MENU

【うつ病退職伝え方】面接?メールや電話?精神的に限界で即日辞める理由!返信

【うつ病退職伝え方】面接?メールや電話?精神的に限界で即日辞める理由!返信

うつ病で退職する時の伝え方をご紹介します。

シバッタマン

うつ病になるとメンタルが不調であり、会社をやめると決めている場合は直接伝えるのが辛いかと思います。それも即日にやめる人も多いかと思います。

退職代行をつかうという手もありますが、退職届をだす一般的には電話やメールがおおいのではないのではないでしょうか。

うつ病での退職の伝え方
  • 『退職届を直接渡す』
  • 『内容証明郵便を郵送』
  • 『電話』
  • 『メール』
  • 『退職代行に依頼』

うつ病はすぐに調子が良くなるものではありません。

 うつ病を抱えながら仕事を続ける場合、症状の影響で作業効率が下がったり、疲れが取れなかったりと、思うようにいかないことも多いです。

このような状態を早く抜け出したいと思い、うつ病を早く克服したいと焦りを感じることも少なくありません。

今回の記事では【うつ病退職伝え方】面接?メールや電話?精神的に限界で即日辞める理由!返信?についてお伝えします。

目次

【うつ病退職伝え方】精神的に限界で辞める理由の場合の面接での伝え方

【うつ病退職伝え方】面接?メールや電話?精神的に限界で即日辞める理由!返信

心療内科・精神科か通う

仕事によるうつ病は、退職や転職によって改善されることもしばしばありますが、職場をそう簡単に辞められないという方は多いのではないでしょうか。

辞められないという使命感やプレッシャーが、さらにうつを進行させる原因にもつながるため、早い段階で気持ちを軽くすることが大切です。

自己判断でうつ状態、あるいはうつ病と決めつけるのは良くないことです。

シバッタマン

休職時には、医師の診断書を必要とする場合が大半ですし、様々な保障を受ける際にも医師に記入してもらう書類があります。適切な診断のもと適切な治療を受けることが、状態の改善の近道です。

「少し休めば治る」などと考えずに、心療内科や精神科を受診し、専門医の判断のもと治療を行いましょう。うつ病を理由にスムーズに仕事を退職するには、まずは医師に“診断書”を発行してもらいましょう。

医師に「診断書を発行してほしいです」と相談してみましょう。 そこで医師が「診断書を発行することができる」と判断した場合に、発行してもらうことができます。

診断書とは、うつ病など心の病気で学校や会社を休む際に必要となる書類です。 診断書と一口に言っても、クリニックの書式で作成する休業や配慮に関する診断書は即日発行可能です。

診断書はもらっておいたほうがよいです。会社によっては辞めさせてくれないとの可能性があります。退職届には法的にも効力があります。詳しくは下記の情報をご確認ください。

伝え方1・診断書を持って上司に相談し、精神的に限界で退職したい意向を伝える

うつ病や抑うつ状態による休職手続きを行う際には、多くのケースで必ず医師の診断書の提出が求められます。

診断書が発行されたら、基本的には所属する部署の上司に面談のアポイントメントを取り、診断書を提示しながら、「うつ病により療養の必要がある」ということを伝えましょう。

精神的に限界の場合は「一身上の都合」で構いません。

うつ病退職の理由
  • 退職届への記載は「一身上の都合」が一般的
  • 「しんどい」などのネガティブな退職理由はよくない
  • 体調不良やうつなどの精神的な病気なら正直に伝えてもよい

そのため、まずはどのような状況なのか医師に説明して、体調不良により仕事に支障が出ている仕事の続行が難しい旨を伝える必要があります。

かかりつけの心療内科や精神科がない場合は、勤務先の産業医への相談を検討しましょう。

シバッタマン

休職時には、医師の診断書を必要とする場合が大半ですし、様々な保障を受ける際にも医師に記入してもらう書類があります。適切な診断のもと適切な治療を受けることが、状態の改善の近道です。

