MENU

【仕事辞める逃げ】辞め癖や病気なると言われた!後悔しない経験談や転職方法?30代40代

【仕事辞める逃げ】辞め癖になると言われた!後悔しない経験談や転職方法

仕事を辞めるのは必ずしも逃げになるの

仕事を辞めることで情けない

仕事を辞めるのが会社の逃げ癖たついてしまうと嫌だな

仕事辞める逃げかもしれないがそれより、仕事が決まりにくくなるなどのリスクがあるな

仕事逃げ癖を改善するにはどうすればよいのだろう

シバッタマン

仕事を辞めるとに自分は逃げかもしれな。会社を逃げる辞め癖がついてしまわないか悩んでいる人もおおいかもしれません。それは単なる逃げでなないかもしれません。どうしても仕方ない場合もあります。

この記事では、短期間で仕事を辞めるのが多い場合は「逃げ癖」がついている可能性、もしくはこれは仕事を辞めるのが逃げなど考えているひとに判断基準や辞め癖をやめる記事になります。

この記事を読んで仕事をやめることは逃げなのか、逃げ癖なのか判断してもらうようにしています。一度、ご確認して今後の仕事の人生について考えていただけますと幸いです。

関連記事:【仕事行きたくない甘え】朝泣く!やる気が出ないモチベーションの上げ方!退職や知恵袋?30代50代?

目次

【仕事辞める逃げ】と言われたがどうしようか悩む場合の基準ってある?

仕事を辞めるのは逃げになる基準は?

退職は逃げではありませんし、労働者全員に与えられた権利となります。ただ、「人手不足だから」「迷惑がかかるから」色んな理由で退職を躊躇すると思いますし、現場を見て退職をきめことは必要かもしれません。

シバッタマン

ただ、会社の状況によっては現場の意見や状況を見る必要はないと私は考えます。ブラック起業で無理をして身体を壊すことがの方がいけないですし、会社によっては社員を奴隷のように扱う経営者もいます。必ずしも逃げとはいえません。労働基準を守っていないのであれば必ずしも逃げではないと感じます。

それでは下記で仕事を辞めるは逃げではないの判断基準を述べていこうと思います。

仕事を辞めるのは逃げとはいえない理由

新しい環境に移ることであなたが失いかけていた仕事に対するモチベーションを取り戻せるかもしません。自分のビジョンを実現できる会社に転職すれば、やりがいを感じながら働けることもできるでしょう。

シバッタマン

職場環境に関する悩みを抱えている場合は、辞めることで、今の仕事の悩みを解決できます。現職を続けることで強いストレスを感じるのであれば、体力的・精神的に限界を迎える前に仕事から逃げるのもありではないでしょうか。

仕事辞める逃げと言われたが基準①仕事を辞めたい原因が自分で変えられそうか

例えば仕事に対する不満はいくつか考えられます。事例を下記に記載します。

仕事を辞めるが逃げかどうか例えば辞める方法

お金や生活に不安があったから

人手不足

上司に話し掛けづらい

キャリアアップにつながらない

人間関係が不満

会社や周囲に対すして気を使いすぎる

納期が激しくて長時間労働が辛い

40代だから体が心配になってきた

シバッタマン

仕事を辞めたいのは上記が原因として考えられます。ただ、それはあなたにとって逃げになるのか、辞め癖ではないか、後悔しないのかを自分自身に問い詰めてみる価値はありますね。皆様が抱えている悩みでもあります。相談すれば解決する問題もあります。

仕事辞める逃げと言われたが基準②会社の将来が見えない場合

年功序列であれば優秀な社員ほど、自身のキャリアについてよく考えています。終身雇用の崩壊や、転職に対する意識の変化もあり、社内でのキャリア形成だけではなく、社外に出た場合のキャリア形成についても考慮しています。

この場合は仕事からの逃げにはならないでしょうね。

最も転職しやすい”ある程度、実績を残したところ”で次のステップへ転職をしてしまいます。

シバッタマン

会社側からすると、また優秀な社員が辞めてしまったと感じてしまいます。ただ、それは会社のシステム上で年功序列であり、更なるキャリアアップを図っている社員をとめることはできません。まずは会社側が働かない社員でも年功序列で高休職をもらっている人の対策を考えないといけませんね。

