皆様日々で悩んでいる精神疲労を解決するメディアです。

【働きたくない人と関わりたくない】誰と関わりたくない病気?面倒くさい心理?障害!知恵袋!

【働きたくない人と関わりたくない】向いている仕事や縛られたくない仕事が嫌いな場合で疲れた・の対処!精神病や病気?

人嫌いだけどでき仕事ないかな

人に嫌われているかもしれない、人と付き合うのが嫌だ。でも仕事をしなきゃしなきゃ

基本的に人に関わりたくない

上記のように人嫌いのため向いている仕事や人に関わりたくないと考えているが多いです。

シバッタマン

この記事を読むことでなぜ人が嫌いな原因と人が嫌いで関わりたくない人に向けた仕事を16選紹介します。

人が嫌い、人と関わりたくない、人にきらわれているかもしれないから人と関わりたくない、人に縛られたくないと考えて居る人に原因と紹介をします。参考に仕事選びなど今後の人生に参考にしてください。

目次

【誰とも関わりたくない仕事】人と関わりたくない面倒くさい心理?障害や病気・精神病?

【人と関わりたくない精神病?】何もしたくない誰とも関わりたくない病気?心理と仕事

働きたくない人と関わりたくないと考えるあなたへ

「仕事が嫌い」と答えた人は32.5%という結果になっています。つまり3人に1人が仕事がきらいなのですね。

数字が多いと感じるか少ないと感じるかは、それぞれ個人差があるので判断は難しいでしょうが、私は少ないなと思いました。

シバッタマン

なぜなら私自身が人が嫌い・苦手なところがあります。そのためこうしてブログを書いて副業をしようとしています。根本には仕事は人と会うもの、人嫌いのため向いている仕事や人に関わりたくないと考えて居るからです。

あなたが人嫌いかわかりませんが、あなたが「仕事が嫌い」と少なからず感じていたとしても、後ろめたく感じる必要はありません。3割の人が仕事が嫌いです。

特にトップは人間関係が嫌と考える人が多いのです。

【働きたくない人と関わりたくない】仕事が面倒くさいの理由と原因?回避性パーソナリティ障害や病気だったら?

引用元:株式会社ディーアンドエムが、全国の男女28,000人を対象に行なったアンケート

シバッタマン

その中でも家族もあり、家のローンもあり働かなければならない時代はありました。しかし、今は働き方改革もあり、人と接しなくても仕事はあります。そんな人嫌いの方におつたえする記事となっています。

それではなぜあなたは【働きたくない人と関わりたくない】仕事が面倒くさいのは回避性パーソナリティ障害や病気?】の記事を読むか答えを知りたいかとおもいますが、まずは原因はなぜか紐解いていこうかと考えています。

原因①いじめやパワハラ

職場のいじめやパワハラは下記のようなものがあります。職場のいじめは、苦しいものです。悔しくて仕返しをしたくなる人もいるでしょう。しかし、暴力や言葉で仕返しをしても、問題が悪化するだけで何も解決しません。

シバッタマン

企業には「ハラスメント防止」の義務があります。セクハラやマタハラについては、2017年1月に男女雇用機会均等法が改正、パワハラについても、2019年5月に企業・職場での防止を義務づける「改正労働施策総合推進法(パワハラ防止法)」が成立しました。

