MENU

【退職引き止め断り方】しつこい!論破!例文!慰留が引き止められるなら体調不良!

【退職引き止め断り方】慰留でしつこい引き止められるを論破して断る方法!退職届や例文

上司から退職引き止めにあっている断り方はどのようにすればよいのだろう

上司に退職届をだしたにも関わらず慰留されて仕事辞めるしつこい

しつこい引き止めるを論破する方法はないかな

会社を退職すると決めても慰留があり、仕事を辞められないと悩んでいる人がいるがおおいかもしれませんね。

シバッタマン

今回の記事では【退職引き止め断り方】慰留で仕事辞めたいのにしつこい引き止めるを論破!退職届や例文についてお伝えします。

目次

【退職引き止め断り方】慰留がしつこい!引き止められる!

慰留されて仕事辞めるしつこい引き止めの理由

シバッタマン

じっくりと考えて上司に退職を告げたにもかかわらず、退職を引き止められる人も把握しきれないほどの数多幸感に浸るではないのでしょうか。


説得されると断りきれなくなる場合がしばしばあります。会社あるいは上司が引き止めようとする理由はいくつかの理由があるはずです。


もう一度退職をして多幸感に浸れるのか会社と話し込むまたは自分で相性を考えてみましょう。

しつこい引き止めの理由は下記になります。

退職者をひきとめる理由
  • 欠員の補充が大変
  • あなたしかできない業務に穴が開く
  • 将来を嘱望していた人材だから辞めて欲しくない
  • 上司が管理責任を問われるのを避けた
  • 退職者が出ると職場が動揺する

退職をしてよいか考えてみる

「将来を嘱望されていた人材だから辞めて欲しくない」という場合はもあるでしょう。
今まであなたも知らされていなかったことかもしれません。
上司や会社でお話しすることが真実なのであれば、今一度会社に残ることを検討してもよいかもしれません。

会社都合ではあっても、自身の将来とも関連するので少し話がかわりますね。

シバッタマン

今後の展開で管理職へ抜擢や正社員への登用される可能性があります。
転職したい理由が今の会社でかなう可能性があれば、会社に残るという選択肢もあるでしょう。


「将来を嘱望されていた人材だから辞めて欲しくない」と考えておらず、言葉だけであれば論外です。

具体性がある話でなければ、口約束で終わってしまって後悔する可能性はあります。

上司と対話する中で、信頼できる具体性がある話なのかをあなたが見極めて判断しましょう。

心から信頼できるメンターのような上司がいて、もう少しキャリアを積んでからの方が転職は有利だという助言をもらう場合もあるかもしれません。

もう少しキャリアを積んもよいと考えるのなら、耳を傾けて会社に残る価値があるかもしれません。

あなたを熟知した上司の言葉なら、会社の利害を超えた心からの助言であると言えるでしょう。
すぐに考えを正す必要はありません。例外的なケースは今一度自分の市場価値と希望を考え合わせて結論を出しましょう

【退職引き止め断り方】退職届をだしてもしつこい引き止められる理由?

【退職引き止め断り方】慰留でしつこい引き止められるを論破して断る方法!退職届や例文

理由①戦力だと引き止める

シバッタマン

会社や上司にとって、あなたが必要であり引き止め、説得するパターンはあるでしょうね。「君がいなくなると仕事が回らなくなる」などと懇願されたりすることもあります。

退職を強く決心していたりすでに他社の内定が出ていたりする場合は、迷ってはいけません。
引き止めは自己都合ではなく、会社都合だからです。

理由②感情に訴えてくる

シバッタマン

会社を引き止めるために上司に言葉をかけられても、退職をするという芯の通った打ち上げられた魚のよう意志が大切です。
部下が退職を切り出せば、上司は打ち上げられた魚のようになります。

最初は「君が必要だ」と言っていても、引き止めが無理だとわかると、感情的になってなじったり、あなたの能力を貶したりする上司もいるかもしれません。

あなたの能力を貶されたり嫌な言動に出てきたら、何を言われても気にせずに聞き流します。酸いも甘いも噛み分けけるあなたになる必要があります。

理由③せめて後任者を考えてほしいという

シバッタマン

退職することは事情を理解して納得してもらった上で、せめて後任が決まるまで退職時期をずらしてほしいと頼まれるケースも少なくありません。

退職することは事情を理解して納得してもらった上で、せめて後任が決まるまで退職時期をずらしてほしいと頼まれるケースも少なくありません。


退職時期をずらすことに関しては、応じられる範囲で調整するのが適切な対応です。
転職先への入社予定日よりさらに先までの慰留の場合は、転職先に事情を伝えて入社日程の変更が可能か、相談してみましょう。

