MENU

【ビズリーチの最悪?口コミ・評判】使えない?年収と評価はやばい?

【ビズリーチの口コミ】転職サイトと年収と最悪の評判

『ビズリーチ』の主力サービスは、一言で説明すると「4600人以上のヘッドハンターや人事担当者から直接指名をうけることができるヘッドハンティング型の転職サービス」です。

「ビズリーチに登録すると、本当にスカウトが届くの?」
「ヘッドハンターのサポートは役に立つ?」

シバッタマン

『ビズリーチ』の主力サービスは、一言で説明すると「4600人以上のヘッドハンターや人事担当者から直接指名をうけることができるヘッドハンティング型の転職サービス」です。

【ビズリーチ(bizreach)の口コミ・評判・最悪】おすすめの3つのポイント?評価は使えない?

ビズリーチのおすすめポイント1・他では出会えない希少な求人を掲載

シバッタマン

ビズリーチは「選ばれた人だけのハイクラス転職サイト」と掲げている通り、ハイクラス人材を対象とした転職サービスです。

保有求人の約3分の1は年収1,000万円以上の案件が占めていますので、好条件の求人を紹介してほしい人やキャリアアップを目指して転職を検討している人におすすめです。

ビズリーチのおすすめポイント2・高年齢層、ミドル層の転職で多くの成功実績

シバッタマン

すぐに転職をする気はないから・・・という方こそ使いましょう。
ビズリーチを使えば、企業の人事・ヘッドハンター両者からアプローチを受けることが出来ます。

ビズリーチのおすすめポイント3・スカウトで希少・高年収な求人と出会える

一般的な転職エージェントでは登録後に担当エージェントがつきますが、ビズリーチの場合は複数のヘッドハンターから直接声がかかるケースもあります。

【ビズリーチの口コミ・評判・最悪】メリット・デメリット

ビズリーチの前の通知見てたら、普通にエントリーした企業からの特別選考とかきてて損した気分

ビズリーチのメリット1・独自の審査を通過した人材のみが登録でき、即戦力人材には良い

社会人経験を重ねた30代は、ビズリーチが転職支援を得意とする年代です。これまでの実績を武器にさらなるキャリアアップを図りたい人は、ビズリーチを積極的に活用するといいでしょう。

おすすめの人現在の年収が600万円以上で、さらなるキャリアアップを目指している人期間をかけてじっくり転職活動ができる人
利用が要注意の人現在の年収が600万円以下の人急いで転職する必要のある人・忙しくて転職活動にあまり時間をかけられない人

ビズリーチのメリット2・直接スカウトできるので、書類選考や面談でのミスマッチを減らせます

シバッタマン

ビズリーチは、エージェントがデータベースから自ら探して人材を直接スカウトできるので、書類選考や面談でのミスマッチを減らせます。

20,000社以上に選ばれた「ビズリーチ」のデータベースの中から、業種や職種など6つの条件を組み合わせ、簡単かつその場で貴社の採用要件に合った人材の人数を簡単に確認してオファーが届きます。

ビズリーチのメリット3・エージェントと直接やりとりできるので素早く採用活動を進められます

シバッタマン

他のエージェントと最も違うのはファーストコンタクトから直接候補者とやりとりできます。転職への温度感を探りやすく、求めていることをヒアリングしやすくなっています。

採用希望部署に「自分たちが欲しい人材を自分たちで採用する」という積極性が生まれ、採用への意識がある企業が多いです。

ビズリーチのデメリット1・年収が500万円以下、またはキャリアがない人は利用できない

シバッタマン

ビズリーチは「年収○円以下は利用できない」といった制限を設けているわけではありません。年収600~750万円前後の人がメインターゲット層となります。

基本情報を入力した後に簡単な審査があり、通過した人だけが利用できるという仕組みです。そのため年収やキャリアを見て「紹介できる求人がない」と判断された場合は、利用できない可能性があります。

ビズリーチのデメリット2・全てのサービスを受けるには利用料金がかかる

シバッタマン

転職サイトや転職エージェントは無料の業者がほとんどですが、ビズリーチは無料のスタンダード会員と有料のプレミアム会員が存在します。

通常スカウトの返信・通常求人の応募・ヘッドハンターに相談したい人は、プレミアム会員に登録する必要があります。最初はスタンダード会員でビズリーチのサービスを体験し、本格的に転職活動したい時はプレミアム会員に登録する必要があります。