職場のいじめや嫌がらせは、会社にとっても重大な問題なにも関わらず、いじめやパワハラをおこなっている企業は沢山あります。これでは人が嫌いになるでしょうね。

いじめやパワハラ

① 集団で無視・仲間はずれなどの嫌がらせ

・職場で挨拶をしても無視される。

・上司や同僚が会話をしてくれない

・上司と口論してから、自分だけ資料が配布されない

② 暴力や暴言・嫌み・陰口

・上司や先輩から直接的な暴力をふるわれる

・書類を提出すると「やり直せ!」と怒鳴られて書類を投げつけられる

・同僚の前で「バカ」「無能」「死ね」など暴言を浴びせられる

③ 無理な仕事の要求・押しつけ

・一日ではとてもできない、無理な量の仕事を要求される

・達成不可能なノルマを常に与えられる

・終業間際に過大な仕事を頻繁に押しつけられる

④ 仕事を与えられない・外される

・職務とは関係ない、草むしりや倉庫整理などを毎日やらされる

・他の人よりも与えられる仕事量が極端に少ない

・妊娠したことを上司に伝えたら、辞めてほしいことを遠回しに言われたり、直接言われたりする

⑤ 仕事の妨害・手柄の横取り・濡れ衣を着せられる

・誤った指示をされたのに、責任を取らされて始末書を書かされる

・仕事に必要な情報や資料を与えられない

・徹夜や深夜残業を連日強要され、手柄だけ上司に横取りされる

・人のミスなのに濡れ衣を着せられ、職場に悪いうわさを流される

⑥ プライベートへの干渉

・有給休暇を上司に申請したら、執拗(しつよう)に理由を質問される

・家族や恋人についてしつこく聞かれる

・携帯電話を勝手にのぞかれる

原因②苦手な人がいる

職場に嫌いな人や苦手な人はいませんか? 

もしそのような人がいても、職場には行かなければなりません。

顔も見たくないと思っても、行かなければ仕事はできません。場合によってはコミュニケーションを取りながら仕事をしなければならないかもしれません。

学校や友人関係と異なり、仕事では相手を選べませんので、人間関係にストレスを感じることもあるでしょう。

シバッタマン

これは社会人になると抱えると誰もが抱える問題ではあります。人間だれしも人とあうことはありません。人が苦手な人がいるのも当然です。学生時代はつきあわなくても済んだものの、社会人になってから悩む人がふえるでしょうね。特に新卒や20代に多い悩みと考えられます。

関連記事:【20代の人と関わらない仕事】正社員・1人でできる・ストレスが少ない仕事

原因③コミュニケーションが不得意

コミュニケーションが嫌いな人の中には、できるだけ仕事中も人と話したくないと考えている方もいるでしょう。

人がコミュニケーションを嫌いと思う理由はの多くは、人との関わりへの苦手意識からくるようです。ここでは、コミュニケーションが嫌いな人にはどのようなタイプがいるでしょうか。

コミュニケーションが不得意

気分障害(うつ)

統合失調症

社交不安障害

回避性パーソナリティ障害

HSP

アダルトチルドレン

シバッタマン

「人と関わりたくない」は誰しもきっと一度は経験する感情です。「自分だけがおかしいのではないか?」と思い悩む必要はありません。
心が(時には身体も)疲れているサインなので、少しリラックスする時間を作ってみてください。また、それでも直らない場合には医師に相談するのも大切なことです。

④被害妄想が人より激しい

人が嫌いでも日常生活を送る上で問題のないありまsねん。

 自分の身に降りかかる危険を事前に予測して身構えることができるという良い面もあります。そしてその程度なら、人が嫌いで精神的に疲れてしまう事態にはならないでしょう。

人が嫌いな人の場合、日常生活に支障が出るだけではなく、周囲にも悪影響を及ぼす可能性が高いです。したがって、身近な誰かが、もしくは自分自身が激しい人が嫌いの場合、どのようなときに人嫌いが発生するか性格を把握したほうがよいです。。

いじめやパワハラ
  • 他人の言葉や態度を深読みする

害妄想が激しい人の場合、極端に悪い方へと深読みします。例えば、相手が丁寧に言葉を選んで褒めてきたとしても「ただの嫌味だろう」、相手が常に礼儀正しい態度でいたとしても「何を企んでいる」などと考えます。相手が自分に対していつか攻撃してくることを前提とした考え方しかできず、嫌な方向へと深読みします。

  • 誰かが話をしていれば、自分の陰口だとおもう

被害妄想が激しい人は他人の言動などを深読みするので、自分への悪口を言っていたのだと決めつけてしまいます。その考えは当人たちが否定したとしても、変わることがありません。

  • 視野が狭い

言葉だけに注意を向けている場合が多いです。相手は自分に対して敵意を持っているとおもいこんでいるので、視野が狭くなりやすく、言葉を悪い意味へと変換していきます。

  • 自分を見限るのが早い

自分に対する悪意と結論付けるのが早いです。一度立ち止まり、本当に相手はそうおもっているのか、本当は違うことを言いたいのではないのか、といった葛藤をしません。最初から自分に敵意を持っていると決めつけているため、当人の中でたどり着く結論は1つしかないからです。