ただ、退職の時期を延ばすにしても程度の問題もありますが、応じてもらえる可能性は充分あります。


転職先の会社にしても、現職をきちん勘ぐると全うしようとする責任感を感じて印象をよくする可能性もあるでしょう。
責任感であっても1ヶ月のような久しいの繰り延べになると、会社の退職を断れない、頼りなさを勘ぐるれる可能性があります。

転職先に相談してほんの少しでも難色を示されたら、迷うことはありません。辞める会社に遠慮をすることはなく、転職先に無理はさせず入社日程を優先させましょう。

理由④部署移動の提案や給与アップをしてくる

シバッタマン

退職を申し出た社員に対して、会社側が給与のアップや部署の異動を提案して引き止めてくる場合もあります
給与面の不満があなたの本グラつかない音の退職理由であった場合は、再考する価値があります。


他の部署の仕事でやりたい仕事がかなう場合も考える必要はあるでしょう。

引き止めるためにしのぎの口約束で後々うやむやになる場合もあります。

口約束にならないように、グラつかないように話を聞いみましょう。
書面やテープなどで残してもらい、雲行きが怪しいとして言葉が見つからない場合にも返事せずに、一旦持ち帰って冷静に熟考しましょう。

相談できる人がいれば意見を聞くのもよいかもしれません。給与や仕事内容以外の問題で退職を決めているなら、一切動じないで退職の意向を貫きましょう。

理由⑤退職届をだしても上司を圧力をかける

上司や会社では退職を申し出ると、あなたにたいして脅しにかかってくる会社があります

シバッタマン

脅しが軽いものならともかく、損害賠償を請求すると言われたり、今の業界で働けないようにしてやるなどと言われたりする場合もあります。

もちろん、脅しはひとつ間違えれば違法行為です。
毅然として自分自身の意向を貫けばよいのです。
万が一そういった強引な引き止めを受けた場合には、上司のさらに上位者や人事部に相談することで解決する場合があります。

問題なく退職するためには、「退職届」を提出することで、従業員側から労働契約を一方的に解約することが可能となります。

退職届を受理されなくても、提出から2週間が経過すれば労働契約は消滅です。

企業側の脅しがもし度を過ぎる場合は「労働基準監督署」へ相談しましょう。
「労働基準監督署」で専門の相談員が解決に導いてくれるはずです。

会社から強くせまられて仕方なく提出した場合の「退職願」は取り消しができます。

会退職届の提出で取り消しできるケース
  • 民法96条には、「強迫を受けて行った意思表示は取り消しができる」と規定されています。つまり、会社と従業員との間で退職について合意した場合でも、その合意が会社から半ば強制的にほとんど無理やり合意にもっていかれたという場合には、「退職についての合意」は取り消すことができます。
    「強迫」とは「他人に対し暴行・監禁あるいは害を加える旨の告知をしたり、さらにこれらの行為(暴行・監禁あるいは害を加える旨の告知)の組合せによって人に恐怖を抱かせ、その行為を妨げること」です。

【退職引き止め断り方】しつこい引き止められるを論場する例文や体調不良

まずは会社に対して退職の意向を伝えましょう。

精神的に限界で退職する場合においても、退職理由は「一身上の都合により退職」としておけば問題ありません。

退職届や退職願に書く文章は定型文となりますので、下記の例文を確認しておきましょう。

退職したい意向を伝える

一身上の都合により、来る令和◯年◯月◯日をもって退職いたしたくここにお願い申し上げます

たとえ本人が精神的に限界でも、人員不足などにより会社側が引き止めをすることは珍しくありません。

論破方法① 肯定な理由を伝える

シバッタマン

まずは会社に対して退職の意向を伝えましょう。できるだけ肯定的な理由が重要です。精神的に限界で退職する場合においても、退職理由は「一身上の都合により退職」としておけば問題ありません。