デスクのような他の社員に話を聞かれる可能性がある場ではなく、必ず個室で行うようにします。

まずは会社に対して退職の意向を伝えましょう。

精神的に限界で退職する場合においても、退職理由は「一身上の都合により退職」としておけば問題ありません。

退職届や退職願に書く文章は定型文となりますので、下記の例文を確認しておきましょう。

退職したい意向を伝える

一身上の都合により、来る令和◯年◯月◯日をもって退職いたしたくここにお願い申し上げます

たとえ本人が精神的に限界でも、人員不足などにより会社側が引き止めをすることは珍しくありません。

 引き止められた結果、体調不良で入院ということになってしまうと、会社側にも迷惑がかかってしまうため誰の得にもなりません。職するという手もありますが、在籍していること自体が精神的に辛いのであれば無理に休職を選ぶ必要もありません。あくまでも自分の精神面を第一に考え、無理のない選択をするようにしましょう。

伝え方2:うつ病でメンタル不調、精神的に限界を伝える

上司などにうつ病でメンタル不調、精神的に限界を伝える

シバッタマン

うつ病が原因で仕事を辞めたいと思ったとしても、すぐに退職届を出してしまうのは性急かもしれません。

退職日は、業務の状況や有給休暇の消化状況などを考慮して、労働者が会社と相談して決めることになります。退職日までは出勤する限り通常どおり賃金が発生しますので、この点も考慮しつつ、会社に対して退職日の希望を伝えるようにしましょう。

うつ病の状況が深刻な場合、退職を上司に切り出すことだけでも精神的な負担が大きいでしょう。上司などから退職を思いとどまるよう引き止められてしまうかもしれません。

弁護士に退職代行を依頼するのも1つの方法です。

【うつ病退職伝え方】精神的に限界で辞める理由の場合の伝え方

伝え方③:休職制度や有休などについて確認する

条件を満たしていれば、勤務開始から半年で年次有給休暇が取得できます。ではうつ病になったとき、有給休暇を使ったあとに休職できるのでしょうか。

結論からいえば、使えるかどうかは会社に休職制度があるか、どのような制度になっているのかによります。もし制度がない場合は退職を余儀なくされることもあります。

シバッタマン

自社において休職制度が存在するのかどうか確認することが必須です。休職制度は、上記のとおり企業の自主的制度であるため、その制度設計も企業の自由です

休職要件・期間・復職事由・復職の処理などは各企業により異なりますが、多くの場合、就業規則に「どのような場合に従業員の休業が認められるか」を記載された箇所があるはずです。制度利用にあたり、その内容をある程度把握しておくべきでしょう

【うつ病退職伝え方】精神的に限界で即日辞める場合はメールや電話もあり!返信は?

精神的に限界で即日辞める場合に退職の伝え方

うつ病で退職を伝える方法は下記があります。

退職の伝え方

・『退職届を直接渡す』

・『内容証明郵便を郵送』

・『電話』

・『メール』

・『退職代行に依頼』

退職理由は『体調不良』もしくは『一身上の都合』と記載して問題ありません。医師の診断書があれば、うつ病なら即日退職が認められる可能性もあり、休養・治療に専念できる

シバッタマン

ただ、一般的にうつ病だと電話やメールでしか連絡ができない場合が多いでしょう。

うつ病退職をメールでの伝え方

退職を伝える際の伝達方法には法的な規定がありません。マナーとしては面談で直接伝える、もしくは事情がある際は電話で伝えるなどと言われますが、あくまでマナーに過ぎず絶対的な義務ではありません

電話での伝達が怖い時は電話以外の伝達方法で問題はありません。

退職する旨をメールにまとめ、直属の上司や人事部に送信しましょう。メールの送信記録は必ず保存して残しておきましょう。

シバッタマン

精神的に辛くてうつ病と診断された場合には上司にも連絡することがおおいかもしれません。その場合にはメールで退職を伝える人も多いものです。会社をやめないと退職は難しいと伝えたほうがよいでしょう。