 仕事辞める逃げと言われたが基準③指示が一方的

シバッタマン

指示が一方的で、こちら側の意見に一切耳を貸してくれない上司もいます。特に40代となり仕事を長くやっている方であれば特に、自分の考えに絶対の自信を持っていることが多いですね。

「指示通りに動いていればよい」というスタンスで、根拠ある改善提案でさえは全く納得いかなくなります。これは40代などキャリアを築いてきた人が多い悩みでもあります。

40代にもなり否定されていくうちに、「もうなにをやってもムダだ」という気持ちになってしまいまいますね。

これは上司との価値観があわないと感じてしまいます。ミスマッチを感じている以上辞めるのは逃げではありません。上司に逃げといわれてもやめてしまって構わないでしょう。

仕事辞める逃げと言われたが基準④他にやりたいことがある

やりたいとこが見つかったてのが本音か建前かは分かりませんが。 辞めるのを止められたくないから建前で「やりたいことが」と言う人もいますので半信半疑に思われてるかも知れません

シバッタマン

ただ、20代や新卒など学生時代にやりたいことがみつからず、世間の手前とりあえず就職した人がいるかもしれません。私もそうです。やりたい仕事はなく、とりあえず世間は氷河期世代であり、マスコミ関連の仕事をしたいとかんがえていたものの、就職することはとてもできず、第2新卒という形で転職をしました。その場合、就職してから他の仕事がやりたいと見つかるのも自然なことかと思います。

仕事辞める逃げと言われたが基準誰が入社してもブラックな企業

ブラック企業で働いていると体に支障をきたしたり、時間に余裕がなく、ましてや労働基準法を守っていない可能性が高いです。その場合は辞めるのは逃げではありません。新しい環境を探すために・転職活動をしましょう。

シバッタマン

また、その場合でも仕事を辞めるは逃げにはなりません。ただ円満に退職するようには心がけましょう。

たとえブラック企業でも円満にやめる方法は下記の通りになります。

仕事を辞めるは逃げにならない円満な退職方法

退職を考えていることを誰にも話さない

退職を報告した後に突然出社拒否しない

有給休暇での問題

退職理由を明確に伝えられるようにする

直属の上司に報告

仕事辞める逃げと言われたが基準ブラックでセクハラやパワハラがある場合は考えよう

ストレスを溜め込み過ぎると、ネガティブな感情が強くなってしまうことがあります。

 ネガティブな感情が強くなることで、気分が落ち込んだままとなり、何に対してもやる気が起きなくなります。

シバッタマン

意欲の低下や周囲に無関心になるのは、強いストレスから身を守る逃避行動であるという説もあります。決して仕事を辞める逃げにはなりません。自分で認識している以上に、強いストレスにさらされている可能性があるでしょう

これまで楽しめていた趣味や好きなことを楽しめなくなっている場合、うつ病である可能性も否めません。退職を考えると同時に、専門機関を受診し、早めに治療してください。

【仕事辞める逃げ】辞め癖ができると後悔するリスク

【仕事辞める逃げ】辞め癖ができると後悔するリスク

辞め癖ができると後悔するリスク①失業保険は辞め癖があるともらえない場合もある

辞め癖かできてしまう後悔のリスクとして、衝動的に仕事を辞めるのはやめましょうデメリットももちろん存在します。

例えば下記のようなデメリットがあります。

目標や将来の夢を考える
  • 衝動的に仕事をやめてしまうと収入がなくなります。収入源で生活と心に余裕がなくなってしまいます。
  • 転職で面接ではかならず、転職の理由は聞かれます。または辞め方によっては転職に不利になる可能性もあります。
  • 退職金というのは会社の定めであり、国の定めではありません。受給できるかは会社の条件があります。よって退職金がもらえない可能性があります。
  • 失業保険をもらうには離職票が必要となり、ハロワークに届ける必要があります。。その離職票などは会社に提出からもらうものですので衝動的にやめると離職票を手にするのに時間がかかる場合があります。
シバッタマン