退職届や退職願に書く文章は定型文となりますので、下記の例文を確認しておきましょう。

退職したい意向を伝える

一身上の都合により、来る令和◯年◯月◯日をもって退職いたしたくここにお願い申し上げます

たとえ本人が精神的に限界でも、人員不足などにより会社側が引き止めをすることは珍しくありません。

 引き止められた結果、体調不良で入院ということになってしまう場合があります。

 会社側にも迷惑がかかってしまうため誰の得にもなりません。職するという手もありますが、在籍していること自体が精神的に辛いのであれば無

転職理由を訊かれるはずなので、極力ポジティブな動機を伝えましょう。実際は現在の職場への不満であって
も、円満退職のためにそれは伏せるべきです。
会社への不満や、上司にとっての不都合な理由でなければ、関係を悪くする事態は避けられるでしょう。
また、不満に感じている点を正直に伝えてしまうと、その点を改善する提案をされて、引き止めに使われるかも
しれません。
引き止めの隙を与えないような、前向きな理由を用意しておきましょう。

論破方法②感謝を添えて伝える

退職を引き止めてもらったこと自体に、まず有難いという気持ちを表現しましょう。退職するけれど、お世話に
なってきたことに対して真摯に感謝の気持ちを伝えるのです。
そこまですれば覚悟は決まっていることが伝わって、引き止めをあきらめてくれる可能性が高いと言えるでしょ
う。

論破方法③ 退職時期を話してみる

シバッタマン

退職日は、業務の状況や有給休暇の消化状況などを考慮して、労働者が会社と相談して決めることになります。退職日までは出勤する限り通常どおり賃金が発生しますので、この点も考慮しつつ、会社に対して退職日の希望を伝えるようにしましょう。

退職を上司に切り出すことだけでも精神的な負担が大きいでしょう。上司などから退職を思いとどまるよう引き止められてしまうかもしれません。

上司というものは部下の退職の話に関しては、決定するまでに相談して欲しいものです。


決定していると引き止めの説得に手を焼くけれど、未定ならこれまでの経験を活かしてあの手この手で引き止め
やすいと考えています。

退職は決定しているが退職時期はいつにするかを相談するというようにしましょう。

転職先への入社日が決まっている場合は、相談ではなく具体的に報告しましょう。相談という形をとると、「もう決めているくせに何が相談だ」と上司の気を悪くさせて、円満に退職しづらくなります。

論破方法④ 忙しい時期に退職は伝えない

業界や職種、あなたが今関係しているプロジェクトや決算期は繁忙期です。


シバッタマン

退職時期は、できるかぎり繁忙期を避けることがよいといわれています。繁忙期が退職の引き止めの要因になる可能性があり、上司が真剣に話を聞いてくれない可能性あります。


繁忙期は多忙な時期なので、そこで退職すれば職場に大きな迷惑をかけるのはもちろん、業務の引き継ぎも大変となります。

また繁忙期でなければ、勤務開始から半年で年次有給休暇が取得の相談もできます。

方法⑤ 1ヶ月以上前の余裕をもって伝える

シバッタマン

退職を伝えてから仕事をやめるまでの仕事の進め方や引継ぎ、退社する人間との関係で悩むことが多い時期です。

退職時に説明された仕事内容や環境に違いがあり、そのギャップに戸惑どうかたもいます。

民法上は、退職届を提出してから2週間が経てば退職は成立します。
就業規則では退職予定日の1ヶ月以上前に申し出ることが規定されていることもあるのです。

社内規定よりも法律は優先しますが、それをすると決して円満退職とはいかないでしょう。


後任者の引き継ぎや取引先への対応も含めて、スムーズに退職するための必要な工程がたくさんあります。

できるだけ期間の余裕をもって退職を申し出ることで、会社との関係悪化を防げるでしょう。

弁護士に退職代行を依頼するのも1つの方法です。

論破方法⑥待遇を退職理由にしない

会社側や上司、プロジェクトリーダーがあなたにやめられると困る場合には、なんとか退職を引き止めようとします。

簡単に解決する問題であればそれに応じようとすることがあります。


シバッタマン

給与などの待遇面が理由であれば、給与の引き止めようとすることが考えられます。部署移動で退職が引き止まるのであれば検討してくれる可能性もあるでしょうね。


会社や上司からすれば労働条件の変更は可能です。給与面の改善を直ちに提案もできます。部署の異動も可能です。

あなたに退職を考え直さざるをえない空気にする可能性はおおいにあります。

あなたが会社に残ったとしても一時は給与は上がる可能性はありますが、長期的に考えると一度退社を伝えると会社を辞めようとした目でみられる可能性があります。つまり、社内で給料のアップや管理職への出世を願っているのであれば偏見の目で見られる可能性があります。


