつかないときは上司や会社に伝え、業務内容や部署を変更しても問題ありませんが、部署移動ができる可能性は少ないと思います。

結果として、会社での仕事へのモチベーションも保てなくなることから、会社を辞めたくなるでしょう。

子供が生まれて家庭と家の仕事をすることになり疲労している

30代にもなると結婚をして子供がうまれます。

シバッタマン

そして今の世の中では妻もはたらいていることが多く、共働きがうまれます。
30代ではまだ結婚をしていなく、子供がいない人もいます。20代のころにはなかった価値観の違いがうまれるようになるのも30代となります。


家庭と仕事を両立は非常に難しいです。体力的・精神的にきつくなり、共働きをしている妻との喧嘩もふえてきて、今の忙しい会社をやめてしまい、家庭のことに集中したいという人もいます。

新しい仕事にチャレンジをしたくなった

仕事でも視野がひろがりますし、仕事以外にやりたいことや挑戦したいことがあるなど、新しいチャレンジをしたいと考えている人が多く、30代になると仕事を辞めたいと考える人も多いでしょう。

シバッタマン

また、給与が上がらないために本業以外に副業をチャレンジしたいというひともいます。
ただ、会社によってはいまだ副業を認めていない会社もあります。


チャレンジ精神を30代でも失わないことはとてもよいことであります。新しいチャレンジ・向上心のために仕事をやめたいと考える人もいますね。

 【仕事辞めたい疲れた30代】会社・パート辞めたら人生楽しすぎになるための対処

 5年後に理想なりたい姿をかんがえてみてみる

シバッタマン

将来の自分はどうなりたいとかんがえているでしょう。色々と人によってかわってくると思いますが、下記のようなことが考えられます。

将来の自分の理想像
  • 一般社員から役職者になりたい
  • あたたかい家庭を持ちたい
  • 社長になりたい
  • いろいろな職種に挑戦してみたい
  • 仕事とプライベートのバランスを取って、穏やかな時間も作りたい

30代にもなると仕事で考えるのは「自分が描いていた昔の自分にむかっていっているのだろうか。20代の理想にいまなれているのか、将来はどうなのか」という理想の自分です。
将来、独立したい人もいると思います。独立を実現するには今の会社のスキルアップでかなうのであれば問題なかもしれませんが、かなわないのであれば自分が抱いていた自分の目標からは遠くなっていってしまいます。

毎日残業で帰宅後は倒れるように就寝、休日は体を休めることで終わってしまいます。
今の生活を続けても起業はむずかしくなりますね。起業をするために、今の自分に施策や改革を検討する必要がでてきますね。

現在の会社の健康も含めて仕事が楽しいか

仕事を疲れた辞めたいとかんがえる中でも重要なのは、今の仕事が楽しいかどうか、笑顔で過ごせるかとかんがえれます。
今の仕事が楽しくないのであれば、理想の姿に近づけたり自分が活躍できたりしそうな仕事だったとしても、疑ってみるのも良いかもしれません。

私自身はITやWEB系の仕事は好きなのですが、このままいくと体は壊れると実感していました。そして、我慢して働いていると疲労が蓄積し、うつ病になってしまいました。同じような立場の人もいるのでしょうか。
仕事が少し大変であっても健康等も含めて満足していることは重要です。
もしかしたら仕事とは関係の人間関係や家庭環境の変化ををうたがってみたもよいでしょう

定年まで続ける気力があるか

判断基準の中でも特に大切にしてほしいのが、笑顔で過ごせる自分が思い浮かぶか、ということです。
笑顔で仕事している自分が想像できないのであれば、たとえなりたい自分に近づけたり自分が活躍できたりしそうな仕事
だったとしても、慎重に考えた方が良いでしょう。
もちろん仕事は楽しいことばかりではありません。しかし、ずっと我慢して働いていると疲労が蓄積し、心を病んでしま
う可能性もあります。反対に笑顔で過ごす自分を想像できるのであれば、仕事が少し大変であっても満足している部分が
大きいということです。
笑顔の自分を想像できない時は、理由を考えてみましょう。職場の人間関係や仕事への重圧、体力的な問題、様々な理由
が考えられます。もしかしたら仕事とは関係のないところに理由を見つけるかもしれません。

仕事を辞めて家族を養える生活できるのか

仕事を辞めて生活していく力があるか、共働きなので余裕があるのか経済的な面も考慮する必要するがあるでしょ。

仕事が疲れて辞めたい、時間が欲しいと考える転職であるのであれば、給与が下がることも考えられます。

今の貯金を取り崩しながらの生活を強いられるかもしれません。
私の家は共働きの夫婦であったので、妻が許してくれましたが、辞める前には家族の判断を必ず聞きましょう。そして話し合いましょう。
転職後の給与が下がるとしたら、生活水準も下げていかなければならないため、家族全員の協力が重要です。