特に次の会社を辞め癖でにげるようになってしまうと失業保険がもらえなくなります。これは生活していくうえで大問題となります。

辞め癖ができると後悔するリスク②退職回数増えると次の会社の面接で印象が悪くなる可能性も

辞め癖ができると企業側から「どう見られるか」を気にされる人が多いようです。転職するとしても職務経歴書を作成する必要があります。辞め癖がついてしまうとこの人はすぐに会社をやめてしまうのではないのだろうかと考える会社も中にあるようです。

シバッタマン

ただ、仕事内容が一貫していると今の会社では業界によりますが、転職がきまらないということがないと言えますが、それでも大手企業などの転職は難しくなってしまう可能性はあります。

辞め癖いがつかないためにも、自分の適性に合った仕事につきましょう。そのための自己分析は必ずるようにしましょうね。

辞め癖ができると後悔するリスク③.職場の人間関係などで悩むことが増える

シバッタマン

辞め癖いがついている人にとっては職場への理解は気にしない人がおおいかもしれませんが、退職するまでの間で職場での冷たい目で見られることは多いです。

これは20代のころはよいかもしれませんが、年齢を重ねるにつれて退職すること難しくなってきます。つまり若いうちは職場の理解が足りないけど構わないとかんがえていたかもしれませんが、いずれ年齢の壁が訪れます。その場合に辞め癖を解決する方法、つまり自分らしい働き方や、職場などを考えてみるのもよいかもしれません。

そのためにも辞め癖して後悔しないためにも自己分析はとても大切になります。

辞め癖癖ができると後悔するリスク④.嫌なことがあったとき我慢できない忍耐になる

シバッタマン

仕事で嫌な思いをするたびに退職を繰り返すと、いずれ忍耐力がなくなってしまう可能性があります。またこの会社を辞めればよいかと考えてしまうのです。その場合は将来に末治が怖いかと思います。嫌なことがあっても我慢できるようにするため、辞め癖はつけず後悔しないようにしましょう。


そ転職先でも嫌なことが起こったとき、我慢して続けるという選択肢がなくなり、問題に立ち向かおうとせず辞めてしまうようになるのです。

嫌なことはどんな仕事でも起きるものなので、我慢ができないと仕事を続けるのは難しくなるでしょう

【仕事辞める逃げ】にならない後悔しないパターンや方法?

仕事を辞めるが逃げかどうか例えば辞める方法

経営難で会社がつぶれそうお金や生活に不安があったから

新しい仕事が見つかった、でも今も会社ではどうしてもキャリアアップにつながらない

労働基準法を無視している。納期が激しくて長時間労働が辛い

親の介護

後悔しないパターン②精神的な問題

シバッタマン

これは上述しましたが、ストレスを溜め込み過ぎると、ネガティブな感情が強くなってしまうことがあります。ネガティブな感情が強くなることで、気分が落ち込んだままとなり、何に対してもやる気が起きなくなります。

仕事が逃げではありません。後悔するパターンでもありません。楽しめていた趣味や好きなことを楽しめなくなっている場合、うつ病である可能性も否めません。退職を考えると同時に、専門機関を受診し、早めに治療してください。

後悔しないパターン③現在の仕事に適性がないと感じた

辞めることを「逃げ」や「後ろ向き」などネガティブに考えすぎないようにしましょう。

プログラマーには向き不向きがあります。業界や言語によっても適正や不適正があります。自己分析は非常に多雪です。

よく考えた上で転職を決断するのはポジティブな行動です。現在や将来の自分自身を考えや価値観を大切になりますね。

シバッタマン

私もプログラマーを新卒でしていましたが、とてもセンスが必要な職種であります。資格をとって、第2新卒で転職をしました。仕事から逃げたとおもっていませんし、後悔してないパターンでもあります。

辞め癖で後悔しない方法辞め癖は何が原因かを考える

シバッタマン

仕事逃げるというのは現実的な対応ではありません。「仕事から逃げたい」という言葉の裏側には現実から逃避したいという感情があるのかもしれません。もしその感情には何かしら精神的な悩みを抱えている場合もあります。

