皆様日々で悩んでいる精神疲労を解決するメディアです。

【適応障害の退職理由】後悔や逃げなの?退職の伝え方!診断書!休職

【適応障害の退職理由】後悔や逃げなの?退職の伝え方!診断書!休職

適応障害の退職理由って何?うつ病と違うの?

適応障害の転職は逃げで後悔するかな?

適応障害とは日常生活の中で、何かのストレスが原因となって心身のバランスが崩れて社会生活に支障が生じたもの。原因が明確でそれに対して過剰な反応が起こった状態をいいます。

シバッタマン

何かしら環境にかかわる大きなイベントに変わった場合におきる現象であります。ただ、まじめな日本人ですから適応障害での退職は逃げと感じてしまうようです。

今回の記事では【適応障害の退職理由】後悔や逃げなの?退職の伝え方!診断書!休職 退職についてお伝えします。

目次

【適応障害の退職理由】後悔や逃げなの?

適応障害とは?うつ病との違いは?

シバッタマン

私自身は発達障害で二次障害でうつ病になった違います。結果、就労支援やリワークに通いました。ただ、中には適応障害の人もいました。うつ病との違いは何だろうと思っていました。

厚生労働省で適応障害とうつ病の違いを調べてみました。下記のとおりになります。

日常生活の中で、何かのストレスが原因となって心身のバランスが崩れて社会生活に支障が生じたもの。原因が明確でそれに対して過剰な反応が起こった状態をいう。

日常生活の中で起こった出来事や環境に対してうまく対処できず、心身に様々な症状が現れて社会生活に支障をきたす状態をいいます。ストレスの原因が明確であることが定義上重要となります。

引用元:適応障害(厚生労働省)

うつ病との違いは?

適応障害とうつ病の違いは大きな違いは、「ストレスのもとを除いても持続するか」とのことです。

シバッタマン

ストレス反応の一種である適応障害はストレスがなくなれば速やかに改善する一方、脳の不調であるうつ病はすぐには改善しないという違いです。

「うつ病」と「適応障害」の典型的な例は、以下のようになります。

うつ病の場合、ストレスから離れても抑うつ状態が続きますが、適応障害の場合、一般的には特定の辛いと感じる環境・状況から離れると症状が緩和されて、徐々に日々の生活に楽しみを見いだせるようになってきます。

私が通っていたリワークセンターでも適応障害になったかたは管理職になった途端になったとお話をしていましたね。今までの自分とは違った環境に変化をもたらした場合にうまく適応が出来なかった場合に発生するのが適応障害ですね。

退職することを「逃げ」と捉える人がいるが治療は日宇要

日本人の適応障害の結果が米国で調査結果が報告されています。国内の10社以上の企業で病気のため休職になった人を調査しました。

シバッタマン

会社での産業医面談では大多数の方が適応障害という診断名がついているようです。うつ病に引き続き、適応障害の休職も8.9%とかなり高いですね。

適応障害の発生率

長期休業者の内訳では精神疾患が57.7%ともっとも多く、うつ病34.6%、適応障害8.9%となっていました。 さらに精神疾患での復職率は82.1%と他の疾患に比べて低い一方、退職率は17.4%と高く、統合失調症、適応障害、不安障害での退職率が20%を越えていたとされています。

引用元:適応障害の発生率

適応障害にも種類がある

DSM-5では、適応障害は6つのタイプに分類されています。これらはすべて関連性がありますが、それぞれのタイプには固有の徴候や症状があります。適応障害は、以下のようなものがあります。

適応障害の6つの
  • 抑うつ気分を伴う 悲しい、涙もろい、絶望的な気分になり、今まで楽しんでいたことに喜びを感じられなくなることです。
  • 不安を伴うもの。症状は主に、神経質、心配性、集中力や記憶力の低下、圧倒される感じなどです。不安を伴う適応障害の子どもは、親や愛する人と離れてしまうことを強く恐れることがあります。
  • 不安と抑うつ気分の混合で症状としては うつ病と不安が混在しています
  • 行動の乱れを伴うもの。症状は主に、喧嘩や無謀な運転などの行動上の問題を伴う。学校をさぼったり、器物損壊をしたりすることもある。
  • 感情や行動の乱れが混在している状態症状としては、うつと不安が混在し、行動にも問題があります。
  • 不特定多数。症状は他の適応障害には当てはまらないが、身体的な問題、家族や友人との問題、仕事や学校での問題などを含むことが多い。

参考情報:適応障害のDSM-5(飯田場東口内科診療内科)