メールでも伝え方

「長らくお休みを頂いて申し訳ありません。 体調が思うように回復せず、このまま在籍し続けるのはご迷惑になるので、〇月〇日で退職させていただきたいと思います。」 「この度、〇月〇日をもちまして退職したく存じます。 体調が思わしくなく、 このままでは業務の継続が困難であると考えたためです。」

退職理由を全てを伝える必要がありません。メンタルが不調でうつ病であることをお伝えすればよいのです。

うつ病退職を電話での伝え方

本来であれば、電話では上司に退職の意思をはっきりと伝える必要があります。

例えば、「体調不良で仕事を続けるのが難しいため、退職させてください」「一身上の都合により、今月付けで退職したいと考えております」などが無難です。

ただ、うつ病である場合は話がかわってきます。また、精神科から診断書をもらっているのであれば直接伝える必要ありません。自分の身体を大切にしましょう。

理想的な時間は、始業30分前または終業後〜1時間です。 早朝や深夜は必ず避け、できる限り業務時間内も避けるようにしましょう。 業務時間を避ける理由は、退職連絡はあくまでも自己都合であり業務外だからです。

シバッタマン

うつ病であるのであればメンタルが非情につらいでしょう。退職する時の伝え方は、必ずしも直接言う必要はなく電話やメールでも構いません。メンタルが不調であり、どうしてもうつ病がひどく、出社す
るのがむずかしいので電話やメールで失礼しますと伝えるとよいでしょう。

うつ病退職をメールでの伝え方?返信は

うつ病で会社に電話をかけるのも怖いかもしれません。その場合はメールで伝えましょう。

シバッタマン

精神的に辛くてうつ病と診断された場合には上司にも連絡することがおおいかもしれません。その場合にはメールで退職を伝える人も多いものです。会社をやめないと退職は難しいと伝えたほうがよいでしょう。

メールでも伝え方

「長らくお休みを頂いて申し訳ありません。 体調が思うように回復せず、このまま在籍し続けるのはご迷惑になるので、〇月〇日で退職させていただきたいと思います。」 「この度、〇月〇日をもちまして退職したく存じます。 体調が思わしくなく、 このままでは業務の継続が困難であると考えたためです。」

退職理由を全てを伝える必要がありません。メンタルが不調でうつ病であることをお伝えすればよいのです

メール返信はできるだけしたほうがよいでしょう。失業保険など会社とのやりとりをしておこないと、退職後の生活に困ることがあります。失業保険などは下記に記載しています。

まとめ:【うつ病退職伝え方】面接?メールや電話?精神的に限界で即日辞める理由!返信

今回の記事では【うつ病退職伝え方】面接?メールや電話?精神的に限界で即日辞める理由!返信についてお伝えしました。

医師の診断書がでている以上、社員を会社のほうも無理に働かせることはできません。

鬱病をなおすことに専念しましょう。

会社をやすんでときに退職をするか復職をするか検討するのが一番かもしれませんね。1年6か月は受給はできますからね。ゆっくりと体をやすませて、今後の自分の人生を考えてみる時間だと考え、焦らず治療してくださいね。

次の職場が見つかるか不安という方は、転職エージェントの活用も検討してください。

プロの就活アドバイザーに相談しながら、自分に合った求人を見つけることができます。面接対策や履歴書の添削などのサポートも行っているため、転職活動に不安や疑問を抱えている方は、転職エージェントで相談すると良いでしょう。

転職活動が初めての方や、1人での転職活動が不安という方の就職を支援しています。未経験者歓迎の求人を数多く取り扱っているため、鬱病に繋がらないように、新しい業界に行きたいという方にもおすすめです。


就活アドバイザーが、マンツーマンで対応し、その人の能力や適性にあった仕事をご紹介します。

【うつ病退職伝え方】面接?メールや電話?精神的に限界で即日辞める理由!返信

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします

発達障害のため転職経験も多いですIT業界で働いていたので、転職経験についてもお伝えします。

【資格】
Webディレクション資格認定者、Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)など他 IT資格を取得

オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次