「逃げたい」だったとき、自分は何から逃げたいのか、なぜ「辞める」ではなく「逃げる」なのかを、デメリット考えてみるべきです。

例えば以下のようなデメリットがあります。

仕事辞める逃げのデメリット
  • 無職期間が長くなると評価が下がってしまう

転職先が決まらず仕事をしていない期間が長くなると、企業からの評価が下がることがあります。基本的なビジネスマナーが身についていなかったり、30代後半など年を重ねていると、採用側の視点も厳しくなります。

  • お金が回らなくなり、生活ができなくなる

無職の期間が長引くと、生活費が足りなくなる可能性があります。家賃や携帯代などの固定費が支払えなくなると、かなり生活が厳しい状況になるので、計画的に退職することが大切です。

  • 今はサラリーマンとしてお金をもらえているが、辞めてしまうと収入が安定せず、かつ精神的に不安定になりやすい

仕事がない期間が長くなると、転職への焦りで精神的に不安定になる可能性があります。定した収入源がない状態では、将来への不安がさらに大きくなるでしょう。精神的な焦りにより内定を得ることがゴールになってしまう危険があるため、注意が必要です

シバッタマン

辞め癖で後悔しない方法で上記のようなデメリットがあります。その他にもかんがえられますが、一例をかんがえました。仕事辞める逃げとならないためにもリスクなどデメリットは何かを考えるようにしておきましょう。

辞め癖で後悔しない方法問題となるようであれば自己判断で検討する

辞め癖で後悔しない方は、物事や作業に対する継続力がなく、仕事を最後まで成し遂げるのが苦手なタイプの方も、逃げ癖が出やすい人もいるでしょう。

最初は仕事が楽しくても、同じ作業が続くことで飽きてしまい、中途半端な状態で投げ出す可能性があります。

仕事に対して前向きな姿勢になりにくく、何事にも妥協しがちです。

シバッタマン

仕事で問題が起きても、自分から行動する解決しようとする意識を付けるようにしておきましょう。

辞め癖で後悔しない方法③次の職場で逃げ癖とならない行きたい会社を明確にする

次の会社の面談でも企業側が「企業選びの軸」について質問されることはあるかと思います。それは下記の理由があると思います。

辞め癖で後悔しない方法③次の企業を選ぶ基準を正確にする
  • 自社の価値観と合うかを知るため
  • 意欲をもって長く働けるか確かめるため
  • 辞め癖がないか確認するため
シバッタマン

会社側で質問される内容ではありますが、自分にとっても辞め癖で後悔しないためにも企業を選ぶ基準を正確にすることは大切です。再び後悔しないためにも転職エージェントに相談をするなどして解決するようにしhましょう。

辞め癖で後悔しない方法④仕事でゴールを設定することを計画する

シバッタマン

次の会社と面接するにも辞め癖で後悔しないためには、対策として仕事の目標を設定してしまう可能性がよいかもしれません。もし、目標を設定しても面接にうからない会社であれば、またもや辞め癖でやめて後悔してしまう可能性があります。

例えば下記のようなことを考えておきましょう。What、When、Whyをそれぞれ踏まえながら、目標を設定するといいですね。

辞め癖で後悔しない方法④次の企業では仕事で目標を設定
  • 成果を出すための目標
  • モチベーションを維持できるの目標
  • 困ったときに対応する内容

【仕事辞める逃げ】辞め癖で良くないが逃げではない知恵袋などの経験談?30代40代の転職?病気

【仕事辞める逃げ】辞め癖で良くないが逃げではない知恵袋などの経験談?30代40代転職できる

30代や40代の辞め癖は良くない経験談は?