具体的な費用です。

30日90日180日
タレント会員2980円6980円9880円
ハイクラス会員4980円

ビズリーチのデメリット3・コンサルタントからのサポートがない

シバッタマン

転職サイトや転職エージェントは無料の業者がほとんどですが、ビズリーチは無料のスタンダード会員と有料のプレミアム会員が存在します。

求人の紹介から転職活動のスケジューリングまで、面倒な手続きまで代行してくれるのが一般的。コンサルタントのサポートがない分、自分での転職活動に能動的に参加しなければなりません。

【ビズリーチの口コミ・評判・最悪】良い口コミ・悪い口コミ

シバッタマン

ビズリーチの口コミですがライトハウス や TwitterやYAHOO知恵袋を参考にピックアップしています。

20代の口コミ評判!CMや会員でないと使いずらい

ビズリーチのCMの女優さん、ビズリーチのCMでしか見たことない

ビズリーチ、めっちゃスカウト来るけど課金してないから全くメッセージ見れないな。これ双方の機会損失、何ならマイナスイメージすら生み出す仕組み。ぎんちゃんがビズリーチ嫌いなのはこういうところ。こういうところやで。

「課金しないとメッセージが見られない」「有料会員にならないとまともに使えない」という口コミも見られました。
ビズリーチは他転職サイトにはない「有料サービス」を展開しています。まず有料会員と無料会員の違いをおさえましょう。無料会員のままでは、求人応募数・スカウト閲覧が制限されます。無料で全サービス利用可能な転職サイトも多い中、これはやや痛手です。

30代の口コミ評判:市場価値を知るのに使える

能力よりも業界。自分の市場価値を知るためにも職務経歴書を書いてビズリーチに登録しておくのはアリ

あなたがどういう職種に転職したいかによって、スキルアップする内容が変わってくると思います。
エージェントやカウンセラーに、市場で求人が多いものとか、転職しやすい業界や職種を聞いて、それに合わせてスキルアップしたほうが良いと思います。引用元:YAHOO知恵袋

「自分の市場価値を確認でき、モチベーションにつながった」「自分が市場からどう見られているかが分かる」という口コミもありました。

ビズリーチは、企業やヘッドハンターから直接スカウトが受け取れます。市場価値を客観的に確認できるのは、仕事探しのヒントになりますし、実力を活かせる企業が把握できるのでおすすめ。

40代の口コミ評判:40代でもスカウトがくる

前職を辞めたときに「もったいない」と散々言ってきた40代の上司が実はビズリーチに登録していてスカウトが来なくて嘆いていた話を前しましたが、ついに転職を諦めたそう。結局なにがしたかったのか

「企業から直接スカウトが届くので、何を求められているかがわかりやすい」という口コミも見られました。

エージェントを介さない、企業からのダイレクトな求人は、先述のとおり市場価値の実感という点で高評価。企業と直接やりとりできるので、転職活動がスムーズに進みます。

50代の口コミ評判:50代は厳しいかも

50代、転職中。ビズリーチで過去の経験が 活かせると思い応募しました。 結果、エージェントから「申し訳ありませんがお見送りで」と。 応募用件に消費財業界出身者、年齢記載なし。バッチリでしたが。 引用元:YAHOO知恵袋

厳しいと評判のビズリーチ登録の審査に50代でも無事通りました。審査通過のために、50代である事自体が絶対NGではありません。

ネット上には、審査に通らなかった人や、通っても活用に至らなかった人のネガティブな評判があります。

しかし、年収や直近の経歴は見られていると思います。ネット上では、審査が通らなかったという記事も見受けられます。

50代だと、マネジメント経験や過去の実績、特別な経験値が問われているかも知れません。50代だと、年収750万以上の方が良いかもしれません。

シバッタマン

50代だと、マネジメント経験や過去の実績、特別な経験値が問われているかも知れません。50代だと、年収750万以上の方が良いかもしれません。

また、登録できたからと行って喜ぶわけにはいきません。登録後に、スカウトが来る、相性の良い案件があるとは限りません

女性の口コミ評判:外資系がよい

企業側にすれば、Aという「採用したいと思わせる人材」が、リクルートから来ようが、ロバート・ウォルターズから来ようが、JACから来ようが全く関係ありません。引用元:YAHOO知恵袋