  • 自分を信じていない

自分自身の言葉や考えを信じていない被害妄想の人は、他人より自分自身に対する評価が厳しいです。そして自分自身を信じていない人が、他人から信じてもらえる訳がないと思い込み、被害妄想に陥ってしまいます。

  • 他人の悪口をよく言う

不愉快な気持ちになることが多いからです。そのため、被害妄想の激しい人がおもう嫌な人とその人に対する周囲の評価が、大きくずれていることはよくあります。

原因⑤うつ病などの精神疾患を抱えている

「もう誰とも関わりたくない」や「人と関わっているとどうしようもなく辛い」など、程度の差はあります。誰でも一度は経験したことがあると感じます。

こういった感情に直面しても、日常・社会生活に支障が無ければ問題はありません。ただ、人と関わりたくない、人が嫌いとなるきっかけになります。

ただ、エスカレートしていくと学校や職場に行くことができない・身近な人とでさえも顔を合わせることが辛くて仕方ない、死んでしまいたいとまでになってしまった時には、何か病気になっている可能性があります。

病気としては下記があります。

うつ病などの精神疾患を抱えている

気分障害(うつ)

統合失調症

社交不安障害

回避性パーソナリティ障害

HSP

アダルトチルドレン

原因⑥ひとりが好きで団体行動が苦手

人が嫌いな場合、大人数で行動したり移動したり、団体行動が仕事が苦手と思う時がありますよね。

ひとりが好きで団体行動が苦手

原因1. 周囲に馴染む自信がない

人と行動することが苦手で、周囲に上手く溶け込むことができないタイプは、大人数の中で浮くのが怖くて集団行動が苦手になってしまうことがあります。

無理をして人に合わせるぐらいなら、一人で仕事をした方が楽だと思ってしまうのです。

原因2. 自分をアピールしたい

人は大人数の集団の中にいると、存在感が薄れてしまうので、自分をアピールすることが出来なくなります。

そのため、自分を強くアピールしたいという目立ちたがり屋タイプの人は、あえて集団に属しないで個人行動をすることがあります。

結果として自分をアピールができず人が嫌いになる可能性もあります。

原因3. 大人数で行動すると気を配りすぎて疲れる

他人の顔色を見るということは、決して悪いことではないのですが、あまりに周りの反応を見すぎてしまい気を配りすぎるタイプの人は、集団でいることに疲れてしまうことがあります。

自分のことよりも周囲の人を気にしてしまい、「嫌な思いをしていないかな?」などと考えすぎてしまうので人が嫌いになり仕事をしたくなくなります。

原因4. 自分を一番優先したい

気を遣いすぎなタイプとは正反対で、全てが自分中心で自分のことしか考えられない、考えたくないという人も、集団行動は苦手です。

そういった心理の人の場合、一人で行動していても全く苦にならない人が多く一人で仕事をしたいと思うのです。

原因5.無駄な時間を作りたくない

集団で行動をするということは、大人数で仕事をするとそれぞれが歩調を合わせる必要がありますよね。人数が多ければ多いほど、みんなの意思を確認して行動を起こすのは、もう一人で仕事がしなりたいになります

一人で仕事している場合は、誰の意見も聞く必要がありません。

原因⑦自分を人と比較してしまう

ストレスに100%悩まされないようになることは、とても非現実的な話です。人と比べない自分になれたらどんなに楽だろう、と思っている方は多いのではないでしょうか。

シバッタマン

実際に自分と人比較するのをやめようと思っていても評価者である上司が比較して、他人に仕事を頼めばよかったといったりしてくるので、いやでも人と比較してしまう場合もあるでしょうね。そんな場合は一人で仕事をしたいと考えてしまうのです。

【誰とも関わりたくない仕事】何もしたくない誰とも関わりたくないポイント

ポイント①自分を人と比較してしまうので人と関わらない仕事を選ぶ

シバッタマン

人嫌いの人が仕事選びポイントは、なるべく人との関わりが少ない仕事を選びましょう。

チームワークが求められる仕事はもちろん、接客業や営業職など、消費者とのやり取りが発生する仕事も避けておくべきです。人嫌いのの人は、感情が顔や態度に出てしまいやすく、相手を不快にさせたり、クレームにつながったりすることも考えられます。