「家族との時間を持てる環境で仕事をしたいため」「子供の将来を考え、収入を上げる必要があるため」など年齢を重ねると悩みが増えてきます。とくに30代~40代は家庭があるため仕事が一番ではなくなり、時間的切迫が多い納期の多い仕事なのでは家庭の心配が増えてきて、プライベートに時間をもてる会社を考えたくなってきます。

シバッタマン

仕事より家庭を考えての転職は決して逃げてはありません。子供のほうが、また親の健康のほうが大切だから辞めるは当然です。仕事を辞めても逃げではありません。

『辞め癖』は実際に存在します。 一度でも退職・転職を経験すると困難な事や嫌な事にぶち当たった時、 耐え凌ぐ・頑張るの選択肢に『辞める』が追加されるからです。 辞め癖が付いている人の特徴としては、 業務内容や勤務形態の許容範囲が転職を繰り返すほど狭くなりワガママになっていきます。

30代男、仕事での悩みです。 自分はとても要領が悪くかつサボり癖があり一年以上同じ仕事を続けられた試しがありません。 仕事を辞める理由は、単純に休むことが多い・人間関係がうまくいかない・仕事覚えが悪く周りに迷惑をかけ馬鹿にされ居づらくなって等です。 この仕事が全く続かない状況を自分では最早どう克服していけばいいのかわからず途方に暮れています。

引用元:辞め癖に悩む30代(YAHOO知恵袋)

転職癖を直したい 45歳女です。 アルバイトや派遣を含め、転職を繰り返してきました。 長い所で3年、短いとこだと1日、無断でバックれたことも数回あります。 私には仕事を簡単に変えることができる勇気と好奇心と行動力があるので、 転職することを何とも思わないで今まできたのですが。 そんな能力はもう不必要だと思うのです。 それは、さすがに40歳を超えたあたりから条件が悪くなり、採用率も下がってきたからです。

引用元:辞め癖に悩む40代

30代40代でも転職を検討しばほうがよい例:うつ場合は仕事への復帰が難しい。

40代30代は20代と比べて仕事の責任が重くなります。その場合は逃げ癖ではないと感じます。

仕事に限界やしんどさを感じている場合は、うつ病気が発生しやすく仕事へ復帰が難しくなります。
40代30代は20代・30代に比べても、病気が完治するまでに時間もかかりますし、戻ったころには職場に自分の場所がないとい考えられます。

精神的な病気をこじらせると、完治するまでに1年以上かかる事例はおおいです。休職期間を経て精神的な病気が完治したとしても、これまでと同様に仕事ができず、またどうしても会社では病気になってしまったとのレッテルがはられてしまいます。

これは会社によりますが、世の中ではメンタルを崩すのであれば、調子がわるいと思う前に早めに辞めてしまって構わないと思います。辞め癖というか会社側に問題がある可能性もありますから、無駄な時間をすごすことはありません。

30代40代の対処:辛さをがまんしていると時間がすぎ退職ができなくなる。

30代40代で仕事は仕事が辛いと感じることは20代のころよりふえるでしょう。ただ、辛さを我慢していると、退職する時期を逃します。

転職は20代のほうが求人数が多く、年齢をとるにつれて会社にしがみつぐくことになります。

シバッタマン

私の体験では40代が仕事では40代が一番メンタルがつらいから辞める人が多いです。うまい人はメンタルを壊す前に会社をやめてしまいます。今は氷河期世代も人材がすくないのでやめるのであればやめてしまい転職をしてしまいましょう



現在、仕事に限界・しんどさを感じている方は、50代に入っても同じ環境が待っています。50代になると定年間近になるため、40代よりも転職が困難です。

50〜60歳の方を対象に早期退職を募る企業も多く、40代の時期を逃すと定職に就ける可能性は低くなります。

関連記事:怒られてるのにヘラヘラ笑うのはなぜ?ADHD・障害・大人・病気

【仕事辞める逃げ】退職は逃げではないが辞め癖で後悔しない転職・退職方法

 まずは休職するべきか検討する

シバッタマン

休職を検討している人は、何らかの精神的ストレスを抱えていることがほとんどなので、早めに心療内科や精神科に相談しましょう。自分ではさほど問題がないように感じていても、医師からすると休職の必要性が大いにある場合もあります。