【仕事辞めたい疲れた30代】パートも多い

パートも辞めたい30代が多い

シバッタマン

パートでも退職を考えて居る人がおおいですね。


今の日本では、「ブラック企業」は今、大きな社会問題になっています。

 ブラック企業では辞めたくても辞めたいと自分から勤務先に伝えることができない方が、パート従業員に多く存在しています。

パートとなると立場場が弱いからと言って、例えば仕事を辞めたいと思い上司に相談をしても対応して貰えず、泣き寝入りをしてイヤイヤながら勤務を続けていると、いつかは心身ともに支障をきたしてしまうでしょう。

 このことは決して起こってはならないことではありますが、最近よくマスメディアで「ブラックバイト」が取り上げているように、現実にはパートを辞めたくても辞められずに心身を喪失はしている方は多いようです。

パートでも有休をもらえる権利があるがもらえないので疲れたとなる

週5日以上または週30時間以上働けば、6か月経過すると最長10日、また、たとえ週4日以下で週30時間未満の勤務であっても、半年経てば所定労働日数によって1〜7日有給休暇が付与されます。

シバッタマン

「パートが有給休暇を取得することが可能」です。パート従業員として働いている皆さん、例えば学校行事やPTAなどで、どうしても仕事を休まぜるを得なくなったときは、当然の権利ですから、利用していないので疲労してしまう。

参照元:年次有給休暇とはどのような制度ですか。パートタイム労働者でも有給があると聞きましたが、本当ですか(厚生労働省)

30代となるとパートでも子育てが重要だが育児休暇はもらえない

休業開始前2年間で、給与を受けた月が12か月以上あれば、育児休業給付金が平均給与の67%(半年過ぎたら50%)いただけます。

 子どもが1才(最長2才)になるまでもらえます。

 じつはこちらもアルバイトやパートの有休同様、あまり知られていない制度の一つでやめることになってしまいます。

 

シバッタマン

復職する意思があるパート従業員の皆さんは、ぜひ利用してくださいね。こちらも当然の権利なのです。

参照元:育児休業や介護休業をすることができるパートについて(厚生労働省)

パートでも家族を介護するために介護休業が取得可能なのにとれない

休業開始前2年間で、給与を受けた月が12か月以上あれば、介護休業給付金として平均給与の67%が最大93日分もらえます

 。今世間では「8050問題」や「老々介護」が話題になっていますが、介護は誰もが避けては通れない道です。

 「介護離職」という言葉があるほど、世間では大きな問題になっています。

シバッタマン

介護休業もパートが受けることができるということがあまり知られていないようですが、こちらも権利ですがもらえることがなく、介護とパートの両立をしているとつかれてしまいます。

【仕事辞めたい疲れた30代】人生楽しすぎになるための相談先は?

【仕事辞めたい疲れた30代】会社辞めたら人生楽しすぎ?30代後半男と女!知恵袋

30代までに出会った人生で尊敬できる先輩に相談してみる

あなた1人で仕事が疲れたので会社を辞めたいと考えて、家族に聞いても答えが密叶えれば人生で信頼できる先輩に相談をするのを聞いてみるのもよいでしょう。

仕事に疲れて辞めたいと思っているときは、冷静な判断できなくなる可能性があるため、客観的な意見が必要です。

転職で実績があるプロのカウンセラーに聞いて助言を聞いてみる

最近ではプライベートのことは忙しく人に話したくない人もいるようです。また、仕事もいそがしくなり、人間関係が疎遠となり、相談できる人がいないということもききました。

その場合はカウンセラーに相談する人も多いようです。カウンセラーとしては色々と業者がありますが、一番手軽に相談できるエキサイトのカウンセラーについて様々なひとの悩みをきいているので、仕事の悩みを相談することができます。

エキサイトには様々なカウンセラーを書か言えているので仕事の悩みでもピンポイントに自分にあったカウンセラーに相談してみましょう。

エキサイト電話相談室(発達障害やうつ病の悩み相談を専門カウンセラーが対応)

     おすすめ相談室

エキサイトお悩み相談室
総合評価
( 5 )
メリット
  • 登録無料・初回登録後1週間は冒頭10分間が割引になります。(最大10名のカウンセラーまで)
  • サービス運営16年、累計相談件数25万件、利用満足度が95%以上
  • 発達障害やうつ病における具体的な悩み相談のカウンセリングにも対応実績も豊富

無料で登録で1週間は冒頭10分間が割引中

     

転職活動をして転職先を探す

転職エージェントなら、キャリアアドバイザーとの面談で希望を伝えておくだけで、条件に合った求人を紹介してもらえ
ます。企業との面接の日程調整や採用条件の交渉も任せることができます。

転職活動をすることで今の自分を客観的にみることができるかもしれません。

【仕事辞めたい疲れた30代】人生楽しすぎになるための 転職エージェントを使う

【仕事辞めたい疲れた30代】会社辞めたら人生楽しすぎ?30代後半男と女!知恵袋

転職エージェントを利用して退職を検討する


30代になると自身の状況に合わせて転職活動のスタイルを変えるとよいでしょう。忙しい人や転職活動の経験が少ない人は転職エージェントがおすすめです。


転職活動をしたくても忙しくて時間が取れない人や、初めての転職で進め方が分からない人は、転職エージェントの利用
がおすすめです。

転職エージェントについてご紹介します。


転職失敗人生終わり】と感じないためにおすすめ転職エージェント・ビズリーチ

ビズリーチは、「選ばれた人だけのハイクラス転職サイト」がキャッチフレーズの、ハイクラス(ハイキャリア)向けに特化した転職サイトです。ビズリーチは正社員転職に特化しています。