スキルが高ければどこのエージェントに応募しようが構わないとの口コミもありました。ただ外資系には強いようです。

シバッタマン

ただビズリーチには外資系に強いヘッドハンターも多いため、「英語力には若干不安がある…」「外資系で働いた経験はないけど挑戦してみたい」という方でも、応募企業に合わせたアピールのポイントなどについてアドバイスがもらえるはずです。

ビズリーチの良い口コミ評判1:エージェントの質がよい

リクルートダイレクトスカウトも、ビズリーチも、中にいるエージェントだいたいおんなじような感じだった ビズリーチの方がアプリだから当時使いやすかったかも DODA、リクルートエージェントは求人みるだけなら良い パソナとアイデム?はなんだかんだ横並び JACのエージェントは質高かった

「ビズリーチはサポートをあまりしてもらえない」と感じている人の口コミもありました。

ビズリーチでは、エージェントを介さず、直接スカウトをもらって転職活動を行います

シバッタマン

初めての転職で誰かに相談したい人や、選考対策に不安がある人は、転職エージェントも合わせて使うと安心です。

おすすめの転職エージェントは、リクルートエージェントです。

ビズリーチの良い口コミ評判2:費用がかかるだけの意味はある

ビズリーチとリクルートダイレクトスカウト、どっちが良いかって言ったら断然ビズリーチ。 そもそもこの2社はコンセプトが似て異なる。「ダイレクトスカウト」という名前に惑わされてはいけないんだなぁ…これも今後記事にする予定ですw ビズリーチは高いだけあります。無料会員でも使えますしね。

「高収入のハイクラス求人が多い」「質の高いスカウトが多い」と実感している口コミが見られました。


実際、ビズリーチの求人は、審査を通過した優良な企業を中心としています

シバッタマン

今より収入をアップさせたい、キャリアアップしたい人にはビズリーチがぴったりなのです。

ビズリーチの悪い口コミ評判3:非公開設定のままに注意

ビズリーチに試しに再登録してみた。 全然スカウトが来ないと思ってたら、経歴を非公開に設定してたのね・・・・。 公開にしたらヘッドハンターからすごい勢いでスカウトが来るようになったのは良いが、これはこれで中々辛い…。返信しきれない…。 無視するのも失礼だし…。

シバッタマン

こちらは機能を理解していないため、利用ができていたかったとの口コミもありました。本ページではサイトの利用方法を説明していますのでご確認ください。

ビズリーチの悪い口コミ評判1:何度も送ってくることがある

ビズリーチ、何度辞退しても新たなエージェントから物流倉庫メンテナンスエンジニアの紹介求人がくる。こっちはとっくに直接スカウト辞退してるんだ。

エージェントシステムとスカウトが連携とれていない可能性もありますね。ビズリーチの利用プランは、無料(スタンダードプラン)と有料(プレミアムプラン)の2つから選択可能です。

シバッタマン

他の口コミでも紹介しましたが、より質が高いスカウトをもらうのにも有料プランへの登録が必要かと考えられます。口コミでも満足度があがります。

ビズリーチの悪い口コミ評判2:普通エントリーしてるのに特別選考がきた

ビズリーチの前の通知見てたら、普通にエントリーした企業からの特別選考とかきてて損した気分

他の転職エージェントと比べてあまりサポートを受けられないため、起業とのミスマッチが発生してしまう可能性もおあるかとおもいます。

ビズリーチの悪い口コミ評判3:辞退してもスカウトがくる

ビズリーチ、何度辞退しても新たなエージェントから物流倉庫メンテナンスエンジニアの紹介求人がくる。こっちはとっくに直接スカウト辞退してるんだ

「ヘッドハンター・転職支援企業からのスカウトが多い」「どれに返信すればいいかわからない!」という口コミも見られました。
ヘッドハンターの中には、実績を上げるために、とにかく片っ端からスカウトを送っている人もいるようです。

【ビズリーチの口コミ・評判・最悪】ビズリーチはどんな職種に強い?対応地域は?

ビズリーチの対応地域は?