ストレスで日本社会では真面目な方が適応障害になりますい

ストレスによって社会生活に困難が生じている状態を適応障害といいます。

  憂うつ感や思考力の低下、動悸、睡眠障害、食欲不振など、様々な不調が表れます。 適応障害で就職や仕事を続けることは不可能ではありません

ただ、心身への負担が少なくなく、悩みや困りごとを抱えます。

仕事の問題、進学、病気、近親者の死など、人生のさまざまな変化がストレスの原因になることがあります。

 たいていの場合、人は数カ月でそうした変化に適応していきます。しかし、適応障害であれば、不安や抑うつを感じる要因となる感情や行動的な反応が継続します。

適応障害は知名度がまだ低い

うつ病ではなく適応障害はまだ知名度はひくいかもしれません。ただ、一人で抱え込む必要はありません。治療は短期間で済みますし、会社を心の拠り所を取り戻すのに役立つと思われます。

適応障害と感じたら通院しよう

先ほどもお伝えしましたが適応障害のストレス要因は一時的なものです。

 時間の経過とともに適応障害の対処法を学んでいきます。

 適応障害の症状は、ストレスが緩和されると良くなっていきます。

 ストレスとなる出来事が生活の中に残っていることもあります。あるいは、新たなストレスのかかる状況が出てきて、同じような心の葛藤に再び直面するのです。

シバッタマン

適応障害の辛さが続いており、毎日を過ごすのが苦痛な場合は、医師にいったほうがよいでしょう。医師に通院することでまた元の生活ができるようになります。まずは治療を受けましょう。適応障害の症状は下記のようなものです。

適応障害の症状
  • 悲しい、絶望的、または以前は楽しめたことが楽しめないと感じる
  • よく泣く
  • 心配事や不安、緊張、ジリジリ感、ストレスなどを感じること。
  • 睡眠障害
  • 食欲不振
  • 集中力の低下
  • 気分の高揚
  • 日常生活動作の困難さ
  • 社会的支援からの離脱
  • 出勤や支払いなど、重要なことを避ける。

厚生労働省「e-ヘルスネット 健康用語辞典『適応障害』」

【適応障害の退職理由】退職は逃げじゃない!退職してもいい3つの理由

適応障害で退職すると後悔する人はいるが決して逃げではない

「退職して後悔した」と感じた理由として多く挙げられていたのは、「独り身で生活するには自分が働くしかなく、退職ではなく休職にすればよかった」という経済的な理由があるからです。

主治医からは退職や転職、引っ越しなど「大きな決断は急がないように」と伝えられることもいいます。

シバッタマン

適応障害の場合は、「退職」ではなく、「まずは休職」が多いようです。「症状が重いなら休みましょう」「医師の診断を受けましょう」「担当業務の内容・量を相談する」「配置転換・転勤を相談する」が多いようですね。

適応障害は休むことで改善する

適応障害はPTSDや急性ストレス障害とは異なり、 生命を脅かすものではありません。感情的な症状や環境への不適応、機能低下を及ぼします。

離婚や恋愛関係の解消、失職、経済的困難、法的ストレス要因、愛する人の死など何かしらあった場合に3ヶ月以内に症状が現れるといわれていますが、6か月以内に症状が治まります。

シバッタマン

症状が続く場合は慢性が適応障害といわれ、うつ病と同じような状態になってしまいますのでまずは休むことはとても重要で改善することになります。

【適応障害の退職理由】の原因と退職の伝え方!

①ハラスメントがあり上司との人間関係が合わない

シバッタマン

上司から部下にたいして、にストレスを与えるパワハラやセクハラをはじめとしたハラスメントは、適応障害の要因になりえます。


昨今ではリモートワークの環境下でストレスを抱えている方もおり、「リモハラ」もでてきています。


会社側はハラスメントはないと考えず、リモートワークだから大丈夫と思わないことが大切です。

 リモートワークであらゆる角度からハラスメントの予防・撲滅に努め、社員をストレスから守りましょう。私の経験ではリモートワークで上司からのハラスメントから発達障害がわかり、うつ病となりました。

 ②長時間労働が多い

シバッタマン

長時間労働が横行する職場は、個人差はあれど多くの人にとって適応障害が発生しやすいし、職場に困難な環境と言えるでしょう。

会社が不当な長時間労働が長く続けばストレスにつながり、適応障害のきっかけになります。


人事や総務なで勤怠管理を適切に実施し、労働時間に問題が生じている場合は会社側が安全保障義務をまもっていません。違法行為となりますね。

③管理職になったの労働条件は悪化

シバッタマン

これは以前私の働いていた会社でよく見られました。管理職になると慚愧ょ時間がつかないにも関わらず、残業時間が増え、そして責任も重くなるという傾向が日本には多いかなと考えられます。