優秀なヘッドハンターは50代のレジュメにも常にアンテナを張っているため、実力がある50代・60代を見逃しません

『ビズリーチ』の主力サービスは、一言で説明すると「4600人以上のヘッドハンターや人事担当者から直接指名をうけることができるヘッドハンティング型の転職サービス」です。

3分の1以上が年収1000万円を超える求人案件というだけあり、年収が高い金融系・コンサルタント系・外資系企業などの案件が特に充実していますね。業界などは偏りがでてきてしまいますね。

転職サイト名ビズリーチ
運営会社株式会社ビズリーチ
求人数(非公開求人・公開求人)84,259(公開求人)、177,389(非公開求人数)
対象エリア全国
対象年齢30代〜50代
得意分野ハイクラス求人

転職失敗人生終わり】と感じないためにおすすめ転職エージェント・マイナビ転職

マイナビ転職は幅広い職種を扱う総合求人サイトです。

リクナビNEXTと同様に、同ブランドの新卒求人サイトも保有しているため、若手層からの支持が厚く会員の半数以上が40代女性以上にも求人がございます。また、マイナビニュース、マイナビ転職エキスポなど様々な求職者接点を持っていることが特徴です。

転職サイト名マイナビ転職
運営会社株式会社マイナビ
求人数(非公開求人・公開求人)公開求人20,367件 会員登録数 644万人
対象エリア全国
対象年齢20代〜50代
得意分野総合求人

【仕事辞めたい疲れた30代】人生楽しすぎになるために退職代行も利用

【仕事辞めたい疲れた30代】会社辞めたら人生楽しすぎ?30代後半男と女!知恵袋

仕事に疲れた30代は退職代行でやめるのもお勧め

テレビでも退職代行サービスを利用して退職したという特集もくんでおり、身近なサービスで浸透してきたイメージがあります。退職代行サービスはなんと10年以上も前から存在します。退職代行は、弁護士がおこなっていた業務でした。

弁護士や法律事務所では、残業の未払いや労務的な諸問題を解決するために、労働者に代わって退職の手続きをしてくれたり、会社側に交渉をしていたのが始まりです。

ブラック企業などは、コンプライアンスが守られていない会社が多いため、サービス残業や過度な残業時間、パワハラなど労務に関するトラブルは昔から問題視されていました。

代職代行は会社がコンプライアンスをまもるために作られたサービス

「退職代行」というサービス名ではなかったのですが、内容としては今の退職代行とかわりはありません。
コンプライアンスを守らない会社が存在するため、労働者が気軽に申し込みやすいようにパッケージ化したような感じですね。

ブラック企業などは、コンプライアンスが守られていない会社が多いため、サービス残業や過度な残業時間、パワハラなど労務に関するトラブルは昔から問題視されていました。

おすすめ① 退職代行Jobs(後払いOKです)

シバッタマン

辞めるんですは、後発ながら7,000件も退職代行実績がある人気のサービスです。


そして、費用も27,000円(税込)とて転職代行サービスの相場より安いにも関わらず下記の充実としたサービスがあります。

特に後払いOKが人気の秘訣です。

 退職代行Jobsのサービス
  • 24時間365日対応している
  • Jobsは弁護士監修なのに27,000円!!
  • 即日退職に可能である。
  • 退職率100%!万が一だが退職できなけれ全額返金
  • 現金後払いOK!!
  • 全国対応全ての都道府県で代行実績あり
  • 有給休暇の無料申請サポート
  • 無制限で相談可能
  • 案件に関わらず追加費用は一切不要
  • 退職が完了するまで期間無制限でフォロー

労働組合であり、顧問弁護士から業務指導も受けています。

デメリット・欠点といえる箇所が見当たらない退職代行サービスとなっています。

項目情報
会社名株式会社アレス
電話番号03-6279-3967
住所大阪府大阪市東淀川区上新庄3-14-12-1202
労働組合合同労働組合ユニオンジャパン

まとめ:【仕事辞めたい疲れた30代】会社辞めたら人生楽しすぎ?パート!30代後半!知恵袋

いかがでしょうか。

【仕事辞めたい疲れた30代】会社辞めたら人生楽しすぎ?30代後半男と女!知恵袋についておつたえしました。

私自身現在40代となりましたが、30代では仕事で休職をくりかえし、最終的には発達障害と診断されました。様々なサービスを利用した経験があります。

辞めてしまった経験から30代はまだ若いです。私のように40代になってから人生をかんがえるより、よっぽど時間があります。そのため、30代の方には色々と後悔せずいきてほしいと願いこの記事をかきました。

30代のあなたにとって今後の人生にやくたつような記事になることを願います。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします

発達障害のため転職経験も多いですIT業界で働いていたので、転職経験についてもお伝えします。

【資格】
Webディレクション資格認定者、Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)など他 IT資格を取得

オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次