皆様日々で悩んでいる精神疲労を解決するメディアです。

【退職理由しつこく聞かれるパワハラ】聞かれたら上司の対処方法

【退職理由聞かれたら上司】パワハラやしつこく聞かれる場合の対処方法

新しい会社がきまった、ただ次は退職理由を会社に説明しなくてはならないがどう伝えよう

退職したいが理由を話したら上司からのパワハラがひどい

退職をしたいがしつこくきかれてこまる

シバッタマン

退職をしたいのに上司にどう伝えようか悩んでいる方も多いと考えられます。

退職理由が今より条件のよい会社に転職するのであれば、上司との退職面談ではこのまま会社に残って仕事を続けることより説得する理由になります。それでも引き受けない会社・上司もいます。

今回の記事では【退職理由聞かれたら上司】パワハラやしつこく聞かれる場合の対処方法についてお伝えします。

目次

【退職理由しつこく聞かれるパワハラ】聞かれたら上司対処方法

【退職理由聞かれたら上司】パワハラやしつこく聞かれる場合の対処方法

2週間前に退職を申し出たら上司の引き止めがあっても退職は可能

法律上では2週間前に会社・上司に退職をしたいと伝えれば退職をすることは可能です。
それでも会社・上司に会社に残ってほしいと言われた場合、選択肢を検討し、上司の依頼を考慮して辞表を撤回するのが理にかなっているか検討するかとおもいます。

第627条当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申し入れをすることができる。この場合において、雇用は解約の申入れの日から2週間を経過することによって終了する。

引用元:2週間前に退職は可能(厚生労働省第627条)
シバッタマン

ただ、海外のHarvard Business Reviewの調査によると上司に説得され、会社に残った場合には約40%が後悔するという統計結果がでています。

多くの雇用の専門家は、退職を通告した後にそのまま在籍することに同意するのは、通常、得策ではないことを示唆しています。Harvard Business Reviewの調査によると、上級管理職や人事部のリーダーの約40%が、現在の雇用主からのカウンターオファーを受け入れると自分のキャリアに悪影響があると回答しています。

引用元:退職を上司に頼まれたら40%が後悔する

理由としては、退職を申し出たことがすでにあなたの会社への愛社精神が疑われるようになります。

忠誠心と献身が疑われ、将来の昇進が危ぶまれます。

会社の意向に同意してすぐに退職することは、自分にとってとても不利に働く可能性が高くなります。

退職を引き止められたら上司の話をきいてみましょう

シバッタマン

もし、上司があなたに会社に残ってほしいといわれたら、上司に理由を説明する機会を与えてきいてみましょう。

上司が会社について一度ではなく何度も何度も話を続けるようであれば、あなたの退職についての意思は強いことを改めて伝えてください。

【退職理由しつこく聞かれるパワハラ】上司とも冷静に対応しよう!

【退職理由聞かれたら上司】パワハラやしつこく聞かれる場合の対処方法

なぜ会社を辞めたいと思ったのか、自分自身の当初の目標を言い聞かせる

引き止めにあっているので、上司の意見をしっかりと聞きながらも、自分の意見を貫くことは大切です。

 直感的に計画的にもあなた自身が「転職する時期だ」と感じたら、あなたの気持ちを大切にしてください。今の会社からは給料アップや昇給などは説得力があります。でも、転職を決めた理由は昇給や給料アップだけではないかと考えらえます。

シバッタマン

今の会社に残ることと去ることの長所と短所をリストアップして、優先順位をつけておくとよいでしょう。

引継ぎは真剣に実施することを申し出る

シバッタマン

上司には、新しい引継ぎ担当者や、万が一となりますが自分が退職した後も質問に応じるなど、できる限り自分が辞めた穴を埋めるために協力する意思があることを伝えましょう。


れはあなたの条件であり、現実的に実行可能なことだけを約束するようにしてください。

上司に退職の引き止めにあっても罪悪観や義務感を感じる必要はない

シバッタマン

上司に会社を辞めるように説得されても、職場に留まらなければならないという義務感や、転職を決 めることに罪悪感を感じることはありません。

契約社員なら契約終了まで退職するこはできあmせんが、正社員であればあなたの気持ちしだいで雇用を検討できます。

 法律上でも会社や上司があなたに会社に留まることはできません。会社が良い条件をだしてきても、会社に居座るようなことはしないようにしましょう。

冷静さを失わない

シバッタマン

上司があなたの退職に関して全く耳を傾けなかったり、何度も何度も留任を懇願してきたりすると、イライラすることもあるでしょう。冷静さも失ってしまうかもしれません。

上司から退職に対して話をきいてもらえず、あなたがれ冷静になれず制御不能に陥らないようにするために、自分自身で冷静になるように心がけましょう。

仕事の退職はビジネスでの話であり、プライベートな問題ではありません。上司があなたイライラさせるような行動を行ったとしても、退職はあなたの権利です。法律でも認められています。