私の経験ではリーマンショックが起きたころに景気が悪くなり、管理職になる人材が増えました。要は部下がいなくても管理職にさせていました。

会社としては人件費削減の対処だったと思われていますが、そのため管理職になった人が適応障害になりどんどんと会社を辞めてく傾向が発生しました。

④転職して仕事で評価されない

シバッタマン

これも私が実際にした体験談ですが、転職して給与が上がったにもかかわらず、同じIT業界でも業務内容がちがうため評価がさがりました。

またこれは私の偏見の可能性もありますが、IT業界は人手不足です。入社する場合には給与を高く見せて、実際には入社後には給与をあげないなどあるのではないのでしょうか。

人手不足だからこそベンチャーだからこそ感じるものがありました。

【適応障害の退職理由】後悔ではない逃げへの対処方法は休職 退職も!診断書

①産業医面談をうける

産業医は国、企業の責任において従業員の心身の健康を適切に管理するために、労働安全衛生法で50人以上を常時雇用する事業所に選任が義務付けられている医師です。


医師である以外にも、諸条件が定められていて、昨今非常に多い、精神疾患に関しても適切な知識を持っています。

プライバシーに十分に配慮したうえで相談に乗ってくれますので、精神科の開業医などを受診する時間がない場合などは会社に産業医がいるか確認し相談をしてみるとよいでしょう。

シバッタマン

ただ、私の場合は発達障害が発生してしまい、産業医面談をおこなったら退職の勧誘をうけました。こちら違法となります。ブラック産業医も相談するので気をつけたほうがよいかもしれません。産業医も会社から業務委託を受けている立場ですので。

②医師の診察を受けて診断書をもらう

精神科医や心療内科医の診察をうけてみるのもよいでしょう。適応障害の様な精神疾患が初めての場合、普段の生活の中でストレスを受けることはよくあることあります。

 

シバッタマン

適応障害にかかる人は真面目な人も多く精神的なしんどさや体調不良、普通でない行動などについて自分で精神疾患を疑ったり、場合によっては疑ったり誰かに勧められたりしてもなかなかハードルが高いものです。


 適応障害になっている場合には真面目なだけに自分だけでストレスを排除しようとしても悪化する恐れがあります。

 産業医やカウンセラーはもちろん、家族や友人などの勧めがあればできるだけ素直に受け入れ、必要であれば付き添ってもらうなどして心療内科や精神科を訪ねてみましょう。

③異動や業務量について上司と相談する

適応障害は環境に適応していないため発生されるものです。ストレスを取り除けば今までのように働ける可能性はあります。職務上ストレスがある場合は上司や人事担当者に異動や業務量の調整を申し出てみることをお勧めします。

 ストレスを回避するよう雇用側としても従業員を新しく採用するには多くの手間や準備が要りますので基本的には
なんらかの配慮をしてくれるはずです。逆によい反応がない場合は退職など次のステップを考えるきっかけにもなります。

シバッタマン

私の経験では上司に部署移動を申し出たのですが、今の仕事もしっかりできていないのに異動って何を考えているんだと言われました。しっかりと体の症状も伝えて、医者の診断書もあればよいかもしれませんね。

④休職を検討してみる

無理して働きながら通院したり、自分でストレスを解消しようとしても、適応障害の場合そのストレスの原因が仕事上のものであれば状況の改善は難しいです。

シバッタマン

働き続けていてもいずれ適応障害になる可能性あると感じたら休職を検討したほうがよいかもしれませんね。

職務も今までどおり果たすこともできません。


休職は各企業で取得できる期間や条件が違いますので就業規則を確認したり、上司、経理担当者などに詳細を聞いてみましょう。

その日の体調や精神状態で欠勤をするよりも労働者本人にも、会社側にもメリットがある選択かもしれません。休職期間が設定されていますので復帰ができそうでもできなくても、指示に従いしっかりと会社に連絡、報告をするようにします。


病気で休業する場合、復職の際には医者の診断書を提出します。復職できるのと、完治は違うことがあります。その場合、復帰後の職務や働き方などについては医師のアドバイスを受け、会社にしっかり相談してみましょう。