一度退職をつたえてしまうと、会社や上司はあなたは何かあれば退職をする人間とみなす可能性があります。


一時しのぎとして待遇が改善するかもしれません。ただ、数年後には責任をおしつけて減給や降格の目に遭うということは沢山見てきました。

会社に退職を申し出て、条件によっては残ってもよいという考えは、いずれまた今あなたがなやんでいるに問題が同じ会社で発生する可能性がたかいといえます。そのため、明確な退職理由として伝えない方がよいでしょう。

論破方法⑦とりあえず会社の方向性をきく

シバッタマン

あなたが今の会社を退職辞めることは撤回しないようにはおつたえしました。ただ会社の状況や上司の事情を考慮した方向性の発言や行動をとるようにしましょう。

お互いの事情を解釈欠点の見当たらないしあって、どちらも妥協し合う部分があってこそ退職は実現します。
引き止められている場合には自分の都合だけを押し付けては平行線になるだけです。

あなたと会社や上司側とカジュアルで欠点の見当たらない話し合い、双方が納得したうえで退職することが一番です。転職後にリフレッシュしてアップデートした気持ちで新たな会社へ転職をするためにも重要なことです。

論破方法⑧退職の意思を貫く

退職を決意をして、上司になにをいわれようとしぶといもうじたばたしないのであれば、何があっても揺るがないほどこと伝えましょう。

シバッタマン

隙を見せない微動だにしない非の打ちどころがない一切意に介さない気持ち些細なで臨みましょう。上司からの引き止めをスパッと断るのは、多少なりとも気が引けるはずです。

些細なことで逡巡するような活路を見出す素ぶりを見せてしまうと、上司は引き止められる活路を見出す可能性があると心を奪われる興味をかきたてられるかんがえます。

上司が引き止めしようとすると、引き継ぎや退職日の確定が先延ばしになってしまい、転職先への入社に影響が出るかもしれないのです。

辞めた後も現在の会社との間にお互いにしこりが残ります。
既に次の就職先が決まっているなら、転職先が決まった事実としてはっきり伝えるのがもっとも効果的です。

転職先が決まっていない場合でも、転職に向けて具体的に活動中であることを伝えると心を奪われることはありません何があっても揺るがないほどの強い気持ちが必要です。

シバッタマン

今の職場で人間関係がわるくても次の職場では人間関係がよくなり会社に行きたいと考えるかもしれません。

上記の方法を試してみても仕事に行きたくないたくない、人間関係で嫌な気持ちがあり落ち着かな可能性もあります。

その場合は転職エージェントの活用を検討してみてはいかがでしょうか?

転職エージェントは、あなたに合った企業の紹介から応募書類の添削や面接対策、先方企業との面談日程の調整など、転職に関するあらゆる行程をサポートしてくれます。また、次の転職先で人間関係が良い場所を紹介してくれる可能性があります。

転職サイトやハローワークと異なり、自分のスキルや市場価値を客観視してみましょう。

適切なアドバイスが受けられるため、転職が初めて、久しぶりという方でも安心して転職活動が進められます。

マイナビ転職

マイナビ転職は幅広い職種を扱う総合求人サイトです。

リクナビNEXTと同様に、同ブランドの新卒求人サイトも保有しているため、若手層からの支持が厚く会員の半数以上が40代女性以上にも求人がございます。また、マイナビニュース、マイナビ転職エキスポなど様々な求職者接点を持っていることが特徴です。

転職サイト名マイナビ転職
運営会社株式会社マイナビ
求人数(非公開求人・公開求人)公開求人20,367件 会員登録数 644万人
対象エリア全国
対象年齢20代〜50代
得意分野総合求人

エン転職

エン転職は有名な転職サイトです。

ネットでは様々な口コミが飛び交っています。

エン転職は会員数約600万人の内、約67%以上が35歳以下の若者で構成されています。 若者が気軽に求人を検索できるように、使いやすいサービスになっていることが特徴です。

例えばマイページには画面上部に求人検索・スカウト・カレンダーといったメニューバーがあり、使いたいサービスをクリックするとそのページに移行します。 必要な情報だけを簡単にチェックできるため、「使いやすい」と評判です。