休職を検討している人は、何らかの精神的ストレスを抱えていることがほとんどなので、早めに心療内科や精神科に相談しましょう。自分ではさほど問題がないように感じていても、医師からすると休職の必要性が大いにある場合もあります。

まずは産業医や医師など専門家の意見を聞いてみましょう。

退職は伝えてから2週間は在籍が必要

シバッタマン

休職を検討している人は、何らかの精神的ストレスを抱えていることがほとんどなので、早めに心療内科や精神科に相談しましょう。自分ではさほど問題がないように感じていても、医師からすると休職の必要性が大いにある場合もあります。

休職を検討している人は、何らかの精神的ストレスを抱えていることがほとんどなので、早めに心療内科や精神科に相談しましょう。自分ではさほど問題がないように感じていても、医師からすると休職の必要性が大いにある場合もあります。

まずは産業医や医師など専門家の意見を聞いてみましょう。

 在籍しながら転職先の内定をねらったほうがよい

退職するには在職中に転職先を決めてしまうか、数か月分は生活できる貯金を持っておくことのどちらかが必要となります。

シバッタマン

貯金がない場合は、退職前に次の就職先を決めておくことがもっとも安心です。。

給与日の違いでキツイ生活を過ごす時期も出てきてしまいます。

それでも貯金がない人にとっては給与日があるということが精神的に落ち着きます。辞める直前やあるいは辞めた後に焦って新しい仕事を探しても余裕がないこともありブラックな会社に入ってしまう可能性が高くなります。

「今の会社にいるのはちょっと無理そうだな」と感じたら転職サイトへの登録だけは早めに行っておくと、急に仕事を辞めたとしてもそこから内定を取れるまでの時間はかなり短縮することができます。

次の職場で辞め癖にならならない理由をまとめておく

次の職場で逃げないために逃げたい理由をまとめておく必要ありますね。実際には逃げではないかもしれませんが人間には弱点があります。その弱点にかんして何なのか調べておくとよいかもしれません。私の場合は下記になりました。」

次の職場で逃げないために逃げたい理由をまとめておく
  • キャパを超えた仕事量をもらなわない
  • 人づきあいが上手くいかない職場か面接で確認する
  • 失敗の悪循環がないよう、自分の苦手なことをまとめておく
  • 責任が重すぎる仕事、自分の実力を引き継がないようにする
  • 休めない職場かどうか転職エージェントに確認しておく

辞め癖にならないよう自分の好きな仕事を何か考える

逃げ癖を克服するためには、まず小さな成功体験を積み重ねていくことが重要です。そのためにも自分にとって好きな仕事はなんなのか考えてみるのもよいかもしれませんね。

シバッタマン

仕事には大変なこともつきものです。そのために辞め癖の後悔を辞めたいと思っている人がおおいのではないのでしょうか。その辞め癖があって情けないと感じる人は本当に自分にとって好きなことを仕事にしていないのかもしれません。

いいところばかりでなくそこも受け入れる覚悟が必要です。ただ、それは好きなことをいざ仕事にしたら、耐えられる可能性もあります。まずは好きな仕事、自分が本当にやりたい仕事は何なのか考えてみるのはよいかもしれませんね。

退職は逃げではないが後悔しない転職・退職にならないためエージェントに相談

まずは人の話を聞くことが苦手なのかもしれません。それは人に相談してみて他人の意見を聞く訓練をしたほうがよいかもしれませんね。その人の話を聞く相談が苦手な人がいるかもしれません。その場合は相談の練習をしてみましょう。人に自分の意見を言うのが苦手な人がいます。

シバッタマン

その場合には人には直面せず、ネットでも相談できるサービスもあります。有料のほうが効果があるかもしれませんが、YAHOO知恵袋で相談してなぜやめてしまうのか人の意見を聞くのもよいのではないでしょうか

その他にもやはり転職エージェントに相談してみるのも王道です。無料なのでいくつか登録してみて相談をしてみましょう。

30代男、仕事での悩みです。 自分はとても要領が悪くかつサボり癖があり一年以上同じ仕事を続けられた試しがありません。 仕事を辞める理由は、単純に休むことが多い・人間関係がうまくいかない・仕事覚えが悪く周りに迷惑をかけ馬鹿にされ居づらくなって等です。 この仕事が全く続かない状況を自分では最早どう克服していけばいいのかわからず途方に暮れています。