⑤適応障害は環境があわないので転職活動をしてみる

休職を経ても状況が改善しない、または復職しにくい雰囲気がある、メリットを感じない場合は退職を視野にいれましょう。離職した際は失業保険の手続きをするためにハローワークに行きます。


適応障害が理由で求職活動ができない場合、条件が合えば傷病手当金の申請もできます。登録することで働ける状態であれば自分の条件に合った求人を紹介してもらうことが出来ます。

ハローワーク以外にも障害者の転職を支援する公的機関や一般の障害者専門の転職エージェントなどを利用し転職活動を進めていきます

下記の転職エージェントが有名ですので、紹介いたします。

マイナビ転職

マイナビ転職は幅広い職種を扱う総合求人サイトです。

リクナビNEXTと同様に、同ブランドの新卒求人サイトも保有しているため、若手層からの支持が厚く会員の半数以上が40代女性以上にも求人がございます。また、マイナビニュース、マイナビ転職エキスポなど様々な求職者接点を持っていることが特徴です。

転職サイト名マイナビ転職
運営会社株式会社マイナビ
求人数(非公開求人・公開求人)公開求人20,367件 会員登録数 644万人
対象エリア全国
対象年齢20代〜50代
得意分野総合求人

関連記事:【マイナビ転職の評判・口コミ】良い?悪い?マイナビ転職キャリアパートナー

エン転職

エン転職は有名な転職サイトです。

ネットでは様々な口コミが飛び交っています。

エン転職は会員数約600万人の内、約67%以上が35歳以下の若者で構成されています。 若者が気軽に求人を検索できるように、使いやすいサービスになっていることが特徴です。

例えばマイページには画面上部に求人検索・スカウト・カレンダーといったメニューバーがあり、使いたいサービスをクリックするとそのページに移行します。 必要な情報だけを簡単にチェックできるため、「使いやすい」と評判です。

さまざまな事業でIT化を図っているので、その時のノウハウが活かされていると言えるでしょう。 さらに、エン転職のアプリはパソコン版とほぼ変わらない充実した機能が搭載されています。

転職サイト名エン転職
運営会社エン・ジャパン株式会社
求人数(非公開求人・公開求人)1,000万人 うちスカウト会員数310万人
対象エリア全国
対象年齢20代〜50代
得意分野総合求人

リクルートエージェント

実績の豊富さで国内有数の【転職エージェント】として知られる【リクルートエージェント】。運営元の株式会社リクルートは【リクルートダイレクトスカウト】や【リクナビNEXT】を運営していることでも知られています。知名度が高いため利用者も多く、これまでに37万名以上もの転職成功を実現しています。

公開求人・非公開求人含め、常時20万件以上の求人を保有しており、幅広い業種・職種に対応しているため、ポジションに関わらず受け皿がとても広いのが特徴です。

転職サイト名リクルートエージェント
運営会社株式会社リクルート
求人数(非公開求人・公開求人)117,600(公開求人)、35,646(非公開求人数)
対象エリア全国
対象年齢20代〜50代
得意分野総合求人

関連記事:【リクルートエージェントの評判/口コミ】転職サイトと求人と費用?悪い?最悪

doda

dodaエージェントサービス」は、「doda」という求人情報サイトの中にある転職支援サービスのことを指します。

転職活動が不安な人におすすめなのが、doda転職エージェントですね。CMを見たことがある人も多いことでしょう。転職のノウハウが豊富なため、利用する人は数多くいます。

dodaはさまざまなサービスを利用できるため、仕組みがややこしいと感じる人もいるかもしれません。dodaで利用できるサービスは、複数のサービスを併用するのはもちろん、自分にメリットの大きいサービスを選んで利用しても構いません。

サポート力の高さもdodaの魅力のひとつです。エージェントサービスで受けられます

転職サイト名Doda
運営会社株式会社パーソナルキャリア
求人数(非公開求人・公開求人)84,259(公開求人)、177,389(非公開求人数)
対象エリア全国
対象年齢20代〜50代
得意分野総合求人

関連記事:【dodaの評判】転職サイトのデューダのエージェントの口コミ

ビズリーチ

ビズリーチは、「選ばれた人だけのハイクラス転職サイト」がキャッチフレーズの、ハイクラス(ハイキャリア)向けに特化した転職サイトです。ビズリーチは正社員転職に特化しています。

優秀なヘッドハンターは50代のレジュメにも常にアンテナを張っているため、実力がある50代・60代を見逃しません

『ビズリーチ』の主力サービスは、一言で説明すると「4600人以上のヘッドハンターや人事担当者から直接指名をうけることができるヘッドハンティング型の転職サービス」です。