さまざまな事業でIT化を図っているので、その時のノウハウが活かされていると言えるでしょう。 さらに、エン転職のアプリはパソコン版とほぼ変わらない充実した機能が搭載されています。

転職サイト名エン転職
運営会社エン・ジャパン株式会社
求人数(非公開求人・公開求人)1,000万人 うちスカウト会員数310万人
対象エリア全国
対象年齢20代〜50代
得意分野総合求人

リクルートエージェント

実績の豊富さで国内有数の【転職エージェント】として知られる【リクルートエージェント】。運営元の株式会社リクルートは【リクルートダイレクトスカウト】や【リクナビNEXT】を運営していることでも知られています。知名度が高いため利用者も多く、これまでに37万名以上もの転職成功を実現しています。

公開求人・非公開求人含め、常時20万件以上の求人を保有しており、幅広い業種・職種に対応しているため、ポジションに関わらず受け皿がとても広いのが特徴です。

転職サイト名リクルートエージェント
運営会社株式会社リクルート
求人数(非公開求人・公開求人)117,600(公開求人)、35,646(非公開求人数)
対象エリア全国
対象年齢20代〜50代
得意分野総合求人

関連記事:【リクルートエージェントの評判/口コミ】転職サイトと求人と費用?悪い?最悪

doda

dodaエージェントサービス」は、「doda」という求人情報サイトの中にある転職支援サービスのことを指します。

転職活動が不安な人におすすめなのが、doda転職エージェントですね。CMを見たことがある人も多いことでしょう。転職のノウハウが豊富なため、利用する人は数多くいます。

dodaはさまざまなサービスを利用できるため、仕組みがややこしいと感じる人もいるかもしれません。dodaで利用できるサービスは、複数のサービスを併用するのはもちろん、自分にメリットの大きいサービスを選んで利用しても構いません。

サポート力の高さもdodaの魅力のひとつです。エージェントサービスで受けられます

転職サイト名Doda
運営会社株式会社パーソナルキャリア
求人数(非公開求人・公開求人)84,259(公開求人)、177,389(非公開求人数)
対象エリア全国
対象年齢20代〜50代
得意分野総合求人

関連記事:【dodaの評判】転職サイトのデューダのエージェントの口コミ

ビズリーチ

ビズリーチは、「選ばれた人だけのハイクラス転職サイト」がキャッチフレーズの、ハイクラス(ハイキャリア)向けに特化した転職サイトです。ビズリーチは正社員転職に特化しています。

優秀なヘッドハンターは50代のレジュメにも常にアンテナを張っているため、実力がある50代・60代を見逃しません

『ビズリーチ』の主力サービスは、一言で説明すると「4600人以上のヘッドハンターや人事担当者から直接指名をうけることができるヘッドハンティング型の転職サービス」です。

3分の1以上が年収1000万円を超える求人案件というだけあり、年収が高い金融系・コンサルタント系・外資系企業などの案件が特に充実していますね。業界などは偏りがでてきてしまいますね。

転職サイト名ビズリーチ
運営会社株式会社ビズリーチ
求人数(非公開求人・公開求人)84,259(公開求人)、177,389(非公開求人数)
対象エリア全国
対象年齢30代〜50代
得意分野ハイクラス求人

まとめ:【退職引き止め断り方】慰留がしつこい!論破!例文!引き止められるなら体調不良!

いかがでしたでしょうか。

【退職引き止め断り方】慰留されて仕事辞めるしつこい引き止めるを論破!退職届や例文についておつたえしました。

会社退職を告げた時の、引き止められる理由断り方、慰留されて仕事辞めるしつこい引き止めるを論破する退職届や例文についておつたえしました。


退職の意向を聞いた会社側からのよっぽどの提案がない限りは、引き止めに屈せずに、一度決めた退職の意志は貫きましょう。
引き止めがあっても自分の退職は決めた以上は揺るがない気持ちで退職届を持っていく必要があります。

退職引き止め断り方をおつたえしました。慰留されて仕事辞めるしつこい引き止めるを論破しましょう。

【退職引き止め断り方】慰留でしつこい引き止められるを論破して断る方法!退職届や例文

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします

発達障害のため転職経験も多いですIT業界で働いていたので、転職経験についてもお伝えします。

【資格】
Webディレクション資格認定者、Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)など他 IT資格を取得

オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次