引用元:辞め癖に悩む30代(YAHOO知恵袋)

転職癖を直したい 45歳女です。 アルバイトや派遣を含め、転職を繰り返してきました。 長い所で3年、短いとこだと1日、無断でバックれたことも数回あります。 私には仕事を簡単に変えることができる勇気と好奇心と行動力があるので、 転職することを何とも思わないで今まできたのですが。 そんな能力はもう不必要だと思うのです。 それは、さすがに40歳を超えたあたりから条件が悪くなり、採用率も下がってきたからです。

引用元:辞め癖に悩む40代

30代40代でも転職を検討しばほうがよい例:うつ場合は仕事への復帰が難しい。

40代30代は20代と比べて仕事の責任が重くなります。その場合は逃げ癖ではないと感じます。

仕事に限界やしんどさを感じている場合は、うつ病気が発生しやすく仕事へ復帰が難しくなります。
40代30代は20代・30代に比べても、病気が完治するまでに時間もかかりますし、戻ったころには職場に自分の場所がないとい考えられます。

精神的な病気をこじらせると、完治するまでに1年以上かかる事例はおおいです。休職期間を経て精神的な病気が完治したとしても、これまでと同様に仕事ができず、またどうしても会社では病気になってしまったとのレッテルがはられてしまいます。

これは会社によりますが、世の中ではメンタルを崩すのであれば、調子がわるいと思う前に早めに辞めてしまって構わないと思います。辞め癖というか会社側に問題がある可能性もありますから、無駄な時間をすごすことはありません。

30代40代の対処:辛さをがまんしていると時間がすぎ退職ができなくなる。

30代40代で仕事は仕事が辛いと感じることは20代のころよりふえるでしょう。ただ、辛さを我慢していると、退職する時期を逃します。

転職は20代のほうが求人数が多く、年齢をとるにつれて会社にしがみつぐくことになります。

シバッタマン

私の体験では40代が仕事では40代が一番メンタルがつらいから辞める人が多いです。うまい人はメンタルを壊す前に会社をやめてしまいます。今は氷河期世代も人材がすくないのでやめるのであればやめてしまい転職をしてしまいましょう


現在、仕事に限界・しんどさを感じている方は、50代に入っても同じ環境が待っています。50代になると定年間近になるため、40代よりも転職が困難です。

50〜60歳の方を対象に早期退職を募る企業も多く、40代の時期を逃すと定職に就ける可能性は低くなります。

【仕事辞める逃げ】退職は逃げではないが辞め癖で後悔しない転職・退職方法

 まずは休職するべきか検討する

シバッタマン

休職を検討している人は、何らかの精神的ストレスを抱えていることがほとんどなので、早めに心療内科や精神科に相談しましょう。自分ではさほど問題がないように感じていても、医師からすると休職の必要性が大いにある場合もあります。

休職を検討している人は、何らかの精神的ストレスを抱えていることがほとんどなので、早めに心療内科や精神科に相談しましょう。自分ではさほど問題がないように感じていても、医師からすると休職の必要性が大いにある場合もあります。

まずは産業医や医師など専門家の意見を聞いてみましょう。

退職は伝えてから2週間は在籍が必要

シバッタマン

休職を検討している人は、何らかの精神的ストレスを抱えていることがほとんどなので、早めに心療内科や精神科に相談しましょう。自分ではさほど問題がないように感じていても、医師からすると休職の必要性が大いにある場合もあります。

休職を検討している人は、何らかの精神的ストレスを抱えていることがほとんどなので、早めに心療内科や精神科に相談しましょう。自分ではさほど問題がないように感じていても、医師からすると休職の必要性が大いにある場合もあります。