3分の1以上が年収1000万円を超える求人案件というだけあり、年収が高い金融系・コンサルタント系・外資系企業などの案件が特に充実していますね。業界などは偏りがでてきてしまいますね。

転職サイト名ビズリーチ
運営会社株式会社ビズリーチ
求人数(非公開求人・公開求人)84,259(公開求人)、177,389(非公開求人数)
対象エリア全国
対象年齢30代〜50代
得意分野ハイクラス求人

【適応障害の退職理由】退職の伝え方で休職 退職もできなければ退職代行を利用

適応障害に退職代行がおすすめの理由

シバッタマン

適応障害で退職もできず、環境になじめないとかんじたら退職代行を利用しましょう。会社を辞める際に退職代行サービスを利用する若者が増えてきていると言われています。

退職代行サービスとは、このような自分で退職する手続きができない人のために、働いている本人に代わって、退職する旨を勤務先に連絡してくれる代行サービスです。

苦手な上長や嫌な会社に、自分で退職をする旨を伝えずに辞められるので、転職が当たり前になってきた現代に必要とされるサービスですが、

 適応障害で退職代行の利用も多く、10年以上の歴史があるサービス

退職代行サービスは10年くらい前から存在しています。

シバッタマン

テレビでも退職代行サービスを利用して退職したという特集もくんでおり、身近なサービスで浸透してきたイメージがあります。退職代行サービスはなんと10年以上も前から存在します。

退職代行は、弁護士がおこなっていた業務でした。

弁護士や法律事務所では、残業の未払いや労務的な諸問題を解決するために、労働者に代わって退職の手続きをしてくれたり、会社側に交渉をしていたのが始まりです。

ブラック企業などは、コンプライアンスが守られていない会社が多いため、サービス残業や過度な残業時間、パワハラなど労務に関するトラブルは昔から問題視されていました。

「退職代行」というサービス名ではなかったのですが、内容としては今の退職代行とかわりはありません。
コンプライアンスを守らない会社が存在するため、労働者が気軽に申し込みやすいようにパッケージ化したような感じですね。

新入社員や中途入社で会社に入ったものの馴染めずに気分を病んでしまったときや、ブラック企業から抜け出したいときなど、自分で会社と交渉することが難しいときに使うと便利なサービスです。

最近ニュースなどで話題になり退職代行サービスの認知度や知名度が広がりました。

ここでは転職代行サービスをご紹介します。

おすすめ① 退職代行Jobs(後払いOKです)

シバッタマン

辞めるんですは、後発ながら7,000件も退職代行実績がある人気のサービスです。


そして、費用も27,000円(税込)とて転職代行サービスの相場より安いにも関わらず下記の充実としたサービスがあります。

特に後払いOKが人気の秘訣です。

 退職代行Jobsのサービス
  • 24時間365日対応している
  • Jobsは弁護士監修なのに27,000円!!
  • 即日退職に可能である。
  • 退職率100%!万が一だが退職できなけれ全額返金
  • 現金後払いOK!!
  • 全国対応全ての都道府県で代行実績あり
  • 有給休暇の無料申請サポート
  • 無制限で相談可能
  • 案件に関わらず追加費用は一切不要
  • 退職が完了するまで期間無制限でフォロー

労働組合であり、顧問弁護士から業務指導も受けています。

デメリット・欠点といえる箇所が見当たらない退職代行サービスとなっています。

項目情報
会社名株式会社アレス
電話番号03-6279-3967
住所大阪府大阪市東淀川区上新庄3-14-12-1202
労働組合合同労働組合ユニオンジャパン

まとめ:【適応障害の退職理由】後悔や逃げなの?退職の伝え方!診断書!休職

いかがでしょうか。

【適応障害の退職理由】後悔や逃げなの?退職の伝え方!診断書!休職 についてお伝えしました。

うつ病ほど有名ではありませんが適応障害も休職・退職が必要であり、場合によっては部署移動、もしくは退職をお願いしたほうがよいかと考えられます。

もし、希望がかなわなければ退職代行サービスを利用して退職をしてしまいましょう。休職なら傷病手当が貰える可能性がありますので下記をさんこうにしていただければ幸いです。

【適応障害の退職理由】後悔や逃げなの?退職の伝え方!診断書!休職

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします

発達障害のため転職経験も多いですIT業界で働いていたので、転職経験についてもお伝えします。

【資格】
Webディレクション資格認定者、Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)など他 IT資格を取得

オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次