シバッタマン

求人の内、一番多い求人があるのは、首都圏エリアです。首都圏エリアに求人が集中するのは、企業の拠点や支社、店舗などが集中するので、全国対応の転職サイトでは当たり前の事になるのですが、ビズリーチでは求人の割合が非常に大きいのが特徴です。

ズリーチの対応地域は?

首都圏エリアが一番多い

続いて関西⇒東海エリアという順で多い

少ない地域でも250件以上の求人がある

海外エリアに強い(増加傾向)

首都圏を占める割合がおよそ30~40%に対して、ビズリーチでは74%です。

20代や初心者・未経験の求人数は多い?

シバッタマン

ビズリーチの登録に年齢制限はないので、20代でも利用することができます。
サービスの利用に年代は関係なく、登録時の審査に通過したかどうかで決まります。

20代や初心者におすすめするには?

自分の市場価値を知りたい20代

年収アップ・ステップアップしたい20代

優秀なヘッドハンターに相談したい20代

などがおすすめですが

ビズリーチの利用対象者は年収750万円以上のエグゼクティブ向けの転職サイトです。断られる可能性もあります。

事務など女性におすすめの求人は多い

シバッタマン

現在の年収が500万円以上で、さらに年収を増やしたい女性、キャ
リアアップしたい女性におすすめです。人事・経理などでも管理職などあるももののハイクラス・エグゼクティブ向けの年収が高い職種や経営層に近いポジションは数に限りがあるため、求人はどうしても少なくなってしまいます。

スカウト型の転職サイトなので、登録された経歴を見た人事やヘッドハンターからオファーが届きます。届
いたオファーの年収やポジションから自分の市場価値を把握できます。

30~40代のハイクラス求人は多い?

シバッタマン

30代や40代はハイクラスな転職に最適な世代と言われています。経験値も積んで仕事に対して充実感が高まっている時期だからです。

経営幹部・管理職などハイクラスな職種の求人が多数あり、転職のプロフェッショナルであるヘッドハンターに相談が可能。

優良企業からのスカウトを受けやすいサービスなので、ハイクラスな転職が成功しやすいでしょう。

50~60代以降の求人は多い?

「ヘッドハンター・転職支援企業からのスカウトが多い」「どれに返信すればいいかわからない!」という口コミも見られました。
ヘッドハンターの中には、実績を上げるために、とにかく片っ端からスカウトを送っている人もいるようです。

【ビズリーチの口コミ・評判・最悪】ビズリーチはどんな職種に強い?対応地域は?

ビズリーチの対応地域は?

シバッタマン

求人の内、一番多い求人があるのは、首都圏エリアです。首都圏エリアに求人が集中するのは、企業の拠点や支社、店舗などが集中するので、全国対応の転職サイトでは当たり前の事になるのですが、ビズリーチでは求人の割合が非常に大きいのが特徴です。

ズリーチの対応地域は?

首都圏エリアが一番多い

続いて関西⇒東海エリアという順で多い

少ない地域でも250件以上の求人がある

海外エリアに強い(増加傾向)

首都圏を占める割合がおよそ30~40%に対して、ビズリーチでは74%です。

20代や初心者・未経験の求人数は多い?

シバッタマン

ビズリーチの登録に年齢制限はないので、20代でも利用することができます。
サービスの利用に年代は関係なく、登録時の審査に通過したかどうかで決まります。

20代や初心者におすすめするには?

自分の市場価値を知りたい20代

年収アップ・ステップアップしたい20代

優秀なヘッドハンターに相談したい20代

などがおすすめですが

ビズリーチの利用対象者は年収750万円以上のエグゼクティブ向けの転職サイトです。断られる可能性もあります。

事務など女性におすすめの求人は多い

シバッタマン

現在の年収が500万円以上で、さらに年収を増やしたい女性、キャ
リアアップしたい女性におすすめです。人事・経理などでも管理職などあるももののハイクラス・エグゼクティブ向けの年収が高い職種や経営層に近いポジションは数に限りがあるため、求人はどうしても少なくなってしまいます。

スカウト型の転職サイトなので、登録された経歴を見た人事やヘッドハンターからオファーが届きます。届
いたオファーの年収やポジションから自分の市場価値を把握できます。

30~40代のハイクラス求人は多い?