もし、退職を引き止められても権利ということを忘れずに冷静に対応しましょう。いざとなれば退職代行でやめてしまえばよいのです。

上司に退職理由を説明しすぎる必要はない

最終的には、上司に転職の理由を詳しく説明する義務はありません。

 あなたが100%転職を決意しているのであれば(そして逆提案を受け入れる気が全くないのであれば)、退職理由についてあまり具体的に話すのは避けた方が良いでしょう。

退職理由や情報が情報が少なければ少ないほどよい

シバッタマン

退職する理由については情報は少なければ少ないほどよく、退職の際に言ってはいけないこともあります。

上司に細かい説明して、本当に会社や上司があなたを引き留めるためなら何でもするつもりなら引き止めすることはあるでしょう。

よって、退職を上司に伝えている面談では下記のセリフは言わないほうががよいです。

退職の面談でかいわしていないセリフ
  • 「もっと高い給料を求めている」
  • 「もっとプライベートで自由になりたい」

本当に会社や上司が引き留めたい場合は下記のような条件は飲んでくれる可能性もあり、容易に変更してくるものと考えられます。

上司に転職先の会社の詳細は説明しないこと

シバッタマン

上司はどうすればあなたを引き留められるか、あなたの転職先なく今の会社には何があるのかを探るために、あなたの転職先の仕事について詳しく聞き出そうとするかもしれません。

あなたは新しい職についての情報を提供する義務はありません。上司が、新しい会社での収入など、具体的なことを話すように圧力をかけてきたら、その質問をはぐらかすようにしましょう。

“新しい職について開示しないことに同意した “とか、単に “最終調整中 “と言えばいいんです。

転職先を巻き込まない

シバッタマン

新しい会社の内定をすでに受けている人は自分の会社の転職の状況について詳しく話す必要ありません

転職先に前の職場で高く評価されていることは良いことかもしれません。ただ、転職先の上司や雇用主に、あなた自身が考え直し、前の会社に残ることを選ぶかもしれないと心配させることになってしまいます。

【退職理由しつこく聞かれるパワハラ】上司からしつこく聞かれるなら退職代行

【退職理由聞かれたら上司】パワハラやしつこく聞かれる場合の対処方法

退職は労働者の権利

今まで退職するための手段を説明してきました。ただ、どうしてもあなたの力だけでは退職ができない場合は致し方ありません。法律では2週間前退職を申し出れば退職ができることになっています。

パワハラやしつこく聞かれる場合の対処は退職代行を利用しよう

出来ないなら退職代行サービスなど利用して、退職することをお勧めします。退職代行サービスにも色々あり悪徳な退職代行サービスがあります。ただ、弁護士がついていたり、しっかりとした労働組合がついているかきのようなサービスを利用すれば問題ありません。

特にパワハラで悩んでいる人があったらなおさら退職代行を利用したほうがよいですね。

おすすめ① 退職代行Jobs(後払いOKです)

シバッタマン

辞めるんですは、後発ながら7,000件も退職代行実績がある人気のサービスです。


そして、費用も27,000円(税込)とて転職代行サービスの相場より安いにも関わらず下記の充実としたサービスがあります。

特に後払いOKが人気の秘訣です。

 退職代行Jobsのサービス
  • 24時間365日対応している
  • Jobsは弁護士監修なのに27,000円!!
  • 即日退職に可能である。
  • 退職率100%!万が一だが退職できなけれ全額返金
  • 現金後払いOK!!
  • 全国対応全ての都道府県で代行実績あり
  • 有給休暇の無料申請サポート
  • 無制限で相談可能
  • 案件に関わらず追加費用は一切不要
  • 退職が完了するまで期間無制限でフォロー

労働組合であり、顧問弁護士から業務指導も受けています。

デメリット・欠点といえる箇所が見当たらない退職代行サービスとなっています。

項目情報
会社名株式会社アレス
電話番号03-6279-3967
住所大阪府大阪市東淀川区上新庄3-14-12-1202
労働組合合同労働組合ユニオンジャパン

まとめ:【退職理由しつこく聞かれるパワハラ】聞かれたら上司の対処方法

いかがでしたでしょうか。

【退職理由聞かれたら上司】パワハラやしつこく聞かれる場合の対処方法についてお伝えしました。

上司にとってあなたが退職をしてしまったら、まずは自分が仕事の引き継ぐことになって大変という心理状況や上司自身がもっと出世したいにも関わらず、部下がやめてしまったは困るなどの潜在意識があるかもしれません。

退職をすると決めたらあなたの信念はゆるぐことがなく退職をしてしまいましょう。いざとなったら退職代行でやめるのも検討したほうがよいかと思います。

【退職理由聞かれたら上司】パワハラやしつこく聞かれる場合の対処方法

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします

発達障害のため転職経験も多いですIT業界で働いていたので、転職経験についてもお伝えします。

【資格】
Webディレクション資格認定者、Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)など他 IT資格を取得

オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次