常に他者に気を遣わなければならない職種や環境は、やめておきましょう

ポイント③一人で出来る仕事を探す

フレックス制度やリモートワークの普及により、人と関わらずにできる仕事は増えつつあります。後述して詳しく紹介しますが今は働き方改革で一人で出来る仕事は沢山あります。

シバッタマン

スキルさえ見つければ高収入を狙える可能性もあります。本記事では一人ではたらける仕事をあとでご紹介していますので参考にしてださい。

人と関わらない仕事を選ぶ際の注意点として「どういう人・どういう場面で人と関わりたくないのか」を明確にしておきましょう。

  • お客さん
  • 社内の人
  • 対面での会話

人が嫌いな人でも嫌な場面は異なります。「社内の人間関係はできるだけ減らしたいが、お客さんと関わるのは問題ない」など、自分にとって許容できる人間関係を整理しておくことで、ストレスの少ない環境を選びやすくなるでしょう。

仕事選びポイント④転職エージェントに打ち明ける

転職エージェントは、あなたに合った企業の紹介から応募書類の添削や面接対策、先方企業との面談日程の調整など、転職に関するあらゆる行程をサポートしてくれます。

人嫌いなあなたにとってもお勧めのお仕事を紹介してくれる可能性があります。

また、今の仕事は本当に自分に合っているのかな…という悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。それも転職エージェントに相談することが可能です。

シバッタマン

人嫌いの仕事も転職エージェントに相談するのがよいと思います。人嫌いの仕事で会社を退職をした方は多くいます。あなたにぴったりのアドバイスをくれるとおもいます。

DODAチャレンジ

相談者

例えば転職サイトDODAの求人をみてみましょう。システムエンジニアを募集しているのがわかります。
また、

統合失調症、双極性障害、うつ、発達障害、高次脳機能障害のある方々のご支援実績がございます。就業経験の少ない方、支援機関通所中の方はもちろん、現職中の方の年収アップのご支援も多数ございます。

よくある質問①発達障害ADHDの特性がプログラマーやシステムエンジニアの求人はあるの?

私が大切にしていることは、求職者ご自身の想いに真摯に向き合うことです。転職を考えておられる方は叶えたい希望や不安、うまく言葉にならないモヤモヤした気持ちなど、様々な想いを抱えていらっしゃると思います。まずはそのようなお気持ちをお話して頂き、整理することが私の役目だと考えています。時にはプロとして客観的なアドバイスをさせて頂くこともありますが、カウンセリングでは話しやすい雰囲気を心がけご自身のお気持ちに丁寧に寄り添うことを何よりも大切にしています。こんなことまで職場にお願いしてもいいの?前職ではこんな時に困ったのだけれど……、というお話を是非お聞かせください。職場に理解して頂ける伝え方やご自身で取り組める対処法を一緒に考えていきましょう。法人営業で学んだ企業の人事視点を取り入れてご提案致します。

引用元:https://doda.jp/challenge/service/adviser/nm.html

また、発達障害の方がDODAで仕事を続けるコツが記載されています。

社名パーソルチャレンジ株式会社
本社〒108-0014 東京都港区芝5-33-1 森永プラザビル本館19F
資本金45百万円(単体)
※パーソルホールディングス100%出資
創立年月日2008年1月1日(特例認定 2008年11月)
※ 2017年6月1日付、株式会社フロンティアチャレンジから社名変更
取締役代表取締役井上 雅博取締役中村 淳
事業内容障害者専門の人材紹介、コンサルティング、就労移行支援、委託訓練、教育・アセスメント、公共事業受託、事務アウトソーシング
許可番号有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-040608
従業員数1,241名
(2022年4月1日現在、うち障害者人数 747名 : 身体107名/知的52名/精神588名)
サポート体制精神保健福祉士、GCDF-Japanキャリアカウンセラー
第2号職場適応援助者(ジョブコーチ)、障害者職業生活相談員
関連会社パーソルホールディングス株式会社
【働きたくない人と関わりたくない】向いている仕事や縛られたくない仕事が嫌いな場合で疲れた・の対処!精神病や病気?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします

発達障害のため転職経験も多いですIT業界で働いていたので、転職経験についてもお伝えします。

【資格】
Webディレクション資格認定者、Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)など他 IT資格を取得

オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次