シバッタマン

30代や40代はハイクラスな転職に最適な世代と言われています。経験値も積んで仕事に対して充実感が高まっている時期だからです。

経営幹部・管理職などハイクラスな職種の求人が多数あり、転職のプロフェッショナルであるヘッドハンターに相談が可能。

優良企業からのスカウトを受けやすいサービスなので、ハイクラスな転職が成功しやすいでしょう。

50~60代以降の求人は多い?

シバッタマン

優秀なヘッドハンターは50代~60代のレジュメにも常にアンテナを張っているため、実力がある50代・60代を見逃しません

ビズリーチだけに限らず、転職市場全体で需要が高いのは20~30代です。ビズリーチでも転職市場と同様に、若年層へのスカウトの方が多い傾向にあります。

掲載求人数はどのくらい?

求人数公開約13万件非公開-
エリア全国

どんな業種に強い?求人の業種について

ビズリーチは、「選ばれた人だけのハイクラス転職サイト」がキャッチフレーズの、ハイクラス(ハイキャリア)向けに特化した転職サイトです。

シバッタマン

3分の1以上が年収1000万円を超える求人案件というだけあり、年収が高い金融系・コンサルタント系・外資系企業などの案件が特に充実していますね。業界などは偏りがでてきてしまいますね。

正社員求人数は多い?

ビズリーチは正社員転職に特化しています。

シバッタマン

働き方改革で様々な形で年収は増やせると思います。ただ人材紹介会社のお金の流れを考えると正社員になってしまいますよね。

パート・バイト求人数は多い?

シバッタマン

こちらも正社員に特化しているのでパート・バイトの求人はございません。本サイトではそのほかの求人もご紹介しておりますのでご確認ください。

派遣求人数は多い?

派遣のお仕事は基本的に取り扱っていません。

シバッタマン

もしも派遣のお仕事も検討されている方は、ビズリーチ以外に派遣会社にも登録しておくと選択肢が広がります。
また、数ヶ月間派遣として働いてから正社員採用に切り替わる紹介予定派遣もあるので、どういった雇用形態を希望するかよく検討しましょう。

【ビズリーチの口コミ・評判・最悪】登録・利用の流れについて

登録までの流れ1・会員登録(会員登録なしでも求人検索は可能)

登録までの流れ2・ビズリーチ履歴書を登録

シバッタマン

新規会員登録のページにアクセスして、メールアドレス、パスワード、現在の年収を入力して、「同意して会員登録(無料)」を選択します。。

シバッタマン

男性」と「女性」のいずれかを選択することになります。

シバッタマン

都道府県名が表示されているので、該当する項目を選択します。海外も選ぶことが可能です。。

シバッタマン

生年月日を入力します。

シバッタマン

英語に関してはTOEICの点数を追加できます。英語以外にもスキルを保有している場合は、PRできます。

シバッタマン

最終学歴を入力します。学校種別、学校名は必須です。学部/学科、卒業年月は任意となっています。ただし、入力しておいた方が好ましいです。手間はかからないので、できる限り入力しましょう。

シバッタマン

氏名を入力します。漢字とフリガナを入力することになります。氏名は公開されないのでご安心ください。実名での登録が必要です。ハンドルネーム、ニックネームはNGです。

シバッタマン

連絡先の携帯電話番号(日中に連絡が取れる番号)を入力します。電話番号は公開されませんが、会員サポートに利用される場合があります。
企業側やヘッドハンターがぜひ会いたいという意向の場合などは、ビズリーチから電話がかかってくる可能性があります。

シバッタマン

「転職経験あり」か「転職経験なし」かの二択です。

シバッタマン

役職・部署名は具体的な業務内容が分かるように入力します。現在勤務中の場合は、入社年の下のチェックボックスにチェックを入れます。

シバッタマン

直近の勤務先の業種を選択します。まずはIT・インターネット、メーカー、商社、コンサルティング、金融などの大項目から選び、次に業種を絞り込んでいきます。

シバッタマン

更に直近の業務内容を入力します。文章ではなく、キーワードの羅列でもOKです。ただし、業務内容をイメージできるように入力するのがベターです。

できる限り詳細に記載した方が、優良なスカウトの可能性が広がります。面倒でも、ここは手を抜かずにしっかりと入力しましょう。

ここまで入力すると、基本情報の入力が完了します。スカウトを受け取れるようになります。

登録までの流れ3・職務経歴書の準備

シバッタマン

登録方法もビズリーチ公式サイトに記載されています。基本はWEBでアップするだけです。また公式サイトでは職種ごとにサンプルが用意されていますので参考にしてください。