まずは産業医や医師など専門家の意見を聞いてみましょう。

 在籍しながら転職先の内定をねらったほうがよい

退職するには在職中に転職先を決めてしまうか、数か月分は生活できる貯金を持っておくことのどちらかが必要となります。

シバッタマン

貯金がない場合は、退職前に次の就職先を決めておくことがもっとも安心です。。

給与日の違いでキツイ生活を過ごす時期も出てきてしまいます。

それでも貯金がない人にとっては給与日があるということが精神的に落ち着きます。辞める直前やあるいは辞めた後に焦って新しい仕事を探しても余裕がないこともありブラックな会社に入ってしまう可能性が高くなります。

「今の会社にいるのはちょっと無理そうだな」と感じたら転職サイトへの登録だけは早めに行っておくと、急に仕事を辞めたとしてもそこから内定を取れるまでの時間はかなり短縮することができます。

次の職場で辞め癖にならならない理由をまとめておく

次の職場で逃げないために逃げたい理由をまとめておく必要ありますね。実際には逃げではないかもしれませんが人間には弱点があります。その弱点にかんして何なのか調べておくとよいかもしれません。私の場合は下記になりました。」

次の職場で逃げないために逃げたい理由をまとめておく
  • キャパを超えた仕事量をもらなわない
  • 人づきあいが上手くいかない職場か面接で確認する
  • 失敗の悪循環がないよう、自分の苦手なことをまとめておく
  • 責任が重すぎる仕事、自分の実力を引き継がないようにする
  • 休めない職場かどうか転職エージェントに確認しておく

辞め癖にならないよう自分の好きな仕事を何か考える

逃げ癖を克服するためには、まず小さな成功体験を積み重ねていくことが重要です。そのためにも自分にとって好きな仕事はなんなのか考えてみるのもよいかもしれませんね。

シバッタマン

仕事には大変なこともつきものです。そのために辞め癖の後悔を辞めたいと思っている人がおおいのではないのでしょうか。その辞め癖があって情けないと感じる人は本当に自分にとって好きなことを仕事にしていないのかもしれません。

いいところばかりでなくそこも受け入れる覚悟が必要です。ただ、それは好きなことをいざ仕事にしたら、耐えられる可能性もあります。まずは好きな仕事、自分が本当にやりたい仕事は何なのか考えてみるのはよいかもしれませんね。

退職は逃げではないが後悔しない転職・退職にならないためエージェントに相談

まずは人の話を聞くことが苦手なのかもしれません。それは人に相談してみて他人の意見を聞く訓練をしたほうがよいかもしれませんね。その人の話を聞く相談が苦手な人がいるかもしれません。その場合は相談の練習をしてみましょう。人に自分の意見を言うのが苦手な人がいます。

シバッタマン

その場合には人には直面せず、ネットでも相談できるサービスもあります。有料のほうが効果があるかもしれませんが、YAHOO知恵袋で相談してなぜやめてしまうのか人の意見を聞くのもよいのではないでしょうか

その他にもやはり転職エージェントに相談してみるのも王道です。無料なのでいくつか登録してみて相談をしてみましょう。

【仕事辞める逃げ】辞め癖になると言われた!後悔しない経験談や転職方法

いかがでしたでしょうか。【仕事辞める逃げ】と言われた?情けない?会社逃げる辞め癖で後悔しない方法についてお伝えしました。

仕事を辞めることは、逃げでもないし、甘えなんかでもありません。ただ、逃げ癖がついてしまうと将来の自分の人生で大きな影響をあたえてしまうかもしれません。

もちろん、メンタル面がつらくてやめる場合もあります。人それぞれ辞める理由はあります。まずはしっかりと自己分析をして今後の仕事人生に役立ったと思ってもらえる記事であることを祈るばかりであります。

関連記事:【仕事休みたい精神的】精神的にしばらく休職したい疲れたと感じる理由!メンタル不調のサインやうつ診断書

関連記事:発達障害者は英語学習や翻訳の語学が得意・苦手できない?【ASD・ADHD】

関連記事:【マイナビ転職の評判・口コミ】良い?悪い?マイナビ転職キャリアパートナー

【仕事辞める逃げ】辞め癖になると言われた!後悔しない経験談や転職方法

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします
オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次