シバッタマン

登録方法もビズリーチ公式サイトに記載されています。基本はWEBでアップするだけです。また公式サイトでは職種ごとにサンプルが用意されていますので参考にしてください。

応募後の流れ2・合否の通知

シバッタマン

職務経歴書などを通じて自身のこれまでの経歴・スキルを登録すると、その経歴・スキルに合った求人の案内が採用を検討している企業やヘッドハンター・人材紹介会社などから届くという仕組みです。
企業やヘッドハンターは、登録された職務経歴書を閲覧し、募集している求人情報などの条件と合致する方に対してスカウトを送ります。

スカウトを利用するメリットは、採用担当者の視点・ヘッドハンターなど転職支援のプロの視点では自身のどのようなスキル・経験が評価されるかを知ることができることです。また、思いもよらない求人に出会えることもメリットといえます。自身の能力を客観視し、強みを生かせる転職先を見つけてくれるスカウトは、転職に新たな可能性をもたらすでしょう。

シバッタマン

自分に合った求人を探して応募し、書類選考を通過すれば次はいよいよ面接です

応募後の流れ3・合格の場合は面接日の調整

シバッタマン

企業やヘッドハンターによっては、電話での日程調整を行うケースも少なくありません。
 求人によっては、すぐに採用が終了してしまうこともあります。
 早めの面談・面接を行うためにも、電話を活用した日程調整をおすすめします。

応募後の流れ4・合格の場合は面接の実施

シバッタマン

書類選考を通過したらいよいよ面接となります。1次(初回)面接は、応募した企業の担当者に初めて会うため、緊張するかもしれませんが、事前対策を行うことで落ち着いた対応が可能になります。

面接のポイントもビズリーチの公式サイトに記載されています。

応募後の流れ5・面接の合否の通知

シバッタマン

ビズリーチを通じて転職が決まった会員の方にお祝いをご用意しています。内定承諾後にお受け取りください。

またビズリーチからお祝いを受け取れます。ビズリーチを通じて知り合ったヘッドハンターに紹介された会社、またビズリーチを通じて連絡を取り合った採用企業にご転職がきまり、アンケートにご回答もしたほうがよいかもしれませんね。

応募後の流れ6・合格の場合は内定通知

シバッタマン

内定が成立すると、労働者と企業の間で労働契約(始期付解約権留保付労働契約)の合意が結ばれたということになります。そのため内定の取り消しは解雇に相当しますが、内定者側からの内定辞退は可能となります。

合格の場合は内定通知

内定とは、採用や昇進などが決まること・決めることです。特に採用活動における内定とは、「入社後の雇用契約について合意ができた状態」を意味します。内定者が内定通知を受け、内定承諾をすると内定が成立します。それぞれ「内定通知書」「内定承諾書」という書面の形で交わす場合が多いです。

引用元:ビズリーチサイト

応募後の流れ7・入社に関することや条件などの調整

シバッタマン

内定が成立した際に締結される労働契約は、始期付解約権留保付労働契約といいます。「就労の始期」と「解約権留保の2つの条件を交わす必要があります。

「就労始期付」とは、内定者が実際に就業を開始する日を労働条件に加えることで、例えば新卒採用では、卒業後の4月1日が就業開始日になるでしょう。「解約権留保付」とは就業開始日までの間、企業が内定者との解約を保持する(解約できる)ことを労働条件に付けることです。

【転職サイト】ビズリーチ(株式会社リクルート)の会社概要

会社名株式会社ビズリーチ
所在地〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-15-1
資本金1億3,000万円
代表者代表取締役社長 多田 洋祐
事業内容インターネットを活用したサービス事業即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」人材管理クラウド「HRMOSタレントマネジメント」採用管理クラウド「HRMOS採用」クラウド勤怠管理システム「HRMOS勤怠」経費精算クラウド「eKeihi」挑戦する20代の転職サイト「キャリトレ」OB/OG訪問ネットワークサービス「ビズリーチ・キャンパス」
株主情報ビジョナル株式会社 100%

コメント

コメントする